名人戦第1局

user-pic
0

名人戦第1局が始まった。二年前と同じ、佐藤天彦対羽生の対戦となった。二年前と違うのは、羽生は二年前、明らかにAI関連の番組のホストに忙殺され、疲れというかあまり対局に打ち込める環境になかった。しかし、羽生は今、永世七冠と国民栄誉賞受賞のあと、比較的余裕で将棋に打ち込めており、プレーオフも余す感じだった。しかもこのタイトル戦は、羽生の100個目のタイトル戦勝利がかかっている。

一方の佐藤天彦は、二年前は飛ぶ鳥落とす勢いで名人に挑戦してきたが、最近の勝率は五割以下で、格下にも結構負けている。ただ、森内流で名人戦だけは全力を尽くすというパターンもあるので、分からない。

さて、将棋は二年前の名人戦第1局と同様に、羽生の先手で横歩取りの戦型となった。ただ、二年前と違うのは、下記の【図1】のように、天彦名人が激しく打って出たことである。

【図1】 22手目△8八角成まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角歩2



持ち駒:▲羽生竜王=歩3
この△8八角成は、以下、▲同銀に両取りに△4四角と打つ狙いであるが、羽生も気合では負けておらず、平気で▲2一飛成とやはり気合で応じた。しかし△8八角成では△2二銀が普通で、羽生の▲2一飛成でも、いったん▲2四飛であろう。しかし二人はこの将棋は安易な妥協を拒もうとしている。▲2一飛成以下は、△8八角成,▲9五角,△8九馬,▲8四角,△7八馬,▲8二歩と進んだ。まさに足を止めての殴り合いである。

【図2】 32手目△8三歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=金銀桂歩



持ち駒:▲羽生竜王=飛桂歩2
天彦名人の△8三歩はこの一手で、これで先手が攻めきれるのだろうか。ただ、▲8二歩のところでは▲2四桂もあったらしく、以下△4一金▲6六角△4二金寄▲1一角成△3三歩▲1二馬と進む。これも考慮に値したという。
△8三歩以下は、▲8一歩成,△8四歩,▲7一と,△同金,▲4八玉と進んだ。この▲4八玉は疑問でいったん▲4一銀とした方がいいという意見もあるが、妥当かどうか分からない。また、△8三歩に▲6六角と逃げるのは△6九銀と攻められる。△8三歩に▲9五角などという手はあるのだろうか。

【図3】 38手目△3八歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角金銀桂



持ち駒:▲羽生竜王=飛銀2桂2
さて、△3八歩がいかにも鋭そうな手であるが、ここは単に△1二角の方がよかったのかもしれない。△3八歩に対して羽生は▲同銀だが、ここは▲同玉もあった。▲同銀の後は、天彦名人は△1二角と指したが、△6八馬の方が優った。△1二角以下は、▲2六龍,△6七角成,▲6四歩,△2七歩と進んだが、△2七歩ではじっと△6四歩と取っておくところかもしれない。しかし、△2七歩を羽生は▲同銀と取ったが、いったん▲5八銀だったか。▲同銀以下は△6五桂となり、羽生玉が心細くなってきた。

【図4】 47手目▲3八玉まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=金銀歩



持ち駒:▲羽生竜王=飛銀2桂2歩3
ここで羽生の▲3八玉が大胆だが、大丈夫なのだろうか。普通は▲5八銀と入れるのではないだろうか。▲3八玉以下は△4九馬,▲同玉,△6七馬,▲5八桂,△5七桂成といよいよ羽生玉が危なくなってきたが、羽生は▲7五桂,△6二玉,▲6三歩,△5一玉となんとか反撃しようとする。

【図5】 59手目▲2四角まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=金2銀桂歩3



持ち駒:▲羽生竜王=飛銀歩3
▲2四角の王手が自陣を安全にする手で、△3三歩,▲5七角,△同馬,▲4八銀と進んだが、後手は△5九金,▲同玉,△6八金,▲4九玉,△5八金,▲3九玉,△4八金,▲2八玉と懸命にしがみつく。

【図6】 72手目△6一銀まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角銀桂歩2



持ち駒:▲羽生竜王=飛金桂歩3
先手の▲4八銀がいい手だったようで、後手は△6一銀といったん受けざるをえなくなった。なお、△6一銀でなく△6一歩だと、▲5二飛から詰んでしまう。△6一銀以下は、▲6二歩成,△同金,▲6三歩,△7二金となり、ここで先手は▲8一飛だが▲6四桂の方がよかったかもしれない。▲8一飛以下は、△7一桂,▲6二歩成,△同玉,▲6四桂,△6三歩,▲7二桂成,△同銀と進んだ。

【図7】 85手目▲8二飛成まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角銀桂歩3



持ち駒:▲羽生竜王=金2歩2
そこで羽生は▲8二飛成とし、これに対して名人は△8一銀打としたが、ここは△6一銀打の方がよかった。なぜなら羽生に▲5一金という手があったからである。▲5一金以下は、△同玉,▲7一龍,△6一桂,▲1八玉と進んだ。

【図8】 92手目△6二角まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=金歩3



持ち駒:▲羽生竜王=金桂歩2
この△6二角は悪手ではないか。なぜなら、▲5二歩,△同玉,▲8一龍で決まってしまったからである。なので、△6二角では△4七馬が正解で、これは一応、△2九馬,▲同玉,△2八歩,▲1八玉,△2九角,▲2八玉,△3八金打,▲同銀,△同角成,▲1八玉,△2九銀,▲同龍,△同馬,▲2七玉,△3八馬,▲2六玉,△2七飛,▲3五玉,△2三桂,▲4六玉,△3七飛成,▲5五玉,△5七龍,▲4五玉,△5六龍の詰めろになっているが、△4七馬には▲3六銀があって、なんとか先手が勝ちのようである。
ともかく本譜は▲8一龍に後手は△7五馬ととりあえず詰みを消したのだが。

【図9】 投了図 97手目▲7二龍まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=金桂歩4



持ち駒:▲羽生竜王=金銀2桂歩
▲7二龍で綾なしなので、天彦名人は投了した。なお、投了図で、後手が指すなら△7一金だが、▲6三龍と捨てるのがうまい手で、△同玉しかなく、そこで▲7五歩と馬を取っておけば、▲4一角と上からの攻めをみて、後手は受けがない。

それにしてもすさまじい将棋であった。後手の敗着が分からない。もしかして、敗着は86手目の△8一銀打で、ここは△6一銀打としておけば、▲5一金という決め手がなく、微妙に後手がよかったかもしれない。

以上、棋譜に含まれていたプロ棋士の解説と、激指14による解説をベースとして調べてみた次第。ただ、私なりにも考えてみたら、頭が痛くなった。

次の将棋は、流行形の不定の相掛かりだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4875

コメント(2)

| コメントする
user-pic

おはようございます。
解説を読んでなるほどとは思うものの、どうにも難解でさっぱりです。
初日など縁台将棋ばりの切った張ったの戦いにビックリでした。 
私自身はとても指してみたいとは思いませんが。(笑)
通算10期の名人位羽生竜王の奪取を期待しています。

user-pic

ねずげんたさん

> 解説を読んでなるほどとは思うものの、どうにも難解でさっぱりです。

今まで何度もタイトル戦の棋譜をみてきましたが、これほど一見縁台将棋ぽくて難解な将棋というのもほとんどないと思います。きっと両者、よほど気合がみなぎっているのでしょう。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年4月15日 05:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DeepZenGo」です。

次のブログ記事は「ハンナ・アーレント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。