依田九段のスカーミッシュ

user-pic
0

依田九段のブログは、更新の頻度は低いのだが、独特の骨のあるご意見が興味深くて、私は読むのを楽しみにしている。例えば、三浦九段の件の補足で言及した記事である。

ところが、2018年4月3日の依田九段のブログの記事のタイトルは、「まさかの文春砲」だった。

一昨日、文春の記者から取材を受けました。電話で聞いた時は僕の自伝「どん底名人」の取材かと思ったのですが会って話を聞いてみると、どん底名人に書かれていないことを聞きたいとのこと。僕も驚きましたね。まさかの文春砲です。
2点の疑問点について質問されました。しかし、これは軽々に言える話ではないと言ってその場で答えることは断りました。
「依田さんが何も言わないと依田さんにとって厳しい内容の記事になりますよ」と言われましたがともかく、記事を見てからでないと対応できないと答えました。

これだけ読んでも私は、なんのことだか分らなかったが、2018年4月12日のブログの記事「お金返して!」をみてびっくりした。

今日発売の週刊文春に原幸子が僕を告発する記事「お金返して!」が載りました。前回の当ブログでは記事に対しては僕の手記で説明すると書きましたが、文字数が7000文字以上とかなりの量であるし、弁護士と相談した結果、とりあえずは記事の事実と違う所などを説明するという方向になると思います。

そこで私が早速、コンビニで週刊文春の4月19日号を買ったところ、確かに「お金返して!」という記事があった。それは、依田九段の奥さんで女流囲碁棋士の原幸子四段が思い余って述べたことを文春が記事にした内容であった。

すなわち依田九段は、囲碁の一流棋士で、名人位などのタイトルを保持していた頃は年収が一億近いことがあったが、株で失敗してすっからかんになったという。借金もしたので、その返済や税金の支払いにも困ったという。

それで、マンションを売って返済に充てることにしたが、それで得たお金は弁護士が管理し、ローンを返済した残りから、子供の教育費の分を確保することになったという。ところが、原四段によれば、その残高は依田九段が私物化してしまったのだという。

既に二人は別居し、離婚訴訟が進行しているという。

これだけみたら、どうみても依田九段に一方的に非があるようであるが、依田九段はブログで次のように弁明されている。

そして僕は記者に2つの事を必ず記事に書くように申し入れました。
それは僕はやましいことはしていないということ。
そして記事の内容については必ず説明する用意がある。この2点です。

私は三浦事件で、週刊誌の記事の内容を鵜呑みにすることの怖さを知ったので、ともかく、ことの進展を静観しようと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4877

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年4月17日 05:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハンナ・アーレント」です。

次のブログ記事は「素数間距離」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。