暗殺者の復讐

user-pic
0

グレイマン・シリーズ3の「暗殺者の鎮魂」を読んでしばらくして、次の「暗殺者の復讐」を読むことにした。

「暗殺者の復讐」では、ジェントリーが、「暗殺者の鎮魂」のとき、マンハンターという刺客を差し向けてきたことに対する報復として、ロシアのシドレンコの居住地を襲った。シドレンコの側も、ジェントリーの来襲は当然に予想していて、多数のならず者を周囲に配置していたが、いかんせん警備のプロではなく、街の愚連隊に毛が生えた程度なので、ジェントリーの敵ではない。

ただ、ジェントリーも、シドレンコを殺傷した後の脱出路をきちんと確保していなかった面があり、行き止まりになって焦った。そして強行突破でなんとか逃げ出したものの、シドレンコよりはるかに手強い新たな追手がいた。それは、民間警備会社、タウンゼント・ガバメント・サービスの派遣するチームである。

タウンゼント・ガバメント・サービスは、CIAのカーマイケルから、グレイマン、すなわちジェントリー殺しを高い賞金で依頼されたのである。そこでタウンゼントはまずUAV、すなわち無線操縦の無人飛行機でグレイマンを追跡した。シドレンコを襲った場面も、UAVによって撮影されていた。

タウンゼント・ガバメント・サービスの社長のリー・バビットは、UAVだけでは限界があるので、ジェントリーと似た経歴の、ラッセル・ウイトロック、通称デッドアイという独行工作員を雇った。すなわち、デッドアイは、グレイマンの「生態」に詳しいので、UAVでスウェーデンのある都市で、大まかな居所が確定されると、その中でグレイマンが潜んでいそうなアパートの当たりをつけた。あとは、タウンゼントの部隊がそこを襲う手はずである。

ところが何を思ったか、ウイトロックが突然裏切ってタウンゼントの部隊を殺戮し、むしろグレイマンを救助した。グレイマンはウイトロックの意図がわからず当惑したが、ともかく命を助けられたことはありがたく思った。実はウイトロックは筋金入りのサイコパスで、ある深い意図があってグレイマンを助けたのだが、その意図はあとで明らかになる。

一方、ヨーロッパではモサドのチームが活動していた。そのチームはいわばイスラエルの大統領直属で、中東の反イスラエルの組織がイスラエルの大統領の暗殺を企てるのを事前に察知し、もし本当に暗殺の実行犯なら、強襲チーム、メツァダを派遣して駆除する。それを判断するのが、モサド情報収集部の目標決定官、ルース・エティンガーである。ルースはみるからに魅力的な女性だが、仕事には厳しい。

さて、ウイトロックが筋金入りのサイコパスである、というのは、イスラエルの要人を殺害して、イランの諜報部から莫大な賞金をせしめようという意図があり、そのことにジェントリーを利用しようという黒い意図があったからである。そのために、タウンゼントの部隊によって襲われたときジェントリーを助けたのだった。ただ、このことで、殺そうと追及する相手に全く不足していないジェントリーは、モサドからも追われることになり、一層窮地に陥った。そもそも、なんとしてもジェントリーを殺害したいCIAは、モサドに協力を要請した。

しかし、CIAとモサドは当然に一枚岩ではなく、特にルースは、ジェントリーのプロファイルの解析から、ジェントリーがなんの大儀もなくイスラエルの要人を狙うわけがないと思った。

このようないろいろな個人とグループのからみで事態が進展していくのであるが、それにしても感じたのは、まるで将棋や囲碁のAIと、棋士の関係が次第に露わになってきたことである。すなわち、ジェントリーが得意とするのは、ひそかに敵を攻撃することだけでなく、姿をくらましたり、危険を察知して逃げる独特の勘なのだが、無人飛行機、監視カメラ、顔認識や歩き方などの行動分析、のハイテクの発達で、ジェントリーは、培ったスキルと勘が陳腐化(obsolete)していく傾向を感じてしまったのだった。これもシンギュラリティか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4619

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年8月 4日 05:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「野球中継」です。

次のブログ記事は「フラクタルの応用」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。