囲碁AI新時代

user-pic
0

少し前のことだが、日本棋院のホームページで、白石六段のブログをみていたら、王メイエン九段の「囲碁AI新時代」という本が素晴らしいという。白石六段ご自身が、マスター対日中韓一流棋士の棋譜解説を順次ブログに載せるくらいの囲碁AI通だし、王メイエン九段が誰よりも深い思い入れを囲碁AIに尽くしていることは私もよく知っているので、早速買って読むことにした。

そこで、私なりに理解して範囲で要約してみるが、囲碁も囲碁AIも、私のスキルというか理解している範囲はとても浅いので、甚だ不十分な要約であることをお断りしておく。

最初にこの本は、歴史的事件といってよい、イ・セドル対AlphaGoの棋譜解説から入る。そこのところは、「人工知能は碁盤の夢を見るのか? アルファ碁VSイ・セドル」ホン・ミンビョ/キム・ジノ著、ホン・ミンファ訳、東京創元社で読んだといえばそうなのだが、メイエン九段となると、なんとなくニュアンスが違う。なんというか、囲碁AIの立場に立って発言しているような気がするのが面白い。すなわち、メイエンさんは囲碁のプロ棋士だから、囲碁に深い愛があるとしても当然である。しかし、囲碁AIにも深い愛があるとなると、これは普通ではない。普通の棋士は、囲碁AIに対する尊敬はあっても愛はない。

また、メイエンさんは童心を重んじる。童心をもつと、これが筋でこう打つべきだ、みたいな前提が減り、うんそれもあるか、みたいな感想になる。それでメイエンさんの解説であるが、これが「標準理論」なんですけど、みたいな言い方をよくされる。実は「標準理論」という言い方は、普通のようでいて、物理学の場の量子論や高エネルギー物理学以外であまり使わない。羽生三冠もそうであるが、メイエンさんは囲碁以外にもいろいろな一般教養の勉強を相当されていると私はみてとった。

イ・セドル対AlphaGoの第2局の解説で感心したのは、AlphaGoは単に乱戦になりにくく負けにくい碁形を選んでいるだけ、というコメントである。なんかすごいことをサラリと解説して、それを、悪くなる展開を避ける計算量が支えている、とフォローする。要するに、人間には無理ですよ、ということである。だからメイエンさんは、AI囲碁に負けてもがっかりすることはないです、新しい時代の幕開けですと続ける。この最後のメッセージはこの本を一貫して流れる思想である。

さらに、イ・セドルがAlphaGoに勝った第4局のイ・セドルの「神の手」も実は苦し紛れだった、と喝破する。それに対してAlphaGoがとち狂ったようにみえても、あれは正常運転なのであり、水平線効果も想定の範囲内だみたいなニュアンスで説明される。要するに、AlphaGoの挙動も、人間が築いた基礎の路線上にあり、その基礎は案外的外れではなかった、という。

次は、DeepZenGo対趙名誉名人の対戦。ここではDeepZenGoがときどき、信じられないような狂手?を繰り出してくるのだが、調べれば調べるほど、DeepZenGoの方が正しいという場合が多い。ただ、未知の部分も多いので、結局人間の方が妥当という方に覆る可能性もあるという。

また、DeepZenGoとAlphaGoの棋風の違いにもメイエンさんは言及する。すなわち、一言でいうと、DeepZenGoは激しく、AlphaGoは明るいという。ただ、いかんせん、この時点ではDeepZenGoは、AlphaGoほど仕上がっていなかった。

さらに、メイエンさんは、囲碁界では、将棋界のようにAIに絶対負けたくないというこだわりはあまりなく、むしろAIがどう打つかに興味をもっているという。これを、ゲームの性質の違いかとメイエンさんは指摘するが、私は、将棋は、AIにじわりじわりと傷めつけられたが、囲碁は痛いと思う間もなくすぱりと斬られたからだと思う。拷問のようにネチネチ負かされ続けたら敵意も生じようというものである。

またメイエンさんは、DeepZenGo対趙名誉名人第3局のオペレータ投了の理由も説明する。なるほど、である。

さて、昨年末から今年にかけて席巻したマスターはAlphaGoの後継だが、棋風が、武宮から趙治勲に変わったようだという。激しく、地に辛くなった。とはいえ、AlphaGoの土台となるソフトは、バランス重視のErica。なお、Ericaといえば、囲碁ソフトとの対戦に書いたように、2010年10月の時点では、藤沢里菜初段(当時)にまだ、六子で負けている。今の私より少し強い程度か。

なお、強引な棋風のDeepZenGoは、AlphaGoほどDeepLearningとの相性がよくないという。ただ、前向きなメイエンさんはそれをDeepZenGoの伸びしろとみる。

囲碁AI一般でいうと、囲碁AIは意外に死活や攻め合いに強くないという。この点、終盤の即詰みを見逃さない将棋AIとの違いは顕著である。では、死活や攻め合いに強くない囲碁AIがなぜあんなに強いのかというと、その圧倒的な全局をみる目の広さと深さにある。すると、そもそも死活や攻め合いの場面にならない。

あと、囲碁AIのブレークスルーは、モンテカルロ法のプレイアウトにツリーサーチを組み合わせたMCTSであるが、それが水平線効果の原因でもある。最近では、MCTS + ポリシーネットワーク + バリューネットワークである。ただ、メイエンさんは、独特の知見から、プレイアウトになんらかのパラメータを適用ではないかと考えている。

さいごにメイエンさんは、完成度と共感度という二つの軸で考えることを提案し、囲碁AIは何を考えているかわからないということから、どうしても共感度という点で何があるので、そこに人間の出番がある、という。ただ、ここらあたりになってくると哲学的で、私にはよく分からなかったりする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4592

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年7月 8日 06:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「七手詰ハンドブック」です。

次のブログ記事は「王位戦第1局」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。