冷めたコーヒー

user-pic
0

私はいかなる意味でもコーヒー通ではないが、昔から、よほど体調が悪くないかぎり、一日数杯のコーヒーを飲んできた。コーヒー通ではない、というのは、とりあえずカフェインが入っていて、頭がすっきりすればいいと思っている程度で、なので私にとって、高級なコーヒーの旨さというのはどうもピンとこない。こういうのを無粋な奴というのだろう。

ただ、コーヒー通ではないとはいっても、砂糖とミルク入れず、基本的にブラックで飲む。それは単に甘いのが嫌いなだけなのだが、時々通だと勘違いしてくれる人がいる。私はあえて誤解されるままにしておく。

そんな私だが、流石に冷めたコーヒーは引く。まったく刺激がなくて、風味も感じられない。なので、なにかの雑誌で、熱いコーヒーには発がん性があると読んだときも、そうはいってもねぇ、と適当に読み流した。

そんな私だが、やはり熱いコーヒーは避けようと急に決心した。歳なので、少しでも発がん性リスクを下げようとおもったのかもしれない。そういったん決心すると、心の相転移が起こり、熱いコーヒーだけでなく、熱い味噌汁も、熱いスープも避けるようになった。

避ける、というのは、飲まないという意味ではない。わざと冷ますのである。例えば、ドトールなどのコーヒーショップでレジでコーヒーを注文して席に着いたときも、コーヒーに口をつけず、五分くらい本を読んでいる。そして、そろそろ冷めたかなとおもうと、静かに口をつけて飲み始める。あれっ、まだ熱いやとおもったら、またコーヒーカップをいったん置いたりする。

そんな様子を観察している人がいたら、こいつちょっと変人ではないかと思われるかもしれないが、普通コーヒーショップで他人をじっくり観察している暇人はいない。そもそも、グレイマンではないが、実に私は普通の容貌で目立たない。

そういえば、グレイマンは仕事柄、しょっちゅう怪我をしたり手術したりするので、いつも麻酔薬や鎮痛剤のお世話になっている。すると、麻酔薬や鎮痛剤も広い意味で一種の麻薬なので、習慣性や中毒症状が出てくることがある。

しかし流石プロの殺し屋、グレイマンは鎮痛剤の禁断症状が出たときに、あえて我慢して苦しみに耐える。そうやって禁断症状を克服する。

私はというと、そういうボールドなストイシズムは無理なので、せめてコーヒーを冷まして刺激を減らし、コーヒーそのものへの依存性が下がればいいと思うことにする。

さらにその方針を広げて、ビールも、よく冷えたのが生ぬるくなるまで待って飲もうかと思ったりする。ここまでやったら、流石にやりすぎか。まあ、適当にやることにする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4570

コメント(2)

| コメントする

あやたろうさん
>熱いコーヒーには発がん性があると読んだときも、そうはいって

え~と、65度以上の飲み物を飲み続けると「食道がん」になるリスクがあるかもしれない(確かではないけど)程度の示唆をした研究機関はあったらしいけど
国際ガン研究機構(IARC)は、コーヒーに関しては何も根拠がないと否定してるみたいですよ。

美味しいものをおいしい飲み方で飲むのがベストだと思いますけどねえ。ちなみに私も熱いコーヒーが好きで、一日3杯くらいは飲んでいます。

あ、それから、日本一旨い酒の飲み方は、純米酒を熱燗で飲むこと
だと、昨日の新聞で日本酒研究のカリスマ男が証言してました((笑)

user-pic

山椒魚さん

> 国際ガン研究機構(IARC)は、コーヒーに関しては何も根拠がないと否定してるみたいですよ。

そうなんですか。ただ、実は私はものすごい猫舌で、子供の頃、この程度の熱いものも食べれないのか、それでも男かと父親によく、馬鹿にされていました。なので、冷めたコーヒーくらいが私には丁度いいのかも。

> あ、それから、日本一旨い酒の飲み方は、純米酒を熱燗で飲むこと
> だと、昨日の新聞で日本酒研究のカリスマ男が証言してました((笑)

私は日本酒は冷酒が好きですが、常温が一番いいのだという人もいます。熱燗は嫌いではないですが、猫舌なのでどうしても少し冷まして飲むことになります。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年6月16日 05:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ダイアナ・ガーネット」です。

次のブログ記事は「オーグメンテーション」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。