月は怒らない

user-pic
0

最近私は、歴史小説に版図を広げたが、その分野で、ある雑誌で、垣根涼介という作家が誰かと対談していた。そこで私は、あっ、と気づいた。垣根涼介といえば、確か「月は怒らない」という本をもっていたよね、と。そこで唐突に、垣根涼介の「月は怒らない」集英社文庫を読むことにした。

「月は怒らない」は、チンピラの梶原という男が、中央線の電車の中で、ある男の痴漢を見つけるシーンから始まる。別に正義感が強いわけではないが、梶原はその男と被害者の女を電車から降ろし、男に暴力をふるってお金を奪った。痴漢という弱みがある男は警察にいけない。

あれっ、その被害者の女がこの小説の主人公なのかとおもっていたら、見事肩すかしくらわされて、今度は、梶原が市役所の戸籍係で、その受付の女性を見初める場面となる。梶原は、借金取りから頼まれて、債務者に支払わせるのが仕事である。支払わせるといっても、暴力を振るったり、脅かすのではなく、説得して遠洋漁業の船に乗せたりする。その労賃で返済させるという次第で、そのために市役所の戸籍が必要なのだが、その受付の女性は新規採用らしく、今までは見たことがなく、見た瞬間に不思議な気持ちになったのだった。

女性は身持ちが固く、なかなか梶原の誘いに乗らないが、それでも次第に梶原に靡いてきて、ついに梶原をアパートの部屋に入れた。そこからは男女の仲になった。

ここで女性の名前を開示すると、三谷恭子という。

恭子は、煌めくような魅力があるわけではないが、ダイコトミーを適用すれば、美人の方に入るだろう。そんな女性なので、ほかにも言い寄ってくる男がいる。大学生の弘樹と、警官の和田である。

その二人の男は、まったく異なる機会に恭子と出会い、独立に魅せられて付き合うようになった。こうして恭子は三人の男と並行して付き合っているのだが、時間をうまく隔離しているので、どの男も、他の男がいるとは気づいていない。いや、微妙に気づいていても、考えたくないので気づかないふりをしている、というべきか。

恭子は明らかに変わった女で、物欲が薄い。孤独を好む。たぶん性欲も強くないはずであるが、おそらく心の空虚を埋めるために、男と付き合っている。面白いのは、付き合っている三人の男に対するセキュリティ・レベルが違う。例えば、梶原と弘樹には体を許すが、和田には会っての雑談以上決して深めない。これは和田が既婚ということによる倫理観らしいのだが、三人の男と並行して付き合って倫理観もないような気がしないではない。ともかく恭子は明らかに、異性に対して、シングルタスクOSではなく、プリエンプティブ・マルチタスクOSのように割り切って付き合っている。

恭子はさらに、定期的に公園に通い、健忘症の老人と禅問答のような、哲学問答のような対話をする。そんな老人との対話で、急に、三人いる男を整理することを思い立つ。それによって生じるかもしれない修羅場をなぜか恭子は想定しない。

別れを切り出すと逆上した男もいた。それだけの原因が殺人になるケースは新聞の事件蘭でよくみる。しかし、恭子は相手をカーム・ダウンさせる不思議な力がある。それでともかくも平穏裡に別れた。

恭子対男はそれでいいのだが、彼氏同士は相手の存在を次第に知るようになり、ライバルなので互いに争った。

で、紆余曲折を経て、恭子は三人の男の一人だけと付き合うようになり、残りの二人の男は、諦めの境地でそれを眺めている。

この小説を一つの風俗小説として読むなら、いまいちインパクトが欠けた、スパイスの効かないラーメンのようになってしまうが、この小説を哲学小説、あるいは仏教小説として読むなら、独特の香りが漂ってくる。アマゾンの評価をみると、後者として読み、結構高い評価を与えている。

私もまた後者を採り、ストーリーの構成は全く違うが、なぜかトーマス・マンのトニオ・クレーゲルとの観念類似を感じたのだった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4543

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年5月20日 05:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インターネット出願ソフト」です。

次のブログ記事は「名人戦第4局」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。