三浦事件とは何だったか

user-pic
0

5月30日の夜、囲碁・将棋チャンネルで銀河戦のEブロック、木村八段対戸辺七段戦を観ていてつい、三浦事件とは何だったか、と回想してみた。

なぜ三浦事件を回想したのかというと、Eブロックでは、この二人のうちの勝者が三浦九段と次に当たるからである。局面は戸辺七段が、中飛車からの猛攻で、流石の受け師、木村も受けきれそうにない。すると次は、戸辺対三浦か。

そしてこれは、ネタバレになるが、藤井聡太に書いたように、そこは三浦九段が勝ってついに今期の初日が出たのだった。

で三浦事件であるが、確実に言えることは、三浦九段を追い詰めた人たちはコンピュータ将棋のシンパだったということである。例えば私が普通の将棋道場で、普通のアマ三段くらいの人と指したとすると、流石にまず負けない。今の将棋道場の段位はかなり甘いからである。

ところが形勢が難しいときにその相手がトイレに行き、なぜかしばらく戻ってこず、戻ってくるなり、私が気づかない手でビシッと決められたとすると、私はもしや、コンピュータ将棋を使っているのではと疑う。それはなにより、私が普段からコンピュータ将棋を熱心に使っているからである。あと、将棋道場の三段程度には負けるものか、という過剰な自負心がある。

そして次は過剰な正義感の発露で、事実関係を確かめもしないで本番でコンピュータ将棋を使うなんて、棋士の風上にもおけぬ、スポーツマンのドーピングと同じだ、アマ棋界から追放されるべきだと血が騒ぐかもしれない。

これのアナロジーで三浦事件では、一群の人たちの正義感が騒ぎすぎ、フライングになってしまった。なら、素直に謝るべきところ、意地があるというか、プライドがあるというか、正式に謝罪するということに億劫で、ここまで尾を引いてしまった。

いうまでもないが、将棋連盟の場合、仕切るべき理事会が機能しなかった。機能しないどころか、三浦九段を懲らしめる側に加担してしまった。これでは公平な審判が機能するわけがない。ともかく遅まきながら組織された第三者委員会が、かろうじて三浦九段を救った。

おそらく去年の夏ごろ、暑さもあって三浦九段は体調が悪かったのだろう。それで離席することも結構あった。そこをコンピュータ将棋フリークの、一部の棋士たちに目をつけられてしまったか。なにしろ彼らは、近未来にコンピュータ将棋を使ったカンニングがあるかも、と懸念していた。予測していたともいえる。

ううん、いくら書いてもすっきりしない。何かconspiracyがあったか。それは闇に封印されて、将棋史に汚点を残しつつ、関係者たちは、井伊直虎に出てくる、小野但馬守政次のように、すかした顔で、何事もなかったかのように、普通に将棋を指し続けるのか。

テレビを観ていると、やはり戸辺七段が攻めつぶし、次に三浦九段と当たることになった。三浦九段は、腰の重い木村八段よりも、攻め将棋の戸辺七段の方が与しやすいとおもう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4554

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年5月31日 05:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コッホ曲線の変形」です。

次のブログ記事は「法医昆虫学捜査官2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。