DeepZenGo

user-pic
0

DeepZenGoについては、囲碁電王戦第1局の頃から注目してきたが、その頃はまだ少し人間棋士の方が厚かった。

ところが、そこからわずか半年後、ワールド碁チャンピオンシップで、DeepZenGoは、日本の最強棋士、井山七冠に勝つという画期的偉業を達成した。といいつつ、そのときDeepZenGoは、中国のミ昱廷九段と、韓国の朴廷桓九段には負けた。囲碁電王戦でも趙治勲名誉名人に1勝2敗で負けているので、そのリベンジとして、囲碁電王戦FINALとして、この三人と戦うことになった。DeepZenGoプロジェクトは、一応の成果を上げたとしてこの春で終了することになったことの有終の美を飾るというのもある。その結果は、以下のとおりである。

第1局2018年3月24日(土)ミ昱廷九段(中国)[対局実績:第1回ワールド碁チャンピオンシップ]
第2局2018年4月1日(日)朴廷桓九段(韓国)[対局実績:第1回ワールド碁チャンピオンシップ]
第3局2018年4月7日(土)趙治勲名誉名人(日本)[対局実績:第2回囲碁電王戦]

全勝できなかったのは残念であるが、このメンバーに対して2勝1敗なら、まあまあであろう。

ところで私は、DeepZenGoの製品版である、天頂の囲碁7 Zenをもっている。これはもしかして、ワールド碁チャンピオンシップで井山七冠を破った版なのだろうか。もしかしてその一つ前の版かもしれないが、ともかくプロ棋士に匹敵する棋力であることは間違いない。

実は今の勤務先の上司は、囲碁がアマ六段で、コンピュータ囲碁も好きなので、天頂の囲碁7 Zenが発売になった直後に紹介したら、早速買ったようである。そこで、強さはどうですか、としばらくして聞いてみたら、いやあ三子でなかなか勝てない、と困っていた。上司はプロ棋士に三子の手合いなので、天頂の囲碁7 Zenはやはりプロレベルだと確信した。

私はというと、アマ七段という天頂の囲碁6 Zenになんとか三子で勝ち、二子で少し足りないというくらいまで肉薄したので、天頂の囲碁7 Zenには六子で打ってみた。すると、六子なら少し私が分がいいことが分かった。ところが、五子にすると、全く勝てない。勝てないといっても、中盤までは負けようがない絶対優位といつも感じるのだが、終盤で妖しくちょっかい出されて、少しずつ損していき、最後はいつも五目から十目くらい足りないというのが恒例で、それならと、序盤から積極的に攻勢をとってみると、反撃されて討ち死にするという有様で、五子でもしかして三十連敗以上していると思う。それなら正しくは六子の手合いのような気がするが、私は意地でも五子で打ち、年内になんとか十局に一局くらいは勝てるようになりたいと思っている。

一方、DeepZenGoの引退は残念だが、他にも有力囲碁ソフトは出てきているので、DeepZenGoのレガシーを引き継いで、一層の囲碁の深淵を極めてほしいと思う。もしそれから製品版として発売されるなら、買ってみたいものである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4874

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年4月14日 05:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「誘導された交際」です。

次のブログ記事は「名人戦第1局」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。