2018年2月アーカイブ

以前に局所優位に書いたように、中野信子には違和感を感じたが、何かの書評で中野信子の「シャーデンフロイデ」幻冬舎文庫を見かけたとき、これはためになりそうと、買って読んでみることにした。

まず、シャーデンフロイデというのはドイツ語で、Schadenfreudeと綴る。辞書を引いてみると、Schadenというのは被害とか損害という意味で、Freudeというのは喜びという意味である。すると、シャーデンフロイデというのは被害を喜ぶという意味だが、自分の不幸を喜ぶ人はまずいないわけで、要するに日本語の成句でいうと、他人の不幸は蜜の味、というところか。

そういえば、機能快はFunktionslustというが、そのLustも楽しみという意味があり、Freudeとどうニュアンスが違うのだろうと考えてみたが、私の初心者のドイツ語の知識ではどうしようもないので、諦めた。

私がこの本はためになりそうと思ったのは、私は決して上等な人間ではないので、他人の不幸を面白おかしく眺めたりすることがよくあるのだが、流石に私といえどもそういうのはどうなのと思うこともあるので、なにかシャーデンフロイデを抑える処方箋が書いてあるのかと期待した次第である。

さて、著者の中野信子氏によると、シャーデンフロイデはオキシトシンという脳内物質によって引き起こされるという。するとオキシトシンは有害なのかと思ってしまうが、そんなことはなく、人と人との愛情や連帯を育むのに必須のホルモンらしい。

すなわち、オキシトシンによって人は免疫グロブリンの産生を促進され、幸福感を高める。さらにはストレスを低下させ、陣痛や射乳を促したりする。なお、オキシトシンによってもたらされる傾向を向社会性と呼ぶ。

男女間や親子間の愛情もオキシトシンによってもたらされる。しかしオキシトシンは妬みの感情も促進してしまう。これが異分子に対する虐めの原因にもなるのだから、難しい。

別の観点では、サイコパスはオキシトシンが少ないので、人間関係や社会のしがらみに捉われることなく、ルール無視で自分が有利になるように取り計らう。向社会性とは違って、非社会性、あるいはひどい場合には反社会性となる。

オキシトシンと似たホルモンに、アルギニン・バソプレシン(AVP)がある。AVPは、逃走または闘争に関与する。脳内にAVPが多いと、人間は浮気性になる。

オキシトシンやAVPによる向社会性促進は、異分子の弾圧につながりかねない。オレオレ詐欺の横行にもなる。すなわち、オキシトシンは、大脳前頭葉の抑制機能を低下させる。一種の思考停止である。

また、向社会性は流行に流される傾向もつくりだす。そんな中でオキシトシンやAVPが少なく、流行に流されず、独自の少数意見を述べる人たちがいる。そういう人たちが不埒な分子を糾弾すると、マジョリティの人たちは、とりあえず黙って様子をみて、明示的には邪魔をしない。そうやって、免疫機能のように不埒な分子を排除する機能をもつのが健全な組織である。

実際、外資系のとき、私を含む三人のレジスタンス分子が駄目管理職を糾弾したとき、多くの人たちは好意的にあるいは無関心に中立を維持した。しかしわずかに、意味不明の論理で駄目管理職をサポートする人もいた。一番問題は、あのような現実にも関わらず、駄目管理職を更迭しようとしなかった上位管理職であるが、まあ機能しない組織なのだから仕方ない。

そこで、付言すると、意外なのは「相手の不正を許せないのは、協調性の高い人」というステートメントで、そういう人は集団の不正や腐敗を早めに食い止めるという意味で確かに協調性を発揮している。そういう人は脳科学的にいうと、セトロニントランスポータの密度が低くで、物事をいい加減に考えられないのだという。日本人は平均的に、セトロニントランスポータの密度が低く、従って異分子を排除するというか、治安のよさにつながっていると思う。すると、私を含む三人のレジスタンス分子は典型的な日本人で、あの外資系の会社のモラルが崩壊しているのは、下手な外資系だからかもしれない。なぜなら、私がいま勤務している典型的な日本企業はビューロクラシーだと呆れることもあるが、その分、コンプライアンスとモラルの高さは、隅々まで行き届いている。問題があるときちんと意見を述べる人がいて心強い。

で、結局この本は、オキシトシンはシャーデンフロイデに対する処方箋を提示しなかった。それは人間性の本質に深く根差しているので、どうしようもなかった、というところか。せめて仏教がシャーデンフロイデを軽減してくれるとありがたいのだが、仏教の高僧でさえも、他の僧のよい評判を平静に聞けないというのだから、結局なかなか難しいのだった。

私はミーハーというか、将棋や囲碁の有力棋士と同じ姓の作家がいると、つい贔屓にしたくなる。といいつつ、じゃ誰がそうなの?と自問したら、なかなか思いつかないので情けない。

ただ、「デッドウォーター」の作者の永瀬隼介はまさにそうであって、今を時めく永瀬拓矢七段を知らなかったら、将棋ファン失格である。なぜなら、炎の七番勝負で藤井四段(当時)に勝った唯一の棋士であって、渡辺棋王への挑戦者だったりするからである。

その乗りで「デッドウォーター」文春文庫を読み始めると、これは死刑囚をテーマにしたかなりの力作なのだった。

「デッドウォーター」の最初の登場人物は村越亮輔。父親が中国残留孤児二世で子供のときから苦労した。それで暴走族に加わったりしたが、そのままではいけないと思い、今は牛丼のアルバイトしながら、プロボクサーの修行をしている。

次の登場人物は、フリーのライターの加瀬。先輩ライターがお気楽路線で稼いでいるのに、加瀬はストイックにあるテーマを追っている。それは、五人も婦女暴行殺人を犯して死刑判決確実、東京拘置所に留置されている穂積壱郎のことを調べて一冊の本を仕上げようとしている。

その取材目的で加瀬が東京拘置所に穂積と面会に行ったとき、加瀬は村越と会った。村越の父親が殺人未遂の罪で東京拘置所にいたからである。

さて、問題は穂積なのであって、死刑になることが確実であるのに、全く死の恐怖に怯えていないだけではなく、変に頭がいいのか、科学のような宗教のような預言のようなことをしゃべって周囲を煙に巻く。

それだけではない、穂積は相手の心理的弱みを衝くことに巧みで、心理作戦で相手をマインドコントロールしてしまう。もろにマインドコントロールに嵌った加瀬は、立ち直れないくらい落ち込んだが、そこは転んでも只では起きない加瀬は、穂積の周囲にどんどん聞き込みを広げてゆき、次第に穂積が「至高」と呼ぶ存在を突き止めていく。

そして終盤では、突き止めた「至高」を切り崩すために、加瀬は格闘に強い村越を味方に引き入れ、ついには穂積を追い詰めるということなのだが、最後はちょっとストーリーが急すぎたような気がした。

それでも、ストーリー全体を通して妙な迫力を感じたのは、作者自身がノンフィクションライターとして実際に東京拘置所にある死刑囚に面会にいき、過度のストレスのため自律神経失調症に陥り、駅のホームで昏倒して顎の骨を折るという苦節があったからである。そのときの経験が十分すぎるほどこの小説に活かされているといえる。

ゲーム理論でミニマックス原理というのがあるらしいのだが、私は不勉強なので、それが何だか知らない。で、ゲーム理論とは全く関係がない日常的な状況で、ミニマックス原理というのがあるよね、と最近思った。

すなわち、今働いている職場で、私は正社員ではなく、子会社からの派遣みたいな立場で働いているのだが、そういう立場の人は他にもいて、要するに60歳定年で一旦辞めた人の再雇用で65歳まで働けるみたいな契約なのだが、私は既に今の立場で4年以上働いているので、もしかしたら今いる組織で最高年齢ということがありえる、とふと思った。

そういう目で周囲をみると、確かに周囲の人は私よりも体力もあって若くて元気そうだが、でも知的好奇心という意味ではどうか。例えば、今の組織で一人ずつ順番に朝の朝礼でみんなの前で何か話題を話すということになっているのだが、これが二ヵ月に一回しか回ってこないのに、何を話してよいのかわからないみたいに仰る人が比較的多い。ただ、幸いなことにこれは正社員だけで派遣社員である私には順番はこないのだが、それでも毎日くだらないとはいえ、なにかのブログを書いている私としては、二ヵ月に一回だったらなんとでもなるだろうとちょっと呆れたりする。

一方先日、地元の公民館の会合に出席した。特定のテーマでの一種の委員会のようなものである。みんな言いたいこといって議論が白熱するので、なかなか面白いのだが、ふと気づくとなんと、私が一番若いので、おおっと驚いた。もともとサラリーマンだった人も完全にリタイアし、年金暮らしあるいはなにかアルバイトしているようだが、最高齢の人は私よりも20歳も年上でも矍鑠としている。ボケの様子は全くない。

こうして私はミニマックスを経験したわけだが、さてここから、ボケないためには気持ちを若く、いろいろなことに興味をもつことが重要といえると思うのだが、果たしてそれがボケないための十分条件なのか、と考えて思案に暮れてしまった。

なぜなら、ボケの主要な原因はベータアミロイドという物質による、とされている。すると、どんな生活をしていようと、ベータアミロイドが脳に増えたらどうしようもないのか、それとも、活き活きした生き方は、ベータアミロイドをも抑制するのだろうか。といろいろ思案してわからなくなるのだった。

ともかく、このミニマックス原理は私の年齢が高くなるにつれて実現は難しくなるが、もう数年は経験させてもらおうと思っている次第である。

数学セミナーの3月号は、フーリエ解析の特集号で、フーリエ解析というと工学にも現代数学にも超重要な分野だが、私はそれほど強い興味があるわけではないのでパラパラとページをめくっていて、ん?という記事が目についた。

それは、高瀬正仁氏が監修したという、「天才を育てた女房」というテレビ番組に関して、高瀬氏にインタビューした構成記事である。ここでいう天才は、岡潔。言わずと知れた多変数複素関数論の実質的創始者である。

私は岡潔の広島事件に書いたように、高瀬氏の「岡潔」岩波新書を読んで、岡潔の生涯についてかなり詳しく知るに至った。それによれば、岡潔は結婚しているにも拘わらず経済的にも恵まれず、というか研究に没頭しすぎて生活費を稼ぐことをあえてせず、極めて困窮した生活を送ったようで、すると当然にそのツケは家族に及ぶ。岡潔の奥さんがどんな苦労をし、それをどう乗り越えたか知りたくて、あまりテレビ番組をチェックすることに熱心でない私だが、「天才を育てた女房」は是非とも観ようと、先行録画予約した。でも結局リアルタイムで観たのだが。また、この番組に入れ込みすぎて、私の周囲の何人かにこの番組を是非観るように勧めた。結構生返事だったような気がするが、岡潔が羽生善治や藤井聡太のような注目を集めるはずもなく、スルーされたとしても仕方ない。

さて、高瀬氏のインタビュー記事に戻って、一番印象に残ったのは、撮影スタッフが異様にディテールに拘ったという件である。すなわち、スタッフは高瀬氏所蔵の岡潔関係の資料を借り受けてつぶさに目を通し、撮影で黒板に数式を書く内容も完全に本物であることを監修者の高瀬氏に要求したという。どうせそんなの多少別の数式だったとしても、おかしいな違うと思う人が日本に何人いるだろうか。しかし私は、わかりっこなくても、それでも可能な限り本物を追及するという姿勢が好きである。功を奏するかどうかなんて関係ない。また、上空飛行の原理など岡の数学的発見を番組中でCGで再現したというのもなかなか画期的で成功していたと思う。

番組であるが、岡潔役の佐々木蔵之介は、似合っているというか、かなり適役だったと思う。その女房役の天海祐希はというと、私はとてもファンなのだが、なんというか美人過ぎて華やかすぎて、ちょっと生活の悲惨さが滲んでいなかったような気がするが、まあ仕方ないか。

それにしても、岡潔はどうして結婚したのだろう。また、結婚したら苦労するのが火を観みるより明らかなのにどうして親に反対されてまで結婚する女性が現れたのだろう。これが、荒くれで風来坊みたいな男ならまだ理解できるのだが、数学者というのは女性を惹きつけることでは極北にいる人種である。

また、大変な苦労で周囲に面倒をかけ借金をしてまでもなぜ、妻は岡潔と離婚しなかったのだろう。戦争の時期になぜ岡潔は招集されなかったのだろう。なぜ極貧にあって、岡潔の家族の誰一人として病没しなかったのだろう。

もしや、天が、岡をして多変数複素関数論を完成させしめるため、菩薩のような女房を遣わし、困苦のあとで成功せしめたのだろうか。ううん、分からない。世の中にはもっと恵まれ、才能があっても志半ばで斃れていく多くの人達がいるというのに。

そういえば、岡の業績の数学的内容を知るには、例えば、大沢健夫「岡潔 多変数関数論の建設」現代数学社が好適だと思う。高瀬正仁氏にも似たような著書があったような気もするが。

積分と微分

user-pic
0

積分と微分と書いてはみたが、別に数学の話ではない。まあ、数学の話であってもよいのだが。

そのう、私がまだ中学の頃だったか、積分は分かったつもりになる、微分は微かに分かる、という冗句が何かの本に載っており、それで私は高2で習う積分と微分を妙に神格化していた。

で、高校になると私は、その神話が頭にあり、休憩時間になると図書室の数学の参考書の積分と微分の章を眺めて、感心しつつも、これのどこが高尚なのか、と戸惑っていた。

還暦を過ぎた私は、流石に積分と微分に戸惑うことはないが、ここ何年か積分の方針でやってきたが、そろそろ微分の方針に切り替えなくては、ということである。

どういうことかというと、例えば特許明細書を書くためには、専門書をいろいろと流し読みしなくてはならない。それは深く読む必要はないというか、特許出願には期限があるので、ある程度の理解レベルに達したら、打ち切って特許明細書作成に向かう必要がある。それが分かったつもりになる、すなわち積分なのであった。

ところが、分かったつもりになるレベルは、特許明細書を書いている分にはいいのだが、それが完了すると知識は雲散霧消してしまう。本当にほとんど何も残らない。

で、最近切り替えたのが、微分、すなわち微かに分かることを目指す方針である。微かに分かることを目指す方針というのは、要するに細部の理解から始めて、全体に理解が及ぶようにするという方針で、1ページ読むのに下手したら三時間かかったりするので、非能率この上ないのだが、苦労して微分の方策を維持すると、知らないうちにレベルが次第に上がって、忘れないということがあることに気づいた。

そういう微分の方針はまだるっこしいが、そういう方法でしか最早学問は学べない、ということなのであった。

調査員

user-pic
0

私は、特に資格などないせいか、自分がどういう肩書で呼ばれるかそんなに神経質ではないが、外資系にいたとき、プロ・アドミという言い方をされるのはどうも嫌だった。

なぜなら、プロ・アドミというとき、プロの方がはっきり上ということがあからさまであるところ、プロと呼ばれる人たちが一体どれだけスキルがあるのか、と私は怪訝だった。なぜなら、プロといいつつ、特許の実務はからっきし駄目、で管理職やったら、その基本的な責任感や倫理観もゼロという人もいた。へぇ、それでプロなのか、と嗤うしかなかった。

一方、私は部門の予算権限を握り、私の承認なしには誰も何も買えないのに、アドミとして、なぜかプロよりも二階級も下なのも意味不明だった。もともと特許実務やっていたのに、事務部門の管理職に指名されたからなのだが。

それも今は昔で、転職して派遣みたいな立場で仕事していると、地位は一番低いのだが、とりあえず専門知識とスキルには一目置いてもらえているので、モラールとしては外資系にいたときよりましである。

で、オフィシャルな言い方ではないにしても、私は特許調査員ということになっており、特許分類や調査対象技術の知識に専門性があるので、私は調査員という呼称にプライドをもっていた。そもそもスパイ小説で、調査員というと、緻密で広汎な調査能力を誇り、暗殺者グレイマンの背景さえも調べ尽くしてしまう専門性をもっていたりする。

ところが、あるミーティングで、調査員という言い方は蔑称なのでその言い方は止めるという。だったらなんというのかと様子をみていると、なんと調査担当と呼ぶのだという。

それを聞いて私は愕然とした。調査担当という言い方からは、調査員の専門性の香りがしない。そもそも調査担当って何? 単なる手配師か、と私は文句を言いそうになった。で、せめて、スパイ小説では調査員って恰好いいんですよ、と極めて間接的な抗議をしたが、もちろん通じなかった。

そもそも、~担当という言い方は、外資系の時代に苦い思い出がある。その外資系では管理職を担当と呼ぶ習慣があった。なので、たまたま管理職になった私も、担当と名刺に入っていた。

ところが社外の人と名刺交換すると、担当というのは外部の人はヒラと思うらしく、仕方ないのでこれは課長なんですよ、と説明したのだが、なんかわざとらしくて、次第に嫌になってきた。それからしばらくして名刺に課長だの次長だの入れてもよくなったのだが、それでも担当という言い方には苦い思い出が残っている。

そうやって昔話を思い出していると、調査員でも調査担当でもどうでもよくなったのだった。

最近、健康法の本を読んでいたら、ダイエットは体によくないという。理由は、栄養が不足して免疫力を下げるからだという。

そういえば私が8年くらい前にダイエットしたとき、顔面神経性麻痺や、尿道炎や、頭痛など、今まであまりやったことないような病気になった。あれはまさに免疫力の低下だろう。

ただ当時でも私のコレステロールは、基準値より少し高かったのであり、すると私は、準値よりかなり高いコレステロール値が正常状態なのかもしれない。

そういえば、上記した健康法の本によると、検査数値の基準値というが、そのあたり人間でも個体差が大きいのだという。だから、コレステロールが基準値よりかなり高いのが私には正常ということになる。だから私は過度のダイエットは問題だったということになる。

なのに健康診断では、個体差、年齢、性別などに関係なく、一律のコレステロールの基準値が設定されているのであり、これはどう考えてもおかしいと思うのだが、先進の予防医学を誇る病院でもそのあたり全く配慮がない。

そういえば最近の栄養学では糖質が目の敵にされていて、糖質ダイエットが流行っているが、会社で糖質ダイエットを実施中と仰った人が最近インフルエンザに罹り、会社を休むということがあった。すると糖質ダイエットも免疫的には体によくない、ということになるのかもしれない。

そもそも人間の健康に免疫力が重要というのは医者でなくてもだれでも知っていることなのに、健康診断でそのことが全く言及されず、ひたすら皮相的に検査値が指摘されるのはどうみてもおかしくないか。

ということで現代人は、医者に健康を任せきりにせず、ある程度自己責任で自分の適性も含め、健康について留意する必要がある。

ゲノム編集に書いたように、クリスパー・キャス9のことは気になっているのだが、なんとなく億劫で、小林雅一著、「ゲノム編集とは何か」講談社現代新書でさえ読むのをためらってきた。

しかし、流石にそろそろかな、と思い直して、「ゲノム編集とは何か」を読んでみた。以下は私なりの簡単なまとめである。

まず、クリスパー・キャス9の基となるゲノム編集のアイデアにつながる塩基配列を大腸菌のDNA中で最初に発見したのは、1987年、大阪大学微生物研究所に所属する石野良純氏らのグループである。石野氏は現在、九州大学大学院農学研究院教授である。石野氏らは、その特異な塩基配列に大変な興味をもったが、如何せん、当時塩基配列の解析速度はあまりに遅すぎた。それで、石野氏はその後、エール大に赴任して別の研究に移ったのをきっかけに、その塩基配列から興味が離れた。ともかく後にその塩基配列は、クリスパーと名付けられた。もともと英語のアクロニムで、CRISPR、すなわちClustered Ragularly Interspaced Short Palindromic Repeatsの略である。この中で私にとって目新しい単語はPalindromicであるが、辞書を引くと、回文のことらしい。塩基配列に回文が出てくるとは、なかなか創造神も悪戯心があっていい。

さて、クリスパー・キャス9の発明者の一人は、カリフォルニア大学バークレーのジェニファー・ダウドナである。ダウドナは1964年生まれでハワイの出身。父親はハワイ大学文学部の教授で、子供の頃から大変な秀才であった。それでハーバード大学の大学院に学び、触媒RNAの研究で博士号を取得したが、その研究の過程で身につけたX線回折法は後に大変役立った。ともかくダウドナは極めて優秀で、カリフォルニア大学バークレーの教授になった2003年頃には分子生物学の分野では押しも押されもしない存在になっていた。それでいて、容姿はグラビアアイドルといっていいほどであり、そういう人ってたまにいるんだよな。

そのカリフォルニア大学バークレーでバンフィールドという学者が鉱山から湧き出す熱水中の細菌の研究をしていて、その細菌もクリスパーの塩基配列をもっていた。バンフィールドは、クリスパーが細菌がもつ原始的な免疫システムであるという仮説をもっていたが、自分一人の力では解明できないので、ダウドナに共同研究を持ち掛けた。2005年頃である。それでダウドナもクリスパーに大いなる興味をもち研究を開始した。

一方、ダニスコ社の研究によると、DNA上でクリスパー内で繰り返し現れる配列の間にスペーサがあり、そのスペーサに重要な意味があることが分かった。すなわち、細菌の敵の一つに、バクテリオファージと呼ばれるウイルスがあるが、細菌はバクテリオファージに侵されてなんとか生き残ると、そのウイルスの遺伝子情報をクリスパー内のスペーサとして追加する。そして、次にそのウイルスに感染すると、細菌はそのウイルスの遺伝子配列をスペーサの塩基配列と比較して、マッチしたらウイルスの遺伝子を切断してしまう。するとウイルスは死滅する、という次第である。これは確かに一種の免疫システムといえる。

ダウドナはこの論文を読んだが、自らもクリスパーを研究していて、人間の免疫システムとは全く異なるが、もしかしたら人間の診断や治療に応用できるのではないかとの直観をもった。

ダウドナはある学会に出席した際、エマニュエル・シャルパンティエというフランス人研究者から声を掛けられた。シャルパンティエは、スウェーデンのウメオ大学に所属する無名の研究者だったが、Csn1というタンパク質に興味をもっていた。Csn1は、クリスパーの近くにある遺伝子から発現するタンパク質で、DNAを特定の位置で切るヌクレアーゼという酵素の一種でもある。そしてシャルパンティエは、Csn1がクリスパーと連携してウイルスを攻撃しているのではないかとの感触をもっており、このメカニズムを解明するため共同研究しようとダウドナに持ち掛けた。すると意気投合した二人は早速共同研究を開始することになった。

こうして、クリスパーとCsn1の連携メカニズムは次第に解明されていった。すなわち、クリスパー内部のスペーサ部分は、二段階を経て、ガイドRNAという特殊なRNAを作りだす。ガイドRNAには、クリスパーをもつバクテリアを過去に攻撃したウイルスの塩基配列が記録されている。そして、ガイドRNAは、Csn1と合体して、核酸とタンパク質からなる複合体になる。この複合体は、ガイドRNAに記録された記録に一致する遺伝子配列をもつウイルスを探し回り、一致がみつかると、そのウイルスの遺伝子配列に寄り添い、Csn1が遺伝子を切断する。そのとき、Csn1は、遺伝子の二本鎖の両方を同じ場所で切断してしまう。一方だけだと、他方から復元されてしまうからである。

研究が進むと、この仕組みは、ウイルスの遺伝子配列だけでなく、動物や植物のあらゆる遺伝子に適用できることが分かった。さらにDNAを切断した場所に、ある長さの塩基配列を挿入し、そこでDNAをつなぎ直せることができることが分かった。これが、ゲノム編集技術(Genome Editing)の嚆矢である。

ダウドナとシャルパンティエ等は、この成果を論文にまとめ、2012年6月28日に、"A Programmable Dual-RNA-Guided DNA Endonuclease in Adaptive Bacterial Immunity"というタイトルで、サイエンス誌に投稿した。その論文で、Csn1はCas9と改名された。ここで、CasとはCRISPR associatedの略であり、9は、Csn1が9番目に命名されたCasタンパク質であることによる。こうしてゲノム編集技術は、クリスパー・キャス9と呼ばれることになったのだが、長くなるので続きは続編に書くことにする。

今まで、ジュリア集合のパラメータは既知のものを調べて用いてきたが、ちょっとオリジナルのパラメータを模索してみたくて、試してみた。

まず、とっかかりとして、c = 0.6 + 0.6iとしてみたが、これは単調すぎて、つまらないので即棄却した。

次に、c = 0.4 + 0.4iとしてみたら、多少綾が出てきたが、まだいまいちであった。

そこで、c = -0.6 + 0.6iや-0.4 + 0.4iとしてみたが、今度は黒い領域(収束領域)が多すぎてつまらなかった。

そこから、それこそ0.01刻みでいろいろパラメータを変化させ、場合により0.0001ずつの微調整も入れて、まあこれならとやっと得たパラメータが、c = -0.54 + 0.51iで、この画像は、


であるので、まあまあかと思った。

さらにパラメータをc = -0.5008 + 0.53076iに変化させ、これなら、と思った画像が、


で、渦巻きが本格的なので、それなりに満足した。

このように、ジュリア集合のパラメータは、ヒューリスティックに妥当に決められると思った次第である。ジュリア集合では、3体問題などと違い、適当にパラメータを決めても発散しないので楽である。あとは審美だけの問題だったりする。

私は、川瀬七緒の法医昆虫学捜査官シリーズのファンなので、文庫本で新刊の「メビウスの守護者」講談社文庫が出たと知ったら、すぐに買って読み始めた。

さて、「メビウスの守護者」は、東京都の奥地、西多摩の山中で起きたバラバラ殺人事件で、四日市警察署に所属する岩楯警部補が担当となった。四日市警察署というのは、普通に考えたら三重県にありそうなものだが、なぜか西多摩にあることになっている。警視庁のホームページをみたらそういうのはないので、特に作者が考えだしたものらしい。

ともかく、東京都といっても西多摩の山中は結構険しく、下手をすると遭難の惧れがあるので、岩楯のペアとして、地元で救助隊員でもある牛久巡査部長が就いた。牛久は、犯行現場の地元の仙谷村出身で、村の地形や環境など知りぬいているので、ベストのサポーターである。そもそも、牛久がパトロール中に、遺体の一部を発見したのが発端だった。

バラバラ殺人事件であるとは、発見されたのは男の腕で、左手首から先がなく、右手の指は全て切断され、掌の皮膚も剥ぎ取られていたというものであった。そして、担当が岩楯であることから、法医昆虫学捜査官の赤堀涼子が動員された。赤堀ファンの私は、よっ、待ってましたというところである。

ところが、捜査会議に出席した赤堀は、例によって、なんだあいつと周囲の警察官から白い目で見られる。赤堀自身は鉄面皮で動じないのだが、その保護者たる岩楯は気が気でない。特に捜査を仕切る女性キャリアの管理官、伏見は、女の敵は女なのか、赤堀を完全に無視しようとする。

そんな中で、検視官の解剖医、神宮の出した死亡推定時刻に対して、赤堀が法医昆虫学に基づき出した推定結果が、あまりにも時間的に前だったので、赤堀自身も怪訝になった。どうみても死体の見立ては神宮の死亡推定時刻の方が妥当に思える。それでいよいよ、捜査本部で赤堀は面子を失ったが、それでも赤堀は愚直に虫を信じ、岩楯、牛久と一緒に、仙谷村の山中を緻密に捜査した。

山中で見つかった昆虫たちをもとに赤堀は推理を行い、いろいろ仮説を試していくうちに、死亡推定時刻の謎が解けてきた。そしてその決定的な証拠を捜査本部に提出すると、流石の捜査本部も無視できなくなって、捜査方針を変え、仙谷村の山中を積極的に捜索し始めた。

その仙谷村であるが、寒村の閉鎖性も然ることながら、聞き込みすると、いかにも怪しい住人が複数上がってきた。その第一は、一之瀬という男とその息子の家族。ベンツに乗っていて妙にリッチだが、母親はいない。なんでも、息子の俊太郎の皮膚疾患の治療のため、自然環境がよいこの地に来たらしい。その俊太郎が天性の美男子で、女性の噂が絶えない。

他の住人で、さらに怪しいのが、中丸という家族。一家三人だが、その息子は犯罪歴と刑務所服役歴があって、今でも村で泥棒やストーカーなど、悪い噂が絶えない。

あとは、香水技術者というか調香師の綿貫ちづる。メディカルアロマセラピーにも詳しくて、村人の病気を治療したりして、村人から絶大な信頼を得ている。また、村で採れる特産物から香水を作る計画もあって、村おこしの旗手ともみられている。

こんな個性的な人たちに振り回されて、捜査は難航するが、それでも岩楯と牛久の聞き込みは、赤堀が推定する死亡推定日時あたりにタクシーでやってきた長身、長髪の男の存在を突き止めた。

一方の赤堀は、状況からして存在が極めてありえない、ミバエとトコジラミという昆虫から、推理を絞っていった。

ここからはストーリーのコアなので、記述を省くが、特許調査員で元昆虫少年でもある私は、赤堀の昆虫学の粋を集めた推理をとても興味深く読んだのだった。

ただ、そのような分野は必ずしも万人受けしないようで、アマゾンの評価はいまいち好意的でないが、私はこの小説の特異性を高く買うものである。次作の「潮騒のアニマ」が単行本として出ているようであるが、文庫本になったタイミングで読むとしよう。

羽生と藤井

user-pic
0

羽生と藤井とくると、当然に将棋の話題だが、2月17日(土)は、特別な日だった。なぜなら、この日は平昌オリンピックの男子フィギュアスケートの個人決勝と、朝日杯将棋オープン戦準決勝の羽生竜王対藤井五段の対戦という、ビッグなイベントが重なる稀有な日だったからである。男子フィギュアスケートの最注目といえば、言わずと知れた羽生結弦。この日は、羽生という姓が、ともすれば羽生善治でない別人を指してしまうとは。

先にあったのは、朝日杯将棋オープン戦準決勝の羽生竜王対藤井五段戦。午前10:30から開始された。藤井五段が先番で、角換り模様。しかし、腰掛銀にはなったものの羽生が△4四歩と止めて角は交換しなかったので、藤井五段が▲4五歩から先に攻める展開になった。しかし、羽生は△7五歩から反撃して、端攻めもからめて、羽生の方がよくなったように見えた。

ところが藤井は開き直って、▲5五銀左と銀交換をする、攻め。どうみてもいい手にはみえず、果たして、羽生が△8八歩と攻め、以下▲同金、△9九銀、▲9八金、△8八歩となって藤井の玉が危ないかと見えたが、これはもしかして重くて、よくなかったかもしれない。結局藤井は、▲4三歩と飛車の成り込みをからめて、羽生玉を中段におびき寄せ、寄せ切った。これでついに藤井五段が決勝進出である。

朝日杯将棋オープン戦決勝は14:30からなので、今度は男子フィギュアスケートを見ることにした。なにしろ、決勝は24人が出場し、一人15分程度かかるので、全体で3時間くらいかかってしまう。それで見ていると、米国、カナダ、中国などの有力選手が続々出てくるので、ショートプログラムで最高点を叩き出した羽生結弦といえども、少しのミスが転落につながってしまう。

そこで観ていると、ついに羽生の手番でなく、順番が来た。おっと、私が混同してどうする。羽生は緊張し、既に疲れた様子なので、どうかなと心配したが、いくつか細かいミスはあったものの、概ね完璧だったといえる。金メダルを目指せる、かなりの高得点を得た。去年11月の怪我で2ヵ月も氷の上の練習ができなかったというのに、よくぞここまで復活したものである。あまりスポーツに感情移入しない私もつい目がしらが熱くなった。きっと東北大震災で辛かった人の想いが羽生に投影されているのだと思った。

羽生のあとは、後輩の宇野昌磨。ある意味、羽生よりいい演技のようにも思えたが、一度転んで、減点された。私は、羽生でなく宇野昌磨が金だとちょっと味が悪いかもね、と思っていたので、申し訳ない言い方だが、その転倒に少しほっとした。

しかし、転倒にも拘わらず宇野昌磨は、ヨーロッパの絶対的チャンピオン、スペインのフェルナンデスを抑えて銀メダルを獲得したのだから、いかにいい演技だったかが分かる。

終わってみて、フリーの得点で羽生より高かった選手が何人かいて、羽生はショートプログラムでの貯金が少なかったら危なかったところである。まあそれも勝負の綾であるが。

そこで、朝日杯将棋オープン戦決勝をみると、藤井の相手は広瀬八段だった。広瀬八段は、準決勝で久保王将に勝ったのだが、藤井五段は対振飛車があまり得意でないので、私は、広瀬八段でよかった、とついほっとした。藤井の先手で、戦型は、こちらは純正の角換りとなった。

例によって藤井は、強引とも思える手で局面を打開していく。一方の広瀬八段は、意識的に受けに回って指し方をする。そんな藤井は、相手の金を角で切ったが、これはどうみても無理筋で、手が続かないと思った。ところが、藤井は、細い攻めを繋ぐのが抜群にうまく、次第に形勢をリードしていった。そして、相手の飛車道を止める、終盤の▲4四桂が絶妙で、明確に藤井の勝ちが決まった。これで規定により藤井は六段昇段、史上最年少優勝記録の更新、ならびに史上最年少、最速での六段昇段を果たした。

2月17日(土)は、以上のようなビッグなイベントがあった、ビッグな一日であった。

読売新聞を眺めていたら、「エピクテートス」という、私にとって馴染みがある哲学者の名前があったので、思わず注目した。それは「エピクテートスの自由」という、編集委員の芥川喜好氏の記事である。そこでその内容を、私なりに要約してみる。

まず、ある事件が言及される。そこで産経新聞のウェブから関連記事を引用してみる。

2020年東京五輪を目指していたカヌー日本代表候補の鈴木康大選手(32)が、ライバルである小松正治選手(25)の飲み物に禁止薬物の筋肉増強剤メタンジエノンを混入させるという前代未聞の問題が9日、発覚した。五輪開催国としての信頼も失いかねない事態に、関係者の間には衝撃が広がる。「小松選手は若手で実力も伸びていた。地元開催の五輪に何とか出たい思いがあった」。
「本当に陽性反応が出るとは」
「完全に裏切られた」。9日、東京都渋谷区の日本カヌー連盟本部で会見した同連盟の成田昌憲会長はこう話すと、苦渋の表情を浮かべた。
 同連盟によると、鈴木選手による薬物混入があったのは、昨年9月に石川県小松市で開かれた日本カヌースプリント選手権大会の会場だった。他競技の選手がメタンジエノンでドーピング違反になったことを知り、「他の人に入れたらどうなるんだろう」と考えた鈴木選手は、海外遠征中の8月中旬にインターネットを通じて同薬物を購入。大会期間中に千葉県にある実家を経由して、会場近くの宿舎に送ったという。

芥川氏によれば、この事件には、時代の背景があるという。すなわち、ライバルを蹴落としてまでもオリンピック選手になりたいという強い願望である。

それは勝つことの価値が異様に肥大した風潮のためでもあるようである。いったんオリンピック選手に選ばれ、さらにはメダルを取ったりすると一躍有名人になり、テレビなどの露出が増え、うまくいくと特権階級になり、なにかあると高い講演料で講演を求められたり、特定の団体でテニュア的な指導的立場に就けたり、そのラベル的価値は絶大である。

しかし、それを追い求める姿勢は虚しいのではないか、必ずしも賢明ではないのではないかと説くのがエピクテートスの教えで、それは要約すると、自分の内にあって自由になるものと、自分の内になくて自由にならないものを峻別し、前者には最善を尽くし、後者は、起こるままに任せ、受け入れよ、という極めて分かりやすく、且つかなり実行困難なものである。

これを上記にあてはめると、オリンピックに向けて努力することは自分の内にあるで最善を尽くせよ、しかしオリンピックに出れるかどうか、さらにメダルが獲れるかどうかは自分の外になるので、どうなっても受け入れよ、ということになる。

これはそのまま現代の肩書主義に対する批判になっている。なぜなら、なにかの努力、あるいは幸運で自分の外にあるものを得ると、その幸運を拡大するためにさらに版図を外に拡げ、自分の内にあって自由になるものに対する努力を怠り、外面の華やかさに比べて、内面が貧困化する一方ということになるからである。

とはいえ、若いころからエピクテートスの教えに親しんできた私だが、顧みてその教えはほとんど私の生き方に活かされていない。汗顔の至りである。いまが反省するよい機会かもしれない。

人身事故

user-pic
0

今どき、電車に乗っていて人身事故なんて珍しくもないが、座間死体遺棄事件で書いて以来の人身事故の被害を受けた。

それは2月15日(木)の早朝のことである。私はいつも、確実に座るために各駅停車に乗って新宿に向かうのだが、いつも新百合ヶ丘でしばらく停まって、急行をやり過ごすのが慣例である。

そうやって新百合ヶ丘で電車で待っていると、朝6時15分くらいにアナウンスがあった。なんでも、朝6時8分に町田で人身事故があったのだという。それを聞いてええっと思ったが、不幸中の幸いなのは前方でなく、通り過ぎた後方での人身事故である、ということである。すなわち、進行方向に困難はなく、少ししたら発車すると期待した。

ところが、20分たっても電車は発車しない。なんでも、スケジュールを調整しているのだという。まあ確かに、レールを走る電車というのは互いに強連結で、相互に関与しているので、後方の障害が前方に波及することもあるだろう。そう冷静に考えたら、気が落ち着いた。

といいつつ、まだ発車しないのでイライラしてきた。動きだしたのは、6時45分くらいだったろうか。動き出しても前の電車が詰まっているので、スムーズには進まない。それで後悔したのは、こうなるなら新百合ヶ丘で振り替え乗車で多摩線に乗って、京王線に乗り換えればよかったかな、ということである。ただ、私は京王線から中央線に乗り換える方法が分からなくて見送ったのだった。

でも、のろのろと進んで、登戸まできたときが次のチャンス、南武線で立川にいって、そこから中央線に乗り換えればいい。でも、とりあえずこの電車で座れているし、とまた見送った。

それにしても、こののろのろ運転はまなんとかならないかと思いつつ、やっと下北沢に着いた。ここでも井の頭線に乗りかえるチャンスだったが、またもや見送った。というのは、私の席の周囲にも沢山の人が立っていて、朝からいらいらして疲れの色が濃い。言い訳だが、私は座れているという特権を放棄したくなかったのであった。

で新宿に着くと、いつもより1時間10分も遅れていた。そういえば、私が乗る電車だといつもは会社に7時40分くらいに着いて、そこから一仕事を始めるのだが、これでは9時の始業にぎりぎり間に合うことになってしまう。そもそもぎりぎりで会社に行ったことがないので、将棋の秒読みのような出勤は苦手である。で、2月15日はどうもいまいち仕事の調子が出なかった。

まあでもいつも思うのだが、人身事故で亡くなる人は相当の覚悟というか、あるいは無意識状態というか、ともかく軽々しく揶揄してはいけなくて、ともかく冥福を祈るよりない。

きっとまた数か月以内に人身事故で翻弄されるのだろうな、そのときは早めに振替輸送利用するかな、前方人身事故であれ。後方人身事故であれ。

折角なので、マンデルブロ集合の彩色のところに、

TColor ColorN(int n)   {
 int i;
 i = (n%7);
 
 switch(i)           {
  case 0:
   return clRed;
  case 1:
   return clYellow;
  case 2:
   return clGreen;
  case 3:
   return clLime;
  case 4:
   return clPurple;
  default:
   return clSkyBlue;
 }
 return clWhite;
}
というカラーリング・スキームを適用してみた。

これの画像は、


だが、依然としていまいちか。

参考までに以前の画像も示すと、


ううん。こちらの方がまだましか。

最近ふと、コレステロールと二酸化炭素はどちらも、人類にとって超重要なのに、低ければ低いほどよいみたいに誤解されているよね、なんとかならないのかと思ってしまった。

まずコレステロールは、細胞壁など人体の構成成分として重要だし、免疫にも本質的なのに、健康診断などで、意図的に低く設定された基準値より少しでも高いと、コレステロールを下げる薬を飲むように言われる。それはどう考えても、製薬会社のためとしかいえない。なぜなら、医師は学会の出張などで製薬会社から手厚く接待されている。それが習慣になると、製薬会社に弓引くようなことが言えなくなる。

それにしても医師は大学の医学部で、当然に生理学の講義を受けるだろう。そこでコレステロールが人体の生理作用に重要だと習うのではないか。また最近では、日本脂質栄養学会のコレステロール擁護論もある。そういうことに医師は一切無視なのだろうか。

私の周辺でも、早死にした知り合いはみんなコレステロールが正常だと言っていた人たちばかりである。それなのにガンや脳出血などで亡くなってしまった。

次に二酸化炭素だが、その効果はコレステロールよりもさらに分かりやすい。なぜなら、二酸化炭素がないと植物の光合成ができない。すると、人間、いや動物が食べるための食物が発育できない。

そもそもが、二酸化炭素に基づく地球温暖化説は地球温暖化理論の曲がり角で述べたように、科学的根拠があやしい。赤祖父俊一の地球温暖化論のような議論もある。

なので、マスコミの議論に踊らされず、いろいろな文献を当たってなるべく自分で考えることが重要なのであった。

ジュリア集合については、ジュリア集合の続きで、適当に思いついたカラーリング・スキームを適用してみたが、折角なので他の複素定数c = a + biを使ってみたいと思っていたところ、こちらのサイトに好例がいくつか示されていたので、そこにある複素定数cを使わせて戴くことにした。

解説は不可能だが、なかなか玄妙ではないだろうか。ソースコードは、ジュリア集合の続きで示したとおりなので、再掲しない。

  1. c = 0.27734 + 0.00742i
  2. c = -0.15652 + 1.03225i
  3. c = -0.11 + 0.67i
  4. c = -0.12 + 0.74i
  5. c = -0.39054 - 0.58679i
  6. c = 0.11031 - 0.67037i
  7. c = -0.74543 + 0.11301i

分子栄養学

user-pic
0

たまたま古書店で本を眺めているとき、三石巌著「医学常識はウソだらけ」祥伝社黄金文庫というのを見つけた。もしやトンデモの健康本か、とちょっと怪訝になったが、斜め読みしてみると、結構まともなことが書いてあるようで、とりあえず買って読むことにした。

著者の三石氏は、1901年生まれで、1997年1月に亡くなられたので、かなりの長寿だった。長寿というだけでなく、死ぬまで健康であり、もともと東大の物理学科を卒業して大学の教師をしていたくらいなので学識は高いのだが、スポーツも死ぬまでスキーをしたり、パイプオルガンを弾いたりと、バリバリだった。

そんな三石氏は、還暦の頃、白内障を患い、当時の医学では治療する方法がなかったので、医師は失明するしかない、と指摘した。それで三石氏は自分なりに文献を調べ、ビタミンC不足が白内障を治すと判断し、じっさいにビタミンCを投与して、白内障から逃れた。その経験をもとに、分子生物学などを勉強し、独自に編み出したのが分子栄養学である。

私なりに分子栄養学を粗く要約すると、体に必要な良質たんぱく質、ビタミン、ミネラル、スカベンジャーの栄養素を摂取することが重要ということである。

良質たんぱく質とは要するに、必須アミノ酸を多く含む食べ物ということで、その理想の一つに卵がある。現代栄養学では卵はコレステロールが高いのであまり食べてはいけないということになっているが、それは間違いで、ある程度たべることが必要だという。

ビタミン、ミネラルは、アミノ酸から体内でたんぱく質が合成されるのを助ける。スカベンジャーは、活性酸素を中和したり、老廃物を体外に排出するのを助ける。

スカベンジャーとして働く栄養素には、ビタミンC、ビタミンE、カロチノイド、ポリフェノールがある。ビタミンCはレモン、イチゴ、ミカンなどに含まれる。ビタミンEはアーモンド、大豆、ウナギなどに含まれる。カロチノイドは緑黄色野菜、海藻、卵などに含まれる。ポリフェノールは、ゴマ、緑茶、赤ワインなどに含まれる。

三石氏は、栄養のバランスそのものを重んじることは必ずしも適切でない、という。例えば、体の調子によっては、特定のビタミンを過剰摂取する必要がある。これはメガビタミンと呼ばれる。

また、高血圧には塩分を減らした方がいいとよく言われるが、塩分そのものは体に必要なミネラルなのであまり減らしてはまずいという。

コレステロールもそうで、本来細胞にとって重要な成分であり、薬で下げるなんてとんでもない。

さらに、酒やたばこはその嗜好があるなら、我慢しすぎるとストレスがたまるのでよくない。普通にたしなめばいいという。その分、分子栄養で補えばいい。

あと、私が納得するのは、個人差、個体差を考慮に入れることである。すなわち、三石氏は、脂身の肉など飽和脂肪酸なので体によく、摂る必要があるというが、私は必要性以前にどうも動物性の脂身が苦手である。以前に知り合いに連れられて横浜の豚足屋にいった。知り合いはおいしいと食べていたが、私は気分が悪くなった。私はどうも、動物性の脂を分解する体の成分(胆汁か)が不足しているだろう。それで私は魚中心に動物性たんばくを補うようにしている。きっと三石氏は、あなたの体はそれでいいんでしょう、と言ってくれると思う。

最後に、これも納得なのは、三石氏が、健康で長命なだけでは意味がないと仰っていることである。三石氏は健康のためやボケ防止とかそんな姑息な理由ではなく、楽しみのためスキーに行き、パイプオルガンを弾いた。

私は若いとき少しだけギターをたしなんだ。それを聞いて、じゃ、ボケ防止にギターでも弾いたらと言ってくれる人がいるが、私は最早あまり弾く気がしないので、目下やりたいコンピュータや数学のことに傾注するとしよう。あと、くだらないお笑いもいい。実はくだらなくないのかもしれない。

今更であるが、ジュリア集合は味気なさすぎるので、下記のように彩色してみたが、どうだろうか。

すなわち、カラーリング・スキームは、脱出回数nを7で割った余りで、適当に色を変えるというものである。

ともかく、ソースコードは以下のとおりである。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
TColor ColorN(int n);
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
 Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button2Click(TObject *Sender)
{
double x,y,tx,ty,x0,y0;
double a = 0.36237;
double b = 0.32;
int n,A,B;
int px, py;

 for ( A = -300; A < 300; A++ )      {
   for ( B = -300; B < 300; B++ )  {
	 x = (double) A/500.0; y = (double) B/500.0;
	 n = 0;
     while ( x*x + y*y < 4.0 )   {
      tx = x*x - y*y + a;
      ty = 2.0*x*y + b;
      x = tx;
      y = ty;
      n++;
      if ( n > 10000 ) break;
    }
    px = 320 + A; py = 320 + B;
    if ( n > 10000 ) Canvas->Pixels[px][py] = clBlack;
	else Canvas->Pixels[px][py] = ColorN(n);

  }
 }	
  
}

TColor ColorN(int n)   {
 int i;
 i = (n%7);
 
 switch(i)           {
  case 0:
   return clRed;
  case 1:
   return clYellow;
  case 2:
   return clGreen;
  case 3:
   return clLime;
  case 4:
   return clPurple;
  default:
   return clSkyBlue;
 }
 return clWhite;
}
//---------------------------------------------------------------------------

私は、健康診断は受けてはいけないなどの本により、健康診断はあまり意味がないと思っているし、医者に掛かるのは最小限にすべしと思っているので、その根拠の強化のため、奥村康著「健康常識はウソだらけ」WAC文庫を読んでみた。すると、実は奥村氏は免疫学の世界的権威で、その観点から、健康を維持すのためには免疫力をつける必要があると説くが、いわれてみると真至極なのであって、免疫力が低下すると細菌やウイルスなどに侵されやすくなるし、がんにも罹りやすくなる。そのことを否定する人はまずいないだろう。

そこでこの本の内容を私なりにまとめてみる。まず免疫学についてだが、免疫細胞にはT細胞、B細胞、NK細胞などがあり、どれもそれぞれ重要であるが、細胞、B細胞は年齢や気分などにあまり影響されない。一方、NK細胞は体内のがん細胞などを駆除するので重要であるが、ストレスがたまったりするとその機能が低下し、がんなどの病気に罹りやすくなる。NK細胞を活性化するには笑うこと、軽い運動をすることが肝要である。

健康診断などでコレステロールの値が少しでも基準より高いと注意されるが、コレステロールに薬はいらないに書いたように、コレステロールは実は細胞を維持したり、性ホルモンの原料になったり、NK細胞を活性化する機能があり、極めて重要な体内の成分である。すなわちコレステロールが低いとがんに罹りやすいということになるが、そのことは私の周囲の人でがんに罹った複数の人を観察してそう感じた。

そういえば去年の健康診断で焦ったことがあった。それは担当の医師が若い、ちょっとアイドルのような美形の女医さんだったからである。この病院の健康診断では、担当の医師が肛門になにか太い検査具を挿入して大腸を調べることになっているのだが、そんなことを若い女医さんにさせるのは申し訳ないと思っていたら、あっさりスルーされた。なんか拍子抜けした。

その女医さんであるが、検査が終わっての面談で、コレステロールの値が問題だという。そして絶対に医者にいって、コレステロールを下げる薬を処方してもらうべきだと言ってきかない。それで私が、コレステロールを下げる薬を飲んで鬱病になって自殺する人もいるらしいです、といったら完全に切れて、そうでない薬もありますと怖い顔で私を睨むので、私はとりあえず引き下がった。私は若い女性を徒に困らせる趣味はない。実は前年までずっと男性の医師と面談してきたが、そこまで強弁されたことはなく、あまり経験のない女医さんは避けたいなとおもってしまった。

その総コレステロールの値であるが、奥村氏は300までならあまり心配する必要がないという。ええっ、そこまで問題がないのかとちょっと驚いた。また血圧も180以下ならいいのだという。さらにタバコも、がんとの因果関係は証明されていないという。そんなになんでもありなのか、と次第に怪訝になってきた。

また、肥満もちょっと小肥りの方が却って長生きなのだという。そういえば、うちの近所のご主人は、ヘビースモーカーで小肥りだったが、86歳で自宅で突然亡くなられた。86歳までそれなりに元気で生きたのだからいいとしたものだろう。

あと、この本には酒の害のことは書いていないが、量次第では酒はタバコより有害だと思う。なにしろ、かなりの量のエチルアルコールが体を巡るのだから、インパクトはあるだろう。そのことをあまり明示的に警告しないのは、世間で経済的に大きい地位を占める酒メーカーの影響力だろう。健康診断で基準値を下げて薬を一層処方させる薬品メーカーのバイアスと似ている。それでも私は酒が好きなので、節制しつつたしなみたい。

それと、もう亡くなった父が入院しているとき、当然に薬を処方されていたが、一度に何粒も沢山飲むのだと驚いた。しかも薬を飲んでいるのに次第に衰弱してくるのである。でもこの本では、なるべく医者にかからず、薬もなるべく飲まない方がいいという。世間では、医師の処方を盲信して出された薬はすべて真面目に飲まなければならないと思っている人が多いが、本当に減らせないか、考えた方がいい場合も結構あるのではないか。

それとは別の文脈で、この本はアンチエイジングやダイエットも、運動もやりすぎは健康によくないという。そういう意味では野球選手、相撲取り、陸上選手など健康を害しやすいということになるが、でも太く短く輝いて生きるのが幸せという価値観もあるので、このあたりは自己責任である。

さらにまた、この本に書いてあることに従い、医者、健康診断、薬を嫌ってそれらを最小限にしたいという私の方針は、状況により却って寿命を縮めてしまう場合というのもまあ、ありえるだろう。しかしそれもまた自己責任であり、ただ馬齢を重ねることを目標とするのは少なくとも哲学的ではない。

一力遼

user-pic
0

一力遼八段は、囲碁界でビッグネームであって、現在も棋聖戦で井山棋聖に挑戦中だが、十代前半からその才能は高く買われていて、まだ二十歳ながら、井山棋聖に次ぐナンバー2であることに疑問を呈する人はあまり多くないと思われる。

そんな一力遼八段であるが、なぜか井山棋聖にほとんど勝てない。棋聖戦も三連敗中であり、天元戦でも王座戦でも三タテで防衛されてしまった。

一般的にプロの第一人者と第二人者の差は僅差であり、ここまで一方的に星が偏ることはほとんどない。毎回の対戦はすごい熱戦でどちらが勝っても不思議でない内容なのに、どうしてここまで一力は負け越すのだろうか。

あと気になるのは、確かに一力は井山に次ぐ第二人者なのであるが、名人リーグにも本因坊リーグにも入っていないことである。不思議である。ちなみに、一力を猛追している芝野虎丸七段は、どちらのリーグにも入っている。

さらに気になるのは、一力が囲碁のトッププロの地位で早稲田大学に入学したことである。将棋では糸谷八段が阪大大学院に入学した例があるが、囲碁では現役の棋士の地位で大学に進学した例は他に知らない。

それでWikiをみていて、ええっと思ったことがあった。それは一力のお父さんが河北新報社代表取締役社長の一力雅彦氏で、家業を継ぐため早稲田大学に入学したという。家業を継ぐということは、囲碁は引退して会社の社長になるのだろうか、あんなに囲碁が強いのに、と怪訝でならない。それがあるので一力はいまいち囲碁に身が入らないのだろうか。いや、井山が相手でなければどんな強豪にも極めて高い勝率で勝っているのだが。

その井山であるが、LG杯朝鮮日報棋王戦決勝で中国の謝爾豪に敗れ、ぎりぎりのところで優勝を逃した。このギリギリさは、一力が今まで井山に負けてきたことと同じ推移律が井山と謝爾豪の間に成立してしまっているように思われた。ううん、世界の壁は厚い。

アマゾンから頻繁に本の紹介メールが届くが、今までは大抵スルーしてきた。しかし、本ノートをつけるようになってからは、面白そうかどうかに拘わらず、とりあえず書名だけでも全部みて、少しでも興味がありそうなら、本ノートに記入するようにした。

そんな中で、これはと思った本は、即注文するのだが、最近そうやって買った本に、岩木一麻「がん消滅の罠」宝島社文庫がある。昔から買い物で後悔した経験は山ほどあるが、この本は正解だった。

私は幼児期、小児結核で親許を離れて入院した経験があるせいか、病院暮らしが深層心理に刷り込まれており、それで医療ミステリーも何気に好む。例えば、海堂尊のチーム・バチスタの栄光、帚木蓬生のカシスの舞い、などである。

ところが、「がん消滅の罠」は、がん関係の医学知識が本質的にプロットに関わっていて、私が今まで読んだ中で一番のハード医学ミステリであるような気がする。その理由は、作者の岩木氏の経歴にある。すなわち、岩木氏はもともとがんの研究者で、国立がん研究センターに勤務していたこともある。すなわち、そのがんの知識はまさに玄人なのであり、それを縦横に駆使してこの小説は書かれている。

この小説の主人公は、日本がんセンター呼吸器内科医の夏目典明と、その同僚でがんの病理研究者の羽鳥悠馬。いつも熱い夏目に対して、クールで世の中をいつも斜に見る羽鳥。

そんな夏目はあるとき、ある女性をステージⅣaのがんと診断した。ところが、その女性は治療を拒否して新興宗教の提供する自然食品に頼り、がんが完全に消えた。そのことは新興宗教の宣伝に利用され、夏目はたいそう困惑したのだが、その謎を羽鳥が解いてみせた。すなわち、患者の女性には双子の姉妹がいて、すり替わるという古典的詐欺だった。

えっ、そんなストーリーなのかと失望しそうになったが、これは序の口というか小手調べにずきないのだった。

すなわち、別の機会に夏目は、ある女性の肺がんを診断したのだが、その女性も間違いなくがんと夏目は診断した。最近ではがんと診断されただけで保険金が払われる保険がある。それで、その保険に入っていた女性は、幸便にも保険金をもらえたのだが、それからなんと女性はがんが完全寛解してしまったのである。このときも、双子の替え玉かと夏目と羽鳥が懸命にその理由を探ったが、どうみてもインチキとは思われなかった。

それがたまたまの奇跡的な寛解かと思ったら、なんと夏目は同様の案件を四つも扱っていて怪訝になった。そこで、保険会社の友人と調べていくうちに、湾岸医療センターという無名の医療機関が浮かび上がった。そこはなんと、夏目の大学時代の指導教官が理事長をやっていて、なんと政治家や官僚、実業家相手に高度がん治療をほどこしているらしいと分かってきた。

それを調べていくうちに、夏目と羽鳥は底知れぬ恐ろしい企みを知り、慄然とする、というストーリーで、これは空前の医療ミステリーだと感心した次第。

特にがん治療の仕組みを使ったプロットは流石に筆者の専門知識を駆使した絶妙の仕掛けというよりない。

ネクタイ

user-pic
0

朝出勤前に、ネクタイを締めていたらふと、大学時代にゴールデン思案橋で言及したS君のマンションにみんなで押しかけ、朝まで騒いだあと、なぜか次の日の昼、私がS君にネクタイの締め方を教えたことを思い出した。なんか就職の面接に行くといっていたような。

しかしS君は私より二歳年下で、私は一年留年していたので、実質卒業年は私が一年早いだけである。すると就職後私が福岡に遊びに行ったときだろうか。どうも記憶が曖昧でいけない。そうやって考えながらネクタイを結んでいたので、ネクタイの長さが変になってしまい、また一から結び直した。何年やっても不器用でいけない。

そういえばS君は、将棋部の中では卓越した秀才だった。彼の将棋の棋力が高くなかったのでS君のことを評価する人はあまりいなかったが、私は微妙に見抜くというより感じていた。あと、私の同級生で数学科の宮野さんは、いまでは、それこそバイオインフォマティクスでは日本を代表するような学者の一人だから、どうも長崎の人は隅におけない。天草四郎もそうだろうか。そう考えていたらまたS君に思考が戻った。

S君は秀才なのに出世欲がなく、世渡りが上手でないので、多分であるが公務員として恵まれなかった。同様に世渡りが上手でなく大した地位にも就けなかった私がいうのも変であるが。

そんなS君は、グラフィックデザイナーの女性と結婚した。かなり売れていた人らしかったが、不幸にも小腸がんという、きわめて稀な病気で亡くなられた。そのとき既に体調がよくなかったS君は、奥さんの作品展を開いたが、ほどなくして奥さんの後を追った。後付けであるが霊格の高いご夫婦だったと思われる。だとしても私は人生不可解の念が抑えられない。

そういえば羽生永世七冠はインタビューで「将棋そのものを本質的にはわかっていない」と述べ、その応えにみんな感心していたが、私は少し醒めて、結局トートロジーかな、思ってしまった。なぜなら人生不可解というのが公理であり、そこからは必然的に人生の万事の、というよりもほとんど至るところ加算無限の事象で不可解性が導き出されるからである。だとしても、そういう演繹でなく、帰納的に多くの将棋を指した結果としてそういえるのはやはり凄い。なぜなら、私程度だと、将棋をわかっていないという事実さえわかっていない、と後退してしまう。

そんなことを考えながらネクタイを締めていたら、家を出遅れて、いつもより電車が一本遅れてしまった。いつも早い電車に乗っているので、まあ大勢に影響はないのだった。

柳広司の「ジョーカー・ゲーム」が期待を超えて面白かったので、その続編の「ダブル・ジョーカー」角川文庫もあまり間をおかないで、読み始めた。

「ダブル・ジョーカー」も短編集で、「ダブル・ジョーカー」、「蠅の王」、「仏印作戦」、「柩」、「ブラックバード」、「眠る男」の六篇からなる。

「ダブル・ジョーカー」は、帝国陸軍ナンバーツーの阿久津中将が、いまいましいD機関を潰すために、腹心の風戸中佐を呼びつけて、別の諜報機関である風機関を作るように指示した。

阿久津中将がD機関を蛇蝎のごとく嫌うのは、D機関が陸軍の本流エリートの天保銭組を馬鹿にしきっていることと、死ぬな殺すなの方針で、死を厭わぬ軍人の風上にもおけないことと、地方人たる帝国大学、早稲田大学などの普通の大学の卒業生を採用していることであった。

そこで阿久津は、スパイ疑惑がある元駐英大使の身辺を、D機関と競って探ることを風戸に指示した。風機関は陸軍内の精鋭を集め、D機関の腑抜けとは違って死ぬことも殺すのも厭わないので、D機関など目ではないと意気揚々だったが、陸軍のパラダイムにしがみついているので、傲慢で隙だらけで、D機関でいいようにあしらわれてしまったのだった。

「蠅の王」は、中国戦線の前線で戦う兵士たちを慰問するために、「わらわし隊」と称してお笑い芸人たちがやってくるストーリーである。その部隊の脇坂軍医は実はソ連のスパイで、特殊な方法でソ連に情報を流していたが、「わらわし隊」の中にスパイハンターがいるという情報が流されてきて、焦って手を打っているうちに自滅した。

「仏印作戦」は、ハノイで通信兵の役割を果たす民間人の話。あるとき陸軍の諜報機関という者から秘密の通信を送るように指示されるのだが、敵のスパイらしきものが近くにいるようで誰が味方か敵か分からなくなるという話。

「柩」は、D機関の創始者の結城中佐が昔、ドイツでスパイ容疑で捕まり、拷問を受ける話。そこからどう抜け出したか、その手腕がいまのD機関につながる。

「ブラックバード」は、日米開戦の少し前に米国で情報収集を行うD機関のスパイの話。うまくバードウオッチゃになりすますとともに、経歴を二重偽装して西海岸の町に溶け込みつつ、ワシントンの日本大使館員から情報を定期的に入手していたが、ちょっとした油断から重大な情報を逃してしまう。

「眠る男」は、「ジョーカー・ゲーム」の「ロビンソン」の裏面の話。

ということで、D機関の多様な側面を描いて、飽きさせることがないのだった。

春昼後刻

user-pic
0

春昼の続きで、春昼後刻を読んでみた。すると、今まで出家の語りの世界であったのが、現実の世界に還ってきた。

すなわち、散策子は、出家が裏山の蛇の矢倉を案内しようというのを断って、庵を辞した。なんとなく散策子は、海で入水自殺したという客人の轍を踏むのを恐れている風なのかもしれない。

歩いていると、この村にきて最初に出会った親仁に再び会ったので挨拶した。なんでも、親仁は、例の二階建ての屋敷で蛇を始末してあげて、感謝されたという。そのとき御新姐は、気分が悪くて二階で寝ていたのだという。

それから、果たして歩いて立ち去ろうとしている散策子に、声がかかった。それはなんと、御新姐。散策子に青大将のことでお礼を言う。あらっしまったと思う散策子だが、一目散に逃げるわけにもいかず仕方なく、会ったこともないのになぜ私と分かったかと尋ねると、それは人の出入りの少ない田舎ですものと応える。

御新姐はさらに続ける。あのとき二階から貴方のお姿をみかけると、気分が悪くなって寝込んだんですのよ、と。

それを聞いて散策子は逆上した、なんということを言うのかと。ところが動顛していてつい倒れ込むと、助け起こそうと御新姐が近づいてきた。そしてなんとか言い訳しようとする。

御新姐がいいたいことは、あの懐かしい客人の姿によく似た方を見かけたものだから、切なくなって、それは要するに気分が悪くなったとしかいうよりありませんこと、ということらしい。

そこから御新姐の言うことは、華麗というか可憐というか、多弁で妖しい言い回しで散策子を幻惑する。

さらに御新姐は散策子に絵を見せたのだが、それを一目見て散策子は蒼くなった。なんと、〇□△ばかり。これは死んだ人の戒名と思ってもらっていい、という。客人のことか。四角院丸々三角居士。

そこに通りがかったのは、角兵衛獅子の大人と子供。御新姐は、お金とともに子供にことづけを渡した。そこには、「君とまたみるめおひせば四方の海の水の底をもかつき見てまし」とある。誰にともあてもないことづけ。

散策子は、角兵衛獅子の行方を見極めたくて、まだ話し足りなそうな御新姐を辞して、角兵衛獅子を追いかけたが、見失ってしまった。ふと気づくと散策子は、海岸に来ていた。

客人は、一足先に幽界に行って御新姐を待っているのだが、御新姐はすぐに後を追うのはためらってきた。

散策子が見ていると、角兵衛獅子の大人と子供がやってきて、海に入った。ところが、子供の方は泳げなかったか、海に沈んでみえなくなった。角兵衛獅子の大人は、これはまずいと一目散に逃げた。

翌日、海辺に二人の死骸が打ち上げられた。それは庵室の客人が溺れた場所。そのうちの一人は、美にして艶の玉脇みを。ついに霊魂の行方を見極めたのだった。

というのが粗筋なのだが、実は泉鏡花の絢爛たる描写を1ミクロンたりとも再現できていないので、到底粗筋とはいえないのだった。いやあ実に難しい。

知り合いから、NHK BSのアナザーストーリーという番組で、羽生の特集があると聞いたので、録画してじっくり観てみた。

それは、「羽生善治 - 史上初の七冠制覇 ヒーローに翻弄された男たち」というタイトルだったが、私なりに簡単に「羽生の近傍系」と呼び、感想を述べてみる。

登場する主要な人物は、谷川浩司と、八木下征男と、森内俊之。

谷川浩司は、十七世永世名人資格保持者で、天才と呼ばれた、羽生より九歳年上の一流棋士である。谷川が史上最年少で名人位を奪取したとき、誰もが谷川時代の到来だと思った。ところが、彗星のごとく現れた若き羽生善治に、谷川は目を瞠らざるをえなくなった。なぜなら、急速に力をつけ、絶対の終盤力を誇る谷川が、羽生に終盤で競り負けたりした。谷川はおかしいと思ったが、どうしてよいかわからない。次第に、勝ち上がって羽生がもつタイトルに挑むことが怖くなった。勝てないかもしれないという不安があった。

一度は羽生の七冠を阻止したのだが、再度王将に挑戦してきた羽生の勢いは止められず、ついに七冠を許した。マスコミの注目が自分を差し置いて羽生に注目するという屈辱を経験した。そんな谷川は、その後意地をみせて何度か羽生からタイトルを奪取したが、次第に羽生の称賛者になっていった。この番組にあったわけではないが、森内が羽生を差し置いて先に永世名人資格保持者になったとき、なぜ羽生ではないのかと嘆いたという話がある。

八木下征男氏は、八王子将棋クラブの席主で羽生を見出し育てた。いまでも、孫をみる祖父のように羽生を見る目は暖かい。羽生がここまで成長できたことにおいて、八木下さんの支援は本質的だった。その後、八王子将棋クラブは、阿久津主税、村山慈明、高崎一生、長岡裕也など多くの有力棋士を輩出した。

森内俊之は、羽生の最近傍にいた棋士の一人で、その後ろを追随して羽生将棋を研究し、一時期は名人戦で羽生がなかなか勝てない壁のような存在だった。そして羽生に先んじて十八世永世名人資格を取得したが、2014年の名人戦で羽生は、今までのうっぷんを晴らすように森内を4タテで下し、名人位を奪取した。ここから森内は今に至るまでいまいち勢いがなく、ついにはフリークラスに転出した。まさに羽生がいたからここまで強くなれた、という棋士なのだった。

あとは羽生にらみや上座と下座を間違えたなど、羽生バッシングの風潮の話があったが、そんなバッシングは一時羽生を孤立させたかもしれないが、結局は阿ることなく、将棋の強さで乗り切った。

私があえて「羽生の近傍系」と呼んだのは、谷川九段、八木下さん、森内九段というかなり限定されたメンバーに厳選した事で、もちろんこれもあるけど、佐藤康光、渡辺明、藤井猛などを選んでもそれなりに面白い近傍系になったかなと思ったからである。羽生というビッグネームの有意義な近傍系は他にもいろいろ取りえる。

ともかく羽生の強さは、人工知能、チェス、英会話なども広く学び、自らの知識のエントロピーを増大させない、将棋を広く見る希代の天才にあるのだった。果たして藤井五段がどこまで迫れるだろうか。

最近の私はすっかり、オムニ7の愛用者であるが、あるとき、このサイトで催し物のチケットも当然買えるよね、と試みてみた。ところが、どうも違うようで、さらに調べたら、セブンチケットのサイトというのがあるのを知った。

そこでチケットを買おうと思ったら、ユーザー登録する必要があるという。えっ、と思ったがまあ考えたら当然である。それでユーザーIDをメールアドレスにしてもよいというのでそれを入れたら、それは当然にオムニ7と同じなので、既にユーザーIDはあると反応があることを期待した。期待した、というのは、もしそうなら改めてユーザープロファイルを入力する必要がないからである。ところが全く新規でパスワード設定を含め、ユーザープロファイルを入力する必要があり、がっかりした。

ただ、その後は注文のインターフェースは、払込票が発行されることを含め、オムニ7に酷似しているので違和感はないのだが、あれっと思ったことがあって、それは払込票に受け取りのセブンイレブンの店舗指定がないことである。チケットがどこかで発行されて、それが物理的に指定した店舗に届くと想定していたので、意外だったのだが、ああそうかと理解したのは、チケットの場合、任意のセブンイレブンの店舗の所定の端末で印刷されるのだろうということである。

そこで、チケット注文手続きをしてその足で最寄りのセブンイレブンの店舗に行ってみたら、直ちにチケットを入手できた。それはやはり、店舗のレジ端末で印刷されるのだった。

あと、チケット注文のシステムで、オムニ7と異なるのは、商品が入手可能になってから、受け取りに行くのまでの期限が10日であるのに対してセブンチケットが2日であることと、セブンチケットのログインのメニューに、ロボットアクセスを防ぐキャプチャ(CAPTCHA)があることで、チケット注文の方がロボットアクセスの被害を受けやすいのであろうか。

まあでも、これでどんな映画があるかも簡単に分かって、チケットがついでに買えるので、今までよりは映画に行く機会が増えるかもしれない。例えば、孤狼の血の映画とか行ってみようと考えている。今年の5月12日封切りらしい。もちろん、一緒に行く人なんているわけがなく、一人だが。

毛布巻き

user-pic
0

毛布巻きとは、それだけではあまりにも具体性を欠くので説明すると、飼い猫のトラを毛布にくるんでかわいがることである。じつは最初は、猫の簀巻きというタイトルにしようと思ったが、国語辞典を引くと、簀巻きというのはとてもネガティブな意味があって、私が動物虐待していると誤解されてしまう。それで大急ぎで「毛布巻き」と言い換えた次第である。

毛布巻きのきっかけは、去年の秋だったか、トラがソファに座っていたとき、たまたま毛布をかけて、子供を寝かせるときみたいに、トントンと軽く叩いてみたことである。そんなことしたら嫌がって逃げるかと思ったら、意外にもじっとしていて、次第に喉をゴロゴロと鳴らして喜んでいる様子である。こんなことして何が気持ちがいいのかさっぱり理解できなかったが、ともかくそれでトラの機嫌がよくなるなら、結果オーライであった。

ところが、そんなことがあってから、私がソファーに座ってテレビを観ているとき、トラがやってきて、私の顔をじっと見つめるということがあった。それで、ああ、餌がほしいのかと、餌皿にカリカリと、カシオ節をいれたら、全く興味を示さないので、どうも餌ではないらしい。そこで、もしや、と思ってソファーに毛布を広げて待っていると、それをみてトラは、ちょっと考えるふりをした後、毛布に乗ってきたので、まるで巻きずしのようにトラを毛布でくるんで、トントンと軽く叩き始めると、トラは、得たりと満足な顔をしている。これが毛布巻きの所以となった。

こうして毛布でトントンがすっかりトラのお気に入りになり、飽きっぽいはずなのに今に至るまでその習慣が続いている。

トントンがよかったと思うのは、私とトラの心理的距離が縮まったことである。というのは、トラを飼い始めてからもう14年になるが、その間、トラは私のことを単なる餌係としか認識しておらず、家内には懐いていつも膝に乗っているのに、私にはそんなことは一度もなかった。それで、何度か抱き上げようとしたことがあるのだが、その都度、嫌がって逃げてしまう。一応メスなので、セクハラ?になってはいけないと思い、私はその後餌係に徹した。ところが、トントンをするようになってから、「トラ」と呼ぶだけで私の方に来るようになった。トントンを期待してである。この程度でも私は嬉しくて涙が出そうになった。一体どんだけ愛情に飢えているのか、私は(笑)。

ただ、トントンが困るのは私の自由時間をかなり奪うことである。先日も、会社から帰ってソファに座ってぼうっとしていたら、トラがやってきて私にトントンをせがむ。疲れているけど、義理でやっていたら、つい寝込んでしまった。そのときはすぐに寝る予定でパジャマ姿の薄着で、たまたまちょっとソファで休憩していただけだったので、寒くて風邪をひきそうになった。そんなことがあって、自分の都合にあわせてトントンは適当に打ち切ることもあるようになった。まあ仕方ないところである。

春昼

user-pic
0

泉鏡花は基本的にファンなので、古書店でみつけたらとりあえず買っておくのだが、その文章はいつまでたっても私に読みやすいとはいえず、つい積読になってしまう。ところが一方で、自分の気持ちの変転は分からないもので、急に積んであるうちの一冊の泉鏡花「春昼・春昼後刻」岩波文庫を読み始めた。

「春昼・春昼後刻」は、「春昼」と「春昼後刻」の二つの中編からなっていて、続きものであるが一応独立しているので、「春昼」から読み始めた。

すると、ある男がある村を散策していて、畑仕事をしているお爺さんに声をかけるシーンから始まる。声をかけた理由は、目の前の屋敷に、大きな青大将が入っていったので注意したいが、自分はその家に面識がないので、お爺さんにその家に伝えてほしい、というものだった。なにしろ、その屋敷からは、若い婦人の声が聞こえたりしている。

ともかく、お爺さんが引き受けてくれたので、男は、屋敷の様子を眺めつつ、その場を立ち去った。屋敷からは、若い婦人と三十路の婦人がみえた。

ここからは、男は散策子と呼ばれる。そして、泉鏡花特有の絢爛たる自然の記述や動物が頻繁に登場してくる。さっきは青大将で、今度はヤマガカシ。

歩いていくと、住職の住まいがある。寺というには狭い。散策子は、懐紙の切れ端に「うたた寝に恋しき人を見てしより夢てふものは頼みそめてき 玉脇みを」と、美しく書いてあるのを見つけた。これは、小野小町の古歌である。すると、僧が現れた。この小説では出家と呼ばれている。

散策子は、出家の勧めに従い、お寺の仮庵室に逗留することにした。すると、出家は、仮庵室に逗留している間に思い詰めて亡くなった男に言及した。すると、散策子は俄然興味を惹かれた。それはまさに、散策子のような男だったらしい。

男は入水自殺したのだった。その二ヵ月後に細君が横浜の別宅から、例の二階建ての本宅に引っ越してきた。その細君がまさに、男が焦がれ死ぬほどの美人、玉脇みを。

その玉脇みをの夫は、昔あるとき、土中から甕を掘り出した。ところがその甕には金塊が。それを元手に事業を興し大発展したのが、玉脇済之助。

散策子以前に仮寓居にいた男、すなわち客人が、あるとき橋の欄干に腰かけていると、たまたま例の御新姐、玉脇みをが通りがかった。子連れだった。後で知ったのだが、先妻の子らしい。その子がハンカチを落としたのだが、たまたまそれを拾ったのが、客人のそばにいた釣り人。しかし、「ハンカチが落ちましたよ。」と呼びかけたのは釣り人で、御新姐が振り向いたとき客人と御新姐の目と目が合ってしまった。

次に客人が御新姐に会ったのは、浜から帰ってくるとき。そのとき御新姐の周りには荒くれ男が五人。それで客人はいたく気分を害した。掃き溜めに鶴というか、美女と野獣というか。

それに出会ってからというもの、客人は想いが嵩じて次第にやつれてきた。気分転換に町に出ると、客人はばったりと御新姐に出会った。

客人は一層変な気分になり、しばらくして深い山道に入っていった。すると、囃子の音がする。しかし、祭りらしい場所はみえない。しばらく歩いていくと、ようやく祭りの場所をみつけた。行ってみると、ご婦人がずらりと並んでいた。立っている人もいれば座っている人もいる。血を流している人もいる。

そこからふらりと歩み出てきたのは、御新姐。客人は御新姐の背中に△、□、〇を描いた。そしてふと正気に戻った客人は、夢中で駆け戻り、出家に懺悔した。

次の日、お寺に御新姐が訪ねてきたが、出家は仮寓居に客人を閉じ込めて、決して外から見えないようにした。しかし、ふとした隙に客人は仮寓居を逃れて、蛇の矢倉へ。それからしばらくして、客人の死骸が海で見つかった。

以上であるが、最後になるほど幻想性が増して、ストーリーについていきにくくなった。しかし、これこそが泉鏡花の真骨頂だろう。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2018年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年1月です。

次のアーカイブは2018年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。