知識と責任

user-pic
0

普通人間は勉強したり、トレーニングしたりして知識やスキルを身に着けるが、そうする理由は仕事に就くためだったり、仕事のクオリティを上げるためだったり、環境の変化に追随するためだったり、生活を豊かにするためだったり、娯楽のためだったりする。

知識やスキルを身に着けるための努力は、場合によりとても大変だったりするが、それを身に着けたあとは、基本的にいいことずくめで、よって勉強やトレーニングは望ましいものとされている。

ところが、シルバーバーチだったか、スピリチュアルの本を読んだとき、意表を突かれるステートメントに出会った。それは、知識を身に着けると責任が生じる、というものである。

意表を突かれるといったが、そんなの意表を突かれる方がおかしい、当たり前ではないか、といわれるかもしれない。例えば、ある刑事事件で、犯罪の証拠となる場面をみてしまったとする。それでも、それを警察に伝えるべきかどうか迷うということは当然ある。しかし、事件と関わり合いになりたくない、犯人から報復されたら困る、警察署に呼ばれて、時間を取られるなどの理由で、知らないふりして通すことは結構あるだろう。それでも、道義的には警察に知らせるべき、ということは一応誰でも認めるだろう。

他の場合で、旅客機の中で、乗客で急病で苦しむ人がいたら、この中にお医者様はいらっしゃいませんか、とアナウンスされることがある。こんなとき私だったら、格好つけていうのかもしれないが、ああ医者だったらよかったな、もし医者だったら、急病の人をもしかして助けられるかもしれないのな、と考えるかもしれない。しかし私はあいにく医者ではないし、救急治療のスキルもまったくない。いっぽうで、本当に医者が乗客にいて、面倒だな、黙っておこうと思う人は普通はいないと思うが、何かの事情で申し出ないということもあるかもしれない。だとしても、道義的には名乗り出るべき、ということは一応誰でも認めるだろう。

ところが会社の不祥事の場合はどうか。法律は会社の不祥事を内部告発したときに、告発した本人を保護すべきと謳うが、告発した人が無事に済むことはあえない。それでも、正義としては、きちんと不正は内部告発すべきである、ということが道義に適うということを否定する人はいないだろう。だとしても、不祥事を内部告発しないと罰するみたいな規定はつくるわけにはいかない。なので見て見ぬふりが横行しても、なかなかそれを問題視するわけにはいかない。

ところで、このブログで何度も書いたように、外資系にいたとき、私が同僚の誘いに応じて渋々であれ、内部告発めいた行動を採ったのは、元管理職として、あのような管理職の問題行動を見過ごしてはいけないという使命感のようなものが大きかったのは確かである。もちろん成算があったわけではない。いくらなんでも私はそこまで甘い人間ではない。ただ、上記シルバーバーチのステートメントも頭の片隅に浮かんだりした。

ここまで重大ではないが、最近も決断を迫られることがあった。それは、今勤務している会社におけるIT施策についてである。私は外資系にいたとき、12年くらい部門全体のシステム・セキュリティとIT運用の責任者だった。いろいろな面倒な会社のオーデットやシステム・トラブルに、いろいろな人に相談しながら、深夜まで対処した。そのころの記憶は薄れつつあるが、依然としてそのときの経験の蓄積はまだ大きいとおもっている。

そんな私の経験に鑑みると、今勤務している会社におけるIT施策はどうも合理性を欠くと判断した。一方で、外資系にいたときと違い、組織の階層の末端にいて、何か意見を具申することを期待される立場にない。それでも、しばらく迷った挙句に、知識がある者は誰であれ責任が生じるという原則により、可能な限り淡々と意見を述べた。私の立場でそんなことをいうと、もはや仕事の契約を打ち切られるかもしれないと懸念したが、この歳なので、そうなってもリスクは小さい。で、結局私の意見はスルーされただけで、がっかりしたが、お咎めがなかっただけでよかったというべきかもしれない。

このように、知識を得ると責任が生じるなら、なにも知識なんて習得しない方がいいということになる。しかし、それではいけない、知識に伴う責任を恐れて怠慢になってはいけないというのが、スピリチュアルの教えでもある。

ただ、別の見方をすると、例えば成績優秀で国立大学の医学部に合格して将来は安泰だと周囲はもてはやすかもしれないが、私からみると、知識に伴う責任を恐れない、なんという勇気ある行動と称えたくなる。

一方、企業の特許担当者として、医師や政治家、高級官僚、軍人などに比べるとはるかに責任の少ない安易な生活をしてきた自分ってどうよ、と苦笑するよりないのだった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4575

コメント(2)

| コメントする

あやたろうさん
>何か意見を具申することを期待される立場にない。
>この歳なので、そうなってもリスクは小さい。で、結局私の意見>はスルーされただけで、がっかりしたが、お咎めがなかっただけ>でよかったというべきかもしれない

毎週日曜日の22時から、NHKのBSドラマで「クロスロード」という渋い刑事ものやってるのですが
主人公(舘ひろし)の59歳の刑事が、いつも、捜査方針にはっきりと、異議をとなえるわけではないけど、なんとなく逆らった行動をとって顰蹙ばかりかってるわけですが
若い部下に「俺はあと一年で定年だから、上ににらまれたってどうってことないけど、お前はまだ若いから、上の言う通りにしろ、
俺に係わって損することないぜ」とたしなめていますけど(笑)

知ってて知らん顔するのは内的モラルには抵抗感がありますよね。

user-pic

山椒魚さん

> 知ってて知らん顔するのは内的モラルには抵抗感がありますよね。

ええ、内的モラルは確かにそうなんですけど、私はそれだけでなく、知的に考える思考力が弱ってしまうことを恐れました。それって、今後歳とっていくうえで重大だと思います。なので私は今後も、正しいと思ったことは遠慮がちですけど指摘していこうと思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年6月21日 05:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「レヴィの図形」です。

次のブログ記事は「藤井四段、28連勝」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。