2017年6月アーカイブ

完全数に続いて数論ネタだが、数学セミナーの6月号をみていたら、川田浩一氏の記事で、「3つの素数の3乗の和の話」というのがあったので、それがなに?と読んでみると、今年の西暦である2017が3つの素数の3乗の和であらわされる数だというので、そういう数がどれくらいあるのかちょっと計算してみた。

その結果は、西暦3000年までで、以下のとおりである。なお、この計算に使ったPerlプログラムを末尾に示す。下記で、赤字は結果が素数であることを示す。

  1. 0024 = 23 + 23 + 23
  2. 0043 = 23 + 23 + 33
  3. 0062 = 23 + 33 + 33
  4. 0081 = 33 + 33 + 33
  5. 0141 = 23 + 23 + 53
  6. 0160 = 23 + 33 + 53
  7. 0179 = 33 + 33 + 53
  8. 0258 = 23 + 53 + 53
  9. 0277 = 33 + 53 + 53
  10. 0359 = 23 + 23 + 73
  11. 0375 = 53 + 53 + 53
  12. 0378 = 23 + 33 + 73
  13. 0397 = 33 + 33 + 73
  14. 0476 = 23 + 53 + 73
  15. 0495 = 33 + 53 + 73
  16. 0593 = 53 + 53 + 73
  17. 0694 = 23 + 73 + 73
  18. 0713 = 33 + 73 + 73
  19. 0811 = 53 + 73 + 73
  20. 1029 = 73 + 73 + 73
  21. 1347 = 23 + 23 + 113
  22. 1366 = 23 + 33 + 113
  23. 1385 = 33 + 33 + 113
  24. 1464 = 23 + 53 + 113
  25. 1483 = 33 + 53 + 113
  26. 1581 = 53 + 53 + 113
  27. 1682 = 23 + 73 + 113
  28. 1701 = 33 + 73 + 113
  29. 1799 = 53 + 73 + 113
  30. 2017 = 73 + 73 + 113
  31. 2213 = 23 + 23 + 133
  32. 2232 = 23 + 33 + 133
  33. 2251 = 33 + 33 + 133
  34. 2330 = 23 + 53 + 133
  35. 2349 = 33 + 53 + 133
  36. 2447 = 53 + 53 + 133
  37. 2548 = 23 + 73 + 133
  38. 2567 = 33 + 73 + 133
  39. 2665 = 53 + 73 + 133
  40. 2670 = 23 + 113 + 113
  41. 2689 = 33 + 113 + 113
  42. 2787 = 53 + 113 + 113
  43. 2883 = 73 + 73 + 133

これからわかることは、3つの素数の3乗の和であらわされる数は、西暦が始まって2017年までで30回しかなく、年が素数であるという条件を加えると西暦が始まって2017年までで9回しかない、ということで相当稀である。

特に、2017年の直前で、3つの素数の3乗の和であらわされ且つ素数である年は1483年で、この年になにがあったかというと、世界史的には薔薇戦争と、マルチン・ルターの誕生くらいで、日本史的には室町時代で、特に特記すべき事件はないようである。

まあ、結果が素数という条件を外しても、2017年の直前で、3つの素数の3乗の和であらわされる年は、1799年だから、かなり昔である。この年は、エジプトにてロゼッタ・ストーンが発見され、ナポレオンが、ブリュメールのクーデタにてフランス政権を掌握した、というのだから、まあまあのエポック性である。日本史的には、寛政11年だが、特筆すべき出来事はないようである。こうみてくると、3つの素数の3乗の和であらわされる今年は、世界はともかく国内的にはあまり事件はないのだろう、ということになる。

ところで、川田浩一氏はこの記事で、3つの素数の3乗の和であらわされる数と、3つの素数の3乗の和であらわされ且つ素数である数がどれくらいの頻度なのか、π(x) ~ x/log(x)の素数定理を使って計算しているが、私がきちんと理解できていないので、ここでは述べない。

さらに記事に言及すると、素数の和によって自然数をあらわすことをGoldbach問題、自然数のべき乗の和によって自然数をあらわすことをWaring問題と呼び、ここから、素数のべき乗の和に関する問題は、Goldbach-Waring問題と呼ばれる、という。Goldbach問題だけでも天下の難問なのだから、これは相当難しそうである。

ちなみに、Goldbach-Waring問題の一つの到達点として、次の定理があるという。

十分大きい奇数は、9個の素数の3乗の和である。


push @PRIME, 2;

for ( $i = 3; $i < 20; $i++ )  {
 if (IsPrime($i) == 1 ) {
  push @PRIME, ,$i;
 }
}

foreach $x (@PRIME)    {
 foreach $y (@PRIME)    {
   foreach $z (@PRIME)    {
   $V = $x * $x * $x + $y * $y * $y + $z * $z * $z ;
    if ( $V < 3000 && $x > 0 && $x <= $y && $y <= $z )     {
     $K = sprintf "%04d",$V;
     $YY{$K} = $K;
     $YY{$K}->{S} = sprintf "%d<sup>3</sup> + %d<sup>3</sup> + %d<sup>3</sup>",$x,$y,$z;
    }
   }
 }
}

printf "<ol>\n";

foreach $x (sort keys %YY )    {
 if ( IsPrime($x) == 1 )    {
   printf "<li><font color=red>%04d = %s</font>\n",$x,$YY{$x}->{S};
 } else                     {
   printf "<li>%04d = %s\n",$x,$YY{$x}->{S};
 }
}

printf "</ol>\n";

sub IsPrime  {
my $n = shift;
my $i = 2;
  
  while ( $i * $i <= $n )  {
    if (($n % $i ) == 0 )  {
      return 0;
    }
    $i++;
  }

 return 1;
}

完全数

user-pic
0

藤井四段の29連勝の新記録について、今まで28連勝の記録をもっていた神谷八段が次のように発言したという。

28という完全数は一番好きな数字ですので、それが1位でなくなることは個人的に少々寂しいのですが、凡人がほぼ運だけで作った記録を天才が実力で抜いたというのは、将棋界にとってとてもいいことだと思います。藤井さんがこれからの数十年でどんな世界を見せてくれるのか、ファンの皆様とともに寿命の限り見続けていきたいです。

私は数論オタクでもあるが、素数はともかく完全数なんて意識したことはない。なので、神谷八段から「28という完全数は一番好きな数字ですので」と聞くのは、いかにも面白いと思った。そこで、完全数について改めて調べてみると、どうもメルセンヌ素数と関係あるらしくて、そこで公式に従い、改めて最初の数個の完全数を計算してみると以下のとおりである。

6
28
496
8128
33550336
8589869056
2305843008139952128

これによると、確かに28が二番目の完全数であることがわかる。また、三番目以降は現実的な連勝の数には該当しないこともすぐわかる。

なお、冗長なのでここでは計算しないが、メルセンヌ素数2p-1に対応する素数pは1000万桁以上まで求められているので、そのようなpと、多倍長計算ライブラリを使えば、1000桁以上の完全数を計算するのも容易である。

ちなみに計算に使ったPerlプログラムは以下のとおりである。

@P = (2,3,5,7,13,17,31);

foreach $n (@P)    {
 $x = 1;
 for ( $i = 0; $i < $n-1; $i++ ) {
   $x *= 2;
 }
 $y = $x*2 - 1;
 printf "%d<br>\n",$x*$y;
}

長い腕

user-pic
0

約1年前に、川崎草志の「呪い唄」角川文庫を、ある古書店でみつけて買い、早速読んだのだが、読み終えてから、それが長い腕という小説の第二巻であることを知った。

あらっ、と思ったのだが、まあ自分にはよくあることなのであまり気にしないでいたら、今年に入って、それと同じ古書店で、長い腕Ⅲという「弔い花」をみかけたので、そのうち読もうとこれも買っておいた。

そして、いよいよ「弔い花」を読もうと思いつつ、その古書店にいったとき、「長い腕」をたまたま見かけたので、これは何かの縁だ、「長い腕」を最初から読むべしというお告げだと解釈して早速買い、長い腕Ⅰというべき「長い腕」を読み始めたら、「呪い唄」とどうも作風が違うのでとまどった。

さて、「長い腕」の主人公は、「呪い唄」と同じく、島汐路。愛媛県早瀬町の旧家、島家の次女である。両親を無理心中のようなかたちで一気に失ったことが深いトラウマになっており、それもあって故郷を捨てて東京に出てきてゲーム制作会社に勤務している。

そんな汐路がゲーム制作に没頭して世間のニュースに疎くなっている間に世間では同時多発的に人命にかかわる事件が起きていた。まず、総武線の電車の中で、携帯の画面をみて談笑していたカップルが、何者かに突然刃物で刺されるという事件があった(私がその箇所を読んでいたのはたまたま、総武線の電車の中だったので、あやうく、おっとー、と叫びそうになった)。

一方、愛媛の松山空港では、何者かが、人気アイドルが空港から出発するというデマを流し、それを聞きつけたファンの女子高校生らで空港はごった返した。ところがその混乱で設備が壊れ、数十人が亡くなるという大事故になった。

しかし、ついに汐路の身近なところで、事件が起きてしまった。それは、汐路が勤務するゲーム制作会社で先輩女性社員と、同僚の女性社員が無理心中のようなかたちでビルから飛び降り自殺するという事件が起き、似たような状況で両親を失った汐路は、立ち直れないほどのショックを受けた。

それだけではない、汐路が故郷の姉から知らされたところによると、汐路の従妹が教師として勤務する中学校である女子生徒が、友達の女子生徒を猟銃で射殺し、逃亡するという事件があったという。

結局、こういう一連の事件を知ることになった汐路は、これはおかしい、偶然では済まされない何かがある、と調査を開始し、その裏に得体の知りない、ケイジロウというキャラクタの存在があることを知り、その無気味さに慄然とした。

そして、勤務しているゲーム制作会社を辞め、というかどうせ辞める予定だったのだが、とりあえず故郷の愛媛県早瀬町に帰省した。そして、ケイジロウのことを調べ始めた。すると、近江敬次郎という大工が早瀬町に関与していることが分かった。

それにしても、私自身が瀬戸内海の孤島の出身なので、田舎の排他的な因習というのは理解できるのだが、早瀬町というところはそれ以上に、先祖伝来の畑を放棄したり家業を放棄した者を「落ち者」と蔑んで、差別する閉鎖的な土地柄である。なので、久々に早瀬町に帰ってきた汐路は当然に無視され、まともに相手されなかったが、それだけでなく、なにか潜めた悪意のようなものさえ感じた。

一方で汐路はウェブで全国の犯罪統計を調べたところ、なぜか早瀬町は、殺人レベルの犯罪の発生率が全国平均より高く、特に暴力団関係者も歓楽街も多くない早瀬町でそうである原因を汐路は推測しかねていた。

実は早瀬町には、島家と西家という旧家があり、そのどちらの屋敷も近江敬次郎が建てたというのだが、そこらあたりがどう関係してくるか疑問をもって、汐路は近江敬次郎のことを研究しているという愛媛大学の准教授に相談したりしたが、なかなか真相には行き着けない。

ここからの展開はこのストーリーの白眉なので記載できないが、それにしても、作者のセガ・エンタープライゼス、バーチャルゲームセンターなどのゲーム制作会社での経験がリアルに描かれていて、なるほどそうなのかと興味深かった。

また、作者のコンピュータやウェブに関する深い造詣も、その分野に一方ならぬ興味をもつ私には納得で、この小説ではそういうコンピュータやウェブに関するノウハウが本質的に活かされている。

それにしても主人公の汐路はかなりの美人らしいのだが、そんなことは全く構わず、いつも最小限の身の廻りの品物だけで暮らし、思い立ったら東京と愛媛県の間を徹夜でドライブするほどの行動力を示す。また、目的のためには中学生さえも手足のように使いまわす酷薄さも示す。こんな女なんて冗談じゃないと大抵の男は思うだろうが、同じゲーム制作会社に勤務する石丸という男の先輩は汐路に深く思いを寄せ、今回の事件では解決に本質的な貢献をしたのだった。

藤井四段、28連勝に続き、ついに藤井四段が将棋界の連勝新記録を達成した。

以下、毎日新聞ウェブから引用する。

将棋の史上最年少棋士で、デビュー戦以来無敗の藤井聡太四段(14)が26日、東京都渋谷区の将棋会館であった竜王戦決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)に勝ち、歴代単独1位となる29連勝を達成した。藤井四段は、神谷広志八段(56)が1987年に達成した公式戦連勝記録の28を30年ぶりに塗り替え、新記録を打ち立てた。

実はこの対局があった6月26日は、このために休暇をとったわけではないが、たまたま休暇だったので、目を皿のようにしてテレビのリアルタイムの解説に見入った。

なお、「自慢じゃないが、云々」という言い方がほとんどの場合自慢であるように、「このために休暇をとったわけではないが」という言い方は、実はまさにこの日のために休暇を取ったのだった。

ところが観戦していると、どうみても藤井四段の指しすぎで、明らかに増田四段の方がよくなった。それは大差ではないのかもしれないが、プロ同士ではまず逆転はないのでは私は勝手に判断し、ああ新記録達成はなしか、せっかくの休暇が、と心の中で嘆いた。

しかし中盤から終盤に入るあたりで急に藤井四段が馬で相手の特に急所でもない3三の桂馬をぶっちぎり、桂馬が重複して利いている5三に桂馬を打った。どうみても筋のいい手ではないが、よくみると俄かに増田の玉に頓死筋の含みが生じているではないか。

その頓死筋の周辺の攻防で、はっと気づくと、藤井四段が必勝になっていた。どんだけ強いんだと再び驚嘆してしまった。なにしろ終盤の構成が普通のプロ棋士とは違う。

ということで、週末あたり、藤井対増田の棋譜をきちんと辿ってみたいと思う。

新刊書店で、なんとなく藤崎翔の「神様の裏の顔」角川文庫を買った。経歴をみると、藤崎翔は元お笑い芸人で、すると私はつい体育会系のお笑いコンビ、藤崎マーケットを思い出すが、流石に無関係だよね、と思いつつ、読み始めた。

この小説のストーリーは、元中学校校長だった坪井誠造の葬式のシーンから始まった。なにしろ、無私の精神で真摯に生徒たちを教育し、みんなに尊敬され慕われた。

定年後は、再任用制で教員を続ける手もあったが、NPO法人に移り、不良や恵まれない子供を真面目に教育した。

また、退職金で建てたアパートには、安い賃料で店子を住ませ、困ったときの相談にもまめに乗って、有難がられた。

このような長い努力の結果、坪井誠造は神のように尊敬されて人望を集め、その死に際しては、個人の死を悼む人たちが多く集まった。

坪井誠造の娘、晴美はそんな父の様子をみて育ち、自らも教師になった。ただ、晴美の妹の友美は父に不満があった。父は外面がいいというか、教育に熱心になるあまり、家庭を顧みなかった。なにか困ったことがあり相談しても、いまいち真面目に相談にのってくれなかった。父が亡くなる前日も言い争った。

さて、坪井誠造を偲んで葬儀に集まったメンバーには、下記の人たちがいた。

  • 斎木直光。坪井誠造の教え子で、誠造の影響で登山の趣味をもつ。晴美とは同級生で、ひそかに憧れている。現在はスーパーの店長である。
  • 根岸義法。坪井誠造の同僚の元教員で、熱血指導の鬼教師で知られていた。坪井とは教育方針が違うので対立していたと思われていたが、実はいろいろと先輩教師として指導を仰ぎ、尊敬していた。
  • 香村広子。坪井家の隣に住む年配の主婦。
  • 鮎川茉希。坪井誠造の教え子で、不良少女だったが、坪井誠造の支援で更生した。坪井のアパートの住人。
  • 寺島悠。売れないお笑い芸人で、坪井のアパートの住人。

お通夜の通例であるが、故人をよく知る斎木、根岸、香村、鮎川が故人の話題で盛り上がる。いかに素晴らしい人だったか、人格者だったかという話題で、普通葬儀ではあまり故人の悪口は言わないものだが、坪井誠造の場合、自然に善人ぶりが浮かび上がる。

ところが、お笑い芸人で、単なるアパートの住人と大家以上の関係ではなかった寺島は、話題に加われなくて当惑していた。それでも、何か話題に加わらなくてはと発言した内容が、場違いのようで、一石を投じた。そして場の雰囲気に相転移が起きた。

そう、暗号理論でいうところの、マルチパーティ・プロトコルが発動したのである。マルチパーティ・プロトコルとは、パーティのメンバー一人一人のもつ情報は暗号化された断片的なもので、それだけではオリジナルの情報は全く復元できない。ところが、ある閾値を超えた人数が集まると、情報の断片の集まりから忽然と全体の真実を復号できる、というものでまさに、坪井誠造の悪魔のような裏の顔が浮かび上がり、生前の坪井誠造を知る人たちは、でも本当なのかと当惑し、苦悩した。

そこでまた寺島が発した素朴な疑問が、場の雰囲気を変えた。坪井誠造の悪魔性の何ほどかは考えすぎなのではないかと、人々は再考しはじめた。

というストーリーで、このあとの展開というかオチは、アマゾンの評価コメントでは賛否両論のようであるが、私はというと、ある意味隠れたパラメータのような議論は好きで、楽しく読めた次第である。

それにしても藤崎翔は、流石元お笑い芸人だけあって、売れないお笑い芸人の寺島にトリックスターの役割を担わせたのは心憎い。また、東川篤哉ばりのユーモアに満ちた文章は、読み始めたら止まらなくなる。

もともとお笑い芸人は、ネタ作りのプロなので、小説家とあまり遠くない距離にいるはずなのであるが、なぜか又吉直樹以外にあまり目立っていなかった。そういう意味で私は、藤崎翔の登場を怡ぶものである。

西垣通氏は、情報処理全般の学際的議論で有名で、以前からその著書に親しんできたが、少し前に、人工知能のシンギュラリティを批判する本である「ビッグデータと人工知能」中公新書を刊行したと知ったので、読んでみた。

すなわち、この本は、人工知能によるバラ色の、あるいは人工知能によって支配される、凍り付くような未来世界の出現をきちんと否定する。その内容を私なりに要約してコメントしてみる。

まず、自動運転など、期待されているAIによる自動化であるが、実際は人間によるメンテナンスを必要とする、ということがある。その手間はそんなに半端ではなく、もしかしたら自動化という趣旨とは違ってくるかもしれない。

また、ビッグデータであるが、それはある意味個人情報の塊なので、それゆえに警察の捜査などにも利用可能であるが、逆に個人情報の扱いには極めて慎重になる必要があり、そのアクセスというか取り扱いをどう制御するか、極めて難しい。

より技術的な問題として、ビッグデータの処理は伝統的な推計学のような、サンプリングではなく、全数処理なので、処理時間が発散してしまう可能性がある。これに対処するために、例えばC.M.ビショップ著、パターン認識と機械学習、シュプリンガー・フェアラーク上下二巻に記述されているようなアルゴリズムがあるが、さりとて、計算量の問題は依然として課題である。

それとは別の問題もある。それは記号接地問題であり、フレーム問題である。すなわち、概念をコードに落とし込むことの困難と、状況を把握することの困難である。

しかし、ディープラーニングの成功が、世間を過度に楽観的にした。すなわち、ディープラーニングの多層モデルは脳をシミュレートしたものであり、多層モデルを実装するハードウェアがムーアの法則で指数関数的に発展することが約束されているものあってみれば、脳=人間の心そのものであるので、人工知能は人間の心と同等な機能をもつ存在になれる、という見込みである。

しかし、見落とされているのは、生命と自由で述べたような、自由追求としての生命の議論である。すなわち、人工知能は人間が記述した仕様のとおりにしか動作しないのであり、自ら目的を作り出すことができない。これはオートポイエーシス理論にもつながる。

さらに人工知能は、脳をクオリアを扱えないという問題もある。

なのに、西洋文明で脳を機械のように記述すれば、それが人間の心そのものになるという思想はキリスト教的一神教だからと著者は指摘するのだが、私はそれは、キリスト教的一神教というよりも人間機械論というか、デカルト主義なのではあるまいか。ともかく西欧文明が、デカルト主義に染まっていることは確かである。

また著者は、シャノンの情報理論は、情報の意味という視点がないので、不十分であると指摘されているが、なるほど、その観点は面白いと思う。

しかし、クラウドソーシングというか、集合知に対する楽観論には私はどうしても与することはできない。確かに集合知が有利に働く場面もあるだろうが、少なくとも集合知は将棋やチェス、囲碁などの分野では威力は発揮できないのではないか。ある優れたコーディネータの存在によって、アマチュアの烏合がプロを脅かすことができる、というのだが、本当だろうか。

ともかく、いろいろ細かい疑問はあるものの、「ビッグデータと人工知能」中公新書は、なかなか啓発的な本だと思われる。

法医昆虫学捜査官2から少し間をあけて、その第三作である「水底の棘」講談社文庫を買って、さっそく読み始めた。

ストーリーは、ある寒い11月の朝、赤堀が知り合いの昆虫コンサルタント、辻岡大吉に呼ばれるところから始まる。用件は、荒川でのセスジユスリカの駆除のサポートである。これは江戸川区から依頼された仕事である。すなわち、セスジユスリカのオスを、そのメスの羽音と同じ周波数の音で呼び寄せ、一網打尽にする、というものだった。

すると赤堀が、セスジユスリカのトラップの中に、オオクロバエとホオグロオビキンバエを見つけて、怪訝になった。というのは、ホオグロオビキンバエは死体を嗅ぎつけてやってくるが、夏にしか繁殖しないからである。

それから赤堀と大吉が河川敷を歩いていると、カラスたちが集まっている場所があった。さっきオオクロバエをトラップの中でみつけたことから、動物の死体があるのだろうと思って行ってみると、なんと人間の遺体があり、流石の赤堀も度肝を抜かれた。

ともかく警察に通報すると、やってきたのは、例によって岩楯警部補だが、相棒は法医昆虫学捜査官1にも出てきた、鰐川。

赤堀は、遺体には、メインのハエであるオオクロバエに混ざって、夏にしか繁殖しないホオグロオビキンバエがいて、再び沈思した。

遺体は早速司法解剖に付されたが、その結論は絞殺だった。遺体には刺青があり、蛍光インクを使った特殊なものだった。また、被害者は、割り柄ドライバーをもっていた。

そこで、岩楯と鰐川を含む捜査員は、特殊な刺青と、割り柄ドライバーをキーとして、被害者の身元を探った。

岩楯と鰐川は、名物鑑識員の堀之内から紹介された、伝説の刺青師に相談して、横須賀の刺青師に行き着いたが、なかなか被害者の身元を明らかにすることにはならなかった。また、割り柄ドライバーは、あまりに一般的すぎて、手がかりにならなかった。

さて赤堀は、警視庁から検視データを入手して精査することにより、肺の珪藻から、海から逆流してきたことが示唆されており、しかも絞殺でなく水死ではないかと推定した。しかし、このことは、遺体が川の上流から流れてきており、絞殺であるという警察の見解と真っ向から対立し、検死医は自分の面子が否定されたと激怒した。

そこで赤堀は、遺体からみつかった別のピースに注目した。それは、ウミケムシと、トラフジャコという意外な組み合わせである。これを検証するため、赤堀は、大吉とともに八景島の沖の海にダイビングして、仮設を確かめた。

その地道な積み重ねで、赤堀は、警視庁の見解を海水での溺死説に向けさせたが、そこから長い道のりが続くのだった。

というストーリーなのだが、今回は前作、あるいは前々作と比べて証拠に基づく推理の側面が強化され、本格推理の雰囲気が濃厚になったけれども、その分、アクション性が減り、ちょっと赤堀らしさが出てないかな、と感じたりした。

まあでも、昆虫とはいえないかもしれないが、海水性生物のウミケムシや、甲殻類のトラフジャコなどに対する蘊蓄が駆使されていて、昆虫だけでなく海洋性生物も好きな私は結構楽しめたのだった。

山口昌哉、「カオスとフラクタル」講談社ブルーバックスをきちんと読み直してみると、個別の図形の計算はポール・ピエール・レヴィだとしても、複数個の縮小写像による自己相似集合という表し方を発見したのは、日本では、京都大学理学部の畑 政義氏が最初ということである。現在、京都大学理学研究科/数学・数理解析専攻解析学講座/准教授という肩書である。

さて、レヴィの図形と同じ式で、定数a, b, c, dだけ違う他の図形も示しておく。

  1. a = 0, b = 0.4+0.5i, c = 0, d = 0.4+0.5i
  2. a = 0.4614+0.4614i, b = 0, c = 0.622-0.192i, d = 0
  3. a = 0, b = 0.5+0.2887i, c = 0, d = 0.6667
  4. a = 0.707i, b = 0, c = 0.5, d = 0
  5. a = 0.4614+0.4614i, b = 0, c = 0, d = 0.2896-0.585i

これを見ていると、1. は悪魔系、2.は雲、3.は木の枝、4.は氷柱、5.は海藻または細菌のコロニーと、なかなか表現力豊かである。そういえば、レヴィの図形は蟹か。

いやあ、流石に難しいと思っていたのだが、ついに藤井四段が歴代一位の連勝記録、28連勝を達成した。以下、毎日新聞ウェブの記事から引用する。

将棋の史上最年少棋士、藤井聡太四段(14)は21日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第67期王将戦(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)1次予選で澤田真吾六段(25)に99手で勝ち、神谷広志八段(56)が1987年に達成した歴代1位の連勝記録、28連勝に並んだ。デビュー戦から無敗での達成は初めて。単独トップの29連勝がかかる次戦は26日、東京・将棋会館である竜王戦決勝トーナメントで増田康宏四段(19)と対局する。

藤井四段、25連勝を書いてから、まず6月14日に藤井四段は、C級2組の順位戦で、瀬川五段と指した。今まで藤井四段が指してきた相手に鑑みると藤井四段にかなり分がありそうに思われ、事実終盤の入り口で藤井四段がかなりよさそうだった。すると、抑えの切り札を抱える野球チームのようにここから藤井四段が負けることはかなりありえないねと思った。ところが瀬川五段がすごい頑張りで紛れてきた。私が藤井四段の側もったら勝てないと思った。しかし私なんぞを引き合いに出すのは意味がないのであって、流石藤井四段、そこからきっちり読みを入れて瀬川五段を下した。しかしぎりぎりの勝負だった。

次の藤井四段の対戦は、6月17日の朝日杯将棋オープン戦 一次予選、藤岡隼太アマであった。ここは流石にきっちり藤井四段が勝つだろうと思ったら、じっさいに余裕をもって勝ったようである。

そして、6月21日の王将戦 一次予選、澤田六段戦。ここが藤井四段にとってかなりの難関だと思った。なぜなら澤田六段は王位戦挑戦者決定リーグ紅組で全勝優勝するほどの実力者で、挑戦者決定戦で菅井七段に敗れたものの、トップクラスの棋士であることは間違いない。しかも澤田六段は今月の2日に棋王戦予選で藤井四段に敗れている。流石に後輩棋士に二連敗はしないのではと思ったら、また藤井四段が勝つとは。

ただ、AmebaTV七番勝負の佐藤康光九段戦といい、NHK杯の千田六段といい、終盤まるで手合い違いのように完勝したりしたのを見ると、藤井四段の終盤力がプロの中にあっても図抜けているのは確かのようである。

ともかくここまできたら、6月26日の竜王戦決勝トーナメントで増田康宏四段に勝って、新記録を樹立してほしいものである。

知識と責任

user-pic
0

普通人間は勉強したり、トレーニングしたりして知識やスキルを身に着けるが、そうする理由は仕事に就くためだったり、仕事のクオリティを上げるためだったり、環境の変化に追随するためだったり、生活を豊かにするためだったり、娯楽のためだったりする。

知識やスキルを身に着けるための努力は、場合によりとても大変だったりするが、それを身に着けたあとは、基本的にいいことずくめで、よって勉強やトレーニングは望ましいものとされている。

ところが、シルバーバーチだったか、スピリチュアルの本を読んだとき、意表を突かれるステートメントに出会った。それは、知識を身に着けると責任が生じる、というものである。

意表を突かれるといったが、そんなの意表を突かれる方がおかしい、当たり前ではないか、といわれるかもしれない。例えば、ある刑事事件で、犯罪の証拠となる場面をみてしまったとする。それでも、それを警察に伝えるべきかどうか迷うということは当然ある。しかし、事件と関わり合いになりたくない、犯人から報復されたら困る、警察署に呼ばれて、時間を取られるなどの理由で、知らないふりして通すことは結構あるだろう。それでも、道義的には警察に知らせるべき、ということは一応誰でも認めるだろう。

他の場合で、旅客機の中で、乗客で急病で苦しむ人がいたら、この中にお医者様はいらっしゃいませんか、とアナウンスされることがある。こんなとき私だったら、格好つけていうのかもしれないが、ああ医者だったらよかったな、もし医者だったら、急病の人をもしかして助けられるかもしれないのな、と考えるかもしれない。しかし私はあいにく医者ではないし、救急治療のスキルもまったくない。いっぽうで、本当に医者が乗客にいて、面倒だな、黙っておこうと思う人は普通はいないと思うが、何かの事情で申し出ないということもあるかもしれない。だとしても、道義的には名乗り出るべき、ということは一応誰でも認めるだろう。

ところが会社の不祥事の場合はどうか。法律は会社の不祥事を内部告発したときに、告発した本人を保護すべきと謳うが、告発した人が無事に済むことはあえない。それでも、正義としては、きちんと不正は内部告発すべきである、ということが道義に適うということを否定する人はいないだろう。だとしても、不祥事を内部告発しないと罰するみたいな規定はつくるわけにはいかない。なので見て見ぬふりが横行しても、なかなかそれを問題視するわけにはいかない。

ところで、このブログで何度も書いたように、外資系にいたとき、私が同僚の誘いに応じて渋々であれ、内部告発めいた行動を採ったのは、元管理職として、あのような管理職の問題行動を見過ごしてはいけないという使命感のようなものが大きかったのは確かである。もちろん成算があったわけではない。いくらなんでも私はそこまで甘い人間ではない。ただ、上記シルバーバーチのステートメントも頭の片隅に浮かんだりした。

ここまで重大ではないが、最近も決断を迫られることがあった。それは、今勤務している会社におけるIT施策についてである。私は外資系にいたとき、12年くらい部門全体のシステム・セキュリティとIT運用の責任者だった。いろいろな面倒な会社のオーデットやシステム・トラブルに、いろいろな人に相談しながら、深夜まで対処した。そのころの記憶は薄れつつあるが、依然としてそのときの経験の蓄積はまだ大きいとおもっている。

そんな私の経験に鑑みると、今勤務している会社におけるIT施策はどうも合理性を欠くと判断した。一方で、外資系にいたときと違い、組織の階層の末端にいて、何か意見を具申することを期待される立場にない。それでも、しばらく迷った挙句に、知識がある者は誰であれ責任が生じるという原則により、可能な限り淡々と意見を述べた。私の立場でそんなことをいうと、もはや仕事の契約を打ち切られるかもしれないと懸念したが、この歳なので、そうなってもリスクは小さい。で、結局私の意見はスルーされただけで、がっかりしたが、お咎めがなかっただけでよかったというべきかもしれない。

このように、知識を得ると責任が生じるなら、なにも知識なんて習得しない方がいいということになる。しかし、それではいけない、知識に伴う責任を恐れて怠慢になってはいけないというのが、スピリチュアルの教えでもある。

ただ、別の見方をすると、例えば成績優秀で国立大学の医学部に合格して将来は安泰だと周囲はもてはやすかもしれないが、私からみると、知識に伴う責任を恐れない、なんという勇気ある行動と称えたくなる。

一方、企業の特許担当者として、医師や政治家、高級官僚、軍人などに比べるとはるかに責任の少ない安易な生活をしてきた自分ってどうよ、と苦笑するよりないのだった。

フラクタルについては、シェルピンスキのガスケットコッホ曲線マンデルブロ集合ジュリア集合など、典型的なものを描いてみたが、そういえば、少し毛色の変わったフラクタルであるレヴィの図形はまだ描いていないね、と思って、一時はバイブルのように読んだ、山口昌哉、「カオスとフラクタル」講談社ブルーバックスを自分の書棚で探したが、どうしても見つからない。あれっ、いくらなんでもこの本は捨てたり古書店に売ったりしていないはずだが、と思ったが、いくら探しても見つからないので、仕方なくアマゾンの古本で買いなおした。そして、レヴィの図形が載っているページをみてみた。

レヴィの図形は、描き方は、再帰的に所定の操作を繰り返す点でシェルピンスキのガスケットに似ているが、これは一応、シェルピンスキのガスケットとは違って、複素力学系ということになるのだろう。

そのために以下のような線形の複素関数f0(z)とf1(z)を用意する。

ここで、zは複素変数であり、a, b, c, dは複素定数である。そこで、a, b, c, dとして適当な値を選び、Kを複素点の集合とする。

そこで、Kの初期値として、K ={i}、すなわち単一の元iだけを含む集合とする。そこで、K ← f0(K) ∪ f1(K)という操作を複数回行うものとする。一回の操作で点の数は倍になるので、n回繰り返すと、点の数は2nになる。これらの点を複素平面上でプロットするのであるが、特にレヴィの図形の場合、a = 0.5+0.5i, b = 0, c = 0.5-0.5i, d = 0である。下記のような図形となる。

なお、レヴィとは、フルネームがポール・ピエール・レヴィ、フランスの数学者であり、確率論に優れた業績を残した。上記の図形を研究し手書きで描いたりしたそうである。

なお、例によって、プログラムのソースコードも付ける。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
void fracta(double x, double y, int level);

// 定数の設定
double ar = 0.5;  // aの実部
double ai = 0.5;  // aの虚部
double br = 0.0;  // bの実部
double bi = 0.0;  // bの虚部
double cr = 0.5;  // cの実部
double ci = -0.5;  // cの虚部
double dr = 0.0;  // dの実部
double di = 0.0;  // dの虚部

//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
 fracta(0.0, 1.0, 0);
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button2Click(TObject *Sender)
{
 Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------

void fracta(double x, double y, int level)  {
 int Level = level;
 double px, py, tx, ty;
 if (level > 15 )  {
   px = 200.0 + 300.0 * x;
   py = 400.0 - 300.0 * y;
   Form1->Canvas->Pixels[px][py] = clBlack;
   return;
 }
 Level++;
 tx = (ar * x - ai * y + br * x + bi * y);
 ty = (ai * x + ar * y - br * y + bi * x );
 fracta(tx, ty, Level);
 tx = (cr * (x - 1.0) - ci * y + dr * (x - 1.0) + di * y + 1.0);
 ty = (ci * (x - 1.0) + cr * y + di * (x - 1.0) - dr * y );
 fracta(tx, ty, Level);
 return;
}

開化の殺人

user-pic
0

芥川龍之介の新潮文庫の「戯作三昧・一塊の土」から、「戯作三昧」に続いて、「開化の殺人」も読んでみた。

「開化の殺人」は、いわゆるミステリー小説風で、筆者が本多子爵から借覧した、内科医の故北畠義一郎の遺書の記述をたどる、という形式を採る。

北畠義一郎は有名な内科医であるとともに、劇作家でもあった。また、大男で精力的且つ情熱的でもあった。そんな義一郎は16のときに、10歳の従妹、明子に一目ばれしてしまい、その想いを頭から振り払うことがどうしてもできなかった。

しかし所詮、ならぬ恋ではあった。そんな様子をみていた義一郎の父は、このままでは息子が駄目になると、医学を学ぶために、義一郎を英国に留学させた。義一郎、21歳のときである。

ところが、三年を経て義一郎が帰国すると、明子は、ある銀行の頭取と結婚していた。それがあまりにもショックで、自殺しようとしたが、キリスト教の信仰がそれを許さなかった。それで到底日本に居る気分ではなかったので、再び英国に留学しようとしたが、父が激怒するので、仕方なく医業に専念したが、明子への想いは抑えるべくもなかった。

その苦悩を抱えるうちに、一種の合理化機制で、明子という異性に対する恋愛の情を肉親への情に転換せしめることで、なんとか気持ちを鎮めた。

そのうち、明子の夫である満村恭平が、粗暴で女癖が悪く、明子を奴隷のごとく扱っていると聞き知しり、満村を殺害せんとの思いが湧き上がってきたが、さすがにそれに着手することに大いに逡巡した。

ところが、義一郎の友人である本多子爵が、明子と相思相愛であることを知り、なんとか添い遂げさせてあげたいとの思いが高まってきた。そこで、満村が観劇に行くというタイミングを見計らって、義一郎もそこに臨席した。

すると、観劇が終わっての帰路、様子をみていると、満村はどうも体調の不調を訴えているようである。義一郎はそれをみていて、得たりと、満村に近づき、内科医として丸薬を処方した。もとより北畠義一郎は天下に有名な内科医、満村は素直にそれを飲んだ。

ところが、その丸薬こそは、満村を地獄へと導く妙薬、果たして満村は斃れ、その死因は脳出血と検視され、疑う者はいなかった。

こうして本多子爵は晴れて明子と夫婦になったのだが、収まらないのは義一郎の気持ちで、今度は本多子爵に強い嫉妬を感じ、満村に対して採ったのと同じ手法を本多子爵にも採ろうしている自分に気づき、これは自ら死ぬよりないと決心、遺書をしたため、死後それが本多子爵の手に渡るように手配した次第である。

蓋し、北畠義一郎は脳出血で亡くなり、普通に病死として弔われたのだった。

というストーリーなのだが、これをミステリーとしてどうかとみる意見もあるようだが、これはミステリーというよりも、その擬古文調の文体により、森鴎外の舞姫うたかたの記をエミュレートしたような作品として読むのもありではないだろうか。

そのエミュレーションは、芥川が今昔物語や宇治拾遺物語を題材にして作品を書いたようなものではなく、雰囲気のエミュレーションなのだが、流石芥川、雰囲気が出ていると思われる。

天彦名人対稲葉八段の名人戦が終わってしまったので、今度は棋聖戦にフォーカスすることにした。第2局は斎藤七段の後手番、例によって38手目まで一気に進める。

【図1】 38手目△5二玉まで
持ち駒:△斎藤七段=角



持ち駒:▲羽生棋聖=角
△5二玉をみて、そういえば今期の名人戦第4局でも似たような将棋になったよね、と思い出した。なんか寝技のような、手のつくりにくい不思議な将棋である。ここから、▲8八玉,△6三銀,▲4五歩,△5四歩,▲6九飛,△4二銀,▲4七銀,△6一玉,▲5六歩,△7二玉,▲4六銀と進んだ。

【図2】 50手目△5一飛まで
持ち駒:△斎藤七段=角



持ち駒:▲羽生棋聖=角
△5一飛となっても、探り合いのような手が続く。気が重くなる。以下、▲9八香,△5三銀,▲4七角,△4四歩,▲5五歩,△同歩,▲7五歩と、いよいよ戦端が開かれた。

【図3】 58手目△5六角まで
持ち駒:△斎藤七段=歩



持ち駒:▲羽生棋聖=なし
ここで△5六角は、激指も予想したところで妥当なのだろう。ただ、検討によれば、△7五同歩▲5五銀、△5六角▲同角△同歩▲7四歩△同銀▲4四歩という進行もあったらしい。本譜は△5六角以下、▲同角,△同歩,▲7四歩,△同銀となって、似たような展開である。

【図4】 63手目▲4四歩まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=角歩2
さて▲4四歩のところが勝負所である。検討陣によれば、△4四同銀には▲5二歩が急所のたたきで、△5二同飛は▲4一角、△3一飛は▲5四角とそれぞれ角を使った攻めがあるという。で、本譜は▲4四歩以下、△5四銀,▲5九飛,△6三銀左,▲7五歩,△同銀,▲7六歩,△8四銀と進んだ。検討によれば、▲5九飛のところで▲5三歩もあったのでは、という。それにしても▲7五歩,△同銀,▲7六歩,△8四銀の手順は検討陣の意表を突いた。

【図5】 71手目▲4五角まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩3



持ち駒:▲羽生棋聖=なし
▲4五角はみるからに好所の角打ちである。後手は△9五歩、△8六歩など様々な手段が考えられるが、斎藤七段は▲5六角と払われるの嫌って、単に△7四角と受けた。以下、▲3四角,△9五歩,▲4三歩成,△3三歩,▲3二と,△3四歩と羽生は角を犠牲にして金を手に入れた。

【図6】 79手目▲7五金まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=歩
そして羽生はガシッと▲7五金で一見先手がよさそうであるが、本当はまだ難しいようである。以下、△8一飛,▲7四金,△同銀,▲4五角,△6三金打と進んだ。△6三金打には羽生も驚いたようである。

【図7】 85手目▲9五歩まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=歩
ここで▲9五歩は相手に手を渡す手だが、検討によると、代えて▲2一ともあったという。以下△9六歩▲5五桂△9七歩成▲同香△同香成▲同玉△9一飛▲8八玉△9九角▲7九玉△9八飛成▲6三桂成△同金▲8八金打でどうか、という。本譜は以下、△9六歩,▲2一と,△8六歩,▲同歩,△9五銀,▲5五桂,△8六銀,▲同銀,△同飛,▲8七歩,△9七歩成,▲同香,△同香成,▲同桂,△9六飛と進んだ。この一連の手順のうちに、少し先手がよくなったようである。ただ、具体的にどの手がよくなかったのか、判断は難しい。

【図8】 101手目▲7五香まで
持ち駒:△斎藤七段=角銀香歩3



持ち駒:▲羽生棋聖=銀歩3
ここで検討陣は▲6三桂成△同金▲8四金が有力といっていたのだが、羽生は単に▲7五香。これも厳しい。以下、△7七歩,▲7四香,△7八歩成,▲同玉,△5四香,▲6三桂成,△同金,▲7三香成,△同玉となり、そろそろ先手勝ちのゴールが見えてきたか。

【図9】 111手目▲8五桂打まで
持ち駒:△斎藤七段=角金銀桂香歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=金銀2歩4
そして、8五桂打が決め手である。△6二玉,▲7三金,△同金と進んで、

【図10】 115手目▲5四角まで
持ち駒:△斎藤七段=角金2銀桂香歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=銀2香歩4
▲5四角が決め手で、先手の危険を除去しつつ後手に迫っている。△7七歩,▲6八玉,△9七飛成,▲7三桂成,△同玉,▲7四香,△8四玉,▲7五銀,△9四玉となって、

【図11】 投了図 125手目▲8三銀まで
持ち駒:△斎藤七段=角金2銀桂3香歩



持ち駒:▲羽生棋聖=金歩4
▲8三銀で即詰みなので、斎藤七段の投了も仕方ない。

斎藤七段の敗着は【図7】で示した手順にあるのかもしれないが、検討の結果でも、具体的には判らなかったようである。斎藤七段、初陣でまだタイトル戦に慣れていないのだろうか。

AIにはコンピュータへの興味を通じて概略的な興味があって、最近では将棋や囲碁のAIソフトなどを通じて、AIに対する興味を高めているが、どうも怠慢なので興味だけで知識のほうはさっぱりである。

そこでせめてもと、以前から買ってある「Harvard Business Review 人工知能」ダイヤモンド社を読み始めた。これは、Harvard Business Review日本語版の記事のうち人気が高かったものを集めたもので、以下、その最初の記事、トーマス・H・ダベンポート、ジュリア・カービー「オーグメンテーション:人工知能と共存する方法」を私なりにまとめてみる。

最近、AIが発達すると人間の仕事が奪われるという、シンギュラリティなる議論が喧しいが、必ずしもそうじゃないんじゃないの、という私の意見の根拠がオーグメンテーションである。

そこでまず、オーグメンテーションとは何かという定義をみてみる。すなわち、通常の自動化戦略は、人間がする仕事を定義して、そこからコンピュータでできる仕事を見出して差し引いていく。すると、すべてがコンピュータでできるとなると、人間することがなくなる。これはシンギュラリティにつながる。

一方、オーグメンテーションとは、人間がする仕事を基準として、コンピュータの使用によって、いかに人間がする仕事を深められるかを見極めることである。この論文は、そのための5つの手法を紹介する。それは、以下のとおりである。

  • Step up (向上する)
  • Step aside (譲る)
  • Step in (介入する)
  • Step narrowly (絞り込む)
  • Step forward (前進する)

Step upは、コンピュータの計算が終わった段階で、その結果を利用して、より高度な課題に取り組む。これは、高い教育と熟練を受けた人だけが関与できる。

Step asideは、細かいタスクはコンピュータに任せて、対人的知能、内省的知能など、人間が得意な多重知能を駆使する。

Step inは、時として無骨になりがちなコンピュータが出した結論に介入して、これを修正する。

Step narrowlyは、ユーザーが、コンピュータが及ばないニッチな分野をみつけて、その世界に入り込む。その際、知識をデータベース化するためにコンピュータを利用する。

Step forwardは、人間が次世代のツールを構築する。これによって、人間とコンピュータが、互いの欠点を補いあう。しかし、Step forwardを実践するには、普通のSTEM(科学・技術・工学・数学)の知識だけでは不十分で、人工知能、アナリティックスの高度な知識も必要である。

こう書くと、オーグメンテーションは高学歴の理系人間にしかできないように思われるが、私は決してそんなことはないと思う。例えば、私はミステリー小説の愛読者だが、もっとも優れたミステリー小説の作者は、必ずしも高学歴とは限らない。高卒や専門学校卒の人もざらで、そういう人たちの方が却って冴えた構想力と、調査力を発揮したりする。

まあ要するに、シンギュラリティを喧伝する人たちは、人間の営みを過度に狭く解釈しているだけことであろう。

私はいかなる意味でもコーヒー通ではないが、昔から、よほど体調が悪くないかぎり、一日数杯のコーヒーを飲んできた。コーヒー通ではない、というのは、とりあえずカフェインが入っていて、頭がすっきりすればいいと思っている程度で、なので私にとって、高級なコーヒーの旨さというのはどうもピンとこない。こういうのを無粋な奴というのだろう。

ただ、コーヒー通ではないとはいっても、砂糖とミルク入れず、基本的にブラックで飲む。それは単に甘いのが嫌いなだけなのだが、時々通だと勘違いしてくれる人がいる。私はあえて誤解されるままにしておく。

そんな私だが、流石に冷めたコーヒーは引く。まったく刺激がなくて、風味も感じられない。なので、なにかの雑誌で、熱いコーヒーには発がん性があると読んだときも、そうはいってもねぇ、と適当に読み流した。

そんな私だが、やはり熱いコーヒーは避けようと急に決心した。歳なので、少しでも発がん性リスクを下げようとおもったのかもしれない。そういったん決心すると、心の相転移が起こり、熱いコーヒーだけでなく、熱い味噌汁も、熱いスープも避けるようになった。

避ける、というのは、飲まないという意味ではない。わざと冷ますのである。例えば、ドトールなどのコーヒーショップでレジでコーヒーを注文して席に着いたときも、コーヒーに口をつけず、五分くらい本を読んでいる。そして、そろそろ冷めたかなとおもうと、静かに口をつけて飲み始める。あれっ、まだ熱いやとおもったら、またコーヒーカップをいったん置いたりする。

そんな様子を観察している人がいたら、こいつちょっと変人ではないかと思われるかもしれないが、普通コーヒーショップで他人をじっくり観察している暇人はいない。そもそも、グレイマンではないが、実に私は普通の容貌で目立たない。

そういえば、グレイマンは仕事柄、しょっちゅう怪我をしたり手術したりするので、いつも麻酔薬や鎮痛剤のお世話になっている。すると、麻酔薬や鎮痛剤も広い意味で一種の麻薬なので、習慣性や中毒症状が出てくることがある。

しかし流石プロの殺し屋、グレイマンは鎮痛剤の禁断症状が出たときに、あえて我慢して苦しみに耐える。そうやって禁断症状を克服する。

私はというと、そういうボールドなストイシズムは無理なので、せめてコーヒーを冷まして刺激を減らし、コーヒーそのものへの依存性が下がればいいと思うことにする。

さらにその方針を広げて、ビールも、よく冷えたのが生ぬるくなるまで待って飲もうかと思ったりする。ここまでやったら、流石にやりすぎか。まあ、適当にやることにする。

NHKの将棋講座や囲碁講座の司会の女性が、有名アイドルになったのはいつからだろう、ともかく私は、現乃木坂46で将棋講座の伊藤かりんさんと、元AKBで囲碁講座司会の戸島花さんが気に入っていて、番組を観るときの楽しみだった。

ところが、今年の4月、NHKの囲碁講座をみてずるいじゃん、と思わず叫んでしまった。その理由は、囲碁講座で金髪美女が起用されていたからである。これでは、特異性(singularity)で将棋講座の伊藤かりんさんとバランスがとれない。

で、番組を観ていて、ダイアナという名前だと分かった。ちょっとほっとしたのは、ダイアナの囲碁はまだ中級者の一歩手前の棋力で、ほとんどアマ初段に到達しようとしているかりんさんの方がその点は優っている。

そのダイアナのフル・ネームが、ダイアナ・ガーネットだと知って、私はええっ、と思った。なぜなら、プログラミング・スキルでも言及した、私の元上司の姓がガーネットだったからである。

その元上司は、父親の仕事の関係で子供のとき日本にいたことがあり、なので片言だが日本語が喋れた。その元上司には確か四人の子供がいて、娘も息子もいたはずである。その娘さんは父親の影響なのか日本びいきで、今から8年くらい前、日本のどこかの家庭にホームステイしていたはずである。なので、もしやと思ってダイアナ・ガーネットをWikiでみると、ワシントン出身とある。ええっ、と私はまた驚いた。上司は、ワシントン州シアトルの出身だったからである。ところがよく見ると、ダイアナの出身地はワシントンDCで、ワシントン州とは全く違い、流石に元上司の娘ではなかった、まあ当然か。

そのダイアナは実は歌手で、J-Popが好きで、ジェロみたいに日本の演歌も歌うようである。そこで、YouTubeでダイアナ・ガーネットで検索してみると、たまたま「また君に恋してる」や「津軽海峡冬景色」が見つかったが、聴いてみると実に美声で素晴らしい。なにかの歌のコンクールで、クリス・ハートを抑えて優勝したこともあるらしくて、その歌の実力は相当である。囲碁講座で歌の話題に全く触れないのはなぜだろう、まあ奥ゆかしいというか。

でも、ちょっとええっと、感じたことがあった。それは、さらにYouTubeを探していると、ダイアナ・ガーネットが日本の来たときインタビューを受けている場面があって、そのときの髪は黒髪だったからである。すると、今の金髪は染めているんだろうか。それにしても、米国人でも金髪に染めることがあるんだろうか。私の素朴な認識では、日本人で金髪に染めるというと渋谷あたりのちゃらい女性か、悪役のプロレスラーくらいなので、そっち方面に疎い私はいよいよわからなくなった。まあ、もともと金髪で、日本にきたとき、日本人に馴染もうと黒く染めていた可能性もあるが。

ともかくafter all, 私はすっかり、演歌の名手で囲碁もたしなむダイアナのファンになった次第である。

クリエーターズ・アップデートというのは、Windows 10のユーザなら誰もが知っているWindows 10 Creators Updateのことである。このアップデートの押し売りがしつこくて、うんざりしているユーザは少なくないだろう。Windows 10以外のユーザは去年の夏、Windows 10の押し売りで嫌になった記憶がよみがえるかもしれない。

それで私は、Windows 10 Creators Updateを勧誘するパネルがあらわれる度に、後で通知する、をクリックして退けていた。

ところが私は、疲れていたせいか、Windows 10 Creators Updateを勧誘するパネルがあらわれたタイミングで、後で通知する、でなく、ついプライバシー設定を確認する、をクリックしてしまった。こうしてもすぐにWindows 10 Creators Updateが始まるわけではないよね、と軽視していた。

ところがしばらくたって、Windows 10 Creators Updateの導入画面のようなものがあらわれた。ここでは「再起動」、「時間指定」、「遅延」のどれかを選ぶしかなく、私はとりあえず「遅延」を選んだ。

それで他の作業をしていると、どうもパソコンの動作が変である。ああ、と私は悟った。これはWindows Updateが進行中は動作が不安定になるという、例の現象だと悟った。それで改めて「再起動」をクリックすると、パソコンが再起動して、数字が1%から次第に増えていく画面になった。

これは、普通のWindows Updateでよく見かける画面なので黙ってみていると、なんとも数字の増え方が遅い。私はもう寝る時間だったので、パソコンのそばで横になって仮眠することにした。それで40分くらいで起きてみたらまだ50%にも達していない。それからさらに40分くらい経過するとパソコンが勝手に何回か再起動して、やっと100%に達した。

そこでなにかバックグラウンドでアップデートのプログラムを導入しているらしい。そこから待っていると、いよいよWindows 10 Creators Updateの導入が完了したらしい。なにかMicrosoft Edgeの案内画面になったが、よくわからないのでこれはスキップした。

結局2時間近くかけてWindows 10 Creators Updateを完了したのだが、何が変わったのかさっぱりわからない。もし単に大型のWindows Updateなら、"Creators"って何よ、とさっぱりわからなかった。

まあそれでも、いつも気にしている、タスクバーにピン止めしたアイコンが現れないというバグが直っているかと思ったら、それも特に直っているわけではない。

ところが、6月14日の早朝、まあ、これを書いている時点なのだが、Windows Updateをかけると、再起動直後にはタスクバーにはピン止めがなくてがっかりしたのだが、数十秒後にタスクバーに一斉にピン止めしたアイコンが現れてほっとした。内部的にはいろいろ機能が改善されているのだろうが、GUI関係の改善は目立っていて、ありがたくかんじる。

この子(Windows 10)は、いろいろ至らん点もあるが、未完の大器じゃけん、まあ長い目でみてやってつかあさい、とつい、自分に広島弁で言い聞かせた。

知り合いからの紹介でマーク・グリーニーの「暗殺者グレイマン」、伏見威蕃訳、早川文庫を読んだとき、最初は怪訝というかあまり期待していなかったのだが、息もつかせぬ戦闘シーンに圧倒され、感動した。その後、知り合いからグレイマン・シリーズの続編をもらったとき、すぐにはグレイマン・シリーズの続きを読み始めなかった。理由は、グレイマン・シリーズは食べ物でいうところの激辛なので、しばらく間をあけたかったのである。

こうして、頃合いをみてグレイマン・シリーズ2の「暗殺者の正義」を読み始めると、グレイマンこと、コート・ジェントリーは、ある殺しの依頼で、ダブリンに来ているのだった。「暗殺者グレイマン」の最後で、ローラン・グループに救助されたので、当然ローラン・グループの依頼かとおもったら、シドレンコとかいうロシア・マフィアのような男の依頼だというので、あれっ、と思った。

ダブリンでグレイマンにとって肩慣らしのような殺人を完了すると、シドレンコの手下たちが迎えにきていて、シドレンコのアジトに連れていかれた。そしてシドレンコの依頼はスーダンの大統領の暗殺。グレイマンはしばし考えて、この依頼を受けることにした。スーダンの大統領は圧政を敷き、国民を苦しめている。その男を除去することは正義に適う。

そのあと、シドレンコが用意したホテルに滞在していたのだが、シドレンコの部下たちの監視が嫌で、外に脱出したところを何者か複数の男たちに襲われた。完全に高度なプロの動きで、完全に油断していたので、殺されると覚悟した。しかしよくみると、元CIAのときの同僚たちで、シエラ・チームと名乗った。特に、リーダーのシエラ・ワンであるザックとは因縁の仲だった。

シエラ・チームはグレイマンを殺しにきたのではなく、スカウトにきたのだった。すなわち、シドレンコの依頼をインターセプトして、スーダンの大統領を殺すのではなく拉致する。グレイマンはシドレンコのプランに従い、その機材や手段をそのまま使う。スーダンでグレイマンはスーダンでシエラ・チームに合流する。CIAはスーダンで事前に撹乱工作を用意している。

これを聞いてグレイマンはとても不安だった。不確定要素が多すぎる。そもそも、スーダンの軍隊に対して、あまりに多勢に無勢である。

ともかくグレイマンは、シドレンコが手配した、武器密輸用の飛行機でスーダンに向かったが、都合により、目的地とは遠い場所の空港だった。そこで時間があったので空港のロビーで休憩していると、飛行機のパイロットが、男好きのする女をみつけて、飛行機に便乗させてほしいというので、飛行機に連れ込もうとした。女はスーダンを離れたいのだが、困っていたのである。

グレイマンは直感的にこの女と関わってはいけないと思い、パイロットに注意したが、聞かないので、グレイマンは女を無理やり降ろした。ところが女は何を思ったか空港で、身分を明かしてしまった。なんと、ICC(国際刑事裁判所)の捜査官でカナダ人、名前をエレン・ウォルシュといい、単身、武器密輸の調査に来ていたのだった。それを聞いてはスーダンの秘密警察は黙ってはおかない。女を車で連れ去ってしまった。このままでは確実に拷問の後酷く殺されてしまう。これを見過ごすことはグレイマンの正義に悖る。必死の思いで追跡して、なんとか女を救ったのだが、序盤からグレイマンのミッションは大狂いである。

そこはそれ、名にし負うグレイマン、手段を尽くしてキャッチアップし、シエラ・チームと合流した。しかし、ここからが真の艱難で、シエラ・チームもグレイマンも苦難に次ぐ苦難で、這う這うの体になった。それでもなんとかスーダンの大統領に迫ったのだが、そこで急に政治的な理由からCIAのミッションが様変わりした。

さて、グレイマンの正義はどう反応するか。ここからこそが佳境なのでストーリーへの言及は省略するが、アクションの連続というだけでなく、ストーリーの捻りといい、微妙なラヴ・ロマンスといい、「暗殺者グレイマン」以上のクオリティだと思われる。それにしても、グレイマンの正義であるが、ここまでボールドな正義を、私はみたことがない。

そして、マーク・グリーニーは天才ではあるまいか。あまり安易に天才と呼んではいけないが、私の乏しい語彙では、この絶妙のストーリー・テリングをそう呼ぶ以外に思いつかない。

私が勤務しているオフィスに最近、オフィスグリコが入った。それは休憩室あるいは談話室と呼ばれる場所に設置してあって、プラスチックの箱にいろいろなお菓子が入っており、100円玉を入れて一つ、気に入ったお菓子を勝手にもっていく形式である。ようするに、富山の薬売り方式である。

以前のブログにも書いたように、誰もみていなくても、なんとなくお金を入れないで勝手にお菓子をもっていくのは普通の人は気が咎めるのだと思う。なので、グリコはほとんど遺失なく、商売を成立させている。

私はというと、あまりお菓子には興味がないのだが、午後に眠くなるのはいつも困っていて、以前は自動販売機で缶コーヒーを買って飲んでいたのだが、缶コーヒーにはなにか添加物が入っているようで、気分が悪くなってくる。

そこでオフィスグリコを探していると、カフェイン入りのミンティアというのがあった。これはグリコではなく、アサヒグループ食品の製品だが、オフィスグリコにはもともと、他社製品も入っている。

これを買って、小さい粒を口に含むと爽快感があり、カフェインの作用で目も覚める。そういえばミンティアのコマーシャルに起用されているのは美人の誉れ高い、北川景子なのだった。ちょっと私には敷居が高すぎる存在なのだが、それでもミンティアに付加価値を与えるに十分である。

ミンティアだけだと飽きるので、さらにオフィスグリコを探してみると、ギャバというチョコレートがあった。これはグリコの純正製品のようである。ギャバにはまさに脳にいいというギャバという栄養素が配合されていて、食べると確かに気持ちが落ち着く。

で、しばらくミンティアを愛用していると困ったことが起きた。それは、ミンティアに含まれているカフェインに軽い中毒になってしまったのである。しばらく食べないと汗が出てきて、軽い禁断症状になる。グレイマンという暗殺者の小説で、大怪我をした手術のあと鎮痛剤を処方されて、それの禁断症状になり、強い意志で鎮痛剤を我慢して立ち直るという場面があった。それで私も強い意志で?ミンティアを制限した。

ギャバの方は要するにチョコレートで甘いので、甘党でない私はそんなに耽溺しない。それでも妙にギャバがほしくてたまらなくなることがあるのは、脳が欲しているのだろうか。

こうして私なりにミンティアとギャバと付き合っているのであるが、特にミンティアは油断しているとつい習慣性になるので注意が必要なのだった。

でも、取ってつけた言い方だが、仕事の能率は少し上がっているような気がする、とブログには書いておこう。

十分ありえると思っていたのだが、やはり藤井四段が25連勝した。毎日新聞のウェブ記事をまず引用させて頂く。

昨年12月のデビュー戦から快進撃を続けている将棋の藤井聡太四段(14)が10日、東京・将棋会館で行われた第3期叡王戦段位別予選で、梶浦宏孝四段(21)に続いて、都成(となり)竜馬四段(27)も破り、公式戦連勝記録を25に伸ばした。これにより丸山忠久九段(46)が1994年に達成した24連勝を抜いて、歴代単独2位に躍り出た。

で、具体的にいつ誰に勝ったのだろうと、ウェブを探していたら、さきどりちゃんねるによいまとめの情報があったので、これを利用させて頂いて、改めて以下の表にしてみた。情報、ありがとうございました。

番号日付対戦相手棋戦
12016/12/24加藤一二三九段竜王戦6組
22017/1/26豊川七段棋王戦予選
32017/2/9浦野八段竜王戦6組
42017/2/23浦野八段NHK杯予選
52017/2/23北浜八段NHK杯予選
62017/2/23竹内四段NHK杯予選
72017/3/1有森七段王将戦一次予選
82017/3/10大橋四段新人王戦
92017/3/16所司七段竜王戦6組
102017/3/23大橋四段棋王戦予選
112017/4/4小林裕士七段王将戦一次予選
122017/4/13星野四段竜王戦6組ランキング戦
132017/4/17千田六段NHK杯一回戦
142017/4/26平藤七段棋王戦予選
152017/5/1金井六段竜王戦6組準決勝
162017/5/4横山大樹アマ新人王戦
172017/5/12西川和宏六段王将戦一次予選
182017/5/18竹内四段加古川清流戦
192017/5/25近藤誠也五段竜王戦6組決勝
202017/6/2澤田六段棋王戦予選
212017/6/7都成四段上州YAMADAチャレンジ杯
222017/6/7阪口五段上州YAMADAチャレンジ杯
232017/6/7宮本五段上州YAMADAチャレンジ杯
242017/6/10梶浦四段叡王戦段位別予選
252017/6/10都成四段叡王戦段位別予選

これをみると、2局指したのは、浦野八段、大橋四段、竹内四段、都成四段で、流石にまだ、3局指した棋士はいない。

棋戦では、竜王戦6組関係が6局、NHK杯と棋王戦関係が4局、王将戦予選と上州YAMADAチャレンジ杯が3局、新人王戦と叡王戦段位別予選が2局とかなり重なっている。

個人的には、一日何局も指す短時間棋戦で連勝云々するのはどうか、と思ったこともあるが、逆にいうと短時間だとポカとか取りこぼしの可能性も多いわけで、短時間棋戦が連勝により寄与するということもない。

対戦相手であるが、いわゆる成績に基づくレーティングという意味では、一番手強いのは千田六段であるが、放送されたNHK杯では、藤井四段の完勝だった。その他、北浜八段、澤田六段、近藤誠也五段もトップクラスの強さである。

また、NHK杯をみていると、過去の実績に拘わらず若手の四段が勝つものだというのが相場で、そういう意味で、宮本五段、梶浦四段、大橋四段、都成四段などにきっちり勝つというのも相当大変である。

さらに、非公式戦であるが、ここまでで藤井四段を負かしたのは、豊島将之八段と永瀬拓矢六段だけで、予選を勝ち進んで、このレベルの棋士と日常的に対戦するようになったとき、どのように戦うかが藤井四段の真価だろう。

最後に将棋連盟に言いたいのは、将棋連盟のある棋士が藤井フィーバーを、神風が吹いていると喜んでいる、という話を聞いたが、神風なのか、バルチック艦隊に対する日本海海戦の勝利なのか分からないが、それに浮かれていても、三浦事件など将棋連盟に山積みの問題はびた一文解決されない、ということである。なので、藤井フィーバーを隠れ蓑にしないでいただきたい。

天彦名人対稲葉八段の名人戦は、第3局で、稲葉八段がやや不利な形勢の終盤を、妙手で抜き去って2勝1敗と勝ち越したとき、いけるかもしれないと期待した。そのときの期待感が残っていたので、第4局で天彦名人がタイに持ち直したときも、いやまだまだ稲葉八段がいけるはずだ、なぜなら天彦名人は電王戦の負けが痛手なはずだからと、まだ稲葉八段を推していた。

ところが、第5局、天彦名人が勇気流で勇気凛凛完勝したのをみて、天彦名人に電王戦の負けの引きずりはまったくなく、むしろポナンザから力をもらっているくらいだ、と、気の早い私は心の中で名人戦終了のゴングを鳴らしていた。

なので、盛り下がった気持ちで名人戦第6局を見始めたら、早速天彦名人が序盤から、ややリードの様子である。一気に35手目まで進める。

【図1】 35手目▲2五飛まで
持ち駒:△天彦名人=なし



持ち駒:▲稲葉八段=歩
棋友と話したのだが、本局も相掛かりで、先手の稲葉が飛車先を切り、後手の天彦名人がわざと飛車先を保留した。すると一時代前の価値観では、飛車先を切った稲葉八段の方が有利なはずなのだが、現代ではそのような常識は通用しない。AIの隆盛が、過去の常識を塗り替えることを促進している。本局も、△6四銀がいい味で、▲2五飛は△7五歩を牽制した手なのだが、以下、△5二金,▲4八金と進んだ。

【図2】 38手目△4四歩まで
持ち駒:△天彦名人=なし



持ち駒:▲稲葉八段=歩
そして、△4四歩をみて、先に角を交換しておくんだったかと、稲葉八段は後悔したようである。なぜなら、△4四歩と止められて、先手は自陣の角の捌きに苦慮した。▲6八角,△3一玉,▲7七銀,△5四歩,▲6六銀,△4二角,▲5六歩,△4三金,▲2九飛,△8二飛,▲4六歩,△5三角,▲4七銀と進んだ。後手もちの棋士が多いようだが、村山七段が先手もちというのだから、微妙なのだろう。

【図3】 52手目△3三桂まで
持ち駒:△天彦名人=なし



持ち駒:▲稲葉八段=歩
52手目△3三桂となって随分ゆっくりした展開である。ここから▲2五桂,△同桂,▲同飛,△3三銀と稲葉八段は桂交換した。そのことの是非はともかくとして、本局は天彦名人が、絶妙の桂使いを見せる。△3三銀のあとは▲7七桂,△7三桂,▲2九飛,△2四銀,▲7五歩と進んだ。いよいよ開戦である。

【図4】 62手目△6二桂まで
持ち駒:△天彦名人=なし



持ち駒:▲稲葉八段=桂歩
ここで天彦名人に、絶妙の桂使いの第一弾が出る。それが、△6二桂である。これに対して稲葉八段が、予想された手だが▲6五桂打と攻め、以下△同桂,▲同桂,△4二角,▲7六桂,△8三飛,▲6四桂,△同歩,▲7四歩,△6五歩,▲同銀と進んだ。

【図5】 74手目△5三桂まで
持ち駒:△天彦名人=桂歩



持ち駒:▲稲葉八段=銀歩3
ここで天彦名人は、△5三桂。まさに桂馬の乱舞である。以下、▲7六銀,△7四桂となって、次に△6六桂打の継桂が厳しい。こうなるなら、▲7六銀よりも▲6四銀と踏み込む方がよかったと思われる。以下、△7四桂には▲7五銀打である。で、稲葉八段は△6六桂打を避けて▲7九金であるが、これも手の調子が変である。単に▲7五銀が優ると思われる。ここで△5五歩が名調子。先手は▲7五銀打だが。

【図6】 80手目△6二桂まで
持ち駒:△天彦名人=桂歩



持ち駒:▲稲葉八段=歩3
優勢を意識する天彦名人は、がっちり△6二桂と繋いでおいて動じない。以下、▲6六歩,△8六歩,▲同歩,△5六歩,▲8五歩と進んだが。

【図7】 86手目△5四金まで
持ち駒:△天彦名人=桂歩2



持ち駒:▲稲葉八段=歩4
△5四金と出られて、稲葉八段は、どうにもならなくなったと感じたという。以下、手順のみ掲げる。▲2五歩,△3三銀,▲8四歩,△6三飛,▲1五歩,△同歩,▲1二歩,△同香,▲1三歩,△同香,▲4五歩,△同桂,▲5六銀,△5七歩,▲同金,△6四桂,▲4三歩,△同金,▲7四銀,△同桂,▲6七銀左,△5六桂,▲同銀,△6六桂,▲4七玉。

【図8】 投了図 112手目△5五銀まで
持ち駒:△天彦名人=銀歩7



持ち駒:▲稲葉八段=桂2歩2
そして、△5五銀で力尽きて稲葉八段は投了となった。

結局、終わってみると、天彦名人の強さ、センスのよさが光った天彦名人だった。来期の挑戦は豊島八段か、渡辺竜王か。制度上、藤井四段が挑戦するのは少なくとも四年はかかってしまう。

最近都内に、ある程度重要な書類を送りたいということがあって、最近ではクロネコヤマトなどの宅急便でも書類の送付を扱っているので、宅急便と郵便のどちらにしようか迷った。

そもそも宅急便だと、自宅近くのコンビニで扱っている。一方郵便だと、特に土日だと、歩いて10分くらいかかる特定郵便局まで行かなくてはならない。それでもやや考えて郵便にしたのは、コンサバな思考なのかもしれないが、なんとなく郵便の方が信頼感があるとおもったからである。

それで書類を入れた封筒をもって、郵便局に行った。定形外の封筒なので、普通郵便なら200円くらいなのだろうと思う。しかし、書類の重要性に鑑み(といっても大したことはないが)、簡易書留にした。私は簡易書留と、単なる書留の違いがよくわからない。単にその方が安いだろうと簡易書留を依頼したら、係員の方は、封筒の表の宛先と、裏の私の住所の両面をスキャンして縮小印刷したような受領書を渡してくれた。それでどこに送ったかがわかる。ちなみに、料金は430円だった。

さらに、受領書には11桁の数字が記載されていて、これがお問い合わせ番号なのだという。そこで帰宅すると、日本郵便の郵便追跡サービスに行き、そこに11桁の数字を打ち込んで「開始」をクリックすると、確かに私が手続きした郵便局と、手続き時間、簡易書留であることの表示が出てきた。

問い合わせる度にこの番号を打ち込まなくてはならないのかと思っていたら、電子メール通知サービスがある、というので、申し込みボタンをクリックしたら、電子メールを入力する欄があらわれ、そこに私の電子メールを入力してOKをクリックしたら、確かにURL付きのメールが届いた。

最近ではURL付きのメールを素朴に信頼すると、ランサムウェアだったりして怖いのだが、一応Windows 10なので、ランサムウェア対応済だろうと信頼してURLを開いたら、上記と同じ表示が出てきた。この方式でいいのは、URLにパラメータとして11桁の数字が埋め込まれているので、今後は単にそのURLのリンクをクリックするだけでいい、ということである。

さらにこの方式がいいと思ったのは、トレースの粒度が細かいのである。すなわち、何月何日何時何分に、どの郵便局が受付け、そこから何月何日何時何分にどの郵便局に到着し、今は配達員が配達中というのもわかる。そして、目的地に配達されると、「【郵便局】配達完了報告メール」というメールが来る。すると、何かと安心である。

また、相手方に携帯などでお問い合わせ番号を知らせておくと、相手方は上記と同様にトレースできて、これも便利である。すなわち、問い合わせるのは、郵便の差出人でなくてよい。

まあこんなことは今更世間で当たり前で、その程度のトレーサビリティに感心するのは、私が独特のnumbers guyだからだろう。

ちょっと前に、新聞の書籍広告で、司馬遼太郎の「ビジネスエリートの新論語」文春文庫というのをみかけた。一時は司馬遼太郎の小説はよく読んだが、最近では読んでいないので、この本に対するインセンティブは大きくないのだが、この本を読んで自分のサラリーマン生活を振り返ってみるのもよかろうと思って、とりあえず買って読み始めた。すると、この本は、司馬遼太郎氏が本名の福田定一で、20年前に刊行した本なのだという。

読み始めて、いきなりおおっと思ったのは、「サラリーマンの元祖」と題する内容で、「益なくして厚き禄をうくるは窃むなり」という箴言があったからである。というのは、私自身もらっている給料に加えて社会保険などを含めた諸費用も含めて会社が私のために費やしているコストに対して、いかにそれに上乗せした貢献を会社にするか、いつも考えていたし、今も考えているからである。

そこで「益なくして厚き禄をうくるは窃むなり」と言われると私としては、得たりである。すなわち、「窃むなり」といってもノンワーキング・リッチたちは刑法的、あるいは商法的な罪を犯しているわけではない。ただ、倫理的に座り心地が悪かろうという程度であるが、私は倫理的なバツの悪さを重くみるのである。

さて、「益なくして厚き禄をうくるは窃むなり」と言った人物は誰かというと、大江広元。歴史に疎い私は、えっ誰だと思ったら、なんでも鎌倉幕府の官吏らしい。

大江広元は、生まれは京都で幼少の頃から秀才を謳われたが、門閥のコネがないので、仕方なく下級役人に甘んじていた。地位は従五位の下。それを、源頼朝が遣った使者が、いきなり正四位にする、とオファーした。給与もいままでの十倍である。迷ったが、そのオファーを受けた広元は、公文所別当、すなわち事務方の最高の地位に就いた。このあたり、いかにも平安時代でも奈良時代でもなく鎌倉時代である。

大江広元は一介の文人だから、武芸の達人でもなんでもない。一方当時の鎌倉幕府といえば権謀術策の渦巻くところで、親子兄弟といえども油断をしていると寝首を掻かれる。そんな鎌倉幕府にあって大江広元は、八十歳近くまで天寿を全うし、きちんと畳の上で死んだ。だからといって決して無為と無責任に徹したわけではない。むしろ彼なりに権謀術策を駆使したのである。

すなわち、義経が頼ってきたときには一応意見は聞くものの、実際はなにも支援しなかったし、頼朝が亡くなって愚物頼家が立つと、北条時政と組んで頼家を事実上幽閉し、北条氏のアドバイザーの役割を果たした。要するに大局観が絶妙なのである。

大江広元が優れているのは、決して地位を羨望することなく事務方に徹したことである。謀殺はプランしても加担はしなかった。いやむしろ、大江広元がそうすることを可能ならしめたのは、彼の抜群の行政能力とハードワークである。また公平性と、組織のためという筋を通した。

しかしやはり忘れてはならないのは、広元の抜群の大局観とバランス感覚である。広元ほどではなくても私も、会社のために可能な限り公正にハードワークした。しかし私に決定的に欠けるのは、大局観とバランス感覚なのだった。

あまりに初代サラリーマンで、鑑のような大江広元の紹介に感じいったので、「ビジネスエリートの新論語」の後の内容は流し読んだだけで特に印象が残らなかった。まあでも、この本は折に触れて再読することにする。

戯作三昧

user-pic
0

芥川龍之介の新潮文庫の「戯作三昧・一塊の土」から、「戯作三昧」も読んでみた。「戯作三昧」は、天保二年九月、神田の銭湯、松の湯で、六十を越した老人が体を洗うシーンから始まる。

その老人を、曲亭先生と呼ぶ者がいる。呼ばれた老人こそ、馬琴滝沢瑣吉、南総里見八犬伝の著者である。声を掛けたのは、八犬伝のファンの一人。

そのファンは馬琴に、先生なら、歌や発句も得意でございましょうと煽てるのだが、馬琴はその気になれば、それなりの歌が作れるという自負はあるのだが、本音をいうと、その文章形式の小ささが彼の趣旨にあわないのだった。ここらあたりは趣味としかいえない。

それから馬琴は、銭湯の中を眺めながら、ストーリーの構想を思い浮かべた。ところがそこに、八犬伝の悪口をいう声が聞こえる。要するにあれは水滸伝の二番煎じだというのである。一方で十返舎一九や式亭三馬を褒める。

それを聞いて憮然としながら馬琴は銭湯を出た。どうみても妥当性を欠く批判だと思うのだが、悪口がボディーブローのようにヒットして気分がすぐれない。それで馬琴は、邪念を払うかのように、大作を書くことを誓った。

しばらくたって、馬琴の家を訪ねてきたのは、和泉屋市兵衛という本屋。いまでいう出版業者である。その和泉屋が馬琴に、最近江戸で話題になっている鼠小僧次郎吉の話をする。ようするに作品の催促であって、鼠小僧次郎吉をモデルして何か書け、そうすれば売れること間違いないというのである。また、馬琴のライバルを何人か挙げ、競争心を煽った。しかし馬琴は肯んじない。

馬琴の小説は、先王の道の芸術的表現である。しかし、先王の道が芸術に与える価値と、馬琴の心情が芸術に与える価値とは違う。

それから少しして、友人の渡辺崋山が、自身が描いた絵をもって訪ねてきた。雑談の後、馬琴は、自分の作品が公儀のお咎めを受けることがあると愚痴をいう。要するに検閲を受けるのだった。

崋山が帰ると、出かけていた家族が帰ってきた。そして孫が馬琴に、「もっと勉強しろ、癇癪を起すな、もっと辛抱しろ。」という。それは誰に教わったのだと聞くと孫は、観音様が言ったのだという。

それを聞いて愉快になった馬琴は、何か感じるものがあり、流れるように構想が湧き、三昧に書き続けた。

というストーリーなのだが、これはどこまで、小説家としての芥川の、作品を書く心理というかモチベーションの感情移入があるのだろうか。かなりの思い入れがあるように感じるのは私だけだろうか。

世界卓球

user-pic
0

ドイツのデュッセルドルフで開催された今回の世界卓球ほど、刮目に値する卓球の試合を私は知らない。

すなわち、平野美宇、丁寧に敗れ銅メダルであるが、私は卓球の中国の世界トップランカーが、日本人選手に対して、ここまで準備し、意識し、緊張して臨んだ場面を知らない。それほど平野美宇の、アジア選手権の女子シングルス優勝の衝撃が、特に中国選手にとって大きかったのだろう。ともかく万全の準備で臨んだ丁寧に、平野といえども、付け入る隙を見出すことは難しく、まだ実力の差があることを認めざるをえないと思った。しかしこれはむしろ、克服すべき課題を突き付けられたということで、いまからのキャリアに鑑みると、ラッキーだといってよいと思う。

13歳の張本智和が男子シングルスで水谷を破り、ベスト8進出。これは、囲碁で言えば、大きい国際大会で、まだ初段になったばかりの13歳の新人が、井山六冠を破ったことに匹敵しよう。それにしても、いくら将棋の藤井四段が、プロになってからいきなり20連勝しても、百年に一人の天才と呼ぶ者はいないが、張本智和をそう呼ぶ者はいる。このあたりは気分で呼ばれているところもあるが、張本も藤井四段も、その逸材性の判定は今後の実績を俟つよりない。

吉村・石川組が混合ダブルスで、台湾の陳建安・鄭怡静組を決勝で破り、金メダル。

しかし、この後、張本は世界ランキング3位の許キンに敗れ、ベスト8どまり。「若者というだけでタイトルを与えるわけにはいかない」と、格上であることにこだわらず、世界トップ選手の意地を明かしたという。

男子ダブルス決勝の大島、森薗ペアは、樊振東、許キン組(中国)に1-4で敗れ、準優勝。

世界ランキング5位のドミトリー・オフチャロフに勝って、初めて8強入りした丹羽は、世界ランク2位の樊振東に1―4で屈した。

伊藤美誠と早田ひなの女子ダブルス準決勝は、世界ランク1位の丁寧、同2位の劉詩ウンの中国ペアと対戦し、1-4で敗れた。

この一連の流れは、中国が日本を油断のならないライバルと見始めているような気がする。容赦なく、本気で負かしにきている。別の言い方では、最早あまり余裕がない。何度もいうが、平野美宇の、アジア選手権の女子シングルス優勝はブレークスルーだった。今後は、少しだけ格上のライバルとして中国を意識して努力することにより、日本が中国に卓球で並ぶ日も遠くないだろう。

前回のマンデルブロ集合の彩色があまりにもナイーブだったので、こちらのように色を付けなおしてみた。

しかし、才能の乏しさのゆえ、いくら努力しても冴えた配色にならないので、諦めてこれで完成ということにする。

また、蛇足ながら、これのソースコードも示す。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
 Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button2Click(TObject *Sender)
{
double x,y,tx,ty;
double a;
double b;
int px, py;
int A,B,n;

 for ( A = -500; A < 220; A++ )     {
   for ( B = -300; B < 310; B++ )  {
     x = 0.0; y = 0.0;
	 n = 0;
	 a = (double) A /230.0;
	 b = (double) B /230.0;
     while ( x*x + y*y < 4.0 )   {
	  tx = x*x - y*y + a;
	  ty = 2.0*x*y + b;
	  x = tx;
	  y = ty;
      n++;
	  if ( n > 300 ) break;
	}
	px = A + 520; py = B + 320;
	if ( n > 300 ) Canvas->Pixels[px][py] = clRed;
	else if ( n <= 300 && n > 20 ) Canvas->Pixels[px][py] =clFuchsia;
	else if ( n <= 20 && n > 8 ) Canvas->Pixels[px][py] = clYellow;
	else if ( n <= 8 && n > 4 ) Canvas->Pixels[px][py] = clCream;
	else if ( n <= 4 && n > 3 ) Canvas->Pixels[px][py] = clSilver;
	else if ( n == 3 ) Canvas->Pixels[px][py] = clMedGray;
	else if ( n == 2 ) Canvas->Pixels[px][py] = clTeal;
	else Canvas->Pixels[px][py] = clBlack;
  }
 }	
  
}
//---------------------------------------------------------------------------

凍原

user-pic
0

かなり前、新聞の書籍広告で、桜木紫乃という作家のミステリー小説をみて、そのうち読みたいと思った。そのとき、ペンネームから勝手に、幻想系か残虐系のミステリー小説を想定し、まあそれでもいいかと考えたりした。

そのような背景があったので、古書店で桜木紫乃の「凍原」小学館文庫をみつけたときは迷わず買って、早速読み始めた。

「凍原」の舞台は北海道、特に釧路である。そもそも桜木紫乃が釧路の出身で、今では江別市に住んでおり、ほとんどの作品が北海道が舞台だという。そういえば、警察小説の大御所、佐々木譲も北海道にちなんだ小説が多い。九州出身の作家が九州にこだわるよりも、北海道の作家が北海道にこだわる度合いが強いような気がするのだが、正しいだろうか。だとしたら、その理由はなんだろうか。

さて、「凍原」は、釧路に住む水谷貢という少年が、キタサンショウウオを獲りに湿原に出かけ、帰ってこなかった、という事件から始まった。警察は誘拐の線も検討したが、それらしい電話がかかってくるでもなく、湿原の沼に落ちたのだと結論づけた。釧路の湿原は風光明媚な場所で観光客もよく来るが、つい沼に足をとられると大の大人でもそのまま沈んで出られなくなるという恐ろしい場所である。

そのとき、北海道警釧路方面本部の片桐という刑事が捜索や関係者の聞き込みを担当した。片桐は、当然に水谷家に訪れるだけでなく、貢と一番の仲良しだった杉村純の家にもいってみた。

それから片桐は、なにかと水谷家や杉村家をサポートすることになった。その影響もあったか、水谷貢の姉の比呂は、北海道警の警官になった。比呂は、札幌勤務を経て、釧路に転勤になり、捜査に当たっては片桐と組んだりした。これもまた奇縁である。

そんなとき、釧路で殺人事件が起きた。札幌からやってきた車のセールスマンが首を絞められて殺されたのである。調べていくと、鈴木洋介という名前だと分かった。鈴木洋介は自分が幼少のころ、青い目が原因でいじめられ、結局両親は離婚した。鈴木洋介は自分の青い目が気になって、仕事の合間に先祖のルーツを調べた。するとどうも、祖母に当たる人が終戦後、樺太から引き揚げたらしいと分かった。樺太はロシアが近いので、ロシア人の血が混じっている可能性がある。そういう調査をたどって釧路に行き着いたらしい。

それにしても、どうしてルーツ探しが殺されることにつながったのか怪訝な片桐と比呂は、小樽で喫茶店を経営する鈴木洋介の姉から事情を聞いたりしたが、いまいちはっきりしない。

じつは釧路が長いベテランの片桐は、鈴木洋介が誰を訪ねて釧路に来たか、なんとなく心当たりがあった。その線で、札幌や室蘭、留萌で関係者から事情を聞くうちに、意外な犯人が浮かび上がってきた。

それにしても、終戦直後の樺太や留萌での出来事と、現在の出来事を交互に再現し関連付けるという手法は特に珍しいものではないが、寒冷地のことなので、ついヨハン・テオリンの黄昏に眠る秋を彷彿とさせる。

一方で、過去の出生が事件につながるという意味で、松本清張の砂の器のストーリーも思い出させる。

このように、「凍原」はいい意味で期待を裏切り、桜木紫乃が本格的で重厚な作家であることを私に知らしめたのだった。

棋聖戦第1局が始まった。タイトル戦初登場の斎藤七段が、文字通り百戦錬磨の羽生三冠とどう戦うか見ものである。ところで、斎藤七段といえば、将棋の対話棋書で述べたように、「糸谷&斎藤の現代将棋解体新書」の著者の一人なのであって、現代の流行戦法を信じられないくらい深いところまで研究していると感心した。なので、この将棋もそういう斎藤七段の深い研究がみられると期待した。ところが、私にとってあまりにも見慣れた戦型になってしまい、却って唖然とした。例によって43手目まで一気に進める。

【図1】 43手目▲4五歩まで
持ち駒:△羽生棋聖=なし



持ち駒:▲斎藤七段=なし
唖然とした、というのは昔懐かしの同形矢倉になったからである。いまどきの同形矢倉といえばせめて脇システムだろう。じっさいこの形は、「三浦&阿部健の居飛車研究」でも「糸谷&斎藤の現代将棋解体新書」でも一切言及されていない。そういえば藤森四段の著書でみたような気がするが、なんにしてもいまや、マイナーであろう。ともかく▲4五歩以下は、△同歩,▲同桂,△4四銀,▲4六銀,△6五歩,▲同歩,△7五歩,▲2四歩,△同歩,▲3五歩,△7六歩,▲同金,△6七歩,▲5七角と進んだ。手順中、▲4五歩,△同歩,▲同桂は結構珍しく、普通は▲4五歩,△同歩のあと、▲3五歩というのが拙い私の矢倉の知識である。本譜は先手が出遅れているような感じがしてならない。

【図2】 58手目△7四銀まで
持ち駒:△羽生棋聖=歩2



持ち駒:▲斎藤七段=歩3
果たして、△7四銀となってみると、素人目には攻めている後手がよさそうなのだが、激指しの形勢判断も後手よしである。するとやはり、▲4五歩,△同歩のあと、▲3五歩の方がいいのか。まあ、そんな単純な話ではないだろうが。△7四銀のあとは、▲2三歩,△同金,▲3四歩,△8六歩,▲同銀と進んで、いよいよ先手が出遅れている感じがある。

【図3】 64手目△6五銀まで
持ち駒:△羽生棋聖=歩4



持ち駒:▲斎藤七段=歩4
で、後手は当然の△6五銀だが、▲7七歩がいい辛抱だった。で、羽生は△8五歩とし、これには▲9七銀かと思ったら、なんと▲7五銀と強気である。以下、△7六銀,▲同歩,△6五桂,▲6六角と進んだ。

【図4】 72手目△6八金まで
持ち駒:△羽生棋聖=歩3



持ち駒:▲斎藤七段=銀歩3
△6八金はなんとも強引な手だが、▲同金,△同歩成,▲同飛と進んで、先手は特に悪くないようである。そこから△7七歩,▲同桂となった。

【図5】 78手目△7五角まで
持ち駒:△羽生棋聖=金銀歩2



持ち駒:▲斎藤七段=金銀歩5
羽生はここで△7五角と切ったが、検討陣によると、▲7五同角△7九銀▲同玉△7七桂成に、▲3三銀△同桂▲3一角打△2一玉▲3三歩成で先手勝ちという結論が出ているのだという。本当にそうなのか。それもはっきりしないようである。で、斎藤七段は△7五角に▲同歩とし、△8六歩,▲同歩,△6七歩,▲4四角,△同金,▲3三金,△同桂,▲同歩成,△同金,▲同桂成と進んだ。

【図6】 90手目△3三同玉まで
持ち駒:△羽生棋聖=角金2銀桂歩2



持ち駒:▲斎藤七段=角金銀2桂歩6
△3三同玉と玉が露出し、先手は豊富な持ち駒があるので、なんとかなりそうであるが、プロの直感では後手が残している、というものらしい。以下、△同玉,▲4五桂,△同金,▲3四歩,△4三玉,▲5三金,△同玉,▲6五桂,△4三玉,▲3五桂,△同金,▲4四歩,△3四玉,▲3五銀,△同玉,▲3六歩,△4五玉,▲3四銀,△同玉,▲3五銀と斎藤七段は懸命に追及したが、あと一歩届かなかった。ただ、△4三玉に▲5三金としたところでは、▲3三金,△5二玉,▲5三銀とする手があり、その方が綾があったようであるが、後手よしは動かないようである。なにしろ先手玉は結構危ないかたちである。

【図7】 投了図 110手目△2三玉まで
持ち駒:△羽生棋聖=角金3銀3桂3歩3



持ち駒:▲斎藤七段=角金歩3
結局、△2三玉で後手玉が詰まず、先手は最早受けなしなので、先手の投了もやむなしである。

どこが斎藤七段の敗因かわからないが、【図5】で△7五角に▲同歩としたあたりが分岐点だったようである。次局は斎藤七段が後手番で横歩取りだろうか。

数学セミナーのフラクタル特集を眺めていてフラクタルへの興味が復活したのは、こちらに書いたとおりだが、よくわからないのだが、それから雨後の筍のようにパソコン・トラブルが押し寄せた。それはパソコン・トラブル奮戦記で始まる一連の記事で書いたので、ここでは繰り返さない。

さて、ヒュームではないが、Aという事象が起きたあとに高い頻度でBという事象が起きるということが続くと人間は、あるいは生物一般に、A ⇒ Bという因果関係があると想定し始める。なので、本当に理系なのかというくらい迷信深い面のある私は、フラクタル ⇒ パソコン・トラブルという因果関係というか仮説を立て始めた。

そうやって思考を巡らせてみたとき思い出すのは、黒魔術で地面になにやら図形を描いて祈り、悪魔を呼び出すシーンである。それは確か、少年漫画の「エコエコアザラク」でみた。そのとき描かれる図形が、フラクタルでいえばなんかシェルピンスキのガスケットぽくて、そこからフラクタルは、ある種のスピリチュアルな実体を呼び出すのだと考えてみた。なので、夜市という小説を読んだとき、夜市の入り口には、シェルピンスキのガスケットのような図形が掲げられているにちがいないと勝手に思ったりした。

他の例を挙げると、ピラミッドの形状の内部では、物が腐りにくいという性質があって、だからピラミッドの内部にミイラが安置されるのだという説も読んだことがある。その空間形状が独特の効果を与えるらしい。私は、ううんそれもあるかな、と少し信じたりする。要するに、フォルムは事象に影響を与えることができるのだろう。

ところで、藤堂明保著、「漢字入門」放送ライブラリー9、日本放送出版会を読んでいたら、「およそ人間の歴史のうちで、物質の文明の進歩は速く、精神的な面での進歩はすこぶる遅い。」とあって、確かに、と思ってしまった。具体的にいうと、コンピュータのメモリなどムーアの法則が適用されて、倍々ゲームで進歩するが、精神的な所産であるアルゴリズムの進歩は極めて遅い。

といいつつ、フラクタルのフォルムによって呼び出されるスピリチュアルな実体が主として作用するのは人間の精神、そして電子である。

じっさい、フラクタルの働きで私は、あるはずのものを遺失してしまう経験を多くした。典型的にはExcel 2010のDVDだったりする。スピリチュアルな実体にとって、人間の注意力を逸らすなど、朝飯前である。

スピリチュアルな実体は電子の動きを操作してコンピュータを誤動作させるのも得意である。すると恐ろしいのは、世界は、スピリチュアルな実体による制御性を高める方向に向かっているということである。これはなにかの壮大な陰謀ではないだろうか。

戻って、私はフラクタルのせいで?受けた試練に対して全く怯むつもりはなく、野球でいえば監督の千本ノックを受ける選手のような気持ちでいた。じつはあまり根性のない私はなんどもめげそうになったが、とりあえずトラブル解決の後再びのトラブルと破たんをへて、その後のコンピュータの置き換えで落ち着いて、少しだけパソコン・スキルの線が太くなったような気がした。

別の側面からみると、フラクタルからのこのようなアプローチを幾何学的アプローチということにすると、プラトン流にいうなら、幾何学はイデアの世界から現実の世界へのプロキシであり、なのでアカデメイアでは、幾何学が重要視されたのだろう。

では、ピタゴラス流の数論、あるいは数霊学はどうなのだろう。数の現実の世界へのアプローチは、占星術や中国の易経に受け継がれている。これは幾何学的アプローチとは別なのだろうか。今年の前半に私が多倍長のライブラリを実装して素数判定していたときは、少なくともパソコンの不具合は起きなかった。ううん、とわからなくなってきたので、別途考え直すとする。

ともかく読み直してみて、普段の論理的な?自分がどこにいったのか、支離滅裂になってしまっている。それでもこのままブログに載せるとしよう、フラクタルの呪いとして。

川瀬七緒の法医昆虫学捜査官が結構面白かったので、その第二作である「シンクロニシティ」講談社文庫を買って、さっそく読み始めた。

ストーリーは、警視庁南葛西署管内で身元不明の死体が見つかったところから始まった。なんでも、夏の暑いときにトランク・ルームに放置されていたので、腐敗と悪臭がひどい。

担当刑事は例によって岩楯で、相棒に月縞という若手刑事を指名した。月縞は周囲から浮いている変わり者の刑事でみんな敬遠していたが、岩楯はもしかして見どころがあるかと独特の勘で感じた。

実際、月縞は異様な腐乱死体をみても吐き気をあまり感じないという、根性があった。それにしても蛆虫の発生がひどいので、蛆虫から何かがわからないかと、岩楯は例によって法医昆虫学捜査官の赤堀涼子に動員をかけ、赤堀は嬉々として捜査に加わった。

ところが今回は流石の赤堀も昆虫からなかなか辿れるものがない。それで、岩楯と月縞は、トランク・ルームを経営する会社の社長にコンタクトしたが、これがみるからに怪しく、叩けば埃がでそうで、この線を追及していけば犯人逮捕も時間の問題と思われた。

結局関係者で児童ポルノのDVDを販売し、麻薬を売っていた金髪男を逮捕し、この男が犯人に違いないと岩楯が猛然と締め上げたが、知らないものは知らないと頑として男は自白しない。そして岩楯は、この男は確かにワルだがもしかして殺人まではできないのではないか、と自信がなくなってきた。

一方の赤堀は、死体が発見されたトランク・ルームの周囲を懸命に探し、ん?と微細な昆虫の死骸に着目した。それはハッチョウトンボの半陰陽(ギナンドロモルフ)で、昆虫学者の赤堀にはそれが極めて珍しいものであることは理解できるのだが、トンボの専門家ではない赤堀には詳しいことがわからない。トンボの専門家である知り合いの研究者に聞いてみても、棲息地までは細かくは特定できない。それで赤堀は、昆虫採集のマニアをみつけ、懸命の努力で福島県青波郡枯杉村という場所を突き止め、岩楯、月縞と共に現場に向かった。赤堀が岩楯、月縞に声をかけたのは、以前に単独行動で生死の境をさまようようなひどい目にあったからである。

さて、枯杉村には病的なまでに美しい、日浦瑞希という女性と、東京から移住した、薮木俊介という球体関節人形作家がいて異彩を放っていたが、日浦瑞希は実はトランク・ルームで殺されていた被害者と縁があった。

また、枯杉村には不吉な伝説があり、瑞希はその因縁も帯びていた。こうして瑞希の放散する因縁で、赤堀や薮木も、強い情念に押しつぶされそうになるのだった。

ここからは佳境なのでこれ以上の記述は省くが、よろずのことに気をつけよ的にフィーチャーされているところがあって、第一作の法医昆虫学捜査官よりも赤堀の役割が地味ではあるがストーリーとしての完成度はこちらのほうが高いと思った次第である。

このアーカイブについて

このページには、2017年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年5月です。

次のアーカイブは2017年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。