2018年3月アーカイブ

文武両道

user-pic
0

文武両道というと、昔でいうと例えば儒学を深く修めていながら、剣の達人であったりするみたいな意味だが、現代に譬えると、野球で甲子園に出たことがあるのに、一流とされる国立大学にも合格するみたいな例だろうか。

なぜそんなことを考えたのかというと、春の甲子園の出場校に、福岡の東筑、静岡の静岡、滋賀の膳所と彦根東が出場していたからである。これらの高校は県立高校でありながら、私の出身校である尾道北高校よりも進学実績で実質的にかなり上である。

私の出身校は全国的には無名であるが、私が在籍していた頃よりもかなりレベルを上げて、広島県内の県立高校ではかなり上位と目されるようになった。多分であるが、都立高校と比べてもまあ平均より少し上ではないだろうか。尤も東京だと名門私立・国立高校がひしめいているので、優秀な生徒がそちらに行くという事情もあるが。

しかし、私の出身校には一応野球部はあるものの、甲子園に出場したことはないはずだし、今後も甲子園に出場する可能性はかぎりなくゼロに近いだろう。なぜなら広島県は高校野球の強豪県で、野球が強い複数の高校がほとんど決まっていてこの中から甲子園に出場するからである。そもそも広島県で野球が強い県立高校といえば七度の夏の甲子園優勝を誇る広島商業くらいであるが、最近では広陵や新庄などの私立高校に押されている。

なので、たまたま尾道付近に野球の上手い中学生がいても、まず尾道北を目指すことにはならない。そういう人はせめて、地元なら尾道商業をめざすであろう。

こうして私は、どうして特にスポーツ特待生のような制度がない県立高校で、進学実績がよく、しかもときどき甲子園に出場するということが可能なのか、どうしても理解できない。

ただ、これだけは言えると思うのは、県立の進学校がときどきではあれ県大会で優勝できるような県では、その県に広島県のようなガチの野球強豪校がないということである。例えば福岡なら西日本短大付属や、九州産業大学付属、九州国際大付属など何校か甲子園出場校が思いつくが、広島県の広陵ほどのガチ性あるいは常連性はない。

そういうガチの野球強豪校がない県として他には、熊本県、佐賀県、大分県、山口県、静岡県、滋賀県、三重県あたりが思いつくが、今は神奈川に住んでいるとはいえ、広島県から遠くなるに従って、そのあたりの事情は疎くなるのでわからない。

ともかく、ガチの野球強豪校がないと、トンネル効果で、たまたま有力選手が集まった県立高校が甲子園に出れる確率がある程度見込める。

そういえば愛媛県の今治西高校は多分、進学実績で私の出身校とほぼ同等だと思うが、甲子園の常連校なのであって、すると愛媛県もガチの野球強豪校がない県に該当するのだろうか。いよいよわからくなってきた。

さて、県立高校という枠を外すと、文武両道の高校は結構沢山ある。桐蔭学園、大阪桐蔭、智弁学園、桐光学園などである。桐蔭学園出身の知り合いに聞くと、そこでは野球の上手い人と勉強のできる人は別という。だったら分かるが、中には両方できる人もいるのではないか。

ともかく、文武両道の公立高校があるかどうかは、その県の県民性によるのだろうな、と思ったりする。なんの結論にもなっていないが。

Windows 10を使い始めてから、まあ概ね満足しているのだが、どうしても納得いかない問題は以下のとおりである。

  1. Windows Updateが異様に重い。これはまあ本質的な問題であり、すべてのWindows 10ユーザーに共通だと思うので、仕方ない。
  2. パソコンを再起動したとき、タスクバーのピン留めがすべて消えてしまう。これはすべてのWindows 10ユーザーに共通だとは到底いえない。なぜなら、自宅のもう一台のWindows 10パソコンでは全く起きないからである。もう一台のWindows 10パソコンはもともとWindows 8.1で、それを(不如意に)Windows 10にアップグレードしたものだから違うのだろうか。いずれにしてもこういう自明なバグは早めにフィックスしてほしい。
  3. Embarcadero C++ Builder XE4で、依然として高い頻度でLME288のリンクエラーが起きる。

タスクバーのピン留めが消える問題は、パソコンを立ち上げて10分くらいして(なんか緩和時間が必要なのである)、もともとタスクバーのピン留めにリストされていたプログラムの一つ(例えばfirefox)を立ち上げて、ピン留めを外す(なぜなら、実際はピン留めされている)とすると、すべてのピン留めされているプログラムのアイコンが復活し、そのあとで外されたfirefoxをピン留めし直すというトリッキーなことをすれば復活する。

LME288エラーについては、打てる手はすべて打ったので、後はインシャアッラーなのだが、それにしてもパソコンを二度立ち上げ直してもエラーが出て、三度目でやっと直ったりするというのは一体どういうわけなのだろうか。この回数は、スロットマシーンのように不定なのである。私の知っている程度のパソコン知識では到底理解できない。それでもう私はかなり真面目にVisual Studioへの移行を検討していて、実際にVisual Studioの操作を勉強中である。

ということで今日も、幸せ一杯?綾一杯のパソコン・ライフなのであった。

墓標なき街

user-pic
0

新聞の書籍広告で、おおっと歓声を上げた本があった。それは、逢坂剛の「墓標なき街」集英社文庫で、なんと百舌シリーズの最新刊なのだという。私がノータイムで注文したのはいうまでもない。

それで、届いたら即読み始めたのだが、これはどうも、ノスリの巣の続編らしい。しかしさらに読み進めると、ノスリの巣よみがえる百舌からの多重承継らしい。実際、予めこれらを読んでいないと、この小説は理解しにくいということなるが、ほとんどの読者は百舌シリーズとして読んでいるので、ほとんど問題にならないだろう。

この小説は、東都ヘラルドの元編集長で、残間の上司だった田丸が、今はいろいろな経緯があって、右翼系の「ザ・マン」という雑誌の編集長なのだが、なんと元部下の残間を呼び出して、残間に匿名で、百舌に関する過去の事件を書かせようとしている。

田丸の背後には、民政党への復帰をもくろむ元代議士の茂田井がいた。すなわち、茂田井は、過去の百舌事件のスキャンダルを書かせることで、政敵の三重島にゆさぶりをかけようとした。

ところが三重島も然る者、そう易々と揺さぶられていない。百舌を騙る殺し屋を手配して、着々と田丸を狙った。

ところが、残間は、田丸から依頼される件以外に、もう一つ懸案事項があった。それは、ある鉄鋼商社からのタレコミの武器輸出三原則を巡る国防の違反の話である。残間は、直接その社員から話を聞き、それを記事にしようとした。そのため何度も、たれ込んだ社員と面談しようとした。

それで残間は、知り合いの大杉に、面談の後れ込んだ社員を尾行するよう依頼した。そうやって尾行しているうちになんと、大杉は娘のめぐみとかち合ってしまった。なぜなら、娘のめぐみはなぜか、父の後を追って警察官になって、いまは警視庁の生活安全部にいる。そして、武器輸出三原則関連の特捜として、相方の先輩、車田とともにタレコミがあった鉄鋼商社を密かに内偵しつつあった。

一方、大杉と内縁関係にある倉木美希は、大杉から百舌事件のことを残間が原稿依頼されていると聞き、大変興味をもった。

そうしているうちに、残間に秘密の資料を渡すはずの田丸が、百舌らしき者に殺されるという事件が起きた。なにしろ、千枚通しで延髄を一刺しされ、百舌の羽根が残されているのだから、模倣犯ではあれ、百舌の再来である。

一方、残間が武器輸出三原則関連のスキャンダルを書こうとする業界紙の社長と会おうとしたとき、業界紙の社長がやはり百舌らしき者に殺されるという事件があった。

ここから、美希、大杉、めぐみが力を合わせて、捜査を進め、百舌のアジトが、三重島の白糸台の別荘にあると踏んだ。そして美希は警察庁監察官としての職権を駆使して、警視庁の理事官たちをともなって、決死の覚悟でその別荘に乗り込んでいった。そこには、底知れぬ女、美希の奸智が籠められていた。

結局、謎は残り、百舌シリーズはまだ続く。それは嬉しいのだが、逢坂剛氏、病に倒れ絶筆ということにならなければいいのだが。

因果関係

user-pic
0

私は、老後も進化する脳や、絶対ボケない生活などに書いたように、なんとなくであるが、頭を使うとボケを防止できるような気がしている。

それは一見自明のようであるが、最近に知り合いに、頭を使うとボケを防止できるというのは因果関係が逆ではないか、と指摘された。どういうことかというと、頭を使うとボケを防止できるのではなくて、単にボケてないから頭を使うことができるにすぎないのではないか、ということである。

ええっ、そんなことがあるのかと動揺した。そもそもボケてないから頭を使うことができるという命題は、あまりに自明だからである。ただ、そういう因果関係の逆転は、二酸化炭素温暖化説でも聞いた。すなわち、通説は、二酸化炭素が増えると気温が上昇するというものであるが、槌田敦氏らの説では気温が上昇するから二酸化炭素が増えるのだという。最近は後者の説は下火になってしまったが、私は依然としてそれを信じている。

絶対ボケない生活では、認知症専門医であるフレディ松川が、その医師としての経験に基づき、職業的にボケやすい人達が確実にいると述べるが、知り合いは、それは統計的に有意なのかと畳みかける。ただ、そういうなら、頭を使うとボケを防止できるのではなくて、単にボケてないから頭を使うことができるにすぎないという命題も同様に統計的に有意とは思えず、要するに泥仕合になる。

こういう泥仕合を解決するには、もしかして頭を使うと、これこれという脳内ホルモンが出て、脳神経を繋ぎ直すみたいな生理作用が証明されなくてはならないが、そういうことはあるのだろうか。

ともかく、頭を使うこととボケないことの因果関係はわからなくても、私は可能な限り頭を使って生きたいと思う、それが機能快なので。

朝、朝刊を眺めていて、おおっ、と思った記事があった。読売新聞のウェブ記事から引用する。

第15回詰将棋解答選手権のチャンピオン戦が25日、東京、大阪、名古屋の3会場であり、藤井聡太六段(15)が参加者中、唯一の全問正解で優勝して、史上初の4連覇を達成した。
詰将棋を解く正確さや速さを競う大会で、トップ棋士の広瀬章人八段(31)や谷川浩司九段(55)ら過去最多の105人が、計10問(100点満点)に挑んだ。藤井六段は、初めて設けられた名古屋市内の会場で参加。第1ラウンドの5問(制限時間90分)は参加者中、最速の55分で、第2ラウンドの5問(同)は持ち時間をすべて使って解いた。
2015年から優勝を続ける藤井六段は、この日は普段着姿。「10問目が非常に難解だったが、時間に余裕があったのでクリアできた」と振り返り、「来年も参加して、いい作品(問題)に出会いたい」と笑顔で話した。

私がおおっ、と思ったのは、藤井六段が優勝したことではない。おおっと思ったのは、三連覇してもまだ出るんだということである。そろそろ勇退してもいいではないかと思うのだが、まだ発展途上の藤井六段の辞書には勇退という言葉はないのだろう。

ちなみに、リンクはつけないが、gooの詰将棋解答選手権のブログによると、2位以下は次のとおりである。下記のリストで、順位が飛んでいるのは、アマチュアの方が入っているからである。今回は流石に若島正氏は出ていないようである。それにしても奨励会三段の西山さんが18位に入ったのは立派である。里見さんが四段になるのを逸したので、代わりに女性として四段になってほしいものである。

  • 2.宮田敦史
  • 3.及川拓馬
  • 4.甲斐日向
  • 5.広瀬章人
  • 6.青嶋未来
  • 8.上村亘
  • 9.石川優太
  • 11.谷川浩司
  • 12.伊藤真吾
  • 13.斎藤慎太郎
  • 18.西山朋佳

それにしても一般的に、詰将棋は読みの訓練には重要だけれども、指し将棋とは違うと言われる。例えば、宮田敦史六段は、藤井六段が現れる前は優勝の常連だった。すなわち、プロ棋士の中でトップクラスの詰将棋解答能力をもつが、それでは藤井六段のようにA級棋士やタイトル保持者を普通に破るかというと、そこまではいかない。

むしろ一般的に、トップクラスの詰将棋解答能力をもつ棋士は、実戦でも即詰みばかり考えたりして、必ずしも好成績ではない。なので、藤井六段のように詰将棋も指し将棋もどちらも一流というは極めて稀れで、あまり例がない。強いて挙げると、二上九段がそうであったか。

しかし、私が観るところ、藤井六段の将棋は、詰将棋解答能力がそのまま指し将棋の強さに転化されているという点で極めて異例で、頭の中は一体どうなっているのか、と改めて考えてしまうのだった。

本ノートをつけるようになってから、三ヵ月くらいたつが、一応そのエントリが200を超えた。そのうち実際に注文した本は20冊くらいだから、注文率一割はまあまあだろう。私はこれが5%くらいになればいいと思う。ともかく本ノートによって、出版される本に注目する粒度が細かくなったのは確かである。

その細かくなった粒度で掬い上げた本の一つに、鳴神響一の「脳科学捜査官 真田夏希」角川文庫がある。例えば私は、川瀬七緒の法医昆虫学捜査官シリーズのファンなので、その一環としてこの本を読み始めた。特に脳科学捜査官に注目した理由として、最近、中野信子氏のシャーデンフロイデを読んで脳科学に興味をもった、ということがある。

あと、法医昆虫学捜査官も含めて、科学捜査官シリーズに私が興味をもつのは、ハードボイルド的な警察組織にあって、いかにも軟弱な、中心から外れた科学捜査官が、無視され、疎まれながらも、本来の警察官とは別の視点から捜査に対して貢献するのを見るのが痛快、ということもある。

さて、真田夏希は、子供のときの体験に基づき精神科医を目指し、見事国立大学の医学部に受かり、晴れて精神科医になったものの、そこでの患者との精神的軋轢に堪え切れず、医師から足を洗って改めて神奈川県警の特別捜査官枠で応募し、今では科捜研の心理分析官をしているという次第である。

そんな夏希は、結婚適齢期ぎりぎりで婚活し、一種のお見合いで、織田という男性と横浜のレストランで会った。すると絵にかいたようなイケメンで惹かれたが、相手の男性もまんざらではないようである。ところが、心理分析官としての職業癖が祟って、心理分析のような突っ込んだ会話を相手に差し向けたことから、気まずい雰囲気になってきた。なんか、ジェフリー・ディーヴァーのキャサリン・ダンス・シリーズにも似たような場面があったような。

で、また婚活が失敗かと夏希が後悔していると突然、今いるビルの近くで爆発が起きた。それは爆弾が仕掛けられたようで、早速、神奈川県警の警官が聞き込みにやってきた。その警官の中には夏希の知り合いの警官もいて、身分が割れると心配したが、なんにしても婚活は失敗である。

さて、爆弾事件とあって、高島署に捜査本部が立ち上がり、夏希も心理分析官として招集されたが、そこに警察庁から理事官としてやってきたのが、婚活相手の織田だったので、夏希は慌てた。

さて、爆弾犯人はマシュマロボーイというハンドルネームでSNSで県警にどんどんメッセージを送ってくる。そこで夏希は、送られてきたメッセージからマシュマロボーイの心理を分析し、織田の指示を仰いて、なんとか爆弾を仕掛けるのを止めさせようとメッセージを投げるのだが、なかなか功を奏さない。そうしているうちに、他のユーザーから様々なメッセージが飛び交ってSNSは炎上してきた。そうして新たな爆弾予告がなされたので、夏希は、アリシアという警察犬担当の鑑識官、及び県警の爆弾処理班と連携して、爆弾が仕掛けられそうな場所を捜査した。すると、アリシアが顕著な働きで世間の注目を集めたが、夏希は幼児体験から大の犬嫌いで、アリシアのそばに行くだけでも体が強張るほどだった。

ともかく、心理分析に基づく夏希の行動が思わぬ波紋を呼んでストーリーは佳境を迎えるというものだが、ストーリーの終盤でちょっと牽強付会なところが目立ったものの、脳科学捜査官という切り口が斬新で、面白く読めた次第である。

これは第一作なので、ちょっと慣れていない面もみえたが、もともと力がある作者なので、続編が出たら、より充実すると期待される。

蜘蛛の糸

user-pic
0

久々に、といっても数か月ぶりだが、芥川龍之介の小説を読んだ。新潮文庫の「蜘蛛の糸・杜子春」である。気分転換に手に取ったら、面白くて一気に読んでしまった。なんか、芥川にしては読みやすいなと思っていたら、これは芥川の作品のうち、年少文学と呼ばれるものらしい。道理で私でもすらすら読めるはずである。

この本には、「蜘蛛の糸」、「犬と笛」、「蜜柑」、「魔術」、「杜子春」、「アグリの神」、「トロッコ」、「仙人」、「猿蟹合戦」、「白」の十篇が収められている。

で、勿体つける訳ではないが、ここでは「蜘蛛の糸」だけの感想を述べることにして、他の作品については別稿とする。

さて、「蜘蛛の糸」であるが、ストーリーはあまりにも有名なので、ここではそれをきちんと辿ることはしないでおく。それにしても、私はこの作品をどこで読んだのだろう。学校の教科書でないのは確かで、もしかして少年マンガかもしれない。

それで感想だが、日ごろの悪行から地獄に落とされたカンダタであるが、生前、一匹の蜘蛛を踏み殺すのを見送ったことがあり、それを知っているお釈迦様が、カンダタが地獄から抜け出すチャンスを与えようとした。すなわち、蜘蛛の糸を極楽から地獄に落としたのである。カンダタは、これ幸いと蜘蛛の糸に縋り付いて、昇っていった。ところが必死で昇って下をみると、他の地獄の罪人たちが、我もと蜘蛛の糸を昇ってきているので、カンダタは、このままでは糸が切れると思い、おい罪人ども、降りろと叫んだ。その瞬間に、糸が切れてカンダタは地獄に真っ逆さまに落ちてしまった、という次第である。

すると、カンダタはどうすればよかったのか。下を見下ろさず、ただ黙って極楽を目指して昇ってゆけばよかったのか。しかしすると、後についてきている罪人たちの重みで、糸は自然に切れたのではあるまいか。

いや、そこはそれ、苟もお釈迦様が垂らす糸なのだから、素粒子論における漸近的自由のように、多くの人がぶら下がるほど糸の強度が増したのかもしれない。すると、カンダタが追い払わないことで、糸に捉まっている全員が極楽に行けたのかもしれない。

しかし、それだと本来極楽にいけないはずの者たちまで極楽に行くとまずいのではないか。そもそも折角の極楽の風紀が乱れる。すると、トランプ大統領のように、外国人が来ないように、高い壁が必要になる。

あるいは、カンダタがたかが一匹の蜘蛛を踏みつけなかったくらいで、極楽に入れるというのは、そのしでかした悪行に鑑みると、平衡がとれないのではないか。

そもそもが、お釈迦様ともあろう人が、一介の罪人に対して、おちょくるような真似をしてもよいのか。それは天上は退屈なので、暇つぶしにカンダタをおちょくったのか。

などと、突っ込みどころ満載の小説なのだった。これもまた、一つの名作のかたちだろう。

ボールペン

user-pic
0

私は、文章を読むことも書くことも好きで、書く方は主としてパソコンのテキスト・エディタであるが、それ以外には電車に乗っていたり、道を歩いているときはノートに思いついたことを書く。

そのときの筆記用具はもっぱらボールペンで、どんなボールペンかは私なりにこだわりがある。すなわち、少し前まではもっぱら、ぺんてるのe-ballを使っていた。なにしろ書き味がなめらかで、インクが詰まりにくい。

しかし、使い古したノートだと、紙質にもよるがe-ballでさえも文字がかすれることがあり、仕方ないので、水性ボールペンのゼブラのSARASA CLIPを使うようにした。すると、とりあえずかすれないで書ける。

ところが、水性ボールペンの場合、洗濯で書いたような問題が起きた。油性ボールペンだと、あの問題はなかったはずである。

あと、水性ボールペンは書き味のなめらかさが足りないことと、インクの消耗が激しいことが問題である。それと、文字が微妙に滲む事がある。それで、また油性ボールペンのトンボのJETSTREAMに回帰した。これはすごくなめらかである。

ところが、粗悪な紙の場合、JETSTREAMでも上滑りすることがあり、それで場合により水性ボールペンも併用している。

そのように私にとってあまりにもボールぺンは必須なので、出かけるときは必ず少なくとも二本、鞄にボールぺンを入れておくようにしている。なのにあるとき、ある会合でボールぺンを鞄に入れ忘れたことがあって、それがあまりにショックで、会合で聞いたことが上の空だった。それで、常に鞄に少なくとも二本のボールペンと、少なくとも一冊のノートを入れておくようにした。どうみても考えすぎであるが。

ともかく、こうして私は死ぬまでボールペンを手放さないだろう。これも書くことに対する愛である。

プレーオフ4の続きであるが、ついにプレーオフが大詰めを迎えた。

対戦は、稲葉八段対羽生竜王。こうなってみると、予定どおりの組み合わせである。振り駒で、稲葉八段が先手になった。戦型は飛車先を突きあう相がかり。

ところが、序盤で単に飛車先交換して飛車を引くだけのところで、羽生が一時間以上の長考に入った。このとき羽生が何を考えていたか私には到底理解できないが、一つだけ私が言えることは、羽生が尋常なく気合が入っているということである。

この長考の内容は、後で顧みると、次のようなことかもしれない。

  1. 自陣に巧妙な隙をつくる。
  2. 自玉を広く保つ。
  3. 静かな、それでいて決然たる反撃手段を忍ばせておくこと。

だとしても、羽生竜王といえども、こんな序盤で明確な絵が描けるわけがないが、結局羽生は首尾よく3筋からの攻めを誘発し、予定どおり6三玉と逃げ込んだ。しかし、どうも稲葉がやや優勢のようである。ところが、61手目、稲葉の▲4五金が次の羽生の△6五角を見落とした悪手だった。そこから羽生は2筋の歩を延ばし、6五角で3八銀を切る手とのからみで、盤面を制圧して稲葉を圧倒して寄り切った。

以下、毎日新聞の記事を引用する。

七番勝負第1局は4月11日からホテル椿山荘東京で
第76期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の挑戦者決定戦は21日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、午後10時49分、98手で羽生善治竜王(47)が稲葉陽(あきら)八段(29)に勝ち、佐藤天彦(あまひこ)名人(30)と七番勝負を戦うことになった。
羽生竜王は名人通算9期で、2期ぶりの七番勝負登場。また、通算獲得タイトル数は歴代1位の99期で、名人を獲得すると100期の大台に乗る。

そうなのだった、この名人戦挑戦も、永世七冠ほどではなくても通算獲得タイトル数100期で相当なビッグ・イベントだった。それだけではない、羽生にとって2年前、佐藤天彦に名人戦で惨敗した借りを返すチャンスでもある。特に羽生は、将棋の借りはきっちり返す人で、その執念はすごい。同じ姓のフィギュアスケートの羽生結弦も、怪我にめげず二期連続の五輪金メダルとなったが、王者に強い執念は必須なのだった。

だから私は、今回の名人戦は羽生の勝利になるだろうと予想する。そもそも前回の名人戦の羽生は、テレビ取材の欧州出張など、名人戦の前から大忙しで、到底将棋に集中できる環境になく、一方今期は羽生は比較的対局が疎らで、十分に英気が養えるはずである。

例によって新聞の書籍広告を眺めていて、これは面白そうだと思いすぐに注文したのは、ジェイソン・モーガン「リベラルに支配されたアメリカの末路」ワニブックスPLUS新書である。

で、届いたらすぐに読み始めたのだが、もともとは英語の本で当然に誰かが翻訳したのだろうと思ったら、なんと翻訳者が示されていない。で、ジェイソン・モーガン氏の経歴をみると、1977年にアメリカ合衆国のルイジアナ州で生まれ、テネシー大学で歴史学を専攻し、それから名古屋外国語大学、名古屋大学、中国の大学に留学してハワイ大学で中国史を研究し、韓国で一時英語教師を務めたあと、2014年に日本に来て早稲田大学で研究し、いまは麗澤大学で助教をしているという。そんな経歴なので日本語を話すことも書くことも熟練しているようである。そういう米国人はそんなに多くないとおもう。

この本の趣旨で一貫しているのは、米国のリベラル派がグローバリズムを推し進めて、米国の古き良き地方文化を破壊し、米国を荒廃させている、というものである。

私もグローバリズムは嫌いで、その趣旨には総論賛成なのだが、しかし、モーガン氏の指摘するリベラル派とは誰なのかと注意深く読んでいくと、例えばそれは、ヒラリー・クリントンのことらしい。すると、米国のリベラル派=民主党なのだろうか。すると、モーガン氏は共和党のシンパなのだろうか。そうかもしれないと思わせるのは、あとでモーガン氏は、トランプ大統領に期待するステートメントも述べているので、モーガン氏は共和党なのかもしれないが、アフガニスタン派兵やイラク戦争を推し進めたのはまさに共和党なので、よくわからない。私は共和党にもグローバリズムの宿痾が猖獗しているとおもうのだが。

モーガン氏はさらに、マルティン・ルターとプロテスタンティズムを批判し、その宿敵のカソリックを擁護するが、カソリックもまた突っ込みどころ満載なのではないだろうか。

さらに、日本に目を転じると、モーガン氏は天皇制の擁護論者で、日本で最大の悪人は、天皇機関説を唱えた美濃部達吉だというのだが、私にはそれはありえる一つの説だと思う。そこまで非常識な説だろうか。

こうして結局、米国を立て直す方策は明示されないままだし、あちこちに同意できない趣旨も書かれているのだが、それでもなぜか総論、そうだよねと同意してしまう、不思議な本で、ジェイソン・モーガン氏のファンになってしまった次第である。

ダイヤ改正

user-pic
0

私が日常的に利用している小田急線のダイヤが3月17日にダイヤ改正された。大した変更ではあるまいと高をくくって通勤で乗ってみたら、意外に大きな改正で戸惑った。

先ず、私が朝利用する各駅停車の電車は、4分遅くなった。いつもかなり余裕をみた早い時間なので、4分くらいどうってことないが、ちょっと困るのは、鶴川と新百合ヶ丘と登戸、あと成城学園前でかなり待って、急行をやり過ごすようになったことである。

以前のダイヤだと、新百合ヶ丘以外そんなに待ち時間はなかった。で、新宿に着いてみるとなんと、15分近く以前より遅く着いている。まあ、4分遅れなので、11分が正味の遅れである。別に急いでいるわけではなくても、この遅延は到底ハッピーではない。これはまあ、車内で余分に本が読めると思うことにするしかない。

一方復路も、かなりダイヤ変更になっていて、どの急行に乗って帰ったらいいのかやはり戸惑った。以前は18時8分発の相模大野行きというのにいつも乗っていて、それは相模大野から全車両、各停本厚木行きになるので、乗りかえなくて済む。ところが、少なくとも通勤時間帯に最早相模大野行き+各停本厚木行きというのはなくなって、快速急行または急行となる。比較的以前の時間に近いのは、18時9分発の小田原行きである。ただ、それは新百合ヶ丘で各停本厚木行きに乗りかえなくてはならないので、どうしても時間のロスが大きい。

ざっと測ってみると、以前の18時8分発の相模大野行きよりも5分程度帰りが遅れてしまう。

それと、新しい変更として、新宿発の快速急行が登戸に着くようになった。それやこれやで分かったことは、今回のダイヤ変更は快速急行や急行をより合理的に走らせるためのものであって、そのために各駅停車の電車が完全に割りをくっているということである。

しかし、考えたらわかるように、各駅停車しか止まらない駅の数は、急行が停まる駅よりもはるかに数が多いのであって、すなわち各駅停車を利用するユーザーの方が急行が止まる駅が最寄りのユーザーより多いということになって、すると小田急はマジョリティを冷遇していることにならないのだろうか。

一方で、実は新宿から遠い、急行が停まらない駅の乗客は大抵早々に急行に乗りかえるのであって、座れるからと延々と各停のまま新宿に行く乗客が真にマイナーなのであった。結局私は、サイレント・マジョリティならぬ、サイレント・マイノリティで、静かに耐えばいいのであった。

豊島八段が、プレーオフの階段を三段上った。勝った相手は、久保王将佐藤康光九段広瀬八段である。

その後豊島八段は王将戦で負けて、王将位を防衛されてしまったのはまあ仕方ない。流石にほとんど間のあかない連戦なのだから。さて、羽生竜王とのプレーオフ第4戦は、王将戦が終わってから2日しか経っていない。これでは疲れが回復する暇もない。

ところで私は甘い人間なので、プレーオフ第2戦でイベント・バイアスにより佐藤会長が多少緩めてくれると期待した。しかし、佐藤会長の指し手は当然ながら真剣そのもので、私は自分の見識の低さを恥じた。

ましてや羽生竜王が豊島八段に対して緩めてくれることは一層期待できない。なぜなら、羽生竜王にとってこれは、佐藤天彦名人に挑戦して二年前の雪辱を果たすチャンスだからである。

さて、将棋はまたしても豊島八段の先番となった。パラマスは下位が先手というルールはないことは確認済なので、たまたまなのだろう。将棋は、少し前の時代の横歩取りになった。

手数が進み、豊島は一筋の香を一つ吊り上げて▲2一角と打った。このとき豊島の飛車は3六であった。それで羽生は、1二香に紐をつけつつ、飛車取りに△4五角と打った。ここまで豊島がいいと思っていたが、よくみると豊島の次の手が難しい。豊島は苦肉の策か▲4六歩と突いて飛車をとるよう催促した。そのあと羽生が飛車を取って△2六歩と突き出し、と金を作ろうとしたら豊島は▲5六角と打った。これが攻防の好手に見えて豊島が優勢になったと思ったのだが、右辺からと金を作る手がすこぶる速かった。羽生が事前に△8八歩と打ち、▲同金と替わって左翼を壁にしておいたのも大きい。

それでも豊島は二枚の角を駆使して羽生玉に迫ったが、どうしてもと金の攻めの方が速く、最後ははっきり豊島が足らず投了もやむなしとなった。

さてプレーオフ5の稲葉八段対羽生竜王は、3月21日(水)だから間近である。先日のNHK杯を観ていると、稲葉八段の調子はいまいちのようで、もしかして羽生竜王が少し厚いか。ともかくいよいよ名人挑戦決定である。

分子栄養学で言及した、三石巌著「医学常識はウソだらけ」祥伝社黄金文庫の続編として、同じ著者の「脳細胞は甦る」祥伝社黄金文庫を読んでみた。そこで簡単にわたしなりにまとめてみる。すると、当然だが、脳といえども体の一部なので、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、スカベンジャーという基本は同じである。

ただ、脳の場合、脂質が重要であって、特にオメガ3の油がよい。マーガリンやショートニングは避けるべきである。私は以前は、そこを構わず安い食パンを食べていたが、最近では、少し高めでも、ショートニングを使わない食パンを買うようにしている。ミネラルとしては、カルシウムが重要である。

感情としては、怒ったり悲しんだりすると、脳内に活性酸素が増えるので好ましくない。なるべく、感情を穏やかに、にこやかに保つべきである。

あと、脳が機能するためには栄養が必要なので、朝食抜きというのは脳の働きにはよくない。ちなみに私は、以前から朝食はガッツリ食べるようにしているので、朝からかなり思考できる。ただ、もともと頭の能力が大したことないので、成果は出ないがまあ仕方ない。

そういう意味では、ほとんど冗談としか思えない、将棋メシの議論もある程度根拠があるかもしれない。すなわち、何を食べたかでその日の棋力が影響がある、というものである。

その文脈で、脳を活発化する糖質をどう摂るかも説明されるかとう思ったが、その説明はなかった。少なくともチョコレートなど、一時的に思考力を高めると思うのだが。

それと、面白いと思ったのは、ミトコンドリアのエネルギー産生仮説である。すなわち、細胞全体のミトコンドリアのエネルギー生成量のトータルは、母親からの遺伝である程度決まっているが、細胞のミトコンドリアエネルギー能力は、細胞ごとでかなりばらつきがある。粗くというと、脳にミトコンドリアエネルギー能力が大きい細胞が偏ると思考力が高まり、肉体の筋肉にミトコンドリアエネルギー能力が大きい細胞が偏ると運動能力が高まる。それが胚のときどう分布していくかは運というか偶然である。

その仮説を読んで、私は得たりと思った。というのは私の母親はあまりパワフルなタイプではないので、どう転んでも私の細胞全体のミトコンドリアのエネルギー生成量のトータルは高くないが、私はそのなけなしのリソースを脳に集中させているようである。だから、思考が好きで運動神経が極端に鈍い人間になってしまった。だとしても、私のトータルのエネルギーが少ない、エネルギー貧乏なのだから思考力も知れている。世の中には勉強も運動も私よりはるかに卓越した人が沢山いるが、そういう人は基本的なエネルギーのリソースが私よりも豊富なのだろう。それを不公平だと嘆いても仕方がない。世の中というのはそうしたものである。

さらに、三石氏は物理学者なので、まるで理論物理学者のように脳についても仮説をどんどん出す。その仮説が生理学者によって検証されるのを待つという言い方をされる。そのうちの一つで面白いと思ったのは、脳の記憶がDNAに記録される、というものである。これは、DNAへの情報保存に書いたことと関係があるような気がする。

ということで、この本はなかなか示唆に富んでいるが、難解なのでそのうちまた再読することにする。

ジュリア集合の続きなどで、下記のようなカラーリング・スキームを適用してみたが、原色の指定なので、いまいち味わいがなかった。

TColor ColorN(int n)   {
 int i;
 i = (n%7);
 
 switch(i)           {
  case 0:
   return clRed;
  case 1:
   return clYellow;
  case 2:
   return clGreen;
  case 3:
   return clLime;
  case 4:
   return clPurple;
  default:
   return clSkyBlue;
 }
 return clWhite;
}

ところが、ウェブで検索して、16進で任意のカラー・コードが指定できることが分かり、適当であるが、下記のようなカラーリング・スキームを作成してみた。

int ColorW(int n)   {
 int i;
 i = (n%9);
 
 switch(i)         {
  case 0:
   return 0x00dc143c;
  case 1:
   return 0x00cd5c5c;
  case 2:
   return 0x00f7d358;
  case 3:
   return 0x00fa8072;
  case 4:
   return 0x00ff6347;
  case 5:
   return 0x00d2691e;
  case 6:
   return 0x00b18904;
  case 7:
   return 0x00ff69b4;
  default:
   return 0x006090ef;
 }
  return 0x00ffc0cb;
}

これによる彩色の様子の例は、以下のとおりである。
すなわち画像は、下記の例のとおりだが、まあこんなものか。

  • 例1

  • 例2

竹内外史

user-pic
0

当然の方針だと思うが、数学セミナーはリアルタイムで読むのは止めた。というのは、記事にあまり時事性がなく、しかも記事をきちんと理解するのは、私の能力では恐ろしく難しかったりする。なので、一年以上前の2017年2月号の「整数の分割」の特集号をいつか理解しようとときどき眺めたりしている。

それで今は、2018年2月号の「竹内外史」特集号を眺めているので、簡単にこれを纏めてみることにした。竹内外史というと、数学基礎論の大家であり、流石に私もそのお名前くらいは存じ上げている。著書も何冊かもっているのだが、不勉強なのであまり読んでいない。困ったものである。

最初の記事は、竹内外史氏と東大の数学科の同級生であった一松信氏の記事である。これによると竹内外史氏は、2017年5月10日に、91歳で亡くなられた。随分長寿だが、いまだとそんなに珍しくないのかもしれない。それにしても、一松氏だって同い年で矍鑠としているのだから、大したものである。

一松氏によると、竹内氏が情熱を燃やしていたものの一つに「実数論の無矛盾性」の証明があるという。そもそも、数楽者にすぎない私は、それって、なに?というよりない。そもそも、実数論に矛盾があったら解析学が成立しないのだから、無矛盾に決まっていると思うのだが、その証明となると話が違うのだろう。実際、それは大変な難問で、竹内氏にして完成しなかったようである。

そういえば、たまたま私がもっている、稲垣武著、「集合論」共立出版、基礎数学講座、昭和31年刊によると、実数論の章もあって、有理点や無理点の議論もある。こういうのは解析学じゃないの、と思うのだが、ともかく実数論は集合論の文脈でも重要らしい。

さて、竹内氏はゲーデルと直接交友があった数少ない人らしくて、その著書「ゲーデル」日本評論社は、ファン必読だろう。私はまだ買ってないので、買わなくては。

次の八杉満利子氏は、さらに数学基礎論よりの話に踏み込む。すなわち、有限の立場での証明論である。もっというと、形式的体系のなかで矛盾がないことを導く証明図がないことを示す、というヒルベルトのプログラムを実行するものである。すなわち、一階述語論理と、二階述語論理のある形式で、カットと呼ばれる推論(三段論法に相当)があり、カット除去定理が成立するなら、実数の無矛盾性が導かれるという。

これは以下のような竹内の基本予想として主張される。

二階述語論理の体系Sにおける証明図を対象とするある操作が構成され、Sの任意の証明図Pにその操作を反復適用とすると、有限回の反復で、Pが証明するのと同じ命題の、カットなしの証明図に到達する。

次の難波完爾氏は、有名な基礎論の数学者であるが、なんと竹内氏の弟子であるという。そしていろいろなエピソードが紹介されていてどれも興味深いが、竹内氏は、連続体仮説のコーエンと、言い争ったことがあったらしい。要するにそんなもん証明できるのかみたいなニュアンスだったらしいが、本当の正しい証明であることが分かって、唖然としたらしい。

次の新井敏康氏によると、竹内氏の研究は、以下の三期に分けられるという。

  • 第一期:無矛盾性の証明をテーマにした時期
  • 第二期:ブール値モデルの数学への応用や、ファジー論理、量子論理とそれに基づく集合論の研究
  • 第三期:有限算術

第一期は、より具体的に、ゲンツェンの無矛盾性の証明に関わる。すなわち、1958年の論文でのカット(三段論法)消去手順から、その無矛盾性が従う二階の自然数論の論理で、時代に大きく先行していた。

第二期の量子論理に関しては、不確定性原理、破れるで述べた小澤正直氏がフォローしている。これを推し進めると、量子力学の解釈の問題にも解明されるらしいが、まだ先は長そうである。

次の岡田光弘氏は、慶応義塾大学文学部とあるので、フェルマーの定理の自動証明で述べた、「コンピュータは数学者になれるのか?」青土社の著者の照井一成氏の指導教官だったりしたのだろうか。いずれにしても慶応義塾大学文学部は、なかなかのロジシャンの出身地のような気がする。

岡田氏によれば、数学基礎論には、帰納的関数論、モデル理論、集合論、証明論という四つの分野があるが、特に竹内氏は、証明論にゆるぎない地位を与えたという。

竹内氏は、米国の名門大学の一つ、イリノイ大学の数学科に迎えられた。イリノイ大学の数学科はもともと、基礎論に力を入れている場所だった。

竹内氏はまた、物理学と物理数学への憧れをもっており、裳華房の「線形代数と量子力学」、「リー代数と素粒子論」という物理関係の著書もある。

さて、ここに散りばめたキーワードをもとに、ぼつぼつと竹内氏の著書を読むとする。

囲碁と将棋

user-pic
0

最近の羽生永世七冠と、井山七冠の国民栄誉賞を受けてのブームだと思うが、週刊誌の広告の見出しだったか、囲碁と将棋、どちらを子供に習わせるのが得か、みたいなのがあった。

それをみて私は、ええっ、なんてこというの?と思った。というのは、一応アマ四段を自称してあまり文句は言われない程度の私は、将棋大会では負けてばっかりで恥ずかしいレベルであるが、それでも、それなりに将棋を知っている人の中で私程度の棋力に達する人でさえ、せいぜい数百人に一人の割合である。

だから、任意の子供が、それなりの指導者に習っても、ぎりぎり有意義なレベルといえるアマ初段に達することができる可能性はあまり高くない。

あと、囲碁か将棋かという問題だが、その選択にも任意性は少ない。というのは、数学と棋道は、好きなタイプというのは結構かぶるかもしれないが、数学に譬えて、代数脳と幾何脳という分け方をすると、代数脳が将棋で、幾何脳が囲碁である。これは私が勝手に考えたことであるがそれなりに正しいと思う。数論の志村五郎は将棋が好きで、外資系にいたときの研究者で計算幾何学の専門家の人は、囲碁でもアマ強豪だった。

そして、代数脳か幾何脳かというのは、生まれつきだから、将棋と囲碁どちらを選ぶか親が決めても最終的には本人の傾向が大きいということになる。

一方で、社会的にみたら、将棋が指せるよりも、囲碁が打てた方が、得することが多い。財界人など囲碁ファンが多いからである。私の大学のときの将棋部のある同僚は、突然将棋を捨てて囲碁に乗りかえ、しかも一生懸命勉強して、電力会社の執行役員まで上り詰めた。私も同じことをしたかったというか、できたとも思えないが、それでもしがない派遣の特許サーチャーの身分で羨ましさがゼロということもなくなもない。

で、結論は、囲碁でも将棋でもいいが、子供がやりたいというなら親は支援すればいいのでは、ということになる。私が子供の頃は、そんなことをしたら親の死に目にあえないとか、そんな暇があったら勉強しろとよく怒られた。そういうプレッシャがなければそれでいいのだろう。ともかく囲碁や将棋は、やりすぎなければ、頭の訓練になって学校の成績も少しは上がるだろう。やりすぎなければ、であるが。

クランⅥ

user-pic
0

沢村鐵のクランのシリーズは、なかなか面白そうだと2005年の末頃に読み始めたのだが、クランⅡその謎のコアである警察官僚を操る「神」なる存在の謎性が広がりすぎて発散し、読むのが辛くなってきた。

それでも、気合いを入れなおしてクランⅢクランⅣと読み進めてきたのは、いったいどういう心理なのか自分でも理解に苦しむ。たしかに途中何度か盛り上がるのだが、その次は必ずといってよいほど肩透かしをくらわされて、クランもうええねん、ということになってしまう。

そしてクランⅤまできたときは、面白かろうとそうでなかろうと、最後まで読み通すだけのイナーシャをえた。まったく私は自分が飽きっぽいのか我慢強いのか未だにわからないでいる。

マラソンのように息も絶え絶えにクランⅥに到達すると、ここがゴールのための競技スタジアムなのだから、あれほど勿体をつけてきた「神」の正体がここでついに明かされるのかと、心躍った。

とはいえ依然として、反クランの詮議というか鳩首会談は続く。反クランにとって意外だったのは総理大臣による緊急事態宣言が出され、警察は形式的に総理大臣の統制下に入った。これによって順次、クランに対する指名手配が解除されていくのだが、それには時間がかかり、しかも末端の警察が、素直に高所からの指示に従うとは限らない。それで、とりあえず警視庁に戻った川内と晴山は、果たして公安の部隊に拘束され軟禁されてしまった。

一方、岩沢と足ヶ瀬は、足ヶ瀬が子供の収容されていた共和こども学園に行ってみた。そこになにか神を示唆する秘密が隠されていると想定したからである。ところが突然足ヶ瀬が消えてしまった。もしやと思い、岩沢が渋谷駅の地下にいってみると、なんと秘密の鉄道電話に足ヶ瀬から電話がかかった。なんと、渋谷の劇場で、神と対決するのだという。岩沢は慌ててそこに駆け付けた。

さらに、クランの司令塔である上郷は、潤互生体研究院で単身、能登令子に迫った。それは飛んで火に入る虫のような無謀な行為だったが、そこは上郷、きちんと成算を見越していた。

また、公安に拘束されていた川内と晴山は、公安内部にあってクランに内通する、区界のシンパに助けられた。

さらに、EGホールディングスの廣井が、真滝将に拘束された。こうして「神」の手下たちがじりっ、じりっと切り崩されていくのだが・・・。

最後に曖昧な感想を言うと、フィギュアスケートでいうと、スキルからして無理な難易度の高い技を織り込みすぎて何度も転んだので、到底メダルは狙えないのだが、それでも健気にせめて、トリプルトゥループを決めようと頑張っている選手を応援している気持ちだったといっておく。

プレーオフ2の続きであるが、3月12日(月)は、豊島のプレーオフ第3戦だった。よくここまで勝ち上がれたと思うが、将棋連盟の一番長い日で広瀬に勝っていれば、こんな苦労はなかった訳で、というかもっというと、豊島はA級順位戦の前半はぶっちぎりで、そのまま普通に逃げ切れると思っていたら、後半の崩れ方はひどすぎないか。

プレーオフ第3戦の相手は、将棋連盟の一番長い日で対戦した広瀬。広瀬と再戦するということは明らかにプレーオフが一つの節目を迎えたことを意味する。

さて、本局も豊島の先番。あれっ、パラマスは順位が下の方が先手と決まっているのだろうか。いくらなんでもそんなわけないよね。ともかく、戦型は最近流行の角換り腰掛銀となった。

途中広瀬が優勢だったと思うが、私が仕事から帰って局面をみたところは、豊島が局面を打開しようと、角を切って勝負をかけたところであった。ここで私の拙い棋力ではどうも豊島が一手足らないように思えた。そもそも、豊島に6四に歩があって、その歩の裏に香車を打たれると実に厳しい。本譜も実際にそうなった。

豊島は肉を切られて骨を断つで、なんと△6五香から△6七香成を許しながら、飛車を成って勝負に懸けた。しかし、△6五香でなく、△1八角ともたれた方が後手はよかったらしい。このあたり実に難しい。

豊島が飛車を成ったあと、広瀬は△5五銀と玉の道を開いたが、これはどうだったか。豊島は手順に6七の成香も払って盤石の体制をつくり、結果的に完勝した。まさにCSのDeNAのように豊島は勝ち上がってきた。豊島の次の相手は羽生竜王だが、私には羽生大明神が荒れ狂うほど必死で戦うとも思えない。それにしてもほとんど切れ目がないスケジュールの豊島はいかにも大変そうである。次の対局は王将戦第6局である。

そういえば私的にはいまいち盛り上がらない棋王戦であるが、渡辺が永瀬に勝ち、2勝1敗と先行した。野球でいえばいくら永瀬が守備がよく抑えの切り札がいても、打てないと渡辺級にはなかなか勝てないということか。ともかく永瀬に棋王位を奪取してもらうことは期待しにくくなってきた。

若者言葉

user-pic
0

私は昔から言語一般に興味があって、若者言葉も耳に入ったり、何かで読んだりしたら、試しに使ってみるのだが、どうも理解があやふやのようで、語法が変で若者に引かれたりする。それでも懲りずに使うのだが、読売新聞に、最近の若者言葉に関する特集記事があったので、簡単にメモしてみる。

すなわち、私の若い頃とは少し違って、SNSなどの文字入力を合理化するために、よく使う言い方は短くするらしい。要するに、エントロピー符号化である。例えば、「あーね」は、「あー、なるほどね」という意味でなんとなく、わかる。

同様のものをリストしてみると、

  • りょ、り:了解
  • とりま:とりあえず、まあ。私はなんか犬の毛を刈ることだと思ってしまう。
  • いつあり:いつもありがとう。私は、えっ、嘘なの?と勘違いしそう。
  • いみふ:意味不明。これは私もときどき使う、もちろん若者相手にだが。
  • ワンチャン:ワンチャンスのこと。なんか、あんまり短縮になっていない。
  • イツメン:いつものメンバー。これって、ラーメン屋にいって、イツメンね、ああ、チャーシューメンね、みたいに使うのかと思ったりする。
  • おこ:怒っている。これはまあ分かる。
  • おけ:OK。これもわかる。つい、カラオケも連想するが。
  • フロリダ:風呂に入るため会話から離脱すること。これは説明してもらわないと分からないだろう。
  • ほかいま:風呂から戻って、ほかほかとただいまの合成。
  • わず:英語の過去形のwasなのだが、テスト勉強わず、というとテスト勉強した、という意味らしい。なんか私は、否定形に理解してしまうのだが。

あと、「それな」というのがあって、確かに、という意味らしい。これもなんとなくわかる。

他には私は、「リア充」という意味が長らく分からなかった。つい「リア王」を想起して、辛く哀しいんだね、と逆のことを考えたこともあった。

もちろん若者言葉はこれに尽きていなくて、しかも日々新たなのが生み出されるので、ついていくのは大変なのだが、関心は持ち続けようと思う。LINEもツイッターもやっていない老人が何言ってんだか。

私は将棋を観戦することはまあ好きだと思うのだが、普通はブログで主として言及するのはタイトル戦で、その前段階のプレーオフをブログで採り上げることはあまりない。しかし、今回はなぜか久保王将との第1局に注目し、豊島八段のプレーオフに注目し、3月10日(土)は、佐藤康光九段とのプレーオフ第2局を熱心に観戦してみた。おそらく、あまりにも数奇な将棋連盟の一番長い日の結果のせいである。

そこで、プレーオフ第2局も例によって、午前中からウェブの名人戦棋譜速報で観戦し始めると、なんと後手番の佐藤九段が、角交換向飛車にしていた。ええっ、この形は駒がばらばらで後手が勝ちにくいではないか。私は、将棋連盟会長でもある佐藤九段が、趣向を盛り上げるために、いまを時めく豊島八段に花をもたせやすい局面に導こうとしているのかと推定してしまった。しかしそれが私の実に馬鹿な邪推であると分かるには、かなり手数が必要だった。以下、盤面を示す。

【図1】 74手目△6四玉まで
持ち駒:△佐藤康光九段=角金歩



持ち駒:▲豊島八段=桂香歩4
この△6四玉の局面をみたとき、私は全く捉えどころがないように思われた。すなわち相当紛れている。当然康光は本気である。実際、検討の棋士も、どう指すのが分からないという。ところが次の豊島の手が驚愕だった。なんと、じっと▲1四歩と突いたのである。こんな手で間に合うのかと思った。以下、△5四玉,▲1三歩成,△同香,▲1四歩,△同香,▲同香,△7一歩,▲1一香成,△4三玉,▲8二龍,△5四馬,▲8五龍,△4五歩,▲4六歩,△4二玉,▲4五歩と進んだ。この手順で、△4五歩に▲4六歩が好手で、しっかり▲4五歩と拠点を築いた。

【図2】 92手目△1四飛まで
持ち駒:△佐藤康光九段=角金歩2



持ち駒:▲豊島八段=桂香歩3
仕方なく佐藤九段は△1四飛と飛車成を見せたが、次の▲5六香が検討陣が気づかなかった決め手で、以下△6四馬,▲2一成香,△7四金,▲5五龍,△8六歩,▲同歩,△5五馬,▲同香,△1九飛成,▲4四桂,△5一金,▲2五桂,△2四銀,▲3四角,△2五銀,▲同角,△4三歩,▲3四銀と手堅く佐藤九段を投了に追い込んだ。

こうしてみると、豊島は、最近の不調が嘘のように冴えており、まさに去年前半頃の強さが戻ってきたように思われる。その理由は、ある雨の日の死闘のアナロジとみることができる。すなわち、CSで絶対の窮地に追い込まれたDeNAは、あの雨の日の死闘で阪神を制し、返す刀でなんと広島カープをも制し、日本シリーズに進出したのだった。カープファンには、思い出すだに悔しい記憶である。

そう、豊島は絶対の優位にあった今期のA級順位戦で、ありえないようなプレーオフに追い込まれ、突破不可能なような蟻地獄の状況に遭遇したことで、何かのスイッチが入ったのだった。

こうしてプレーオフを二人突破したのだが、まだ豊島には、広瀬、羽生、稲葉という強者が控えている。しかも、広瀬との対戦はもう、3月12日である。近すぎる。しかも3月14日には久保との王将戦第6局が控えている。豊島にとってほとんど虐めともいうべきスケジュールだが、豊島は負ければ楽になれるからこそ、決して安易な負けに就くわけにはいかない。一体どうなる。

素数定理

user-pic
0

昔、何かの本で、x以下の素数の個数はx/log xに漸近的に等しいという素数定理をみて、ええっ、そんなことがありえるのかととても怪訝に思った記憶がある。なぜなら、どうみても何かの規則に従い素数が現れているようには思えないからである。

さて、私の愛読書?の一つの、「素数大百科」共立出版によると、素数定理に関与した数学者には、ルジャンドルやガウスやリーマン等がいる。x以下の素数の個数はなぜかπ(x)と表記するらしいが、ルジャンドルはπ(x)の近似公式を、x/(log(x) - 1.08366)と与えた。その後、ド・ラ・ヴァレ・プサンは、よりよい近似公式としてx/(log(x) - 1)を与えた。

なお、別の愛読書である、黒川信重著「ラマヌジャン ζの衝撃」現代数学社によると、ラマヌジャンもまた素数公式を与えたらしい。それは残念にも間違いを含んでいたが、それでも、相当に核心に迫っていたのであり、独自に素数公式を導いたというラマヌジャンの才能の缺欠の例証になるものではない。

さて、折角なので、自分のエラトステネスの篩のプログラムの出力に基づき、π(x)とx/(log(x) - 1)を比較する表を作成してみた。以下のとおりである。

これから、かなり緩いが、xが大きくなるにつれて、次第にx/(log(x) - 1)はπ(x)に近づくことが分かる。また、蛇足だが、表のデータを求るために用いたPerlプログラムのソースコードを以下に示す。

# sieve.txtは、エラトステネスの篩のプログラムの出力ファイル
open FI, "<sieve.txt" or die "sieve.txt not found.";

$LIM = 100;
$n = -3;  #最初の2つはダミーなのでスキップ
while (<FI>)    {
 chomp;
 $n++;
 $m = $_;
 if ( $m > $LIM )    {
  printf "%d\t%d\t%15.3f\t%6.2f\n",$LIM,$n,$LIM/(log($LIM) - 1.0),
 100.0*($n - $LIM/(log($LIM) - 1.0))/$n;
  $LIM *= 10;
 }
}

  printf "%d\t%d\t%15.3f\t%6.2f\n",$LIM,$n,$LIM/(log($LIM) - 1.0),
 100.0*($n - $LIM/(log($LIM) - 1.0))/$n;

将棋連盟の一番長い日のあと、知的ADHDで興味が分散しがちな私の将棋への関心が減衰しない。その理由は、豊島が奮闘して、名人挑戦と王将奪取という細い蜘蛛の糸を握って離さないからである。

さて、3月9日はB級1組最終戦だったが、私はこの日も会社を休暇にした。その理由は特にB級1組最終戦を観戦するためでなく、単に疲れたことと、仕事のスケジュールの空白期間ができて、静養しようと思っただけである。そもそも、A級と違って、B級1組は糸谷が早々と昇級を決め、三浦事件の余波で変則的になった結果の唯一の降級枠を丸山が占めてしまったからである。すると昇級枠は一つで、橋本が自力、二番手の阿久津は自分が勝って橋本の負けを待たなくてはならないという他力である。すると橋本が多分昇級なんだよなと考えると、どうも気持ちが盛り上がらなかった。

将棋の内容をみてみると、糸谷対木村は、木村先番。昇級にも降級にもどちらにも関係ないが、まあ勢いからして糸谷が勝つと思った。すると角換りで、木村の腰掛銀に対して、なんと糸谷は棒銀。この将棋で棒銀にして幸せになった棋士を私は知らない。すると案の定、糸谷がど作戦負けになり、木村にそのまま一方的に押し切られてしまった。昇級に花を添えられなかったが、まあ今の若者はこういうのはあまり気にしないようである。

山崎対斎藤は、山崎の先番。山崎得意の相がかりになった。これも、昇級にも降級にもどちらにも関係ない。先攻したのは斎藤だが、それを山崎が得意の玉捌きで柔らかく受けた。それでも斎藤が飛車を切る鋭い攻めで寄ったかとおもったら、ぎりぎののところを山崎が読み切り、斎藤玉を寄せ切った。これで山崎は5勝5敗の指し分け、斎藤は4勝6敗の負け越し。

菅井対丸山は、丸山の先番。丸山の降級が決まっており、菅井はこの時点で4勝5敗。羽生から王位を奪ったあと、羽生の呪い?で不調になり一時は降級も危ぶまれたが、後半頑張って残留を決めている。将棋は角換り腰掛銀になった。手待ちのあと、丸山は穴熊に、菅井は右玉。菅井が作戦勝ちかと思ったが、先手が玉の堅さを利して反撃すると分からなくなった。しかし、菅井が終盤でぎりぎりの勝ちを読み切った。

橋本対郷田は、郷田の先番で横歩取りになった。郷田は青野流を採用した。後手が△5五角と打つ激しい変化になった。郷田が肉を斬らせて骨を断つぎりぎりの攻めで難解だったが、飛車取りになっているのに構わず▲7五歩と攻める手が郷田の絶妙手で、それだけでなく最後は郷田が▲6三飛と検討陣が予想もしなかった華麗な決め手を出し、受けに定評のある橋本に粘る余地を与えなかった。先日のNHK杯の菅井との将棋といい、郷田は最近冴えまくっている。これで橋本は6勝4敗。昇級に黄信号が点った。郷田は5勝5敗の指し分け、と前半の不調をリカバーした。

さて、阿久津対松尾。阿久津の先番で、相がかりになり、後手が銀冠を目指したところを阿久津が飛車で歩交換すると飛車が一旦捕まった。それは阿久津の読み筋で、角桂交換で飛車が脱出できるのだが、流石に駒損では阿久津が悪いのではないか。まあ阿久津は相手が歩切れという主張がある。その後攻め合いになり、先手の飛車が成り込み後手はばらばらだが、入玉の楽しみが後手にはあり難解である。ここから双方秘術を尽くした凄まじい攻防となった。しかし後手玉が薄く、先手がなんとか松尾玉を寄せ切り、阿久津は6勝4敗、橋本と同星だが、順位の差で頭ハネ、昇級を決めた。阿久津は一度A級でかなり厳しい成績でいきなり降級しているので捲土重来である。松尾は3勝7敗。本来は昇級候補の一人なのに今期はドツボの成績で、なんとか降級一名という枠に助けられた。これをクスリに来期は頑張るだろう。

それにしても、いまいち趣向に乏しいと思っていたB級1組順位戦も、よくみたら実にドラマ性に富んでいて、興味をそそられた。まったく見当違いも甚だしいというよりない。

一方、これは棋友の示唆によるのだが、A級が6勝4敗で六人のプレーオフ、B級1組が6勝4敗というぎりぎりの成績で阿久津が昇級、これは三浦事件の余波による珍現象ということらしい。

ちなみに、6勝4敗はロクヨンで、横山秀夫のベストセラー警察小説なのだった。だから何なの? いや、別に。

室谷由紀

user-pic
0

どこかのBSの歌謡番組だったと思うが、坂本冬美や、伍代夏子や、香西かおりがレギュラーで登場する番組で、演歌好きな私は、流石にベテランの味だね、と感心して観ていたのだが、突然若手歌手が登場して歌い始めると、私は目を瞠った。なぜなら、美人でしかも歌唱力抜群だったからである。一体誰?と思って観ていると、丘みどりという歌手らしい。

それで、どこかで見たようなと思っていると、ああ、と分かった。将棋の女流棋士で頭一つ抜けた美人の室谷由紀にそっくりなのである。この手の容姿の人は才色兼備なのか、とつい思ってしまった。

ところがである、なんと室谷由紀が結婚したのだという。ファンは失望の色が濃いかも。以下、日刊スポーツの記事を引用する。

日刊スポーツで昨秋からG1予想に参戦している人気の美人棋士、室谷由紀女流二段(25)が6日、結婚した。
25歳の誕生日だった同日、一般人と婚姻届を提出したと日本将棋連盟を通じて発表。結婚を機に「谷口由紀」として活動することになり「これからも頑張ります」とコメントした。将棋とともに、25日高松宮記念から再始動するG1予想コラム「勝利の定跡」でも「新婚パワー」が期待される。

私のような初老の老人はただ眺めていただけだが、特に関西の若手棋士は失望の色が深いのではないか。稲葉八段や豊島八段の精鋭陣は室谷さんと綾はなかったのだろうか。

しかし、ウェブの別の記事では、室谷さんは中村太地王座と仲がよかったということである。ううん、そういうのもありだと思うのだが、室谷さんの結婚相手は、谷口さんという一般人らしい。はて、谷口というアマ強豪がいたような気がしたが、私の勘違いか。

そういえば、私は以前、矢内理絵子女流五段のファンだったが、結婚してから次第に関心が醒めてしまった。まあ仕方ないか。あと、最近めっきり色っぽくなったなあと思うのは、山口恵梨子女流二段である。

あと、以下のような記事が将棋連盟のホームページにあった。

高浜愛子女流2級(33歳)が2018年3月7日に入籍いたしました。お相手の名前は、一般の方なので、公表を控えさせていただきます。

なんか観ていると、藤田綾女流二段もそうだが、みんな結婚相手は一般人で、かなり意識して棋士は避けていると思われる。もしかしてこのAIの時代に棋士は将来性がないと思っているのだろうか。それとも、井山七冠と結婚して離婚してしまった室田伊緒女流二段のことがあるのだろうか。

あと、清水市代はどうして結婚しないのか、頭もよくて良妻賢母になりそうなのに。

と、いろいろ考えるのであった。

キッチン・タイマーに書いたように、私は電車での目覚ましにキッチン・タイマーを使うことがあるのだが、一つ問題があった。それは、キッチン・タイマーを鞄に入れておくと、キッチン・タイマーのボタンが圧迫されて、カウントダウンが止まってしまうことがあった。

それで百均に行って最初に思案したのは、タッパーである。確かにキッチン・タイマーをタッパーに入れておくと、圧迫されてもボタンが押されることはない。しかし、タッパーの密閉性により外に音が聞こえにくい。それなら、タッパーに穴をあければいいかと思っていたら、ふとソープ・ケースが目についた。要するにお風呂場に置くプラスチックの石鹸入れである。それで勇躍、ソープ・ケースを買って帰って、キッチン・タイマーを入れてみたら全然サイズが小さくて入らない。がっかりしてソープ・ケースは部屋の隅に放置した。

一方で私は、USBプレーヤーのユーザーで、通勤の電車で音楽を聴くのに利用しているのだが、一つ問題があった。それは、ロックモードにしておくと、スイッチが押されても演奏は始まらないのだが、電源だけ入って、そのまま放置すると電池が消費される。それで、何日もそのままで知らない間に電池が切れてしまう、ということがあった。

それで困って部屋を見回して、放置されているソープ・ケースを発見した。そうだ、これにUSBプレーヤーを入れればいいんだ、と思った。そこでいつもソープ・ケースに入れた状態でUSBプレーヤーを鞄に入れるようにしたら、知らないうちに電源が入ってしまうことがなくなった。めでたしである。たた、人前でソープ・ケースを出して、そこからUSBプレーヤーを取り出すのはいまいち恥ずかしいが、まあ東京には変わった人が沢山いるのでこれくらいは許容範囲であろう。

ともかく、うまくソープ・ケースが活用できたので、今度はきちんとキッチン・タイマーのサイズを測って、相模大野の大型の百均に行って大きめのソープ・ケースを買った。それをもって帰ってキッチン・タイマーを入れてみたところ、ちょっとサイズを間違えたのかぎりぎりだったが、なんとか入ったので安心した。それで上野などの遠方で飲み会があっても平気である。たかがキッチン・タイマーごときで、寝過ごせないで帰宅できるとは思えないのだが、まあ一応の気休めということにしておく。

私が自分でも分からないのは、そのソープ・ケース程度のことを大した工夫だと思い込んでいることである。他の工夫として、朝食のメニューを摂るのに、一品一品時間差でテーブルに運んできて食べるようにしたら、コースみたいで豪華だと感じて、それを家内に自慢したら、完全に呆れられてしまった。こういう素朴すぎる性格も一種の発達障害なのだろうか。

アマゾンで何気なく本をみていたら、1000000までの素数を印刷した本があり、それなりに人気なのだという。素数好きな私は、まあそういうのも面白いと思うけど、やはりプログラムで素数を生成する方が楽しいと思った。

そこで、素数の生成アルゴリズムの定番といえば、なんといってもエラトステネスの篩である。そのためのプログラムは今まで何度も書いてきたが、ここで改めて書くからには多少なりとも工夫してみることにした。

工夫のその1は、ビット演算を行うことで、素数かどうかの情報を1ビットであらわすことにした。メモリの合理的な使用としては、これ以上の合理化はありえないはずである。

そのため、整数配列をメモリ・アロケートすることにした。すると、整数配列の1つの要素は4バイトだから、1つの要素は32ビット、すなわち32個の整数が素数かどうかを表すことができる。かりに10億までの素数をリストしようとすると、必要な配列数は10億/32 = 3.125×107程度なので、必要なメモリは、これに4を掛けて、1.25×108バイト程度である。

1.25億バイトはすごく大きいようだが、要するに125MBにすぎない。リソースモニタをみると、1500MBくらい使用可能とあるのだが、流石にそれを丸々アロケートできるとは思えない。それでも、1000MBくらいまでは使えそうで、すると320億くらいまでの素数が計算できそうであるが、それは可能性として保留しておいて、とりあえず10億までの素数をリストすることにした次第である。

計算を楽にするため、特定のビットに1を立てるためのマスクを32個用意することにした。これがあると、4バイトの要素に、特定のマスクを論理ORするだけでよい。

また、素数の情報を取り出すには、4バイトの要素を32回1ビットシフトさせて、端のビットが0かどうかその都度調べればよい。0だと、要するに素数ということである。

このような方針で作成したプログラムのソースコードは以下のとおりである。すると、10億までの素数の計算が、わずか38秒程度で完了した。それによって生成された素数は、50847535個なのだから、なかなかの生産性であるといえる。そのときのシステム仕様は、Windows 10 64ビット、Intel Core i5、2.7GHzなのだから、いまどき普通である。

ちなみに、もし300億までの素数を計算したときの時間を、O(n2)の計算量を想定して推定すると、38×30×30 = 34200秒 = 9.5時間なので、ほぼ一日のworking timeくらいコンピュータを走らせておけばよい、ということになる。

#include <stdio.h>
#include <string.h>
#include <math.h>

 unsigned int MASK[32];
 int IsPrime(int n);

int main(void)        {
 int i,j,k,n;
 int a,b;
 int N, LIM, AR;
 int *a_num;	

// MASKの用意
 n = 1;
 i = 0;
 do { MASK[i++] = n;
      n <<= 1;
 } while ( i < 32 );
 
N = 1000000000;
AR = N / 32 + 1;
LIM = int(sqrt((double) N)) + 1;

 a_num = new int[AR];
 
// 初期化

 for ( i = 0; i < AR; i++ )
  a_num[i] = 0;


//篩ビットのセット
 for ( i = 2; i < LIM; i++ )    {
   j = 2;
   if ( IsPrime(i) == 1 )  {
     while (( k = i*j) <= N )    {
     	a = k/32;
    	b = k%32;
	    a_num[a] = a_num[a] | MASK[b];
	    j++;
    }
   }
 }
 
 
k = 0;
 for ( i = 0; i < AR; i++ )                {
   if ( (a_num[i] & 1) == 1 ) k++;
   else { printf("%d\n",k++); }
   for ( j = 1; j < 32; j++ )  {
	  a_num[i] >>= 1;
	if ((a_num[i] & 1) == 1 )      {
	    k++;
	} else { printf("%d\n",k++);           }
	 if ( k > N-1 ) goto EXT;
   }
 }
EXT:

delete[] a_num; 
return 1;
}

int IsPrime(int n)     {
 int lim;
 int i = 2;
 
 lim = int(sqrt((double) n)) + 1;
 
 if ( n == 2 ) return 1;
 
 while ( i <= lim )     {
  if (( n%i) == 0 ) return 0;	
  i++;
 }
 
 return 1;

}

プレーオフの続きであるが、慌ただしいスケジュールで、久保王将対豊島八段のプレーオフ一回戦が始まった。3月4日(日)のことである。

ところがその日、たまたまであるが稲葉八段対豊島八段のNHK杯があり、どうみても豊島八段の惨敗だった。時系列的には逆なのだが、その前日のプレーオフから続いての負けなので、連敗のような雰囲気であり、しかも相手が王将戦で指し込まれている久保王将とあっては、豊島八段が勝ちそうな気がしなかった。

ともかく久保王将対豊島八段を観戦してみると、豊島八段の先番で、豊島の居飛車、久保の角道止めずの四間飛車になった。これに対して豊島が左美濃風に構えると、久保は穴熊。それから豊島が軽い端攻めで一本とった。

ところが久保が飛車と金銀二枚で豊島の玉頭から襲い掛かると、難解な戦いになった。検討陣は先手少しいいというのだが、私は受けが苦手なせいか、豊島が食いつかれているようなきがした。

しかし、駒割りからして依然として後手が少し苦しいらしい。久保は懸命に手を作るが、豊島は豊富な持ち駒を利して久保玉を寄せ切った。

実は私は、豊島玉が絡まれている段階で、次の日が出勤で早起きなので早々に寝た。豊島は不調だと信じていたので、あまり勝つような気がしなかった。なので、次の朝起きて、豊島が勝ったことを知らせるメールが棋友から来ていたので、安心した。久保がプレーオフ街道を邁進することだけは避けたいからである。

ここにきてだが、豊島がプレーオフを勝ち上がることはあまり期待できない。なぜなら、豊島は久保と王将戦を戦っているからであり、体力に不安のある豊島には辛いだろう。そもそも豊島は、鬼神をも倒す勢いの去年の5月頃の勢いはない。

すると、挑戦はやはり、羽生か稲葉あたりだろうか。いや、広瀬がダークホースだったりする。

挑戦者を待ち受ける天彦名人はというと、あまり調子はよくない。今期の勝率は五割を割っている。まあ森内流で、負けることでツキをためているのかもしれず、名人戦はどうなるか分からない。

羽生の計画

user-pic
0

私が羽生というと、デフォールトで羽生竜王なのだが、ここは特に羽生結弦に言及してみる。

すなわち、読売新聞の記事によると、羽生は9歳の頃からスケートに人生を懸けており、その結果が金メダルなのだという。そうやって一直線で目指せるものなのか。

今後については、右足首の状態によっては休養も考える、という。また四年後の北京オリンピックについては、分からないと前置きしつつ、一生懸命やることをやってその延長線上にある北京オリンピックに出るのであれば、絶対に勝ちたいと言ったという。

なんか前向きな発言のようであるが、それは絶対に勝てるのでなければ出ないという意味にとってしまった。ただ、新たに五回転アクセルに挑戦してみたいという。すると本気で次も狙うのかな。それにしても次は27歳なのだから、そんな年齢でフィギュアスケートでメダルを取った例は知らない。

そういう発言をみているうちに、下記のように、国民栄誉賞の授与検討となった。河北新報の記事から引用してみる。

政府は、平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート男子で2大会連続の金メダルを獲得した羽生結弦選手(23)=仙台市出身、宮城・東北高出=に国民栄誉賞を授与する方針を固めた。菅義偉官房長官が2日の記者会見で、安倍晋三首相が授与検討を指示したと発表した。けがを乗り越えて果たした66年ぶりの偉業が、国民に感動や勇気を与えたと評価した。決まればスケート界で初めて、冬季五輪の金メダリストでも初となる。個人としては最年少での受賞となる見通しだ。

このニュースを聞いたとき、なんとなく羽生永世七冠の国民栄誉賞との重複を感じて、たまたま姓の漢字が同じなだけで将棋とフィギュアスケートで違うではないかと自分に言い聞かせたりした。それでも、つい先日、羽生永世七冠と囲碁の井山七冠が受賞したばかりなのだから、どうしても濫発感は否めないままだった。なので、数か月冷却期間を置いてもよかったような気がする。

でも、冷静に考えて、フィギュアスケートでオリンピックの金メダル連覇なんて、相当稀なので、国民栄誉賞に値することは文句なしだろう。そもそも、オリンピックの金メダルというけど、誰もおおっぴらには指摘しないけど誰もが分かっているのは、金メダルを獲得することの困難性は、種目によって相当差があるよね、と私は思う。どんな種目の金メダルが比較的に容易かなんて指摘するほど私は不躾ではないが、フィギュアスケートは、細かいミスが失点につながりやすいので、困難な部類ではないだろうか。

それにしても、羽生のフィギュアスケートを観ていて、他の男子選手の力強さとは対照的に、歌舞伎の女形のような華麗さを羽生に感じた。あの華麗さと、東北大震災を受けた地元の強い声援を背中に背負った強い決意が高得点に繋がったのだろうが、一方で、私は、羽生の自分をエリート視・別格視するような発言に違和感を感じたりもした。

じっさい、羽生の態度に反感をもつ日本人男性も少なくないようであるが、まあ要するに嫉妬なのかな。でも強い能力主義を奉じる私は、まあいいんじゃないの、という認める気持ちも大きい。なので、羽生結弦が国民栄誉賞を授与されたら、羽生永世七冠のときと同等に喜びたいと思う。

プレーオフ

user-pic
0

将棋連盟の一番長い日の結果としての、極めて異例の6人によるプレーオフの結果であるが、その内容と日程が朝日新聞ディジタルに掲載されていたので、以下のとおり引用させて戴く。

2日に静岡市で最終11回戦5局が指された第76期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)は、まれにみる劇的な結末を迎えた。佐藤天彦名人(30)への挑戦権は史上最多の6人によるプレーオフに持ち越され、トップ棋士の渡辺明棋王(33)がB級1組に降級した。挑戦者は、変則トーナメントで今月中に決まる見込み。
稲葉陽(あきら)八段(29)、羽生善治竜王(47)、広瀬章人八段(31)、佐藤康光九段(48)、久保利明王将(42)、豊島将之八段(27)が6勝4敗で並んだ(前期の成績に基づく順位順)。初戦の久保―豊島戦は、4日に指される。その勝者が、10日に佐藤九段と対戦。その後は広瀬八段、羽生竜王、稲葉八段の順に登場する。久保王将、豊島八段の両者は5勝が必要だが、稲葉八段は1勝で挑戦権を獲得できる。

改めて感じるのだが、佐藤天彦がそうだったように、昇級直後に最多勝ち数で名人挑戦を決めるなら、順位は全く関係ないが、今回のように6人ものプレーオフとなると、順位が下の者は、別に十三階段ではないが、重い足取りで一歩一歩昇っていかなくてはならず、大変である。別に好き好んで重い足取りを運ぶのではなく、できれば軽い足取りで上がっていきたいが、相手はみなA級上位の強者たちばかり、泣いても笑っても楽に勝たせてくれるわけがない。

その一番下の階段にいるのは、久保と豊島。豊島が若手精鋭だとしても、王将戦などで勝ち越している久保は、豊島に対して苦手意識はないかもしれないが、手負いの獅子で、豊島も然る者、ここらあたりで負かしておかねばと、全力で戦うだろう。

もし久保が、その豊島との死闘を制するとしても、特に後に控えるのが佐藤と羽生の二枚の分厚い壁。この二人は、ある過去の経緯というか要するに三浦事件なのだが、久保を許してはいかんと意地になっている。三界のどこに、本気で怒っている康光と羽生を連破できる棋士がいるというのか。

一方、もし豊島が久保に勝って上がってくるなら、佐藤も羽生もそこまで本気では負かしにこないだろうが、問題は豊島の体力である。コンピューターを使った長時間の研究は確かに研究には有効だと思うが、どうしても運動不足になってしまうのだろうか。そういえば久保はランニングが好きで、マラソン大会にも出たりするそうで、その体力があの驚異的な頑張りを支えている。なので豊島もそろそろ、体力つぐりにも時間を割くことを考えた方がいいと思う。なんて、スポーツ嫌いで体力がない私がいう資格はないのであるが。

ということで豊島が挑戦することも体力的に極めて困難で、結局挑戦は消去法で佐藤、広瀬、羽生、稲葉の四人だが、多分佐藤も羽生も、今更名人に挑戦したいとそんなに強く願っていないと思う。すると残るは広瀬と稲葉であるが、あまりにも当然だが、最後の一勝だけでよい稲葉が有利ということになる。稲葉は前半の不調から立ち直って、今ではかなり好調である。今度は名人奪取もありえると期待するものである。

ダークマター探索のその後に書いたように、私は宇宙のダークマターに関心をもっているが、読売新聞の記事で「宇宙膨張 予測より速い?」という記事をみたので、そうなのかと記事を読んでみた。読売新聞ウェブの記事から引用してみる。

国立天文台などの研究チームは27日、宇宙に大量にあるとされる「暗黒物質」の分布を調べる観測で、宇宙が膨張する速度が今まで考えられていたより速い可能性があることがわかったと発表した。
今後、さらに広範囲を観測して検証する。
誕生から約138億年たった宇宙は、現在も膨張しており、その速度は加速していると考えられている。宇宙の質量(重さ)の約4分の1を占める暗黒物質は、重力で互いに集まって塊をつくる一方で、膨張する速度が速いと集まりにくい性質を持つ。このため、宇宙の広い範囲で暗黒物質の分布を調べれば、膨張がどのように進んできたのかに迫ることができる。
宮崎聡・同天文台准教授らは、米ハワイのすばる望遠鏡に取り付けた高性能カメラを使い、遠方の光が強い重力で曲げられる様子を観測する手法で、直接見ることができない暗黒物質がどのように分布するのかを調べた。

これに対する私のコメントは、「宇宙が膨張する速度が今まで考えられていたより速い可能性があることがわかった」というからには、宇宙が膨張する速度というのは理論的な推定式が確立しているのだろうか、ということである。確か宇宙を重力でとりまとめているのがダークマターであり、一方宇宙の膨張を担うのはダークエネルギーである、というのが通説であるが、ある意味ダークマター以上に謎が深いダークエネルギーから膨張速度の定量的な議論はまだできないはずで、すると、宮崎聡・同天文台准教授らの議論は、あくまでも過去の観測結果との比較ということになる。

ともかく私は、手持ちの下記の本を眺めて、ダークマターとダークエネルギーに想いを馳せることにする。

  1. 村山斉「宇宙は何でできているのか」幻冬舎新書
  2. 佐藤勝彦・二間瀬敬史編 シリーズ現代の天文学「宇宙論Ⅰ-宇宙のはじまり」日本評論社

3月2日は、いわゆる将棋連盟の一番長い日であった。それは要するにA級順位戦の一斉最終対局の日のことであるが、過去の将棋連盟の一番長い日では、既に名人挑戦者も降級者も決まっていて、なんだ将棋連盟の一番短い日じゃないか、と揶揄したいこともあった。

しかし、この日は違った。なにしろ、既に降級が決まっている屋敷九段を除く、すべての棋士が、最終対局の結果で、挑戦と降級のどちらかが決まってしまう。そしてあくまでも数学的にであるが、勝敗の結果によっては、六人のプレーオフという前例のない事態が生じてしまう。

じつはこの日の一番の注目は、決して挑戦には関わらない、渡辺棋王対三浦九段の戦いである。なにしろ、この二人は、一昨年の三浦事件の深い因縁を抱えており、しかもこの段階で双方とも4勝5敗で、深浦が勝つことを前提として、負けた方が降級である。ここまでの舞台を用意するとは、勝負の神は、まさに神がかっている。

あと、一斉最終対局の日とはいったが、厳密には一斉対局ではない。なぜなら、羽生竜王が抜け番であるからである。そんなことが起きるのも、三浦事件の事後の特例措置のせいで、通常よりA級順位戦の人数が一人多かったせいある。ともかく、三浦事件という将棋連盟最大のスキャンダルを中心にぐるっと回るとドラマが演出されるという、複素関数論でいうところの留数定理がまさにこれである。将棋好きでもあった、複素関数論の泰斗、岡潔博士があの世から操作している可能性もなくはない。

そんな想いを込めて私は、3月2日を一日年休とした。腰を据えてじっくり観戦するためである。さて、どの方法で観戦するかであるが、私は最初、囲碁将棋チャンネルの解説を観るつもりであった。以前たしかにそういう番組が組まれたことがある。ところが、番組表をみると、全くそうなっておらず、すると、あとは名人戦棋譜速報か、ニコ生か、AbemaTVということになる。名人戦棋譜速報は私にとってデフォールトなのであるが、棋士出演による音声での解説がないのがちょっと物足りない。

そこでニコ生を観てみた。すると、棋士が登場して解説するのかと思いきや、単に対局場の実況中継であり、失望してAbemaTVを観たら、これが当たりだった。複数の棋士が交代で解説するのだが、一番面白かったのは、佐々木勇気六段の解説で、空気読まないはずなのに実に解説が巧みである。なんというか、彼は本当に天才で、一瞬にして盤面から本質を見抜くようである。それをズバリと披露するので、将棋ファンは魅了される。新たなスターの誕生ではあるまいか。

さて、実際の対局の様子を記してみる。

まず、広瀬八段対豊島八段は、広瀬の先番で、豊島は横歩取りを選んだ。早めに△6二玉と、美濃囲いのようにする戦法で、素人目には序盤から豊島が一本とったかと思ったが、実は広瀬が周到に受けを用意しており、銀得からあっさり豊島を寄り切った。一番早い終了だった。今期の前半は豊島は鬼神のように強かったのに、後半になっていまいち元気がない。これで、広瀬も豊島も6勝4敗となって、プレーオフに望みをつないだ。

次に、久保九段対深浦九段は、久保の先番で、先手三間飛車になった。じっくりした棋風の深浦は左美濃風に構えたが、久保が桂馬を犠牲にしつつ、深浦を歩切れにして、優位に立った。ところが、深浦の腰の重い粘りに混沌としてきた。すると、深浦は桂得を活かして久保玉を上部から攻め、あとは端攻めをからめて、久保玉を討ち取った。久保を単独挑戦させない深浦の頑張りはとても嬉しかった。これで久保は6勝4敗で、プレーオフとなった。深浦は5勝5敗で残留を決めた。

稲葉八段対行方八段は、稲葉の先番で、相がかり模様だったが、行方が後手番で最近流行の雁木にした。稲葉は意欲的に棒銀で雁木を攻めた。稲葉ががっちり自玉を囲って、▲3四歩と取り込むと、陣形の薄い行方はそこから挽回できず、稲葉が押し切った。稲葉は6勝4敗で、プレーオフに連ねた。行方は、3勝7敗で降級が決定した。

佐藤康光九段対屋敷九段は、佐藤の先番で、得意の角交換力戦向飛車にした。ところが、屋敷の指し方が巧妙で、焦点を8筋ではなく4筋に移すと、佐藤の左側の駒があまり働かず、屋敷が作戦勝ちになったかと思えた。しかし、屋敷の陣形は延び切っていてあまり安定感がなく、佐藤が優勢を保っていた。佐藤は1筋からの端攻めを逆用して屋敷玉をあっさり寄せ切った。これで佐藤は6勝4敗で、プレーオフに進んだ。もともと降級が決定していた屋敷は2勝8敗で終わった。

さて、ある意味最も注目度の高い、渡辺棋王対三浦九段は、三浦の先手で、角換りの出だしだったが結果的に、先日の棋王戦第2局の永瀬対渡辺の将棋と似た戦型になった。どうも微妙に三浦が作戦勝ちで、渡辺が嫌でもマイナスの手を指さざるをえなくなった。難解な将棋だったが、結果的に序盤に三浦が9筋の歩を詰めて玉を広くしたことが活きた。最後は三浦が凌ぎ切って、勝ちに漕ぎつけた。

実は私は、将棋連盟の一番長い日を一種のお祭りと解釈して、夕食のとき、秘蔵の獺祭を飲むことにした。正月に飲んで以来なので、もう二合ほどしか残っていなかったが、とりあえずいい気分になれた。そうやってほろ酔い気分で渡辺対三浦を観戦していたら、緊張のあまり、吐きそうになってきた。それは決して酔いのせいではない。なぜなら、渡辺が投了した瞬間に気分がすっと楽になったからである。三浦は5勝5敗でぎりぎり残留し、深浦が久保に勝ったので、渡辺が降級となった。

こうして、2月に、棋友と、まあありえないけどこうなれば理想だよね、と話し合った、渡辺の降級、三浦の残留、六人プレーオフを含むパターンがすべて実現してしまった。これが実現する確率は、もしかして3%くらいであろうか。その確率は天文学的とはいえないけど、将棋の神様がかなり気張ったことは間違いなく、渡辺は三浦事件のツケを払わされたということだろう。永世七冠を作り出してしまった時点でツケは払い終わったかとおもったら、利子がついていて、まだそうではなかった、ということになる。

発達障害

user-pic
0

何かの書籍広告で、成毛眞の「発達障害は最強の武器である」SB新書を見かけて、おっこれは買いだと思った。なぜなら、私は程度はともかくとして、自分が何かの発達障害に該当していると自覚しているので、それが活かせるなら望外ということである。

まず、この本の最初に発達障害の種類が示されていたので、引用してみる。以下のとおりである。

  1. 広汎性発達障害
    1. 自閉性障害
    2. アスペルガー症候群
    3. 特定不能の広汎性発達障害
    4. 小児期崩壊性障害
  2. 学習障害
    1. 読字障害
    2. 書字表出障害
    3. 算数障害
    4. 特定不能学習障害
  3. 注意欠如・多動性障害(ADHD)
    1. 不注意優勢型
    2. 多動性・衝動性優勢型
    3. 混合型

こうやって類別が与えられると、自分はどれに該当するのだろうと思案する。以前はアスペルガーと思っていたのだが、私は落ち着きがないのでもしかしてADHDなのかもしれない。私はいろいろな面で変なのでどれも該当しそうであるが、少なくとも読字障害と算数障害はないような気がする。

ともかく、この本には発達障害の詳しい解説はないので、このリストをいくら眺めても、わからない。それについては別の本を当たることにする。

このあとは、成毛氏が知るビル・ゲイツの様子と、成毛氏自身の傾向が言及される。すなわち、ビル・ゲイツはまったく比喩が理解できなかったり、会議中にずっと揺れていたり、突然切れたりするそうであるが、するとビル・ゲイツはADHDに該当するのだろうか。

成毛氏自身はというと、どうもADHDらしい。何しろ、いろいろと興味を広げて飽きっぽいらしい。そのあたりは私と似ているのかもしれないが、私と違うのは、ものすごく要領がいいというか、適当に遊んでいるようでも、ビジネスの時流に乗ってしまうのである。これは私は到底真似できない。

あと、場合によって「過集中」して、特定の分野をマスターしてしまう。これも私は真似できない。例えば、私は弁理士試験に集中してみようとしたが、ずっと拒否感があって、早々に放棄してしまった。勉強に関して私は相当偏食らしい。

それでも、発達障害を矯正しようとせず、開き直るということは私も採用した。自分の得意なことに集中し、妙な儀礼も省略して仕事に取り組んだ。それで特定の限られた分野ではそこそこ成果を挙げたが、儀礼の省略によって、こいつは生意気だとマークされ、虐められた。

だから、発達障害で開き直っていてやっていくにはかなりの幸運と才能が必要である。成毛氏は大いなる才能と幸運があった。私はぎりぎり生き残れるだけの才能と運しかなかった。それだけの違いである。到底一般化できない。

蟻地獄

user-pic
0

私は基本的にお笑いの世界が好きで、なのでお笑い芸人を見る目も妙に好意的だったりする。なので、知り合いの酷評にも拘わらず、又吉さんの火花も面白く読んだし、藤崎翔の神様の裏の顔もなかなかだった。

ところで最近電車の中で板倉俊之の「蟻地獄」という小説の広告をみかけて、おっ、何か面白そうだなと感じたが、いよいよ買おうと思ったのは、板倉俊之という人が、お笑いコンビのインパルスの片割れだと知ったときである。そういえば、インパルスの大柄の方の人は堤下という姓だった。

それで、新潮文庫の「蟻地獄」を注文して届いたら直ぐに読み始めたのだが、最初は二村孝次郎という小学生の主人公が蟻地獄を飼っているシーンから始まった。

かと思ったら突然、高校生卒業くらいの歳になった孝次郎が大塚修平という悪友とパチンコでに行き、そこで軍資金を稼ぎ、裏カジノに乗り込むシーンになった。

孝次郎は指先が器用で、裏カジノのブラックジャックでインチキして、一気に巨額の賞金を稼ぐ算段をたてた。ところがカジノの側も然る者、しっかり孝次郎のいかさまを見破り、ヤクザのようなカジノの責任者が孝次郎と修平を拘束し、孝次郎に五日で300万円を稼げ、そうしないと相方の修平を臓器ブローカーに売り飛ばす、すなわち殺されるという意味である。

そこで孝次郎は、仕方なく修平を人質にして300万円を稼ぐ旅に出た。普通の家庭なら、300万円くらいなら貯金があるのでなんとかなる。しかし、修平の自宅は貧乏で、300万円あってもどうしようもなかった。

で、困った孝次郎は、臓器ブローカーという言葉を考慮して、なんと青木ヶ原樹海に行ってみた。都合よく死んでいる人はいないかという、極めて勝手な想定である。

当然ながらそれはうまくいかなくて、孝次郎は、ネットから自殺サイトに入ってみて、一緒に死んでくれるという人を募った。実はそこでぎりぎり生き残って、なんとかしようというよからぬことを企んだ。

しかし、孝次郎のやることはどうやっても無理筋で、邪な奴が現れ、孝次郎は絶体絶命の危機に陥った。このあたりの危機さは、グレイマンのそれに匹敵するほどである。なぜなら、危機そのものはグレイマンとは比べものにならないが、グレイマンと違って、孝次郎はあまり鍛えの入っていない普通人で結局相対的には大危機なのだった。

そこで期限は迫るし、最後に孝次郎は乾坤一擲の勝負に出た、というストーリーなのだった。

読み終えてみて、最初は素人っぽいと感じたプロットも、中盤あたりから作者の仕掛けが功を奏してきて、読んでいて気持ちがどんどん切迫してきた。流石、インパルスの天才ネタ師、板倉である。

そういえば、アマゾンのコメントでは、板倉は又吉より冴えているというものがあったが、このあたりは他の作品も読まないと分からないと思った次第である。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2018年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年2月です。

次のアーカイブは2018年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。