フラクタルの呪い

user-pic
0

数学セミナーのフラクタル特集を眺めていてフラクタルへの興味が復活したのは、こちらに書いたとおりだが、よくわからないのだが、それから雨後の筍のようにパソコン・トラブルが押し寄せた。それはパソコン・トラブル奮戦記で始まる一連の記事で書いたので、ここでは繰り返さない。

さて、ヒュームではないが、Aという事象が起きたあとに高い頻度でBという事象が起きるということが続くと人間は、あるいは生物一般に、A ⇒ Bという因果関係があると想定し始める。なので、本当に理系なのかというくらい迷信深い面のある私は、フラクタル ⇒ パソコン・トラブルという因果関係というか仮説を立て始めた。

そうやって思考を巡らせてみたとき思い出すのは、黒魔術で地面になにやら図形を描いて祈り、悪魔を呼び出すシーンである。それは確か、少年漫画の「エコエコアザラク」でみた。そのとき描かれる図形が、フラクタルでいえばなんかシェルピンスキのガスケットぽくて、そこからフラクタルは、ある種のスピリチュアルな実体を呼び出すのだと考えてみた。なので、夜市という小説を読んだとき、夜市の入り口には、シェルピンスキのガスケットのような図形が掲げられているにちがいないと勝手に思ったりした。

他の例を挙げると、ピラミッドの形状の内部では、物が腐りにくいという性質があって、だからピラミッドの内部にミイラが安置されるのだという説も読んだことがある。その空間形状が独特の効果を与えるらしい。私は、ううんそれもあるかな、と少し信じたりする。要するに、フォルムは事象に影響を与えることができるのだろう。

ところで、藤堂明保著、「漢字入門」放送ライブラリー9、日本放送出版会を読んでいたら、「およそ人間の歴史のうちで、物質の文明の進歩は速く、精神的な面での進歩はすこぶる遅い。」とあって、確かに、と思ってしまった。具体的にいうと、コンピュータのメモリなどムーアの法則が適用されて、倍々ゲームで進歩するが、精神的な所産であるアルゴリズムの進歩は極めて遅い。

といいつつ、フラクタルのフォルムによって呼び出されるスピリチュアルな実体が主として作用するのは人間の精神、そして電子である。

じっさい、フラクタルの働きで私は、あるはずのものを遺失してしまう経験を多くした。典型的にはExcel 2010のDVDだったりする。スピリチュアルな実体にとって、人間の注意力を逸らすなど、朝飯前である。

スピリチュアルな実体は電子の動きを操作してコンピュータを誤動作させるのも得意である。すると恐ろしいのは、世界は、スピリチュアルな実体による制御性を高める方向に向かっているということである。これはなにかの壮大な陰謀ではないだろうか。

戻って、私はフラクタルのせいで?受けた試練に対して全く怯むつもりはなく、野球でいえば監督の千本ノックを受ける選手のような気持ちでいた。じつはあまり根性のない私はなんどもめげそうになったが、とりあえずトラブル解決の後再びのトラブルと破たんをへて、その後のコンピュータの置き換えで落ち着いて、少しだけパソコン・スキルの線が太くなったような気がした。

別の側面からみると、フラクタルからのこのようなアプローチを幾何学的アプローチということにすると、プラトン流にいうなら、幾何学はイデアの世界から現実の世界へのプロキシであり、なのでアカデメイアでは、幾何学が重要視されたのだろう。

では、ピタゴラス流の数論、あるいは数霊学はどうなのだろう。数の現実の世界へのアプローチは、占星術や中国の易経に受け継がれている。これは幾何学的アプローチとは別なのだろうか。今年の前半に私が多倍長のライブラリを実装して素数判定していたときは、少なくともパソコンの不具合は起きなかった。ううん、とわからなくなってきたので、別途考え直すとする。

ともかく読み直してみて、普段の論理的な?自分がどこにいったのか、支離滅裂になってしまっている。それでもこのままブログに載せるとしよう、フラクタルの呪いとして。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4556

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年6月 2日 05:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「法医昆虫学捜査官2」です。

次のブログ記事は「棋聖戦第1局」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。