ボーダーライン

user-pic
0

新刊書店で面白そうな小説を物色していると、真保裕一「ボーダーライン」集英社文庫というのが目についた。知らない作家で、面白く読める自信がいまいちなかったが、「ナツイチ」という青い帯に惹かれた。なんでも、「ナツイチ」の帯がある本を買うと、オリジナルのブックカバーがもらえるらしい。じつは栞とブックカバーに微かに嗜好をもつ私は、そのキャンペーンにつられてつい、「ボーダーライン」を買った。

ところが、オリジナルのブックカバーは、青い紙で、少し失望した。せめて布かビニールであってほしかったが、そういうのにつられる私がナイーブすぎるのだろう。それでも、しばらくして読み始めると、これは探偵小説なのだった。

最近読んだ探偵小説というと、萩原浩の「ハードボイルド・エッグ」がある。それはそれで、ユーモアと人情タッチでなかなか面白かったが、「ボーダーライン」はつい考え込むほどシリアスな内容だった。

「ボーダーライン」の主人公は、永岡オサム。日本生まれ日本育ちの純粋日本人で、写真学校を卒業してカメラマンを目指したのだが、いろいろあって日本にいるのが嫌になり、いささかの夢を抱いて渡米した。紆余曲折があっていまはロサンゼルスに住み、日本の大手信販会社の支店の社員として調査業をしている。米国では通称、サムと呼ばれる。

サムの上司、トッド関口は、なかなかの切れ者で冷徹なビジネスマンである。そんな関口は、手段を弄してサムに偽装結婚させ、そうしてグリーンカードを取得させると、サムにPI(private investigator)ライセンスを取得させた。米国では、探偵ライセンスを取得すると、警察などからある程度信用してもらえるので有利であるが、ただその合格率は10%程度とかなり難関である。

ともかくサムは資格をもつ専門職探偵として勤務しているのであるが、その主な仕事の内容はというと、日本人観光客が強盗や交通事故、その他のトラブルに遭ったときの事故対応という地味な雑用係だった。当該大手信販会社のカードをもっていればクライアントなので、クライアントのサポートという位置づけである。

そんなサムにあるとき、トッド関口が神妙な顔をして仕事を依頼してきた。面倒そうな仕事であるが、本社の大手クライアントの会社からの依頼なので断れないという。その仕事とは、安田信吾という元警備会社社員を探してほしいということであった。日本人であるが、ある意味サムと同様に米国に流れてきたらしい。しかし、手がかりとなる写真は、いかにも写りの悪い、隠し撮りみたいな写真しかない。

調べていくうちに、安田信吾、通称サニーは、はある犯罪に関与している可能性があると分かった来た。そしてその共犯者らしき、メキシコ系のフリオ・ポサリカという男が事件を起こして拘置所に留置されていると聞き、サムは面会を申し込んだ。

面会すると、フリオがあまりにもでたらめな奴なのでサムはむかついたが、辛抱強く話を聞きだして、サニーが、メキシコとの国境付近のコスタメサという街にいることを聞き出した。そこで、会社から貸与されているチェロキーを駆ってコスタメサにやってきたのだが、アジア人がほとんどいない場所なのでなかなか相手にされなかった。しかしそれは一方、サニーを見つけやすいということでもある。

そこでついにサニーがいるというアパートの付近に車で乗り付け、サニーらしき日本人にも会ったのだが、その日本人はにこっと友好的に笑うと、いきなり銃撃してきた。そしてヒット・アンド・アウェイで去ってしまった。チェロキーは穴だらけになり、サムも少し負傷したが、予め防弾装備がなされていたので、サムは一命をとりとめ、チェロキーはなんとか動いた。

一応地元の警察に届け出ると、事情聴取のため少し留置され、その後開放された。その後、サニーの見えない影に怯えながらロサンゼルスに帰ってみると、なんと同棲しているメリンダが家出して所在がわからなくなっていた。

それだけではない、日本から安田信吾の父親の安田英明がやってきた。なんでも息子を探しにいくのだという。安田信吾の恐ろしさを知るサムにはそれはいかにも無謀に思われた。

安田信吾を追って英明の行方が知れなくなると、今度は日本から安田信吾の妹の真由美がやってきた。そして話を聞くうちに、安田信吾の幼児の頃からの異常性を知り、家族の苦悩や困難が痛いほどに感じられた。

そしてサムは、追加の正式な依頼を以て、チェロキーに代わる防弾装備のベンツに乗って単身、安田英明を探し、安田信吾と対決する旅に出た。もちろん銃を保持してである。

ここからはクライマックスなので、記述しないが、先天性犯罪嗜好者とは何か、親子とは何か、米国の社会の風紀とはどのようかなど、さまざまなテーマが押し寄せてきて考えさせるストーリーだった。

真保裕一には、ほかにも多数の作品があるようなので、そのうち読んでみることにする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4622

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年8月 7日 05:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ポアンカレ断面」です。

次のブログ記事は「惑星の軌道」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。