長い腕

user-pic
0

約1年前に、川崎草志の「呪い唄」角川文庫を、ある古書店でみつけて買い、早速読んだのだが、読み終えてから、それが長い腕という小説の第二巻であることを知った。

あらっ、と思ったのだが、まあ自分にはよくあることなのであまり気にしないでいたら、今年に入って、それと同じ古書店で、長い腕Ⅲという「弔い花」をみかけたので、そのうち読もうとこれも買っておいた。

そして、いよいよ「弔い花」を読もうと思いつつ、その古書店にいったとき、「長い腕」をたまたま見かけたので、これは何かの縁だ、「長い腕」を最初から読むべしというお告げだと解釈して早速買い、長い腕Ⅰというべき「長い腕」を読み始めたら、「呪い唄」とどうも作風が違うのでとまどった。

さて、「長い腕」の主人公は、「呪い唄」と同じく、島汐路。愛媛県早瀬町の旧家、島家の次女である。両親を無理心中のようなかたちで一気に失ったことが深いトラウマになっており、それもあって故郷を捨てて東京に出てきてゲーム制作会社に勤務している。

そんな汐路がゲーム制作に没頭して世間のニュースに疎くなっている間に世間では同時多発的に人命にかかわる事件が起きていた。まず、総武線の電車の中で、携帯の画面をみて談笑していたカップルが、何者かに突然刃物で刺されるという事件があった(私がその箇所を読んでいたのはたまたま、総武線の電車の中だったので、あやうく、おっとー、と叫びそうになった)。

一方、愛媛の松山空港では、何者かが、人気アイドルが空港から出発するというデマを流し、それを聞きつけたファンの女子高校生らで空港はごった返した。ところがその混乱で設備が壊れ、数十人が亡くなるという大事故になった。

しかし、ついに汐路の身近なところで、事件が起きてしまった。それは、汐路が勤務するゲーム制作会社で先輩女性社員と、同僚の女性社員が無理心中のようなかたちでビルから飛び降り自殺するという事件が起き、似たような状況で両親を失った汐路は、立ち直れないほどのショックを受けた。

それだけではない、汐路が故郷の姉から知らされたところによると、汐路の従妹が教師として勤務する中学校である女子生徒が、友達の女子生徒を猟銃で射殺し、逃亡するという事件があったという。

結局、こういう一連の事件を知ることになった汐路は、これはおかしい、偶然では済まされない何かがある、と調査を開始し、その裏に得体の知りない、ケイジロウというキャラクタの存在があることを知り、その無気味さに慄然とした。

そして、勤務しているゲーム制作会社を辞め、というかどうせ辞める予定だったのだが、とりあえず故郷の愛媛県早瀬町に帰省した。そして、ケイジロウのことを調べ始めた。すると、近江敬次郎という大工が早瀬町に関与していることが分かった。

それにしても、私自身が瀬戸内海の孤島の出身なので、田舎の排他的な因習というのは理解できるのだが、早瀬町というところはそれ以上に、先祖伝来の畑を放棄したり家業を放棄した者を「落ち者」と蔑んで、差別する閉鎖的な土地柄である。なので、久々に早瀬町に帰ってきた汐路は当然に無視され、まともに相手されなかったが、それだけでなく、なにか潜めた悪意のようなものさえ感じた。

一方で汐路はウェブで全国の犯罪統計を調べたところ、なぜか早瀬町は、殺人レベルの犯罪の発生率が全国平均より高く、特に暴力団関係者も歓楽街も多くない早瀬町でそうである原因を汐路は推測しかねていた。

実は早瀬町には、島家と西家という旧家があり、そのどちらの屋敷も近江敬次郎が建てたというのだが、そこらあたりがどう関係してくるか疑問をもって、汐路は近江敬次郎のことを研究しているという愛媛大学の准教授に相談したりしたが、なかなか真相には行き着けない。

ここからの展開はこのストーリーの白眉なので記載できないが、それにしても、作者のセガ・エンタープライゼス、バーチャルゲームセンターなどのゲーム制作会社での経験がリアルに描かれていて、なるほどそうなのかと興味深かった。

また、作者のコンピュータやウェブに関する深い造詣も、その分野に一方ならぬ興味をもつ私には納得で、この小説ではそういうコンピュータやウェブに関するノウハウが本質的に活かされている。

それにしても主人公の汐路はかなりの美人らしいのだが、そんなことは全く構わず、いつも最小限の身の廻りの品物だけで暮らし、思い立ったら東京と愛媛県の間を徹夜でドライブするほどの行動力を示す。また、目的のためには中学生さえも手足のように使いまわす酷薄さも示す。こんな女なんて冗談じゃないと大抵の男は思うだろうが、同じゲーム制作会社に勤務する石丸という男の先輩は汐路に深く思いを寄せ、今回の事件では解決に本質的な貢献をしたのだった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4582

コメント(2)

| コメントする

あやたろうさん

ゲームソフトの冒険ゲームの構成とノリそのものですね。
小さな画面の中で、主人公が次々に謎解きしながら難関をクリヤーしていく感覚みたいな。
ここでは現実的な3次元の距離感や物理的な問題のリアリティが
消滅した状態があっても、不思議と抵抗感がなく受け入れられる
という、奇妙な物語が成立するんですよね。
すこ~し従来型のミステリーとは異なる印象があります。

user-pic

山椒魚さん

> ゲームソフトの冒険ゲームの構成とノリそのものですね。

いうまでもないかもしれませんが、作者のゲームソフト会社での勤務がその発想のベースになっているのでしょうね。
一方で作者は、ファンから非難されるほどの寡作というか遅作らしいのですが、それもゲームソフト会社で常に期限に追われていたことの反動かもしれません。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年6月28日 05:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「藤井四段、29連勝」です。

次のブログ記事は「完全数」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。