きゅうりの船

user-pic
0

クレヨンしんちゃんのピーマンではないが、偏食というか野菜が嫌いな子供は多い。そういう子供は大人になってもやはり野菜が嫌いなままだと思うのだが、どうだろうか。

私はというと、子供の頃から鶏肉以外に苦手な食べ物は一切なく、特に野菜は大好きである。そして田舎の実家にいた頃は、なにしろ庭で野菜が栽培されているので、野菜を食べたいという希望が裏切られることはまずなかった。強いて難点をいうと、自宅の屎尿が庭の野菜の肥料になっていたことで、いまいち汚いなとは思っていたが、なんとなく雰囲気に押し切られて、普通に野菜を食べていた。

そういう生い立ちだと、都会に出てきて食堂に行ってもほとんど野菜が出てこないのが気になってしまう。独身時代もつい自炊したのは、もっと野菜をという希望を叶えたかったからだったりした。

なので、結婚した後も、勝手に野菜サラダを作ることはよくある。私が勝手に料理をつくると家内は台所が乱れるので嫌がるが、なぜか野菜サラダだけはあまりクレームを受けない。私の野菜好きが公認されているからかもしれない。

ところが、先日作った私の野菜サラダにイエローカードが出た。家内が指摘するのは、何よこのキュウリは、というところである。要するに、古すぎて萎びたキュウリを私が使ってしまったようである。

じつはそのことに私も気づいていた。なので少しでもリカバーしようと、しばらくキュウリを水に漬けておいたのだが、その程度ではとてもカバーしきれなかった。どうも漬物にする一手だったようである。

そうやってやや困っていると、急に頭の中を、きゅうりの船、というフレーズがよぎった。記憶が曖昧なのでウェブで確認すると、「星の界」という歌らしい。そこで、その歌詞を引用すると、以下のとおりである。

雲なきみ空に 横とう光
ああ洋々たる 銀河の流れ
仰ぎて眺むる 万里のあなた
いざ棹させよや
窮理の船に

そういえば、さらに思い出したのだが、私が物理学を志した頃は、こういう歌詞を聴いて、真理を極めるのだと、勝手に感動していたのだった。しかし、還暦を過ぎてしまった今の私はいささか違う。いま私がこの歌詞をみて思い起こすのは先日の萎びたキュウリと、夏目漱石の「道楽と職業」という随筆である。「私の個人主義」という講談社学術文庫に収められている。

私の「道楽と職業」を読んだ理解が正しければ、窮理の船と恰好つけても、それは具体的に誰かのためになるわけではないので、所詮道楽なのである。よほど特権的な幸運に恵まれなければ、窮理の船を生活の糧にすることはできない。すると、窮理の船も、私が作った萎びたキュウリのサラダと何も違わない、ということになる。

そういうわけで、私は今更のように、カオスだのフラクタルだのいろいろ試してみているのだが、どうみてもあれは所詮よい子のお勉強にすぎず、窮理の船にはならない。

実は私は、とても甘い考えで、老後のよい子のお勉強がまかり間違って窮理の船にならないかと祈るのだが、そんなことはなりっこないと教えてくれたのが、萎びたキュウリなのだった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4624

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年8月 9日 05:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「惑星の軌道」です。

次のブログ記事は「ステートフル・ブート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。