2017年10月アーカイブ

吉田修一は、怒り悪人と読んで面白かったので、「太陽は動かない」幻冬舎文庫を読んでみた。すると、この作品は、上記のものとは趣向が変わって、スパイ小説なのだった。

「太陽は動かない」の主人公は、鷹野一彦。AN通信情報部に勤務する。AN通信は表向きは、リゾートやスポーツの情報をネット配信する他愛ない会社であるが、本当の顔は、際どい情報を入手し、それを必要とする企業や団体に高く売りつけるという、犯罪すれすれの仕事をしている。

すなわち、いまの時代、情報はウェブ上で只で入手できるが、真にクリティカルな情報を得るためには場合により命がけの危険を冒す必要がある。なので、鷹野は場合により、生きるか死ぬかの行動をとることも厭わない。

そんな鷹野は今、ベトナムの高級ホテルに来ている。それはベトナムの大手国有石油会社が主催するパーティーで、ベトナムの沖合で巨大な油田がみつかったので、その開発のパートナーを求めるという趣旨である。

そんなパーティーなので、利権を求めて、韓国国家情報院との関係が深い韓国人、アンディ・キム、米国人の大学教授でCIAのエージェントと噂されているミスター・ホワイト、謎の絶世の美人AYAKOなど、一癖も二癖もありそうな面々が揃っている。

ところが当然に出席が期待された中国の国営エネルギー総合企業CNOXの面々がそこにいないことをみんな怪訝がった。

それはともかく、鷹野には重要なミッションがあった。それは、ベトナムの沖合の石油採掘に関して、日本と韓国のある会社が手を組もうとするのを阻止するために、天津の日本対韓国のサッカーの試合が行われるスタジアムにウイグルの反政府過激派組織が爆弾を仕掛ける予定というので、鷹野が天津に行って、ウイグルの反政府過激派組織の責任者に会えるように手筈を整えてくれないか、と依頼にいくというものである。

そこで、鷹野と、その部下の田岡が天津に飛び、鷹野は中国の情報フィクサー、張豪に、ウイグルの反政府過激派組織の責任者を紹介してもらった。するとなんと、その責任者というか首領は、シャマルという若い女性だったが、シャマルはみかけによらずタフで、百戦錬磨の鷹野もあしらわれてしまった。ともかく鷹野は、張豪の部下の張雨とともに爆弾を阻止する行動をとったが、なかなかうまくいかなかった。

そうしているうちに、CNOXが、石油でもない、太陽光発電でもない、まったく新しいエネルギー技術を開発を進めており、それには日本人がもつ技術が必須だと鷹野は突き止めた。

そこで日本に帰ってみると、既にアンディ・キムやAYAKOなど目ざとい奴らが暗躍しており、鷹野と田岡は必死でそれにキャッチアップしようとして、重大な危機に陥ったりした。

鷹野と田岡はなんとか、日本のエネルギー企業や、国会議員を巻き込みながら、なんとかCNOX、アンディ・キムやAYAKOの策動を一角を切り崩そうと努力していく、というストーリーで、流石吉田修一、なかなか緊迫感があって、読み応えがあった。

ただ、最近はエネルギー関係の工学書も読み漁っていて、多少の背景知識をもつ私には、その新技術なるものがいきなり既存の技術を一気に陳腐化してしまう、という件は流石に無理じゃないの、と思ってしまった。まあでもそれは細かい瑕疵であって、筆者はよく勉強しているといってよいと思う。

レスラー系のアトラクタを描いてみたものの、どうもあまりピンとこない。あまりカオスぽくないのである。それで次第にレスラー系のアトラクタのことは興味が薄れていった。

それからしばらくして、ある休日の朝、近所のスーパーに買い物に行こうと思い立った。意外かもしれないが、私はスーパーに行くのが好きである。いろいろな商品を眺めていると楽しくなる。すると家内が、卵も買ってきて、と頼むので、メモに書いて、胸ポケットに入れた。そうしないと最近、すぐに忘れてしまう。

そしてスーパーから買い物して帰ってきたはいいが、家内が「卵は?」と聞く。「えっ、買ったよ。」と応えた。レシートをみると確かに卵はリストされているのだが、確かに買い物袋には卵が入ってない。そこで記憶を辿ると、どうも卵を、買い物籠から買い物袋に移すときにそこに置き忘れてしまったようである。すなわち、卵は割れやすいので、最後に買い物袋入れようとおもって、いったん別のところに置き、そのままになってしまったようである。

そこで仕方なく、スーパーに戻ることにした。スーパーに行き、レジの女性に、「あのう、卵を忘れたみたいなんですけど。」と言ったら、サービスカウンタに聞いてみて下さい、という。そこでサービスカウンタにも、レシートを提示しつつ、「卵を忘れたみたいなんですけど。」といったら、ちゃんと卵がそこにキープされていて、あっさり渡してもらえてほっとした。私が忘れた卵をラッキーと持ち去る人がいたら仕方ないと思ったが、そういう人は案外いないものである。

で、ほっとして卵をもって帰りながら、空を眺めていたら急に、「レスラー系にポアンカレ断面を入れなさい。」と声が聞こえてきたような気がした。えっ、どういうこと?と考えてみた。もちろん、具体的な示唆はなにも与えられない。

で、自宅でコーヒーを飲みながら、1時間くらい思案して、以下のとおり、なんとか方針が決まった。
  1. レスラー系は、x,y,zの3次元のシステムだが、簡便のため、x,yの2次元でみる。
  2. ポアンカレ断面は、y = -xの、原点を通る、勾配-1の直線とし、この直線と常微分方程式の解の交点をみる。
  3. 解の交点は、原点からのユークリッド距離でプロットする。でも後で考えたら、勾配-1の直線との交点なんだから、単にxまたはyの座標値でもよかった。
  4. 一応、y ≧ 0と、そうでない場合とで分けて、前者は座標の正値に、後者は座標の負値にプロットする。
  5. a = b = 0.2で、cを2.0から4.3まで小刻みに増やして、それぞれでロジスティック写像のようにプロットする。

するとなんとまあ、下記のように、まるで蜘蛛の巣のような軌跡が現れて、なんだこれはとしばらく茫然となるほどだった。

そうか、精霊?はこれを私に見せたくて、「レスラー系にポアンカレ断面を入れなさい。」と言霊を降らしたのだな、と思ってしまった次第である。ともかく例によって、プログラムのソースコードを示す。
//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#include <math.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
double fnx(double y,double z); 
double fny(double a,double x,double y);
double fnz(double b,double c,double x,double z);
double ROTx(double TH1, double TH2, double x, double y, double z);
double ROTy(double TH1, double TH2, double x, double y, double z);
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Close1Click(TObject *Sender)
{
 Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Draw1Click(TObject *Sender)
{
const double H = 0.0001;
const pi = 3.14156;
double x,y,z;
double a = 0.2, b = 0.2, c;
double a1,a2,a3,a4;
double b1,b2,b3,b4;
double c1,c2,c3,c4;
double px, py;
int p_sgn, c_sgn;
int i,N;

for ( i = 0; i < 800; i++ )      {

 N = 0;
 c = 2.0 + 2.4*i/800.0;
 x = 2.0; y = 2.0; z = 13.0;
 if ( x + y >= 0 )
 p_sgn = c_sgn = 1;
else
 p_sgn = c_sgn = -1;
 
 while (N++ < 50000000 )  {
  a1 = fnx(y,z); 
  b1 = fny(a,x,y);
  c1 = fnz(b,c,x,z);
  a2 = fnx(y+H*b1/2.0,z+H*c1/2.0);
  b2 = fny(a,x+H*a1/2.0,y+H*b1/2.0);
  c2 = fnz(b,c,x+H*a1/2.0,z+H*c1/2.0);
  a3 = fnx(y+H*b2/2.0,z+H*c2/2.0);
  b3 = fny(a,x+H*a2/2.0,y+H*b2/2.0);
  c3 = fnz(b,c,x+H*a2/2.0,z+H*c2/2.0);
  a4 = fnx(y+H*b3,z+H*c3);
  b4 = fny(a,x+H*a3,y+H*b3);
  c4 = fnz(b,c,x+H*a3,z+H*c3);
  x += H*(a1+2.0*a2+2.0*a3+a4)/6.0;
  y += H*(b1+2.0*b2+2.0*b3+b4)/6.0;
  z += H*(c1+2.0*c2+2.0*c3+c4)/6.0;
  if ( x + y >= 0 )
   c_sgn = 1;
   else
   c_sgn = -1;
  if ( N > 10000 )                {
   if ( p_sgn != c_sgn )            {
     px = 30 + i;
     if ( y >= 0 )
	   py = 300.0 - 30.0*sqrt(x*x + y*y);
     else
	   py = 300.0 + 30.0*sqrt(x*x + y*y);
     Canvas->Pixels[px][py] = clBlack;
   }
  }
  p_sgn = c_sgn;
 } // end of while
} // end of for 
}
//---------------------------------------------------------------------------
double fnx(double y,double z)  {
 return -y-z;
}

double fny(double a,double x,double y)  {
 return x + a*y;
}

double fnz(double b,double c,double x,double z)  {
 return b + x*z - c*z;
}

double ROTx(double TH1, double TH2, double x, double y, double z)  {
 return cos(TH1)*cos(TH2)*x + sin(TH1)*y + cos(TH1)*sin(TH2)*z;
}

double ROTy(double TH1, double TH2, double x, double y, double z)  {
 return -sin(TH1)*cos(TH2)*x + cos(TH1)*y - sin(TH1)*sin(TH2)*z;
}

カープがCSで負けて、がっかりしたのだが、ドラフトで広陵の中村を指名できて、少しだけ気を取り直した。

で、ドラフトを報じる新聞のスポーツ欄の下の方に育成ドラフトとあって、勉強しているはずなのに無知な私は、なんだろうとグーグル検索してみることにした。すると沢山ヒットしたが、マジか速報!?!?が分かりやすいと思ったので、ここから引用させて戴く。すると、育成ドラフトとは以下のようなものらしい。

プロ野球の育成選手制度とは、日本のプロ野球において育成を目的として球団の選手契約枠を拡大する制度のことをいう。
各プロ野球球団はプロ野球機構の決まりで1球団に70人までしか選手を支配下登録することができない。しかし社会人チームが不景気で廃部になっていった背景があり、有望株育成のために2005年から導入されたのが「育成枠」だ。

うーん、そうなのか、とうなってしまった。以下、育成枠の制約についても引用させて戴く。

  • 一軍の試合には出場できない
  • 背番号は3ケタ
  • 契約は原則3年まで
  • 育成選手に契約金はない

以上について、当該記事に基づき補足すると、「一軍の試合には出場できない」けれども二軍の試合には出場できる。但し、5人までである。そこから一軍の試合に出場するには、実力が認められて支配下登録されなくてはならない。ただ、支配下登録は70人までなので、支配下登録にある誰かが怪我か不調で二軍落ちになる代わりである。

また、支配下登録をされる期限というものが存在し、「7月末」が最終期限となっている、という。いろいろ制約があるものである。

背番号は3ケタ、はまあいいとして、契約は原則3年まで、というがその後はどうなるのだろうか。すると、3年以降は所属球団と再び契約することもできるが、他の球団からオファーがあればそれを受けることができるという。ただ、他の球団からオファーを受けるためにはそれなりに実力を示していなくてはならないことはいうまでもない。当然だが厳しい世界である。また、戦力外通知を受けた選手が12球団合同のトライアウトを受けるという制度もある。可能性は高くないが、ここから這い上がる手も残されている。そういえば、野村克也氏は、契約金0円のテスト生として南海にぎりぎりで入団を許されたのだった。今の時代なら、育成ドラフトさえままならなかったかもしれない。しかし、そんな野村克也氏があれだけ大成したのだから、育成ドラフトの中にも逸材が結構いるに違いない。大器晩成かもしれないし。

育成選手に契約金はない、というが、代わりに「支度金」と言う名の金額が支払われるという。標準額は300万円、かなり安い。当然かもしれないが、プロ野球選手で高給が享受できるのはごく一部にすぎない。

ちなみに、今期の広島カープの育成ドラフトは、岡林飛翔(投手・菰野高校)、藤井黎来(投手・大曲工業高校)、佐々木健(投手・小笠高校)の三人。一チームで指名できる育成ドラフトの人数は任意のようで、中日は二人だが、巨人は八人もいる。

ところでカープの育成ドラフトの三人は、ウェブで調べると、地元でかなりの有力選手だが、ちょっとくらいの活躍では育成ドラフトさえ指名してもらえない。また、この三人の投手は皆右腕であるが、本当にカープは有力な左腕投手は要らないのだろうか。

黒蟻

user-pic
0

半ば義理のように、クランⅤを買って読もうとしたら、折り込みで、中公文庫の新刊の広告があり、そこにあった、中村啓「黒蟻」が目についた。なんでも警察小説らしい。普通はスルーするのだが、気になってアマゾンで評価をみてみるとなかなか高評価である。そこで、最近使うようになったセブンイレブンのオムニ7でネット注文することにした。

「黒蟻」中公文庫が届くと、早速読み始めた。すると、主人公の黒蟻とは、そのフルネームは蟻塚博史で、警視庁捜査一課、殺人犯捜査第十一係主任という地位にある。

蟻塚博史の経歴はユニークであって、子供の頃、何かの事件で両親を殺されてしまったらしい。その事件を担当したのが、蟻塚嗣昌という警視庁捜査一課長にあった人で、遺児となった博史を不憫におもったか、養子にした。

ところが嗣昌には既に、博史より年上の息子がいて、浩市という名前で、学校でも評判の秀才だった。よくある話だが、当然に浩市と博史は折り合いが悪くて、ほとんどまともに会話しなかった。しかし、義父の嗣昌は博史をよく可愛がってくれた。

浩市は流石に秀才だけあって、東大法学部に進学し、その後も努力していまでは、警察庁警備局長にまで出世した。全国の警察でもナンバー3の地位である。

あるとき、警視庁の蟻塚班のところに、吉川美浪という飲食店勤務の女性から通報があった。その内容とは、自分の恋人の佐々木誠が銃をもって飛び出し、六本木のZEEという喫茶店で誰かと会うのだという。佐々木は、破門されたが元暴力団組員である。それでガセかもしれないと思いつつ、蟻塚班のメンバーは、六本木のZEEに向かった。

蟻塚班のメンバーは、主任の蟻塚の部下として、27歳の河合陽菜巡査、33歳の長岡淳一郎巡査部長、52歳の篠田哲夫巡査部長、30歳の安達今日子巡査長がいる。河合は見た目は華やかだが正義感の強い女性警官、長岡はいつも斜に構えて厭世的な態度をとる。篠田は警察歴が長いので、独自の情報網をもつ。安達はもしかして美人なのかもしれないが、いつもボーイッシュな恰好で頭も五分刈りなので男性と間違えられる。安達の特徴は、世界ランキング級のキックボクシングで、警察官であっても大抵の男は対抗できない。

さて、蟻塚班がZEEに張り込んでいると、確かに佐々木誠が現れ、店内のあるサラリーマン風の男に無理やり紙包みを渡すと、店から出た。すると当然に蟻塚達は佐々木誠を追って外に出たのだが、そこでびっくりすることが起きた。ZEEで爆弾が爆発し、6人が死亡、二十数人が重軽傷を負うという大惨事となった。

蟻塚班は佐々木に、爆弾のことを問い詰めたのだが、驚いた様子で、自分ではないという。どうみても芝居している様子ではない。そうしているうちに佐々木が銃を取り出したので、蟻塚班のメンバーも銃を構え、場合により射殺もやむを得ないと思っていたら、なんと佐々木は、銃で自殺してしまった。

結局、被疑者を目の前で自殺させてしまったことは蟻塚班の失点であるが、蟻塚は、父が元警視庁捜査一課長、兄が現職の警察庁警備局長という「蟻塚家の威光」によって、なんとか処分を免れた。

蟻塚は、どうみても佐々木が犯人とは思えないので、さらなる捜査が必要と考えたが、爆弾が絡んでいるので公安預かりになってしまうのかもと懸念した。ところがまったくありえないことに、佐々木の単独犯と認定されてしまい、しかも佐々木が元暴力団員だったことから、組対四課の担当になるという。

怒り心頭の蟻塚は、これは上層部からの横槍だと考えて、組対四課の課長の綾瀬にも談判にいったが、綾瀬はまったく食えない奴で相手にされない。それで蟻塚班は密かに佐々木の周辺を洗うことにしたが、突然、アンノウンなる者から情報のタレコミがあった。それによると、殺された者のうち、大手パチンコ会社の社長の息子が真のターゲットで、実はカジノ法案成立に基づく、パチンコ会社と警察庁、日娯連などの利権がらみの争いなのだった。

独自の正義感から捜査を進める蟻塚班のメンバーは、闇の実力者から差し向けられた暴力に痛めつけられながらも、不屈の根性で一歩ずつ真相を切り開いていくというストーリーは、ある意味クランに似ていなくてもないが、クランより地に足がついていて、現実味がある。続編も期待である。

私の自宅から最寄りの駅への通勤経路にセブンイレブンがあって、本が注文できます、とあって、えっと思ったが、それからしばらくしてそれを利用してみようと思ったのは、アマゾンだとポストインでなくてクロネコヤマトの配達だと、不在だと不在伝票が入り、私もクロネコヤマトも両方がアンハッピーなので、それは避けたいということである。セブンイレブンでの本の注文だと、自分が好きなときに、指定のセブンイレブンの店に取りに行ける。

そこで、グーグルで「セブンイレブン 本」と入れると、オムニ7というサイトがみつかった。このURLは変わるかもしれないので、あえてリンクはつけない。

それで私はどう考えてもオムニ7のユーザIDはもっていないので、新規会員登録した。そしてユーザIDとパスワードを登録してログインし、買いたいと思っていた本を注文してみることにした。

検索欄があるので、そこに本の書名を入れて検索してみた。すると、すぐに見つかったので、カートに入れて注文とすると、配達と店舗受取があるので、当然に店舗受取を選んだのだが、すると受取店舗を指定する画面になった。ところが、場所は知っていても店舗の名前は知らないので、困っていると地図で選ぶ方法があった。そこで大まかな住所を入れると、自宅付近の地図があらわれて、セブンイレブンの店舗が表示されている。

ここまでくると流石に分かるので、所望の店舗を指定して、注文が完了できた。すると、私のメールに、ご注文控え【セブンネットショッピング】と題するメールがきて、そこに注文内容、受取店舗、出荷情報、払込票番号、ご注文商品が含まれている。払込票番号というのがレジで必要になる番号らしい。

あと、出荷情報としてお届け予定日というのが入っているが、だいたい注文日からみて2日後のうようである。

次の日に、ご注文商品の到着日時ご案内【セブンネットショッピング】と題するメールがきて、そこに日時が書かれている。そこから10日以内に受け取ればいいので、余裕である。

さらに次の日に指定した受取店舗に行ったのだが、そこでちょっと綾があった。それはレジの担当者が払込票番号を打ち込むとき間違えて、他の人が注文した本をもってきたからである。注文者が明らかに別人なので分かったのだが、受け取ったメールにバーコードが入っていてレジでスキャンすればいいみたいにならないだろうか。だとしても、間違えて本をもってくる可能性はどうしてもあるが、まあそれは懸念するほどのことはないだろう。

そう思っていたら、払込票番号のお知らせ【セブンネットショッピング】というメールに払込票へのリンクがあって、これをクリックしたらバーコードを含む印刷用画面があらわれた。そこで次回からはこれを印刷してセブンイレブンに持ち込んだら、レジでバーコードをスキャンするだけで済んだ。

ともかく10日以内の任意の時間にいけばよいという余裕があるのが助かるので、今後も使うことになるだろう。もちろんアマゾンも利用するが、多様性が好きな私は、書店に出向くことも含めて、セブンネットショッピングも使うことにする。

10月24日の夜、DeNAの勝ちがほぼ確定した頃、南木さんから「今、まさに奇跡が起きようとしています!!!@10/24:21:15」とコメントがあったとき、私は塞ぎ込んでいて、「南木さん カープファンとしては、まだ気持ちの整理がつかないので、とりあえずコメントを控えさせていただきます・・・」と素っ気なくレスしたのだが、一日たってある程度気持ちが整理できたので、思いつくまま雑文をものしてみる。

するとどうしても、緒方監督の采配に文句をつけざるをえない。というのは、10月23日の夜、いきなり一回の裏に三点取ったあと、薮田が少しでも疲れを見せたなら、岡田でもいいし、九里でもいいのでどんどん中継ぎをつぎ込めば、DeNA打線も捉えにくくて、なんとか逃げ切れた可能性は小さくない。

それは10月24日にもそのまま当てはまり、するとCSの結果は逆になって、カープが日本シリーズ進出を決めても全くおかしくなかった。

この不首尾は、去年の日本シリーズの対日本ハム戦と全く同じ轍を踏んでいる。なんだ緒方監督は学習能力がないのかと指摘する前に、改めて次の事実を挙げたい。それは、去年の日本シリーズの栗山監督の采配を称賛する声はあったけど、今期日本ハムは首位と30ゲーム以上離されている五位で、一方のカープは、二年連続のリーグ優勝したという事実である。

これって、結局は緒方監督の采配の方が栗山監督のそれよりも優れているという証拠にはならないのだろうか。

で、言えることは多分、緒方監督の采配は、長丁場のペナントレースに最適化され、日本ハムの栗山監督やDeNAのラミレス監督の采配は、CSや日本シリーズのような短期決戦に向くのではないかということである。

すると短期決戦の采配と長丁場のペナントレースの采配のどちらが重要かという問いになるが、それはいうまでもなく後者である。なぜなら、ペナントレースで上位に行かなくてはなにも始まらないからである。

緒方監督が後者に最適化しているとしたら、それはカープ特有の事情がある。それは資金難で他球団から高い年俸で有力選手を引っ張ることが難しいということである。先日、ソフトバンクと楽天のCSを観戦していて驚いたことがある。それはソフトバンクの外国人選手のほとんどが、WBCの有力選手ばかりという事実である。カープはそれができないので、バティスタのようにカープアカデミーで研修した選手を引き上げたりする。なんという差だろうか。

そして言えることは、緒方監督の采配は、育成を重視したカープの方針に最適化されているということである。緒方監督はそのためゆったりとした采配をし、短期決戦に適応できない。

実は短期決戦のための采配スキルというのは、ペナントレース・オリエンテッドな采配スキルよりも学びやすい。しかしある意味頑固な緒方監督は、敢えてフットワークの軽い采配を採らなかった。それは私にとって、分かるような、分からないような、である。

実は鈴木誠也と安部が戦列を離れなければ、CSは今の緒方采配のままでよかったのである。

さらにいうと、カープは鈴木誠也の離脱にも拘わらず、松山、安部、曾澤などの活躍で9月早々に神ってしまった。それはぶっちぎりのリーグ優勝をもたらすことに貢献したが、反動により10月のCSでの失速につながった。好調の波は長くない。去年はCSでも神っていたので難なくCSは突破できたが、日本シリーズで息切れした。

以上長々と、緒方采配はロングレンジを見据えてそんなに悪くない、カープは決して弱くないと言おうとしているだけなのだが、ちょっと未練がましいか。

まあドラフトで広陵の中村あたりが獲れれば、攻撃力がアップして来期もカープは安泰のような気がするのだが、そうは問屋が卸してくれるだろうか。

私は将棋連盟のホームページをみて、それから日本棋院のホームページをみるのが日課のようなものだが、日本棋院のホームページでは、白石勇一の囲碁日記を読むのが一番楽しみである。なにしろ、盤面図付きでほぼ毎日更新しているのに、ほとんど手抜きがなく、どんなレベルのアマチュアにも囲碁の面白さを伝えようとする熱意に溢れている。

そんな白石六段が去年、「やさしく語る碁の本質」マイナビという本を昨年出版したのだが、なんとなく今まで様子をみていて、最近買って読み始めたのだが、最初に以下のような言説が目についた。

中盤が終わるまで、地のことは一切考える必要がないといって過言ではありません。ヨセに入ってからでも十分間に合います。
では、何を第一にして打てばいいのでしょうか?それが本書のテーマである「石の強弱」です。

これをみて、私は、石の強弱が重要なのはわかるけど、いくらなんでも「中盤が終わるまで、地のことは一切考える必要がないといって過言ではありません。」ということはないのでは、と思ってしまった。なぜなら、プロ棋士の解説でも、ここは生き死にには関係ありませんが、やはり地としては大きすぎますね、みたいな言い方がされるからである。

でも、「やさしく語る碁の本質」の最初の練習問題を考えていて、ああそういうことかと分かった。もし白石六段が、地も大事ですが、まず石の強弱が大事です、といってしまうと、私も含めて多くのアマチュアは、結局、ああやはり地も大事なんだと、そっちに囚われて石の強弱に考えが及ばない。

実際私が、天頂の囲碁に教わっていると、地合いで先行しているつもりでも、弱い石を攻められて、もがいているうちに巨大な厚みをつくられて、それを囲われて大差になってしまうことが何度もあった。

それで、この本の教えに従い、石の強弱にフォーカスしてみると、アマ七段という天頂の囲碁に三子置いてもなかなか勝てないものの、石が一方的に攻められないで、むしろこちらが攻める展開になって、前よりは僅差になった。

ただ、最初は易しいと思っていたこの本も、第4章の「相手の石を攻める」あたりから、私のレベルでは難しくなって、プロの棋譜を観戦するという第7章では完全にお手上げになるくらいついていけなかった。まあ、何度も読み返すことにしよう、私の人生がどれくらす長いか全くわからないが。

4年以上前に、ダークマターという記事を書いたが、さいきん読売新聞の科学欄に暗黒物質(ダークマター)に関する記事があったので、これに基づき、前の記事との重複を厭わず簡単にまとめてみる。

まずダークマターの質量であるが、宇宙全体で原子などの通常の物質の5倍以上を占める。その質量による重力は、宇宙空間に漂うガスや塵などを引き寄せ、宇宙初期から、星や銀河を形作る骨格のような役割を果たしてきたと考えられている。また、高速で回転する銀河の星々が遠心力で飛散しないのも、ダークマターが銀河を覆うようにして重力で引き付けているからだという。もしダークマターがなかったら、網目のように銀河が連なる宇宙の大規模構造にはならなかったということである。

しかし、ダークマターは、質量は大きいが電磁波を出さないので、観測が難しい。それでも重力を手掛かりに分布を調べようという研究が始まっている。光がダークマターのそばを通過すると、一般相対論の効果で光が曲がるので、それを観測することで、どこにどれだけダークマターがあるかを解き明かそうとする。国立天文台の宮崎聡准教授は、ハワイにある、すばる望遠鏡に取り付けた高性能のカメラで、広範囲の銀河を観測し、分布図の作成を進めている。

ダークマターそのものに対する探究も進んでいる。例えば、日本、米国、イタリアの協同によるCALET実験では、国際宇宙ステーションに観測装置を配置し、2015年からダークマターの痕跡を追っている。これは、ダークマターで書いた下記のことの継承だと思われる。

消滅する前の陽電子をISSで観測するというのが、AMS計画の構想である。AMSでは、2011年から1年半かけて宇宙空間の粒子約250億個を観測した。そのうち電子は640万個、陽電子は40万個。陽電子のエネルギは、5億から3500億eVと幅広く分布しており、陽電子の電子に対する比率は、ダークマター同士の衝突により生じたとされる陽電子の比率の予測値と近かった。

また、そこで

一方、神岡鉱山地下1000メートルに建設された、東大宇宙研究所の大型検出装置「XMASS」も、ダークマター観測を意図している。それは、マイナス100度の液体キセノンを満たした球形の検出器において、キセノンの原子核にダークマターが衝突すると、微小な光が発生し、それを光電子増倍管が捕らえるというものである。
とかいたことも、現在継続中である。

さらに、欧州合同原子核研究機関(CERN)の加速器LHCでも、光速近くまで加速させた陽子同士を衝突させ、熱い宇宙の初期状態を再現することで、ダークマターの候補となるような未知の粒子を探している。

それではダークマターとは一体何なのか。ダークマターでは、下記のように述べた。

ダークマターの正体は不明であるが、こちらにも書いたように、超対称性モデルでの、ニュートラリーノではないか、と予測されている。あるいは、グラビティーノも候補である。これらの粒子は、現在確認されている最も重い素粒子であるトップ・クォーク(1720億eV)の数倍から数十倍の重さであると想定されている。ちなみにヒッグス粒子は、1260億eVである。

ダークマターの候補は、WIMPやMACHOと呼ばれているそうであるが、全く内容を知らないので、調べてみることにする。

もちろん、ダークエネルギーのことも考えなくてはならない。現代宇宙論ほど綾のある分野はなかなかないのではないだろうか。

数学セミナーの2017年10月号の「不可能性の証明」特集の菊池誠氏の記事の最初の方に、ディオファントス方程式の簡単な例として、2次方程式の整数解のことが書かれてあった。

すなわち、a, b, cを0でない整数として、ax2 + bx + c = 0の整数解を求める問題であるが、cの約数を求めて、それをax2 + bx + cのxに代入して、ゼロになっていれば解である、というナイーブな方法でよいという。なお、1という約数も使うので、cは素数であってもよい。

確かに、ある整数n,mがあって、ax2 + bx + c = (ax - n)(x-m) と因数分解されるなら、 c = nmでmが解になっている。もしnがaで割り切れるなら、n' = n/aと置いてn'も解であり、nm = an'mである。

これは2次方程式、すなわち1元2次方程式の整数解を求めるアルゴリズムだったが、ちょっと考えると、1元n次方程式の整数解を求める場合にもそのまま適用できることがわかる。

ところが、もっと一般にn個の未知数を含む整数係数の多項式が整数解を持つか否かを有限に判定する方法をみつけよ、というのがヒルベルトの第10問題である。

そんなの無理に決まってんじゃん、というのが常識的判断であるが、これをきちんと証明しようとすると、とてつもなく難しい。

それでも、50年後の1950年には最終解決には至らないもののデービス、パットナム、ロビンソンによる本質的な貢献があり、それを継承してマチャセビッチが1970年に、ヒルベルトの第10問題を否定的に解決した。

また、ヒルベルトの第10問題は、ゲーデルの不完全性定理とも関係するようであるが、難しすぎて私にはまったく理解できない。

Fall Creators Updateで、ウイルスバスターのせいでWindows 10上でFall Creators Updateの導入に失敗したと書いたが、その後成功したので、将来の自分の参考用のメモとして記しておく。

まず修正プログラムを10月20日にトレンドマイクロが配布するらしいとウェブ上で確認したので、10月20日の夜、トレンドマイクロのホームページで、その具体的な手順を確認した。するとウイルスバスターのバージョンごとに適用する修正プログラムが異なると書いてあり、そもそも自分が使っているウイルスバスターのバージョンなんて知らないので戸惑っていたら、別の方法がガイドしてあるのを見つけた。

それは、パソコンのデスクトップにあるウイルスバスターのアイコンをダブルクリックして開く。そして画面にある「最新の保護機能」をクリックする。すると、ダウンロードが始まって、それが終わるとパソコンの立ち上げなおしを要求される。

パソコンが立ち上がった段階で、ええともうこれでFall Creators Updateを導入していいんだよねと怪訝になりつつ、「Windowsの設定」の「更新とセキュリティ」のから、「更新プログラムのチェック」をクリックすると、Update for Windows 10 Version 1709 for x64-based Systems (KB4041994)の導入が始まった。ところがこの導入のためのダウンロードが異様に遅い。先日導入したばかりなので、そうだっかな、まさかここでハングしてないよねと思いつつ、金曜日の夜だったので、そのまま寝た。

朝起きると、KB4041994の導入が終わり、再起動の画面になっていた。前回はここに辿り着く前に押し戻されたので、ウイルスバスターは一応邪魔しなかったのだと安堵した。しかしここからがさらにあと一時間もの旅である。それで最後まで完了したときは安心した。

再起動してウイルスバスターのアイコンを開き、各コンポーネントの詳細を見てみると、挙動監視コアドライバ(64ビット)7.0.1147の日付が2017/10/20となっており、これの旧バージョンがFall Creators Updateを堰き止めていたようである。

Fall Creators Update、すなわちUpdate for Windows 10 Version 1709 for x64-based Systems (KB4041994)が導入されたので、「更新とセキュリティ」を実行してみると、2017-10x64ベースシステム用Windows 10 Version 1709 セキュリティプログラム(Adobe Flash Player対応) (KB4049179)が導入され、これにて全行程が終わった。

この程度のことは自明な処理のようであるが、私程度のスキルでは結構大変に感じるのだった。

さていよいよ因縁の渡辺竜王対羽生棋聖の竜王戦が始まった。なぜ因縁なのか、説明無用であろう。羽生の竜王位奪回を願ってこの対局を心待ちにしたのは私だけではあるまい、と全国の数多のアンチ渡辺ファンに告ぐ。

戦法は、この二人なら居飛車系ならなんでもありで、ときどきどちらかが飛車を振ったりするが、この将棋は相がかりのような横歩取りのような不思議な戦型になった。29手目まで一気に進める。

【図1】 29手目▲2四歩まで
持ち駒:△渡辺竜王=歩



持ち駒:▲羽生棋聖=なし
▲2四歩は先手が後手の横歩を取ろうとする手であるが、以下△2四同歩,▲同飛,△8二飛,▲3四飛,△3三角とすんなり横歩が取れては先手に不満はあるまい。

【図2】 35手目▲1五歩まで
持ち駒:△渡辺竜王=歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=歩2
ところがここで▲1五歩は過激というか指しすぎなのではあるまいか。普通に▲3七桂で先手になにも問題ないと思われるが、この手は羽生の思い入れを感じさせる。▲1五歩以下は△同歩,▲3七桂,△2二銀,▲3五飛,△3四歩,▲2五飛,△2四歩,▲3三角成,△同銀,▲2九飛,△5四銀と進んだ。

【図3】 47手目▲2五歩まで
持ち駒:△渡辺竜王=角歩



持ち駒:▲羽生棋聖=角歩
そして▲2五歩は調子のよい攻めで、以下△1六歩,▲2四歩,△1七歩成,▲同香,△同香成,▲2三歩成,△2七歩,▲3二と,△2八歩成,▲3三と,△同桂と進行した。

【図4】 59手目▲1五角まで
持ち駒:△渡辺竜王=角香歩



持ち駒:▲羽生棋聖=金銀歩3
羽生の▲1五角はこう指すところだろうが、△2九と,▲3三角成,△6二玉,▲7五桂と進むと、先手の方が少しよさそうである。といっても具体的な手としては後手の方がはるかにわかりやすく、私はつい後手をもちたくなる。

【図5】 64手目△7四角まで
持ち駒:△渡辺竜王=飛香歩



持ち駒:▲羽生棋聖=金銀歩3
▲7五桂は飛車先を狙っているので、渡辺は8三の地点を受ける必要があるが、渡辺は比較的短い時間で△7四角と受けた。ただ普通は△7二角かもしれない。△7四角以下は▲5五銀,△同銀,▲同馬,△2八と,▲6四馬,△3八と,▲6三銀,△5一玉と進行した。▲6三銀と楔をいれることができては流石に先手よしだろう。

【図6】 73手目▲3八金まで
持ち駒:△渡辺竜王=飛銀2香歩



持ち駒:▲羽生棋聖=金歩5
73手目▲3八金は流石に落ち着いている。そこから渡辺は△9二角と逃げたが、これはもしかしてぬるいというか、敗着なのかもしれない。ここは△9二角の代わりに△2七成香が正解だと思われる。

【図7】 77手目▲2四歩まで
持ち駒:△渡辺竜王=飛銀2香歩



持ち駒:▲羽生棋聖=金歩4
▲2四歩が好手で、後手陣は包囲網を絞られてしまった。これに渡辺はとりあえず△2九飛と受けたが、▲5三桂不成から、△3二玉,▲2三金,△2一玉,▲6一桂成と攻められては羽生の一手勝ちのようである。なお、▲6一桂成では▲4一桂成と玉側に迫る手もあった。▲6一桂成からは△6九銀,▲6八玉,△4九飛成,▲3一金,△1一玉,▲1二歩,△同飛,▲5五馬,△2二歩,▲1三歩と羽生が後手の飛車を8筋から移動させつつ頓死筋を消して、必至をかけた。渡辺も3八龍と迫るが。

【図8】 投了図 95手目▲7七玉まで
持ち駒:△渡辺竜王=金銀香歩



持ち駒:▲羽生棋聖=歩3
▲7七玉と逃げられて先手玉は全く詰まないので投了もやむなしである。

結局、△9二角など、渡辺に粘りを欠く手があり、ぽっきり折れたかたちであった。羽生は勝ちになっても慎重だった。羽生の気合を感じるので、次局も期待できそうである。

AlphaGo zero

user-pic
0

最新号、すなわち2017年11月号の数学セミナーは、「コンピュータ将棋・囲碁のこれから」という特集号だった。他でもない数学セミナーがついに将棋・囲碁のAIソフトを取り上げるのだなあと感慨に耽っていたら、新聞の第一面に衝撃的な記事が掲載された。ここでは時事通信社の記事を引用させて頂く。

昨年3月、世界最強とされる韓国人棋士に圧勝した囲碁人工知能「アルファ碁」の改良版「アルファ碁ゼロ」が開発され、旧アルファ碁との対局で100戦100勝の成績を挙げた。
旧アルファ碁は過去のプロ棋士の対局を学習し、アルファ碁同士の対局(自己対局)を繰り返して進化を遂げたが、アルファ碁ゼロは「お手本」を必要とせず、自己対局だけで世界最強の能力を身に付けた。論文は19日付の英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。
人工知能(AI)はさまざまな分野で目覚ましい進化を遂げているが、最初の学習には人間の専門家による知識が必要で、データ化や入手が難しいなどの問題があった。
米グーグル傘下の英グーグル・ディープマインド社が開発したアルファ碁ゼロは、過去の対局などの学習用データ入力なしに、白紙の状態から自己対局を繰り返して、指し手や盤面の評価を自ら学んでいくプログラムを搭載。旧アルファ碁では、人間の指し手の学習と訓練に数カ月かかっていたのに対し、アルファ碁ゼロは数日間、約500万回の自己対局で性能を向上させた。プログラムの改良により、計算に用いるコンピューターチップの数も少なくて済むという。

私が別の記事でみたところで補完すると、アルファ碁ゼロが100戦100勝したのは、去年3月にイ・セドルと戦った版であって、アルファ碁最後の対局で述べた、囲碁の未来サミットで柯潔九段と三番勝負した版ではない。そもそも柯潔九段と三番勝負した版は、イ・セドルと戦った版より三子強いというのだから、100戦してもう少し勝てるはずである。

そこで今恐ろしいことに気づいた。それは、イ・セドルと戦った版でも既に、人間のトップ棋士より強いといわれている。だから、イ・セドルに4勝1敗だったわけだが、そのイ・セドルと戦った版より柯潔九段と戦った版は三子強く、それよりもアルファ碁ゼロはさらに強いのだから、少なくともイ・セドルと戦った版より四子は強いということになる。しかもアルファ碁ゼロで囲碁AIの棋力が飽和しているわけではないはず。すると、アルファ碁ゼロと人間トップの差は、人間トップと並のアマチュア県代表の差よりも大きいということになって、いよいよ人間は及びでないということになる。ちなみに将棋の方でも、一部のプロ棋士は、ponanzaに角落ちでも自信がないという。恐ろしい時代になったものである。

さらにアルファ碁ゼロは、1つのニューラルネットワークしか使わないなど、アルゴリズムを合理化しており、そのためGPUより30倍速いというTPUチップを、4個使うだけでよい。

要するにこれは、アルファ碁開発で培ったノウハウを集大成した強化学習マシンなのだった。強化学習、すなわち教師なし学習なのだから、人間の棋譜など、事前に用意する必要はないということになる。

ただ、だからといって最初から人間の棋譜など不要とはいえない。なぜなら、人間の棋譜を駆使した初期版があってこそここまで進化できたわけだから。一人でここまでこれたわけじゃないぞ、誰のお陰だと思っているんだとつい人間は言いたくなるだろう、勝てない悔し紛れに。

あと、創薬などさまざまな分野に応用されると期待されるというが、こういう手法は有効なだけに逆にかなり分野を選ぶと思う。

ともかく私の当面の興味は、次のとおりである。

  1. この手法での囲碁ソフトの強さの上限はどこまでか
  2. 将棋にも強化学習は使えるか

なんかウェブの情報で、Wifiのセキュリティ・ホールがどうのとか、情報を見て、一方でマイクロソフトがそれの対応のセキュリティ・パッチを作成したとかウェブにあったので、これはWindows Updateをかけなくてはと焦った。

焦っても仕方ないのだが、Windows Updateは先週終わったばかりなので、最早そんなにたくさんこないと高をくくった。ところが、もともとWindows 10のWindows Updateは重いのだけれども、それにしても重すぎる。二台ある自宅のそれぞれのWindows 10パソコンで、各々3時間以上かかった。

なんでそんなにかかるのかと後で調べたら、これは今年の春ごろから始まったクリエーターズ・アップデートの秋版で、Fall Creators Updateというらしい。

そんなの早く言ってよ、と思ったのだが、事前にウェブで調べたら簡単に分かったことなので、私の怠慢である。ともかくこれはWifiのセキュリティ・ホールとは関係ないらしい。

あと、自宅のWindows 10パソコンは、私が使っているLenovoと家内が使っているAcerがあるが、Acerの方でFall Creators Updateでエラーが発生して、前の版のWindowsに戻すとメッセージがでた。ええっ、Creators Updateが導入できなかったのかと怪訝になった。

Creators Updateが導入できなかった原因を調べたら、Acerのパソコンで、ウイルス・チェックのプログラムがウイルスバスターで、それだとFall Creators Updateがエラーになることがあるらしい。これを修正するプログラムは10月20日にトレンドマイクロが配布するらしいので、それの対応が済んでから、Fall Creators Updateを再導入することにした。

それにしてもFall Creators Updateは導入に3時間以上もかかってしまった。それでいろいろ新機能があるらしいのだが、そういうのに全く興味がなく従来どおりの機能を使い続ける私もどうかと自分では思うのだが、まあ仕方がない。

源頼朝

user-pic
0

私は、日本史の知識があまりにも乏しいことを自覚していて、それで今更のように日本史関係の本を拾い読みしている。松本清張の「徳川家康」角川文庫を読んだのもその一環である。

その松本清張の「徳川家康」の最後の方に、家康は、源頼朝を尊敬しており、その治績を記した「吾妻鏡」をいつも読んでいた、とあったので、源頼朝に関する本を読もうと思っていたところたまたま、古書店で三田誠広「夢将軍 頼朝」PHP歴史文庫をみつけたので、とりあえず買っておいた。

その本は例によって数か月放置されていたが、最近になってなんとなく読んで、源頼朝の生涯の波乱万丈性は徳川家康のそれに劣らないと感じた次第である。そこで、「夢将軍 頼朝」を読んだ感想というか、要約のようなものを簡単に書いてみる。

さて、京都にあって鳥羽法皇には六人の息子がいた。それは長男から順に、一の宮から六の宮と呼ばれた。一の宮が崇徳天皇になり、しかしそのあとなぜか、腹違いの六の宮が近衛天皇となった。そのように序列を無視したのは、六の宮の母が、鳥羽法皇の寵愛を一身に集めて皇后になった美福門院得子だったからである。ネポティズムの最たるものだが、当時の皇室ではそのようなことは日常茶飯事である。

それで割りをくった四の宮は、無聊を慰めるため、今様と管弦に没頭した。管弦が行われる館には、由良御前と呼ばれる女官がいた。大変美しく、しかも管弦の名手だった。その由良御前には息子がいて、四の宮は、その息子を鬼武者と呼んで、なにかと目を掛けた。

四の宮は、鬼武者が将来源氏の棟梁になるべき者だと称して、遠藤盛遠なる若者の武士を鬼武者の教育係として呼び寄せた。なぜ鬼武者が将来源氏の棟梁になるべきなのかというと、どうも由良御前の夫が、東国武士のレジェンドである源義朝であるがゆえらしい。すなわち、鬼武者が将来の源頼朝である。ただ、由良御前の夫が源義朝だからといって、人の出入りの多い宮にあって、鬼武者の本当の父親が誰なのかはわからない。

ところが、武士の子にもかかわらず、鬼武者は、盛遠がいくら教えても剣や馬術はさっぱりだった。しかし、気合というか覇気は十分であった。

一方、鬼武者は、明法博士の下で律令を学んだ。そこに、中原親能と、大江広元と、三善康信という学友がいた。この中で広元の学才は群を抜いていた。学友たちはのちに、鎌倉幕府の礎を築く上で重要な役割を果たした。

さて、意外な人物が四の宮の関連であらわれる。西行である。西行は、発心に書いたように武術の達人であったが、友人の突然の死で発心し出家した、ということになっているのだが、この本では恋愛関係のもつれで出家したことになっている。ともかく、西行は全国行脚し、隠密のようなことをして源頼朝に情報提供する役割を担うことになる。

そんなとき、近衛天皇が崩御するという事件が起きた。それでパワーバランスの間隙で、意外にも四の宮が帝に選ばれた。実質的権力者、信西入道の提案である。こうして四の宮は、後白河天皇となった。後白河天皇の即位で、追い詰められた崇徳上皇らは配下の武士を結集して反撃のチャンスを窺った。

一方、信西入道が支配する天皇の側には、源義朝らがついている。無気味なのは実力者である平清盛らの集団が静観していることである。

そして突然、鳥羽法皇が斃れた。これでパワーバランスが崩れ、突然戦乱が起きた。いわゆる保元の乱である。

これは激しい戦いになったが、結果的に鳥羽法皇側が敗れ、崇徳上皇は讃岐に配流された。そして、源為義と平家弘が一族もろとも斬首された。保元の乱を以て武士の時代になったとされる。

保元の乱が終わって、鬼武者が元服した。鬼武者は源義頼の三男ながら、その血筋の高貴さにより、源氏の将来の棟梁とみなされた。

ところがついに平清盛らが挙兵した。平治の乱である。結果、源義頼らが戦死し、後白河天皇らは避難した。

頼朝は、平宗清に捕縛されるかたちで、平清盛との面会を仲介してくれる平頼盛に会った。頼朝は死を覚悟していた。敗戦の場合、一族郎党が討ち殺されるのが通例で、ましてや頼朝は源氏の棟梁である。生かしておいたら、源氏の一族が頼朝を担いで、兵力を集めて挙兵するかもしれぬ。

しかし、頼盛の一族が清盛に助命を乞うたので、なんとか死罪は免れ、伊豆への流刑となった。伊豆では安達盛長という者が待っていた。安達盛長は、頼朝の生涯を通じて頼朝の第一の側近を務めることになる。

頼朝の居所に、伊東祐親という者と、北条時政という者がそれぞれ別に監視役としてやってきた。監視といっても緩いもので、伊東祐親の娘の八重姫と情を通じることができ、息子までもうけた。

ところが、そのことを知った伊東祐親は、監督不行き届けを平家に咎められるのを恐れて、八重姫とその子を殺してしまった。そのことを祐親の弟の祐清が頼朝に知らせて、危機が迫っているといった。それを聞いて頼朝は、安達盛長を伴って必死で逃げ、祐清のアドバイスで北条の館に身を寄せた。そこで、頼朝は、後に妻となる政子にあった。しかし、政子ほど男勝りのやり手という言葉がふさわしい女性もおらず、頼朝は、大変な恐妻家になってしまう。

頼朝が北条の館に身を寄せていることを知ると、東国の武士たちが訪問してきた。平家と対立する者たちである。しかし、東国の武士たちの真意は分からず、また、東国の武士たちも見込みのない挙兵はしない。

そこで頼朝は、味方を増やすための説得の旅に出た。この動きを平家が手を拱いてみているはずもなく、平家が挙兵してきた。兵力に欠ける頼朝側の軍勢は、石橋山の合戦で惨敗し、頼朝も必死の思いで箱根の山を越えて逃げた。

しかし、捲土重来で一層の兵を集めていると、平清盛が病死した。それで動揺したか平家の態勢は崩れ、義経の活躍もあったりして、ついに平家を壇之浦で滅亡させた。

そこから頼朝は、大江広元などの文官を活用して、鎌倉幕府を築き上げた。妻の政子の手腕も大きかった。しかし、頼朝の晩年は、政子に牛耳られるとともに、二人の息子を相継いで亡くすなど、不遇であった。

七冠復帰

user-pic
0

今期の囲碁名人戦、高尾名人対井山六冠は、流石に井山がタイトルを奪取するとは思っていたが、こうもあっさり取るとは。以下、毎日新聞の記事から引用する。

囲碁の本因坊文裕(もんゆう、28)=井山裕太九段=が17日、2度目の全7大タイトル同時制覇を達成した。16日から静岡県熱海市で打たれた第42期名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第5局で、197手で高尾紳路名人(40)に黒番中押し勝ちし、4勝1敗でタイトルを奪取。昨年11月に失った名人を奪い返したことで、約1年ぶりに7冠復帰を果たした。囲碁、将棋界で7冠復帰は史上初。

囲碁、将棋界で7冠復帰は史上初、というけど、そもそもが七冠を達成したのが羽生と井山しかいないのだから、羽生は7冠からタイトルを失った後、七冠には復帰できなかった、ということである。

そのことを以て、井山の方がレジリエントであるというのは妥当でないことはないのだが、羽生は7冠を達成した後最早目標を失くしてしまった、一方の井山にとって七冠は一里塚に過ぎなかった、というのが大きな違いではないだろうか。

すなわち、井山はいくら七冠を達成しても、中国と韓国には、井山が分が悪い囲碁棋士が少なからずいるから、井山は嫌でもさらに上をみて努力せざるをえない、というわけである。日本でそんな井山を追う一番手は、一力七段であるが、果たしていつ井山に追いつき、追い越せるだろうか。

ところで、プロ野球のCSであるが、予想を裏切って、ファースト・ステージでDeNAが阪神に二勝一敗でファイナル・ステージへの進出を決めた。去年に続きカープとファイナル・ステージを戦うというのだから、なかなか大したものである。やはりある雨の日の死闘での頑張りは無駄ではなかった。それにしても阪神は豊富な中継ぎ陣をもち、強いと思うのだが、どうしても人の好さが抜けず、ここ一番に弱い。典型的には9月に入っていきなり、広島に三連敗して、あそこでリーグ優勝は事実上無理になった。

さてカープも気を引き締めないと今のDeNAはかなり手強いと思われる。

10月14日の土曜日の夜、ぼうっとしていると、棋友からメールがきた。なんでも、AvemaTVで、行方八段対藤井四段の対局があるのだという。実はそろそろ寝ようと思っていたのだが、ちらっとAvemaTVに入ってみると、なんでも魂の七番勝負と称して、若手棋士対ベテラン棋士の対戦の企画なのだという。

観戦を始めたら、行方八段の方が作戦勝ちのようで、藤井四段がかなり無理している。しかしそこは藤井四段、ぎりぎりの攻めをつなげていく。夢中になって観ていたら、すっかり深夜になっていた。対局は藤井四段がすっぽんのような食いつく寄せで、なんとか勝ち切った。その時点で深夜0時を過ぎていたので、慌てて寝た。

次の日は日曜で休みだったので、ゆっくり寝ようと思っていたら、いつもどおりで朝5時に飼い猫が私を起こしに来た。前夜遅くまで起きていたので眠かったのだが、仕方なく起きて餌を与えた。

ところで、その後パソコンを立ち上げて、ちょっと印刷しようとしたら、あらま、プリンタが認識されない。確かにプリンタの電源は入っており、ケーブルもつながっている。するといよいよプリンタが壊れたかと覚悟したが、ちょっと考えてパソコンを再起動したらなんとかプリンタが認識された。前夜にながくAvemaTVを観ていたので、パソコンがリソース不足になったらしい。

日曜といえば私は、NHK杯の将棋と囲碁を観るのが恒例だが、囲碁が終わってちょっと近所に出かける用事があって帰ってみると、あっ、阪神対DeNAのCS第2戦の時間だと気付いて、CATVの所定のチャンネルに切り替えたら、大雨なのに、試合が継続中だった。

私の知る限り、これほどの雨でプロ野球の試合が継続したことはなく、どうなっているのかと観ていると、急に阪神投手陣がDeNAの打線につかまり、点差が広がった。それにしても、まさに泥んこの中で試合をしているようなもので、こうなると打者の方が有利で、自慢の阪神の中継ぎもどうしようもない。

それにしても、こんな雨の中でよく頑張れるよね、と考えたら、特にDeNAに頑張る理由があった。それは、DeNAは前日負けており、阪神は上位チームのアドバンテージで、この試合が引き分けか雨で流れると即、阪神が上のステージに進むことになってしまう。なのでDeNAは石にかじりついてもこの試合は勝たなくてはならない。運用側も、そのような事情からなかなか雨天中止とはいえなかったようで、異例の雨天試合になったようである。

ところが10月16日も甲子園は雨で、この日も雨天試合かと思っていたら、なんとこの日は雨天順延なのだという。なるほどと思った。というのは10月17日が予備日で、その次の日はマツダスタジアムでカープとのCSなのだが、10月17日の夕方はとりあえず雨は止むことになっており、心おきなく戦える。いくらなんでも雨天試合が二日も続くのは非人間的かもしれない。

カープファンの私としては、前日の試合で疲れて相手がマツダスタジアムにやってくるのは望外だが、ブランクの長いカープよりも、競った試合をしてきた相手チームの方が有利という図式もありえるので、分からないともいえる。

ともかくあれは、吉田拓郎の叙情的な「ある雨の日の情景」とは全く雰囲気が違って、凄まじい、ある雨の日の死闘で、プロ野球選手の根性をみせてもらって感動した次第である。

クランⅤ

user-pic
0

クランⅣまで読んできた経緯で、クランⅤを買ったのだが、買ってしばらくは積読していた。というのは、よく分からない「神」という存在を勿体つけて引っ張りすぎ、焦れてきたからである。

それでも、買って2ヵ月くらい経ったら、流石に読んでみたくなった。読み始めるといきなり、日本の大物たちによる鳩首会談が始まった。警察庁長官の羽左間、警察庁警備局長の加茂、関東中央警備の専務の槍田、EGホールディングスの廣井である。しかし、この会議の真の黒幕は、東園グループの中枢の能登令子である。能登は神の代理人を名乗り、誰一人反論できないものをもっている。

そんな鳩首会談の目的は、クランをいかに無力化(neutralize)するかである。実際もうその行動は採られており、クランのリーダーの千徳は襲われて意識のない状態である。公安の区界も身動きがとれない状態である。

そしてクラン討伐チームはついにクランのアジトを突き止め、包囲した。しかし、千徳が抜けたあとの実質のリーダー上郷は、こうなることを意識して、きちんと地下通路の逃げ道を用意していた。

そこから逃げた者たちは、クランに対する暴力行為の実行者である裏理事官を探すチームと、ソンシを探すチームに分かれた。しかし、クランの一部は、神に深く関与すると思われる潤互生体研究院に潜入する役割を負った。まさに命がけである。

さらにクランの検視官、綾織はなんと、意図的にアジトに残った。逮捕しに来る警察に物申すのだという。クランは追い詰められ、みんな命を張っていることがわかる。

また、なんと、クランの仕切り役である区界とも連絡がとれなくなった。

しかし、クランの側にも成果があった。手を尽くして、公安に取られえらている渋谷駅の助役、猪野を奪回したのである。その猪野の計らいで、ある場所に裏理事官らしき者がやってくることになった。そこを一網打尽にしようと、クランのメンバーでスナイパー平津戸が狙う。しかし、そこに現れたのは意外なメンバーだった。

さらに、千徳や区界が戦線離脱した後の実質的リーダーである上郷は、警察とは別系統の権力者と折り合いをつけ、なんとかアンチ・クランのグループに対抗することにした。

そしていよいよ、最終巻となるクランⅥが待望される。

夏の終わりでも述べたように、新王座誕生の王座戦第4局の棋譜を追ってみた。将棋は羽生王座の先番で、角換り。例によって34手まで進める。

【図1】 34手目△3五歩まで
持ち駒:△中村太地六段=角歩2



持ち駒:▲羽生王座=角
ところが、このシリーズ、決して穏やかな流れにならず、果たして△3五歩と激しく動いた。ただここは普通は△8六歩,▲同歩,△同銀だろう。じっさい△3五歩以下は、▲2四歩,△2二歩,▲4五桂,△4四銀,▲3五歩,△8六歩,▲同歩,△同銀,▲同銀と進んだ。

【図2】 44手目△4五銀まで
持ち駒:△中村太地六段=角桂歩2



持ち駒:▲羽生王座=角銀歩3
ここで中村の△4五銀がまたすごい。△3六桂をみているのである。このあとは▲4五同歩,△3六桂,▲2九飛,△8六飛,▲8七歩,△7六飛,▲7七歩,△5六飛,▲同歩,△4八桂成,▲同玉と進んだ。

【図3】 56手目△4六銀まで
持ち駒:△中村太地六段=角金銀歩2



持ち駒:▲羽生王座=飛角銀2桂歩
△4六銀でいきなり先手玉に詰めろがかかってしまったのであるが、先手の持ち駒が多いので、後手よしとは直ちにはいえない。ここから▲3四桂,△5一玉と進んだ。

【図4】 59手目▲6八金まで
持ち駒:△中村太地六段=角金銀歩2



持ち駒:▲羽生王座=飛角銀2歩
ここで羽生は▲6八金だが、これはいかにも薄い手で、代わりにいったん▲8四角と王手して、△7三歩と受けさせ、▲3六銀と受けて難解だった。ここで後手が△8四角と打てば後手が優勢かと思ったら、中村はなんと△7一歩。これはもしや逆転したかと検討陣は怪訝になった。以下、▲9五角,△7三銀,▲8二銀,△9四歩,▲7一銀成,△4一玉,▲2三銀,△同歩,▲同歩成,△3七角,▲5八玉,△2三金と進んでみると、これを羽生が飛車で取れないようではやはり後手がいいようである。さらに▲7三角成,△5九金,▲同飛,△7三桂,▲6一飛,△5一銀と進んでみると、後手が残しているようである。

【図5】 79手目▲2四歩まで
持ち駒:△中村太地六段=角歩2



持ち駒:▲羽生王座=金銀歩2
▲2四歩ではまだしも▲6九金と粘るところだろうが、△4八角打でやはり後手がいいようである。▲2四歩に△3六角で羽生が投了した。というのは、▲2四歩自体は▲4二銀,△同金,▲3一金以下の手順で詰めろなのだが、△3六角には▲4九玉しかなく、△2七角成とされると先手は金または銀の合駒するしかなく、すると後手の詰めろが消えて、△4七銀成で先手玉が必至だからである。

こうしてみると、緩手にみえた△7一歩はとても最善手にみえないが、これはこれで中村は勝ちを読み切ったのかもしれない。畏るべしである。

ともかく羽生の敗着は、【図4】の▲6八金だろう。野球的にいうなら、羽生の自慢の中継ぎ陣がつい甘い球を投げてしまったというところか。こうしてついに、中村王座の誕生となった。

羽生は、王座の位を捨て駒にして、竜王の位を目指す。

初音ミク

user-pic
0

万事晩生の私は、YouTubeで初音ミクという名前をみても、ああ若手の女性歌手だなくらいにしか思わなかったが、何かのきっかけで、それがヤマハが開発した音声合成装置(ボーカロイドと呼ばれるらしい)による合成音による歌唱であると知ったとき、特許出願のための準備勉強を通じて音声合成技術に初歩的な知識はもつはずの私は、その歌唱の自然さに改めて驚いた。まあ個人的には、その画像というかキャラクターがあまりにもアニメっぽくて、還暦を過ぎた私のような老人には、もうちょっと劇画調のキャラがいいと思ったが、若者に受けるにはいまの方がいいに決まっている。

そう思っていたら、読売新聞に、初音ミクの解説記事があったので、私なりにまとめてみる。

初音ミクを開発したのは、札幌にあるクリプトン・フィーチャー・メディアという会社。この会社は、1995年創業で、効果音や楽器の音色などの音の素材を音楽の作り手に提供することを業務とする。

しかし、初音ミクは音だけでなく、キャラクターも特徴とする。そこで2007年8月に、クリプトン社は、素材として使えるようにミクのイラストを3枚公開した。すると瞬く間にミクをアレンジしたイラストや、楽曲、動画作品が投稿された。そこでクリプトン社は、その3ヶ月後に、投稿サイト「ピアプロ」を開設し、クリエイターたちが著作権に縛られずに共同制作する仕組みを整えた。

これによって、ボカロP(ボーカロイド・プロデューサー)と呼ばれる楽曲の作り手や、巧みなイラストを描く絵師が次々に現れ、初音ミクは隆盛を迎えた。

ボカロPのうさPが2011年に発表した「千本桜」は、カラオケの定番曲になり、小林幸子が紅白で歌ったというのだが、私は不勉強で知らなかった。そこで今更、YouTubeで初音ミクで聴いてみたのだが、これは凄い。和楽器バンド版は、もう絶品というしかない。小林幸子版も味があっていい。

ブームは定着し、最近では、バレエなどの芸術や、太鼓、歌舞伎、人形浄瑠璃などの伝統芸とのコラボが試みられ、成功を収めている。

今更であるが、ボカロPに注目したいとおもう。

夏の終わり

user-pic
0

今まで一度もお会いしたことはないけど、なぜか古い友達のような気がするぼんちゃんから、王座戦第3局に対して、以下のコメントをいただいた。

あやたろうさんの予想通り、新王座の誕生となりましたね。
ちょっと残念ですが、永世竜王への布石となるのであれば、安いもんですね!w

これに対して、ええ、まあ確かにそうですね。でも、これは羽生に勝ってほしかったですね、と返答しようと思ったのであるが、羽生についていろいろ思っていることがあるので、改めて独立した記事として書いてみることにした。

そこで王座戦第4局をざっと並べてみると、中村太地の攻勢と、△7一歩の渋い受けで、流石中村太地、若さと力強さの勝利だよね、と感じた。王座戦第4局の棋譜の詳細な検討は別途とする。

この将棋の羽生はというと、前にも書いたが、王座戦よりも竜王戦の方にフォーカスしているのでは、と感じた。なぜなら、もしこの将棋を勝つと王座戦第5局は10月17日、すなわち竜王戦の第1局のわずか3日前で、どうみても最早若くない羽生には体力的にきびしい。

それでもしかして羽生は、王座戦第4局で、プロ野球でいうところの投手温存モードを使ったのかもしれない。例えば、かなりの接戦でも、ソフトバンクでいうところのサファテのような抑えの切り札を温存しておく。その制約をつけて全力で戦う。すると、それは決して手抜きではなくて全力で指しているのだけれども、なんとなく力を抜いている感は否めない。なぜなら、微差でよくなってサファテを出せば逃げ切れるかもしれなくても、他の中継ぎにまかせて、抑えの切り札は決してださないからである。果たして羽生の中継ぎは打たれた。

それはすべて、渡辺と戦うためである。その渡辺はというと、今期はここまでで8勝11敗。渡辺としては不調といってよい。しかしまだまだ渡辺の底力は相当なものなのであって、といいつつ、先日のA級順位戦で広瀬に完敗したりのは、森内流の死んだふり戦法だろう。

すなわちもともと、渡辺にとってA級順位戦はほどほどでいいのであって、竜王戦のためなら捨て石にしてよい。こうして渡辺は渡辺なりに竜王戦に賭けているのである。

一方の羽生は、佐藤将棋連盟会長とともに、三浦事件の残党懲らしめモードにある。それが証拠に、羽生と佐藤は、A級順位戦で久保を叩いているし、佐藤は返す刀で、叡王戦で久保と谷川を破った。

そして佐藤会長は、羽生に、あとは竜王戦、頼んだぞというと、羽生は、分かっておる、うざいわと、ふてぶてしい表情で黙ってうなずく。

しかし、死んだふりの渡辺は実は密かに剣を磨いているのであって、さてどうなるか竜王戦、予断を許さない。

でも、そのころ、カープのCSもあるしなあ。馬鹿もん、羽生を応援しなくてどうする。

進歩性

user-pic
0

8月に、特許明細書についてで特許査定率は97.5%と書いたが、それは決して低い数値ではないにしても、よく考えたら、発明の進歩性が低かったら、「発明者からみて、とても技術的にしっくりくる内容」といっても全く意味がない。

ただ、私は当時から発明が提出されて私が担当することが分かると、即自分で先行技術調査を実施していた。そして、ある程度近いものがみつかると、これは厳しいかもと却下する方向に傾いていた。

それから、一部の人には不評だったが、研究者が主催する発明評価ミーティングが私には結構有効だった。そもそもその発明評価ミーティングは、私自身の先行技術調査をクリアしたものばかりだったので、一応の新規性はあるとみなしてよかった。

ところが、発明評価ミーティングが技術的な高度性の観点でかなり厳しい審査をする。研究者ではなく所詮特許実務者にすぎない私は、そこまで厳しい要求はしなくても特許になるよとは思ったが、私はリサーチャ親和的なマインドがあったりするので、つい研究者のコメントに同意したものであった。そういうマインドは、知財部の同僚にはあまり受けがよくなかったが、まあそれもわかる。

ただ、それが発明の高度性の雰囲気の向上に貢献して、高い特許査定率に貢献したことは否定できないとも思う。

一方で、特許調査員を担当してみて、具体的な出願人でいくと、富士通、日本電気、日立製作所、サムスンなど、ええっそんなのありかというくらいぎりぎりの広さで請求項を作ってきて、すると拒絶査定のリスクはかなり高いが、そんなに低くない率で広い権利の特許もとれたりして、私は特許調査員として、外角ぎりぎりのストライクを投げられたみたいな気がして焦る。

一方私の書いた特許明細書は、ストライクはストライクでも、真正直すぎて、魅力に欠けるかなと反省したりする。DeNAの筒香なら、やすやすと場外か、球速というか球威ならある程度自信があるのだが。

そういえばいつだったか、外資系のときの研究員で比較的仲がよかった人と飲んでいて、僕が書いた君の明細書は結構クオリティがよくて、100%特許査定になったよね、と酔った勢いで自慢したら、いやあ折角書いてもらったが結局どれも技術としては実施しなくてものにならなかった。だから君の功績なんてない、とあっさり否定されたので、おいおい、それは僕のせいじゃないよと反論したものの、なんとなく空しい雰囲気が漂ってしまった。

まあ特許の仕事ってそんなもんかもしれないなあ、と次第に酔いがさめてしまったのだった。

「コンピュータによる計算」というサブジェクトでブログ記事を書こうとしているのだが、これほど、何がいいたいの?と曖昧な疑問を呈させるサブジェクトもないので、説明する。

すなわち、最近、ポナンザ囲碁AI新時代など、将棋AIや囲碁AIが強くなって人間が勝てないという議論がよく行われているが、私はつい、そうはいうけど、もともとコンピュータは人間に比べて化け物のような計算量を誇るので、将棋AIや囲碁AIの人間の負かし方は相当手ぬるいと思ってしまう。

例えば、Lucas-Lehmer判定法であるが、Lucasはほぼ一生を費やして手計算で、2127-1がメルセンヌ素数であることを発見したが、それが手計算の限界で、次の2521-1は、それから70年以上かかってコンピュータを使うことで発見された。もし2521-1を手計算でLucas-Lehmer判定により素数であることを発見しようとしたら、もしかして1000年くらいかかるかもしれない。しかし、私が使っているパソコンでも、その計算にかかる時間はせいぜい10分くらいで、その差は2000万倍程度である。

もしかして、21000-1のコラッツ数列の計算なら、まだしもその差は4万倍程度で、それほど大差ではないかもしれない。

それではこれならどうだろう、すなわち、3体問題のルンゲクッタの数値計算を人間が手計算すると考えると、Lucas-Lehmer判定やコラッツ数列と違って、平方根の計算も含み、1ステップだけでも下手したらまる一日くらいかかりそうな面倒な浮動小数点計算を少なくとも100万ステップは計算しなくては意味がなく、それは発狂的とさえいえる。

これがナビエストークスのような流体力学の偏微分方程式の数値計算となると、発狂的の累乗で、尻尾を巻いて逃げるよりない。

私がいいたいことは、将棋AIや囲碁AIは相当に人間に近い土俵で、コンピュータが戦っているのだというただけそれだけである。

連勝の心理

user-pic
0

ちょっと前のことであるが、藤井四段が29連勝した。これは一体どういうことかと考えてみた。すなわち、将棋でどんなに勝率がいいといっても、せいぜい7割2分程度である。すると、確率的には、29連勝とは、0.7229 = 0.00007で、ものすごく起きにくいということになる。

また、野球で巨人が球団ワーストの13連敗をした。このとき、もし勝率を五割だとすると、13連敗とは確率的には0.513 = 0.00012でこれも現実に起きるとは考えられないくらい確率は小さい。

なのにどうしてそういうことが起きるかというと、事象に相当な心理バイアスがかかるということである。

分かりやすいのは連敗の方で、ある程度連敗が続くと、勝てる気がしなくなる。それで折角勝てそうでも自滅してしまうのだろう。

連勝の方はどうなのだろう。勝っている方が負ける気がしなくなるのだろうか。とてもそうとは思えない。むしろ、今度こそ負けるかもしれない、と不安になるのではないだろうか。するとむしろ対戦相手が、相手はこんなに連勝しているんだから、どこかでミラクルな手段をとってくるのだろう、と怯えるのだろうか。

そこでもう少し考えてみると、どうも目標の心理というべきものかもしれない、という考えに想到した。すなわち、一方が明確な目標をもち、他方が漫然と戦うのでは、もともとの実力が五分でも、戦意は大差になってしまう。すなわち、連勝している方はさらに連勝を伸ばし、あるいは特定の一里塚に進むという強い目標をもっているだけで、戦意が鼓吹される。

それに対抗するには、絶対連勝を止めるのだということに強い動機付けをもてなくてはならない。どうしても後者の動機付けの方が弱いので、連勝が続くのだろう。

という、どう転んでも牽強付会のような話なのだった。

Visual Studio

user-pic
0

私は実は昔からマイクロソフトのCコンパイラを使うのが憧れで、しかしとても高価なので仕方なく、ほぼ1万円程度で買えるボーランドのTurbo C++を購入して、プログラミングを勉強した。最初に買ったTurbo C++は安いのはいいが、日本語処理に難があって、2バイトコードがきちんと処理できないので、そこを前処理するプログラムを書いたりした。

ボーランドへの慣れで、GUIベースのC++コンパイラも、ボーランドのC++ Builderを買った。当時は私は予算権限があり、仕事に使うツールなら私の一存で買えたので、最早マイクロソフトのVisual C++を買うことができたのだが、C++ Builderを使い続けた。

それで、外資系の会社を辞めたときは、自宅のWindows 7パソコンに、手持ちのC++ Builder 3.0は導入できなかったので、仕方なくボーランドの後継であるエンバカデロC++ Builder XE4を購入して使った。5月にソニーVAIOのWindows 7パソコンから、今のレノボのWindows10パソコンに移行したときも、エンバカデロC++ Builder XE4を移行した。

ここまでは順調だったのだが、Windows10パソコンでエンバカデロC++ Builder XE4が、LME288のリンクエラーを頻発して、信頼が下がってきた。それでアマゾンでいろいろ探していたら、「アプリを作ろう! Visual C++入門」WINGSプロジェクト著という本が見つかった。これによると、無料で使えるVisual Studio Community 2015でのプログラミングが学べるという。そこで「アプリを作ろう! Visual C++入門」を買ってみると、ウェブからVisual Studio Community 2015をダウンロードするのだという。

ところが、「アプリを作ろう! Visual C++入門」はたった1年前の本なのに、ウェブでVisual Studio Community 2015はみつからず、代わりにVisual Studio Community 2017が出てきた。うーん、と考えて仕方なくVisual Studio Community 2017を導入したら、「アプリを作ろう! Visual C++入門」の画面と見比べると、そんなにインターフェースは違わないようで一応安心した。

しかし、Visual Studio Community 2017は操作といい、C++の文法といい、あまりにも違うのでカルチャーショックを受けるほどだった。そもそもが、C++ Builderはエントリポイントを自動生成してくれるが、Visual Studio Community 2017のVisual C++は、自分でエントリポイントを作成しなくてはならない。それ以外にもインターフェースが違いすぎて、私はプログラミングなら、決してA級ライセンスのレベルではないにしても、都内どこでも普通にドライブできるベテラン・ドライバに相当すると思うが、Visual Studio Community 2017だと全く操作の分からない車をいきなり運転したようなもので、これでは到底公道を運転できない。さて、何か月かかけて慣らし運転するとしよう。それにしても私はなんで、若い時からプログラムのインターフェースに慣れるのが苦手なのだろうか。プログラミングそのものはまあ苦手感はないとおもうのだが。

DNAへの情報保存というと、なんという当たり前のことをいうのかという反応になるのだろうが、意図する意味は少し違う。言いたいことは、保存したい情報をDNAの断片にエンコードして、読み出すことができるということである。それを記載した短い記事を読売新聞の科学欄でみつけたので、もう少しウェブ上で関連記事を検索してみた。

例えば、ウォールストリートジャーナル日本版にあった2013年1月の次のような記事である。

科学者たちが今回、DNAにエンコード(暗号化)したのは、マーティン・ルーサー・キング牧師の有名な「I Have a Dream(わたしには夢がある)」演説のオーディオクリップ、写真、ワトソン、クリック両博士の「DNAの二重らせん構造」に関する科学論文(1953年)、そしてシェークスピアのソネット(14行詩)154編だ。科学者たちはこれらを99.99%の正確さで再生できた。(中略)
DNAは、あらゆる生物が持つ遺伝子情報を含む分子で、データの貯蔵庫として最も効率的なものの一つだ。それは安定しており、維持可能で濃密だからだ。理論的には1カップのDNAで、高精細度(HDV)ビデオ約1億時間分を何万年にもわたって貯蔵できる。

私が読売新聞の科学欄でみつけたのは、こちらのギズモードの記事関連である。

生きたDNAストレージの可能性。
DNAには、たとえば人間のなら髪の色とか体型とか血液型など、小さな体積に膨大な情報が入っています。そしてその情報は、A(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)の4種類の塩基の組み合わせで表現されています。現在の技術では、DNAの中身を読み取るだけじゃなく、書き換えも可能なんです。...っていうことは、DNAをハードディスクみたいに使って、映画とか写真とかiTunesの中身とかを保存することもできるはず。そんなわけで今、DNAストレージなるものの研究が進んでいます。
とはいえ、これまでのDNAストレージの研究で使われるDNAは、たいていは合成されたものだったのです。そこでハーバードメディカルスクールの研究チームは、生きた細菌のDNAに画像データを書き込む実験を行い、こちらのGIF画像を読み書きすることに成功しました。

そうそう、私が疑問に思ったのは、生きた細菌のDNAに情報を書き込むと、がん発生の仕組みや、ノーベル化学賞にかいた遺伝子修復機能によって情報が改変されるのではないか、ということである。このあたりどうなっているのだろうか。そのうち勉強してみる。

医学生理学賞、化学賞、物理学賞と発表があったところで、ノーベル賞候補をフォローしてみる。

まず、医学生理学賞であるが、例えば、毎日新聞のウェブ記事から引用させて戴く。

スウェーデンのカロリンスカ研究所は2日、2017年のノーベル医学生理学賞を、体内時計をコントロールする「時計遺伝子」を発見し、その仕組みを解明した米国の3氏に贈ると発表した。授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金900万スウェーデンクローナ(約1億2400万円)が贈られる。
受賞が決まったのは、ジェフリー・ホール米ブランダイス大名誉教授(72)とマイケル・ロスバシュ同大教授(73)、マイケル・ヤング米ロックフェラー大教授(68)。同研究所は「画期的な発見。体内時計は私たちの健康と福祉に影響を及ぼす重要な研究分野に発展した」と評価した。

ここはガチでゲノム編集技術だと思っていたので、そうでないことを知って、なぜか落胆した。私は、どうもゲノム編集技術が受賞したら、その盛り上がりを触媒にして、ゲノム編集技術を勉強しようと思っていたふしがある。

化学賞は、やはり毎日新聞のウェブ記事から引用させて戴く。

スウェーデン王立科学アカデミーは4日、2017年のノーベル化学賞を、生体内の分子を極低温にして高解像度で観察する「クライオ電子顕微鏡」を開発した欧米の3氏に贈ると発表した。授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金900万スウェーデンクローナ(約1億2400万円)が贈られる。自然科学3賞で、日本は14年から3年連続で受賞していたが、今年の受賞はならなかった。
受賞が決まったのはスイス・ローザンヌ大のジャック・デュボシェ名誉教授(75)、米コロンビア大のヨアヒム・フランク教授(77)、英MRC分子生物学研究所プログラムリーダーのリチャード・ヘンダーソン博士(72)。同アカデミーは「生化学の新しい時代を切り開いた」と評価した。

化学賞は、今後のEVな時代への趨勢を背景にして、リチウム・イオン電池の関係者が受賞するかと密かに期待していたので、これもがっかりである。

物理学賞も、やはり毎日新聞のウェブ記事から引用させて戴く。

今年のノーベル物理学賞に「重力波」を初検出した、米国などの国際研究チーム「LIGO(ライゴ)」のリーダー3人が決まったのを受け、重力波観測に挑む茨城県つくば市内の研究者からも祝福の声が上がった。
重力波は、ブラックホールなど質量の非常に大きな物体が動くとき、周りの時間と空間がゆがみ、そのゆがみが波のように伝わる現象で、アインシュタインが約100年前に存在を予言したが、直接的な立証が課題になっていた。

物理学賞は、ある意味ベタなLIGOのチームの重力波が受賞したことが一応の安堵なのだが、心の奥底で素直に喜んでいないのは、まさに重力波に以下のように書いたことによる。

それにしても、「もうひとつの一般相対性理論」を眺めていくと、エネルギー運動量擬テンソルがテンソルでないことがずっと尾を引いていて、重力波の波動方程式を味の悪いものにしている。そんなの、観測ありき、結果ありきで、気にしなくていいのだろうか。また、「重力が弱いものとしてアインシュタイン方程式を近似すると、波動方程式に帰着する。」において、重力場が強いときはどうなのよ、という素朴な疑問もある。

もしかして、重力波はちゃんと存在するのだが、一般相対性理論が未完成なので、そこから重力波を導出するのは無理があって、私が最早生きていないような、いつか遠い将来に場の量子論と重力場を包摂する統一理論(Einheitstheorie)が完成されたときに、そこから、擬テンソル云々のようなトリッキーなことをしなくても重力波が導出されるというストーリーであっても、それでもかまわないのだが。

ついでに文学賞にも触れておく。ここは産経新聞の記事から引用させて戴く。

スウェーデン・アカデミーのダニウス事務局長が5日、今年のノーベル文学賞受賞者の名前を「カズオ・イシグロ」と読み上げた瞬間、詰めかけた世界各国のメディアからどよめきと驚きの声が上がった。イシグロ氏は英国人ながら長崎生まれ。居合わせた日本人記者にコメントを求める海外メディアもあった。
イシグロ氏の名前を予想受賞者の上位に挙げていた有力メディアはなく、昨年の米歌手ボブ・ディラン氏に続いてのサプライズとなったことについて、ダニウス氏は「私たちはそのような点については考慮していない」と苦笑した。

カズオ・イシグロの小説は、ある知り合いから、「わたしを離さないで」ハヤカワ文庫を紹介されて一応買ったが、どうもとっつきにくくてそのままにしてある。私の天邪鬼な性格だと、ノーベル文学賞受賞は一層、興味を遠ざけるかも。じゃ、なんで又吉の火花は読んだの?と自問したら、「お笑い、好っきやから」と中途半端な関西弁で言い訳する自分がいた。いったい、なんやねん。

どうみてもそのまま当てはまる例とはいえないが、巨人がCS出場を逃したことをみて、もしかして羽生もこのまま押し切られてしまうのかとつい思ってしまった。

さて、王座戦第3局は、中村太地六段の先番。ものすごい手将棋の第1局第2局とは一変して、比較的穏やかな角換り模様となった。例によって38手目まで一気に進める。

【図1】 38手目△6五歩まで
持ち駒:△羽生王座=角



持ち駒:▲中村太地六段=角
△6五歩は積極的な攻めだが、もちろんこれで攻めつぶそうという意味ではなく、味付けみたいなニュアンスの手である。ただ、ここでの△6五歩は早いというか、珍しいらしい。以下、▲6五同歩,△同桂,▲6六銀,△6四歩,▲4五歩,△3一玉,▲4六角と進行した。

【図2】 46手目△6三金まで
持ち駒:△羽生王座=角



持ち駒:▲中村太地六段=歩
▲4六角に△6三金は普通の手で、そこで中村は▲7七桂と桂馬を捌き、羽生は△9二香。ここで中村は▲6七歩と渋く指したが、前例があるらしい。以下、△8六歩,▲同歩,△同飛,▲6五桂,△同歩,▲7七銀と進行した。

【図3】 56手目△8四飛まで
持ち駒:△羽生王座=角桂歩



持ち駒:▲中村太地六段=桂歩
ここで羽生は飛車を逃げる一手だが、△9二香と上がっているので、△8一飛と指すのは必然ではない。果たして羽生は△8四飛とした。以下羽生は▲9一角成に△7五歩と指したが、単に△6四桂が優ったようである。△7五歩以下は、▲8五歩,△同飛,▲9二馬,△6四桂,▲8六香と羽生の飛車が詰んでしまった。しかし羽生は平然と△5六桂と取り、同歩となった。

【図4】 66手目△4七銀まで
持ち駒:△羽生王座=角歩2



持ち駒:▲中村太地六段=桂2
ここで△4七銀が羽生の狙いである。これを▲同金と取る手もあったようであるが、以下▲5七金,△7六歩,▲8五香,△7七歩成,▲同玉,△3八銀不成,▲8九飛と進行した。形勢は依然として互角である。ただ、後手の方が方針が分かりやすいようである。

【図5】 74手目△4八角まで
持ち駒:△羽生王座=銀歩3



持ち駒:▲中村太地六段=飛桂2歩
△4八角は検討陣も予想していた手で、中村が▲6八金とすると、羽生は△2二玉。これは王手をされているわけではないので、意表をついた。これには中村はいったん▲2四歩だが、羽生は無視して△3七角成。以下▲2三歩成,△同玉,▲6一飛,△8八歩,▲7九飛と進行した。

【図6】 84手目△6四馬まで
持ち駒:△羽生王座=銀桂歩3



持ち駒:▲中村太地六段=飛2歩2
▲2一飛成が見えているので、受けないで△6四馬はなんとも強い手だが、先手は当然に▲2一飛成とし、以下、△2二金,▲1一龍,△8六銀,▲7八玉,△7七歩,▲同金,△同銀成,▲同玉,△2一金打,▲1五桂,△同歩,▲同龍となった。途中△2一金打では、△7六歩が優ったようである。ここでは微妙に先手がよくなったのかもしれない。

【図7】 98手目△7五馬まで
持ち駒:△羽生王座=桂2歩2



持ち駒:▲中村太地六段=銀桂2香歩4
しかし△7五馬も厳しい。▲6八玉と受けると、△7六桂,▲5八玉,△5七馬,▲同玉,△4七金で詰まされてしまう。そこで中村は▲8七玉と飛車道を通すように玉を躱し、以下、△5七馬,▲1四銀,△3二玉,▲7二飛成,△6二桂,▲7五桂,△1三歩,▲6三桂成,△1四歩と進んだ。

【図8】 109手目▲6二龍まで
持ち駒:△羽生王座=金銀桂歩



持ち駒:▲中村太地六段=金桂2香歩4
ここで当然ながら先手は▲6二龍で王手をする。これに対して羽生は△4二桂と受けたが、ここは△4二銀の方がよかった。ただ、それで後手が悪くなったというわけでもない。△4二桂以下は、▲2六龍,△6七馬,▲7一龍,△2四歩と進んだ。ここで中村は▲5三成桂とし、これはあまりよくないようであるが、代わりの▲3七龍もあまりぱっとしない。すると知らない間に後手がよくなったのだろうか。▲5三成桂以下は△7五歩,▲同龍となった。

【図9】 118手目△6六銀まで
持ち駒:△羽生王座=金



持ち駒:▲中村太地六段=金桂2香歩6
ここで△6六銀が厳しい。これに対して中村は▲7三龍としたが、ここは▲8六龍が優った。しかし最早後手の優位は動かない。▲7三龍以下は△7六金,▲9七玉,△7七馬と進行したが、△7六金には▲9七玉でなく▲同龍と取ってしまう方が、結局不利にしても少しだけ綾があった。ともかく△7七馬で必至なので、中村は▲4三成桂,△同銀,▲同龍,△同玉,▲6五馬,△5四桂打,▲3五桂,△同歩,▲4四銀,△3二玉,▲4三金と攻めた。

【図10】 投了図 134手目△3一玉まで
持ち駒:△羽生王座=飛桂



持ち駒:▲中村太地六段=桂香歩7
しかし△3一玉で継続手段がないので、ここで中村の投了となった。

さて本局、【図7】では少しだけ先手がよかったはずなのだが、【図8】では羽生が有利になっていた。すると、【図7】から【図8】の間に先手の悪手というか敗着があるのでは、と想定して私なりに考えて、△7五馬に対して▲8七玉がおかしいのでは、と想到した。ボロッと5七の金を取られるのが痛いのである。で、▲8七玉の代わりに▲5八金はどうかと目についたのだが、あとの手順が分からない。そこで【図7】の局面を改めて激指しに考えさせてところ、20分くらい長考して、▲5八金,△8五馬,▲7六歩,△7一香,▲6八桂,△7五歩,▲同歩,△7六歩,▲同桂,△7五香,▲6八玉,△7六香,▲7七歩,△8七桂,▲7八飛,△9九桂成で先手がいいのだという。とすると、この手順の是非を見極めるのは私の棋力では難しいが、やはり▲8七玉は敗着で、私が目についた▲5八金は、もしかして本当に正解なのかもしれない。

ということで、羽生が一番返したことで分からなくなったのだが、私は依然として、中村がタイトルを奪取するのではと予想する。理由は、羽生は来る竜王戦にフォーカスしているはずだからである。加齢により肉体的・精神的にリソースが減ってきた羽生は、どうしても選択と集中という方策を採らざるをえない。

使えない奴

user-pic
0

私はどうみても天才とか秀才とかに認定してもらえる人間ではなく、それどころか使えない奴と思われる傾向がある。

最初に入った大阪にある会社では、開発部門を希望したのに、特許部門に配属されてしまった。研究開発本部長が私に直にいうには、君は理論的すぎるので、特許部門で勉強してから開発部門に異動した方がいいと思うということであった。

しかし、今は知らないけど当時は特許なんて傍流中の傍流で、不貞腐れていたら、仕事を干されてやることがない日々で、まじで頭がおかしくなりそうだった。そして、私を干した上司の車にガソリンをかけて燃やすことを妄想し始めたので、これはまずいと思って、慌ててその会社を辞め、たまたま大学の先輩から東京の機械メーカーを紹介され、受けたらたまたま受かったので、鳥が飛び立つように大阪から東京に出てきた。つい、♪広島で生まれた男やさかい、わては大阪にはよう住まん♪と歌ったりしたが、そんなもん意味不明である。

ところが、東京にある機械メーカーに転職してからも依然として使えない奴と周囲から思われ続けてきた。例えば昼休みに私はひとりで、ニーチェの「人間的な、あまりに人間的な。」を読んでいたのだが、そういうのも周囲からみたら、こいつは非実際的で、使えないという印象を強めたようである。

それから、その機械メーカーが米国に出荷したプリンタの製品が、特許侵害の疑いで、米国国際貿易委員会(ITC)から訴えられて、税関で差し止めになるという事件があった。そこで高等遊民みたいなことをやっていた私に白羽の矢が立った。すなわち、普段は雲を掴むような訳のわからない奴だが、米国弁護士に鑑定書を依頼する文章を英語で作ってくれないか、ということである。別に私が期待されたわけではなくて、他に誰もやろうとしないので私にお鉢が回ってきただけである。

しかし私は密かに英作文の力を蓄えていたので、エンジニアの担当者にも聞いて、私なりに納得がいく内容で英語で鑑定依頼書を作成した。すると、米国弁護士からは、非侵害を認定する鑑定書が届いたが、私はとうとうその帰結を見届けることはなかった。なぜなら、外資系への転職が決まっていたからである。

そのとき、いつも飲みに行って私のことを馬鹿にしていたベテランエンジニアの人は、いやあ君のような社員が特許部にもっといてほしいよと言ってくれた。

それが自信になって外資系に転職してからもなんとかやってこれたと思う。それにしても、機械メーカーにいたとき、私はある女性を見初めて、結婚を申し込んだのだが、適当にはぐらかされてしまった。あまりにも頼りなく見えるからだろう。ならそれで終わりで仕方ないのに、私が結婚した後、知り合いの結婚式でその女性と再会したら今更のように猛チャージされた。淡白な性格の私はそんな猛チャージを、右から左に受け流した。もうちょっと綾のある指し方もできたよね、と今なら思うが、まああれでよかったのだとも、今更思う。

それにしても私は、サラリーマンとしてなんとか平均的な能力はあるという事実は流石に証明されていると思うのだが、なぜこれほどまでに軽くみられるのだろう。まあ、霊格が高いせいだとおもっておく、多分単なる思い込みだろうけど。

ユージン・B・スレッジ「ペリリュー・沖縄戦記」伊藤真/曽田和子訳、講談社学術文庫を読んで、ある意味米軍を最も苦しめた沖縄戦の作戦を誰が立案したのだろうと調べてみたら、どうも、高級参謀だった八原博通大佐という人らしい。そこで、アマゾンで調べて、稲垣武著、「沖縄 悲運の作戦 異端の参謀 八原博通」新潮社を買った。そして例によってしばらく積読だったが、仕事が一段落したときにこの本を読み始めた。

八原博通氏は、1902年10月2日生まれで、鳥取県米子市の近郊の皆生村の出身である。多分私の父方の祖母と同じくらいの年齢のようである。

八原氏は8歳のとき、母を赤痢で亡くした。そのことは八原氏の性格に影を落とし、性格を陰気にした。しかし、学業は極めて優秀だった。父の宇三郎は、裕福でない資金をやりくりして、八原氏を米子中学に進学させた。そこでも主席卒業するくらい優秀だった。

もともとは八原氏の実家は資産家だった。しかし、父の宇三郎は、妻が病死したことの気休めに散々遊びまわり、資産の大部分を蕩尽してしまった。この父の悪癖は後にも出る。

さて、八原氏は、実家に経済的負担をかけたくないということと、父の再婚相手の義母と折り合いが悪いことから、陸軍士官学校に進学することにした。すると、授業料や生活費は官費でまかなわれる。

その頃は、大正デモクラシーというか、反戦ムードがみなぎる風潮で、陸軍そのものが軽視されていた。そんなところに入ったとびっきりの秀才の八原氏は、陸軍の関係者にとても大事にされた。

じっさい八原氏は、剣道や馬術などの術科を除き、学科はすべて抜群の成績だった。おとなしく謙虚な性格なので、特に反感は買われなかった。ただ、そうはいっても、陸軍士官学校はどうしても、幼年学校から上がってきた学生がメインストリームで、中学卒はどうしても傍流である。そういえば、硫黄島の戦いを指揮した栗林中将も、中学卒組だった。

陸軍士官学校を優秀な成績で卒業すると、八原氏は、当時最年少の24歳で陸軍大学校に進学した。戦術と語学が得意で、ここでも抜群の成績で恩賜の軍刀で卒業した。

陸大を卒業した四年目に八原氏は、米国に留学した。1932年のことである。米国では、現地の人たちとパーティをするなどして、努めて日常的に付き合い、英語を研鑽するとともに、米国人の国民性を学んだ。すると、独特の民度の高さがそこにあることが分かった。そして、もし将来戦うなら、とてもポテンシャルの高い強敵になると感じた。

米国から帰国すると、八原は、陸軍省人事局補任課に配属された。そうしていると、2.26事件が起きて、陸軍は騒然となった。反乱軍にシンパもいた八原は、反乱軍に誘われたが、熟考して見送った。

それから八原は、陸大教官に転出し、戦術を教えるとともに、自らも戦術を研究した。当時の陸大では、永田鉄山のバーデンバーデンの密約の仲間である、小畑敏四郎流の兵学が主流だったが、八原は、小畑とは逆の、不敗の態勢を整えてから勝利を考える方針の岡部直三郎を戦術の師と仰いだ。

八原は、無類の読書好きで、普段は温厚なのに、いざとなると梃子でも自説を曲げない頑固さがあった。その特質は、沖縄戦でいかんなく発揮される。

八原は1940年頃、タイ、マレーに民間人として潜入する使命を帯びた。来る戦争の準備である。そこでは現地のタイ政府や軍隊の人たちといろいろ軋轢はあったが、結果的に、タイと日本の間の平和進駐協定成立に貢献した。

しかし現地で赤痢とデング熱に侵され、しばらく闘病した。それが快方に向かうと東京に戻った。

自らの作戦家としての優秀さに自負がある八原は中佐から大佐への昇進が遅れたことに大いに不満をもった。また、対ソ連教育一辺倒の陸大の教育方針を批判した。そんなことで、八原は陸大首脳部から疎んじられていった。

そして八原は、南西諸島守備軍の参謀を任命された。沖縄の空港に降り立ったとき、八原は文字どおり島流しに遭った気分だった。

そんな八原のやる気をさらに殺いだのは、沖縄本島を中心になるべく多くの飛行場を作れという、大本営からの指示だった。要するに大本営の意図は、南西諸島を、米国太平洋艦隊を航空機で爆撃するための基地とするということだが、それは島を乗っ取った米軍に飛行場を利用されるという意味でもあるのだから、馬鹿馬鹿しいというのが現地の人たちの意見だった。

そもそもレーダーなどのインフラの欠如でどうしようもないと八原は嘆いた。そしてともかく、南西諸島に分散させるのではなく、沖縄本島にリソースを集結すべき、というのが八原の意見だった。

ともかく、沖縄に牛島中将が着任し、長勇参謀長、その部下の八原高級参謀という体制ができあがった。

そうしているうちに、硫黄島で栗林中将以下が玉砕するという戦闘があった。玉砕直前に送られた栗林の打電の内容に、八原も感じるものがあった。

しかし、牛島中将率いる第三十二軍に、大本営から難題が突き付けられた。それは、第三十二軍から一個師団を抽出して、フィリピンに充当によ、という命令であった。長勇参謀長も八原も反対したがどうしようもなかった。こうして第三十二軍は、不足するリソースで米軍と戦わなくてはならなくなった。

ともかく来る米軍との戦闘に備えて、八原は複数の戦術案を作成するように命じられた。結局、検討の結果、八原は軍の主力を機動自由な地帯に秘匿掩護でき、長期に亘って敵を攻めることができる持久戦案を選択し、それは長勇参謀長と牛島中将にあっさり承認された。

一方で八原は、沖縄島民の疎開に腐心した。このままでは米軍が上陸してきて民間人が多く犠牲になることが目に見えていたからである。しかし、輸送船が米軍潜水艦に撃沈されることが相次ぎ、それを怖れた島民は疎開を渋った。

さて、八原は、熟考ののち、採りうる唯一の方策は、強固な築城であり、洞窟戦法であると想到し、それは長参謀長にも受け入れられた。そして長参謀長は、削岩機の必要性を大本営に訴えたが、受け入れられなかった。

そこで、サンゴ礁をベトンにした。洞窟を多数築いていったが、常に物資不足、武器不足がついてまわった。それでも、強力な砲台が随所に備え付けられていった。八原らは、本土決戦を遅らせるための持久戦で、捨て石になる覚悟を固めた。

そしてついに、ユージン・B・スレッジ「ペリリュー・沖縄戦記」にもあるように、1945年4月1日に米軍が沖縄本島に上陸してきた。当然に激しい攻撃を予期してした米軍は、無血上陸に当惑した。それもスレッジの本にもあったとおりである。

しかし、大本営は、この作戦の意味を全く理解せず、第三十二軍に非難を浴びせてきた。その責任は、立案した八原に押し付けられ、八原は完全に辛い孤立となった。

長参謀長は、大本営の命令に従い、一斉攻撃を仕掛けることを主張したが、八原はそんなことをしても負けを早めるだけだと、それこそ命をかけて反対した。しかし周囲の誰一人、八原の意見を受け入れない。そこにある意味天祐があった。敵艦来襲の知らせである。これで一斉攻撃は中止され、八原は安堵した。

一方、米軍は当初は、洞窟からの攻撃に手を焼き、大きな被害を出していたが、使い始めた火炎放射器が洞窟制圧に威力を発揮して、米軍はじりっじりっと盛り返してきた。

5月4日、ついに玉砕攻撃が決せられた。八原は今度も反対したが、命令が下ったとあってはどうしようもなかった。結局それは大失敗に終わり、牛島司令官は、八原にすべての策戦を委ねた。

そして八原はついに後退作戦を実行した。ところが後退作戦は沖縄南部を主戦場にしてしまい、民間人の犠牲者を増やすという痛ましいことになった。八原はこのことを生涯悔やみ、沖縄の人に会わせる顔がないと、戦後二度と沖縄の地を踏まなかった。

しかし戦局の悪化いかんともしがたく、ついに牛島司令官と長参謀長が自決することになった。そして長参謀長は、部下の参謀たちにこの地で自決せず、なんとか逃げて本土に到達し、この様を本土の友軍に報告するよう命令した。

そこで八原は懸命に逃げたが、米軍に見つかり、英語で交渉してなんとか無事捕虜になった。ほどなくして戦争が終わると、復員して地元の米子で細々と行商をして暮らした。決して楽な暮らしではなかったが、自衛隊からの誘いも断った。

八原が一時捕虜になって帰還したことが分かると、軍人仲間から、八原は懦夫だ、軍人の面汚しだと罵られ、それがいたたまれなくなり、「沖縄決戦」という本を書いた。これは沖縄決戦 - 高級参謀の手記 (中公文庫プレミアム)という本で出版されている。いずれこれも読むことにする。

10月1日は、午後ちょっと所用があって出かけて帰宅し、テレビを点けてDeNA対カープの試合をみていたら、なんと7-5でDeNAが勝っていた。しかしまだ5回の表、分からないと思っていたら、田中が2ランホームランを打ち、7-7の同点になって振り出しに戻った。

しかし、その後がいけない。カープのリリーフの中村哲が5回裏に筒香にホームランを打たれると、倉本にもヒットを打たれ、9-7とさらに差を拡げられた。

でもカープなら2点差くらいなんとかなると思っていたら、カープは、佐藤、藤井、戸田とプレCSモードの投手を繰り出したので、ああ緒方監督は真剣に勝つつもりはないのだと、思ってしまった。

一方DeNAはベストのリリーフ、火消し投手を次々に投入し、カープの追加点を許さず、カープの投手陣はさらに4点の追加点を許して、DeNAが勝ち切った。それにしても、これでもかというほど石橋を叩いたラミレス監督の采配だった。

そして巨人はというと、8回まで2-5で負けている。どうも主力の先発陣の一人、田口が打たれたらしい。それでも巨人は9回の裏、4-5まで猛追したが、阪神の抑えの切り札ドリスに最後に抑えられ、結局阪神に負けてしまった。

実はそれはすごいことで、巨人は2007年にCSが創設されて以来、毎年CSには進出してきたが、これで初めて、CS進出を逃した。それに比べれば、DeNAが去年に続きCS進出を決めたことにはほとんどニュース価値はない。当然そうなると期待されていたからである。

私の見立てというか妄想的な見方では、カープ、阪神、DeNAでなんとなく巨人をCSから排除しようとする未必の故意あるいは、緩い共同謀議があり、阪神は全力で巨人を負かしにいき、カープはというと、打ち合いの接戦に持ち込めたかもしれないのにDeNAに無駄に追加点を許した。そして、DeNAに負けてしまったときも、微塵の口惜しさもあらわさなかった。そういえば、9月に入って好調のカープは、それでもDeNA、ヤクルト、阪神、中日に少しずつ負けたが、巨人にだけは付け入る隙を与えなかった。

カープ、阪神、DeNAが巨人を敬遠する理由は明らかで、巨人は今年は13連敗したり不調に苦しんでいたが、なんといっても通算の実績はぴか一で、菅野、田口、マイコラスの三枚看板を要することで、短期決戦になると一気にもっていく力がある。

さてCSであるが、数字の上では当然にカープが有利だが、阪神、DeNA、巨人がデッドヒートを続けている間、優勝を決めて高みの見物をすることであまり競った試合をしていないカープに気のゆるみが出てこないかが問題である。

桜さがし

user-pic
0

なんとなく疲れてくるとミステリー小説を読みたくなるのだが、そこでふと手に取ったのは、かなり前から買ってあった、柴田よしきの「桜さがし」文春文庫であった。実はそんなに面白いことを期待わけではなく、新規開拓の意味だったりする。

「桜さがし」は、単一の長編小説かと思っていたら、「一夜だけ」、「桜さがし」、「夏の鬼」、「片想いの猫」、「梅香の記憶」、「翔べない鳥」、「思い出の時効」、「と金色の花びら」という八編の短編からなる。

ただ、短編といっても独立ではなく、全編を通して元中学の先生で今は作家である浅間寺竜之介と、その教え子である成瀬歌義、安枝陽介、田津波綾、大河内まり恵の四人が一貫した登場人物である。

「一夜だけ」は、教え子たちが中学を卒業して九年目、浅間寺が京都の山奥にログハウスを建てたと聞いたので、教え子たちは車でログハウスを訪ねることにした。ところが、ログハウスに近い山道で、脱輪した自動車をみつけた。女の人が一人佇んでいる。そもそも狭い道なので、車に動いてもらわないと困る。そこで四人が行ってみると、その女性の夫が助けてくれる人を探しにいっているという。ともかく四人で車を脱輪からどかし、行先の目印を残して、自分たちの車でその女性をログハウスに連れていった。すると後からその女性の夫も車でやってきた。そして浅間寺のもてなしでみんな楽しく盛り上がった。ところが数日して、その夫婦が車で河原に落ちて死んでいるという事故がみつかった。自殺かとおもったら、歌義たちはそうではないかもしれないという証拠をみつけた。

「桜さがし」は、まり恵が結局会社を辞めてしまう話。その話の中で、特殊な桜が、ある殺人事件のアリバイの立証に役立つのだった。

「片想いの猫」は、陽介との恋愛を解消した綾が、大学農学部の一ノ瀬と待ち合わせて、夜の街に繰り出した。じつは一ノ瀬は、大学の指導教授とある女性を巡って恋敵になり、破れたのだった。しかし、綾も一ノ瀬と一悶着あった。

「片想いの猫」は、陽介が会社の上司の妻の夏美と不倫関係にあった。一方、歌義は、アルバイトで勤務する法律事務所で、殺人容疑の女性のアリバイを調べるために、東寺の弘法さんの例会を調べた。そこにたまたま陽介と夏美も来ていたのだが、アリバイを立証するために二人の不倫がばれてしまった。

「梅香の記憶」は、スーパーモデルの鈴原美々が実は浅間寺と知り合いだったという話。それを美々と浅間寺が不倫関係なのかと疑ったまり恵だが、実は鈴原は自分の母親のことで痛撃の過去があり、それに梅香が絡んでいた。

「翔べない鳥」では、歌義が何者かに殴られて入院してしまった。なんでも歌義がアルバイトをしている法律事務所が関わっている裁判で、所員の歌義が逆恨みされたらしい。そのことにはなんと、飛べないペンギンの逸話がからんでいるという。一体どういう意味か。

「思い出の時効」では、綾は一ノ瀬を追って北海道に行ってしまい、陽介は仕事でドイツに転勤してしまった。残された歌義とまり恵は果たして幸せに結ばれるのか、という話。

「金色の花びら」は、ある男がビルから飛び降り自殺し、それには他殺の疑いもあると、浅間寺といい仲の女性陶芸家が、関与を疑われた。その疑いを晴らしたのが、金色の花びらなる食べ物の限定された有効期間のことで、それで女性陶芸家の嫌疑は晴れたのだった。

という恋愛を基調にして、ミステリーを香辛料にした、結構微妙な、それでいて稀有な小説群なのだった。

このアーカイブについて

このページには、2017年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年9月です。

次のアーカイブは2017年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。