インターネット出願ソフト

user-pic
0

なんとか新規パソコンのセットアップを完了して何か積み残しがないか思案してみたところ、そうだ、インターネット出願ソフトがあったと思い出した。

特許出願手続とは最早縁がないのになぜ今更インターネット出願ソフトをインストールするのだと怪訝に思われるかもしれないが、じつは私は昔作った特許出願手続用ツールのソースコードを今でも維持していて、手続様式の最新のフォームに対応させている。なので、生成フォームの妥当性検証のためにインターネット出願ソフトが必要なのである。

なぜそんなことをするかというと、今までの私の経験と観察では、私が作ってきたツールは、手続き合理化のためにかなり有用であるにも拘わらず、あまり世間に似たものはないようである。そこで将来の話であるが、もし可能なら、私のツールをオープンソース化あるいはフリーウェア化して特許事務所などで使ってもらえればという夢がある。そこで収入を得ようとするつもりはなく、ボランティア・ベースで、それをきっかけに緩い人的つながりができれば、程度のきもちである。

まあ、それが単なる夢に終わる可能性は高そうであるが、それでもインターネット出願ソフトを自分のパソコンに導入しておいて、種を植えておくのは意味があると信じている。

さて、インターネット出願ソフトを素から導入するにはまず、特許庁の電子出願ソフトサポートサイトに行く。ここから直接ダウンロードできるわけではなく、出願ソフトダウンロード請求というメニューで住所、氏名、使用しているOS、メールアドレスなどを打ち込んで申請する。すると数分後に、URL付きのメールが届いて、そのURLをクリックすることにより、インターネット出願ソフトのパッケージの導入がはじまる。最新の版は、180MBくらいあるが、昨今では驚くほどのサイズではない。

このとき注意があって、インターネット出願ソフトを動かすには、32ビットのJavaが必要である。以前の版のインターネット出願ソフトには、特定の古い版の32ビットのJavaが必要だったが、普通にJavaを導入すると最新版が導入されてしまい、それが互換性がなくて弱った経験がある。特定の古い版の32ビットのJavaをウェブ上でみつけるのが一苦労だった。

ともかく、インターネット出願ソフトを導入するに先立って、最新の32ビットのJava8を導入した。それからインターネット出願ソフトを導入したら、なんの苦労もなく正常動作した。

あと、以前に、出願ソフトダウンロード請求で導入できるのはベース版で、そこから最新版にアップグレードするには何個かアップグレード・パッチを当てなくてはならなかったという経験があり、今回もそうだったら面倒だな、と思っていたら、今回の版は、全体のアップグレード直後で、オールイン・ワンで手間が省けた。

インターネット出願ソフトを導入したあと感じるのは、私はインターネット出願ソフトに弁理士や企業のディジタル署名ファイルをセットする手続きの経験がほとんどない、ということである。じっさい、外資系の知財部を辞める直前に、システム担当関係の同僚とディジタル署名ファイルのセットのマニュアルを一緒に作成したが、実際の処理は同僚の方がやっていたので私はほとんど経験の蓄積がない。以前に自分でやってみたときは随分戸惑った記憶がある。このあたりを将来、誰かにサポートを頼まれたら困る。

あと、一時は特許手続の様式に詳しいと自負していた時期もあるのだが、今ではすっかり特許サーチャーで、特許手続から遠ざかってしまったので、このあたりも、浦島太郎感が漂っている。特に、国際出願関係の様式は、無知に等しい。現役性維持というのは、なかなか困難である。

まあともかく、インターネット出願は私がまだ30代の頃からのライフワークなので、なんとかスキルを枯らせないようにしたいものである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4542

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年5月19日 05:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「法廷戦術」です。

次のブログ記事は「月は怒らない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。