ステートフル・ブート

user-pic
0

パソコンを使っていると、例えばメモリ・リークにより使えるメモリの領域が減ってきて、リブートしなくてはならない、という状況がよくある。

Windows 10に乗り換えてからは、流石にあまりメモリ・リークが起きなくなって、リブートの必要性は下がったが、それでも、昔からの習慣により、つい週に一度くらいはリブートしてしまう。

ところが、Windows 10になって、よくわからないことが起きた。すなわち、リブートする前は、C++ Builder XE4できちんとコンパイル&リンクできていたし、タスクバーにもきちんとピン止めされたアイコンが表示されていたのに、リブートするとC++ Builder XE4でコンパイル&リンクすると、LME288というエラー・コードのリンク・エラーが起きた。

仕方ないなあと、いったんパソコンをシャットダウンして完全に終わり、それからパソコンを起動するという、いわゆるコールド・スタートさせると、やはりLME288のエラーになる。

まったくもう、と普通にリブートしたら、今度はLME288のエラーは起きなくなったが、今度はタスクバーからピン止めされたアイコンが消えてしまった。

このように、再起動させるたびに異なる挙動をするパソコンは今まで経験したことがないので、流石Windows 10と感心した(なわけないだろ(怒))。

それで毎月一度のWindows Updateでこのエラーが修正されているかと毎回期待するのだが、なかなか修正されない。まあタスクバーからピン止めされたアイコンが消える、というのは明らかなバグだが、LME288のエラーというのは、マイクロソフトにしてみれば、そんなもん、エンバカデロさんのバグでっしゃろ、しらんがな、というところだろう。

ただ、こういうのを格好つけてステートフル・ブートというのは、私が思いついた言い方だが、明らかに妥当ではない。強いていうなら、モンテカルロ・ブートか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4625

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年8月10日 05:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「きゅうりの船」です。

次のブログ記事は「ポナンザ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。