藤井四段の近況

user-pic
0

今年の6月に29連勝の新記録を達成した藤井四段であるが、7月2日に佐々木勇気六段に連勝を止められてから、必ずしも景気はよくない。

すなわち、7月21日に上州YAMADA杯で三枚堂達也四段に敗れ、8月4日に王将戦予選で菅井七段に敗れ、8月24日に棋王戦挑戦者決定T2回戦で豊島八段に敗れ、9月2日に加古川青流戦で井出四段に敗れ、9月7日に新人王戦準々決勝で佐々木大地四段に敗れて、6敗目を喫した。

なんか藤井四段が絶不調になったようだが、冷静に考えるとまだ勝率は8割2分8厘なのだから相当に勝っているといえる。しかしこれは中原誠十六世名人のもつ8割7分5厘の年間勝率記録を下廻ってしまい、こちらを狙うのはかなり難しくなってきた。

で、私の提案だが、将棋連盟は藤井四段の追っかけはもう止めたらどうだろうか。

将棋連盟が去年の三浦事件で下がりに下がった将棋連盟の評判を、藤井四段フィーバーで挽回しようとしたのは分かる。しかしその目的はもう一応達成され、これ以上追っかけを続けることは、将棋でいうところの指しすぎになる。いや、なによりも、追っかけでこれ以上藤井四段にプレッシャをかけ続けると、藤井四段という天下の逸材をスポイルしてしまう。その損失が将棋連盟の識者は分からないのだろうか。

ところで、9月8日、羽生二冠が松尾八段を破って渡辺竜王への挑戦を決めた。これは渡辺竜王に三浦事件のけじめをつけさせるという意味で重要なステップであった。おそらくであるが、羽生にとって、王位や王座の防衛よりも竜王への挑戦を決めることが優先順位が高かったのだろうと推察される。

その渡辺竜王であるが、9月8日、稲葉八段に勝ってA級順位戦の成績を2勝2敗の五分にした。流石になかなかしぶとい。羽生二冠が竜王位を奪還できるかどうか分からないが、今期は羽生二冠は棋士生命をかけて戦うだろう。その理由はいうまでもない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4655

コメント(2)

| コメントする
user-pic

 こんばんは。
なにからなにまで仰る通りと思います。
藤井4段の健やかな成長と羽生二冠の永世竜王の実現を心から願っています。
かと言って、私のような古い人間には、もはや将棋連盟と言う組織は受け付けられないです。
いわんや、渡辺明なんぞま~だ居るのかい!と思っています。
 相撲の朝青龍も随分と横綱の品格には欠けていましたが、それでもずるはしていません。
渡辺明よりはましだった様に思います。単に強いだけで良いのなら、もうAIで十分です。

user-pic

ねずげんたさん

私の趣旨に賛同して戴き、ありがとうございます。
私はねずげんたさんよりも軽佻浮薄なところがありますので、つい藤井フィーバーに浮かれた時期もありますが、確かに将棋連盟の体質は旧態依然なままですね。
渡辺明が大きな顔して居座っているのが、まさにその象徴です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年9月 9日 06:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「王座戦第1局」です。

次のブログ記事は「ホームラン性の当たり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。