デンタル・シリンジ

user-pic
0

囲碁将棋チャンネルで番組を観ていると、普通の地上民放放送ほどではないにしても、ときどきCMが入る。そのCMは、通信販売に関するものが多く、この番組の終了以後何分以内にお電話頂くと、同じ値段でもう一つなどのメリットが謳われたりする。

そんな通信販売の商品で、これはなかなかいいのではと目についたのが、水鉄砲みたいな形で、歯間に向けて水を噴射し、歯間の汚れを取り去るというものだった。なぜ歯間の汚れを取り去ることに注目するかというと、足痛の因果関係にかいたように、歯の不具合から足痛が起きたのではないかという疑いがあるからである。なので、歯間をきれいに保つことは健康に本質的であると信じるようになった。

そのときの通信販売の歯間水鉄砲?(実際の商品名が何だったか忘れたので改めて調べてみると、ドクターハーツ エアジェットフロスというらしい)の価格は数千円くらいだったと思う。それはとても高いものではないが、もう少しお手頃のものがあるのではと、アマゾンでみてみると、800円程度のものがあることが分かった。呼び方も、歯間水鉄砲というダサいものではなくて、デンタル・シリンジというようである。

そこでアマゾンで注文して、到着すると早速使用し始めた。それは注射器みたいな形状で、要するに、コップに水を入れて吸い込み、歯間に向けて先端のノズルから水を噴射するのであるが、慣れていないせいか、噴射のコントロールが定まらないで、袖に水がかかって濡れてしまう。

それでも、そんなに熟練を要するものではなくて、一日くらいたつと次第に慣れてきた。そして、デンタル・シリンジで歯間に水を噴射した後、念のために歯間ブラシを当ててみると、ほとんど食べ物のカスが付着していないので、これはいいと思った。歯間ブラシだけでは、洗い流すほど取り去ることは難しい。

で、使い始めて一週間くらいで、気のせいかもしれないが、なんとなく疲れにくく、睡眠が深くなったような気がする。ただ、不思議なのは、クリエイトやマツキヨなどのメジャーなドラッグ・ストアでデンタル・シリンジを取り扱っていないようなので、なにか問題があるのか、それとも単に世間であまり知られていないだけなのか怪訝である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4597

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年7月13日 05:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ロジスティック写像」です。

次のブログ記事は「IFSのアトラクタ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。