レヴィの図形の続き

user-pic
0

山口昌哉、「カオスとフラクタル」講談社ブルーバックスをきちんと読み直してみると、個別の図形の計算はポール・ピエール・レヴィだとしても、複数個の縮小写像による自己相似集合という表し方を発見したのは、日本では、京都大学理学部の畑 政義氏が最初ということである。現在、京都大学理学研究科/数学・数理解析専攻解析学講座/准教授という肩書である。

さて、レヴィの図形と同じ式で、定数a, b, c, dだけ違う他の図形も示しておく。

  1. a = 0, b = 0.4+0.5i, c = 0, d = 0.4+0.5i
  2. a = 0.4614+0.4614i, b = 0, c = 0.622-0.192i, d = 0
  3. a = 0, b = 0.5+0.2887i, c = 0, d = 0.6667
  4. a = 0.707i, b = 0, c = 0.5, d = 0
  5. a = 0.4614+0.4614i, b = 0, c = 0, d = 0.2896-0.585i

これを見ていると、1. は悪魔系、2.は雲、3.は木の枝、4.は氷柱、5.は海藻または細菌のコロニーと、なかなか表現力豊かである。そういえば、レヴィの図形は蟹か。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4577

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年6月23日 05:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「藤井四段、28連勝」です。

次のブログ記事は「法医昆虫学捜査官3」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。