三浦九段の復活

user-pic
0

今年の一月に例の事件から復帰してなかなか勝てなかった三浦九段であるが、初日が出たのが、6月27日放送の戸辺七段との銀河戦である。この将棋は戸辺七段が先手で石田流を採用し、これに対して三浦九段が独特の研究を駆使し、優位に立った局面が【図1】である。

【図1】 94手目△5一金の局面
持ち駒:△三浦九段=歩



持ち駒:▲戸辺七段=桂歩3
△5一金はいかにも鍛えが入っているというか震え気味の手であるが、ここから▲8二飛成,△7七角成,▲6二歩,△5二銀と固め、その後も自陣に金銀を投入して盤石の態勢で戸辺七段を押し切ったのだった。

次は、A級順位戦で、相手は佐藤康光九段である。A級順位戦の第一局では、三浦九段は因縁の久保王将に完敗してしまい、残留するためになんとかこれは勝ちたいところである。将棋は、佐藤康光九段が変則(変態?)向飛車を採用。これにうまく対処した三浦九段が優勢になったが、そこは歴戦の強者康光九段、終盤猛追して形勢は分からなくなった。【図2】は、康光九段が▲8一飛と王手したところ。

【図2】 125手目▲8一飛の局面
持ち駒:△三浦九段=金香歩6



持ち駒:▲佐藤康光九段=金
ところが実は▲8一飛は失着で、▲8四香,△同玉としてから▲8一飛が先手の正解手順だったという。以下△8三歩,▲8五金に△9三玉なら▲9一飛成,△9二香,▲5七角,△同桂不成,▲3九玉で先手勝ち。また、▲8四香,△同玉,▲8一飛に△7三玉には▲7一龍,△7二歩,▲7四金,△同玉,▲7二龍,△7三銀引,▲8三飛成,△6四玉,▲7三龍寄,△同銀,▲5五角,△5三玉,▲6五桂,△4二玉,▲5二龍,△同玉,▲5三銀,△6一玉,▲7二金,△同玉,▲7三角成,△8一玉,▲7二銀,△9二玉,▲8三馬,▲5五角,△5三玉,▲6五桂,△4二玉,▲5二龍,△同玉,▲5三銀,△6一玉,▲7二金,△同玉,▲7三角成,△8一玉,▲7二銀,△9二玉,▲8三馬の長手数の詰みがあった。ということでなんとか命拾いして、三浦九段が勝利を収めた。

上記の二局以外に、三浦九段は棋王戦挑戦者決定トーナメントで松尾八段に勝ち、叡王戦の予選で井上九段に勝ったので、今期ここまでで4勝1敗である。勝った相手はみな、文句なしの強豪なので三浦九段は完全に復活したとみてよいであろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4601

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年7月17日 06:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「IFSのアトラクタ(続)」です。

次のブログ記事は「人工光合成」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。