暗殺者の鎮魂

user-pic
0

マーク・グリーニーのグレイマン・シリーズであるが、グレイマン・シリーズ2の暗殺者の正義を読んでから、十分な緩和時間を置いたので、グレイマン・シリーズ3の「暗殺者の鎮魂」を読むことにした。

さて、グレイマン・シリーズ2で、CIAとシドレンコの両方を裏切って追われる身となったグレイマンこと、コート・ジェントリーは、南米に逃げてアマゾンのジャングルに身を潜めた。

それを追うように、シドレンコはマンハンターという刺客を差し向けたが、ジェントリーは、それをなんとか躱して、メキシコにやってきた。

メキシコでジェントリーは、GOPES(メキシコ連邦警察特殊作戦群)のリーダーであるエディー・ギャンブルとその部下たちが死亡したというニュースを聞いた。GOPESは、メキシコの麻薬カルテルの頭目である、ダニエル・デ・ラ・ロチャを暗殺する作戦を実施したが、それが事前にバレて爆殺されたという次第である。

実はジェントリーはCIAにいたとき、ラオスで地元の軍隊に捕らえられて牢屋に入れられ、瀕死の状態になったことがある。そのとき同じ牢屋にエディー・ギャンブルがいて、命を救ってくれた。

そのときの恩義もあって、ジェントリーはエディー・ギャンブルの墓地を探して追悼した。すると、そこに女がいて、エディーの妻、エレナだった。ジェントリーがエディーの旧知だと告げると、エレナは無理やりジェントリーを自宅に連れていった。

自宅にはエレナの両親、エディーの兄、エディーの甥、そして妹のラウラがいた。ジェントリーはラウラがあまりに美しいので、つい見とれた。しかし、最強の暗殺者も女性には晩生だった。

CIA他多くの敵に狙われる身なので、ジェントリーは早々に立ち去ろうとしたが、デ・ラ・ロチャがエレナの一家を狙っていることが分かった。義侠心が強いジェントリーは、相当無理な戦いだが、なんとかエレナの一家を護ろうとした。しかし、こんな家にいたら攻められたらどうしようもない。ともかく、エレナが知っている山奥の無人の農場に避難することにした。

しかし、連邦警察にも強いコネがあるデ・ラ・ロチャは、すぐにその場所を突き止め、軍団を差し向けてきた。ただ、エディーの生き残りの部下が駆けつけてくれた。ここからは、ジェントリーが死力を尽くした闘いが始まった。しかし老人と女を抱えて、ジェントリーはどうしてもハンディがある。エレナの一家を救うにはアメリアに亡命させるしかない。しかしどうやって国境まで連れていくか。

ジェントリーは、アメリカ大使館員にコンタクトしたことで絶体絶命の危機に陥るが、救ってくれたのは意外な男だった。

ここからはストーリーの山場なので記述を省くが、智謀を振り絞った、非情ともいえるジェントリーの戦いが見事だった。

少し間をおいて、「暗殺者の復讐」を読むことにする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4604

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年7月20日 05:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「テレワークについて」です。

次のブログ記事は「ドラゴン曲線」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。