将棋連盟の一番長い日

user-pic
0

3月2日は、いわゆる将棋連盟の一番長い日であった。それは要するにA級順位戦の一斉最終対局の日のことであるが、過去の将棋連盟の一番長い日では、既に名人挑戦者も降級者も決まっていて、なんだ将棋連盟の一番短い日じゃないか、と揶揄したいこともあった。

しかし、この日は違った。なにしろ、既に降級が決まっている屋敷九段を除く、すべての棋士が、最終対局の結果で、挑戦と降級のどちらかが決まってしまう。そしてあくまでも数学的にであるが、勝敗の結果によっては、六人のプレーオフという前例のない事態が生じてしまう。

じつはこの日の一番の注目は、決して挑戦には関わらない、渡辺棋王対三浦九段の戦いである。なにしろ、この二人は、一昨年の三浦事件の深い因縁を抱えており、しかもこの段階で双方とも4勝5敗で、深浦が勝つことを前提として、負けた方が降級である。ここまでの舞台を用意するとは、勝負の神は、まさに神がかっている。

あと、一斉最終対局の日とはいったが、厳密には一斉対局ではない。なぜなら、羽生竜王が抜け番であるからである。そんなことが起きるのも、三浦事件の事後の特例措置のせいで、通常よりA級順位戦の人数が一人多かったせいある。ともかく、三浦事件という将棋連盟最大のスキャンダルを中心にぐるっと回るとドラマが演出されるという、複素関数論でいうところの留数定理がまさにこれである。将棋好きでもあった、複素関数論の泰斗、岡潔博士があの世から操作している可能性もなくはない。

そんな想いを込めて私は、3月2日を一日年休とした。腰を据えてじっくり観戦するためである。さて、どの方法で観戦するかであるが、私は最初、囲碁将棋チャンネルの解説を観るつもりであった。以前たしかにそういう番組が組まれたことがある。ところが、番組表をみると、全くそうなっておらず、すると、あとは名人戦棋譜速報か、ニコ生か、AbemaTVということになる。名人戦棋譜速報は私にとってデフォールトなのであるが、棋士出演による音声での解説がないのがちょっと物足りない。

そこでニコ生を観てみた。すると、棋士が登場して解説するのかと思いきや、単に対局場の実況中継であり、失望してAbemaTVを観たら、これが当たりだった。複数の棋士が交代で解説するのだが、一番面白かったのは、佐々木勇気六段の解説で、空気読まないはずなのに実に解説が巧みである。なんというか、彼は本当に天才で、一瞬にして盤面から本質を見抜くようである。それをズバリと披露するので、将棋ファンは魅了される。新たなスターの誕生ではあるまいか。

さて、実際の対局の様子を記してみる。

まず、広瀬八段対豊島八段は、広瀬の先番で、豊島は横歩取りを選んだ。早めに△6二玉と、美濃囲いのようにする戦法で、素人目には序盤から豊島が一本とったかと思ったが、実は広瀬が周到に受けを用意しており、銀得からあっさり豊島を寄り切った。一番早い終了だった。今期の前半は豊島は鬼神のように強かったのに、後半になっていまいち元気がない。これで、広瀬も豊島も6勝4敗となって、プレーオフに望みをつないだ。

次に、久保九段対深浦九段は、久保の先番で、先手三間飛車になった。じっくりした棋風の深浦は左美濃風に構えたが、久保が桂馬を犠牲にしつつ、深浦を歩切れにして、優位に立った。ところが、深浦の腰の重い粘りに混沌としてきた。すると、深浦は桂得を活かして久保玉を上部から攻め、あとは端攻めをからめて、久保玉を討ち取った。久保を単独挑戦させない深浦の頑張りはとても嬉しかった。これで久保は6勝4敗で、プレーオフとなった。深浦は5勝5敗で残留を決めた。

稲葉八段対行方八段は、稲葉の先番で、相がかり模様だったが、行方が後手番で最近流行の雁木にした。稲葉は意欲的に棒銀で雁木を攻めた。稲葉ががっちり自玉を囲って、▲3四歩と取り込むと、陣形の薄い行方はそこから挽回できず、稲葉が押し切った。稲葉は6勝4敗で、プレーオフに連ねた。行方は、3勝7敗で降級が決定した。

佐藤康光九段対屋敷九段は、佐藤の先番で、得意の角交換力戦向飛車にした。ところが、屋敷の指し方が巧妙で、焦点を8筋ではなく4筋に移すと、佐藤の左側の駒があまり働かず、屋敷が作戦勝ちになったかと思えた。しかし、屋敷の陣形は延び切っていてあまり安定感がなく、佐藤が優勢を保っていた。佐藤は1筋からの端攻めを逆用して屋敷玉をあっさり寄せ切った。これで佐藤は6勝4敗で、プレーオフに進んだ。もともと降級が決定していた屋敷は2勝8敗で終わった。

さて、ある意味最も注目度の高い、渡辺棋王対三浦九段は、三浦の先手で、角換りの出だしだったが結果的に、先日の棋王戦第2局の永瀬対渡辺の将棋と似た戦型になった。どうも微妙に三浦が作戦勝ちで、渡辺が嫌でもマイナスの手を指さざるをえなくなった。難解な将棋だったが、結果的に序盤に三浦が9筋の歩を詰めて玉を広くしたことが活きた。最後は三浦が凌ぎ切って、勝ちに漕ぎつけた。

実は私は、将棋連盟の一番長い日を一種のお祭りと解釈して、夕食のとき、秘蔵の獺祭を飲むことにした。正月に飲んで以来なので、もう二合ほどしか残っていなかったが、とりあえずいい気分になれた。そうやってほろ酔い気分で渡辺対三浦を観戦していたら、緊張のあまり、吐きそうになってきた。それは決して酔いのせいではない。なぜなら、渡辺が投了した瞬間に気分がすっと楽になったからである。三浦は5勝5敗でぎりぎり残留し、深浦が久保に勝ったので、渡辺が降級となった。

こうして、2月に、棋友と、まあありえないけどこうなれば理想だよね、と話し合った、渡辺の降級、三浦の残留、六人プレーオフを含むパターンがすべて実現してしまった。これが実現する確率は、もしかして3%くらいであろうか。その確率は天文学的とはいえないけど、将棋の神様がかなり気張ったことは間違いなく、渡辺は三浦事件のツケを払わされたということだろう。永世七冠を作り出してしまった時点でツケは払い終わったかとおもったら、利子がついていて、まだそうではなかった、ということになる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4831

コメント(4)

| コメントする
user-pic

こんにちは。昨夜は藤井九段の解説まで聞き終わると、2時を回っていました。それでも随分興奮していたのかさほど眠気は感じませんでした。
三浦九段は朝日杯の負け方からして逆転されるのではと冷や冷やしていましたが、お見事でした。
95歩の突き越しが生きたと言うのがなんとも言えません。(笑)これで渡辺棋王はB1ですが、あとは棋王のタイトルを奪取しなければなりません。
引責辞任が相当な案件でした。総てが手元から無くなって思い知るべきです。お天道様は黙っちゃいない!!(^^)

user-pic

ねずげんたさん

> 引責辞任が相当な案件でした。総てが手元から無くなって思い知るべきです。お天道様は黙っちゃいない!!(^^)

そうですね。実は私は、結局お天道様なんていないんだ、と今まで何度失望したことか。やはりいらっしゃるんだと、思い直しているところです。

user-pic

公に謝罪をした渡辺棋王の贖罪は、ねずげんたさんの仰るように、棋王陥落をもって終了と思いますが
正式謝罪していない?久保王将の失冠も必要最低限の条件ですよね!?

user-pic

ぼんちゃん

> 正式謝罪していない?久保王将の失冠も必要最低限の条件ですよね!?

ええ、筋としては仰るとおりですが、なにしろ相手の豊島八段がお疲れのようで、いまいち期待できないのです。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年3月 3日 10:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「発達障害」です。

次のブログ記事は「宇宙膨張速度」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。