天才を育てた女房

user-pic
0

数学セミナーの3月号は、フーリエ解析の特集号で、フーリエ解析というと工学にも現代数学にも超重要な分野だが、私はそれほど強い興味があるわけではないのでパラパラとページをめくっていて、ん?という記事が目についた。

それは、高瀬正仁氏が監修したという、「天才を育てた女房」というテレビ番組に関して、高瀬氏にインタビューした構成記事である。ここでいう天才は、岡潔。言わずと知れた多変数複素関数論の実質的創始者である。

私は岡潔の広島事件に書いたように、高瀬氏の「岡潔」岩波新書を読んで、岡潔の生涯についてかなり詳しく知るに至った。それによれば、岡潔は結婚しているにも拘わらず経済的にも恵まれず、というか研究に没頭しすぎて生活費を稼ぐことをあえてせず、極めて困窮した生活を送ったようで、すると当然にそのツケは家族に及ぶ。岡潔の奥さんがどんな苦労をし、それをどう乗り越えたか知りたくて、あまりテレビ番組をチェックすることに熱心でない私だが、「天才を育てた女房」は是非とも観ようと、先行録画予約した。でも結局リアルタイムで観たのだが。また、この番組に入れ込みすぎて、私の周囲の何人かにこの番組を是非観るように勧めた。結構生返事だったような気がするが、岡潔が羽生善治や藤井聡太のような注目を集めるはずもなく、スルーされたとしても仕方ない。

さて、高瀬氏のインタビュー記事に戻って、一番印象に残ったのは、撮影スタッフが異様にディテールに拘ったという件である。すなわち、スタッフは高瀬氏所蔵の岡潔関係の資料を借り受けてつぶさに目を通し、撮影で黒板に数式を書く内容も完全に本物であることを監修者の高瀬氏に要求したという。どうせそんなの多少別の数式だったとしても、おかしいな違うと思う人が日本に何人いるだろうか。しかし私は、わかりっこなくても、それでも可能な限り本物を追及するという姿勢が好きである。功を奏するかどうかなんて関係ない。また、上空飛行の原理など岡の数学的発見を番組中でCGで再現したというのもなかなか画期的で成功していたと思う。

番組であるが、岡潔役の佐々木蔵之介は、似合っているというか、かなり適役だったと思う。その女房役の天海祐希はというと、私はとてもファンなのだが、なんというか美人過ぎて華やかすぎて、ちょっと生活の悲惨さが滲んでいなかったような気がするが、まあ仕方ないか。

それにしても、岡潔はどうして結婚したのだろう。また、結婚したら苦労するのが火を観みるより明らかなのにどうして親に反対されてまで結婚する女性が現れたのだろう。これが、荒くれで風来坊みたいな男ならまだ理解できるのだが、数学者というのは女性を惹きつけることでは極北にいる人種である。

また、大変な苦労で周囲に面倒をかけ借金をしてまでもなぜ、妻は岡潔と離婚しなかったのだろう。戦争の時期になぜ岡潔は招集されなかったのだろう。なぜ極貧にあって、岡潔の家族の誰一人として病没しなかったのだろう。

もしや、天が、岡をして多変数複素関数論を完成させしめるため、菩薩のような女房を遣わし、困苦のあとで成功せしめたのだろうか。ううん、分からない。世の中にはもっと恵まれ、才能があっても志半ばで斃れていく多くの人達がいるというのに。

そういえば、岡の業績の数学的内容を知るには、例えば、大沢健夫「岡潔 多変数関数論の建設」現代数学社が好適だと思う。高瀬正仁氏にも似たような著書があったような気もするが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4825

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年2月25日 07:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「積分と微分」です。

次のブログ記事は「ミニマックス原理」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。