2018年1月アーカイブ

私の純文学の修行は、数学よりもずっとレベルが低いが、それは一つには、かけた時間が違いすぎるからである。そんな私なので、数学と純文学を比べるのが私に相応しいとは思わないが、それでも敢えて比較すると、まず思うのは、数学と純文学は頭の中で競合してしまい、数学に疲れたとき、では気分転換に純文学を読むかということには決してならず、そういう場合は大抵、ミステリー小説とかSFなどの大衆文学に向かうのである。

その理由として、例えば、フェルマが発見して、オイラーでさえも証明に困難を感じた次のような命題を掲げてみよう。それは、4で割って1余る素数は、2つの平方数の和であらわされるが、4で割って3余る素数は、そうではない、というものである。その補足説明は、2つの平方数の和からなる素数をお読み戴きたい。

これは、類体論につながる重要命題なのだが、ある意味これほど数学ファンでない人に話して、それがどうした?という命題もないと思われる。あ、それはフェルマーの考察にも書いた。もしある男性が恋人にこのことを話したら、高い確率で、恋人と別れる五十の方法の一つにリストされることは間違いないと思う。

要するに、かなりの数学的嗜好がないと、この命題に感心することはできない。ところがそれと双対のことが純文学にも起きる。例えば、私は芥川の舞踏会を読んで、なんだこれは?という感想しかもつことができなかったが、それこそ純文学初心者の証明であって、舞踏会の背景や含みが全くみえないからなのである。

ところで、大衆小説は娯楽だが、純文学の方が人生の懊悩を深く表現しているのだという命題がある。しかし、それはどうだろうか。例えば、新聞で話題になるような事件は確かに人生の重要な部分を占めるだろう。しかし、そういう事件を一番如実に記述するのは推理小説や犯罪小説なのであって、純文学だとまだるっこしいと私は感じる。

数学だって、実用的に一番役立つのは、偏微分方程式や積分方程式、線形代数などの応用数学なのであって、少なくとも代数幾何や整数論などは、飛行機や原子炉の設計にはあまりにも不適である。すなわち、応用数学の方が純粋数学よりはるかに世界を記述することに巧みである。

だから、純粋数学も純文学も、その特徴は必ずしも人生を記述するところではなく、研ぎ澄まされた感覚の人にしか理解できない精妙さにあるのではなかろうか。そして、人が精妙さに注意を払える精神的リソースは限られているので、純粋数学と純文学は、頭の中で互いに排他的に関係にあるのだった。証明になっているだろうか。

機能快に書いたように、カラオケは私の愉しみの源泉の一つなのだが、土日もいろいろと細々とした用件が入ったりするので、一人カラオケに書いた場合も含めて、都合まだ二回しか一人カラオケに行っていない。

ところで、1月27日の土曜日とその翌日の日曜日も午後から用件が入ったので、骨休みのため、1月29日の月曜日は会社を一日休みにした。どうしても若い頃の体力はないからである。

それでその休みの日、ぼんやりと冷蔵庫を眺めていたら、なにかのクーポン券がみえた。よくみると、私が一人カラオケで行くカラオケボックスのクーポン券で1時間無料+ポテトフライ・サービスなのだが、なんと期限が1月末とある。ビル・ゲイツが大富豪なのに、マックのクーポン券のファンであるという話は有名だが、私も富豪ではないがクーポン券が結構好きだったりする。

それで、遊び駒があったら将棋は勝てないね、とつぶやきつつ、カラオケボックスに行く準備を始めた。どうも遊び駒=クーポン券のつもりらしいが、ちがうんじゃないの。まあ、いいけど。

そのクーポン券は、去年の年末に、カラオケボックスの隣の紳士服店でスラックスを買ったときもらったものである。もらったといっても、いくらの商品を買えば一枚あげますというのでなくて、店のどこかに無造作に置いてあって、欲しかったら何枚でも勝手にもっていって下さいというモードなのでかなり軽い。

でも私はクーポン券をもって、勇躍カラオケボックスに行った。そして前回は二時間だったが、クーポン券があるので三時間にした。

ところが、歌い始めて30分くらいして早速後悔し始めた。日頃の疲れだろうか、なぜか急に声がでにくくなってきたのである。箱根駅伝でいえば、往路の二区で急にランナーがよたよたして苦しみ始め、途中棄権の危機がでてきたようなものである。これはいかんと、私は青学の原監督のように自分自身を激励し始めた。具体的には、歌いやすい前川清と、八代亜紀にレパートリーを変えた。そうやって休憩しながら得意な歌を歌っていると、次第に調子が戻り、アルフィーや英語の歌もとりまぜるようにした。

こうして復路は本来の調子を取り戻し、三時間を歌いきったときはまだ余裕があった。一時間無料券の威力は意外に大きく、会計したら思ったより安かった。さらに、一月ということで福引があったので、引いてみるとなんと、五等賞ということで1000円のクーポン券だった。ちなみに外れの六等は1時間無料券なので、その違いは結構大きい。

こうしてルンルン気分で帰宅したら、三時間ぶっとおしで歌った疲れがどっと出てきた。さて、会社にいって残り四日仕事ができるだろうか、と不安になってきた。なんかまた雪が降るらしいし。

まあでも、疲れて早く寝たせいもあるが次の日の朝、すっきり起きることができて、喉も痛くなっていない。なので、三時間の一人カラオケは少なくとも悪手ではなかったようであるが、流石にちょっと指しすぎのきらいもあるので、二時間が妥当というところだろう。

機能快

user-pic
0

機能快という用語を私は、故渡部昇一氏の著書で知った。それのドイツ語がFunktionslustであることも併せて知り、その語呂のよさから、Funktionslustという単語はときどき私の頭の中で鳴り響いている。

機能快とは、ある人がある能力を発揮しているときは嬉々としている、みたいな意味らしい。機能快の状態にあるとき、人は必ずしも躍動しているとは限らず、むしろ静かに集中しているような状態となる。これは高速道路で巡航速度にあるとき、エンジンの音が静かになるのに似ている。

機能快の典型を私は、「不死身の特攻兵」の佐々木友次氏にみる。すなわち、佐々木氏は根っからの飛行機乗りで、飛行機を操縦することが無上に愉しく、その楽しさは場合によって、特攻攻撃に向かう航路の途上の死の恐怖を一時的に忘れさせるほどだった。

そういう機能快は、卓越した才能のための十分条件だろうか。それは多分正しくない。というのは、将棋を指すことが無上に愉しく幸せという人でも、アマチュア二段ほどしかない人もいる。

では、機能快は、卓越した才能のための必要条件だろうかと問うと、嫌々ながらやっていて実は凄いという人は少ないと思うが、ときどき小説家で、世紀の名作の作者なのに、小説を書くことはあまり気が進まないという人もいるので、ありえなくもないと思う。

私はというと、思いつくかぎり、本を読むこと、文章を書くことと、歌を歌うことと、コンピュータのプログラミングが機能快になっているとおもう。

本を読むことは私にとって、呼吸することと同じくらい自然である。あまりに自然すぎて、それが機能快であるかどうか分からないくらいである。

文章を書くことが機能快であることは、ブログをほぼ毎日書いていて、そのエントリの数が4700を超えたことからも分かる。こんな数、嫌々ながら書いていて到底達しないだろう。

歌を歌うことはかなり純粋に楽しい。頭をからっぽにできる。ただ、以前に田舎に住んでいたときは、あまり人がいなかったので、裏山で演歌をがなっていても平気だったが、東京では流石に道を歩きながら大声で歌うことはできない。程度が過ぎたら警察を呼ばれるかもしれない。

プログラミングもかなり楽しい。60歳ちかくになって転職したとき、仕事の環境ががらっと変わって、相当ストレスがたまった。そこで、仕事のためと称して、Perlで仕事のためのツールを沢山作ったが、それは仕事の合理化のためというより純粋に機能快のためで、それででなんとか気分転換できた。しかもそのツールたちは今でもきっちり仕事の能率向上に貢献している。

ただ、いうまでもなく、私の、そういう機能快の源泉たちは、所詮旦那芸にすぎず、世間に埋没してしまう程度のスキルなのだが、まあ楽しければいいとしよう。ここまで育てるのでも結構手間がかかっているのだから。

おっと、将棋と囲碁と数学を忘れるところだった。これらが機能快の源泉でないということは勿論ないのだが、なんというか、どうしても苦しさも伴って、純粋に楽しめなかったりする。ともあれ、将棋と囲碁と数学は私の趣味の核にあるのは間違いない。

雪のあと

user-pic
0

大雪のあと、観察していて気付いたことを取り留めもなく記してみる。

今回の雪で明らかに言えることは、四年前の大雪よりもぜんぜん規模が小さいことである。それで、一日だけ勤務時間が繰り上がって早退した以外は電車は普通に動いていた。

積もった雪も、大雪の次の日の夕方には、少なくとも歩行にあまり支障がない程度には融けていた。とはいえ、よく観察すると融け方にかなり差があることが分かった。

すなわち、今更当たり前のことをいうようだが、太陽の日射の影響は思ったよりも大きいということである。例えば、私が勤務している武蔵野市のビルは、半導体デバイスでいうところのメサ型というか、凸のような形で、私がいる階は上から出っ張ったところにある。そして、特定の窓からは、凸の平らな部分がよく見える。大雪の後はその部分に随分雪が積もった。測ったわけではないが、20cmくらいはあったのではないか。

ビルの建っている方向により、凸の一方の平らな部分には朝のうち日が射すだけで、もう一方の平らな部分には昼の大部分の日射があり、日射という意味では後者の方がかなり有利である。そして観ていると、後者の方の雪は、大雪の後の2日後の夕方にはほとんど融けてしまったけれども、前者の方の雪は、五日たってもほぼそのまま残っていた。こんなに明白な差が出るとは意外である。

あと、私が住んでいる相模原市や、会社の同僚が住んでいる横浜市では、大雪の後の2日後の夕方には主要な道路の雪はほとんど融けてしまったけれども、勤務先の武蔵野市の周辺ではその時点でまだかなりの雪が道路に残っており、かなり顕著な差になっている。確かに武蔵野市は、相模原市や横浜市よりも北に位置するけれども、天気予報での気温予測は一度も違わなかったりする。すると風速などほかの要因があるのだろうか。このあたり、どうもわからない。

また、大雪の次の日には道路交通はかなり復旧していたように思えたのだが、実はそうではないことが分かった。というのは、1月23日は夕方、生協の宅配がくる予定の日で、だいたい夕方の六時には来るのに、その日は八時を回ってもまだ来ない。これはもう明日になるかと諦めていたら、九時近くになってやっときた。雪で荷物の到着が遅れたらしい。

同様のことは、オムニ7でも起きた。すなわち私は、大雪の前日、そんなに降ることはないだろうと高をくくって、オムニ7で本を注文した。今までの経験で、本の在庫がない場合を除き、必ず本は二日後に着く。実際にそのようにメールでも連絡がきた。なので、二日後の夕方に指定したセブンイレブンの店に本を受け取りに行ったら、なんと雪の影響でまだ届いていなかった。流石に次の日には着いたが、セブンイレブンの配送網をもってしてもそうなのかとちょっと落胆した。

最後にかなりショックなことがあった。うちの近所でかなり高齢で、去年の11月に亡くなられた人がいらっしゃった。私は昔から付き合いがあるので葬式にも出席させて頂いたが、その方の娘さんがなんと、大雪の日に、おそらく道路を歩いていたときだと思うが、通行する車両に巻き込まれて亡くなられたのだという。随分前に結婚して外に出ているので私は直接の面識はない。葬式にも列席されていたに違いないが、ほとんど印象がない。なのにその話を聞いてとても動揺し、情緒不安定になってビールを飲みすぎ、次の日はやや二日酔いで出勤した。人生は何があるかわからないものである。

そういえば今週また、雪が降るらしい。気をつけなくては。

柳広司は、「ソクラテスの妻」を最初に読むという変則的な出だしであったが、たまたまブックオフで、彼の代表作と思われる「ジョーカー・ゲーム」角川文庫を見つけたので、早速買って読み始めた。するとこれはまさに、陸軍中野学校をモチーフとした作品なのだった。

「ジョーカー・ゲーム」は、短編集で、「ジョーカー・ゲーム」、「幽霊」、「ロビンソン」、「魔都」、「ダブル・クロス」の五編からなる。

「ジョーカー・ゲーム」は、陸軍中野学校の秋草中佐に相当すると思われる結城中佐の提案で、陸軍内に防諜担当のD機関が設立される場面を描いたものである。すなわち、D機関は、中野学校と同様に陸軍士官学校や海軍兵学校など軍隊プロパーな学校ではなく、帝大などの一般大学の卒業生から採用すること、独特のトリッキーな試験があること、死んではいけないと教えられること、天皇制でさえ、普通に議論されること、宿舎に門限がないこと。軍服を着てはいけないことなどの方針があり、それが陸軍の猛反発を受けた。そこで陸軍の武藤大佐は、なんとかD機関の失態を見つけて咎め、閉鎖に追い込もうとしたが、結城中佐の反撃で武藤大佐が尻尾を捉まれ、逆にD機関に従わざるを得なくなったというストーリーである。すなわち、謀略となると、通常の陸軍の将校たちは、D機関は赤子の手を捻るようなものだった。

「幽霊」は、D機関の係員が、英国総領事館に、出入り業者を騙ってスパイとして入り込み、活動をするのだが、どう調べても英国総領事がスパイなのかどうかどうしても分からず、係員が悩むという話である。結局、結城中佐の判断で決着するのだが、英国総領事もなかなか一筋縄ではいかない強者なのだった。

「ロビンソン」は、イギリスに諜報活動のため潜入したD機関の係員が、スパイであることを見破られる話。結局係員はイギリス当局に捕まり、自白剤を注射されるのだが、結城中佐はそこまで見通して手を打っておいたという話である。

「魔都」は、戦時中の上海で、憲兵隊の下士官のスキャンダルをD機関の調査員が見破り、収束させる話である。

「ダブル・クロス」は、日本に来ているドイツ人スパイの死亡事件に関して、結城中佐がD機関のある曰く付きの調査員に調査を命じるのだが、それは実は調査員の適性テストだったという話である。

どのストーリーも激しいアクションや心理劇はないものの、スパイ独特の調略がスパイスが効いていて小気味よく、読ませるストーリーになっていた。強いて難をいうと、D機関の総帥の結城中佐の深謀遠慮が冴えすぎていることくらいであろうか。しかし、それくらいでないとスパイ小説としては面白くない。

なお、結城中佐のモデルである秋草中佐であるが、解説の佐藤優氏によると、終戦の日にソ連軍に投降し、悪名高きルビヤンカ監獄に収容された。そしてスパイ活動の罪で禁固25年の刑を受け、1949年3月にウラジミール監獄付属病院で病死した。

ソ連は、諜報活動のメッカなので一層、秋草中佐の今までの活動を問題視したのだった。

知り合いから、池田晶子の「帰ってきたソクラテス」という本を紹介された。なんでも哲学者なのだという。私は基本的に哲学者の書いた本は、理解できるかどうかはさておいて好きなのだが、最近中島義道氏の明るく死ぬための哲学を読んで、「明るく死ぬ」といいつつ、なんか全く気持ちがこもっていないよね、と落胆したことがあって、池田晶子氏もそうかな、と怪訝になった。

ところがWikiをみると、池田晶子氏は、私より4歳も年下で、しかも2007年2月23日、腎臓ガンのため46歳で逝去とある。知り合いに聞くと、池田晶子氏は、自分の死期が迫っても泰然としていたという。いかにも哲学者らしいではないか。そこで早速、新潮文庫の「帰ってきたソクラテス」をアマゾンで買って、読み始めた。

すると、まさにプラトンが著した、ソクラテスが主役の対話編の形式をきちんと踏んでいるではないか、と思った。池田氏は当然、プラトンの対話編を何度も読み込んでいるに違いない。まあ、将棋のプロ棋士が天野宗歩の棋譜を何度も並べて理解しているのと同じであろう。

さて、「帰ってきたソクラテス」での対話編の相手は、コンテンポラリーな職業を網羅していて、すなわち、議員、福祉職員、ニュースキャスター、ジャーナリスト、評論家、エコロジスト、フェミニスト、講壇哲学者、プランナー、クリエイター、コピーライター、サラリーマン、元左翼、作家、プラトン、イエス、釈迦、老人など多岐に亙る。そそこはして最後はプラトンの対話編の「クリトン」や「パイドン」のように、ソクラテスが刑死しようとする場面で終わるのだが、ふざけた口調のようで、結構真面目にロゴスを尽くしており、その論理についていくのに疲れたりした。

それにしても、私が知るソクラテスのアイロニーや揚げ足取りの雰囲気が再現されていて感心した。とはいえ、古代哲学者のソクラテスが現代の人達の軽さに戸惑い、思想が軋んでいる様もときどきみて取れるのだが、そこは池田氏がなんとか軌道修正しているようである。

また、これを書いた頃は池田氏は特に病魔が迫っているという意識はなかったはずであるが、通奏低音のように全編に死の低音が響いているように感じるのはなぜたろう。哲学であるなら死と向き合うのは当然ということか、あるいは若死にした池田氏を知る私の予断だろうか。

ということで、まだその片鱗しかみていないので、他の著書も読んで、池田氏の思想についてもっと知りたいと思った。

ネックレス

user-pic
0

私を知る数少ない人は同意してくれると思うが、私ほど服装に無頓着な人間もあまりいない。それは、言い訳だが、昔あるギリシャの哲人の伝記を読んでいて、その人は、暮らしていくのに、頭を通すための穴があいた布が一枚あればいいというで、ああそうだよねと変に納得したせいである。

それでも、普段あまりひどい服装でないのは、すべて家内がコーディネートしてくれるせいであって、独身だったらどういう身なりだっただろうと想像するのも怖ろしい。

そんな私なので、装飾のためにネックレスを身に着けることなど絶対にありえないはずなのであるが、ある日、家内が輪っかのようなものを私に渡すので、何これ?と怪訝になったらネックレスだという。そんなのしないよというと、なんでもファイテンというメーカーの健康用の磁気ネックレスだという。

すると、サプリなど健康グッズに興味がある嗜好が活きていて、それなら、と身につけることにした。最初はなんだこんなものという意識もあったのだが、不思議に気持ちが落ち着き、ときどき着け忘れると妙に不安になるのだった。

磁気ネックレスは、肌着の下に肌に直接触るように身に着けるので、夏など汗にまみれる。ところが、汗にまみれたまま身に着けていても、磁気ネックレスは汗臭くならない。不思議である。それでも、流石に気持ち悪いので、ときどき洗うようにしている。

あるとき、プロ野球のカープの試合を観ていたら、セットアッパーのジャクソンが立派なネックレスをしていたので、おおっ、となにか嬉しくなった。ところが嬉しくなった途端に打ち込まれて降板したので、急に気持ちが暗転した。一瞬であるが、もう磁気ネックレスなど止めようとおもった。しかしよく見ると、ほとんどのプロ野球選手がネックレスをしているので、やっぱりネックレスはありなんだ、と気を取り直した。

こうして何年も磁気ネックレスを身に着けているので、ほとんど体の一部のように感じたりするが、健康診断のとき、外してくださいと言われるので、ああそうかと思ったりする。磁気はX線などの電磁波を曲げるのだった。

今私が身に着けている磁気ネックレスは三世代目であるが、最初と次の世代のものは、継ぎ目がない輪っかで、頭から被るように身に着けるのだが、いまのは継ぎ目があって、そこで取り外し可能になっている。確かにこれの方が取り外しやすい。

いままで磁気ネックレスの注意書きを真面目に読んだことはなかったが、改めて読むと、なんと寝るときは外してください、とある。あれっ、なんで、着けっぱなしのまま寝ると首に絡まる惧れがあるのかとおもったりした。その理由はどうしても分からないので、とりあえず指示に従うことにして、取り外して寝ると気のせいか眠りが深いような気もしたりする。

こうしてすっかり磁気ネックレス・フリークになったので、私が死んだら磁気ネックレスをお棺の中に入れてくれるのだろうか。それは私にはどうでもいいことで、遺族にまかせるが、きっとあっても邪魔なので処分のためお棺にいれて一緒に焼かれるような気がする。

新聞広告で、鴻上尚史「不死身の特攻兵」講談社現代新書を見つけて、おっこれは買いだ、と即決した。なぜなら、私の戦史の興味の中でも特攻兵のとこは興味の主要トピックの一つだからである。それで例によってオムニセブンで注文を試みたが、品切れで在庫待ちだった。任意のセブンイレブンで気軽に受け取れるというスキームを私は気に入っているのだが、ベストセラーに対する品薄感はあって、まあ仕方ない。そこで、アマゾンをみたら在庫があったので、即注文した。そして、届いたらすぐに読み始めた。

以下、私なりにざっくり要約し、場合により感想を挟んでみる。まず、戦時中、福岡に振武寮という施設があった。そこは、特攻に行って、飛行機の故障や怖気づく、その他の理由で生還した特攻兵を収容する施設であり、主要な目的は、帰還した特攻兵を原隊に残しておくと周囲に悪影響を及ぼすので隔離するということであり、そこでは特攻兵は日々、お前らは人間のクズだと怒鳴られ、また特攻にチャレンジするよう強制される。

さて、「不死身の特攻兵」の主人公は、佐々木友次氏。1923年6月23日に北海道の当別村生まれ。鴻上氏はテレビ番組の企画として特攻隊のことを考えていたらたまたま、特攻に何度も行ってその都度帰還し、現在もご存命の佐々木氏に手を尽くしてインタビューすることができ、その結果がこの本に盛り込まれている。鴻上氏がなんとか佐々木氏に会えたのは2015年10月22日。老齢で病気がちで、入院されていた。そこから鴻上氏は複数回に亘ってインタビューすることができたが、佐々木氏は2016年2月9日に病没されたので、このインタビューはまさに、千載一遇のチャンスだったわけである。

佐々木氏の経歴に戻ると、佐々木氏は七男五女の兄弟の六男。子供の頃から飛行機が好きでたまらず、毎日上空の飛行機を眺めていた。14歳で小学校を卒業すると、逓信省航空局仙台地方航空機乗員養成所に入所した。逓の管轄といいつつ実質は陸軍の予備役を養成する場所で、陸軍と同じ鉄拳でのしごきもあった。ここで50時間くらい飛行機に乗ると、茨木の鉾田陸軍飛行学校に配属された。そこで九九双軽に乗り、急降下爆撃などの訓練を受けた。佐々木氏は天性の飛行機乗りで、周囲はその技量に目を瞠った。

養成所卒は予備役なので、陸軍少年飛行兵よりも格下なのだが、操縦の技量は、養成所卒の方が上のとこが多かった。指導方法が系統的で訓練時間が多いからである。

1944年10月20日、鉾田飛行場に角が生えた九九双軽がやってきた。角は前方から延びており、先端に雷管がある。要するに、角の先端が触れると爆発するという特攻用の改造らしい。

しかも、陸軍航空隊の中でもぴか一の腕の持ち主である、鉾田飛行団の岩本大尉がそれに乗って南方に行くよう命令された。それを聞いて岩本大尉だけでなく、鉾田飛行団の研究部の福島大尉も激怒した。なにしろ、岩本大尉のような最精鋭を特攻の一番乗りにさせることで、誰も逆らえないという雰囲気をつくりだすという意図がみえみえだった。しかも、そんな小手先では、米軍の空母にほとんど被害は与えられないことが自明であった。

しかし命令とあらば仕方がない。岩本大尉は、結婚して間もない妻に別れを告げた。こうして、フィリピンを拠点として、岩本大尉を隊長とする部隊が第四航空軍下に結成された。佐々木氏もその隊の所属となった。これが陸軍初の特攻隊である万朶隊である。

与えられた飛行機は、角が生えた九九双軽で、機関銃や旋回銃もとりはずされて、爆弾を装備して突っ込むしかなくなっている。

ともかく特殊装備の九九双軽で万朶隊はフィリピンのリパ飛行場に向かって飛んだ。途中、佐々木氏は、台湾とフィリピンの間のバシー海峡をみて感激した。子供の頃からバシー海峡を飛行機で横切るのが夢だった。

ある日、岩本大尉は、万朶隊の隊員を集めて重要なメッセージを伝えた。それは、与えられた特攻用九九双軽では、爆弾を投下できないようになっていたので、投下できるようにした。それは軍の命令に違反することだが、そもそも操縦者も飛行機も足りないところで、特攻を仕掛けてその両方を失っては、徒に消耗が増えるだけだ。命を無駄にしてはいけない、というものだった。そんな岩本大尉のメッセージに岩本氏は感激した。

出撃命令があるまで、万朶隊は急降下だけでなく着陸訓練もした。明らかに特攻以外の行動も意識している。

そんな万朶隊の将校五人がある日、マニラに呼ばれて九九双軽で飛び立った。それからしばらくして、リパ飛行場は激しい空襲を受け、死傷者が出た。その後、マニラの第四航空軍司令部から、岩本大尉らは出発したかと連絡があった。着いているはずの時間だった。しかし実は岩本大尉らはグラマンの攻撃を受け、戦死していた。

万朶隊の将校を失った佐々木氏ら残った隊員は、悲嘆に暮れるとともに、どうすればいいのかわからず茫然とした。ともかく残った万朶隊のメンバーは、第四航空軍の指揮を受けるためにルソン島のカローカン飛行場に移動した。

1944年11月12日午前3時、アメリカ軍艦隊発見の報により、佐々木氏らに特攻の出撃命令が下った。

佐々木氏は、レイテ湾で軍艦を見つけて降下したが、見失ってしまい、代わりに揚陸船に向けて800キロ爆弾を落とした。身軽になった佐々木氏は、当初の予定により、ミンダナオ島のカガヤン飛行場に不時着した。

結局、万朶隊の成果は、この日佐々木氏が爆弾を落とした揚陸船の被害だけだった。なのに大本営発表では、戦艦と輸送船を撃沈したことになっていた。それだけではない、佐々木氏は戦死していたことになっていた。

佐々木氏がカガヤン飛行場からカローカン飛行場に戻ってみると、第四航空師団の参謀長、猿渡大佐から、大本営発表では、戦艦と輸送船を撃沈したことになっているので、今度は本当に戦艦を沈めてもらいたい、本当に死んでもらいたい、と言い渡された。

そして11月15日午前5時に二回目の出撃となった。ところが雲が多くてコンデションが悪く、僚機を見失い、基地に戻ってきた。近藤伍長機は墜落し、石渡軍曹機は行方不明になった。

第三回の出撃は、11月25日の正午近くだった。ところが出撃しようとしたら、グラマン編隊の猛爆撃に遭い、慌てて飛行機から離れた。一緒に飛び立つはずの奥原伍長は空襲で死んだ。

第四回の出撃は、11月28日の午前10時。佐々木氏の単騎出撃で、佐々木氏を死なせるだけの目的のように思えた。ところが、天候が悪いからと直掩機が引き返したので、佐々木氏も帰還した。どうも直掩機の隊長が佐々木氏に同情したらしい。

第五回の出撃は、12月4日だった。出発して3時間たって、レイテ湾に着いたとき、向こうから敵機が来襲してくるのが見えたので、直掩機から離脱して爆弾も切り離して逃げた。カローカンにすぐに戻るのも怖くして、いったんネグロス島のバコロド飛行場に着陸した。

第六回の出撃は、12月5日だった。極度の疲労状態なので休ませてくれと申し出たが聞き入れられず、鉄心隊を直掩機として出撃した。大型船が見えたので攻撃態勢に入ったら、高射砲で撃たれた。ともかく大型船に爆弾を落としたら、被害を与えたようだった。帰還したら極度の疲労のためか耳が聞こえなくなったのでカガヤン飛行場に着陸し、静養した。

出撃ではなく、カガヤンからカローカンに戻るために離陸したら、雨が激しくなり、何もみえず仕方なく田んぼに不時着した。激しい衝撃で意識を失った。住民に救助されて、近隣にいた日本軍にカローカンまで連れていってもらった。参謀長の怒りはさらに増していた。

第七回目の出撃は、12月14日だった。このときは飛行機の整備不良で飛べなかった。

第八回目の出撃は、12月15日夜だった。懲罰的に一機だけの出撃で、直掩機もなしだった。直掩機もなしでどうしようもないではないかと馬鹿馬鹿しくなくって帰還した。

第九回目の出撃は、12月18日だった。飛行中にエンジントラブルになり、帰還した。戻るとひどい熱で苦しかった。マラリアだった。12月20日も出撃命令が来たが、高熱のため免除された。

そうしていると、12月25日にレイテ戦の負けが確定した。カローカンに米軍が上陸してくるというので、飛行隊のトラックに便乗して逃げた。

1945年3月には特攻隊の生き残りで集成飛行隊が組織され、佐々木氏もそれに加わったが、なにしろ飛行機は一機もなかった。

佐々木氏らがエチャーゲという場所にいると、米軍が侵攻してきたので必死で山の中に逃げ込んだ。そこで虫やミミズなど食べてなんとか生き延びた。ひどい下痢と空腹の日々だったが、なんとか8月15日を迎え、やっと戦争が終わった。

それから佐々木氏は知ったのだが、参謀長から佐々木氏を殺すための狙撃隊も組織されていたのだった。いろいろな意味で、よく生き延びられたものだと思う。

それにしてもなぜ佐々木氏が生き残れたかと考えてみると、以下のような理由が考えられる。

  1. 爆弾を取り外せるようにしたり、無駄死にはいけないという岩本大尉の配慮と指導があった。
  2. どんな状況になっても、危険を察知して逃げることができるように不時着する飛行場を確認しておくという慎重な性格だった。
  3. 危険な状況でも冷静に飛行機を操縦できる抜群の技量があった。
  4. よいタイミングで終戦になった。最後に出撃すべきときに最早飛行機はなかった。
  5. 結局、生き延びる運があった。運は、それを持ち出すとすべて説明できてしまうので安易に持ち出すべきではないが、しかしそうとしか説明しようがない状況もある。

これを機会に、特攻兵のことをさらにいろいろ勉強してみることにする。

大雪

user-pic
0

1月22日は久々に東京とその近郊に、大雪が降った。それはもともとの天気予報どおりだったのだが、朝は微妙に晴れていたし、それから曇ってパラパラ雪が落ちてきても融けるのでこれは大したことはないのではと高をくくった。

ところが午後1時くらいから雪の降り方が強くなってきた。そういえば、と思い出した。あれは2014年2月、JRで「ぜんぶ雪のせいだ」というキャッチコピーが流れていたとき、東京で大雪があった。あれは記録的なもので、今回とはくらべものにならないくらい大雪だった。

勤務先で午後1時くらいに、トイレのそばの窓から外を眺めつつ、そんなことを思い出したので、この程度の雪なら、全く動じる必要はないと自分に言い聞かせた。ところが、会社から報知があり、電車が止まってしまう可能性があるので、午後3時には早退するように指示があった。

それはいくらなんでもやりすぎの指示ではないか、と思った。というのは外をみると、まだ大して積もっていない。なので、指示はあったが、私は定時の5時半まで会社にいようと思った。ところがそれからどんどん雪脚が強くなって、午後3時までに電車が止まらないか不安になってきた。それでなんとか午後3時になったとき、逃げるように三鷹駅に向かった。中央線が止まっていないかどうか気になったからである。

中央線はかなり混んでいた。ともかく動いているので新宿まで出ると、小田急線のホームも人があふれていた。どうもどの会社も午後3時の早退を指示したらしい。これではいつもどおり並んで急行に座るということは望むべくもないと、ホームにいた快速急行片瀬江の島行きに乗った。

前の電車が詰まっているので、いつもよりは低速運転だったが、それでもいつもより30分程度余分に通勤時間がかかった程度だった。ただ立ちっぱなしで満員なのでかなり疲れた。なんとか自宅に最寄りの駅についてもまだ、ここから20分歩く必要がある。なので歩いていると、吹雪のように雪が顔を殴ってきた。傘はさしていたが、上着は雪まみれになった。体は寒くなかったが、指先が凍えて困った。

自宅に帰りつくと、いつもより疲れて、腹が減って仕方なかった。それで食べながらビールを飲みながらテレビを観ていると渋谷駅でサラリーマンが帰宅のためバスを待つシーンで、なんでも1時間は寒中で待たなくてはならないそうで、3時帰宅の指示はなかったのか、と怪訝になった。

そして外をみると、いよいよ雪脚は強まり、4年前の大雪とそんなに遜色がない状態となってきた。こんな雪は今年はもうこれで沢山だが、果たして勘弁してもらえるだろうか。

1月23日の朝になってみると、雪は止んでいて、今日は晴れて多少気温も上がるらしい。なんとか転ばないように歩いて駅に行くとしよう。

レスラー系のアトラクタのまとめを眺めていて、ふと極めて非論理的なステートメントを思いついたので、書き下してみる。

  1. 我々が住んでいる宇宙は、より高次元宇宙のポアンカレ断面である。
  2. その高次元宇宙に別のポアンカレ断面を適用すると、別宇宙が出現し、それは我々が住んでいる宇宙と因果的に独立でありえる。
  3. 因果的に独立と感じるのは、われわれの観測能力の限界による場合がある。高次元宇宙においては、互いに独立にみえる異なる宇宙同士が、因果的に従属でありえる。
  4. 一つの宇宙において、時間パラメータに沿ってポアンカレ断面の推移をみていくと、レスラー系のアトラクタのまとめでみたような疎密領域があらわれる。その疎密領域は銀河団などの構造に対応する。
  5. 高次元宇宙における力学系の方程式が宇宙のより深い法則であり、その力学系の低次元宇宙への投影が、個々の宇宙の自然法則である。しかし、多分、高次元宇宙における力学系の方程式が最終法則である、というわけでもない。

これはなんの意味もない非論理的な夢想にすぎない。でも、夢想する練習にはなる。

極道と堅気

user-pic
0

極道と堅気というのは、言うまでもなくヤクザとその補集合という区分であるが、孤狼の血を読んでいるとき、言い方はともかく、極道と堅気という区別は他の分野でもあるよね、と改めて思った。

そう思ったきっかけは、私が大阪にいた頃に遡る。そのころ、数学の好きな友人と雑談しているとき、「どんな分野でも、道を極めようとしたら、それは極道だ。」と言われ、まあ用語的にはそうだけどね、と苦笑した。それはほんの冗談としても、極道は要するに道を極めることだということを今に至るまで忘れたことはない。

より具体的に極道と堅気モデルのことを改めて感じたのは、外資系のとき、基礎研究所の特許の仕事をサポートしていたときのことである。すなわち、発明の評価会を知財担当者と研究所のスタッフの合同で行っているとき、ある若手研究者がどうみても数学的に道理の通らないことをいい始めたので、私は自分の代数学の知識に基づき、おかしいと指摘した。

すると、研究員の中でも比較的数学に詳しいSさんが頷いてくれた。それで結局私の主張は通ったのだが、あとで研究所の発明評価チームのリーダーの人に呼ばれ、君のあの態度はまずいと指摘された。えっ、どういうことですかといったら、知財担当者が技術的なことで矛盾を研究者に指摘してはいけない、なぜなら所詮素人なのだから、という。

それを聞いて私はむっときた。要するに研究者が勉強不足なのではないですか、と言おうとして、まあことを荒立ててもいけないので、ととりあえず黙っておいた。今にして思えば、それが典型的な極道と堅気モデルの振り分けなのであって、この場合、研究所に所属する研究員=極道で、それ以外はすべて堅気なのである。そして、堅気が極道のやることに口出ししてはいけないということである。

すなわち、世間的にみて、ヤクザである極道は、堅気より喧嘩が強い。なぜなら日常的にバトルしているからである。親分のためには、命知らずだったりする。しかし、堅気であっても、生まれつき喧嘩が強いとか、格闘技の修行をしていたりすると、一般的なヤクザより喧嘩が強いということが、ときどきありえる。しかし、そういう例外は基本的に認めないで、要するに極道の方が堅気より強いのだというモードでぶれないのが極道と堅気モデルである。

こういう思考法で人間はなんとか自分を特別視しようとする。例えば私は、将棋が趣味だが、一応普通のアマチュアには負けないというあまり根拠のない自信がある。ここで普通のアマチュアとは、高校や大学で将棋部で修行したことがないし、将棋道場で強い人とのぶつかり稽古をあまりしたことがない、ということだっりする。ここでは、必ずしもレベルが高いとはいえないが、高校や大学で将棋部で修行したということをもって極道と定義している。ところがこれはあまりに多くの例外を含むのであって、なんとなく自分で将棋を勉強していただけなのに私より強い人というのも結構いたりして、それでもそんなの堅気じゃんと撥ねつけたいがそうもいかないので困ったりする。

そういえば、今から20年くらい前、まだコンピュータ将棋がアマチュア有段者に勝てるとさえ信じられていなかった頃、プロはアマチュアには絶対に負けないものだとという建前になっていた。実力が隔絶しすぎていると。しかし、小池重明のような猛者がでてくるとそうもいっていられなくなる。それでもプロは、極道と堅気モデルを崩したくなかったし、崩そうとしなかった。

しかしさっこんでは、将棋の世界では、将棋AIの台頭もあって、極道と堅気モデルは維持しにくくなってきた。本物の極道と堅気モデルでもこのあたり同じで、暴力団に書いたとおりである。

で、最後に付けたりのように最近考えているのは、59歳になって特許調査の仕事を始め、四年以上経験してきたので、そろそろ自分を特許調査の極道と規定しようということである。そう自分に言い聞かせると、一層スキルを磨かないといけないと身が引き締まる。

そう言いつつ、もう一人の自分は、そうやって努力するのはいいが、別に極道などという構えた言い方はしないで、いくらでも穏当な言い方ができるだろ、と苦笑するのであった。

ゴルゴタ

user-pic
0

もう二年近く前、深見真のライフルバードを読んで、鮮烈な面白さを感じた。それで深見真の別の作品を読もうと思いつつ、そのままになっていた。

ところが久々にブックオフに行ってみると、深見真の「ゴルゴタ」徳間文庫があるではないか。次に深見真の作品を読むならこれだ、と決めていたので、即買いして即読みを始めた。優柔不断な私にしては珍しい。

「ゴルゴタ」の主人公は、陸上自衛隊の一等陸尉、真田聖人。より詳細には、対テロを想定した特殊作戦群に所属する。分かりやすくいうと、要するに猛訓練で鍛えられた特殊部隊である。

すなわち最屈強部隊なのだが、そんな中でも真田は最強を謳われている。そしてついに真田が属する部隊に出動命令が下った。すなわち、石川県の海岸に座礁した北朝鮮の工作船から武装した工作員たちが上陸し、警官を射殺して山に立て籠ったので、彼らを無力化するという指令が出されたのである。特殊作戦群は、日下部一等陸佐の指揮の下、作戦行動を開始した。真田は分隊長である。真田の分隊は、女性ながら精鋭の古馬二頭陸尉も所属する。こうして全員の協力で、特殊作戦群は一兵たりとも犠牲者を出すことなく、工作員たちを掃討した。

こうして作戦が完了して日常の訓練に励む真田は突然、警務官にコンタクトされた。自衛隊で警務官といえば普通、何か問題を起こした場合に調査する役割なので、真田は身構えたが、実は真田の家族に関する犯罪事件を知らせに来たのだった。 

すなわち、真田には妻があり、妊娠六ヶ月なので妻の実家で静養していた。そこを中学生五人の不良たちに押し入られ、妻と義理の母が殺されたのである。しかも妻は性的な暴行も受けていた。

真田は一瞬、意味が分からなかった。しかし警察署を訪れて、妻と義母の変わり果てた姿を確認したときは、死体は見慣れているはずなのに慟哭した。

そして、葬式をなんとか終えると、真田は、犯人の中学生五人の動向を窺った。すると犯人たちは証拠をあまりに多く残していたのであっさり捕まり、まだ15歳以下の少年なので、法廷戦術で述べたように家庭裁判所で審判され、その罪状の重さから当然に事件は検察官に送致されるもとの期待されたが、不可思議にも少年たちは一番軽い保護観察処分に終わり、比較的短い保護観察の後、社会に復帰できるのだった。

その結果をなんとか覆そうと努力した真田は、それが不可能と知ると、自衛隊を辞めた。すると退職金が入り、少年たちの親に対する民事訴訟を起こし、相当の資金が手に入るとある計画を遂行するために、世間から姿を晦まし、潜伏した。

それからしばらくして、水死体がみつかった。身元を調べると、高校生らしいが、特になんらかの事件に関連しているとは思えなかったので、警察は淡々と処理した。それからしばらくして別の水死体がみつかった。身元を調べると、やはり高校生らしいが、手口が似ているので調べてみるとなんと、どちらの高校生も真田聖人の妻殺しに関連していると分かった。それでこれは真田の復讐らしいと警察は判断した。だとするとそれは由々しきことである。なぜなら、自衛隊最強だった男がその持てる技と知恵を振り絞って行動するわけで、生中の布陣では対抗できない。こうして警視庁最強の特殊部隊が動員された。

しかし、真田の強さは誰の想像も絶するもので、いかなる護衛や防護もものともせず次々に殺戮が続けられていく。そう、加害少年たちは荒ぶる神の怒りを呼び覚ましてしまったのである。そのことは、聖書のおどろおどろしい箇所が、この小説の随所で引用されていることから示唆される。

ともかく、この小説はスティーブン・ハンターの小説ライクに銃の蘊蓄も満載で、深見真の渾身の力作なのだった。

知り合いとの会話の中で、吉野源三郎の「君たちはどう生きるか」を読んだことがあるかと聞かれ、えっ、何ですかそれ?と応えたら、最近ではコミックにもなっている有名な本なのに、というので、そういうなら読んでみるべぇ、と例によってオムニ7で注文してみることにした。そして本を入手したら即、読み始めた。

まず、この本のプロフィールのようなことを書いておく。作者の吉野源三郎氏は、1899年に東京に生まれ、東大哲学科を卒業、新潮社の「日本小国民文庫」の編集主任を務め、その最後の巻は、山本有三氏が執筆するところ、山本氏が病気になったので急遽吉野氏が執筆した、ということである。

「日本小国民文庫」は、第二次大戦の暗雲が立ち込めた1935年に刊行され始めた。すなわち、暗い世相で、少しでも少年少女を元気づけようという趣旨だった。特に最終巻の「君たちはどう生きるか」は倫理を扱い、シリーズの要だった。

「日本小国民文庫」は、反戦の思想が盛り込まれているとして太平洋戦争が始まってからは刊行できなくなったが、戦後また新潮社から刊行され始めた。私が読んだ「君たちはどう生きるか」は、1962年に漢字や仮名遣いが現代風に書き改められたものである。したがって純然たる現代文となり、まったく読みにくさはない。内容もちょっと気の利いた小学生にも読めると思う。ただ、その意味するところは小学生にはちょっと難しい箇所もある。

さて、「君たちはどう生きるか」の主人公は本田潤一という中学生だが、あだ名はコペル君という。なんでもユニークなものの見方をするので、コペルニクスにちなんでそう呼ばれているらしい。

そんなコペル君であるが、少し前に銀行の重役だったお父さんを亡くし、その代わりにお母さんの弟である叔父さんが何かと面倒をみている。

お父さんを亡くしたが、コペル君は学校の成績がクラスでトップで、ひょうきんだったりする。友達は、大富豪の息子の水谷君と、お父さんが元陸軍大佐の北見君と、豆腐屋の息子の浦川君。そんな友達との付き合いや、コペル君と叔父さんの対話でストーリーは進んでいく。

コペル君はいつもいろいろ考える子供で、ある日世界のつながりの法則のようなものを発見した。それを叔父さんが褒めてフォローした。

あるときは、北見君がクラス内で正義感を発揮して喧嘩になった。その話を聞いて叔父さんは、正しいことは正しいと主張することは必要なことだとフォローした。このあたり、反戦の臭いがする。

またあるとき、コペル君は浦川君の家に行き、とても貧しいので驚いた。それを聞いて叔父さんは生産活動の重要さを説く。このあたり共産主義の趣がある。

またあるとき、コペル君は水谷君の家に行き、男勝りの水谷君のお姉さんから、ナポレオンの話を聞いた。そのことをコペル君から聞いた叔父さんは、ナポレオンは確かに英雄だが、手放しで称賛してはいけないと諭した。

またあるときは、コペル君がふとした怯懦から仲間を裏切ってしまい、決定的に信頼を失った。そのときばかりは優しい叔父さんもコペル君に厳しかった。

そうやって、悩んだり考えたりしながらコペル君が成長していくストーリーで、読みながら私もいろいろ考えてしまった。まあでも、子供の頃でなく今読んでよかったと思う。この本は子供の頃でも読めたと思うけど、表面的に通り過ぎて終わっただろう。

死ぬまでにもう一度読むかも、と思ったりする。

少し前に、2次方程式の整数解について簡単に考察してみたが、それでは整数解でなく有理数解ならどうなるか、と考えてみるのは自然な拡張である。

すなわち、2次方程式 ax2 + bx + c = 0の係数a,b,cが整数でなく、もっと一般的に有理数と考えたときの有理数解を求めるということである。

そこでまず、有理数は、整数の分子と分母による分数表示されていると考えることができることに着目して、分数a,b,cの分母の最小公倍数Hを求め、それを2次方程式の両辺に掛けることで、係数を整数A,B,Cにする。すなわち、
Ax2 + Bx + C = 0

そして、これが整数D,E,F,Gを以て、(Dx - E)(Fx - G) = 0と因数分解されるなら、x = E/D, G/Fが有理数解になる。このようなやり方で求めるべき有理数解を尽くせる(exhausive)ことは、
ax2 + bx + c = 0が有理数解をもつなら、整数d,e,f,gを以て、(x - e/d)(x - g/f) = 0とあらわされることから分かる。

ここで、2次方程式の整数解と同様の考察を適用すると、A = DF, C = EGであることに着目して、
Y = {(∀S)(∀T) S/T |S∈{Cの約数},T∈{Dの約数}}のようなYの各元をAx2 + Bx + C = 0のxに代入して、解になっているかどうか確かめるということになる。

ここまでアルゴリズムを書き下すと、2次方程式の整数解と同様にプログラミングすることは簡単なようであるが、一つ問題がある。それは、有理数の代数的厳密計算である。すなわち、有理数は小数表示すると一般的に循環小数になるが、循環小数展開してしまうと最早厳密計算は不可能になる。そこで、中学で習う記号的分数計算、例えばa/b + c/d =(ad + bc)/bd等を実装して分数は分数のまま扱い、2次方程式に分数を代入した結果の分数の分子がゼロなら、その代入した分数が解だと判定するのだが、こうやって分数を代入していくと、整数の桁数がすぐにプログラミング言語の仕様の整数変数で扱える桁数を超えてしまうので、多倍長計算を実装しなくてはならないということになり、面倒である。さらには桁数の増大を抑えるためには分子と分母の最大公約数で分子と分母を割ることで、分数を既約化するなどの裏処理も必要になる。

このように、2次方程式の整数解の解法を2次方程式の有理数解の解法に拡張するのは、プログラミング的には意外に面倒なのだった。

たまたま古書店で、山田悠介の「その時までサヨナラ」文芸社文庫というのを見つけて、あまり面白さを期待したわけではないが、とりあえず買った。

山田悠介の小説は今まで読んだことがないが、なんでもホラーの鬼才らしい。しかし、この小説は愛と絆の感動ミステリーらしい。ううん、恋愛ものが苦手な私はちょっと引いたが、なぜかすぐに読み始めた。ところが、あまり期待しないで読み始めたはずなのに、急に小説の世界に引き込まれた。よく分からないが、読ませるというか妙に読みやすいのである。

この小説の主人公は、森悟。講文社という出版社で、編集の仕事をしている。悟は、後藤田夏夫という若手作家を見出し、育ててきた。すると、才能と運に恵まれたか、後藤田の小説がどんどん売れ、それにつれて悟の社内の地位も次第に上がってきた。もう一息で編集長というところまできた。

悟は既婚で、四歳になる男の子、裕太がいる。おお、井山裕太と同じ名前ではないか。ところが、仕事にのめり込みすぎて、悟は家庭を放置し、妻の亜紀にも一切協力しなかったので、夫婦仲が険悪になり、離婚も時間の問題となった。

そんなことを悟は一切気にすることなく、会社の後輩の川田紀子と浮気したりして絶好調だった。ところが、晴天の霹靂のような失態が起きた。後藤田が新作の小説を書き、悟の指示でそれをUSBメモリの形で受け取った川田紀子が、USBメモリを電車の中ですられてしまった。

剰え、そのスリが愉快犯で、USBメモリの情報を世間に公開してしまったので、後藤田が激怒し、講文社に重大抗議してきたので、悟は完全に立場をなくした。出世などとんでもない。

そんな状態で妻との仲が完全に決裂し、妻は息子を連れて都内の実家に帰ってしまった。そうなっても悟は、妻子より会社の仕事の方の懸念が大きかったりする。

しかし、数日たって、仕事どころではない事件が起きた。なんと、妻が福島で電車に乗っているときに東北大震災が起き、電車が脱線し、息子はなんとか助かったものの、妻が事故死してしまった。

そうなると、息子の裕太を誰が面倒みるかだが、妻の両親はもともと悟にいい感情をもっておらず、孫を引き取るといってきかない。しかし、悟はそうするふんぎりもつかず、自宅マンションにいると、なんと、宮前春子という風采の冴えない女性が訪ねてきた。なんでも妻の知り合いで、妻から頼まれて、残った家族の面倒を見にきたのだという。

悟は、何を馬鹿なことをいうのだ、そもそもお前は誰だ、帰れなどと喚くだけである。しかし悟はなぜか追い返しがたいものも感じ、宮前春子は居付き、裕太もある程度懐いているようである。それだけではない、春子は悟に家事を教えようとする。

そこから悟は、妻が福島に出向いた理由を探った。行先はなんでも、浄命寺というところらしい。

ここからはストーリーのコアなので省くが、様々な推理と偶然が重なり、浄命寺と宮前春子が関連付けられ、ありえないような秘密が明らかになった。そして、まさにお涙頂戴の結末。分かっていても私は泣けた。この本のクライマックスのところを私はたまたま、散髪屋で順番を待っているとき読んでいたのだが、目にゴミが入ってしまったようなふりをするのに苦労した。

山田悠介の作品は初めて読んで、そのreadabilityに感心したので、今度はお涙頂戴ではない、本来のホラーものでも読んでみることにしよう。

1月14日(日)に、NHK杯の囲碁番組を観終わった後、将棋連盟のホームページを見ていたら、藤井四段が朝日杯オープンで澤田六段に勝ったという。なんか澤田六段、強いはずなのになぜか斬られ役だよね、と思っていたら、あっ、と気づいた。澤田六段に勝ったとなると、相手は、佐藤天彦名人対永瀬七段の勝者。そして佐藤天彦名人が勝ったというので、次はいよいよ佐藤天彦名人対藤井四段、これは必見だよね、と早速ウェブで朝日杯オープンを見始めたらまだ序盤だった。

ちょっと所用で席を外して戻ってみると、中盤になっていたが、私にはまだ難しいと思えた。ところが解説の木村九段は、駒の効率がいいので大分先手、すなわち藤井四段がいいのだという。

それから見ていると、流石に私にも先手の方が優勢だと分かってきた。そのとき、木村九段の解説によると、もう大勢は決しているという。果たして、程なくして佐藤天彦名人の投了となり、これは完勝というか、藤井四段の飛躍だよね、と思った。

ともかく、朝日新聞ディジタルの記事を引用させて戴く。

中学生棋士の藤井聡太四段(15)が公式戦で、タイトル保持者から初白星を挙げた。第11回朝日杯将棋オープン戦の本戦2回戦は14日午後2時から、名古屋市東区の東桜会館で指され、藤井四段が佐藤天彦名人(29)に121手で勝ち、初めてベスト4に進んだ。2月17日に東京で行われる準決勝で羽生善治竜王(47)と対戦する。

実は藤井四段の飛躍というのは、マーク・グリーニーの暗殺者の飛躍をもじっただけで、私はいい意味で、それほど驚くことではないというか、藤井四段なら名人に勝ったって全然意外でない、というのが私の本音である。

かなり前であるが、藤井四段がデビュー間もない頃、藤井四段の炎の七番勝負というのがあり、藤井四段は錚々たるメンバーに6勝1敗だったのだが、そのとき佐藤康光九段に勝ったのが、ありえない完勝で、佐藤康光があれほど完敗した将棋をみたことがなかったので、藤井四段の強さに目を瞠った。

今回の将棋だって、天彦名人に対して、接戦の末勝つ棋士はいても、これほどの完勝は羽生にだってできないのではないか、ついそう思ってしまった。ということで、今後の藤井四段の活躍に期待である。

ところで、国民栄誉賞確定のあと、羽生棋聖は順位戦で佐藤康光九段に負けて、名人挑戦がかなり難しくなった。やっぱり、ああいう大きい賞をもらうとなると気が緩むよね、と思ったら、朝日杯将棋オープンで羽生は、高見と八代に勝って、きっちり次に藤井四段との対戦をつくった。流石羽生はイベント・プロモータで、今の羽生にとって、名人挑戦より、朝日杯で藤井と対戦する方がよりビッグイベントなのだろう。

そういえば、もう一人の国民栄誉賞受賞者である井山七冠であるが、世界名人の対戦で、中国の連笑九段と、韓国の李世ドル九段に負けて、あっさり敗退した。どうも井山は李世ドルに分が悪い。でも、この敗戦は井山にはクスリで、お陰で七冠だの国民栄誉賞だのに浮かれる気分には全くなれず、精進し続けるだろう。

かなり前に古書店で、柳広司「ソクラテスの妻」文春文庫というのを見かけて、とりあえず買っておいた。ところがちらっと眺めたら、もともとかなり薄い本なのに、この本は十三篇の短編からなっていて、「ソクラテスの妻」はそのうちの一つに過ぎない。で、やや失望して積読することにしたのだが、それでもこの本を本棚でなく手許においておいたのは、生来のギリシャ趣味のせいだろう。

そんなわけで、この本の背表紙はいつも眺めていたのだが、ある日、ん?と気づいたことがあった。それは、柳広司って、たしか「ジョーカー・ゲーム」などのスパイ・ミステリーの書き手だったよね、ということである。気になる作家なのに、まだたまたま一冊も読んでいないので、いまいち印象がはっきりしていないのだった。

そんな柳広司がギリシャものの小説を書いたというのも面白いと思い、とりあえず「ソクラテスの妻」の十三篇の短編を読むことにした。

その十三篇とは、以下のとおりである。

  1. オイディプス
  2. 異邦の王子
  3. 亡牛嘆
  4. ダイダロスの息子
  5. 神統記
  6. 狂いの巫女
  7. アイギナの悲劇
  8. 最初の哲学者
  9. オリンポスの醜聞
  10. ソクラテスの妻
  11. 王女メディア
  12. ヒストリエ

オイディプスは、意に反して運命の悪戯により、父を殺し、母と交わることになったオイディプスの話である。

異邦の王子は、スキュタイの王子アナカルシスが、母の故国ギリシャに留学する話。ギリシャのソロンから学んで賢人になったアナカルシスであるが、故国に戻ってみると、認識の齟齬は大きかった。

恋は、クレタの王ミノスの娘、アリアドネが、アテナイの王アイゲウスの息子ポセイドンの末裔であるテセウスに恋する話。アリアドネは、アリアドネと糸として知られる手法でテセウスを懸命に逃がすのだった。

亡牛嘆は、クレタの王ミノスの妻パシファエが白い美牛に恋して、なんと牛と姦通してしまう話。そうして生まれたのがテセウスなのだった。これが原因の一つとなって結局クレタは滅んでしまった。

ダイダロスの息子は、パシファエの依頼でパシファエが牛と交われるような巧妙な模型をつくった天才職人ダイダロスと、その息子のイカロスの話。

神統記は、ニュクス、ヘレメ、ガイア、ウラノス、クロノス、ゼウスなどギリシャの神々が争う話。

狂いの巫女は、アルゴスの王アガメムノンがトロイア戦争から凱旋したとき、連れ帰ったトロイアの王女が波紋を引き起こす話。それを歓迎している風のアガメムノンの妻、クリュタイネストラは次第に荒れ狂った。

アイギナの悲劇は、アテナイから独立したアイギナが、オリーブの樹の女神像を持ち去ったことからアテナイ軍から攻め込まれる話。小国で大した軍備ももたないアイギナは風前の灯だったのだが。

最初の哲学者は、ミレトスの賢者、タレスの話。

オリンポスの醜聞は、美しい女神、アフロディテを妻にした、醜いヘファイストスの話。ヘファイストスが建築に精を出している間、アフロディテは男神を誘惑して浮気ばかりしていた。それに気づいたヘファイストスが反撃する話。

ソクラテスの妻は、クサンチッペは別に悪妻でなかったという話。なにしろソクラテスは、女はつくらないものの藤沢秀行ばりの家庭放棄で、クサンチッペは弱り切って、人前でソクラテスに水を浴びせたりした。それでもソクラテスが堂々と刑死したときは嘆き悲しんだ。ちなみに、妻が悪妻だと夫が哲学者になるというのは逆で、夫が哲学者だから妻が悪妻になるのである。それはあまりにも当たり前でつまらないので、誰も言及しないだけである。

王女メディアは、ギリシャから来た美丈夫イアソンに、コルキスの王女メディアが恋をした話。イアソンが狼藉でコルキスの王アイエテスから追われて逃げたとき、メディアはイアソンに付いてきた。ところがメディアは、見かけによらず恐ろしい謀略家だった。

ヒストリエは、ヘロドトスが「歴史」を書くに至った経緯の話。

ということで、どれがギリシャ神話由来で、どれがそうでないか私には截然とは分からないが、これはこれでとても興味深いギリシャ説話入門なのだった。流石、柳広司である。

定年バカ

user-pic
0

新聞広告で、勢古浩爾著、「定年バカ」SB新書を見かけて、これは買いだと思った。そこで最近の習慣で、オムニ7で注文しようとしたら、入庫待ちだという。でも、入庫したらメールで通知してくれるというサービスがあるというので、申し込んだら、次の日、早速メールがきた。そこで急いでオムニ7のサイトに行ったら、もう再び入庫待ちになっている。どうも、飛ぶように売れているらしい。そこで、少なくともこの本に限り、オムニ7は止めようと、アマゾンに行ったら、即注文できた。次の日の夕方、郵便のゆうパケットで本が届いたので、早速読み始めた。

この本は要するに、定年にまつわる世間の反応を、バカじゃない?と斬り捨てているのだが、いちいち納得である。

最初の章は「定年バカ」であるが、ここは定年だからと過剰反応して、定年本など周囲の雑音に影響されて焦る奴はいかん、ということである。そんなの自然体でよく、好きなようにやればいいというのが著者の教えである。

ただ、次の章の「お金に焦るバカ」はなかなか見過ごせないものがある。なぜなら、一般的には年金だけで暮らすのは難しく、貯金を少しずつ取り崩すことになる。なので、私はというと定年後は、傘はり浪人的な内職があればいいと思っている。

次の「生きがいバカ」というのは、私はかなり該当する。なぜなら、私は若い頃から、自分の楽しみや生きがいのため、数学、コンピュータ、英語と勉強してきたからである。そのお陰でなんとか外資系に転職できた。ただ、あるとき、数学を勉強していたら、善意の友人から、そんな暇があったら、資格勉強をしろとたしなめらりれた。野生の感性をもつ私はそんなアドバイスは全く聞き入れず、こつこつ数学を勉強した。それでいまでは数学はすっかり楽しみの源泉になった。

次の「健康バカ」も私はかなり当てはまる。なにしろ、サプリおたくである。ただ、今のところだが、健康には過ごせている。ただ人間の健康や寿命なんてわからない。儚いものである。

次の「社交バカ」は私はなんとか免れている。なぜなら、勢古氏と同様に私は案外孤独が平気だからである。ただ、寂しがりやの面もあって、つい、一人上手と言わないで、と歌を歌ってしまう。

次の「未練バカ」は、趣味の将棋や数学でもっと上達しないかといつも思っている点で未練たらたらである。

次の「終活バカ」は、私もあんなものつまらないと思うが、やりたければ勝手にやるのも無意味ではないだろう。そもそも私は葬式だって、してくれなくていいと思っているし、墓もいらない。鳥葬というのが日本で許されるならそれでもいいが、やはり無理か。ただ、法事の類は私には無用である。

要するに、他人に迷惑かけなければ好きなようにやればいい。スポーツが好きならそれに邁進すればいい。いいじゃないの、幸せならば、である。

著者はテレビを観るのも好きで、よく観ているそうだが、私はどうもずっとテレビを観ているのは苦手で、それなら本でも読む。

著者は、こんな立派な本が書けるのだから、当然私より偉いのだが、孤独が好きで、孤独にポジティブな意味付けしているのを好ましく思い、面白く読んだ。

これだけ売れているのだが、この本は、私とは違うタイプの人にもきっと面白く読まれているのだろう。だとしたら、この世も捨てたものではない。

あと、ちょっと興ざめしたのは、後でアマゾンでみると、著者は似たような本を陸続と書いていることである。それって、稼ぐためか、そんなにお金に困っているはずものいなのに、とがっかりした。別に聖人君子であることを期待したわけでもないのだが。

第三の女

user-pic
0

夏樹静子は、私が学生時代、松本清張や横溝正史、江戸川乱歩などを読みつつ、ミステリーに傾倒していた頃は、私の趣味にはあまりあわなくてほとんど読んだ記憶はない。

ところが、たまたま読んだWの悲劇が、ちょっとスタティックながら、そのセンスのよさに感心して、今更のように夏樹静子のファンになった。

そこでたまたま見かけた「第三の女」光文社文庫を買っておいたのだが、私の悪い癖であまり理由もなくしばらく積読で、気まぐれで突然読み始めたら、ううん、これがなかなか面白いのだった。

「第三の女」の主人公は、福岡の国立J大学の医学部衛生学教室の助教授、大湖浩平。多分であるが、国立J大学とは九大のことなのだろう。

その大湖であるが、学会に出席するためにパリに出張した際に、時間があったのでパリの郊外のしなびたホテルに足を延ばした。そこで夜レストランにいると、落雷で停電になり、様子を窺っていると、女性らしき人の気配が感じられた。大湖にはなぜか、それが運命の出会いのように思えたが、女性の方もそう思ったらしい。いきなり女性は、ある女を殺したいとつぶやいた。なんでもターゲットは、箱根のエメラルド・ビューというホテルの長女、永原翠らしい。不倫の果て、相手の男を殺したのが許せないということである。

一方の大湖もまた、殺したい人物を挙げた。それは彼の上司の吉見教授である。大湖は、衛生学の研究の一環で、ある食品会社の菓子を食べた複数の子供に癌が発生している事件を調査し、その菓子に発癌性物質が含まれていることを突き止めた。それを発表しようとしたところ、吉見教授に強く反対された。吉見教授は、賄賂でももらったか、食品会社と結託して、大湖の調査を握りつぶそうとした。剰え、大湖を辺地に左遷させようと画策している。

こうして互いの胸中が開示されると、二人の心理的距離は一気に縮まり、互いの容姿を確かめる間もなく、二人は愛し合った。大湖が勤務先と名前を名乗ると、女は、鮫島史子とだけ名乗った。

雷の閃光のような出会いの後、大湖は何事もないかのように福岡の自宅に帰った。妻と娘二人の平和な家庭だった。そんなとき、箱根から何気ないメッセージの葉書が届き、その後突然、吉見教授、自宅で殺されるという事件が起きた。

なんの確たる証拠もなく、大湖はこれは交換殺人の第一ステップだと悟った。そして、永原翠への第二ステップを執り行うべく、箱根に赴くことが要請されていると強く感じた。

そこから大湖は、稚拙ともいうべき幻惑手段を駆使しつつ、永原翠に接近していくのだが、一方で大湖は、鮫島史子の影も、サインも一切感じられないで、次第に自滅しそうになる、という切ないストーリーだった。

夏樹静子が流石だと感じたのは、トランプのほとんど手札を晒したような展開で、大湖の心理に没入するような描写と、切ないラブロマンスと、ミステリーとしてのトリックをちゃんと盛り込んでいることで、それはまるで上質の古典詰将棋の手順をみるようである。

ところで、アガサ・クリスティに「第三の女」という同名の小説があるのを知った。そこでアガサ・クリスティの「第三の女」の粗筋を調べてみたところ、この小説はクリスティの「第三の女」のオマージュになっていないように思われる。しかし、夏樹静子には、「そして誰かいなくなった」という作品があり、こちらは明らかなオマージュのようなので、「第三の女」もわかりにくいが潜在的な深い関連があるのかもしれない。

異言語習得

user-pic
0

LME288エラーの対応に書いたように、懸命の努力でC++ Builder XE4が使えるようにしたのだが、そこからWindows Updateを一度経ると、またLME288エラーが再現した。

がっかりしながら、いつもどおり、パソコンをシャットダウンして、電源を入れ直してみたが、やはりエラーが解消されない。仕方なくそこからシャットダウンでなく再起動させると、なんとかLME288エラーが解消されたが、最早怪訝な気持ちは晴れない。

そこまでどうしてC++ Builder XE4に拘るのかというと、C++ Builder XE4が素晴らしいのではなく、その代替のVisual Studioが実に使いにくいからである。使いにくいというのは実は必ずしも正しくなくて、新しくVisual Studioを習得する手間が嫌なのである。

そういえば私は長年Perlを使っていて、未だに中級者以下やんけと思っているうちに、Perlに時代遅れ感が漂い始めて、Rubyかな、Pythonかなと横目でみるのだが、まったく浮気する勇気がない。

でも人間に大事なのは、異言語を学ぶときの強烈な違和感に酔うことなのであって、それが嫌ならこの王国を去れ、と言われてしまう。私は以前、強烈な違和感を求めて、アラビア語を勉強して、文字の書き方をある程度勉強した段階で挫折したが、なかなか有意義な体験であった。

なので、以前気まぐれで買って、なぜかずっと私の本棚のセンターを占める、大学書林の「ハンガリー語四週間」など恰好の違和感のソースなのだが、手を出せないでいるとはなんと情けない。

そう考えたら、Visual Studioの違和感など知れていないだろうか。

かなり前に古書店で、北川歩実「金のゆりかご」集英社文庫というのを買っておいたのだが、しばらく積読のままであった。その理由は、なんでも天才をつくるための幼児教育がからむミステリーということで、なんとなくアルジャーノンに花束をを彷彿とさせ、気持ちが鬱屈するからなのだった。

ところが、何かの気まぐれで「金のゆりかご」を読み始めると、アルジャーノンに花束をとはかなり様子が違う。すなわち、この小説の主人公は近松吾郎という医師が創設したGCS早期幼児教育センターで子供の頃トレーニングを受けたという野上雄貴という青年が主人公である。

雄貴は、その早期幼児教育のお陰で、小学生の頃天才と呼ばれた。なにしろ、その年齢で大学入試問題がどんどん解けてしまう。将来はどんな偉人になるかと期待された。それで有名中学に進学したのだが、そこから成績がじりっじりっと下がり始め、大学入試で失敗してしまった。志望校のレベルを下げれば受かるところはあったのだが、プライドが許さないので受験して全部落ちてしまった。

次の年も大学に落ち、やけになってGCS早期幼児教育センターの知り合いの漆山梨佳という女の子と駆け落ちのように家出して同棲し、女の子は妊娠してしまった。それで産むの堕すのと言い合いをしているうちに別れてしまい、本当に産んだのかどうか分からないままだった。

結局、雄貴は、大学にも行かず高卒の学歴で現在はタクシーの運転手をしており、結婚して子供も生まれそうということでささやかな幸せを得たともいえるが、早期幼児教育と現在の境遇の対比は大いなる怨嗟という次第である。

そんな屈折した雄貴に、あるルポライターが強引に面談を迫ってきた。なんでもGCS早期幼児教育センターの過去のスキャンダルを追っているという。そんな状況でGCS早期幼児教育センターが高給で雄貴を職員として採用したいという申し出があり、雄貴は当然に相手にしないのだが、近松吾郎と雄貴の関係や、雄貴が一時同棲していた漆山梨佳が現れたりといろいろなことがあってついにGCS早期幼児教育センターに就職してから、ルポライターが行方不明になったり、梨佳が失踪したり、と混迷が深まった。

その間、GCS早期幼児教育センターの出身で頭はすこぶるいいのだが、情緒不安定というか性格が屈折しまくっている子供が何人も出てきて、著者が早期教育を批判しようとする気持ちが感じられた。ここらあたりは早期教育批判で書いたことと通じる。

ところが、ついに殺人事件が起き、雄貴はGCS早期幼児教育センター出身の子供達と力を合わせて事件を解決しようと試みるのだからわからないものである。

最後はあっと驚くどんでん返しがあり、ミステリー慣れした私にはちょっと、手すぎたかなという感じもあったのだが、早期幼児教育がらみのミステリーということでこれは希少価値があると思った次第。

能吏性

user-pic
0

特許調査の仕事のため、研究所に質問に行って、オフィスに戻って半日くらいで6ページくらいの資料をまとめた。自分ではよくやったと思うのだが、誰も褒めてくれないので、自分で、おう能吏じゃのう、と広島弁でつぶやいた。

その資料を今度は確認のために、研究者に送ったところ、なんと1時間くらいでレビュー結果が帰ってきて、私の資料が隈なく目を通されて、随所に的確な修正点が示されていた。

私はまた、うーん、これも能吏だと感心して、そのテキパキとしたやりとりを卓球のラリーのように小気味よくおもった。いつもこういうようにやりとりできれば苦労はないのだが、なかなか普通はそうはいかない。

それにしても、能吏というのは要するに優秀な役人のことで、私は今まで市役所であれ、税務署であれ、役人として仕事をしたことがないので、能吏のなんたるかを知らない。なので適当に能吏という言葉を使っただけだが、私が言いたかったのは、相手のためを思って、能率よく仕事を次のステップに進めることを能吏と呼ぼうとしたということである。

もっというと、大物ぶらない、勿体をつけない、変に含みをもたせない、実務知識を駆使する、こんな能吏に私はなりたい、というのが私の意図だが、果たして人生60年以上生きて、どこまで達成できているだろうか。いや、そんな余計なことは考えないで、ひたすら働き蟻のように目の前の仕事をこなすのが能吏なのである。そんな能吏に私はなりたい。

小池劇場

user-pic
0

一昨年の都知事選で、小池百合子が出馬すると聞いたとき、何か悪い予感がした。それは外資系にいたときの役員クラスの女性上位管理職を思い出したからである。

その外資系は、ダイバーシティ、すなわち女性に昇進の機会を積極的に与えるということで先進的だと世間の評判をとっていた。しかし、と私はつぶやく。ダイバーシティはいいけど、ある程度実力主義で昇進させてよね、と。なぜなら、単に見栄えがいいからとか、上司にすり寄るのが巧みとか、show offが得意とかだけで実は業務遂行能力がなく、組織を滅茶滅茶にしたあと、地位と評判を利用したトラバーユする女性が多かったからである。なんでああいうのに高給を与えるのだろう、なんとかに追い銭ではないかと言いたかった。

それでも、東京都民は、良識ある人が多いので、流石に小池百合子は当選させないだろうと思った。ちなみに私は神奈川県民なので都知事選の選挙権はない。

ところが、小池百合子はうまく女性票を集め、当選してしまった。ああポピュリズムと私は嘆いた。それはその後のトランプの当選の前触れだったのかもしれない。

小池が都知事になって決めたビッグイシューは、築地市場の豊洲移転の問題点を洗い出し、当面中断させたことである。マスメディアも小池に加担するし、私は建築構造のことなど全く素人なのでつい、東京都はなんと杜撰なことをしていたのかと憤った。ただ、きちんとした豊洲市場を調査した大学教授が安全に問題はありませんというのを聞いて、気持ちが動き始めた。

そこから元都知事の石原氏や浜渦氏が召喚されたりして、いよいよ混迷してきた。そんなとき、都議会議員の音喜多駿氏の東京都の闇を暴くを読み、音喜多氏が小池氏の下で、都議会のドンと対抗して改革していく、と書かれていたので、小池氏は改革の旗手なのかと信じ始めた。

私が、小池氏の手腕を真剣に疑い始めたのは、希望の党を立ち上げて党首となり、衆議院の立候補の公認をし始めた頃である。それは都知事としての責任放棄ではないかと思った。そして音喜多氏のホームページをみると、小池氏を見限って、独立に政治活動を始めたらしい。それと同期するかのように、マスメディアも小池バッシングを始めた。そんなとき、新聞の書籍広告に有本香「「小池劇場」の真実」幻冬舎文庫を見かけたので、オムニ7で注文した。

普通、オムニ7で本を注文すると、二日くらいしたら本の到着予定日を知らせるメールがくる。ところが、この本に限り、なかなか通知がこない。どうしたんだろうと思っていたら、それから数日して、在庫がないので取り寄せているとメールがきた。えっ、この本はそんなに売れ筋なのかと驚いた。それでもう買えないか、それでもいいやと思っていたら注文して三週間くらいして本が届くというので、着いたら早速読み始めた。すると、著者の有本香氏は女性ながらなかなか硬派で、厳しく論理的に小池氏を追及しているので、読みながらかなり腑に落ちた。

実際、小池氏が豊洲移転問題を追及したのは、自分の正義性をアピールするのに格好のテーマだと思ったかららしいが、それは結局は大悪手なのだった。というのは、この本によると、小池氏が豊洲移転にいちゃもんをつけて延期させたばっかりに、維持費がもしかして100億円に達するほど嵩むばかりでなく、東京オリンピックのための道路工事やその他のスケジュールも大変なことになり、収拾をつけるのが最早相当に困難になっている。

ところが、最初は小池氏の肩をもっていたメディアも、石原氏召喚の頃から次第に風向きが変わってきたという。理由は、石原氏の応答が毅然としており論理的だったからということだが、このあたり、有本氏がアンチ小池に加担しすぎているような気はしないでもない。

一方、築地市場は老朽化がひどく、なので豊洲移転の計画が立てられたのだが、安全性という意味では豊洲より築地の方がはるかにひどいらしい。

こうして小池氏の政策立案実行能力の欠如が指摘され、まだしも前任の舛添氏や猪瀬氏の方がましだったという指摘は、私は同意である。多少の個人的スキャンダルはあっても、すくなくとも、大局的な都政の齟齬は招いていないと思う。

さて、問題は、ここから小池都知事がどう収拾するのか、けじめをつけるのかというところなのだった。

本ノート

user-pic
0

本ノートとは何かというと、そのものずばりで、新聞の広告や書評欄、他人のブログやホームページ、アマゾンの本の紹介などでみて面白そうと思ったものについて、本を注文するために最低限必要な書名や出発社名などをメモしておくノートである。

なぜ本ノートをつくるかというと、新聞の広告でみて面白そうと思ってそのうち買おうと思っていても、あとで分からなくなり、新聞は積み上げられたり捨てられられたりするので、追跡不可能となることが結構あったからである。

つい最近まで、ブログのネタノートを本ノートの代用としていた。すなわち、私は本を読むとそれは大抵、その感想文をブログに書くので、本はブログのネタにほとんど等価だからである。しかし、どうしてもブログのネタそのものの方が数が多くて、その中に書名が紛れて見つけにくくなったりする。

それで専用の本ノートを改めて用意したのだが、ここで少しだけルールを変えた。それは基準を下げて、まず買う可能性のない本まで、少しでも興味があると思った時点でとりあえずメモしておくようにしたことである。ここにメモして「寝かせて」おくことで、後で買う気になる可能性もあるし、少しずるいが数か月とかおいてアマゾンの古本で値下がりしていたら買う、という方法も使える。そもそも、ビブリオフィリアである私は、本ノートのエントリを眺めているだけでも妙に楽しかったりする。

そんな中で、これはまず買わないけど、ちょっと面白そうと思った本をリストしてみる。

  • 「猫はためらわずにノンと言う」ステファン・ガルニエ/吉田裕美訳
    これは要するに、人はなぜ猫に話しかけたくなるかというサブタイトルがついているようであるが、別に猫でなく犬でも、爬虫類でもペットなら人間は話しかけたくなるだろう。でもそういうとぼけた命題が面白い。
  • 「FIRE AND FURY」
    これは英語の本だが、なんとトランプ大統領に関する暴露本なのだという。間違いなく日本語訳の本も出るだろうが、それも買わないだろうと思う。
  • 「天才の証明」中田敦彦
    中田敦彦は、オリラジで、パーフェクト・ヒューマンを演じている人であるが、「天才の証明」とはなんともお笑い的な突っ張ったタイトルである。でも、要するに自分は伝統的なお笑いの才能がないので、今のようなテンポの速いネタに適性を見出したということらしい。あっ、これ読むかも。

尾道の観光

user-pic
0

私は広島県の尾道市百島町というところに育ったが、百島町というのは実は瀬戸内海に沢山ある島の一つにすぎなくて、かつて広島県内でも知る人はあまりいなかった。

百島の近隣の島として、田島と横島というのがあり、百島にとってライバルだったが、田島と横島には本土から橋が架かり、すると福山からタクシーでも帰れる。緊急医療的には救急車も来る。

百島はそんな利便性からは取り残されて、島民は寂しい思いをしたのだった。そんな百島であるが、島出身のとまりれんという人が作詞作曲した「氷雨」が大ヒットしたのは、静かな島には随分な話題だった。1982年のことである。当時私は既に東京にいたが、母がとまりれんのことを嬉しそうに電話してきたのを思い出す。ちなみに、とまりれんは地元の中学で私の一級先輩で、狭い島のことなのでよく知っていた。もう何十年も会っていないが、今でも会えば互いに微妙に識別できるだろう。

それからしばらく島には話題がなかったが、2001年にお笑いタレントの間寛平が百島にマラソンコースを作って、マラソン大会がテレビ放送されて、結構盛り上がった。

少し時代は下って、エチカの鏡で救急船の船長、旗手正守さんが紹介されて、島のことが全国区で放映された。

このあたりで、昔は全く無名だった百島が、瀬戸内海の島の中ではかなり上位の知名度になったのではないかと推察する。その後も、若い次田医師が百島に赴任し、その医師の独特の明るいキャラによりテレビの取材がやってきたりして、百島はいよいよメジャーになった。

その百島の上位行政区画である尾道市であるが、市技で述べたように、数年前に因島市を合併し、因島で盛んである囲碁を市技にすることで観光地として急速に注目度が高まった。

去年はブラタモリも尾道市にやってきたし、最近では観光客の数がうなぎ登りで、何か催しがあるとホテルの予約がとれないことはざらだという。統計を取ったことはないが、一か月に少なくとも一度は尾道関係の取材番組があるような気がする。

その尾道の知名度に後押しされたのかどうか知らないが、昨年末は、百島を主題にした30分番組があり、私はこれを知らなくて知り合いからメールで教えられて、意表を衝かれた。

それでふと思ったのだが、尾道市は戦争広告代理店で言及したような、広告代理店に町興し戦略についてコンサルティングを受けているのだろうか。それとも市の観光課に、辣腕のアイデアマンがいらっしゃるのだろうか。流石に多分後者のような気がするのだが、なんにしても私は子供の頃を思い出して、あのときの地元の地味な雰囲気と今の盛り上がりを比較して、感慨に耽っている次第である。

国民栄誉賞の続きであるが、ついに国民栄誉賞が確定した。去年の年末の報道の時点で必至がかかっていたようなものなので、改めてブログにするほどのものではないかもしれないが、マイルストーン的な意味で書いておく。

まず、アナウンス的に朝日新聞デジタルの記事を引用する。

政府は5日、将棋で史上初の「永世七冠」を達成した羽生善治氏(47)と囲碁で2度目の七冠独占を果たした井山裕太氏(28)に対する国民栄誉賞の授与を正式に決定した。棋士の受賞は初めてで、表彰式は2月13日に首相官邸である。
菅義偉官房長官は5日午前の記者会見で「歴史に刻まれる偉業を達成し、多くの国民に夢と感動を、社会に明るい希望と勇気を与えた」と授賞理由を述べた。

マイルストーン的にはこれで完了なのだが、折角なので蛇足のようなことも書いてみる。

さて、約一年前のことだが、将棋界は三浦事件の後始末で大童で、このまま将棋連盟は空中分解しそうな危機感があった。それを囲碁界は、対岸の火事として傍観していたと思う。それよりも謎の囲碁ソフト、Masterの旋風が吹き荒れていたというか。

そこで起死回生の策として、将棋連盟は最年少でプロ四段になった藤井少年に注目した。そして、当時最年長現役棋士であったヒフミンこと加藤一二三九段との対局を仕組んだ。それが当たり、また藤井少年が望外の強さを発揮して連勝したことで、ヒフミンもこれに便乗して一躍注目されるようになった。

しかし、これだけではまだインパクトが弱かった。そこで羽生は、斎藤七段との棋聖位を防衛すると、照準を完全に竜王位に絞り、他は捨てた。そして本来の実力を発揮して見事、永世七冠に就いた。なにほどかイベント・バイアスもあったと思うが。

それにしても羽生が永世七冠を獲得して一週間程度で、政府は羽生と井山の同時の国民栄誉賞の予定(内定といってよい)を発表した。これは予め羽生の永世七冠獲得を待っていた、ということになる。特許英語的にいうと、in response to Habu assuming the seven eternity crownsというところか。井山の国民栄誉賞は、羽生のそれに付随したようなニュアンスを感じた。でも、井山の再七冠は、羽生にも達成できなかった難事である。

ともかく、こうなってくると、囲碁と将棋のどちらが格上かという微妙な議論とは関係なく、一次的に将棋界が上位のような様相を呈する。なので、年末の紅白には将棋界を代表してヒフミンが審査員に選ばれ、将棋だけがNHK教育テレビとは別に、BSプレミアムで正月番組をもった。ああっ、これは囲碁界と将棋界の自発的対称性の破れだよなと思ったが、強い力と弱い力に書いたように、自発的対称性の破れは粒子に質量を与えたが、この場合、将棋界に重みが与えられるのだろうか。私にはこれは単なる量子的ゆらぎとしか思えないのだが。

別の見方で、三浦事件が実は羽生の永世七冠を終点として将棋界を盛り上げるための遠大な計画のとっかかりに過ぎないとしたら、その深く複雑な絵を描いた人物に感服するのだが、いくらなんでも国際政治でもそこまでsophisticated conspiracyというのは聞いたことがなく、そんなわけはないのであった。

私は子供の頃から、つまらないアイデアには困らなかった。例えば、独自の野球ゲームを考え出したりなどである。ただ、問題は誰にも受けないことで、仕方なく自分で遊んでいた。

いまでも私は、下手な鉄砲という意味では、アイデアに困っていない。で、明らかに言えることは、アイデアはどこからともなく降ってくるのであって、それ以外ではない。それはある意味電波のようなものであって、同調して検波する。そこで必要なのは知識ではなく興味である。

知識は、捉えたアイデアを具現化するために必要である。では興味は、どうやって湧いてくるかというと私は、前世の宿業だとおもう。将棋が業である子供は、将棋に出会った瞬間から、目覚めたように将棋に打ち込む。

誰かの紹介で一緒に始めて、興味が湧くこともある。なんにしても、少なくともアイデアが大事だと思う人は、たとえ方便であっても、スピリチュアルを信じるふりをした方がいい。そうすると確実にアイデアをおもいつくチャンスが増える。例えば、電気工学や電子工学で、虚数単位jを使わないで実りある議論をすることは難しい。虚数単位jに相当する実体なんて現世にないのに、である。

それでも、私が思いつくアイデアなんて、所詮凡庸だが、ラマヌジャンが思いついたという数学的アイデアほど超絶的なものはちょっと例がない。彼の場合、ヒンズー教のシバ神だったが、それもある意味スピリチュアルである。

以上のようなことを、外山滋比古の「アイデアのレッスン」を再読して、3ページ目に来たときに思いついた。私のノートは、そのようなどうしようもないつまらないアイデアのメモで溢れている。ブログは人のためならずで述べたように、そのうちのごく一部だけがブログとしてデビューし、あとのアイデアは単に捨てられる。いいじゃないの、幸せならば。

弔い花

user-pic
0

探偵の探偵Ⅳを読み終えて、とりあえず開いた紐の端を結んだとき、そういえばもう一つ、開いたままの紐の端があったよね、と思い出した。それは、長い腕シリーズである。

長い腕シリーズは、たまたま一昨年の5月頃、長い腕Ⅱの呪い唄を読み、深い怨念の込められた鮮烈なストーリーに魅せられた。それで長い腕Ⅰをそのうち読まなくては思いつつ、いい加減な性格で放置していたら、数か月後、たまたま勤務先の近くの古書店で、長い腕Ⅲの「弔い花」をみつけて買っておいた。でもやはり長い腕Ⅰを読むのが先だよねと思っていたら、去年の6月に長い腕Ⅰをやはり勤務先の近くの古書店で見つけて、早速買って読み始め、こうして長い腕シリーズ完読への途が開かれた。

そして、満を持し過ぎてやっと長い腕Ⅲの「弔い花」を読むのだから、自分でも書きながらじれったくなるほどである。いい加減にせんかいと自分に言いたくなる。

さて、「弔い花」は、前巻でカバーされたストーリーが(復讐でなく)復習のようにリプレイされるのだが、微妙な、しかし本質的なバリエーションをつけて現れる。

すなわち、江戸時代の嘉永元年、宮大工の喜助の一家が無理心中し、鶴太だけが助かるストーリーであるが、えっそうだったのかというストーリーが盛り込まれる。

それから、明治33年に飛び、早瀬の東屋敷を東京から来た有名な大工が建てた、という話になる。この大工が誰なのか自明と思われるので敢えて言及しない。

次に昭和51年に飛び、山形県酒田市の大火事の跡を一人の大工が、その原因を調査して歩き回るシーンとなった。これは新規なストーリーで復習ではない。その大工はどうも愛媛県から来たらしい。となるとだいたい自明だと思うので、敢えて言及しない。

次も新規なストーリーなのだが、約31年前、岡山で一家惨殺事件が起きた。その一家で一人だけ生き残ったのが、汐路に縁の深い人物なのだった。

そこから比較的現代に飛び、ネットワ・テックでディレクターの石丸が、あるユニークな女性の応募者の作品を審査する場面となった。その応募者とは誰あろう、島汐路なのだった。

そしてついに今になった。早瀬の実家、すなわち島屋敷に滞在する汐路に驚くべき事件が知らされた。なんと東屋敷の孫娘で高校生の東紫苑が何者かに殺されたのだという。そこで汐路は旧知の少年で、今では高校生になった村上祥一郎と協力して犯人を探るのだが、犯人の手がかりは全く掴めない。

そんな状況で、汐路に願ってもない仕事のオファーが来た。それはなんとドイツの会社で、但しドイツに滞在する必要があるのだという。実は早瀬にいても未だに監視するような目て見られており決して愉快でなく、普通なら矢も楯もたまらず渡欧するのだが、今は東紫苑の事件で頭が一杯である。で、ふと汐路は何者かの意図を感じた。それは無理やり汐路を早瀬から引き離そうとするものである。でも、なぜ?

さて、もう過去のストーリーに遡らないかと思っていたら、急に明治33年の石丸の先祖の話になった。それは、石丸の先祖の佐吉が有名な大工だったという話で、それだけでなく近江敬次郎と技を競ったのだという。しかし、それは手合い違いで、敬次郎の圧勝であった。敗れた佐吉は後に、早瀬に逗留しているはずの敬次郎に会いに、四国くんだりまできたのだが、とうとう会えなかった。

再び現代に戻り、密かに石丸が早瀬に来ていることが分かった。さらに汐路にはショックなことが起きた。それは、早瀬の歴史の暗部を書き尽くしたともいえる「呪われた地」という本を、汐路の旧知の香川誠が執筆して出版したのだという。その本は全国で話題になり、その影響で、早瀬刈りと称して、わざわざ早瀬にやってきて狼藉を働く者も現れ、早瀬は混乱の極みに達した。

ここまで読みながら、どうやってこの沸騰するカオスが集束するのかと心配していたら、最後は、えっ、そうなのと思われる進展で意外にあっさり決着をみた。

で、結末に軽い欲求不満を感じたが、長い腕シリーズは、ストーリーが複雑に入り組んでいて、結末が全体を支配するような作品ではないので、まあいいではないかと思った次第である。その独特の伝記的奇談はミステリー史上に残るであろう。

疑似一人暮らしに書いたように、私は無駄に勤勉というか、無駄に頑張り、あるいは忙しがる癖がある。

こんなことをしていてはいかん、と思っていたら、中央線の電車の中で、矢作直樹「自分を休ませる練習」文響社という書籍広告をみかけ、これだと思い早速買った。

矢作直樹氏については、そのスピリチュアルな側面で毀誉褒貶あるようであるが、私は基本的に信頼していて、彼の著書を読むと心が安らいだりする。そういう意味で、この本は疲れた私にぴったりだった。

この本を読んで気持ちが変わり、単に休むということの優先順位が上がった。無為を重んじるというか。それではこの本にはどんなメッセージがあるのか。ちょっとピックアップしてみる。

  • 今すぐ決めなくていい、やらなくてもいい。
  • しんどい気遣いは、今すぐやめる
  • 「欠点」はそれぞれのまなび
  • 酒量は次第に減らす

ここまでみて、そうだよな、追及するのは最高に疲れるよな、酔っ払い事件も、どうしようもない上司を吊るしあげたせいだもんな、と思い出した。でも、ああいうのを野放しにするのは正義に悖る。なかなか難しい。

ともかく、歳なんだからペースダウンして、やっていこうと思った次第。そこで今年の正月は、早速「酒量は次第に減らす」を実践してみた。去年の正月に、口当たりがいいので、つい羽目を外して日本酒を飲みすぎたところ、普通のアルコール度でなくて25度のきつい日本酒で、二日酔いで散々な目にあった。そこで酒量を減らして二日酔いは回避したものの、反動で食べ過ぎて、今度は胃がもたれている。スローダウンは意外に難しい。

人工DNA

user-pic
0

読売新聞の科学欄に、人工DNAをもつ生物の話題が記載されていたので、この記事に基づき、私なりにまとめてみる。

まず、私のブログでクレイグ・ベンターという記事があった。この路線の発展として、人工DNAをもつ酵母や大腸菌などが次々と作られているという。

また、このようにして作られた微生物は、医薬品、バイオ産業などへの応用が期待されている。この延長で、ゲノム計画ライト(GP-W)という国際プロジェクトがある。

GP-Wに参加する、東工大の相澤康則准教授は、ゲノムを合成することで様々な生命現象の理解にもつながるという。GP-Wの計画として、ウイルス感染やガン化しにくく、医療や創薬に利用できる安全な細胞や、従来では作れなかった必要な栄養素をつくれるヒト細胞などの作製がある。

東大の野地博行教授は国の革新的研究開発推進計画で、効率よく増える人工細胞の作製などに取り組んでいる。立教大が開発した試験管内でDNAを増やす技術を活用する。しかし、狙った機能をもつ人工細胞の実現にはまだ道が遠い。人のDNAを人工的に合成するには数百億円かかるとされる。このコストを下げることが一つの目標である。ただ、バイオテロなどの問題もあり、さまざまな課題がある。

この分野の啓蒙書も出てくると思うので、勉強してみることにする。

初詣

user-pic
0

今日は1月1日で恒例では座間神社に参拝に行くのだが、今年は座間死体遺棄事件が去年の10月にあったことで、座間神社は避けようと思った。

よくみると、座間死体遺棄事件の現場は、私が座間神社に向かう道路からかなり離れているので、気にしすぎといえばそうなのだが、私はスピリチュアリストのせいか、そういうこととなるべく物理的に距離を置こうとする。そういう意味で、事件があったアパートは事件の後居住者が一斉に退去して、大家さんが困るかと思ったら出る人はほとんどなく、剰え、入居希望者もいるらしくて、私にはまったく理解できない。

それで私は、座間神社よりも物理的自宅に近い二宮神社に参拝に行くことにした。比較的ゆったりめに起きていったので、着いたのは午前8時くらいだったが、あまり混んでなくてあっさり参拝が終わったのはラッキーだった。私が終わった頃から少しずつ参拝の人が増え始めた。ともかく破魔矢を買って帰っていると、知らないおじさんから二宮神社は混んでますかと聞かれたので、いえ、それほどでもないでしょう、と応えておいた。次第に増えていたけど、まあ問題なかっただろうと思うことにした。

それで、帰りながら思ったのは、昨日の紅白のヒフミンは何?ということである。あそこは、もし将棋界か囲碁界から人を選ぶなら、あそこは当然に羽生竜王か、井山七冠というところだが、どちらを選んでもバランスが悪いということで、ヒフミンがその人気で選ばれたとなると、ヒフミンは将棋界にも囲碁界にも関係ない、芸能人ということになりはしないか。

そもそもヒフミンが言っていることは、私レベルの将棋ファンからみると、底が割れていて、どんなに連敗しても別に弱くなっていない、調子がよければタイトルだってとれるのように誇大妄想みたいになってきて、もう論外なのだけれども将棋のことがあまり分かっていな人には、その理不尽さも分からないのか、と残念である。

そこいくと、紅白の中で羽生竜王に、嵐の二宮がインタービューする時間あったが、あれは流石に立派だった。でもそういう時間があるのも将棋人気のせいであろう。

私は将棋人気自体は将棋ファンとしてうれしいのだが、将棋人気がヒフミン人気にも煽られているとなると、かなり砂上の楼閣で、幻影ではないかと不安になってきた。まあでもあらゆる人気なんて幻影だといってしまえば、それまでだが。

このアーカイブについて

このページには、2018年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年12月です。

次のアーカイブは2018年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。