2017年7月アーカイブ

コスパというのは、昔はなかった言い方だが、要するにコスト・パフォーマンスの略で、するとコスパな趣味とはあまりお金を掛けないで楽しめる趣味という意味である。

コスパな趣味というのはいろいろあると思うが、私の趣味の文脈では、将棋や囲碁がそうで、数学も紙とペンと数学書があれば成立するので、それもコスパな趣味ということになる。あと、ほとんどの読書もそうである。

こう書き連ねると、コスパな趣味はお金はあまりかからないものの、決して気軽ではない。というのは、将棋も囲碁も数学も読書も、お金さえ払えば気軽に楽しめるものではないからである。

私はというと、コスパな趣味を楽しむために、若いときから努力してきた。将棋でいえば、棋譜を並べたり、詰将棋を解いたり、棋友と将棋を指したり、である。その努力する過程は苦しいこともあるが、安楽な趣味ではなかなかコスパな趣味にならない。

要するに、コスパな趣味とは、培った感性とスキルを消費する必要があり、即席では無理である。

あ、そういえば、自分の大事な趣味であるパソコンに言及するのを忘れていた。実はパソコンは、少なくとも数万円で購入する必要があり、コスパかどうか自信がない。

コスパな趣味の別の要因に言及すると、それは仲間の存在である。同好の仲間というのは当然にあった方がいいが、同好の仲間が必須の存在だとすると、それは最早コスパな趣味とはいえないかもしれない。なぜなら、仲間は要するに別人格なので、意見があわなくて喧嘩することもあるし、病気にもなることがあり、必ずしも当てにできない。なので、仲間はあくまでもnice to haveの存在である。

そうなってくると、コスパな趣味を楽しむためには、孤独にも強くなくてはならない。場合により自分で家事ができなくてはならない。すると、コスパな趣味な趣味とは、お金がかからないだけで、それ以外の膨大なコストを要するかもしれない、場合によって割の合わない趣味なのだった。

私が勝手にそう思っているだけかもしれないが、王位戦は王将戦と並んで、二日制タイトルなのにとても地味なイメージがある。そしてさらには藤井四段が脚光を浴びているとなっては地味さに拍車がかかるが、一方で私は菅井七段の力強い捌きに羽生王位がどう対応するか楽しみにしている。

本局の序盤がまた面白い。▲5六歩,△3四歩,▲7八飛,△4二玉,▲6八銀という出だしで、菅井七段得意の変則三間飛車である。例によって53手目まで進めたのが、【図1】である。

【図1】 53手目▲4八角まで
持ち駒:△羽生王位=なし



持ち駒:▲菅井七段=なし
実は私はこの▲4八角とした局面から観戦し始めたのだが、なんとまあ羽生先生作戦負けではないか、とがっかりした。△6二銀が遊んでいて活用が難しいのである。一方先手はどの駒もいい配置にある。ここから、△5四歩,▲6六角,△8一飛,▲8九飛,△9二香,▲8八飛,△5三角,▲5四歩,△同金,▲5五歩,△6四金,▲4五歩,△7五歩,▲8六飛,△8五歩,▲8九飛と進んだ。先手の間合いの取り方が絶妙である。一方羽生陣は、△6四金と金まで上ずってしまった。

【図2】 70手目△1五歩まで
持ち駒:△羽生王位=なし



持ち駒:▲菅井七段=歩
そこで羽生王位は、歩もないのに△1五歩と端攻め。悪いと思っての勝負手であろう。これを菅井七段は当然ながら▲同歩と取り、以下△7六歩,▲8五桂,△同桂,▲同飛,△1七歩,▲同香,△4五歩,▲同銀,△1六歩,▲5四歩,△3一角と進んでみると、はっきり菅井七段が優勢である。

【図3】 83手目▲4三歩まで
持ち駒:△羽生王位=桂



持ち駒:▲菅井七段=桂歩4
ここで端の香が歩に当たっているので普通は一旦▲1六香で、それでも先手が優勢なのだろうが、菅井七段は香取りを無視して、▲4三歩。これも好手だった。以下△1七歩成,▲同桂,△1六桂,▲3九玉,△2一玉だが。

【図4】 89手目▲3四桂まで
持ち駒:△羽生王位=香



持ち駒:▲菅井七段=歩5
▲3四桂が厳しくて、先手が大優勢である。ただ▲3四桂では▲4四銀もあって、その方が勝ちが早かったかもしれないそうである。▲3四桂以下は、△6五香,▲3三角成,△同金,▲2五桂,△4三金,▲4四歩,△3四金,▲同銀,△同銀,▲2四桂,△2三銀,▲4三歩成,△2四銀と進んだ。

【図5】 投了図 103手目▲2三金まで
持ち駒:△羽生王位=角銀桂2歩



持ち駒:▲菅井七段=歩5
そして▲2三金となっては受けなしなので、羽生王位が投了した。強いて受けるとすれば△4一角くらいだが、じっと▲2四金と銀を取られていて▲3三桂不成があり、一層差が開きじり貧になるだけである。

ここまで完敗だと羽生王位は後に引かないと思われるが、それにしても七番勝負で最初から二連敗はきつい。こんな猛暑だと若者の方がどうしても有利で、菅井七段の王位奪取もかなり現実的だとみる。

ところで、羽生王位といえば久々に竜王戦決勝トーナメントに残っていて、7月31日に稲葉八段と準決勝を戦う。これに勝って、松尾八段との決勝三番勝負にも勝ち、渡辺竜王に挑戦して「月に代わってお仕置き」してほしいと願っているのは私だけだろうか。

また、王座の挑戦者が中村太地六段に決まった。青嶋五段との挑戦権決定戦をみたが、中村六段が攻防に冴えて、完勝だった。数年前も中村六段は王座の挑戦者として羽生をぎりぎりまで追い詰めた。今回はあのときより中村六段がさらに力をつけているので、一層緊縛した勝負になりそうである。

疑似一人暮らしという言い方は世間であまりしないが、要するに私の場合、家内が実家に帰って数日留守にする間一人暮らししているという意味である。

義理の母、すなわち家内の母が地元の老人介護施設に入っていて、その様子を見に家内がときどき帰省するので、疑似一人暮らしは私にとってそんなに稀ではない。ただ、夫婦というものはあまり一緒にいるとつい余計な言い争いになったりするので、ときどき距離を置くのも悪くない。少なくとも私は孤独で本を読んだり、いろいろ考えたりするのが嫌いではない。

もし私が仕事から引退した身なら、疑似一人暮らしは全く問題ではない。なぜなら炊事、洗濯、掃除を含め、家事全般は一応できるからである。あくまでも一応であるが。

しかし私は一応現役のサラリーマンなので、仕事に行かなくてはならない。会社で仕事して、帰って家事もやる、というのはかなり体力を消耗する。それでも、中央林間にある事業所に勤務しているときはよかった。自宅から会社までドアツードアで1時間もかからず、電車に乗っている時間も実質15分程度だった。しかも勤務していた外資系は、勤務形態の自由度が高く、会社に行かないで自宅で仕事するテレワークも、かなりの頻度で使えたので、疑似一人暮らしのとき特にテレワークした。

それからドアツードアで2時間以上かかる豊洲に転勤になったときも、テレワークと休暇を駆使することで乗り切れた。

ところが、三鷹にある会社に転職すると、困ったことにテレワークどころか、フレックスも許されない。しかも片道どうみても2時間はかかる。さらに、そんな長い時間の電車通勤をなんとか座りたいので、朝4時半に起きて、朝5時半には家を出ることになる。しかし家を出るときついでにゴミを捨てるので、猫のトイレの掃除も含めて、予め捨てるゴミを集めておかなくてはならない。しかも私はなるべく自炊する方針なので、味噌汁とかきちんと朝食を用意する。また食べ終わったら、そのまま食器を流しに放置するのは嫌なのですべてきちんと洗う。こうして、疑似一人暮らしの朝は大童となる。

仕事を終えて疲れて帰ってくると、腹が減っているのですぐに夕食の準備である。ところが疲れた状態で食事を作るのは体力的に大変である。しかも還暦が過ぎて、体力低下が甚だしい。なら、どこかで食べて帰ればいいのに、私はどうしても自炊に拘る。まあそれも一種の馬鹿だろう。しかも食べ終わったら例によってすぐに食器を洗う。食器を洗ったら、物も言えないくらい疲れていたりする。しかし、疑似一人暮らしだと話相手は猫くらいしかいないので、会話する必要もなく、疲れたらすぐに横になる。

こういうスケジュールを一週間こなすと、疲れて何もする気がおきなくなる。そういえば、と一人でソファに寝転がってつい考えた。私は独身時代、部屋に一人でこもって数学だの物理学だのコンピュータだの疲れてへとへとになるまで勉強した。才能がないので全く進歩はなかったのだが、どうも自分を疲れて動けなくなるまで酷使することにMな悦びを感じるところがどうも私にはあるらしい。

いくら親子でも、母が私のことを世界で一番分かっている人間だとは思わないが、流石にそのあたりのことは見透かしていて、私に無理やり見合いを勧めた。このままだと生活のバランスを崩して早死にするとおもったらしい。私は決して親に従順な息子ではないが、当時肝炎の予後で抗う気力もなく、流れに任せて結婚した。

結婚してみると、これがまたなかなか大変だったが、家内が面倒をみてくれたので、少なくともM的に自分を酷使して生活のバランスを失うことはなく、なんとかここまで生きながらえられた。だから何なんだよ、何がいいたいんだよと別の自分が問いかけるのだが、疑似一人暮らしで疲れると、そんな自問もどうでもよくなって、知らないうちに深い眠りに陥っているのだった。

毒のある街

user-pic
0

香納諒一の孤独なき地徳間文庫が面白かったので、その続編である、「毒のある街」を読むことにした。

「毒のある街」は、主人公の沖が、南新宿の踏切のそばを歩いているとき、女が電車に飛び込もうとしているのを発見したところから始まる。沖は警察官としての責任感からなんとか救助できないかと急いだが間に合わなかった。ところが踏切の向こう側で制服警官が踏切に飛び込み、女を救助した。結果、女は大怪我をしたが、なんとか一命を助けられた。しかし、制服警官は電車に足を切断されて、出血多量で死んでしまった。そのとき、沖は女が妹を助けてほしいと微かに言うのを聞いた。

次の釈然としない気持ちで出勤した沖にさらに釈然としないことがあった。それは、村井がチーフになり、沖はチーフから降ろされてしまったのである。沖が落胆していると、事件の連絡があった。それは新宿のスクランブル交差点で神竜会の組員が二人、射殺されたのだった。どうも、関西の大手暴力団、共和会の出先である鳴海興業の仕業らしい。

そこで鳴海興業にガサ入れしなくてはと沖が思っていると、神竜会の西江から緊急連絡が入った。仕方なくいってみると、縛られて命の危険に晒されていた。そこに朱栄志から連絡があり、これは五虎界の首領、朱徐季が殺されたことの報復らしい。結局、沖は西江を救うことができなかった。ともかく朱栄志を追ったが逃げられてしまった。

めまぐるしいことに、そこに沖に連絡があり、南新宿の踏切で救助された女が入院している病院に来てほしいとのことだった。いってみると、女の父親ということで、明星銀行頭取の諸星勲夫がいた。また、女の夫、珠洲沢君夫がいた。女の名前は遥といった。

一方、朱栄志と一緒に女がいたことが分かっているが、調べるとその女は、朱徐季の孫娘の朱向紅らしい。朱向紅というと、香港でライバルのグループの一家をもろとも爆殺したことがあり、それで朱徐季が完全に面子を失い、朱向紅は絶縁された。要するに朱向紅は倫理観が壊れた異端児なのだが、それを朱栄志が保護しているという次第である。

そしてさらなる配役が登場する。それは共和会の斬り込み隊長の矢木とその部下の鬼崎である。共和会が新宿に進出する橋頭堡で、要するに鳴海興業を操っている。

すると、朱栄志が率いる五虎界と、共和会と、神竜会の争いで、それは明星銀行の利権を巡るもので、ここで自殺を試みた女の問題も関わってくる。そこで大事件が起きた。狂った女、朱向紅が沖の同僚の一人の自宅を爆破して、家族を殺傷してしまったのである。

誰が敵か味方か分からない錯綜した状況に独自の秩序を与えようとする朱栄志、そして絶対の復讐を誓う村井、沖などKSPの面々。ここからは佳境なので読んでのお楽しみなのだが、あまりに過激で錯綜したストーリーを堪能した次第である。

なお、この本の解説によると、香納諒一は、KSPシリーズを最初から十巻が予定された大河警察小説として構想しているらしくて、するともしかして大沢在昌の「新宿鮫」の現代版みたいなことも考えているのだろうか、とつい想定してしまうのだった。

延命措置

user-pic
0

私は生きることにしがみついても仕方ないと思っていて、なので、助からない病気になったら延命措置はしないと心に決めているのだが、じゃあ延命措置って具体的に何よと自問してみて、それは胃ろうとか、と答えようとするのだが、ある本では、人工透析でさえ延命措置だと書いてあって、いよいよ延命措置とは何かわからなくなった。それって、延命措置左派か。

もし延命措置を、放置すれば死んでしまう人の命を一時的にでも永らえる措置だと定義するなら、ほとんどの医療行為がそれに該当してしまう。

別の本では胃ろうといっても、人体に栄養を補給する一手段にすぎないとあって、それは延命措置右派か。

私はといえば、どちらかというと延命措置左派かもしれないが、ニュートラルに近いか。

それで最近考えたのは、もしそれがQoLを高めるという意図なら、別に胃ろうでもよいのかな、ということである。すなわちQoLドリブンである。そういう意味では患者本人のQoLだけでなく、介護者のQoLも勘案すべきで、患者のQoLプラス介護者のQoLを最大にするという目的関数はどうかと思うのだが、そんな最適化問題なんて解けるのだろうか。

要するに言いたいことは、医学の進歩で延命措置も変わりつつあるということである。そして、延命措置は拒否しますという言い方の意味がいよいよ分からなくなる。

山口昌哉、「カオスとフラクタル」講談社ブルーバックスを更に読んでいて、アトラクタの挙動をするダフィンの方程式という常微分方程式が示されていたので、久々にルンゲ・クッタ法で解いてみることにした。その常微分方程式は以下のとおりである。


すると、以下のように連立一次の常微分方程式であらわされ、ルンゲ・クッタ法で解ける。なお、この微分方程式にアトラクタを描かせるためには、定数kとBをある特定の範囲の値に選ばなくてはならないが、ここではそのような値の一例として、k = 0.25, B = 8.0と選んだ。

この方程式は、時間tの項cos(t)を陽にもつのが特徴である。そこで、x,yにcos(t)を第3の軸として加え、三次元として表示させることにした。いろいろな側面の描画を便宜上異なる色で示した。各図からは、不規則なアトラクタになっていることが見て取れる。

先ず、x-yの軌跡は次のとおりである。

x-y-tの3Dの軌跡は次のとおりである。

x-tの軌跡は次のとおりである。

y-tの軌跡は次のとおりである。

よく分からないが、x-tの軌跡が、「カオスとフラクタル」講談社ブルーバックスにあった図に近いかもしれない。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#include <stdlib.h>
#include <math.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
double fny(double x, double y, double t);
double ModT(double t);
const double pi = 3.14156;
int DT = 0;

//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Close1Click(TObject *Sender)
{
  Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Draw1Click(TObject *Sender)
{
const double H = 0.00001;
int i,j;
double x = 1.074,y = 3.021,t = 0.0;
double a1,a2,a3,a4;
double b1,b2,b3,b4;
double px,py;
double TH1, TH2, COS1, COS2, SIN1, SIN2, th;
int N = 0;
int n = 1;

TH1 = pi/4.0;
TH2 = pi/4.0;

COS1 = cos(TH1);
SIN1 = sin(TH1);
COS2 = cos(TH2);
SIN2 = sin(TH2);
for ( i = 1; i < 1000; i++ )
 for ( j = 1; j < 760; j++ )
 Canvas->Pixels[i][j] = clWhite;

 while (N++ < 30000000 )  {
  a1 = y; 
  b1 = fny(x,y,t);
  a2 = y + H*b1/2.0;
  b2 = fny(x+H*a1/2.0,y+H*b1/2.0,t+H/2.0);
  a3 = y+H*b2/2.0;
  b3 = fny(x+H*a2/2.0,y+H*b2/2.0,t+H/2.0);
  a4 = y+H*b3;
  b4 = fny(x+H*a3,y+H*b3,t+H);
  x += H*(a1+2.0*a2+2.0*a3+a4)/6.0;
  y += H*(b1+2.0*b2+2.0*b3+b4)/6.0;
  t += H;
  if ( N > 10000 )               {
	th = ModT(t);
	if ( DT == 1 )                            {
	 px = 300.0 + 40.0*(COS1*x + SIN1*COS2*y + 2.0*SIN1*SIN2*cos(th));
	 py = 320.0 - 40.0*(-SIN1*x + COS1*COS2*y + 2.0*COS1*SIN2*cos(th));
	 Canvas->Pixels[px][py] = clNavy;
	} else if ( DT == 3 )                     {
	 px = 380.0 + 60.0*y;
	 py = 320.0 - 100.0*cos(th);
	 Canvas->Pixels[px][py] = clGreen;
	}  else if ( DT == 2 )                     {
	 px = 350.0 + 60.0*x;
	 py = 320.0 - 100.0*cos(th);
	 Canvas->Pixels[px][py] = clRed;
	} else                                     {
	 px = 300.0 + 40.0*x;
	 py = 320.0 - 40.0*y;
	 Canvas->Pixels[px][py] = clBlack;
	}
	n++;
  }
 }

  return;
}
//---------------------------------------------------------------------------

double fny(double x, double y, double t)  {
 return -0.25*y - x*x*x + 8.0*cos(t);
}

double ModT(double t)                     {
 int M = (int) t / (2.0 * pi);
 return (double) t - M * 2.0 * pi;
}
void __fastcall TForm1::RadioGroup1Click(TObject *Sender)
{
   switch(RadioGroup1->ItemIndex)   {
	 case 0:
	 DT = 0;
	 break;
	 case 1:
	 DT = 1;
	 break;
	 case 2:
	 DT = 2;
	 break;
	 default:
	 DT = 3;
	 break;
   }
}
//---------------------------------------------------------------------------

経験知

user-pic
0

世間には、人間は長年経験すれば熟練し、賢くなるというドクサ(臆見)があり、それは場合により正しくないが、大抵の場合は正しいと信じられている。私も長年そうだったが、単に生きてきた年数の長さ以外誇れるものがほとんどないというこの歳になって、その前提を根本的に疑うようになってきた。

例えば、藤井四段の例をみるまでもなく、囲碁や将棋ではむしろ若い方が有利であり、そこでは経験知がほとんど働かない。

それをみて、弁護士、税理士、サラーリマンなどの理系的とは違うが、世間知も含むスキルのベテランの専門家たちは、囲碁や将棋は人生経験をあまり要さないから若くてもトップレベルのスキルに到達できるが、自分たちの専門は違うと思っているかもしれない。

しかし、囲碁や将棋も、一時代前は、ピークは四十代だと思われていた。例えば、囲碁の名人だった坂田栄男に、まだ二十代前半の林海峰が挑戦したとき、坂田は、四十代の自分が負けるわけがないと言った。しかし、林海峰はあっさり奪取した。

私はそれとの類推で、弁護士やサラーリマンなどの仕事でも、もしかして才能があり努力する若者にはあっという間にスキルで追い抜かれてしまうのではないかと最近、思う。なぜなら私自身が、スキルを維持することに膨大な努力を割くことを強いられているからである。少なくとも若い頃は、いったん努力してあるレベルに到達すると、そのメンテナンスにあまり努力を要さなかった。いまの年齢になると、若い頃と比べて、どうしても生命のエネルギーが欠乏している。

あと、ここまで生きてきてはっきり言えることは、人生で馬齢を重ねることほど容易なことはない、ということである。例えば、将棋で、何十年も四間飛車しか指さないというおっさんは結構いる。すると四間飛車の隅々に詳しいので強いかというと、私のみるところそういうタイプのアマ強豪は最早時代の化石である。通用しない。若手に少し変化されたらもう太刀打ちできない。

なので、実は既知は未知なりなのであって、どんなことでも分かっていると思っているのは間違いで、再考に値することを肝に銘じなくてはならない。これは哲学ではなくて、哲学の前提にすぎない。

ともかく私は、長年の経験だけでスキルの高さを説得しようとする人を信じない。スキルの維持と開拓にどのような努力を日々しているか説明できない限り。

開化の良人

user-pic
0

芥川の開化の殺人の双対のような作品である、「開化の良人」も読んでみることにした。

さて、「開化の良人」は、おそらく芥川じしんと思われる「私」が上野の博物館に行ってみると、明治初期の文明に関する展覧会が開かれていた、というところから始まる。そういえば、開化の殺人と違って、「開化の良人」は最早擬古文ではないのであって、こらあたり、明治初期からの時代的距離感を出す意図なのかもしれない。尤も、擬古文ではないからといって、私程度の教養では「開化の良人」がスラスラ読めるわけでもなく、変幻自在の語彙に何度も立ち止まったのはたしかである。そしてそれは、私のもっているハンディな国語辞典では必ずしもカバーされていない。

もどって、芥川じしんである私は、その明治初期の文明に関する展覧会で、数日前に紹介された本多子爵を見かけた。本多子爵は、開化の殺人で登場した人物であるが、そもそも仮名として言及されていたので、同一人物かどうか分からない。ともかく私は、折角なので本多子爵の方にいってみた。

じつは私は、本多子爵が大変内気な人物であると聞いていたので、話しかけるのが少し気後れだった。ところが、案に相違して、本多子爵は、その深い教養で、展示されている明治初期の作品を解説してくれた。それから急に私に、ある友人の話を聞いてほしいという。私が作家のはしくれであると先日紹介されたので、小説のネタにでもと思ったのかもしれない。

その友人の名前は、三浦直記という。本多子爵がフランス留学から帰る船内で知り合ったのだった。意気投合した本多子爵は、日本に帰ってからも、三浦と付き合った。

三浦の実家は資産家で、両親が相次いで亡くなると、三浦は莫大な財産を相続した。すると遊んで暮らせるわけだが、三浦は飲む打つ買うのような一般的な遊興には興味がなく、もっぱら自宅に籠って読書三昧だった。それは三浦が蒲柳の質だったということもある。

あるとき本多子爵が三浦と神風連の狂言を観にいったとき、大野鉄平の自害の場面で、同情できるかと聞くので、私が否定的な見解を述べると、三浦は不満そうだった。なにしろ三浦はあまりにも純粋な男だった。

そんな三浦に、いろいろ縁談はあったが、三浦は真の愛(アムウル)のない結婚は駄目だと、応じない。なので子爵は、三浦は当分結婚しないものとおもっていた。

ところが、本多子爵が所用で韓国の京城、すなわち今のソウルに行っている間に、三浦から結婚の通知が届いたので、驚いた。なんでも、萩寺に三浦が出向いたとき、藤井勝美という御用商人の娘を見初め、お互い憎からず想うようになり、ほどなく結婚したという次第である。

聞くところでは、三浦は結婚してから、子供のように快活になり、有名な画伯に細君の肖像画を描かせたりした。それを聞いてほっとした本多子爵は三浦の宅を訪ねてみた。すると細君は甲斐甲斐しく接待してくれるのだが、どうも三浦じしんは内心に悩みを抱えているように感じた。しかしもちろん、三浦は内心を打ち明けることはない。

それからしばらくして子爵が新富座にいってみると、三浦の細君を見かけた。その隣には楢山の女権論者の女史、そしてその後ろにはある大男がいたのだが、私はその大男に対して、言いようのない深い嫌悪感をもった。思い出すと、この大男は確か三浦の細君の従兄で、三浦宅を訪ねたときにもいた。

その後、子爵にはいろいろ所用があって、三浦にはしばらく会わないでいたが、あるとき三浦から、釣りに行こうと誘われた。子爵は、ははあ、これは何か打ち明けたいことがあるのだと察知した。

それで、釣りに行って話を聞くと、もう妻は離縁したというので、子爵は驚いた。それで事情を聞くと次のようだったという。すなわち、三浦は結婚した後、妻を愛せないと気付いたという。それは精神的なものか、あるいは蒲柳の質のため三浦が肉体的に強壮でなかったせいなのか説明されない。それから三浦は、妻が従兄の大男と不倫関係にあるのを気づいたが、それは容認していた。

ところがある事務手続きの間違いで、妻あての手紙が三浦の許に届き、うっかりそれを開封した三浦は驚いた。それはなんと、さらに別の男からの恋文で、妻が従兄の大男とのアムウルが真実ならばそれも赦そうと思っていたところ、その虚偽であることを知るに及び、さらには三浦に対して敵意ある監視を仕掛けてくるので、妻を赦せなくなったという次第なのだった。

結局、三浦はこの結婚生活の蹉跌のあと、以前の純粋な三浦とは違ってきた。まあこの結婚生活も、文明開化も時を経て振り返れば所詮は子供の夢か、という曖昧な話で終わるのだった。

高木関数

user-pic
0

山口昌哉、「カオスとフラクタル」講談社ブルーバックスを更に眺めていると、高木関数というものがと言及されていた。すなわち、ここで高木とは、類体論で有名な高木貞治のことである。

高木貞治は、ワイエルシュトラスとは独立に、以下のようなアイデアによって、[0,1]の区間の至るところで連続であり、且つ至るところで微分不可能な関数T(x)を構成した。その数式を示すと以下のとおりである。

実は、「カオスとフラクタル」講談社ブルーバックスには高木関数の級数表示のところで誤記があり、そのままプログラミングしたら全くそれらしい関数が構成されなかった。そこで、ウェブで調べるとともに、自分でも考えて、以下のようにした。すなわち、φ(22x)のようにすると、もともと[0,1]だった定義域が広がってしまう。そこで、xが1より大きい場合は、その小数部分のみで関数の値を計算することにより、φ(22x)という値域の拡張を達成した。これで計算すると、想定されていた高木関数の表示が得られた。

折角なので、φ(x) = 4x(1-x)というワイエルシュトラス関数の場合も同様に計算して、併せて表示した。高木関数を黒、ワイエルシュトラス関数を赤のラインで示したのが以下のとおりである。

中心点だけ高木関数とワイエルシュトラス関数の値が一致し、その他の場合は高木関数 < ワイエルシュトラス関数となっていることが見て取れる。

でも待てよ、と考えてみた。私の拙い知識では、至るところ連続且つ微分不可能というワイエルシュトラスの関数は、三角関数を駆使したもので、φ(x) = 4x(1-x)のような関数形ではなかったような気がする。これはワイエルシュトラス関数のalternativeなのだろうか。機会があったら調べてみることにする。

また、改めて関数の連続性と微分可能性の定義を考えてみたが、すっかり忘れているようで、それを改めて勉強しなおして、高木関数の微分不可能性の証明も考えてみたい。

ともかく、例によって以下、プログラムのソースコードを示す。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#include <math.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
double phai(double x);
double W(double x);
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Exit1Click(TObject *Sender)
{
 Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Draw1Click(TObject *Sender)
{
  double x,y,v,by,py,u,r;
  int i,j,bx,px;
  bx = 20;
  by = 660.0;
  Canvas->Pen->Color = clBlack;
  for ( i = 0; i < 700; i++ )               {
	x = (double) i / 700;
	u = x;
	r = 2.0;
	v = phai(u)/r;
	y = 0.0;
	for ( j = 0; j < 100; j++ )        {
	  y += v;
	  u *= 2.0;
	  r *= 2.0;
	  v = phai(u)/r;
	}
	px = i + 20;
	py = 660.0 - 700.0*y;
	Canvas->MoveTo(bx,by);
	Canvas->LineTo(px,py);
	bx = px; by = py;
  }
 // W-function 
    bx = 20;
  by = 660.0;
  Canvas->Pen->Color = clRed;
  for ( i = 0; i < 700; i++ )               {
	x = (double) i / 700;
	u = x;
	r = 2.0;
	v = W(u)/r;
	y = 0.0;
	for ( j = 0; j < 100; j++ )        {
	  y += v;
	  u *= 2.0;
	  r *= 2.0;
	  v = W(u)/r;
	}
	px = i + 20;
	py = 660.0 - 700.0*y;
	Canvas->MoveTo(bx,by);
	Canvas->LineTo(px,py);
	bx = px; by = py;
  }
}
//---------------------------------------------------------------------------

double phai(double x)   {
 double y;
 y = x - floor(x);
 if ( y >= 0 && y < 0.5 )  {
	return 2.0 * y;
 }	else if ( y >= 0.5 && y < 1.0 )  {
	return 2.0*(1.0 - y);
 }
 return 0.0;
}

double W(double x)      {
 double y;
 y = x - floor(x);
 return 4.0 * y * (1.0 - y);
}

萩原浩の「ハードボイルド・エッグ」双葉文庫をかなり前にたまたま古書店で買ったのだが、ついしばらく放置していたのは多分、この小説がレイモンド・チャンドラーの主題による変奏曲だからだろう。すなわち、その主人公のフィリップ・マーロウは嫌いではないのだけれども、どうもキザさに引いてしまうのである。

それでも、0.1gくらいの微かな勇気を出して読み始めると、うむ、なかなか面白いではないか。

主人公の私は、フィリップ・マーロウに憧れて探偵になったのだが、現実は甘くなくて、結局、動物の迷子探しと、浮気調査くらいしか仕事がない。特に動物の迷子探しが多くて、狩人は都を駆けるの探偵と似ていなくもない。

さて、主人公の私は、名前が最上俊平というのだけれども、その名前は実はこの小説ではなかなか開示されない。で、情報の断片をかき集めてやっと分かるのだけれども、まあそれがgivenとして話を進める。

その俊平が、野々村夫人からの依頼を受けた、13歳の猫を見つける仕事を達成したとき、なんとなく俊平は秘書を置きたくなった。そして、オフィスにナイス・バディの美人の秘書がいて、なんとなく公私混同したような甘い関係を妄想しつつ、秘書を募集したのだが、応募があったのは、片桐綾という老婆。年齢は、more than 80ということくらいしかわからない。

そんなのすぐに断ればいいのに、なんとなく人がいい俊平が逡巡していると、片桐綾は勤勉に通い始めた。経理に詳しそうだし、弁当も作ってくれるで、渋々正式な秘書として認めてしまった。

そんなとき最上探偵事務所に、矢部という男から、チビというシベリアンハスキーの犬の捜索を頼まれたのが転機になった。なんでも矢部は引っ越し間近で、迷子になった飼い犬の行方にやきもちしているらしい。それで俊平は、思い当たる節があって、ホームレスのゲンさんの元を訪れ、いろいろ手段を尽くしているうちになんとか目当てのシベリアンハスキーを見つけたのだが、既に矢部は引っ越してしまっていた。引っ越したというけど、噂ではどうも、借金を抱えて夜逃げしたらしい。それで不憫なのは残されたチビ。それで俊平は、知り合いの柴原アニマルホームに引き取ってもらうことにした。

実は柴原の妻、翔子がなかなかの美人で、俊平は密かに横恋慕していた。それで理由をつけては柴原アニマルホームに通っていたのだが、突然チビが脱走し、しかも俊平は、翔子の父の相馬清一が死んでいるのを発見した。早速警察に通報したが、今まで探偵として家宅侵入や駐車違反などを繰り返してきた俊平は、警察に重要参考人として厳しい尋問を受けた。

結局検死により、犬が咬んだのが死因とされ、するとチビが咬んだのかと疑われたが、柴原は、噛み合わせが違うと主張し、暴力団の中塚組が飼っている猛犬の存在を示唆した。そこで、様子をみるため、俊平はゲンさんの助けを借りて、中塚組に忍び込んだのだが、そこで驚愕の事実を発見した。

その事実を確認すべく俊平は密かに横恋慕していた。それで理由をつけては柴原アニマルホームに通っていたのだが綾と行動していると、二人は真にハードボイルドな、絶体絶命の状況に陥るというストーリーなのだが、俊平は嫌っているようでも妙に綾に敬老精神を発揮し、綾は綾で痴呆一歩手前のようで妙に冴えているという次第で、読み終えてみるとすっかり人情ミステリーなのだった。

はて、レイモンド・チャンドラーが人情ミステリーを書いていたっけ、まあそれはこの際関係ないか。この小説がなかなか秀逸だったのは確かである。

ウェブで、ドラゴン曲線を見かけて、そういえばこういうのがあったよね、と描いてみることにした。

アルゴリズムはレヴィの図形とほぼ同じだが、数式が以下のとおり、よりシンプルである。

図形は以下のとおりであり、

プログラムのソースコードは、以下のとおりである。一応、レベル毎に色を変えてみたが、あまり反映されていない。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
void fracta(double x, double y, int level);


//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
 fracta(0.0, 1.0, 0);
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button2Click(TObject *Sender)
{
 Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------

void fracta(double x, double y, int level)  {
 int Level = level;
 double px, py, tx, ty;
 if (level > 13 )  {
   px = 200.0 + 400.0 * x;
   py = 350.0 - 400.0 * y;
   if ( level == 13 )
	Form1->Canvas->Pixels[px][py] = clYellow;
   else if ( level == 14 )
	Form1->Canvas->Pixels[px][py] = clBlue;
   else
	Form1->Canvas->Pixels[px][py] = clRed;
   if (level > 16 ) return;
 }
 Level++;
 tx = (x - y)/2.0;
 ty = (x + y)/2.0;
 fracta(tx, ty, Level);
 tx = 1.0 - (x + y)/2.0;
 ty = (x - y)/2.0;
 fracta(tx, ty, Level);
 return;
}

マーク・グリーニーのグレイマン・シリーズであるが、グレイマン・シリーズ2の暗殺者の正義を読んでから、十分な緩和時間を置いたので、グレイマン・シリーズ3の「暗殺者の鎮魂」を読むことにした。

さて、グレイマン・シリーズ2で、CIAとシドレンコの両方を裏切って追われる身となったグレイマンこと、コート・ジェントリーは、南米に逃げてアマゾンのジャングルに身を潜めた。

それを追うように、シドレンコはマンハンターという刺客を差し向けたが、ジェントリーは、それをなんとか躱して、メキシコにやってきた。

メキシコでジェントリーは、GOPES(メキシコ連邦警察特殊作戦群)のリーダーであるエディー・ギャンブルとその部下たちが死亡したというニュースを聞いた。GOPESは、メキシコの麻薬カルテルの頭目である、ダニエル・デ・ラ・ロチャを暗殺する作戦を実施したが、それが事前にバレて爆殺されたという次第である。

実はジェントリーはCIAにいたとき、ラオスで地元の軍隊に捕らえられて牢屋に入れられ、瀕死の状態になったことがある。そのとき同じ牢屋にエディー・ギャンブルがいて、命を救ってくれた。

そのときの恩義もあって、ジェントリーはエディー・ギャンブルの墓地を探して追悼した。すると、そこに女がいて、エディーの妻、エレナだった。ジェントリーがエディーの旧知だと告げると、エレナは無理やりジェントリーを自宅に連れていった。

自宅にはエレナの両親、エディーの兄、エディーの甥、そして妹のラウラがいた。ジェントリーはラウラがあまりに美しいので、つい見とれた。しかし、最強の暗殺者も女性には晩生だった。

CIA他多くの敵に狙われる身なので、ジェントリーは早々に立ち去ろうとしたが、デ・ラ・ロチャがエレナの一家を狙っていることが分かった。義侠心が強いジェントリーは、相当無理な戦いだが、なんとかエレナの一家を護ろうとした。しかし、こんな家にいたら攻められたらどうしようもない。ともかく、エレナが知っている山奥の無人の農場に避難することにした。

しかし、連邦警察にも強いコネがあるデ・ラ・ロチャは、すぐにその場所を突き止め、軍団を差し向けてきた。ただ、エディーの生き残りの部下が駆けつけてくれた。ここからは、ジェントリーが死力を尽くした闘いが始まった。しかし老人と女を抱えて、ジェントリーはどうしてもハンディがある。エレナの一家を救うにはアメリアに亡命させるしかない。しかしどうやって国境まで連れていくか。

ジェントリーは、アメリカ大使館員にコンタクトしたことで絶体絶命の危機に陥るが、救ってくれたのは意外な男だった。

ここからはストーリーの山場なので記述を省くが、智謀を振り絞った、非情ともいえるジェントリーの戦いが見事だった。

少し間をおいて、「暗殺者の復讐」を読むことにする。

私は、今の会社に転職して、もうすぐ四年になり、基本的に残業もなく、うるさい管理職もいないので、職場に特に不満があるわけではないが、とぎとぎ前職の自由度の高い仕事環境が懐かしくならないといったら嘘になる。

というのは、テレワークはおろか、フレックスもないので、特にいまのように通勤時間が長いと、時差通勤でオフピークで通勤電車に乗ったり、ときどきテレワークできれば、通勤時間を仕事に割り当てられるので、能率が上がるのにな、とどうしても思ってしまう。

私が前職で勤務していた外資系では、テレワークをe-workと呼んだ。たしか2001年頃導入したので、少なくとも日本では先駆的だった。

ただ、最初の頃はおっかなびっくりで、なかなかe-workが浸透しなかった。各人の反応は、自宅で仕事なんて、する気になれない、というものだった。それでも、午後仕事で出張するときに、午前中をe-workにすると、何かと時間を合理的に使うことができる。そうやって、場合により便利であることがわかると、次第にe-workが普及していった。

当時私は管理職だったので、e-workは全くしなかった。そもそも管理職は、会社にいて部下から相談を受けたり、会議をしたりすることが多いので、自宅にいて、電話とチャットツールというのでは、十分なことができない。

私がe-workをしなかった別の理由は、オフィスにいて、e-workの人にサポートを与える立場だったからというのもある。私は一応勤務が長いし、平均より少し上のITスキルがあり、しかも部内の仕組みを作ってきた立場なので、e-workの人をサポートするベストな立場だった。

私は他人をサポートするのが嫌いでない性格で、それはまあいいのだが、ときどきサポートが行き過ぎてお節介になり、e-workの人たちをうんざりさせた。それで、私はほかのマネジメント・ワークもあるということもあり、オフィスにいる部下たちにe-workの人たちのサポートの一部を任せるようになった。彼らは最初はそういうサポートワークに馴染まないで、あまりいい顔をしなかったが、サポートワークを業績として評価するということで、渋々であるがなんとかやってくれるようになった。ただ、冷静にみて、e-workの人たちがオフィスにいればサポートワークはいらないわけだから、部下の人たちがなんで?と思う気持ちもわかる。

そういうサポートワークをどう評価するかというのは永遠の課題なのだが、より本質的な問題があって、それは、リストラとの共存である。あまりいいことではないが、前職で勤務していた外資系は、リストラが横行して、リストラの代名詞のようになってしまった。

そして、リストラとテレワークが共存すると何が問題かというと、それはあまりにも自明で、どうしてもテレワークの人がリストラのターゲットになりやすいのである。テレワークは、病気や家族のサポートなどの問題があっても働けるようにする仕組みなのだから、どうしても仕事のパフォーマンスは上がらないということはある。なので、仕事のパフォーマンスを理由にリストラの候補が選ばれるなら仕方ないともいえるが、ここまでリストラが日常的な出来事になったのだから、テレワークは無理ではないか、制度の否定ではないか、とつい私は考えたりした。テレワークを推進しているという総務省は、このあたりどう考えているのだろう。

テレワークの別の問題点は、マネジメント・コストの上昇である。正直いって、テレワークの人にパフォーマンスを出してもらう仕組みづくりとその運用に私は半端ないワークロードを費やした。それでも、テレワークがうまくいくなら、それでいいと思っていた。

ところが、一方で、テレワークの部下のサポートを私に押し付けつつ、今の時代なのだからオフィスにいようとテレワークとまったく同じようにパフォーマンスが出せると、平気でいう管理職もいて私は当惑した。確かに仕事によっては、テレワークの方が集中してパフォーマンスが出せる場合もあるが、テレワークとオフィス・ワークが全く同じようになる、というのは無理である。

そんな現状があっても、政府がテレワークを推進するのは、育児や介護をしながらでも働ける環境をつくって、より多くの人たちに雇用機会を与える、という意図なのだろう。おそらく、残業を減らせ、という政府の方針もそうなのだろう。そうすると、早く帰宅して保育所に子供を迎えにいかなくてはならない人も働ける。ただ、聞きたいのだが、はい5時になりました、残業禁止なので帰宅してください、で常に、どんな仕事も廻るのだろうか。例えば私は、管理職でありつつ、部内のITサポートの仕事もしていた。相手が管理職だろうが、派遣社員だろうが分け隔てなく対応した。なぜなら、パソコンがきちんと使えないと仕事そのものができなくなるからである。

ところが、パソコンという奴は実にやっかいで、さっぱり不具合の原因がわからないことがある。ディスクのエラーなのか、ネットワーク・カードの不調なのかも、切り分けるのに時間がかかる。それを、はい5時だから終わり、また明日とすると、パソコンが不具合の人は次の日も朝から全く仕事ができない。私はそれで、仕方なく一人オフィスに残ってOSの再インストールからやり直して深夜になってしまったことも何度もある。

しかし、ITサポートなんて、仕事の中では軽い方である。例えば、システムがサイバー・アタックに遭ったときの対応や、天皇が退位されて新しい元号になったときの社内システムの刷新など、下手したら徹夜仕事になりそうな状況はいろいろある。

私がいいたいことは、テレワークの推進や残業を減らすことなどの方針が、一部の、しかし少なくない人たちの負担を却って増やしてしまうことがある、ということである。そういうのも外部不経済と呼んでいいのだろう。なんにしても、最大多数の最大幸福というのは難しい。

人工光合成

user-pic
0

四年近く前に、読売新聞科学欄の記事に基づき人工光合成というブログを書いたが、最近の読売新聞科学欄の記事で久々に人工光合成がカバーされていたので、なにかアップデートがあるかもしれないと、この記事に基づき、前回の記事との重複を厭わず、書いてみる。

まず、おさらいであるが、植物の光合成の反応は、光が直接関係する明反応と、光が直接関係しない暗反応に分けられる。どちらの反応も、植物の葉などに含まれる葉緑体の内部で起きる。

明反応は、葉緑素が吸収した光エネルギーを使い、たんぱく質の内部で水を分解することで、酸素や、エネルギー源のATPを作り出す。暗反応は、ATPなどを利用して、二酸化炭素からでんぷんを合成する。

そんな光合成の謎の一つに、水を分解することで酸素を生み出す触媒の仕組みや構造がある。その触媒を含む、光化学系2というたんぱく質が、チラコイド膜にあることはわかっていたが、不安定で壊れやすいうえに、触媒がたんぱく質の中に埋もれているため観察が難しいという問題がある。この問題に関して、岡山大学の沈建仁教授が、その謎の一端を解明して世界中から注目を集めたという。あれっ、これは人工光合成で言及した、大阪市立大学の神谷信夫教授らの研究と似ているが関係はないのだろうか。そこでGoogle検索してみると、科学技術振興機構のホームページの2012年1月31日の記事に以下のものをみつけた。

「光合成、残された最大のナゾを解明」
約200年にわたって世界の科学者が追い続けてきた植物の光合成研究で、最後に残された最大のナゾを、沈(しん)建仁・岡山大学教授と神谷信夫・大阪市立大学教授のグループが突き止めた。太陽光と水から酸素を作り出すための要となるタンパク質「光化学系Ⅱ複合体」の結晶構造を解明したもので、米科学誌「サイエンス」は昨年の画期的な10大成果として、日本の小惑星探査機「はやぶさ」の帰還などとともにこの成果を取り上げ、高く評価した。今後の人工光合成の実現にも大きな弾みがつくとみられる。この成果の意味や、研究の苦労、裏話などを2人に聞いた。(以下、略)

なんだ、やはり同じグループの研究チームに属していた。それで続けると、沈教授は、和歌山県の温泉に生息するシアノバクテリアの光化学系2たんぱく質を使った。たんぱく質の立体構造を調べるには、液体に溶かして結晶を作り、強い光を当てて解析するのだが、その溶解に適した条件を探すのに苦労し、純度の高い結晶を作製するのに20年を要したという。

こうして得られた結晶に、兵庫県佐用町の大型放射光施設「スプリング8」で強いX線を照射した結果を神谷信夫・大阪市立大学教授が解析したところ、触媒は、ゆがんだ椅子のような構造であることが分かった。

触媒は、マンガンとカルシウム、酸素の合計10個の原子からできており、原子同士の距離が違うため、歪んだ不安定な形になっているという。そして、沈教授によると、構造が不安定だと変化しやすいということであり、生物は、この不安定な構造の触媒を維持して利用するのだそうである。水を分解することで酸素を生み出すためには、水分子から水素原子を取り除く必要があるが、このために触媒が四回形を変えて元に戻るサイクルが予測されているという。

沈教授は今年の2月、兵庫県佐用町のX線自由電子レーザー施設、SACLAを使い、水分子が触媒に取り込まれた瞬間の構造も捉えたという。一歩一歩本質に迫っているようである。

ちなみに、兵庫県佐用町にあるのは、理化学研究所の放射光科学総合研究所である。

今年の一月に例の事件から復帰してなかなか勝てなかった三浦九段であるが、初日が出たのが、6月27日放送の戸辺七段との銀河戦である。この将棋は戸辺七段が先手で石田流を採用し、これに対して三浦九段が独特の研究を駆使し、優位に立った局面が【図1】である。

【図1】 94手目△5一金の局面
持ち駒:△三浦九段=歩



持ち駒:▲戸辺七段=桂歩3
△5一金はいかにも鍛えが入っているというか震え気味の手であるが、ここから▲8二飛成,△7七角成,▲6二歩,△5二銀と固め、その後も自陣に金銀を投入して盤石の態勢で戸辺七段を押し切ったのだった。

次は、A級順位戦で、相手は佐藤康光九段である。A級順位戦の第一局では、三浦九段は因縁の久保王将に完敗してしまい、残留するためになんとかこれは勝ちたいところである。将棋は、佐藤康光九段が変則(変態?)向飛車を採用。これにうまく対処した三浦九段が優勢になったが、そこは歴戦の強者康光九段、終盤猛追して形勢は分からなくなった。【図2】は、康光九段が▲8一飛と王手したところ。

【図2】 125手目▲8一飛の局面
持ち駒:△三浦九段=金香歩6



持ち駒:▲佐藤康光九段=金
ところが実は▲8一飛は失着で、▲8四香,△同玉としてから▲8一飛が先手の正解手順だったという。以下△8三歩,▲8五金に△9三玉なら▲9一飛成,△9二香,▲5七角,△同桂不成,▲3九玉で先手勝ち。また、▲8四香,△同玉,▲8一飛に△7三玉には▲7一龍,△7二歩,▲7四金,△同玉,▲7二龍,△7三銀引,▲8三飛成,△6四玉,▲7三龍寄,△同銀,▲5五角,△5三玉,▲6五桂,△4二玉,▲5二龍,△同玉,▲5三銀,△6一玉,▲7二金,△同玉,▲7三角成,△8一玉,▲7二銀,△9二玉,▲8三馬,▲5五角,△5三玉,▲6五桂,△4二玉,▲5二龍,△同玉,▲5三銀,△6一玉,▲7二金,△同玉,▲7三角成,△8一玉,▲7二銀,△9二玉,▲8三馬の長手数の詰みがあった。ということでなんとか命拾いして、三浦九段が勝利を収めた。

上記の二局以外に、三浦九段は棋王戦挑戦者決定トーナメントで松尾八段に勝ち、叡王戦の予選で井上九段に勝ったので、今期ここまでで4勝1敗である。勝った相手はみな、文句なしの強豪なので三浦九段は完全に復活したとみてよいであろう。

Hidden Dimention Galleriesでは、以下のような一般化が与えられる。

すなわち、以下のような二元線形変換が定義される。

xn+1 = axn + byn + e
yn+1 = cxn + dyn + f

そして、これに確率pを組み合わせて、(a,b,c,d,e,f,p)という7つの実数の組で1つの変換が与えられる。

前記羊歯の場合、
(0.836,0.044,-0.044,0.836,0,0.169,1/2)
(-0.141,0.302,0.302,0.141,0,0.127,1/6)
(0.141,-0.302,0.302,0.141,0,0.169,1/6)
(0,0,0,0.175337,0,0,1/6)

であった。

上記ウェブサイトには、以下の例が与えられている。
(0.14 ,0.01 ,0.00 ,0.51 ,-0.08 ,-1.31 ,0.10)
(0.43 ,0.52 ,-0.45 ,0.50 ,1.49 ,-0.75 ,0.35)
(0.45 ,-0.49 ,0.47 ,0.47 ,-1.62 ,-0.74 ,0.35)
(0.49 ,0.00 ,0.00 ,0.51 ,0.02 ,1.62 ,0.20)

これで描いた図形が下記のとおりである。

よく分からないが、これはメープルの葉ということらしいが、現物をみたことがないので、ピンとこない。念のためソースコードも示す。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#include <stdlib.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Close1Click(TObject *Sender)
{
  Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Draw1Click(TObject *Sender)
{
int i = 0, n, c;
double x,y,px,py,tx,ty;

// x, yに適当な初期値を与える
x = 0.1;
y = 0.1;

while ( i++ < 5000000 )   {

 n = random(136512)%100 + 1;

  if ( n >= 1 && n <= 10 )      {
     tx = 0.14*x + 0.01*y - 0.08;
     ty = 0.51*y - 1.31;
  } else if ( n >= 11 && n <= 45 )  {
     tx = 0.43*x + 0.52*y + 1.49;
     ty = -0.45*x + 0.50*y - 0.75;
  } else if ( n >= 46 && n <= 80 )  {
     tx = 0.45*x - 0.49*y - 1.62;
     ty = 0.47*x + 0.47*y - 0.74;
  } else                            {
     tx = 0.49*x + 0.02;
     ty = 0.51*y + 1.62;
  }

  if ( i > 100 )    {
	px = 350.0 + 70.0*tx;
	py = 300.0 - 70.0*ty;
	if ( i < 4950000 )
	Canvas->Pixels[px][py] = clGreen;
	else
	Canvas->Pixels[px][py] = clOlive;
  }
  x = tx;
  y = ty;
}
  return;
}
//---------------------------------------------------------------------------

棋聖戦第4局が始まった。私は、棋聖戦第3局の最後のところで、「ともかく一球外したので、羽生棋聖は次局でずばりと厳しいコースをついて三振を取りに来るだろう。」と書いたのだが、果たしてどうなるだろうか。

さて将棋は、斎藤七段の後手番で、得意の横歩取りにした。羽生棋聖はそれを避ける理由もなく、淡々と追従して、36手目△2四歩までゆっくりとした展開になった。

【図1】 36手目△2四歩まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩



持ち駒:▲羽生棋聖=角歩2
ここで、羽生棋聖は▲5九金。予想された手である。しかし、斎藤七段の次の手が予想外だった。

【図2】 38手目△7四歩まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩



持ち駒:▲羽生棋聖=角歩2
すなわち、斎藤七段の次の手は△7四歩で、先手の桂頭を攻める手だが、飯島七段は「驚きました。序盤の勝負手です」という。普通に考えると、飛車の横利きを止めるのが不安で、一番普通の手が△2五歩、あとは△6二玉といったところらしい。△7四歩に対しては、▲3五歩と▲2五歩が典型的な応手で、▲3五歩は、△7五歩▲同歩△3六歩▲同飛△2八角▲7四歩△1九角成▲3四歩△1八馬のような進展が予想され、▲2五歩は△同歩▲同桂△同桂▲同飛△7五歩▲6六角のような進展が予想されるという。本譜は、△7四歩に対して▲3五歩,△7五歩,▲6六角,△5四飛,▲7五角,△7三桂,▲6六角と進んだ。

【図3】 46手目△3六歩まで
持ち駒:△斎藤七段=角



持ち駒:▲羽生棋聖=歩3
斎藤七段は歩損なので、じっとしていると次第に悪くなる。なので、△3六歩と激しく行った。そして以下、▲3六同飛,△2八角,▲5六飛,△同飛,▲同歩,△1九角成と進行した。

【図4】 53手目▲2一飛まで
持ち駒:△斎藤七段=飛



持ち駒:▲羽生棋聖=歩4
先手が▲2一飛と打ったところで、まだ形勢は五分らしい。▲2一飛に、斎藤七段は、歩がないので△3六香。そこから▲3四歩,△同銀,▲3八歩,△2九飛,▲1一飛成,△3一歩,▲2三歩,△同銀と進んだ。ところがなんと、こうなってみると先手がいいらしい。局後の感想戦では、△3六香に代えて△1二香だったかという。以下▲1一飛成△3六香▲3四歩△同銀▲1二竜△2三銀▲3三角成△1二銀▲3二馬△3七香成▲4二金△6二玉▲7四桂△7一玉▲4三馬△8四飛は、後手玉が寄るかどうか際どい。これはどちらが勝っているのか。

【図5】 63手目▲3五香まで
持ち駒:△斎藤七段=歩



持ち駒:▲羽生棋聖=歩2
▲3五香以下は、△3七香成,▲同歩,△4四桂,▲3三香成,△同金と進んだ。

【図6】 69手目▲7九玉まで
持ち駒:△斎藤七段=香歩



持ち駒:▲羽生棋聖=桂香歩2
そして、羽生棋聖の▲7九玉が、勝ちましたという幸便の早逃げである。以下、△3二金,▲3五香,△4二金,▲3一竜,△3四歩,▲1五桂,△3二銀,▲3四香,△4一銀,▲2三桂成,△6四香,▲8四角,△5六桂,▲3二香成,△5一金と進んだが、最早羽生棋聖の勝勢だと思われるので、121手目まで手順を省略する。

【図7】 121手目▲5二歩まで
持ち駒:△斎藤七段=香歩



持ち駒:▲羽生棋聖=飛香歩3
121手目▲5二歩は華麗なる焦点の歩である。斎藤七段は観念したか、△同玉と取り、▲5五歩,△4四角,▲5四歩,△1一角,▲5三香で投了となった。▲5三香を△同金と取ると、▲1二飛が痛打となる。

斎藤七段の敗着は、【図4】 54手目△3六香で一旦△1二香と逃げておくのか。それとも、【図2】 38手目△7四歩が作戦負けを招いたか。何にしても、あまりにも難解というか非自明である。

結局、「ともかく一球外したので、羽生棋聖は次局でずばりと厳しいコースをついて三振を取りに来るだろう。」という私の予想が当たったことになるが、誰もがそう予想していただろうから、自慢にならない。

ともかく斎藤七段は、第3局で、羽生棋聖が置きにいった球を見事、バックスクリーンに叩き込んだ。それを僥倖として、さらに研鑽し、新たな挑戦の機会を狙うに違いない。

以前に、羊歯のグラフィックというのを描いてみたことがあるが、これは要するに本にあるソースコードを打ち込んでみただけなので、アルゴリズムの輪郭もうまく把握できなかった。

最近たまたま、合原一幸編著「カオス カオス理論の基礎と応用」サイエンス社に、IFSのアトラクタとして、上記羊歯のグラフィックの元となると思われるアルゴリズムが説明してあったので、改めてこの説明から、プログラミングしてみることにした。

IFSとは、iterated function systemの略らしくて、日本語では反復関数系と訳される。なんともありきたりなネーミングだと苦笑するのであるが、米国の応用数学者M. Barnsleyが研究したものらしい。

Barnsleyは、羊歯を描くために、下記の4つの写像を用意した。
  1. W1(x,y) = (0.836x + 0.044y,-0.044x + 0.836y + 0.169)
  2. W2(x,y) = (-0.141x + 0.302y,0.302x + 0.141y + 0.127)
  3. W3(x,y) = (0.141x - 0.302y,0.302x + 0.141y + 0.169);
  4. W4(x,y) = (0.0,0.175337y);

そして、(x,y) ← W(x,y)の処理を繰り返すのだが、W(x,y)は実際は、W1(x,y),W2(x,y),W3(x,y),W4(x,y)のどれかである。その呼び出す確率がそれぞれ、1/2, 1/6, 1/6, 1/6である。こうして描いた図は、下記のとおりである。バリエーションとして、点の色を少し変えてみた。

なお、例によって、プログラムのソースコードも付ける。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#include <stdlib.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Close1Click(TObject *Sender)
{
  Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Draw1Click(TObject *Sender)
{
int i = 0, n, c;
double x,y,px,py,tx,ty;

// x, yに適当な初期値を与える
x = 0.1;
y = 0.1;

while ( i++ < 30000000 )   {

 n = random(1000)%6 + 1;
 switch(n)  {
  case 4:
   tx = -0.141*x + 0.302*y;
   ty = 0.302*x + 0.141*y + 0.127;
   break;
  case 5:
   tx = 0.141*x - 0.302*y;
   ty = 0.302*x + 0.141*y + 0.169;	
   break;
  case 6:
   tx = 0.0;
   ty = 0.175337*y;	
   break;
  default:
   tx = 0.836*x + 0.044*y;
   ty = -0.044*x + 0.836*y + 0.169;
   break;
 }
  if ( i > 100 )    {
	px = 300.0 + 550.0*tx;
	py = 600.0 - 550.0*ty;
	c = i%6 + 1;
	if ( c == 4 )
    Canvas->Pixels[px][py] = clYellow;
	else if ( c == 5 )
    Canvas->Pixels[px][py] = clRed;
    else if ( c == 6 )
    Canvas->Pixels[px][py] = clBlue;
    else
    Canvas->Pixels[px][py] = clGreen;
  }
  x = tx;
  y = ty;
}
  return;
}
//---------------------------------------------------------------------------

囲碁将棋チャンネルで番組を観ていると、普通の地上民放放送ほどではないにしても、ときどきCMが入る。そのCMは、通信販売に関するものが多く、この番組の終了以後何分以内にお電話頂くと、同じ値段でもう一つなどのメリットが謳われたりする。

そんな通信販売の商品で、これはなかなかいいのではと目についたのが、水鉄砲みたいな形で、歯間に向けて水を噴射し、歯間の汚れを取り去るというものだった。なぜ歯間の汚れを取り去ることに注目するかというと、足痛の因果関係にかいたように、歯の不具合から足痛が起きたのではないかという疑いがあるからである。なので、歯間をきれいに保つことは健康に本質的であると信じるようになった。

そのときの通信販売の歯間水鉄砲?(実際の商品名が何だったか忘れたので改めて調べてみると、ドクターハーツ エアジェットフロスというらしい)の価格は数千円くらいだったと思う。それはとても高いものではないが、もう少しお手頃のものがあるのではと、アマゾンでみてみると、800円程度のものがあることが分かった。呼び方も、歯間水鉄砲というダサいものではなくて、デンタル・シリンジというようである。

そこでアマゾンで注文して、到着すると早速使用し始めた。それは注射器みたいな形状で、要するに、コップに水を入れて吸い込み、歯間に向けて先端のノズルから水を噴射するのであるが、慣れていないせいか、噴射のコントロールが定まらないで、袖に水がかかって濡れてしまう。

それでも、そんなに熟練を要するものではなくて、一日くらいたつと次第に慣れてきた。そして、デンタル・シリンジで歯間に水を噴射した後、念のために歯間ブラシを当ててみると、ほとんど食べ物のカスが付着していないので、これはいいと思った。歯間ブラシだけでは、洗い流すほど取り去ることは難しい。

で、使い始めて一週間くらいで、気のせいかもしれないが、なんとなく疲れにくく、睡眠が深くなったような気がする。ただ、不思議なのは、クリエイトやマツキヨなどのメジャーなドラッグ・ストアでデンタル・シリンジを取り扱っていないようなので、なにか問題があるのか、それとも単に世間であまり知られていないだけなのか怪訝である。

フラクタルを一通り見たというわけではないが、典型的なカオスであるロジスティック写像f(x) = ax(1-x)について見てみる。

すなわち、x ← f(x)の繰り返しで、xの挙動をみる。このとき、初期値は、0と1の間の任意の実数でよいと思われるが、例えば0.5とする。このとき、ロジスティック写像の挙動は、aの値によって全く異なる。

0≦a≦3のとき、xは安定な周期点に収束する。面白いのは3<a<4のときで、2周期から2n周期を経て、一瞬3周期になり、それからカオスとなる。なお、3周期はカオスを意味するというのが、リー・ヨークが示唆したところである。

横軸をaの値、縦軸をxの値とし、3<a<4のグラフは以下のとおりとなる。

これを描いたプログラムのソースコードは、以下のとおりである。このプログラムではなぜか初期値を0.1ととり、100回ループを回して助走をつけてから、プロットするようにした。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
int n, i;
double x, a, px, py;

 for ( n = 0; n < 500; n++ )   {
  x = 0.1;
  a = 3.0 + (double) n/500;
  for ( i = 0; i < 1000; i++ ) {
    x = a * x * (1.0 - x);
    px = 20 + n;
	py = 500.0 - 400.0 * x;
    if ( i > 100 ) Form1->Canvas->Pixels[px][py] = clBlack;
  }
 }
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button2Click(TObject *Sender)
{
 Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------

体力の低下

user-pic
0

先日、王位戦第1局の最後で、羽生王位の敗戦にかこつけて、「やはり加齢は重いか。」と書いたが、なんのことはない、それは自分の体のことをそこに投影したものにすぎないようである。例えば、あいつはお金に汚い、みたいに悪口いう人がいるが、それは指摘する本人も金銭欲が強いことが多い。その本人が本当にお金に恬淡としていれば、他人の金銭欲もあまり気にならないと思う。

さて、私は若い頃から、どうみてもエネルギッシュなタイプではなかったが、鉄人モードにかいたように、マラソンランナーのような、息長く倒れない働きぶりを特徴としてきた。

しかしやはり加齢は重いのであって、それを一番感じたのは、電車の中の朝練、すなわち数学や工学の本を、考えながら読むという訓練をするときである。すなわち、外資系で豊洲に遠距離通勤していたとき、類体論の流れに書いたように、約1年かけて、「類体論へ至る道」足立恒雄著、日本評論社を、ノートをとりながらきちんと読んだ。それでどれくらいきちんと類体論が理解できたかは怪しいものなのだが、ともかく行きの電車で充実したときを過ごし、その日一日の勤務も気合を入れることができた。

ところが最近はどうだろう、朝の通勤電車で、多分「類体論へ至る道」よりは易しいと思われるディジタル信号処理の本を読んで、うんなるほどとそれなりに理解したのはいいのだが、その程度のことで頭が疲れてしまい、その日一日の特許調査の仕事のパフォーマンスが著しく低下してしまった。

だからといって、理学書や工学書読みは私の人生の根幹に関わるので必須である。そこで、朝の通勤電車は、元気がでてあまり頭を使わなくていいミステリー小説やハードボイルド小説を読み、理学書・工学書読みを通勤の帰路に回すという方針にしたら、少なくとも昼間の仕事のパフォーマンス低下は防げたが、疲れた頭で読む理学書・工学書はどうも頭に靄がかかったようである。なかなかベストな方策は難しい。

あと、先日新宿駅からホームで並んで急行に座って帰ろうとしていると、突然、参宮橋駅付近で人身事故があったと駅のアナウンスがあり、なんと間が悪い、と困惑した。ただ、人身事故ご本人のそこに至るまでの懊悩を想うと、あまりふてくされるのもどうかと、わざと平然を装って、そのまま新宿駅のホームで待つことにした。以前に、同様の状況で別の路線で振り替え輸送を利用したものの、遠回りでしかも異様に混み、大変だったという記憶があるからである。

たまたまそのとき、急行電車がホームに停まっていたので、その電車に乗って待つことにした。当然に座れないが、そんなに混んでいるということもない。アナウンスでは1時間くらいで復旧するというが、今までの経験で、実際はアナウンスよりも随分早く復旧したりするで今回もそうだろうと高をくくった。しかし私の読みは外れて、アナウンスより少し遅い時間にやっと電車が動き出した。動き出しても前の電車が詰まっているので、スムーズには走行しないが、ともかく通常より1時間40分程度の遅れで帰宅できた。以外にストレスもたまらなかった。

ところが次の日の朝起きて会社に行こうとすると異様な疲れを感じ、気分転換に読むミステリー小説さえ、あまり進捗せず、仕事もはかどらない。結局そんな状態が週末まで続き、金曜日の夜帰宅すると倒れるように寝てしまったので、加齢により、疲労に対するレジリエンスが決定的に低下していると感じた。

そして改めて確認したのは、いまの長い通勤時間で、行きも帰りもきちんと電車に座れているという効果である。それはなんらかの余得ではなくて、いまの体力条件で通勤を続けるための必須要件なのであって、そうしないと体力が途中で蕩尽してしまう。豊洲に勤務していたときは、行きはともかく帰りはまず座れなかった。それでも、週末に決定的に疲れはててしまうことはなかった。

私は体を鍛えなおして80歳を過ぎてエベレストに登った三浦雄一郎を尊敬しているが、私には彼に倣うことは到底無理にしてもなにか体を動かす体力づくりは必要かなと改めて思う。

もう15年以上、C++ Builderを使っていて、それはVer.3やVer. 6というかなり古いものだったが、Windows XPであるうちは何も問題なく導入できていた。ところがWindows XPからWindows 7に移行すると、Ver.3は完全に導入を拒否され、Ver. 6はなんとかWindows 7に導入できるものの、以前に作成したアプリの編集しかできず、新規アプリは作成できないという極めて妙なことになっていた。それでも、外資系に勤務していたときは、私のアプリのユーザが若干名いたので、Windows 7上のC++ Builder Ver. 6上でなんとかメンテしていて、どうしてもスクラッチでアプリを作成しなくてはならないときは、自宅のXPマシンで作成して、VPN経由で会社の共有ディスクに送ることでなんとかしていた。

しかし、外資系を退職すると、Windows 7ネイティブで動くC++ Builderが必要だと思い、購入したのが、ボーランドから引き継いでC++ Builderを開発しているエンバカデロのC++ Builder XE4である。実は自宅にはまだオフラインで使用しているXPマシンでC++ Builder Ver. 3が使えるので、アプリの作成は主としてこちらを使ってきたが、Windows 10マシンにも幸いC++ Builder XE4が導入できたので、最近になってやっと、C++ Builder XE4にも馴染んできた。

で、C++ Builder XE4で困ったことがあった。それは、折角アプリを作成しても、アイコンが設定できず、デフォールトのアイコンのままなのである。C++ Builder Ver.3やVer. 6では、そういう悩みは無用で、ちゃんとimagedit.exeというリソース・エディタが標準でついてくるので、それを使って、アプリケーション作成時に自動的に生成される、resという拡張子のファイルを編集して、アイコンを作成すればよい。

ところが、C++ Builder XE4にはそういうリソース・エディタがついてこない。なら、フリーウェアでリソース・エディタがあるだろうとみてみたら、見つかるのは古いものばかりで、互換性が怪しそうである。

そこで困って、いろいろウェブで検索していると、アイコンのファイルを作成して、リソース・コンパイラにかければよい、とある。C++ Builder XE4にもちゃんと、コマンドライン版のbrcc32.exeというリソース・コンパイラがある。そこで、32×32のビットマップファイルとして適当なアイコンを作成し、それをicon.bmpとして保存した。そして、icon.bmpをicon.icoとして保存し直し、icon.rcというテキストファイルに次のように記述した。

MAINICON ICON "ICON.ICO"

そして、コマンド・ラインでbrcc32 -foicon.res icon.rcとすると、なんとファイルフォーマットが正しくないとエラーになった。あれっそうか、と改めてicon.bmpをXnViewでico形式で変換してセーブすると、今度はうまくいって、icon.resが作成された。

それから、C++ Builder XE4を起動して、作成中のアプリのプロジェクトに、コンパイル済のリソースとしてicon.resを取り込んでビルドしたのだが、何も起きない。がっかりしてさらにウェブ上で情報を探すと、プロジェクトのアプリケーションというセクションに、アイコンの指定ができるらしい。そこで今度は、そのメニューで先に作成しておいたicon.icoを指定すると、今度はフォームにきちんと期待したアイコンがあらわれた。

ところが、C++ Builder XE4を終了して、エクスプローラーで当該アプリのアイコンを確認すると、デフォールトのままである。ちなみに、デフォールトのアイコンは、C:\Program Files(x86)\Embarcadero\RAD Studio\11.0\bin\cbuilder_PROJECTION.icoが使われる。だとしても、このアイコンをその都度置き換えるのは変である。そこである実験をしてみたくなった。それは、作成したアプリを他のパソコンにコピーしてみることである。すると、あら不思議、エクスプローラーで確認すると、ちゃんと作成したアイコンが見える。ただ、それをダブルクリックして起動すると、何かのdllがないと動かない。ああ、あれか、とプロジェクトで「実行時パッケージを使う」のオプションを外してビルドしたら、今度は他のパソコンでもちゃんと動いた。ただ、普通にビルドしたら、アプリはせいぜい500KB程度なのに、「実行時パッケージを使う」のオプションを外すとなんと、3.5MBのサイズになってしまう。たったアイコン程度にこんなに手間がかかるとはと、ちょっとうんざりしたが、マルチアイコン・フォーマットなど、副産物でいろいろ勉強になったので、よしとする。

王位戦第1局が始まった。挑戦者は、最近進境著しい菅井七段である。棋聖戦の挑戦者が斎藤七段で、どちらの挑戦者もB級1組への昇級者であるのは偶然ではない。菅井七段は最近、渡辺竜王に2連勝した。将棋界の勢力地図は確実に塗り替えられつつある。

さて、いままでは棋譜の途中から連続的に棋譜を追う密モードで棋譜をみてきたが、今回はハイライトの局面とそこからの数手だけを追う、疎モードで棋譜をみてみる。もともと、週刊将棋などでも疎モードが普通だった。

菅井七段といえば、久保王将との類似性が喧伝され、当初は純粋振飛車党だったが、純粋居飛車党と見まがうほど、矢倉、横歩取り、角換などばかり指している時期があった。しかし最近はまた純粋振飛車党に回帰したようで、独特の力強い振飛車党で勝ちまくっている。以下に示す【図1】も独自性があふれている。

【図1】 8手目△3二飛まで
持ち駒:△菅井七段=なし



持ち駒:▲羽生王位=なし
序盤の多様性という意味ではどうしても将棋よりも囲碁の方が有利であるが、将棋の序盤もまだまだ多様で開拓可能である。この△3二飛の局面は新規だという。これに対して▲2二角成△同銀▲5三角が目につくが、それは△3五歩で先手がよくならないという。なので以下、▲6八玉,△8八角成,▲同銀,△4二銀,▲7八玉,△2二飛,▲4八銀,△6二玉,▲4六歩,△7二玉,▲4七銀のように玉を囲いあった。

【図2】 55手目▲3五歩まで
持ち駒:△菅井七段=なし



持ち駒:▲羽生王位=歩2
手順が進んで羽生王位は居飛車穴熊、菅井七段は銀冠にした。ここで羽生王位の▲3五歩は、相手の桂頭を衝く積極的な手である。ところが以下、△4四金,▲3四歩,△同金,▲3八飛,△3五歩,▲5八飛,△4四歩,▲8八銀,△5四飛,▲6六歩,△4五歩,▲2八角,△7三角と進んでみると、どうも微妙に先手が作戦負けのようである。

【図3】 96手目△6四飛まで
持ち駒:△菅井七段=銀歩3



持ち駒:▲羽生王位=銀歩3
手順は進み、後手も穴熊にした。96手目△6四飛の局面では、▲8八歩と受けさせられているのが辛くて、後手有利がはっきりしている。以下、▲6五歩,△5四飛,▲4六銀,△8七歩成,▲同歩,△8六歩となり、この歩をどう取っても味が悪いので、羽生王位は▲7一銀と攻めあった。

【図4】 128手目△5二飛まで
持ち駒:△菅井七段=金



持ち駒:▲羽生王位=歩6
【図4】は、5四の飛車を△5二飛と引いて受けた局面であるが、依然として菅井七段の方が優勢である。以下、▲8二角成,△同飛,▲7一銀,△7七角と角を打ち込まれては羽生陣は落城寸前である。ここから▲8二銀,△同玉,▲4二飛,△7二金,▲7七桂と進んだ。

【図5】 138手目△7七同歩成まで
持ち駒:△菅井七段=銀桂



持ち駒:▲羽生王位=角歩6
△7七同歩成となっては先手は受けなしで、後手は詰まないので、後手の勝ちがきまった。ここで▲6六銀は相手に詰めろをかけた形作りであり、△8八と,▲同金,△同と,▲同玉,△7八金打で以下簡単な即詰である。

羽生王位は、棋聖戦第3局に続いてどうも精彩を欠いているように思われる。暑さで疲れているのだろうか。やはり加齢は重いか。

少し前のことだが、日本棋院のホームページで、白石六段のブログをみていたら、王メイエン九段の「囲碁AI新時代」という本が素晴らしいという。白石六段ご自身が、マスター対日中韓一流棋士の棋譜解説を順次ブログに載せるくらいの囲碁AI通だし、王メイエン九段が誰よりも深い思い入れを囲碁AIに尽くしていることは私もよく知っているので、早速買って読むことにした。

そこで、私なりに理解して範囲で要約してみるが、囲碁も囲碁AIも、私のスキルというか理解している範囲はとても浅いので、甚だ不十分な要約であることをお断りしておく。

最初にこの本は、歴史的事件といってよい、イ・セドル対AlphaGoの棋譜解説から入る。そこのところは、「人工知能は碁盤の夢を見るのか? アルファ碁VSイ・セドル」ホン・ミンビョ/キム・ジノ著、ホン・ミンファ訳、東京創元社で読んだといえばそうなのだが、メイエン九段となると、なんとなくニュアンスが違う。なんというか、囲碁AIの立場に立って発言しているような気がするのが面白い。すなわち、メイエンさんは囲碁のプロ棋士だから、囲碁に深い愛があるとしても当然である。しかし、囲碁AIにも深い愛があるとなると、これは普通ではない。普通の棋士は、囲碁AIに対する尊敬はあっても愛はない。

また、メイエンさんは童心を重んじる。童心をもつと、これが筋でこう打つべきだ、みたいな前提が減り、うんそれもあるか、みたいな感想になる。それでメイエンさんの解説であるが、これが「標準理論」なんですけど、みたいな言い方をよくされる。実は「標準理論」という言い方は、普通のようでいて、物理学の場の量子論や高エネルギー物理学以外であまり使わない。羽生三冠もそうであるが、メイエンさんは囲碁以外にもいろいろな一般教養の勉強を相当されていると私はみてとった。

イ・セドル対AlphaGoの第2局の解説で感心したのは、AlphaGoは単に乱戦になりにくく負けにくい碁形を選んでいるだけ、というコメントである。なんかすごいことをサラリと解説して、それを、悪くなる展開を避ける計算量が支えている、とフォローする。要するに、人間には無理ですよ、ということである。だからメイエンさんは、AI囲碁に負けてもがっかりすることはないです、新しい時代の幕開けですと続ける。この最後のメッセージはこの本を一貫して流れる思想である。

さらに、イ・セドルがAlphaGoに勝った第4局のイ・セドルの「神の手」も実は苦し紛れだった、と喝破する。それに対してAlphaGoがとち狂ったようにみえても、あれは正常運転なのであり、水平線効果も想定の範囲内だみたいなニュアンスで説明される。要するに、AlphaGoの挙動も、人間が築いた基礎の路線上にあり、その基礎は案外的外れではなかった、という。

次は、DeepZenGo対趙名誉名人の対戦。ここではDeepZenGoがときどき、信じられないような狂手?を繰り出してくるのだが、調べれば調べるほど、DeepZenGoの方が正しいという場合が多い。ただ、未知の部分も多いので、結局人間の方が妥当という方に覆る可能性もあるという。

また、DeepZenGoとAlphaGoの棋風の違いにもメイエンさんは言及する。すなわち、一言でいうと、DeepZenGoは激しく、AlphaGoは明るいという。ただ、いかんせん、この時点ではDeepZenGoは、AlphaGoほど仕上がっていなかった。

さらに、メイエンさんは、囲碁界では、将棋界のようにAIに絶対負けたくないというこだわりはあまりなく、むしろAIがどう打つかに興味をもっているという。これを、ゲームの性質の違いかとメイエンさんは指摘するが、私は、将棋は、AIにじわりじわりと傷めつけられたが、囲碁は痛いと思う間もなくすぱりと斬られたからだと思う。拷問のようにネチネチ負かされ続けたら敵意も生じようというものである。

またメイエンさんは、DeepZenGo対趙名誉名人第3局のオペレータ投了の理由も説明する。なるほど、である。

さて、昨年末から今年にかけて席巻したマスターはAlphaGoの後継だが、棋風が、武宮から趙治勲に変わったようだという。激しく、地に辛くなった。とはいえ、AlphaGoの土台となるソフトは、バランス重視のErica。なお、Ericaといえば、囲碁ソフトとの対戦に書いたように、2010年10月の時点では、藤沢里菜初段(当時)にまだ、六子で負けている。今の私より少し強い程度か。

なお、強引な棋風のDeepZenGoは、AlphaGoほどDeepLearningとの相性がよくないという。ただ、前向きなメイエンさんはそれをDeepZenGoの伸びしろとみる。

囲碁AI一般でいうと、囲碁AIは意外に死活や攻め合いに強くないという。この点、終盤の即詰みを見逃さない将棋AIとの違いは顕著である。では、死活や攻め合いに強くない囲碁AIがなぜあんなに強いのかというと、その圧倒的な全局をみる目の広さと深さにある。すると、そもそも死活や攻め合いの場面にならない。

あと、囲碁AIのブレークスルーは、モンテカルロ法のプレイアウトにツリーサーチを組み合わせたMCTSであるが、それが水平線効果の原因でもある。最近では、MCTS + ポリシーネットワーク + バリューネットワークである。ただ、メイエンさんは、独特の知見から、プレイアウトになんらかのパラメータを適用ではないかと考えている。

さいごにメイエンさんは、完成度と共感度という二つの軸で考えることを提案し、囲碁AIは何を考えているかわからないということから、どうしても共感度という点で何があるので、そこに人間の出番がある、という。ただ、ここらあたりになってくると哲学的で、私にはよく分からなかったりする。

今年も恒例により、棋友の社団戦の応援に、浅草の産業貿易センター台東館に行ってみた。産業貿易センターを借りるためには、何かの物品を販売する必要があるので、将棋の本の古書専門店などの出店がある。その中に、日本女子プロ将棋協会の出店もあって、女流棋士が華やかなので、飛んで火に入る夏の虫のように誘われていってみたら、浦野八段がいた。拝見すると浦野先生は顔色が悪くて、どこか体調がよくないのではと思ってしまった。なにしろ前期の順位戦は確か全敗で、フリークラスに落ちたはずである。

なのでせめてものエールを送るために、浦野先生の詰将棋の本を一冊買うことにした。流石に三手や五手では短すぎるので、七手詰ハンドブックを買うことにして、近くにいた女流棋士に声をかけたら、ありがとうございます、といってもらえて妙にうれしかった。

試合が終わって棋友と二人で飲みに行って、酔っぱらった帰りの電車で七手詰ハンドブックを眺めたら、たいてい一つ1分以内にどんどん解ける。私はもともと詰将棋が得意でないので、よほど簡単な詰将棋なのだろう。つい、中島みゆきの「店の名はライフ」の歌詞をもじって、♪どんなに酔っても解けてしまう♪と歌いそうになった。

ところが、次の日酔いがさめて改めて解いてみると、あちゃっ、20分かけても解けないものがある。昨日楽勝と思ったのは錯覚だったか、とがっかりした。

それでも、七手詰ハンドブックを全部解くのはそんなに大変じゃないと思うけど、このレベルの詰将棋でも日常的に解けば、多少なりとも棋力の維持の足しになるのだろうか。

まあ少しは棋力の維持の足しにはなるかもしれなくても、七手詰ハンドブックを何回解いても、二上や若島の難解な詰将棋を簡単に解けるようにはならないのだろうな、それには二上や若島の詰将棋をじかに解く訓練するしかないんだよね、面倒だね、とまさに老人の戯言のような力ないブログになってしまうのだった。

それにしても浦野先生は復活するのだろうか。

孤独なき地

user-pic
0

以前に、香納諒一の噛む犬、徳間文庫を読んだとき、なかなか面白かったので、その後古書店で同じシリーズの「孤独なき地」を見つけたとき、とりあえず買っておいた。そして、しばらく待機時間を置いたあと、ようやく読み始めた。

このシリーズは、K・S・Pといい、歌舞伎町特別分署の略らしい。「孤独なき地」は、そんなK・S・Pの第一作なのだった。K・S・Pは、特に歌舞伎町での取り締まり強化のため設置された警察署なのだが、もともと歌舞伎町をテリトリーとする新宿署からみて、縄張り荒らしもいいとこで、迷惑千万である。そんなK・S・Pなので、まともな建物はもらえず、どこかの銀行の支店だったビルに入居している。

さて、この小説の主人公は、K・S・Pのチーフの沖幹次郎。筋骨隆々で、まだ若いのに頭はスキンヘッド。蛸入道のような容姿なので、まともに女性に相手にされない。しかし、仕事への思い入れは深く、独立独行でどんどん捜査を進め、高い検挙率を誇る。

そんなK・S・Pに、深澤という新しい署長が赴任した。東大出のキャリアである。なぜか、やはりキャリアの女性警部、村井貴理子を秘書として伴っている。深澤が赴任する日に、金森と藤崎というK・S・Pが、マル被を二人伴って出署してきた。沖はもともと、金森のことをいけ好かない奴だと思っており、なんといきなり点数稼ぎかよ、と顔をしかめた。

ところがである、いきなり銃弾が飛んできて、金森と一人のマル被を射殺し、藤崎はもう一人のマル被に刺され、もう一人のマル被は逃亡した。沖は、弾が飛んできたビルの場所を確認して、必死で駆け上がった。そして、途中の階で一人の狙撃手を射殺したが、屋上にいたもう一人の狙撃手は、取り逃がした。どうも、隣接するビルを伝わって逃げたらしい。予め逃亡経路も確保していたのである。沖は、これはプロの仕業だと直感した。

さて、歌舞伎町を仕切っている暴力団グループに、神竜会というのがあり、それに対抗するのが、中国マフィアの五虎界である。そこで沖は、知り合いの中国人ヤクザの幹部に会い、また、神竜会の西江という幹部にも会った。すると、西江は興味深い情報を話した。なんでも、金森たちが挙げたマル被たちはクレジットカードの仲介の仕事をし、そこに金森たちが関与したらしい。なので、逮捕は出来レースで、微罪として放免される予定だったという。ところが、ある警察関係者が情報を流し、金森たちが朝マル被たちを連れてK・S・Pにやってくることを知った、何者かが狙撃したという。要するに、マル被たちのビジネスが露見するのを防ごうとしたらしい。

こうして探っていくうちに、沖たちは、紅龍という新興中国マフィアや、東都開発という半導体関係の会社の関与を知った。また、五虎界にも事情を聞こうとしたら、むしろ向こうから拉致されるように連れていかれて、総帥の朱徐季とも会うことができた。

そうやって情報収集するうちに、狙撃犯の目途がつき、聞き込みに行こうとすると、なんと村井貴理子が付いてきた。沖は強く同行を拒否したが、一応村井は警部で上司なので、命令だといわれると拒否できない。ところが村井は、中国語と英語が堪能で中国人の聞き込みに威力を発揮し、女だてらに勇気もあり、沖は意外に助けられたのだった。

ここからはストーリーのコアなので詳細は省くが、新宿鮫なみの、警察の階層を無視した沖の強引な捜査と、不夜城並みの中国マフィア対日本のヤクザのバイオレンスにも痺れたのだった。香納諒一はやはり、なかなか読ませる。

連勝記録

user-pic
0

29連勝で止まってしまった藤井四段の連勝記録であるが、奇しくも、囲碁の方の連勝記録も、坂田栄男九段が1963/10/11~1964/07/29の間に達成した29連勝が新記録である。

ただ、坂田九段の連勝記録は、タイトル戦や、タイトル戦の挑戦者決定戦などで、将棋でいえば相手はA級かB級1組クラスで、強者揃いである。

そういう意味では、藤井四段がプロ棋士になったばかりで予選から当たる相手はそれと比べてどうしても見劣りするが、私が言いたいのは別のことで、デビュー戦からの連勝記録というのはなかなか伸びないものである、ということである。藤井四段がこの記録を達成する前は将棋は10連勝であり、囲碁は12連勝である。要するに、プロになったばかりのときは、羽生や谷川といえども、ベテラン棋士の癖のある指し手に屈したりした。それがプロの水の洗礼を受けるということだろう。なので、デビュー戦からいきなり勝ち続けるというのは相当大変で、必ずしも坂田九段の連勝記録の方が大変とはいえない。

あと私は、今回の藤井四段の快進撃の要因の一つは、最初に加藤一二三九段ことヒフミンと指したことにあると思う。というのは、ヒフミンは相当アブナイような発言をしているのにマスコミにもてはやされ続けていて、ほとんど神がかっている。まあ、今の言い方だと神っているのだが、藤井四段はまさにヒフミンの影響で神って勝ち始め、あとは実力が次第に後押ししたのだった。

ところで、棋界での世界の連勝記録は、韓国の囲碁棋士、イ・チャンホが1990年2月27日から9月2日までに達成した41連勝がそうらしい。確かにイ・チャンホは一世を風靡したが、最近ではすっかり鳴りを潜めてしまった。なので、連勝記録は確かにすごいが時間がたつと単なる過去の記録にすぎなくなって、現在には何も関係なくなる。

だから藤井四段も、連勝記録を達成したことは忘れて、虚心に努力してほしいと願うものである。

鯨統一郎は、不思議な歴史ミステリー小説を書く人で、以前に知り合いからの紹介で、「邪馬台国はどこですか」を読んだときは面白いと思ったのだが、それから歴史小説そのものに対する興味が下がったか、今に至るまで、鯨統一郎の小説は読まないできた。

ところが、最近、なにげに歴史小説に対する興味が甦った状態で、古書店で鯨統一郎の「北京原人の日」を見かけたとき、おっこれは読むべし、という思いが沸き上がって早速買って読み始めた。

「北京原人の日」の主人公は、山本達也。一応、カメラマンである。やっと出版社への就職が決まって出勤のためにバイクで向かっていると、突然空から人が降ってきた。そんなシーンは滅多になくて、カメラマンの本能でシャッターチャンスとばかりにバイクに乗ったまま写真を撮ったはいいが、体勢を崩して転倒し、後ろからダンプはくるわ、バスは来るわで、ぎりぎりで轢死は逃れたのだが、カメラは壊すし、怪我はするしで散々だった。すると、なんと空から降ってきた人は頭が砕けて即死のようだった。しかもなんと、軍服を着ている。

しかし達也は、怪我で痛くて、動けない。なんとか立ちあがると、バイクがなんとか動くので、どうして空から人が降ってきたのだ、どうして軍服なのだと怪訝になりながら出版社へ向かった。出勤すると、社長から、怪我で血だらけなのを見咎められた。それで、自分が怪我した事件を説明して、これはスクープだから取材させてくださいと社長に訴えたのだが、相手にしてもらえない。それで、図々しい達也は、近くにいた天堂さゆりという、なかなか美人の記者に声をかけた。じつは達也はイケメンで、女性に不自由したことがない。女性に不自由したことはないが、あまり真面目に働かないので、お金にはいつも不自由している。それで、さゆりを誘惑しようとしたのだが、全く相手にされない。

で、不真面目な達也は、いきなり毎日遅刻するので、速攻でクビになってしまった。そうしていると、空から人が降ってきた事件の解明が進み、なんと空から降ってきた人はなんと、北京原人の化石の一部をもっていたらしい。そして、ロックフェラー財団が、北京原人の化石全体を発見した者に2億円相当の賞金を与えるとの懸賞を出すという。

実は達也は、転んでも只て起きないというか、火事場泥棒というか、事故現場で黒革の手帳を拾っていた。それはどうも、空から降ってきた人がもっていた物らしい。そのノートには何やら人名が書いてあるが、状況からして北京原人に関係があるかもしれない。しかし自分には資金もなく、取材力もない。

そこで達也は、天堂さゆりのことに思い至った。イケメン力を駆使して天堂さゆりを誘惑しようと思った。なんなら、黒革の手帳のことを話してもよい。さゆりはさゆりで、達也のことが気になっていた。そこで、達也から連絡があると、紆余曲折はあったが、さゆりは達也の誘いに乗った。そしてついに恋人同士の関係になり、黒革の手帳に書かれていた人名を基に調査を進めた。

するとなんと、達也もさゆりも、何者かから襲われ、命からがらなんとか逃れた。それでも不屈の精神で調査を進めると、第二次大戦がはじまったタイミングで北京で、北京原人の化石が忽然と消えたという事件があったこと、そこにはまるで七三一部隊のような特務部隊があったらしいこと、などの事々が浮かび上がってきて、達也もさゆりも、茫然とするのだった。

いや、これはまだ序の口で、ここから鯨統一郎の歴史的大風呂敷の想像が横溢するのだが、それは読んでのお楽しみである。

ということで、鯨統一郎の他の作品も読んでみることにしよう。

藤井四段、29連勝の続きであるが、ついに藤井四段の連勝がストップした。

以下、毎日新聞ウェブの記事を引用する。

将棋の史上最年少棋士で、公式戦連勝記録歴代単独1位の29連勝を達成した藤井聡太四段(14)が2日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた竜王戦決勝トーナメント2回戦で佐々木勇気五段(22)に101手で敗れてデビュー以来初黒星を喫し、連勝が止まった。竜王戦では姿を消すことになり、今年中のタイトル獲得はなくなった。残り時間は佐々木五段が25分、藤井四段が11分。

エキシビション的なAbemaTVの七番勝負を除き、最近の実績からして、今回の佐々木勇気五段が藤井四段の公式戦の最強の相手だと思われた。なので、連勝ストップもありえると思ったら、強いプレッシャーのなか、佐々木五段がここまで見事な指し方をするとまでは予想していなかった。特に佐々木五段の▲5八玉が印象的だった。

私としては、この敗戦で、いい意味で普通の藤井聡太に戻れると思う。そして強豪相手に勝ったり負けたりしながら成長してほしい。今からが真価である。

藤井フィーバーのせいで影が薄くなってしまったが、棋聖戦第3局が始まった。斎藤七段の先番である。で、どんな戦型かと思ったら、羽生棋聖は、今では石井四段以外ほとんど指さないノーマル四間飛車を採用した。私は、羽生棋聖になにか研究があるのではなくて、芸域を広げるためのバリエーションとみる。二連勝したことで一球外すといったところか。ともかくノーマル四間飛車対居飛車穴熊の典型的な戦型の一つとなった。

【図1】 41手目▲3五歩まで
持ち駒:△羽生棋聖=なし



持ち駒:▲斎藤七段=なし
▲3五歩もよくある仕掛けで、定跡といってよい。以下、△3五同歩,▲2四歩,△同歩,▲6五歩,△同桂,▲3三角成,△同桂,▲2四飛,△5七桂成,▲同金,△4六歩,▲同歩と進行した。

【図2】 54手目△4八角まで
持ち駒:△羽生棋聖=銀歩3



持ち駒:▲斎藤七段=角桂歩2
△4八角に対して▲6八角と打つのが手堅いが、攻撃力が低下してしまう。そこで斎藤七段は▲6七金右とし、羽生棋聖は当然△4六飛と走った。

【図3】 57手目▲5五歩まで
持ち駒:△羽生棋聖=銀歩4



持ち駒:▲斎藤七段=角桂歩2
ここで斎藤七段の▲5五歩が好手だった。あとで5筋に歩が利くようにする。以下、△6三銀引,▲5四歩,△同銀,▲2一飛成と進んだ。

【図4】 62手目△2六飛まで
持ち駒:△羽生棋聖=銀歩5



持ち駒:▲斎藤七段=角桂歩2
ただ、観戦していて△2六飛でまだ難しいと思った。以下、▲4一竜,△5九角成,▲1五角,△2九飛成,▲3三角成,△5五桂,▲7七金寄,△6八銀と進み、まだいよいよ羽生が食いついた。

【図5】 71手目▲3四馬まで
持ち駒:△羽生棋聖=歩5



持ち駒:▲斎藤七段=桂2歩2
▲3四馬が攻防の要所である。これに対して後手の普通の手は△4三歩だが、それには▲5六馬が嫌か。それで以下△7七銀成,▲同金,△7九金,▲同銀,△7七馬,▲8八銀打と進んだ。

【図6】 78手目△6七桂不成まで
持ち駒:△羽生棋聖=金歩5



持ち駒:▲斎藤七段=金桂2歩2
これに対して羽生棋聖は△6七桂不成だが、これはもしかして敗着ではないだろうか。なぜなら斎藤七段に絶好の一着があったからである。おそらく正解は△7九龍で、それならまだ難解だった。

【図7】 79手目▲7三金まで
持ち駒:△羽生棋聖=金歩5



持ち駒:▲斎藤七段=桂2歩2
絶好の一着とは▲7三金で、検討で屋敷九段が指摘していた。羽生棋聖はこれを見落としていたのかもしれない。もしかして▲7三金以降は羽生棋聖に勝ちはないのか。▲7三金以下は、△同銀,▲5二馬,△6二金打と進行した。

【図8】 83手目▲8三金まで
持ち駒:△羽生棋聖=金歩5



持ち駒:▲斎藤七段=桂2歩2
そしてさらに、▲8三金が好手である。嵩に懸かるというのはこういうことだろう。以下、△7二金打,▲6一馬,△同金,▲5二金,△8八馬,▲同銀,△8九竜,▲同玉,△7九桂成,▲同玉,△7八銀,▲同玉,△2三角と懸命に羽生棋聖は龍を抜きにいったが、成算あってではないだろう。

【図9】 97手目▲6七桂まで
持ち駒:△羽生棋聖=桂歩5



持ち駒:▲斎藤七段=飛角銀桂2歩2
ここで▲6七桂が斎藤七段の最後の好手で、後の継桂をみている。以下、△4一角,▲6一金,△同玉,▲7二金,△同玉,▲4二飛,△6二金,▲8三銀,△同玉と進んだ。

【図10】 107手目▲7五桂打まで
持ち駒:△羽生棋聖=飛金銀桂歩5



持ち駒:▲斎藤七段=角金2銀桂歩2
▲7五桂打以下は、△同歩,▲同桂で即詰みで、そこで羽生棋聖の投了となった。

本局は、斎藤七段の冴えた終盤が印象的だった。羽生棋聖の敗着は、【図6】 78手目△6七桂不成で、▲7九龍なら難解だった。ところでいまふと思ったのだが、【図8】の△7二金打では△8二金の方が綾があったと思う。それでも斎藤七段が勝ちのようであるが。ともかく一球外したので、羽生棋聖は次局でずばりと厳しいコースをついて三振を取りに来るだろう。

若冲

user-pic
0

私は絵画に親しむ趣味はないが、去年だったかテレビで若冲という江戸時代の画家(絵師というべきか)の特集番組を観て、度肝を抜かれた。日本画でありながら細部まで写実的で、独特の陰影がある。それで、私には珍しく、作品集を買ってみたりした。

一方で、あの超絶テクニックがほとんど独学で身に着けたものであり、狩野派のように一派をなしたものでないと知り、いよいよ興味が高じた。

そんな想いを抱いていたところ、最近になって書籍広告で、澤田瞳子「若冲」文春文庫という本が刊行されたことを知り、早速書店で買って読み始めた。

すると、この小説は、いわゆる長編というよりも、「鳴鶴」、「芭蕉の夢」、「栗ふたつ」、「つくも神」、「雨月」、「まだら蓮」、「鳥獣楽土」、「日暮れ」の八つの短編からなり、ストーリーは緩くつながっている。

「鳴鶴」では、若冲こと伊藤源左衛門の状況が描かれる。すなわち若冲は、青物問屋「枡源」の長男として生まれ、父の三代目源左衛門が亡くなると、四代目源左衛門を名乗った。

ところが源左衛門は子供の頃から絵が好きで、商売があまり好きでなく、せっかく四代目源左衛門になってもまともに働かない。それで、母のお清、次兄の幸之助、三兄の新三郎が商売を切り盛りしていたが、当然に源左衛門には強い不満をもった。それでお清は、結婚させればしっかりするだろうと、お三輪という女と娶せた。ところが源左衛門は相変わらず絵作三昧で、ろくにお三輪の相手もせず、お三輪は農家出身で商売は勝手が違うかどうも要領をえないでお清に叱られてばっかりだった。それでもともと気の弱い女だったか、また源左衛門がろくにサポートしてくれなかったということもあって、とうとう思い余って縊死してしまった。

それで源左衛門は現実逃避で一層絵作に耽溺し、お清はお三輪を責めてああなったという手前、源左衛門にあまり強いことがいえなかった。そうしていると、先代の源左衛門の妾の娘であるお志乃という女を引き取らなくてはならなくなり、お清は一層不機嫌になった。

ところで、源左衛門の妻、お三輪には弁蔵という弟がおり、一時は枡源で奉公し、お志乃ともよい仲だったのだが、いろいろあって他家に奉公に出された。それでお志乃は相手にしてくれる者がいないので、源左衛門の絵作の助手として染料を溶いたりする日々だった。すなわち、枡源のはみ出し者同士で、源左衛門とお志乃は連帯意識が生じた。

そしてあるとき、源左衛門は親戚一同を集めた。かりにも当主なのでそうする権限はある。その席で、弁蔵とお志乃を結婚させて枡源を継がせ、自分は隠居するという提案を源左衛門がしたところ、周囲の猛反対があった。弁蔵も、姉が枡源でいびり殺されたという強い恨みがあり、到底そういう提案は受け入れられない。で、弁蔵が出ていき、お志乃が追いかけたが、結局行方が分からなくなった。

源左衛門は一度言い出したら頑固なので、枡源を出て別の部屋を借りて住むようになった。源左衛門なしでは枡源には居られないお志乃は、源左衛門についていって、絵作の助手を続けた。

「芭蕉の夢」では、源左衛門は最早当主ではないので、茂右衛門と改名した。そして、大国寺の僧、大典から若冲という名前を賜った。そうやって人付き合いのほとんどを絶って絵作に励むのだが、同じ画家の池大雅は、数少ない友人だった。ともかく大典からお寺の障壁画の仕事をもらい、それが人目に付くと、次第に若冲の名前も次第に知られるようになってきた。じつは若冲が絵作に打ち込むのは、亡き妻、お三輪に対する深い思いを籠めるためだった。

またあるとき若冲は、自分の絵と全く同じ構図の贋作を発見した。それはもしや弁蔵では、と思った。その画家の名は、市川君圭といったが、どう考えても弁蔵以外ではありえず、今後、お三輪と君圭が、若冲が絵を描き続けるインセンティブとなった。

「栗ふたつ」では、茂右衛門の三兄の新三郎が病に伏せてしまった。それで、お志乃が看病に通うが、どうも新三郎は助からぬ容態らしい。そんなときお志乃に、縁談が降って湧いた。五条問屋町の明石屋という名門で、枡源の商売敵である。お志乃が渋っていると、新三郎が亡くなり、縁談どころではなくなった。そんなお志乃はあるとき、円山左源太なる者と出会った。なんと後の円山応挙だった。ともかく、紆余曲折をへて、お志乃は明石屋に嫁入りすることになった。

「つくも神」では、お志乃が嫁入りした明石屋が錦高倉市場の問屋に対して法的手段を採った。すなわち、錦高倉市場の問屋は正式な官許がないというのである。たしかに官許状は火事で焼けたため、証拠としては示せない。お志乃は泡をくって実家に戻り、なんとか錦高倉市場の問屋は反撃する必要がある。そこで若冲が、絵を通じて知り合った政府の高官の伝手で、明石屋の目論見を切り崩していった。

「雨月」では、枡源のお清がついに亡くなった。一方、若冲は与謝蕪村の娘を匿った。そして、京都人でない蕪村の悲哀を知る。

「まだら蓮」は、京都の大火の話。大混乱で、若冲は大事な人を失った。

「鳥獣楽土」は、晩年の若冲が大火の際に預かった子供を育て、その子の絵の才能を育んで、共作で見事な作品を仕上げる話。

「日暮れ」ではついに若冲が亡くなった。

こうして読み終えて、ある意味、澤田氏によって彩られてすぎている面がなくはないが、奇抜な異彩の画家としてしか認識していなかった若冲が、血の通った人間としてみえてきて、読み応えがあった。若冲の亡き妻や義理の妹、そして亡き妻の弟の存在は、素粒子論において理論的段階における、ディラックが仮定した陽電子、あるいはヒッグス粒子のように澤田氏の設定した仮想的存在かもしれないが、そういう存在がストーリーを極めて興味深くしている。しかも案外、そういう人物が歴史的に存在したかもしれないと思わせるものがある。

なんにしても、澤田氏の筆力と学識は、相当なものであり、私にはアマゾンでなされているいくつかの酷評がいまいち理解できなかったりする。

このアーカイブについて

このページには、2017年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年6月です。

次のアーカイブは2017年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。