王位戦第3局

user-pic
0

王位戦第3局が始まった。ここまで羽生王位は二連敗で、しかも内容がよくない。これを負けると防衛は相当困難になるので、踏ん張るはずである。一方の菅井七段、▲7六歩,△3四歩,▲2六歩,△5四歩,▲2五歩,△3二飛という出だしは最初は新鮮だったが、こう連採するとどうも少しだけマンネリ感が漂う。そもそも、球筋に慣れられてしまうのではないか。ともかく、例によって31手目▲6七角まで一気に進める。

【図1】 31手目▲6七角まで
持ち駒:△菅井七段=角



持ち駒:▲羽生王位=なし
▲6七角は△3四歩を狙う手でよく指される。以下、△4四銀,▲3四角,△7四歩,▲4七銀,△8四歩,▲1六歩,△5五銀,▲1五歩,△7三桂,▲1四歩,△同歩,▲1二歩,△8五桂,▲6八銀と進んだが、どうも△8五桂がよくなかったようである。ここはともかくも、▲1二歩に△同香と応じて五分だった。

【図2】 46手目△9五歩まで
持ち駒:△菅井七段=角歩



持ち駒:▲羽生王位=なし
△9五歩も、勢いそう指したいところだが、ここでもいったん△1二香と手を戻しておきたかった。△9五歩以下は▲9五同歩,△1二香,▲8六歩,△9八歩,▲同香,△9七歩,▲同桂,△同桂成,▲同香,△7五歩,▲5六歩,△6四銀,▲7七銀,△7六歩,▲同銀,△7五歩,▲6七銀と進み、ここでは先手有利である。

【図3】 64手目△2二飛まで
持ち駒:△菅井七段=角歩



持ち駒:▲羽生王位=桂歩4
△2二飛は当然の受けであり、▲3五桂,△5二金,▲9四歩,△8三銀,▲7七歩,△5三金,▲2四歩,△同歩,▲2三歩,△2一飛,▲2四飛,△4四金,▲1六角,△2五歩,▲2二歩成,△同金と進むのも順当なところ。この手順でじっと▲7七歩が嫌味を消す好手である。

【図4】 81手目▲4五桂まで
持ち駒:△菅井七段=角桂歩



持ち駒:▲羽生王位=歩3
▲4五桂は、放置すると▲3三桂不成があるので、菅井七段は△3二歩と受けた。以下、▲6五歩,△同銀,▲5三桂成となっては、この成桂が攻めに利いてきそうである。それでも菅井七段はいったん△9五歩とし、▲6六歩,△9四香,▲6五歩,△9六歩,▲同香,△同香,▲9七歩,△同香成,▲同玉,△9六歩,▲8八玉,△9七角,▲8九玉となり、いよいよ先手の優勢がはっきりした。

【図5】 100手目△8六角成まで
持ち駒:△菅井七段=桂香歩2



持ち駒:▲羽生王位=銀香歩2
それでも菅井七段は△8六角成と粘るが、羽生王位は▲8八香と馬を攻めていき、△9五馬,▲8六銀,△同馬,▲同香,△9七歩成,▲7九玉と早逃げする。そこで菅井七段が△9三玉と入玉含みで指すと▲9五歩,△7四桂。菅井七段は相手の香に狙いをつけた。

【図6】 111手目▲2二飛成まで
持ち駒:△菅井七段=銀香歩2



持ち駒:▲羽生王位=角金歩
しかしここで羽生王位の▲2二飛成が鋭い。すなわち、金を手に入れるとともに、相手の飛車を受けに使えなくする。△2二同飛,▲7三金となると、いよいよ後手玉に詰めろがかかった。以下、△8二銀,▲8三金,△同銀,▲7一角,△8二香となると次第に後手は受けに窮してきた。

【図7】 119手目▲7三銀まで
持ち駒:△菅井七段=飛金歩2



持ち駒:▲羽生王位=歩
▲7三銀でほぼ受けなしである。以下、△8一金,▲8二角成,△同金,▲9四香,△同銀,▲8四銀成,△9二玉,▲9四歩,△8六桂,▲9三銀,△9一玉,▲8二銀成,△同玉,▲9三歩成,△7一玉,▲8二と,△同玉,▲7三金となって、以下即詰みである。

以上みたように、二連敗を押し戻すような羽生王位の快勝だった。敗着はおそらく44手目の△8五桂で、△1二香と手を戻して▲2四歩、△4四角、▲2三歩成、△8五桂となって難解だった。

さて、菅井七段は次も5筋を突いた変則三間飛車か。いくらなんでもそれはないか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4627

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年8月12日 06:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ポナンザ」です。

次のブログ記事は「口腔ケア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。