2017年12月アーカイブ

ジタハラ

user-pic
0

私は以前、君はまだ残業しているのかという記事で、無理に残業を減らすことの理不尽さについて述べたが、下記のような毎日新聞の記事をみて、ついそうなるよねと暗澹たる気持ちになった。

自動車販売店長自殺
「時短ハラスメント」拡大の恐れ
「仕事は早く終わらせろ、でも従業員は早く帰せと言われる。どうすればいいんだ」。うつ病で2016年12月に自殺し、労災認定された自動車販売会社の男性店長(当時48歳)は、妻にそうこぼしたという。私を殺したのは会社--という書き置きも残していた。働き方改革の陰で「時短ハラスメント」(ジタハラ)が広がってはいないか。【斎藤文太郎/千葉支局、小国綾子/統合デジタル取材センター】

要するに昨今の風潮で、その男性店長は、社長から「従業員を残業させるのか」と責められ、残業削減の方法を従業員と話し合ったが「無理だ」という意見が多かったという。それはちょっと考えると当たり前で、一般的に、工夫すれば実質的に時間が削減できるという方法がおいそれとあるわけがない。

私がいま勤務している職場は、そんなに忙しくない職場だと思うが、残業を減らせという方針なので、却って休暇が取れない、という話をときどき聞く。要するに仕事の絶対量があるので、残業を減らすと一日に処理できる量に限りがある。それで出勤日を減らせないということで、ちょっと考えたら当たり前である。一体なんのための残業削減なのかと思う。

世間をみていると、宅急便の配達員やスーパーの店員など、以前より忙しそうである。要するに経費削減で従業員の人数を減らされ、一人当たりの仕事量が増えている。それでもきちんと仕事を処理するには、残業削減なんていってられない。すると誰かが追加の仕事を負うしかない。

ただ、ジタハラが問題視されすぎると、なんとなく過剰残業容認のような気風に後戻りするのもまずい。このあたり、やらなければならない仕事があるなら、ワークシェアして特定の人に仕事量が集中してしまわない仕組みを考えなくてはならない。そういうリソースアロケーションは実に難しいが、常にトップが留意しなくてはならないだろう。闇雲に残業削減を強要するのは却って逆効果である。

私は、アウトバーンなどの小説を通じて、軽快なバイオレンスが躍動する深町秋生のストーリー・テリングのファンなので、古書店で深町秋生の「果てしなき渇き」宝島文庫を見かけたとき、とりあえず買った。それをしばらく積読しておいたのはどうも、なにやら重苦しそうな雰囲気を感じたからだと思うのだが、結局深町秋生という著者に惹かれて読み始めた。すると、いきなりずっしりきた。

ストーリーは、二本の糸が絡み合うように進む。一本目の糸は、元刑事の藤島秋弘。埼玉県警の辣腕刑事だったが、妻の浮気相手をぶちのめして、警察を自主退職するように勧告された。その後、妻の桐子とは離婚し、DVの傾向があるので、裁判所の命令で、今まで妻や娘と住んでいたマンションに近寄ることが禁止されている。

もう一本の糸は、藤島の娘の加奈子が通っていた中学校でのこと。野球部員のある生徒が、別の野球部員に虐められ、自殺してしまった。その自殺した生徒は、加奈子と付き合っていたらしい。

そしてあるとき、一本目の糸で事件が起きた。加奈子が突然失踪してしまい、桐子は半狂乱になり、あろうことか藤島に助けを求めた。元刑事なので、なんとかしてくれると思ったのかもしれない。当惑しながら、元自宅にやってくる藤島。ところが、桐子の制止を振り切って娘の部屋を捜索して、不法な薬物をみつけた藤島は大いなる不安に駆られ、なんとしても加奈子を見つけ出すと決意した。

もう一本の糸で時間を遡ると、加奈子が通っている中学校で、自殺したのとは別の野球部員の瀬岡がやはり同僚からひどい虐めにあって監禁されているところを、加奈子に救われた。その日からなぜか、瀬岡に対するいじめはピタリと止んだ。そして、瀬岡は加奈子に感謝しつつ、天使のような清楚な美人に再び会いたいと恋焦がれたが、深い謎のような加奈子にはどうしても会えなかった。

その中学校の不良で棟方という生徒がいた。その棟方は、アポカリプスという半ぐれ集団の首領で、周囲から恐れられていた。なんでも、アポカリプスは石山組という暴力団ともつながっており、覚せい剤などの不法な薬物も流しているらしい。そして加奈子は、棟方とも関与し、覚せい剤で周囲の者を操ったり、剰え女衒のようなこともしているらしい。

元刑事の捜査能力で、そのことを突き止めた藤島は、最初は自分の娘にかぎってそんなことと信じられなかったが、それを事実と認めざるをえなくなると、深い絶望に囚われた。その絶望をなんとか振り払うと、アポカリプスとも石山組とも対決することを決意した。しかしそこは一匹狼、多勢に無勢でその都度、ぶちのめされるのだが、意外なことに警察の元同僚が力を貸してくれたりした。そうやって加奈子を追うのだが、追えば追うほど杳として加奈子の行方は知れず、アポカリプスとも石山組とも袂を分かって、より深い闇に潜んでいるようで、自分の娘ながら藤島は空恐ろしくなった。

ここからはストーリーのコアなので記述できないが、バイオレンスの描写は圧倒的である。ただ、アウトバーンなどと比べると粗削りというか、垢抜けない箇所もあると感じたが、それも仕方ないと思うのは、これは深町秋生の実質的なデビュー作なのだった。デビュー作でここまで鮮烈な作品が書けるとは流石深町なのだった。

落語鑑賞会

user-pic
0

私は、漫才や落語など、お笑い全般に好きで、そのうち浅草などの演芸場に出かけてみようなどと思ったりするのだが、出不精で未だに行ったことがない。ところが、地元の公民館で、落語鑑賞会を催すという。会費わずか300円で2時間たっぷりだというので、いってみることにした。

出演者は、笑点で司会をしている春風亭昇太の弟子で、春風亭昇吉。なんでも東大経済学部卒業で、しかも卒業時に経営学科を首席卒業というのだから、すごい。ただ、学歴と落語の実力はあまり関係ないよねと思ったら、第16回さがみはら若手落語家選手権で優勝したというから、これは実力も半端ではないね、と期待していった。

ところが、最初に出てきたのは林家喜之輔という高校生みたいな落語家で、もちろん聞いたことがなく、少し失望した。が、妙にとぼけた味があって実に面白い。自虐ネタと観客いじりネタを交互に繰り出して笑いっぱなしのうちに30分が過ぎた。若いのにかなり洗練されていると思った。

次に出てきたのは、いよいよ春風亭昇吉。真打昇進が近い二つ目だそうで、十分な風格がある。まくらで自分の親と、師匠の春風亭昇太をいじるネタで笑わせたあと、なにかの題目を始めたが、実に見事な話芸だと感心した。私は落語の通でもなんでもないが、将棋でいえばB級2組くらいのところにいるのではないか。ただ、もっと世に有名な落語家がA級だったりB級1組だったりするのかもしれないが、実のところ私は春風亭昇吉の落語と、世にいう名人の落語をうまく聞き分けることができない。自分の中で完全に縮退してしまっている。すなわち、春風亭昇吉も至上クラスだと思ってしまった。

10分の休憩のあと、再び林家喜之輔が出てきたが、もう誰も失望する者はいない。実力を知ったからである。ところが、林家喜之輔の本職は紙切りだという。では、あの洒脱な落語は余技なのか、すごいじゃんと思った。それで、観客のリクエストに応じて、まるで予め描かれているかのように淡々と紙を鋏で切って動物などの外観を出現させるのは見事だと思った。

そして春風亭昇吉が再登場。今度は古典落語を熱演し、改めてその実力に感じ入った。早く真打に昇進してほしいものだと思った。ただ、終わって、盛んに自分の今後の講演の予定を話し、是非とも聴きに来てほしいと話しかける姿に、落語家として実力があっても、稼ぐことは大変なのだと改めて感じた。じっさい、春風亭昇吉氏には、「東大生に最も向かない職業」という著書もあって、結構人気のようである。まさに昇吉氏は、東大受験のノウハウを落語に活かしているらしい。ちょっと例は違うが、青学の原監督が、サラリーマンの管理職としてのノウハウを陸上に活かして成功したようなものか。しかし青学、今度の箱根駅伝は大丈夫か。

東大理Ⅲ

user-pic
0

新聞の書籍広告をみていたら、自分の子供四人をすべて東大理Ⅲに合格させた女性が、合格させる方法論のようなものを説いたという本が出版されているという。

理Ⅲはおろか、東大そのものがはるかな高嶺の花のような私は、そんなことがありえるのかと目を瞠ってしまった。普通、よほど受験の得意な兄弟だとしても、誰かなんとか一人は東大理Ⅲに合格するとしても、他の兄弟は東大理Ⅰだったり、早慶だったりしないか。それでも世間では十分に大秀才の兄弟で通る。

受験の苦手な私がどう言っても根拠に乏しいのだが、受験の才能は、スポーツのように、ある程度遺伝ではないのだろうか。だから、子供四人をすべて東大理Ⅲに合格させる前提として、両親がある程度高学歴であり、しかも塾や予備校などに惜しみなく資金をつぎ込めるだけの財力も必要である。

さて、別の観点からも見てみよう。私が問いたいのは、大学入試の模試で全国トップレベルで東大理Ⅲが狙えるとしても、そうすることが本当に得か、ということである。

私がさらに問いたいのは、そこに山があるから、という登山家のような発想で、高峰の理Ⅲを狙うとして、君は医学が好きか、東大医学部を出てどんな医者になりたいのか、ということである。

もしその答えが、医学を研究して、どこかの大学の医学部の教授になりたいというなら、まあ分かる。なら、学閥が活きる。しかし、成績がいいから東大医学部に入ったものの、と戸惑う学生は少なくないのではないか。

そもそも一般的にみて、よほど使命感に燃えている学生でないと、医学は面白くないのではないかと私は邪推したりする。体の部位の名前をたくさん憶えたり、聞いたこともない病気の症状を勉強したり、死体を切り刻む実習もある。だったら、例えば理学部で場の量子論や素粒子論を勉強したあと宇宙物理学を専攻して、ダークエネルギーを研究した方がはるかに夢があって面白くないか。

さらに別の観点では、折角超難関の東大医学部を出ても、いったん医者になってしまうと、東大卒である前に医者であることが全面に出て、学歴が霞んでしまう。しかも、医者としての技量と、受験を勝ち抜くスキルがどれだけ比例するのかもあやしい。

そこまで考えたら、東大理Ⅲに合格できる実力があるとしても、あえて東大文Ⅰを目指し、卒業したら国家公務員一種を目指して合格すると、例えば警察庁で将来の長官を目指すのはどうか。すると国家の中枢権力が手に入る。医師も偉いと思うが、そこまで権力欲が満たせるのだろうか。

とはいえ、罵倒する作家は、東大法学部を卒業して、元警察庁官僚なのだった。すると警察庁もなかなか厳しいのか。

などと、学力も権力欲も乏しい私が、負け犬の遠吠えのように書いても、まったく意味がないか。

2007年に私がブログを書き始めてから少しして、直接の面識はないが、大学の将棋部の後輩のブログをたまたま見かけた。それによると、ブログによる情報発信で、世の中に影響を与えると威勢のいいことが書かれていたが、誰からもコメントがないので、早々に止めてしまったようである。

私はというと、ブログを書き始めた頃、当時はブログそのものが今よりは希少だったこともあり、何人かの知り合いが義理のようにコメントをくれ、私はともかく自分のブログ上の所見に感想がもらえるのが嬉しかった。

ただ、なるべく雑多なことを勉強しようとしている私であるが、沢山ブログを書いているうちに月並み化して読者に飽きられていくのは必然で、その後潮が引くようにコメントは減っていって、今では極めて半減期の長い放射性元素のアルファ崩壊のように、ほとんどコメントがない。

それでも、私がブログを書くモチベーションがあまり下がらないのは、私が「ブログは人のためならず」で書き続けているからである。読む人が読むとそんなのは見え透いているようで、時々、要するに自分のメモ代わりに書いているんだろと指摘されるときがあり、私はデヘヘと照れるよりない。

その、自分のために書くことの理由を説明してみると、何一つ私のオリジナルはなくて、数千年の昔から、文章を書くことが好きな人が書いてきた理由とまったく同じで、徒然草の「おぼしき 事言はぬは腹ふくるゝわざなれば、筆にまかせつゝあぢきなきすさびにて、」ということである。要するに一種の気持ちのガス抜きである。だったら、酒でもいいのだが、あまり飲みすぎると体によくない。

後は、思考の整理である。人間というのは生きていると、いろいろな思い、情念やアイデアが浮かんでは消える。それはブログを書く前は、私は単に流れる河のように流しっぱなしにしていた。ブログを書くようになってからは、いつもノートや手帳をもっていて、思いついたらメモするようにした。そのメモは放置されて忘れられたり、捨てられたりすることもあるので、自分にとって正式版のブログ・ノートに転記したりする。そういうブログ・ノートは何冊も溜まったが、その中で実際のブログに結実したものはあまり多くない。単なる種を、ブログとして書けるように少しでも膨らませるのは意外に大変だったりする。

このあたり、お笑い芸人のネタ作りと同じである。ただ、お笑い芸人は私がブログに書くネタを探すよりもはるかに厳正にネタを吟味しているはずである。大衆に受けるというのは大変なことである。このあたりの認識が、私の又吉さんの火花に対する共感の根拠だったりする。

そうやって、苦労して、あるいはなんの苦労もなく書いた自分のブログは、数学でいうところの定義や補題のようになる。後に続くブログは、そういう自分の先行記事とは全く独立に、あるいは先行するある記事に強く依存して、書かれる。先行するある記事に強く依存して書かれる場合は、記憶にある範囲で、先行する記事にリンクを張るようにしている。

それと、単なる意地で、私はなるべく毎日ブログを書くことにした。すると、かなりの頻度で、単なる日記のような他愛ない記述も出てくるが仕方がない。そういう日常的な話題さえ思いつかないブログ氷河期のような時期もある。それは私は、たまたま思いついたときは一日に複数のブログ記事を書き、備蓄するようにした。

また、私はすっかり推理小説ファンになったが、そうだ、これを使ってブログのネタにしようと思い立った。面白い推理小説ならどんどん読めるので、これならブログのネタに困らない。

ところが面白い推理小説だからとって、それをもとにブログを書くのはそんなに自明でないと分かった。面白く読むことと、面白く書くことはまた別の作業だからである。それで開き直って、読書感想文にすることにした。そうやって閾を下げると、まあなんとか書ける。そうやって沢山読書感想文を書くのってバカみたいじゃんと言われるかもしれないが、それはそれで効果があるのであって、読書感想文でも書いておくと、内容が頭の中に固定される。もっと説明すると、自分のブログを読むと、脳内の読書体験に対するインデックスというかリンクが呼び出されるのである。これはこれで面白い。

それで、読書感想文を書いた経験が蓄積すると、今度はブルーバックスのような科学啓蒙書にもこれを適用することにした。最近読んだものの読書感想文では、大栗先生の超弦理論入門強い力と弱い力あたりがそうである。これは出来不出来はともかく、自分としては力の入った要約である。

ともかく、たかがブログ、されどブログで日々の暮らしは進んでいくのであった。

つい最近、知り合いからYouTubeのバブリーダンスを紹介された。なかなか凄いのだという。なんでも、大阪府立登美ヶ丘高校ダンス部。えっ、府立? 私が県立高校出身だからそう思うのかもしれないが、だいたい公立高校は地味である。高校野球だって強豪校はほとんど私立である。

ところが、YouTubeをみてみると、おったまげ。キャバクラ嬢みたいなコスチュームの女子高生たちが、キレキレのダンスを踊って、曲は荻野目洋子のダンシング・ヒーロー。これは乗りまくりである。とてもアマチュアとは思えない。実際、視聴回数も2700万に達した。

さらに驚いたことがある。こんな凄いダンスなのに、今年の高校ダンス選手権は、同志社香里に敗れて二位なのだという。登美ヶ丘高校ダンス部は去年・一昨年と二連覇しており、今年は青学の駅伝並みに三連覇を狙ったが、惜しくも敗れた。そういえば三連覇した青学も今年の箱根駅伝は厳しいらしい。

そうか、と分かった。登美ヶ丘高校ダンス部は優勝を逃した悔しさをYouTubeにぶつけたのだろう。そして、その悔しさのエネルギーは見事結実し、爆発的ブレークになった。

典型的には、ハンカチ王子とマー君の甲子園決勝対決のように、却って準優勝がブレークするのである。果たして登美ヶ丘高校ダンス部は快進撃で、Mステにも出て荻野目洋子と共演するし、さらには紅白で郷ひろみとコラボだという。SHISHAMOも出ることだし、これは今年の紅白は目が離せない。飲みすぎて寝ないようにしないと。しもしも、転がしてる?おったまげ。

USBケーブル

user-pic
0

私は極めてメンテナンスな人間で、なのでパソコンのデータを頻繁にポータブルHDDに保存する。そのとき活躍するのは、USBケーブルなのであるが、あるときどうしてもポータブルHDDが認識されないという問題が起きた。これは実に困ったことなのだが、困ることはポータブルHDDだけでなく、パソコン本体に及び、パソコンの動作も不安定になってしまう。多分であるが、USBケーブルで接続した段階でパソコンはポータブルHDDからの応答を待機する状態になるのだが、何かの不具合で応答する信号が届かないからだろう。

で、考えてみて、これはUSBケーブルの不具合ではないかと予備のUSBケーブルに取り換えてみたらうまくいった。ううん、USBケーブルも微妙だねと思い、近所のローソン100で予備のUSBケーブルを買ってみた。

そして自宅に帰ってポータブルHDDに接続を試みると、適合しない。どうも微妙にコネクタの形状が違う。調べてみるとこれは、タイプCとかいうUSBケーブルで、スマホ充電用に使われたりするようで、よく調べてみたら、私が必要なのはミニBのUSBケーブルなのだった。確認してみると、最近はタイプCや独自のUSBケーブルを使うポータブルHDDもあって、私がもっているバッファローのHD-PCT500U2-BKJという500GBのポータブルHDDは、かなり古いタイプなのだった。

そこで自宅近くのコジマ電気にいってみたところ、なんとも多種のUSBケーブルがあって当惑した。特に最近の外付けHDDは相当に特殊なUSBケーブルを使うようである。データ転送速度を向上させるためそうなっていらしい。ともかく多種のUSBケーブルの中から、なんとかエレコムのミニBのUSBケーブルを探し出して買い、予備とした。たかがUSBケーブルなのに600円程度もかかった。百均一のミニBのUSBケーブルだといまいち信頼性に欠けるかもしれないので、仕方ない。

ともかく言いたいことは、USBケーブルには種類が多すぎて、間違えて買う可能性が高すぎるということである。製品ごとにきちんとタイプを明示してほしいのだが、そのあたりがいまいち曖昧なのだった。

実に自明なことなのだが、つい忘れがちになるので、自分に言い聞かせるために書いておく。それは、認識ギャップのことである。

すなわち、私は数年前まで意見書を書いたり、特許明細書を書いたりと、まあガチの特許実務屋をやっており、今では特許調査員なのであるが、周りをみていると、元許実務屋だったという特許調査員はいない。特許関連業務というカテゴリとしては同じグループなのだが、世間的にみてもこの両方がある程度詳しいという人は少ないだろうと私は思っていて、そのことが何気に自分のプライドになっていたりする。

しかしである、特許調査の方はほぼ日常的に携わっているのでそのスキルはアクティブなのだが、特許実務はというと、2013年7月に数件の意見書を書いて以来、実際にハンドルしたことはなく、かなり急速にスキルが低下していることはかなり正しいと思う。

なのに、特許実務に対するプライドは以前のままというか、むしろアップしている可能性がある。例えば、実際に特許実務をやっていると、うっかりタイプミスがあって審査官に36条をくらったり、引用例の技術を読み間違えて頓珍漢な意見書を書いたり、明細書で発明の要旨の技術の理解を間違えて、チェックした発明者もそれを見落としたので、技術的に矛盾があるままの記載の明細書で出願したりと、それが露見する度に特許実務に対するプライドはチャレンジを受ける。

ところが、今のように一切特許実務にタッチしないと、特許実務に対するプライドは安泰で、下手したら不必要に肥大してしまう。それは場合により、恐ろしいのではないか。

例えば、最近たまたま、TPPが発効したら、特許法や著作権法など、本質的な改正があると知った。これは、特許実務がアクティブであるときは、決してフォローを怠らなかったはずである。現役の特許実務屋のときは、米国特許法の改正もきちんとフォローしてきた。今の特許情勢の無知ぶりは情けないといえる。

ということで、スキルのメンテナンスはなかなか難しいのだった。少なくとも、スキルの動脈硬化の原因になる下手なプライドは捨てるべきである。

レスラー系のアトラクタについては、レスラー系のアトラクタの更なる続きで一応完結したつもりだが、断片の寄せ集めのようになってしまったので、cを3.0から12.0まで広く動かして、一応、以下のようなまとめのアトラクタを生成してみた。

ここでは、折角なので、赤字で示すスケールと、その下の座標値を入れてみた。そこで座標値の表示は、TextOut()という関数を使うのだが、C++ Builderの標準の関数だけではTextOut()が表示する色をつけることができず、仕方なくその色は黒のままである。

ともかく、以下にソースコードを示しておく。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#include <stdio.h>
#include <math.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
double fnx(double y,double z); 
double fny(double a,double x,double y);
double fnz(double b,double c,double x,double z);
void SCALE(int x1, int x2, int y, int N, double b, double step);

//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Close1Click(TObject *Sender)
{
 Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Draw1Click(TObject *Sender)
{
const double H = 0.0001;
const pi = 3.14156;
double x,y,z;
double a = 0.2, b = 0.2, c;
double a1,a2,a3,a4;
double b1,b2,b3,b4;
double c1,c2,c3,c4;
double px, py;
int p_sgn, c_sgn;
int i,N;

 SCALE(30,830,500,9,3.0,1.0);

for ( i = 0; i < 800; i++ )      {

 N = 0;
 c = 3.0 + 9.0*i/800.0;
 x = 2.0; y = 2.0; z = 13.0;
 if ( x + y >= 0 )
 p_sgn = c_sgn = 1;
else
 p_sgn = c_sgn = -1;
 
 while (N++ < 30000000 )  {
  a1 = fnx(y,z); 
  b1 = fny(a,x,y);
  c1 = fnz(b,c,x,z);
  a2 = fnx(y+H*b1/2.0,z+H*c1/2.0);
  b2 = fny(a,x+H*a1/2.0,y+H*b1/2.0);
  c2 = fnz(b,c,x+H*a1/2.0,z+H*c1/2.0);
  a3 = fnx(y+H*b2/2.0,z+H*c2/2.0);
  b3 = fny(a,x+H*a2/2.0,y+H*b2/2.0);
  c3 = fnz(b,c,x+H*a2/2.0,z+H*c2/2.0);
  a4 = fnx(y+H*b3,z+H*c3);
  b4 = fny(a,x+H*a3,y+H*b3);
  c4 = fnz(b,c,x+H*a3,z+H*c3);
  x += H*(a1+2.0*a2+2.0*a3+a4)/6.0;
  y += H*(b1+2.0*b2+2.0*b3+b4)/6.0;
  z += H*(c1+2.0*c2+2.0*c3+c4)/6.0;
  if ( x + y >= 0 )
   c_sgn = 1;
   else
   c_sgn = -1;
  if ( N > 10000 )                {
   if ( p_sgn != c_sgn )            {
     px = 30 + i;
     if ( y >= 0 )
	   py = 150.0 - 30.0*x;

     Canvas->Pixels[px][py] = clBlack;
   }
  }
  p_sgn = c_sgn;
 } // end of while
}
 // end of for
 SCALE(30,830,500,9,3.0,1.0);
}
//---------------------------------------------------------------------------
double fnx(double y,double z)  {
 return -y-z;
}

double fny(double a,double x,double y)  {
 return x + a*y;
}

double fnz(double b,double c,double x,double z)  {
 return b + x*z - c*z;
}

void SCALE(int x1, int x2, int y, int N, double b, double step)  {
 int i,t;
 String NUM;
 char temp[10];
 double s = (x2 - x1)/N;
 Form1->Canvas->Pen->Color = clRed;
 Form1->Canvas->MoveTo(x1,y);
 Form1->Canvas->LineTo(x2,y);
 
 for ( i = 0; x2 >= s*i + x1; i++ )    {
   t = s*i + x1;
   Form1->Canvas->MoveTo(t,y);
   Form1->Canvas->LineTo(t,y - 600);
   sprintf(temp,"%2.1f",b + step*i);
   NUM = (String) temp;
   Form1->Canvas->TextOut(t, y+5,NUM);
 }
}

汎用AI

user-pic
0

以前に書籍広告で、文春新書の井上智洋著「人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊」というのを見かけて、私は、こういうのはとりあえず買って目を通すのだが、なぜか買わないでいる。トンデモ本ぽいから、というのは私には理由にならない。なぜなら、霊だの異次元空間など、私は平気で口にする輩なのだから。

そう思っていたら、読売新聞に、井上智洋氏の汎用AIの記事があったので、読んでみた。すると、違和感を感じたのは、いきなり、2030年頃、人と同程度の知性である汎用AIが実現されて、それは人間にかなり近い作業ができ、どんな仕事にも適用できる、という件である。

確かにそういうことを唱えている人工知能学者もいるのかもしれないが、それはあくまでも希望的観測であり、具体的な技術的ロードマップは見えていないはずである。

そういう、ものすごく議論が分かれる汎用AIであるが、井上氏は、それが近未来に実現するという前提で、どんどん話を進めていく。確かに、汎用AIができれば、ほとんどの仕事はAIよって置き換えられるという議論はありえるだろう。

しかし、汎用AIの存在を前提としても、考えてほしいのは、我々が住んでいるのは、コンピュータによって作り出された仮想空間ではなく、重々しい穢土というか、非線形な情念が渦巻く物質世界である。そこで、計算や情報処理しかできないAIがどう物質世界とインターフェースするのか。

汎用AIというとき、多分であるが、最近の将棋AIや囲碁AIの過度の成功を考慮に入れているのだろう。きっと、井上氏も含め、世間の多くの人は、将棋と囲碁を完全情報の盤上ゲームとして一括りにして考えているのだろう。しかし、将棋と囲碁という比較的近いゲームであっても、そこに必要とされる解決のためのアルゴリズムや手法は、相当に本質的に違う。例えば、ディープラーニングは囲碁には著効があったが、将棋ではそれほどでもない、などである。おっと、AlphaZeroの手法はどうなのか分からないが。

ともかく、汎用AIとなると、要求される手法が多様すぎる、信じられないほどの広い分野に個々に対応していかなくてはならない。なので、汎用AIは実は、多数の専用AIの寄せ集めなのであり、いくら多数の専用AIを寄せ集めても、カバーする範囲は隙間だらけだろう。

戻って、物質世界とのインターフェースの問題がある。電王戦で人間のプロ棋士対将棋AIの対戦になったとき、当初、将棋AIのために駒を動かすのは人間だった。駒の移動一つをとってみても、マニュピュレータには大変である。高度なマニュピュレータである、半導体製造装置のステッパは極微細の線を半導体ウェーハ上に描けるが、駒を盤上で操作するのはまた別問題で大変で、デンソーはなんとか電王手君を開発したが、その動きは到底人間のようにエレガントではない。

そういう物質世界とのインターフェースのところは、人間が担当し続けるだろう。ただ逆に、会計や経理のような数字をメインに扱う仕事は、弁護士や法務の仕事と違って、比較的AIが蚕食しやすいような気がする。

物理学などでも、コンピュータ・シミュレーションが重要になってきた。なので、例えば京大数理解析研でさえ、計算機科学を重視する。

なので、人々が要求されるスキルは変容するが、あまり仕事は失わないで済むのではないか。というよりも、誰も失職したくないから努力するだろう。

井上氏は、今後は思考力が大事で、思考の「形」作るのに哲学が必要なのです、みたいに説かれているが、少なくとも汎用AIを前提として、粗雑に議論を進めていく人が、哲学を云々するのはいかがなものか。それがSFというならそれでもいいが、だとしても、もう少し個別分野の議論を盛り込んでほしいものである。

マーク・グリーニーのグレイマン・シリーズの暗殺者の正義では、米国特殊部隊がスーダンに配備されるという作戦が出てくるが、これはグリーニーの緻密な取材に基づき書かれたものと思われる。というのは、ちょっとバックナンバーだが、TIMEの2017/12/11号を読んでいたら、10月4日に米国が西アフリカのニジェールに派遣した12人の特殊部隊と30人のニジェールの部隊がトラックで森の中を走行しているとき、待ち伏せ攻撃に遭い、四人の米兵が死亡したというニュースが明るみになると、ワシントンの反応は憤慨と驚きだった。

すなわち、米国の特殊部隊が一体ニジェールで何をやっているんだ、なぜ米国軍部は、12人もの高度に訓練を受けたエリート兵を、ほとんどの米国民が地図での位置を指摘できないような、また米国と交戦関係にもない国に配備したのだという反応である。

その作戦は、あるイスラム国の幹部をターゲットにするものだったらしいが、ほとんどの米国高官も知らなかった。そもそも現地では米軍の航空機もなく、フランスのヘリコプターに頼っていたという。

しかし、このニジェールのケースはほんの一例で、近年米国は世界各地に特殊部隊を配備している。海軍のSEAL、陸軍のデルタ・フォース、陸軍特殊部隊などを含む8000人もの兵士が世界各地で作戦行動している。2001年はその数は2900人だったが、その数は今や増え、世界の3/4もの国に展開している。

その主要な目的は、名前の知れたテロリストを捕捉し、あるいは殺すことであり、それはまさにグレイマンが担っていた作戦である。それだけではない、エリート特殊部隊は、エジプトやサウジの兵士を訓練して、反乱軍と闘えるようにしている。

かつては、特殊部隊は、通常部隊の作戦の補助的部分を担うものだった。しかし、ここ16年くらい、どこかの国で面倒な騒乱が起きた時、特殊部隊を派遣することが第一選択肢になってきている。そもそも目立つ通常部隊を派遣することは、政治的な問題を引き起こす。

しかし、特殊部隊をそのような場所に派遣することは、米兵を殺したがっている者たちを引き集めるという影響ももたらしてしまう。

しかも作戦の性質上、一般市民やほとんどの議員さえ、作戦の存在すら知らされない。また、特殊部隊をそのような地に配備することが、米国の安全保障に貢献するかどうかの検討もなされない。

さらなる問題は、特殊部隊の派遣の機会が増えるにつれて、個々の作戦の特殊部隊が手薄になるということがある。例えば、今年だけで四か国で11人の特殊部隊の人員が殺された。

また、特殊部隊の終わることのない度重なる配備は、隊員の精神的、肉体的荒廃につながり、ドラッグや精神疾患の問題が大きい。

9.11のテロの後で、特殊部隊への依存が高まった。9.11のテロにより、通常の軍隊が、テロリストに対処できないことが分かった。

ブッシュからオバマに大統領が変わったとき、オバマは軍縮の方針により通常軍の人数を減らしたが、そのことは特殊部隊の人数の増加につながった。トランプはその傾向を強めている。

最初に戻って特に近年、アフリカでの作戦が増加している。なぜなら、アフリカでアルカイーダとISの勢力が増大しているからである。

という、あまりこなれていない直訳調ながら、抄訳のようなまとめである。ともかく、グレイマンの世界が実はなかなかリアルであると分かったのは収穫だった。

ソースネクストのスーパーセキュリティ・ゼロについては、その防御能力と、更新料がゼロであることで使い続けてきたが、最近、その信頼感が揺らぐことが起きたので、以下に記してみる。

まず、スーパーセキュリティ・ゼロには、決済ブラウザというアプリが付属していて、要するにネットバンキングなどのサイトをアクセスすると自動的に立ち上がって、セキュアな通信経路を確立するというものだが、最近、困った問題が起きた。すなわち、ネットバンキングで普通にログインしたり、送金したりする分には英数半角入力で足りるが、例えば、ある出版社の定期購読料を払うときなど、送金人の名前の前に、全角文字で購読者コードを数字で入れたりする必要があり、要するに全角入力が必須である。これは今までできていたはずなのに、いくら操作しても全角入力に切り替えられない。そこで困って、自宅のもう一台の、ウイルスバスターが入っているWindows 10パソコンで手続きしたら、あっさりできた。

ソースネクストのサポートサイトに連絡したら、Fall Creators Updateのあと、この問題が発生するようになったという。そんな、Fall Creators Updateとウイルスバスターでみたように、トレンドマイクロは直ちに対応したのに、ソースネクストは対応が遅いではないか、と怒りたくなった。

それからしばらくして、天頂の囲碁7 Zenが発売されているというので、おっ、これで囲碁の方もプロ並の強さが楽しめると、迷わず注文して、届いたらすぐにパソコンに導入しようとした。ところが何度導入を試みてもエラーになってしまう。なんでも、スーパーセキュリティ・ゼロが身代金ウイルスであると判定して、導入を拒否しているらしい。えっ、と思って早速天頂の囲碁7の名前でウェブ検索してみた。もし本当にそうなら、ウェブ上で問題になっているはずであるが、そういう記事は全くみかけない。それで、自宅のもう一台の、ウイルスバスターが入っているWindows 10パソコンで手続きしたら、あっさりできた。ウイルスバスターが許可するのだから、身代金ウイルスというのは違うだろうと思った。

そこでスーパーセキュリティ・ゼロが入っているパソコンに戻って、何度も試みたがその都度拒否されてしまう。すなわち、導入を試みると、何かis-fn038.tmp\setup.tmpのようなファイルが拒否され、それは操作によって許可リストに入れられるのだが、導入を試みる度に生成されるファイルの名前が変わり、それがその都度拒否されるのでどうしようもなく、とりあえず導入を諦めることにした。

これより軽い症状であるが、電紋で報告したようなことや、リカバリーで書いたTeXWorksの誤認逮捕事件もあった。

こうなるとどうしても、ウイルスバスターへの乗り換えを考えてしまうのだった。

と思いつつ、ソースネクストのサポート・サイトに問い合わせのメールを出したら、比較的早く返事が来た。ウイルスバスターだとうまくいったんですよ、みたいな意地悪なメッセージを入れたのがよかったのかもしれない。その回答によると、要するに当該アプリのexeのファイル名を、スーパーセキュリティ・ゼロの「信頼できるアプリケーション」のリスト、すなわちホワイトリストに入れればいいというのだが、ええっ、そんなこと言っても天頂の囲碁7 Zenのプログラムが導入されていないではないかと思って、念のためディスクを確認したら、C:\Program Files(x86)\Mynaviというフォルダに、天頂の囲碁6 Zenというフォルダに並んで、天頂の囲碁7 Zenというフォルダというフォルダがあり、そこを開くと、Zenith.exeとunins000.exeがあったので、この両方を「信頼できるアプリケーション」に加えた。

ただ、この段階ではZenith.exeのショートカットをデスクトップに貼り付けようとすると、スーパーセキュリティ・ゼロにブロックされてしまう。実はパソコンを再起動させることでホワイトリストがconfirmされるのだった。

あとは、Zenith.exeのショートカットをデスクトップに貼り付けて、そのショートカットを天頂の囲碁7 Zenと手書きでrenameすることで、普通にインストーラで導入したのと同じになった。ということで、とりあえずウイルスバスターへの乗り換えは見送ることにした。

私は数学オタクなので、2012年に、望月新一氏がABC予想を証明したということで話題になったとき、私なりに調べて、あるいは計算して、以下のような一連の記事を書いた。

  1. ABC予想
  2. ABC予想の関連定理
  3. ABC予想の計算

その後、論文が難解すぎて、専門の数学者にも検証できないとか、本当に正しいのか怪訝に思われている、みたいな記事を眺めたりしているうちに、とりあえず記憶のスタックにプッシュされ、知らないうちにスタックの奥底に潜むようになった。

ところが最近、知り合いから、ついにABC予想の証明の検証が完成し、正式に正しいとして論文に掲載されることになったと知らされた。ええっ、そんな記事あったっけ、と思っていたら、なんでも朝日新聞に記事が掲載されたのだという。

そこで、ウェブで検索してみると、朝日新聞のウェブ記事と、J-CASTニュースの記事しか見つからず、朝日新聞のウェブ記事は有料会員向けで見れる内容が限定されていたので、J-CASTニュースの記事を引用させて戴く。
京都大学数理解析研究所教授を務める望月新一氏が数学界の難問「ABC予想」の証明を行ったとされる論文が、国際的な数学の専門誌である「Publications of the Research Institute for Mathematical Science」(PRIMS・京都大学数理解析研究所刊行)に掲載される見通しであることを、朝日新聞が2017年12月16日に報じた。これまで査読を続けてきたが、早ければ18年1月にも掲載が決まるとしている。
数学界の難問の証明とあって、称賛の声が多く上がっているのはもちろん、望月氏の「圧倒的な」経歴などについても注目が集まっている。

ううん、ついに証明が検証されたか、と私は唸った。そういえば京大数理解析研列伝に私は、以下のように、一行だけ書いた。

京大数理解析研で数論といえば外せないのは、ABC予想の望月新一氏である。宇宙際幾何学者を名乗り、いかにも怪しい(妖しい?)雰囲気なのだが、間違いなく天才のようである。
これは私がABC予想や望月新一氏に興味がないわけではなく、単にあまりにも知識が少なすぎて、書けないのである。

ところで、京大数理解析研のホームページにおける、望月教授の紹介文を私なりに抜粋して紹介させて戴く。

(前略)2000年以降の研究では,
   (d) 絶対p進遠アーベル幾何 ([5], [10])と
   (e) 組合せ論的遠アーベル幾何 ([8])
を中心に,上の三つのテーマの「相互作用」や「融合」に関心の対象が移った。 特に有限体上の双曲的曲線と数体の間の古典的な類似の延長線上にあるもの として,(a)にヒントを得た形で,((b)の延長線上にある)(d)と(e)を用いて, (c)をスキーム論の枠組みに収まらない幾何([6], [7])の下で再定式化することにより,「宇宙際タイヒミューラー理論」(=「数体に対する一種の数論的なタイヒミューラー理論」)を構築することが大きな目標となった。
 「宇宙際タイヒミューラー理論」に関する4篇からなる連続論文は2012年8月, プレプリントとして公開した(理論の要約については[9]を参照)。4篇 で500頁にも上る連続論文の内容を一言で総括すると,数体上の楕円曲線に 付随するテータ関数の値やその周辺にある数論的次数の理論を,絶対遠アーベ ル幾何等を用いて(比較的軽微な不定性を除いて)「異なる環論」にも 通用するような形で記述することによってディオファントス幾何的な不等式を帰結するという内容である。(以下、略)

あと、京大数理解析研に山下剛という講師の方がいらっしゃって、

近年は, 望月新一氏による宇宙際幾何学のさらなる発展の方向性で同氏と共同研究をしている.
ということである。

その他、これに尽きるものではないが、京大数理解析研の無限解析研究部門 准教授の星 裕一郎氏、ミシガン大学のJeffrey C. Lagariasなどが宇宙際タイヒミューラー理論(IUT)の理解者だという。

私としては、最近とみに紙面が充実している数学セミナーで、ABC予想特集が組まれるのを待つとしよう。

当然かもしれないが、かなり頻繁にアマゾンから本の紹介メールがくる。大抵は無視するのだが、たまたま、梶永正史「パトリオットの引き金」講談社ノベルズを見かけたとき、知らない作家だがつい読みたくなって、早速注文した。

本が着いて、あらっと思ったのは、新書版で二段組みで、普通の文庫版を期待していたのでちょっとがっかりした。それでも読み始めて慣れると、あまり気にならなくなった。

さて、このストーリーの主人公は、警視庁捜査一課の田島慎吾と、その後輩で相方の女性刑事、毛利恵美。田島は、38歳で独身の警部補。協調性がなく、潔癖で筋を通すので、同僚の刑事から嫌われている。しかし独特の嗅覚で事件の真相をあぶりだすので、一目置かれている面もある。強いていうと、黒蟻の蟻塚警部補とよく似ている。

その蟻塚の相方の安達今日子巡査長は、キックボクシングが世界チャンピオン級に強いが、田島の相方の毛利は、帰国子女でスタンフォード大卒業の秀才なのだが、アメリカで自由に育ったせいか躾が全くなっておらず、階級が上の田島に対して平気でため口を利いたりする。ただ、秀才らしく鋭い分析をみせる場合もある。

そんな田島と毛利は、緊急通報で死体発見現場に駆け付けた。行ってみると、どうも暴力団組員が殺されたらしい。刃物で一刺しである。どうみても暴力団の抗争がらみなのだが、田島が違和感を感じていると、急に組対の刑事たちがやってきて、田島たちは排除されてしまった。普段から田島と組対は犬猿の仲で、悔しいが力関係では組対が上である。

それで田島と毛利は渋々本庁に戻った。すると、普段から何かと目をかけてくれている原田管理官が、田島と毛利に、ある事件の捜査をアサインした。それは、世田谷署管内での交通事故である。そこの青木という警部補が、交通事故の裏には何かがあると勘で関知し、原田管理官に連絡してきた、という次第である。

交通事故は、坂本という自衛官が突然道路に飛び出して、車に轢かれ、亡くなったというものである。田島と毛利は、その自衛官という地位に着目した。そして、交通事故のみせかけた殺人ではないかと周囲の監視カメラをチェックしたところ、坂本が亡くなる直前に会っていた男たちがいることが分かった。

さらに調べていくと、坂本が会っていたのも自衛官らしいと分かってきた。そこで坂本が所属していた陸上自衛隊・朝霞駐屯地に田島と毛利が訪ねていって、坂本のことを聞くと、警護官の松井という男にひどく警戒されて、二度と来てはいけないと、けんもほろろに追い返された。

そこで田島と毛利は、坂本の実家を訪ねた。そこで、坂本が、その三人の仲間とともに、アフリカのPKOに参加していたことを知った。また、そこにあった坂本の遺品の週刊誌から、PKOでなにか問題があったらしい、ということが分かった。

そこで田島と毛利が朝霞駐屯地あたりに行き、嗅ぎまわっていると、松井警護官に見つかり、叱責された。しかしあくまでも田島が食い下がっていると、松井が問題の一部を話してくれた。それは、坂本の同僚が、ある怨恨から、とんでもない計画を立てているというのである。

なにしろ、自衛隊員というと戦闘のプロであり、かなりの訓練を受けている警察といえども、武装した自衛隊員には対抗できない。ただ、捜査という点では警察に一日の長がある。こうして警察と自衛隊で共同戦線が張られることになった。

ここからはストーリーのコアなので省くが、警察と自衛隊のコラボが目新しくて、最後の緊迫した場面もよかった。梶永正史、なかなかの書き手とみた。

加法定理

user-pic
0

先日、横須賀の研究所に出張して、打合せまで、まだ時間があったので、ディジタル信号処理の本を読んでいたら、突然、三角関数の加法定理を今更証明してなくてはならない、という気持ちになった。それでとりあえず10分くらい考えて、以下の方法を思いついた。

それは、有名なオイラーの定理を使う方法で、まず以下のとおり書き下す。
e = cosα + i sinα
e = cosβ + i sinβ

この式の左辺同士、右辺同士を掛け合わせると、
ei(α+β) = (cosα + i sinα)(cosβ + i sinβ)

例えば、これの実部同士を比較すると、
cos(α+β) = cosαcosβ - sinαsinβ

なんだ楽勝じゃんと思い、ディジタル信号処理の本に戻ろうとしたら、ちょっと待てぃ、と自分の気持ちの中から待ったがかかった。なんだよう、と問いかけたら、もっと初等的な、例えばピタゴラスの定理を使うような方法でやれ、という。るっせ~な、オイラーの定理を使う方法だって十分初等的じゃん、と思いつつ、改めて考えてみたら、これが意外に難しい。そういえば、何年か前も三角関数の加法定理の証明を試みて、そのときは30分くらいで計算できたことを思い出した。で、あのときどうやったっけと思い出そうとするのだが、どうしても思い出せない。で、仕方なくいまさら考えたが、仕事の打ち合わせが終わって電車の中と帰宅してからと合計して3時間くらい考えて、やっと、以下の到底エレガントでない方法に思い至った。頭、悪すぎである。

それは、下記の図から出発する。

この図において、線ADの長さを1とし、BADの角度をα、CADの角度をβとする。すると、線ABの長さは1/cosα、線ACの長さは1/cosβ、線BDの長さはsinα/cosα、線CDの長さはsinβ/cosβとなる。

そこで、線ADの長さをL(AD)のように表記すると、ピタゴラスの定理だけを使って導き出される既知の公式によると、
cos(α+β) = (L(AB)2 + L(AC)2 - L(BC)2)/2L(AB)L(AC)
=( L(AB)2 + L(AC)2 - (L(BD) + L(CD))2)/2L(AB)L(AC)

これに、上記具体的なsinとcosを用いた式を代入すると、

これをもう少し変形すると、

ここまでくると、これがcos(α+β) = cosαcosβ - sinαsinβとなることは見やすい。それにしても、不慣れなので、PowerPointで数式を描くのにも一苦労だった。

もうすこし冴えたやり方はいくらでもあるようであるが、こういう筋の悪さはいかにも自分らしい。

野生の感性

user-pic
0

ブログを書くなんて所詮暇つぶしの余技なのだが、それでも、あとで自分で読み直してみて、いろいろ考えることもあるので多少の意義はあるとおもっている。

それで、市技で、「高校時代不良ではないにしても、生意気な生徒で何人かの先生に嫌われており、誰一人私が頼れる先生はいなかった。」と書いたことに関して、なぜそんなことになってしまったのだろう、と改めて考えてみた。

まず私の場合、孤島で育ったことが大きい。本屋の一件もない。自宅にも週刊誌くらいしかなく、両親は勉強に全く関心がなかった。それでも、一応世間の習慣のように、勉強しないと私を叱ることはした。しかし私はおそらく、一秒たりとも両親から勉強を教わったことはない。

また島には、学習塾もなかった。元学校の教頭など、勉強を教えるスキルのある人はいたが、学習塾を開くに至っていなかった。

両親から十分な学習機会が与えられなかったが、そのことを私は残念に思ったことは、ほとんどない。それはとりあえず親としての愛情という意味では不足がなかったからである。偉い人になれとか、そういうプレッシャがなく、一切習い事も強制されなかった。そもそも習い事に行く場所も身近になかったし、貧乏でそういうお金は不足していた。

私にとって一番よかったのは、母方の祖母に可愛がられたことである。祖母は孫の私を、猫かわいがりということはないが、広い心で包んでくれた。しかし祖母は曲がったことが大嫌いで、そこは折れなかった。放埓な私の人生が発散し、あるいは崩壊してしまわなかったのは、祖母の倫理的な教えによるところが大きい。

私は自分でいうのもなんだが、子供の頃から勉強は好きだった。それで友達と遊ぶより、学校の図書室で本を眺めているのが楽しかったが、そういうことばかりしていると友達から一層遠ざかってしまうので、友達の輪に入っていった。具体的には、かっちゃんやたかちゃん、しげさんなどの愛称で呼ぶ友達がいて、一緒にすごす時間もそれなりに楽しかった。

私が孤立するようになったのは、親が島内で別の家を買って、そちらに引っ越したときである。そこは別部落で、仲良しの友達がおらず、私は虐められた。といっても、殴られたり金員をせびらりたりするような辛辣なものではないが、単に無視され疎外された。それで仕方なく自宅に籠って、母に頼み込んで買ってもらった図鑑を、それこそページが破れるほど何度も読んだ。でもそれは学校の勉強とは関係なく、成績はいまいちだった。私はいまもそうだが、昔から圧倒的な運動音痴で、おまえは運動ができないが勉強も大したことがないと近所の同級生に言われたときは、流石にカチンときた。そのとき私は、両親にない負けん気の強さをもっていることが分かった。おそらく、母方の祖父から受け継いだものだろう。母方の祖父は戦争で死んだので、まったく面識はないが、学校の成績は、あくまでも島の範囲ではそこそこよかったらしい。将棋もまあまあ強かったという。

それで、私の負けん気の強さは、小学校六年頃覚えた将棋に発揮された。将棋に努力を傾けることで脳が活性化されたのか、中学に上がると勉強が楽しくなり、毎日予習と復習を怠らなくなった。誰かが紙に書いて記憶するといいよとアドバイスしてくれたので、ざら紙を買い、それに文字を書きまくって勉強した。ただ、自習の限界で、沢山疑問が残った。例えば英語の現在完了形の使い方がどうしてもわからなかったので、授業のあと先生に聞いたが、短い時間では到底説明してもらえなかった。それで分からない場合は仕方なく我流の理解でやっていくしかないと開き直った。

我流で開き直るのはいいが、それが自分の習い性となってしまった。それで、誰かに教えを乞うという態度が欠落してしまった。そのあたりから、学校の先生に素直に従えなくなったのだろうか。わからないが。

それでも、高校に進学すると、私より勉強のできる生徒と友達になったりして、勉強方法を教わったりした。そのころは父親の収入も少しは増えたので、頼めば学習塾に行かせてもらえたかもしれないが、卓球部のクラブ活動が忙しく、しかも船で通うのでとうとう塾には行かずじまいだった。

こうして、勉強は好きだが、ちゃんと教わることは苦手で、それを補うため無駄な自習を繰り返す自分が出来上がってしまった。しかも妙に自我が強くて、目上の人であれ、何か注意され、それが気に入らないと露骨に反発する。まあ要するに、気ままな野良猫的である。

そんな素直でない私だが、師匠と呼べる人に出会ったのは、大学の将棋部と、外資系の、所属部門の元部長の人である。それぞれの師匠の方からは本当に多くのものを学ばせて頂いた。ああ、自分も師から学べるんだ、と思った。もしもであるが、大学の物理学科で、私のような者を受け入れてくれる感性の教官の方がいらしたら、その方に師事して、なんとか物理学者の末席を汚せたかもしれない。でも、そんなタラレバを今更言っても仕方がない。

野球の今昔

user-pic
0

今年になって熱心にプロ野球をテレビで観戦するようになったのだが、それで昔と比べて気づいたことをメモしたりした。その内容を書き下して、適当にコメントしてみる。

すると、まず最初に挙げたいのがスコアのBSOである。これは言うまでもなく、ボール、スコア、アウトなのだが、昔はこれはSBOだった。方言のアクセントのように私にはSBOのままでなので、いまだに野球を観ていて、ボールの数とストライクの数を混同したりする。困ったものである。これはいつから、またどんな理由で変更になったのだろう。相当前から、ということは分かっているのだが。

また、変化球の種類も増えた。例えば、ツーシーム、カットボールなどである。これがどんな投げ方でどんな変化するのか未だに理解していない。ウェブで調べれば簡単に分かるはずなのに、である。一方、昔ときどき聞いた、ナックルボール、パームボールというのは一切聞かなくなった。最早変化球として使われていないのだろうか。

あと、投手起用も随分変化した。昔は、先発と中継ぎの区別くらいしかなかったが、カープで江夏が活躍したあたりから、抑えの切り札という概念が出てきて、大魔神だの守護神だのと呼ばれるようにもなった。もっと最近では、中継ぎ要員が何人もいて、基本的に一人1イニングしか投げない。それで中継ぎで失点を0に抑えて結果的に試合に勝つと、ホールドというポイントが付く。中継ぎの最後を務める人は重要な役割で、セットアッパーと呼ばれる。そして最重要なのが最後を務めるクローザーで、ある範囲内の得点差を保ってそのまま勝ち切るように登板するとセーブポイントがつく。今年の日本シリーズを観ていると、DeNAは下克上から健闘したが結局最後は、ソフトバンクのサファテと、DeNAの山崎康晃のクローザーとしての力の差が出た。しかしなんといっても、DeNAは筒香はじめ、山崎康晃など主力選手の平均年齢が若い。今後も確実にカープにとって強力なライバルとなるだろう。

そうそう、最大の変化はCSの導入である。野村ノートで野村克也氏は、CSに反対していた。理由は例えば、セリーグもパリーグもCSでどちらも三位のチームが勝ち上がって戦うとしたら、それが日本シリーズといえるのか、と批判していた。実際今期のセリーグを、2位に対して10ゲーム以上差をつけてぶっちぎりで優勝したカープが日本シリーズに出れないのはおかしくないかという意見が結構あった。カープファンの私としては、そうだそうだと諸手で賛成したいところだが、制度は制度なので、負けたチームが何言っても言い訳になってしまう。まあでも、別の見方では、CSがないと、もし早めにあるチームが優勝を決めてしまうと、そのあと全てが消化試合になって著しく気が抜ける。CSがあると、下位のチームももしかして三位以内に入れるかと頑張り、上位チームは順位を死守しようと必死になる。CSそのものの死闘だったりして、確実に盛り上がり、プロ野球の興行収入は増える。そういうビジネス的観点からやはりCSは是であるとおもう。

ビジネス的観点という意味では、毎試合有名人を招待して始球式をしたり、ラッキーセブンにチアガールが踊ったり、各チームが人気グッズを販売してかなりの利益を上げたりと、少しでも人気を盛り上げるのに懸命で、お陰で、昔は球場は、巨人戦以外は観客が数千人しかおらず閑古鳥が鳴いていたのに、今ではどんな試合も1万人以上観客を動員していて潤っている。しかしそれでも人気を鼓吹する策を怠ると一気に下落するので大変である。

国民栄誉賞

user-pic
0

12月13日(水)の朝刊をみて、ええっと驚いた。以下、読売新聞のウェブから引用する。

政府は、将棋で史上初の「永世七冠」を達成した羽生善治竜王(47)と、囲碁で初めて七冠を2度達成した井山裕太棋聖(28)に、国民栄誉賞を同時に授与する方向で最終調整に入った。
前人未到の偉業で将棋界と囲碁界の発展に寄与した功績を評価した。将棋・囲碁の棋士の受賞は1977年の賞創設以来初めてとなる。
政府関係者が明らかにした。安倍首相は13日にも両氏への授与を検討するよう指示し、有識者の意見を聞いた上で年内にも正式決定する。表彰式は年明けとなる見通しだ。

今までの国民栄誉賞の受賞者を思い出してみて、羽生竜王と井山棋聖が受賞することは全く遜色がないと思うが、今なのか、といううれしい驚きなのだった。囲碁・将棋は、なんとなく、スポーツや芸能と比べて人気が地味なのではないかという気後れがあったりする。

それにしても、こうなってみると、イベント・バイアスのバイアスは想像以上に大きかった、ということになる。なぜなら、なにかの間違い?で渡辺が竜王を防衛していたなら、永世七冠はなく、すると井山棋聖にだけ国民栄誉賞というのはバランスを欠くようでいかにも味が悪く、結局、囲碁・将棋の棋士への国民栄誉賞は流れてしまい、永遠にhappenしなかったかもしれない。

あと、冷静に考えると、羽生に比べて井山が少し若すぎるような気がしないではないが、羽生が永世七冠になった直後の今が旬で、やはりいろいろな意味で今しかないといえる。

ところで、今朝の朝刊をみると、政府は一年前半からこの国民栄誉賞授与を検討していたというのだが、その頃、七冠を維持していた井山はともかくとして、羽生は佐藤天彦にあっさり名人位を奪取されて不調を喧伝されていたのであり、永世七冠はその頃、夢物語に思えた。このあたりどうもよく分からないのであった。

LME288エラーについて、リンク・エラーの問題解決のあと、パソコンを何度も再起動したりして、騙し騙しC++ Builder XE4を使ってきて、なんだかすっきりしない状態が続いていたが、Fall Creators Updateを適用した後はLME288エラーが起きなくなった。

おお、ついにWindows 10の側でバグが解消されたかと気をよくしていたら、あるWindows Updateのあと、またLME288エラーが頻発するようになった。これはいよいよ、Visual Studioに移行するしかないかと覚悟を決めそうになったが、そうだ、最後にあの手を試してみようと、記憶を辿ってGoogle検索した。それはまさに、Visual Studioに付属のeditbinを使うもので、検索した情報に従い、次のようにした。

まず、例えばC:\tempというフォルダを作成し、C:\Program Files(x86)\Embarcadero\RAD Studio\11.0\bin\のフォルダからそこに、bcc32.exeとilink32.exeをコピーする。そしてそのフォルダ内で、バックアップのため、bcc32.exeとilink32.exeをそれぞれ、bcc32_old.exeとilink321_old.exeとコピーしておく。

次に、Windows 10のスタートメニューを開く。そこで、特に文字入力ボックスがあるわけではないが、"dev"とキーインすると、"Developer Command Prompt for VS2017"など、いくつか"dev"で始まるメニューがあらわるので、"Developer Command Prompt for VS2017"を選ぶと、C:\Users\xxx\source< というコマンドラインがあらわれる。

そこで、そのコマンドラインで、C:\tempにディレクトリを変更し、次のように、入力して改行キーを押す。

editbin /LARGEADDRESSAWARE bcc32.exe
要するに、"Developer Command Prompt for VS2017"では、editbinに対するパスが通っているということである。

次に同様に、editbin /LARGEADDRESSAWARE ilink32.exeとする。これらの操作により、ファイルサイズは変わらないが、bcc32.exeとilink32.exeのどこかのバイトが書き換えられ、タイプスタンプも書き換えた時点のものに置き換えられる。

そこで、exitで"Developer Command Prompt for VS2017"を抜け、書き換えたC:\temp上のbcc32.exeとilink32.exeを、C:\Program Files(x86)\Embarcadero\RAD Studio\11.0\bin\に書き戻す。このとき、管理者権限でないと上書きできない、みたいにプロンプトされるが、強制的に上書きするというボタンをクリックすると、上書きされる。

ここでほっと一息で、C++ Builder XE4上で任意のプログラムをコンパイル&リンクしてみると、あらっ、依然としてLME288エラーが出る。そこで、あっそうかと気づいて、システムを再起動したら、今度はちゃんとコンパイル&リンクできた。

しかし私は今まで散々、手段を尽くしてLME288エラーが出なくなったと思ったら、しばらくしてまた出たという目に遭ってきたので、まだ信じられない。しばらく様子をみるとしよう。しかし、editbinを使う方法はおそらく最終手段なので、もうこれ以上打つ手はないのだった。

そういえば、C++ Builder XE4のよくわからないエラーでは、HAMarker.exeというEmbarcaderoが提供したツールを使い、HAMarker -M -Filink32.exeのように、機能的にはeditbin /LARGEADDRESSAWAREと同様と思われる処理をしたが、それが結局功を奏さなかったのは、bcc32.exeにもHAMarkerを適用しなかったからいけなかったのか、それともHAMarkerが、editbinと違ってWindows 10とは互換性がなかったのか、そのあたり不明である。しかし最早そんなことを追及してみる気もおきないので、このまま様子をみることにする。

特許調査員である私は、そんなに仕事として似ているわけではないが、情報を調べるという意味で探偵の仕事にも興味があって、それで探偵の探偵Ⅲまで興味深く読み、続きの探偵の探偵Ⅳも買ったのだが、主人公の紗崎が念願の復讐を果たしたことで、半ば完結してしまったように感じた私は、つい他の本に移ったまま、なかなか探偵の探偵に戻らないでいた。

しかし、何か借りがあるような気がして、そろそろopen endのままの「探偵の探偵」を読むことにした。すると、「探偵の探偵Ⅳ」では、紗崎は竹内探偵事務所に移籍し、琴葉はスマ・リサーチに残り、物理的に離れてしまったのだが、それ以上に「探偵の探偵Ⅲ」での事件で紗崎も琴葉も大きな心の傷を負ってしまった。

そのため紗崎は竹内探偵事務所で抜け殻のようになり完全に戦力外扱いを受け、一方の琴葉はスマ・リサーチの桐嶋から探偵としての訓練を受けるのだが、琴葉はこちらの才能がないのか、どうもなかなか上達しない。そんな琴葉はあるとき突然失踪してしまい、スマ・リサーチの社長以下、心配した。

ところが、驚くべき事件が起きてしまった。それは東京拘置所に拘置されている凶悪犯が侵入した何者かに殺され、なんと琴葉が関与した疑いがある、というのである。

東京拘置所は一旦拘置されると脱出するのは極めて困難であるが、一方、部外者が密かに侵入するのも、ある意味それ以上に困難である。そして、探偵として訓練を受けているとはいえ、まだ未熟な琴葉が単独で、そんな真似ができるわけがない。それで警察は、伝説のスーパー探偵で、琴葉とも縁が深い紗崎が琴葉に協力したに違いないと決めつけ、猛然と紗崎の跡を追った。

一方の琴葉は、警察の追手を逃れつつ、宿敵だった死神の師匠格の精神科医、姥妙が関与したに違いないと推理した。そしてそれらしい男をマークして追うと、その男は樫山といった。果たして樫山は実は姥妙かと怪訝になりつつ、ともかく樫山にアタックして情報を探っていると、いろいろな事実が浮かび上がってきた。

それから紗崎は警察の疑いを晴らすべく、捨て身の行動をとると、いよいよ姥妙と決死の対決を画策するのだった。

最後まで読み終えて、「探偵の探偵Ⅲ」までに比べるといまいち緊迫度が足りないような気がしないでもなかったが、ここまで命を張ってやってきた紗崎にはこれくらいの緩みもあってよいではないかと思ってしまう。

それにしても極めつけの美人で、しかも他人に頼りたがらない紗崎は、却って男の庇護欲を刺激し、スマ・リサーチの社長も、竹内探偵事務所の所長も、さらにはメディアの逢坂も、乱暴狼藉を繰り返す紗崎に甘く、急所で援助の手を差しのべてしまう。

私もつい紗崎に期待して続編が読みたいのだが、流石にⅣで完結だろうか。末尾には続編もありえるような一言があったが。

j-castニュースで、以下のような記事をみて驚いた。

北海道大学の読書サークルに所属する学生が、あるミステリ小説の感想をツイートしたところ、投稿を目にした作家本人から「バカ」「クズ」「猿」などと罵倒される騒動があった。
北大サークルの感想に反応したのは、東大法学部卒の作家・古野まほろ氏。ツイッター上で、学生の感想について「なんだその口の利き方は、本人の前で言えクズ」などと投稿。さらには、北大の偏差値を馬鹿にするような内容のツイートも投じている。

学生からのツイートの内容は、以下のようなものだった。

ミステリ愛溢れる1冊、ですが最後の謎解きは不要、もしくは必要だが面白くないという人が多かったです。暗唱のシーンが良かったですね。内容とは関係ないですが登場人物の名前が覚えられないのは何故か、という話題が盛り上がりました

で、古野氏がカチンときたのは、「登場人物の名前が覚えられない」という件のようらしいが、それがそんなに辛辣なコメントだろうか。私はかなり日常的にアマゾンの本のコメントを見ているが、相当厳しい内容のものがあり、これなど相当穏当のように思えるのだが。

じっさい私も一応、ミステリファンの端くれを自認しているが、特に多数の登場人物がいたり、カタカナの外国名の人が登場したりする場合、登場人物の名前が覚えられないとよく感じる。それは、頭が悪いからと言われたら、まあ反論できないが。

それにしても東大卒だからといって、北大を偏差値で馬鹿にするなど、ありえないことである。なお、私の知る範囲では、北大は少なくとも情報通信技術の分野で日本トップクラスのレベルにある。偏差値とか、本質的ではない。

また、数学や物理学などと違って、作家というのは私のみるところ、感性の仕事なのであって、おっ、すごいと思った作家がじつは高卒の学歴だった例は山ほどあって、最早学歴なんて関係ないと思っている。むしろ、規格外のスケールの大きい作品ほどそうだったりする。

さらにまずいのは、このツイートをきっかけに、古野氏がウェブ上で叩かれまくっていることである。例えば、このことをきっかけに、アマゾンの古野氏の著書のコメントに、最低ランクの評価の酷評がたくさん書かれまくっている。ちょっとしたきっかけから炎上してしまうのがウェブの怖いところである。これを払拭し、評判を回復するのは容易ではない。

そういえば、以前に藤岡真の「ゲッペルスの贈り物」創元推理文庫というのを買って、アマゾンのコメントをみたら、低評価の嵐で、他の著書もそうだった。その一番の原因は、何かの炎上ツイートがあったせいらしい。

すると、作家は、物書きとして稼ごうと思うなら、世間から非難を浴びるようなウェブ上のコメントは厳に避けるべきということになる。まあ、当たり前か。デパートで販売員がお客に喧嘩を売っていては確実に売り上げは激減だろう。

古書店で、内田樹氏の「街場の大学論」角川文庫というのをみかけて、面白そうなのでとりあえず買ってみた。そしてあまり期待しないでパラパラとページをめくってみたら、なかなか面白いので、最後まで読んでしまった。そこで簡単に感想を書いてみる。

そもそも私が内田樹氏のファンになったのは、日本辺境論街場のメディア論などの著者を通じてだが、「街場の大学論」は、これらの著書より前にあちこちに書いたものを纏めたものである。

それでいて、妙に臨場感があるのは、内田氏が大学教授として学部内改革などで苦労しているからである。

だから、内田氏が、神戸女学院大学に勤務しながら、女子大が学生を集めるのに苦労しているというくだりも実感がこもっていてよい。そもそも昨今、実務的でない文学部というのを廃して人間関係学部とか少しでも人気の出そうな学部名にしているところ、神戸女学院大学は文学部を堅持して、それでいてなんとか受験者数を維持しているのは硬派でよい。

ところで、この本に限らず、どんな大学論の本も、昨今の大学生のレベルの低下を嘆くが、私はどうも信じられない。というのは、そういうほど昔の学生は優秀だったのかという逆の問いかけである。むしろ若いサラリーマンをみていて優秀な人がよく目につく。それは単にダメ学生だった自分を基準にしているからなのだろうか。

あと、へぇと思うのは、内田氏が、東大合格数が日本でトップだった時代の日比谷高校の出身者だったということである。へぇと思うのはそれだけではなくて、内田氏は最初の頃成績が上位だったのに次第に下落してきて、それで自主的に高校を退学してしまったことである。秀才であるがゆえの蹉跌だろうか。普通はそこで不良になるなど身を持ち崩すのであるが、日比谷高校の優秀な同級生たちと友情を維持し、大検に合格して、学生運動のため東大入試が中止になったので京大を受けて落ち、翌年になんとか東大に合格したというレジリエントぶりを示していることである。しかし折角東大に合格しても学生運動に参加したり、なかなか勉強に目覚めず、遅咲きで学問に志すのだった。ここらあたりの人間臭さは、今の著書からも窺える。

最後の圧巻は、内田氏が2006年に、文部科学省私学行政課長の杉野剛氏と面談し、大学行政に関して率直な意見を述べていることである。さらに面白いのは、杉野氏が直談判のような内田氏の意見に対して、なるべく誠意をもって丁寧に回答していることであり、文部科学省にも教育のことを真摯に考えてる人がいるんだと思った。しかし大学の体制は、より管理が強くなる方向に動いてしまっている。なので大学の未来は決して楽観できない。それでも内田氏の発する警鐘は有意義だと思う。

永世七冠に記したように、竜王戦第5局は羽生棋聖が勝ち、見事永世七冠を決めた。そこで、竜王戦第5局の棋譜を辿ってみることにする。戦型は、流行の一つ、角換りになった。例によって37手目まで一気に進める。

【図1】 37手目▲4五銀まで
持ち駒:△渡辺竜王=角



持ち駒:▲羽生棋聖=角
羽生は、いきなり▲4五銀とぶつけた。これは定説では駄目といわれていた手だそうで、羽生なりのチャレンジの手である。以下、△5五銀,▲2五桂,△4二銀となったが、後の端攻めの展開をみると、△4二銀では△2二銀の方がよかったかもしれない。次に羽生は▲1五歩で、これは当然の手のようだが、いったん▲2九飛と引いて、△3七角を避けておく手もあった。▲1五歩以下は、△3七角,▲2九飛,△4六角成,▲4九飛と進んだ。

【図2】 46手目△1五歩まで
持ち駒:△渡辺竜王=歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=角
ここでじっと渡辺が△1五歩と取ったのは、王者の風格といいたいところだが、多分これは緩手で、代わりに△8六歩と味をつけて様子を見る手が優ったのかもしれない。△8六歩に▲同歩なら△8五歩、△8六歩に▲同銀なら△2四歩のような感じで難解だが、後手にとって本譜よりいいだろう。
△1五歩の後は▲4六飛,△同銀,▲3四銀,△8六歩,▲同銀,△5七銀成,▲同金,△5九飛,▲8八玉,△5七飛成と進んだ。

【図3】 57手目▲6八銀まで
持ち駒:△渡辺竜王=金歩3



持ち駒:▲羽生棋聖=角2歩2
ここで▲6八銀が手堅い。△4八龍に羽生は、▲5七角とさらに追及する。してみると、△4八龍は△4七龍の方がよかったか。▲5七角以下は、△4九龍,▲1二歩,△同香,▲1三歩,△同香,▲同桂成,△同桂,▲同角成,△2二金打と進んだ。

【図4】 69手目▲1五香まで
持ち駒:△渡辺竜王=桂歩5



持ち駒:▲羽生棋聖=角桂香歩
ここで▲1五香がピッタリの手だった。以下△1三金に、羽生はいったん▲6七角を決めた。以下、△1九龍,▲1三香成,△4一玉,▲4四歩。羽生は▲4四歩に手応えを感じたという。これに△同歩だと、先手陣に底歩が利く。

【図5】 76手目△9四桂まで
持ち駒:△渡辺竜王=角歩5



持ち駒:▲羽生棋聖=金桂香
なので渡辺は、▲4四歩に手抜きして△9四桂と攻めあった。これに対して羽生は▲2三成香で、次に金を取って王手なので、後手は手抜けない。なので△2三同金,▲4三歩成,△8六桂,▲同歩と進んだ。ここで渡辺は△6九角としたが、いかにも気が利かない手である。△8七歩などなかったのだろうか。他に目につく△8三香は、▲8七香と受けられて続かない。ともかく△6九角に▲8四香が炸裂した。これは飛車取りというだけでなく、▲4二と,△同玉,▲4三銀打△5一玉,▲6三桂,△6一玉,▲7一金,△同飛,▲同桂成,△同玉,▲8一飛,△7二玉,▲8二香成,△6三玉,▲5五桂の詰めろになっている。そこで仕方ない△8四同飛に▲4二と,△同玉となって。

【図6】 投了図 87手目▲4三銀打まで
持ち駒:△渡辺竜王=銀香2歩6



持ち駒:▲羽生棋聖=金桂2歩2
▲4三銀打以下簡単な詰みなので渡辺が投了して、ここに羽生が竜王位を奪還し、晴れて永世七冠となった。

総評として、個々のどの手というわけではないが、渡辺の手が粘着力を欠き、あっさり押し切られているように思った。まあそのうち渡辺も復活するだろう、時間はかかるかもしれないが。

いっぽうの羽生竜王(最早、こう呼ぶのが妥当だろう)は、以下のように積極的な指し手が目立った。

  1. 竜王戦第1局の【図2】の▲1五歩
  2. 竜王戦第2局の【図2】の△7七桂打
  3. 竜王戦第4局の【図5】の△3六桂
  4. 本局の【図1】の▲4五銀

最後に、時事通信ドットコムの村上 政俊氏の記事から一部を引用させて戴く。

今振り返ってみれば、羽生は「王位」も「王座」も捨てたのだった。どちらのシリーズでも羽生はわずか1勝しかできなかった(菅井4勝、中村3勝)。将棋の内容もどこか淡泊に感じられた。
しかしそれは、羽生の衰えの表れというよりも、合理的な選択と集中の結果だったといえよう。普通の棋士にとっては、1期獲得するのも至難の業であるタイトルを弊履の如く捨て去り、最後に残った永世称号を「竜王」戦で獲得することに照準を合わせていたのだった。「竜王」戦決勝トーナメントで対局した棋士たちも、「永世竜王」に賭ける羽生の意気込みを感じていたという。
羽生にあったのは、現状を打破しようという飽くなき探求心だ。この「竜王」戦第3局で、羽生は中飛車という振り飛車戦法を採用した。将棋の戦法は、最強の攻め駒である飛車の動きによって、居飛車と振り飛車に大別される。振り飛車はアマチュアの間では根強い人気を誇るものの、現在のプロ棋界では居飛車が主流。羽生自身も居飛車の採用率が圧倒的だ。にもかかわらず、大一番で迷うことなくわずか3手目で振り飛車を採用した。単純な勝ち負けを超えたところで将棋を指す姿勢が、ここに表れている。

私は、「竜王」を獲得するために「王位」も「王座」も捨てた、という件はまったく同意である。ただ、「竜王」戦第3局は、現状を打破しようという飽くなき探求心ではなく、ピッチャーでいえば、カウントに余裕があるので一球は遊んだのである。ふつう、ピッチャーは、よほど格下の相手や特殊な状況でないと、三球三振は狙わない。

AlphaZero

user-pic
0

12月6日にISSEIさんからコメント戴いた、AlphaZeroについて、ねとらぼの記事に基づきまとめてみる。

その記事によると、以下のとおり:

世界最強の囲碁AI「AlphaGo Zero」を開発したDeepMind(Google関連会社)が、チェスと将棋のAIに関する論文を発表しました。AlphaGo Zeroと同様の手法を使い、24時間で既存の最強AIを超える実力に至ったとのこと。
AlphaGoは2017年5月、世界トップ棋士である中国の柯潔(かけつ)九段に3戦全勝した囲碁AI。もともと人間同士の棋譜(対局データ)を学習させていましたが、進化したAlphaGo Zeroでは人間の棋譜を用いず、AIによる自己対戦のみで強くする「強化学習」が用いられました。

何度読んでも、ほんまかいなと思ってしまう。しかし、いくらなんでも天下のDeepMindが、ガセの内容を発表するわけがない。具体的には以下のとおり:

今回の論文では、AlphaGo Zeroで用いられた手法を「AlphaZero」という名称で一般化し、チェスと将棋にも適用。24時間の学習の結果、チェスでは既存の最強AIとして知られる「Stockfish」相手に100戦して28勝0敗72引き分け、将棋でも同じく最強AIである「elmo」相手に90勝8敗2引き分けという戦績を残しました。

それにしても、ポナンザで、

ただ、AIの手法も駆使したからといって、ポナンザが単調増加で強くなるわけではない。むしろ強くなればなるほど、棋力の向上は大変である。現在では、前の版と3000局指して、52%以上の勝率になることを目指している。こういう棋力の向上策は、いまのところ暗中模索である。
と書いたこととは全くパラタイムが違うということである。

そういえば、AlphaZeroのアナウンスは、ISSEIさんのコメントのように、私が永世七冠を投稿した日だったが、その朝私は、まだAlphaZeroのことは全く知らず、通勤の行きの電車で、深層学習の専門書のボルツマン・マシンの章を一心不乱に読んでいた。あまりに没入したので、電車を降りて、昼食用のパンとおにぎりを例によって三鷹のローソン100で買うとき、ポンタカードを一度出したのを忘れて、二度目も出そうとし、また支払いのPASMOを読み取り機に置き忘れて、そのまま立ち去ろうとして店員から注意された。いくら私が粗忽だからといって、こんな経験は今まで一度もない。多分、AlphaZeroの衝撃が無意識のうちに私に伝わってきていたのだろう。

去年カープが何十年ぶりかにリーグ優勝し、さらには今年も連続してリーグ優勝したのをきっかけに、プロ野球への興味が復活し、日々のカープの勝ち負けに一喜一憂することになった。

ただ、プロ野球の場合どんな強いチームでも、確率的には三回に一回は負けるのであって、特にカープは首位を走っているはずなのに今年の八月は不調で、DeNAに三連続さよなら負けを食らっりして、月間勝率が五割を切るという惨状で、観ていると、夏の暑さに相俟って体調が悪くなってきた。

そのとき、昔読んだ森博嗣の小説を思い出した。すなわち、その小説の中で、おそらく森博嗣の投影であると思われる、犀川というN大学工学部建築学科の助教授が、自分はオリンピックの放送など一切みないし、興味がない。あんなものに一喜一憂しても意味がない、みたいなことを言っていたのを思い出した。

まあ確かに、私がカープファンだといっても、カープが勝とうが負けようが実生活には関係ない。むしろ、いちいち一喜一憂することで、会社で溜まったストレスに余計なストレスを累加させているなあ、あまり賢明とはいえないなあ、と反省した。

それでもうあまりプロ野球中継は見まいと思っていたら、九月に入って一気にカープが連勝を始め、現金にも私はまた熱心にプロ野球中継を観戦した。そしてリーグ優勝を決めたときは歓喜したが、まさかその後、カープ、CSに散るなんてことになろうとは。

そしてDeNAが健闘して予想以上に白熱した日本シリーズが終わったあと、冷静に考えてみると、ほとんどの人間はパトリオットではないか、ということである。パトリオットとはもともと愛国者という意味であるが、ここでは郷土愛や贔屓のチームを応援するような広い意味で使っている。

すなわち、志村五郎に書いたように、冷静な志村五郎氏でさえ、開戦になって、日本軍が米軍の軍艦を撃沈したニュースを聞いて、ざまみろと感激したのである。すると、犀川のようなモードはちょっと構えすぎかもしれない。

そういえば私は、子供のときから高校生までは巨人ファンだったのに、大学に進学して故郷を離れたときからカープファンになった。こういうのを故郷は遠きにありて思うものというのだろう。なので自然体でカープファンは続けるつもりだが、まああまり入れ込みすぎるのもどうかね、ということになるのだった。

永世七冠

user-pic
0

イベント・バイアスに書いたように、流れははっきり羽生だと思ったが、それでも、実戦となると分からないよね、と竜王戦第5局の様子を窺った。そして12月5日(火)会社から帰って、終盤の捻じりあいかとウェブでみると、あらら、あっさり羽生が勝っていていた。

詳細には週末にみるが、棋譜を辿ってみたら、羽生が一方的に攻めて勝った様子で、渡辺の指し手に覇気は感じられなかった。

毎日新聞のウェブから引用する。

鹿児島県指宿市で4日から行われた将棋の第30期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第5局は5日午後4時23分、挑戦者の羽生善治棋聖(47)が渡辺明竜王(33)に87手で勝ち、対戦成績を4勝1敗として15期ぶり通算7期目の竜王となり、永世竜王の資格を得た。棋士生活32年で永世称号の制度がある7タイトル戦のすべてで、永世資格を持つ史上初の「永世7冠」を達成した。

本質的には、渡辺の敗因は、約一年前の三浦事件にある。発端は渡辺の素朴な正義感だったかもしれないが、確たる証拠もなく、相手の棋士生命まで奪いかねないようなことを強引に推し進めてはいけない。なので、将棋連盟のご意見番のような羽生は、疑わしきは罰せずと、自分は同調していないことを大急ぎで明示したのである。また、自分の名前を勝手に利用したことによる、渡辺一派に対する、羽生大明神の怒りは大きい。

竜王を取られても、まだ渡辺の禊は終わっていない。いっそ棋王も手放して、しばらく反省するのがいいのかもしれない。

私はケーブルテレビのJ-COMを通じて、囲碁将棋チャンネルの銀河戦を楽しんで観戦しているが、今年からそこに藤井四段が出場することになって、当然ながら注目した。そして藤井四段の実力なら、いきなり決勝トーナメントに進出してもおかしくないと思った。

藤井四段は、銀河戦のH組で一回戦から出場し、藤倉五段に完勝した。二回戦の相手は上村四段。C級2組で中堅クラスであるが、これも藤井四段が順当に勝つだろうと期待した。

そこで初手から棋譜を辿ってみる。藤井四段の先手。▲2六歩,△3四歩,▲7六歩,△8四歩,▲2五歩,△8五歩,▲7八金,△3二金,▲2四歩,△同歩,▲同飛,△8六歩,▲同歩,△同飛,▲3四飛,△3三角,▲6八玉と、横歩取りに進んで、藤井四段は最近流行の勇気流を採った。ここから、△8二飛,▲3六歩,△8八角成,▲同銀と進み、上村四段は△3三金と、藤井四段用に準備していたと思われる研究の手を指した。藤井四段は当然に▲3五飛だが。

【図1】 24手目△4四角まで
持ち駒:△上村四段=歩2



持ち駒:▲藤井四段=角歩3
上村四段は△4四角。これに対して藤井四段は飛車を逃げるわけはなく、▲8三歩,△同飛,▲6六角,△3五角,▲同歩,△8二飛,▲3四歩,△4四金,▲4六歩と進んだ。

【図2】 34手目△2二飛まで
持ち駒:△上村四段=飛歩3



持ち駒:▲藤井四段=角歩2
藤井四段が▲4六歩と突いて、▲4五歩を見せているのに、それでも敢えて△2二飛としたのが、上村四段の好手だった。意表をつかれたか、藤井四段は長考に沈んだ。確かに難しい局面だが、解説の佐藤慎一五段が、▲2三歩,△同飛,▲2四歩,△同飛,▲1五角がぱっと目にきますが、これは△2五飛打で先手が悪いです、と断言した。流石にそれは私にも分かる。ところがなんと、藤井四段は、この悪いといわれる変化を選んだ。

【図3】 40手目△2五飛打まで
持ち駒:△上村四段=歩5



持ち駒:▲藤井四段=なし
そして、△2五飛打となったとき、私は、そこは藤井四段、なにか秘策があるのかと期待したが、解説の佐藤慎一五段は、いやあ、持歩もないし小細工が利きませんよね、と怪訝そうだった。

このあと、藤井四段は懸命に手を作っていったが、丁寧に上村四段に応接されて、一度たりとも優勢になることはなく、最後はじり貧になって、88手で藤井四段が投了した。やはり【図2】で▲2三歩,△同飛,▲2四歩,△同飛,▲1五角が敗着で、ここでは▲8三角あたりで難解だった。あるいは▲4五歩もあり、それには△4七飛で一局だった。

藤井四段らしからぬ拙戦だが、私はちょっとがっかりしつつ、まあこんなこともあるわな、人間だものと思った。実際この後、藤井四段は北浜八段のような脂っこいところにも勝ったので安心したら、今度は棋聖戦の一次予選で、大橋四段に負けた。ここまで藤井四段は今期、41勝8敗の勝率8割3分6厘。まだまだ高勝率である。まあどんな棋士でも負けながら強くなるので、大丈夫だろう。

流行語大賞

user-pic
0

私は、未だにガラケーを使っているくらいで、到底時代の先端をフォローする気持ちはないのだが、今年の流行語大賞は、将棋関係が二つも入っていたので、注目した。以下、産経新聞のサイトを引用しつつ、コメントしてみる。

年末の風物詩、「現代用語の基礎知識選 2017ユーキャン新語・流行語大賞」が1日、都内で発表され、「インスタ映え」と「忖度(そんたく)」の2つが年間大賞に選ばれた。年間大賞に複数、選ばれたのは「爆買い」と「トリプルスリー」が選ばれた15年以来2年ぶり。
これをみても私は、あっそう、とつぶやくだけであまり感想はない。

また、お笑い芸人ブルゾンちえみ(27)のネタ「35億」がベストテンに入った。ベストテンは、以下の通り。
  1. インスタ映え(年間大賞)
  2. 35億
  3. Jアラート
  4. 睡眠負債
  5. 忖度(そんたく=年間大賞)
  6. ひふみん
  7. フェイクニュース
  8. プレミアムフライデー
  9. 魔の2回生
  10. ○○ファースト

ええっ、ブルゾンちえみのネタ「35億」って、知らないんだけど。まあ将棋・囲碁番組以外は、NHKの大河ドラマくらいしか観ていないので、仕方ないか。なお、上記の引用で、私の方で勝手に、番号リスト化した。この番号リストは、順位とは関係なく、とりあえずつけてみただけある。

それにしても将棋関係で、「ひふみん」が入ってよかった。と思う一方で、加藤一二三九段は、太りすぎているし、歯が欠けすぎているし、しゃべっていることが支離滅裂だし、もういろいろな意味で完全に引退してもいいんじゃない、と思うのは、将棋ファンの中で、少なくとも私だけではない。

また選考委員特別賞には、陸上短距離の桐生祥秀(21=東洋大)が、9月9日の日本学生対抗選手権で、日本人初の100メート9秒台をマークした「9・98」、将棋の藤井聡太四段(15)が樹立した、公式戦の連勝記録「29連勝」が選ばれた。

ああ、やっと藤井四段の「29連勝」が出てきた。あれは盛り上がったよね、と遠い昔のことのように思い出す。

そういえば、クラウド名刺管理『Sansan』のCMの、「それさぁ、早く言ってよ~」が個人的には気に入っているのだが、こういうのは流行語大賞にリストされないのだろうか。

土鍋

user-pic
0

私は下手の横好きながら料理が好きで、家内がたまたま不在のときは、なるべく自炊する。先日も、家内が所用で実家に帰っているとき、ふと冷蔵庫をみたら、ほうとうがあり、賞味期限をみると微妙に期限が切れている。

知る限り、市販のほうとうは、半乾麺タイプと生タイプがあり、半乾麺タイプはほぼ乾いた麺なので賞味期間が長いが、生タイプは文字通り生なので、賞味期限が製造日からせいぜい三週間程度のようである。冷蔵庫にあったのは生タイプなのだった。

それで今夜はほうとう鍋にする一手だと決めて、ウェブで必要な具材を調べてスーパーに買いに行った。具体的にはかぼちゃ、人参、豚肉、しめじ、豆腐、白菜である。

夕方になると、土鍋を出して、コンロにかけ、半分くらいまで水を入れて、ガスに点火した。かぼちゃ、人参は、大きめに切っておき、お湯が沸騰したので、かぼちゃ、人参を入れて30分くらい煮て、そのあと、豚肉、しめじ、豆腐を入れてさらに10分くらい煮て、白菜を入れてさらに10分くらい煮て、ほうとうをいれて15分くらい煮るとほぐれてきたので、袋に添付されていた味噌を溶かして、完成とした。

それで食べ始めたら、まあそこそこ食べれるのだが、何か焦げたようなにおいがする。あれっ、近所でサンマでも焼いているのかと思ったが、そういう様子もない。まあいいやとビールを飲みながら食べると、もともと二人分だったので、かなり余った。

そこで次の日も、ほうとうが残ったままの土鍋を火にかけ、温まったのでまた食べ始めたのだが、どうもおかしいのか、焦げたような破片がでてきた。どうもかぼちゃが焦げたものらしい。そこから、それでも残してはいけないので、食べつくしたら口に中に焦げた苦い味が広がったような気がした。これは私がつくった不味い料理の中でもワーストテンに入ると思った。

しかし真の困難はここからである。というのは、土鍋を洗う時、底に黒い焦げが固着していて、いくらたわしで洗っても全く落ちない。手段に窮して、ウェブで調べたら、酢を使う方法と重曹を使う方法があるらしい。

そこでウェブのガイドに従い、酢をまず使ってみることにした。すなわち、土鍋に水をいれて酢を加え、水を沸騰させ、そのまま数時間放置し、すると焦げが落ちるのだという。ところが実際にやってみると、半分くらいは落ちたのだが、そのあといくらたわしで擦っても一切落ちない。

仕方なく、いったん酢をすてて洗い流し、今度は重曹を使ってみたが、ほとんど落ちない。そこで再び酢を使う方法を適用して、なんとかオリジナルの焦げの1/4くらいまで減らしたのだが、そこからはいくら努力してもびた一文落ちない。諦めてそのまま放置することにした。

ところが、家内が帰ってから、鍋をつくるという。ええっ、と思ったが声には出さなかった。鍋を食べ終えた次の日、使った土鍋が洗ってあったのでふとみると、なんと焦げがきれいに落ちていた。もちろん家内にどうやって落としたのかとは聞かなかった。ただ、自分の家事の未熟さを改めて自覚した。これもまた、パウリ効果なのだろうか。

ほとんどのシステムのログインは、ユーザーIDとパスワードの組み合わせを入れるようになっているが、パスワードは、セキュリティ要件を満たすため、定期的に変更することが必要だったりする。すると、その都度新しいパスワードを考える必要があるが、セキュリティ仕様として、パスワードの長さや、含むべき文字種などが決まっていることがあり、適当に作ったパスワードがセキュリティ仕様を満たさないとして拒絶されてしまい、はたと困った経験がある。そこで、簡単ながら、任意の仕様を満たすパスワードを生成できる、以下のようなパスワード・ジェネレータをPerlで書いてみた。

このプログラムは以下の機能をもつ。

  1. 一度に生成してみるパスワードの個数を示す$n
  2. 生成されるパスワードの長さの範囲を指定する変数$L
  3. 使用可能な(あるいは使用すべき)特殊記号を一文字生成するサブルーチンCC()
  4. Upper caseのアルファベットを一文字生成するサブルーチンCA()
  5. Lower caseのアルファベットを一文字生成するサブルーチンCa()
  6. 数字を一文字生成するサブルーチンCn()

Perlのソースコードの例は、以下のとおりである。

for ( $n = 0; $n < 10; $n++ )     {
  $L = sprintf "%d",rand(6);
  $L += 8;
  $q = sprintf "%d",rand(4);
  for ($i = 0; $i < $L; $i++ )  {
  $q = ($q % 4);
  if ( $q == 0 )       {
    printf "%s",Ca();
  } elsif ( $q == 1 )       {
    printf "%s",CC();
  } elsif ( $q == 2 )       {
    printf "%s",CA();
  } else                    {
    printf "%s",Ca();
  } 
    $q++;
  }
  printf "\n";
}

sub CC     {
my @ZZ = qw/61 45 46 47 95 35 43 63 64/; # 使ってよい特殊文字を10進表示した
my $j = sprintf "%d",rand(9);
my $S = sprintf "%s".chr($ZZ[$j]);
return $S;
}

sub CA     {
my $b = 65;
my $j = sprintf "%d",rand(26);
my $S = sprintf "%s".chr($b + $j);
return $S;
}

sub Ca     {
my $b = 97;
my $j = sprintf "%d",rand(26);
my $S = sprintf "%s".chr($b + $j);
return $S;
}

sub Cn     {
my $b = 48;
my $j = sprintf "%d",rand(10);
my $S = sprintf "%s",chr($b + $j);
return $S;
}

ちなみに、実際に生成したパスワードは以下のとおりである。10個生成したのは、この中から気に入ったパスワードを選ぶためである。なお、Perl処理系にランダマイズ機能が含まれているので、実行する度に異なるパスワードが生成される。

2g_L5u.B5f?W7
g_W3p@W4e
#W5n.Q8b=
X4i.H4g=K
+T8h@U7g_
1t.N5r#H4k_
v/X4m_Y2b?
=L4f#G8j/A4e
9b=I4s?S5g
0y-B7n-W8

最近、将棋の渡辺竜王の様子をみていたらつい、イベント・バイアスという言葉が浮かんだ。どういう意味かというと、渡辺竜王が、挑戦している羽生棋聖に負けてタイトルが移動すると、羽生棋聖が永世七冠になり、それは将棋界にとってとてもニュースバリューがある。当然に主催者の読売新聞にとっても有難いことである。

一方、万が一、渡辺竜王が竜王を防衛したとしても、ほとんどの将棋ファンはブーイングで、メディアも落胆する。こうして、渡辺竜王が頑張るインセンティブが実に小さい。

なので、渡辺竜王の将棋は最近、どうも元気がない。トレードマークの鋭い攻めが最近、ほとんど見られない。11月29日には、羽生棋聖対渡辺竜王のA級順位戦があった。会社から帰って観戦していたら、はっきり羽生が優勢だった。果たして、ほどなくして渡辺が投了した。もちろん羽生棋聖は今でも最強に強いと思うが、渡辺竜王だって然る者、そんなに易々と負けるはずはなかったはずなのに。これはやはりイベント・バイアスだと思った。

実際、勝つと非難を浴びるという状況は渡辺竜王にとって実に辛い。一年前の事件の際は一度はサポートしてくれた読売新聞も、今年は助けてくれない。こういうのを四面楚歌というのではないか。こんなときこそ逆境を跳ね返す精神力が必要なのだが、そのためのポテンシャルを今の渡辺が振り絞ることができるだろうか。

そんなイベント・バイアスがポジティブに効いたのは、藤井四段だった。すなわち、まさに渡辺竜王とその一派が巻き起こしたスキャンダルの傷を埋めるために将棋界にはビッグ・イベントが必要で、天才少年の藤井四段にイベント・バイアスのポテンシャルが集まった。それが生来の藤井四段の棋才をブーストさせ、あのような連勝記録となった。少しでもイベント・バイアスの空気を読める棋士なら、藤井四段を負かす気にはならない。たまたま負かす気になったとしても、イベント・バイアスがバリアになる。なので、藤井四段の連勝記録を止めたのが、空気読まない佐々木勇気六段であるのは偶然ではない。

でも、いうまでもなく羽生棋聖は、イベント・バイアスなど関係なく、淡々と竜王を奪取するだろう。いや、淡々でなく怒りの鉄拳なのかもしれないが。

このアーカイブについて

このページには、2017年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年11月です。

次のアーカイブは2018年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。