発達障害

user-pic
0

成毛眞の「発達障害は最強の武器である」SB新書を読んで、発達障害という記事を書いたときは、その本の趣旨に沿って、発達障害をうまく利用すれば、社会で成功することもありえるんだと肯定的に考えたりしたが、それはあまりに一面的であるような気がして、発達障害そのものについてより専門的に書いたベストセラー本である、岩波明「発達障害」文春新書を読んでみた。

すると、岩波明氏が精神科医であるせいか、発達障害は気にしなくていい、みたいなニュアンスはなく、治癒すべきものとして記述されている。

この本で最初の章では、ASD(自閉症スペクトル障害)が記述される。ここにいわゆる自閉症のコミュニケーション障害が描かれるが、単なる内向性との区別が微妙だったりするので、わからない。ASDの一部にアスペルガーも含まれるというが、その違いもあまり明確に説明されない。

相当に内向的な私は、場合によりASDに該当するような気もするが、基本的にぎりぎりの社会性は保っており、サラリーマンもできているので、治療が必要なほどひどいとは思えないのだが、ストレスが強いとどうなんだろう。

ともかく、ASDは遺伝的な要因が大きいというのだが、確かに私の母はちょっと鬱っぽいところもあった。しかし程度問題のような気もする。

あと、ASDの治療にはオキシトシンが使用されるというのだが、それはまさにシャーデンフロイデを司る脳内物質なので、そうなんだ、と改めて感心した。

ASDと並んで二大発達障害のもう一つはADHDで、私はどちらかというとASDというよりもADHDなのかも、と思ったりするのだが、この章を読めば読むほど、ASDとADHDの違いが分からなくなって却って混乱してきた。

そういう混乱しているときになにか救いと感じたのは、次の映像記憶、共感覚、学習障害の章である。というのは、ああっ、これってまさに知的卓越のことではないかと思ったからである。すなわち、映像記憶というのは見たままを映像のように記憶することであり、これはまさに将棋(そして囲碁も該当するだろう)を強くなるための必要条件なので、すばらしい能力だと感じた。しかし岩波氏は決してそう手放しでは褒めない。その逆の欠点も知っているからだろう。

共感覚というのは例えば、音楽を聴いて色が見えるみたいな能力であり、それもすばらしいのだはないのか。これって、すぐれた音楽家の必要条件ではないのか。もしかして小説家も文章と色を結び付けるのだろうか。それとも文章と音が結びつくのか。それは名文家の条件なのかと問うのだが、この本は一切応えてくれない。

あと、よく分からないのは学習障害のところでサヴァン症候群が出てくることで、これって分厚い本を一気に記憶したり、すごい算数計算を暗算でしたりと私には感心すること頻りなのだが、それも他にマイナスが出るのだろうか。それにしてもこの本に20桁の数が素数かどうか見ただけで一瞬で判断できるとあるのだが、それいくらなんでも嘘だろうと思った。だって、そのためには10桁までの5000万個までの素数で割ってみなくてはいけなかったりして、コンピュータを使ってもどうみても数分はかかる。まあでも、ラマヌジャンの超絶数式をみたら、ラマヌジャンもサヴァン症候群だよね、だから20桁の数の素数性の判定なんてありえるよね、といろいろ考えたりするのだった。

その後の章は、発達障害と犯罪者の勘連について述べるもので、いよいよ分からない。ただ、犯罪の原因は発達障害だけでなく、他の精神病、人格障害、サイコパス、ソシオパスなどもありえるので、どうも議論についていけなかった。

あと、発達障害も薬物療法、グループ療法をするというので、いろいろな意味で普通の精神病と同じでは、ということになるのだった。ううん、いよいよ発達障害のことが分からない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4879

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年4月19日 05:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「素数間距離」です。

次のブログ記事は「カラーリング・スキームの続き」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。