HEROZ

user-pic
0

数日前、新聞をみていたら、ポナンザの開発者の山本さんが参加している、HEROZという会社が、東証マザーズに上場したのだという。以下、改めて日経の記事を引用させて戴く。

人工知能(AI)開発のHEROZ(ヒーローズ)が20日、東証マザーズに上場した。投資家の期待は大きく、終日買い気配で初値はつかなかった。将棋ゲームで名高い同社は、NEC出身の2人が2009年に創業。メンバーには将棋有段者のエンジニアも多い。将棋AIの開発で培った技術や知見を惜しみなく産業応用に注ぎ込む。
「AIの可能性は無限大だ」。ヒーローズの林隆弘最高経営責任者(CEO)は、20日の上場セレモニー後の会見でこう語った。ヒーローズは、将棋ソフト「将棋ウォーズ」などで知られる。これまで実績を持つB2C(消費者向け)サービスに加え、B2B(産業向け)の事業の柱に据えて、AIを建設業や金融業などに活用する。

私は、ここまで読んで、目を瞠った。というのは、CEOの林隆弘さんといえば、私の知る限り、ガチのアマ強豪なのである。そんな将棋の本格強豪なのに、CEOが務まるなんて、なんというパワーなんだろう。

それにしても、将棋AIの開発で培った技術や知見を活用する、というのがいいよね。一将棋ファンとしてうれしくなる。

「僕らは血へどを吐くような実装をしているんですよね」。リードエンジニアの山本一成氏は笑う。東大将棋部出身の山本氏が開発した将棋AI「Ponanza(ポナンザ)」は、17年に名人に勝利した。

確かに、強い将棋AIの開発には、とてつもないハードウェア・リソースとアルゴリズムの工夫が必要であることをポナンザで言及した山本氏の著書を読んで知った。そのスキルとノウハウは、他の分野での問題解決にも役立ちそうである。

山本氏は、DeepZenGoの開発にも関与されているそうであるが、その開発が終了したことで、その開発グループもまた、何かソリューションビジネスを始めるのだろうか。それとも、アカデミックな世界に還るのだろうか。

ともかく、囲碁や将棋は、AIの威力を世間に見せつける最高のshow caseであったことは間違いない。

ただ、国立情報学研究所教授で東大合格を目指すAI「東ロボくん」の開発で有名な新井紀子氏によれば、自然言語が関与するとAIはかなり限界があって、シンギュラリティなんてありえないという。私は、解ける問題はすさまじく解き、そうでない問題は周囲をくるくる回って核心になかなか至らないのがAIだと思っているが、このあたり、ブレークスルーがあるのかどうか、行く末を眺めたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4884

コメント(2)

| コメントする

ブレイクスルーしたら行き着く先はトラジディですね。原子力がアンコントロールになつたのと一緒ですよ。人間のロジックの一部だけを拡大拡散する行為は自然の秩序を破壊します。

user-pic

山椒魚さん

> ブレイクスルーしたら行き着く先はトラジディですね。原子力がアンコントロールになつたのと一緒ですよ。

確かに、自動運転とか資産運用とか、AIは暴走しえますね。人間が関与しなければいけないのですが、難しいですね。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年4月24日 05:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「臨場」です。

次のブログ記事は「杜子春他」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。