数学セミナーのコンピュータ将棋・囲碁特集

user-pic
0

AlphaGo zeroの記事で、2017年11月号の数学セミナーは、「コンピュータ将棋・囲碁のこれから」という特集号だったと述べたが、これについてもう少し補足してみる。

一般的に、数学セミナーの毎月の特集で、内容についていけないことも然ることながら、この分野は誰それが権威であるとか、そういうことは全くわからない。ごくたまに、ああこの著者の本はもっているね(あえて、読んだとはいわない)と思ったりする。

しかし、コンピュータ将棋・囲碁特集だとちょっと事情が違って、私でも少しだけ関係者に当たりをつけることができる。

最初は、電通大の伊藤毅志さんの「コンピューターチェス・将棋・囲碁」と題する記事で、二人完全情報確定ゼロ和ゲームのための基本的なアルゴリズムとその歴史の概観になっているが、まさに斯界の権威らしい充実した内容となっている。

次はponanzaの作者の山本一成さんかと思ったら、なんとPreferred Networksの前田新一さん、齋藤優樹さん、藤田康博さんの「ディープラーニングのインパクト」と題する記事だった。ここは本来の数学セミナー的な専門的な内容で、私には難解であるが、実はPreferred Networksは、山本一成さんとともにPonanza Chainerを開発したのであり、その技術的内容が最後に結構詳しく書かれてあって、興味深かった。

次は、ある意味旬のチームDeepZenの加藤英樹さんの「コンピュータ囲碁とディープ・ラーニング」と題する記事で、ここは「ディープラーニングのインパクト」ほどディープに技術に入り込んでいないので私にもある程度理解できる。

次におおっと思ったのは、将棋の千田六段の「棋士の認識とコンピュータ将棋の影響」と題する記事で、いろいろな経緯で千田六段というとひっかかることもなくはないのだが、記事の内容は流石に日常的にコンピュータ将棋を研究に使っているだけあって、感心する内容だった。

次は囲碁の光永六段の「囲碁の未来」と題する記事で、千田六段の記事の双対なのかもしれないが、ちょっと迫力に欠けるなあと思ってしまった。というのは、囲碁の棋士で囲碁AIを語るなら、第一人者は大橋拓文六段か王メイエン九段、あとは三村九段、白石六段も相当熱心である。この中から選んでほしかったなあというのが正直な感想である。

次は、はこだて未来大学の松原仁さんの「コンピュータ将棋・囲碁の今後」と題する記事で、松原さんも電通大の伊藤毅志さんと同様にこの分野で学会の権威である。そういえば、外資系にいたとき管理職研修に出たら、基礎研究所の知り合いのNさんがいた。私が将棋が趣味ですというと、松原さんの話題になった。松原さんは東大の同じ学科で同級生だったらしくて、Nさんは、コンピュータ将棋なんかやって、と苦笑いしていた。いまならもう少しポジティブな反応になるのではないだろうか。Nさんはその後、電通大の教授になられて、ホームページを見たら、知能情報研究室ということでAIも版図である。あれっ、コンピュータ将棋やコンピュータ囲碁は流石にやっていないか。

最後は、IBM Researchの岸本章宏さんの「チェッカー解明と人工知能」と題する記事で、えっ、今更チェッカーと思ったが、よく読むと完全解明の話で、一見シンプルなチェッカーも、コンピュータを駆使しても完全解明は相当大変のようである。するとオセロの完全解明ははるかに難しいし、将棋や囲碁となると、これはほとんど原理的に無理といってよい。

あっ、よくみたら、岸本章宏さんの記事は、コンピュータ将棋・囲碁特集とは別だった。かなり紛らわしい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4718

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年11月11日 06:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インデックス」です。

次のブログ記事は「棋士とAI」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。