口腔ケア

user-pic
0

以前に歯科に行ったとき、歯科医の先生から、歯間ブラシを真面目に使うと、口内の感度が高まると指摘されたが、そのときは、あまり真面目に聞いていなかったので、適当に聞き流した。

ところが、足痛の因果関係の経験を経て、口内の不潔さが体の他の箇所に本質的な影響があることを知ると、今更のように歯間ブラシを真面目に使い始めた。ところがそうしても、以前に指摘された「口内の感度が高まる」という状態は実感できなかった。

それがなんとなく感じられるようになったのは、デンタル・シリンジを使うようになってからである。すなわち、デンタル・シリンジを使用すると、今まで払拭できなかった歯間の汚れが洗い流されるので、アバウトな言い方だが、口内の清潔度が一桁上がったような気がした。じつは私は電車の中などで他人の口臭が気になったりするが、口内の清潔度を上げたことで私の口臭レベルは少しは下がっているだろうか。このあたりはどうもよく分からない。

ともかく、口内の感度が高まったことで、朝起きた直後の状態で口の中がネバネバしている、と感じられ始めた。それで、ドラッグストアで口内細菌を抑えることを謳っている花王の薬用ピュオーラというマウスウォッシュを買い、朝起きた直後にこのマウスウォッシュでうがいするようにすると、なんとなく一日を通して、口内が清涼であるような気がした。

そんな注意深いケアをしているのに、ある朝起きたら、一か所の歯茎が腫れている。あらっ、と触ってみたら少し痛い。それでデンタル・シリンジで水を噴射したら、沁みる。そこでさらに歯間ブラシを当ててみると、少し食べ物のカスが残っていた。どうもデンタル・シリンジだけでは取り切れない場合があり、歯間ブラシを併用することも必須のようである。

あと、当然だが、疲れると体の免疫力が下がる。歯茎が腫れたのも、暑さでバテて、口内の免疫力が下ったからだと解釈することにした。

ということで口腔ケアで口内の感度が高まるのはいいことなのだろうが、そういえば、と思い出したことがある。それはヨガの先生が以前言っていたことで、ヨガの修行をすると体が健康になり、体の感度が高まるのだという。するとどうなるかというと、酒や辛い物、刺激的な嗜好の食べ物に対する感度が高まって、こられの嗜好品をなるべく避けるようになるという。

すると私は、依然として酒や辛い物に対する嗜好があるので、口内はそれなりに健康なのかもしれないが、体の方は必ずしもそうではないよね、と一人で苦笑した。体全体の健康レベルを上げるのはなかなか難しい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4628

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年8月13日 05:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「王位戦第3局」です。

次のブログ記事は「償いの報酬」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。