名人戦第2局

user-pic
0

名人戦第1局が終わって、まだ一週間ほどしか経っていないのに、もう名人戦第2局が始まった。第1局は、泥沼のような将棋を最後は羽生が抜け出して勝ったが、第2局はどうなるだろうか。

みていると、天彦名人が先手番で角換り模様となり、羽生は後手番で早繰り銀作戦を採った。これは、例えば渡辺棋王対永瀬七段の棋王戦第5局と類型だと思った。すると。私の理解では、後手番があまり幸せになれない戦型なのであり、そこは羽生竜王、独自の工夫があるのか。例によって34手目△7四銀まで一気に進める。

【図1】 34手目△7四銀まで
持ち駒:△羽生竜王=角歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩
ここまでの局面は、私の素人判断では後手が少し味がいいというものである。玉の安定度で優る。しかし、今更考えると、すでに先手が良くなる変化が多いようである。△7四銀以下は、天彦名人は▲1六歩と指した。プロ的な含みをもたせた手だが、激指しは、いきなり▲5五角を推す。すると△8二角とうけるしかなく、まあこれも一局か。あるいは▲7七桂もあろう。▲1六歩に対して羽生は、△7三角と応じた。これが封じ手だった。これが悪いとは思えないが、角を手持ちにして単に△3一玉、△5二金、△6二金、のどれかも候補であった。△7三角以下は、▲4八金,△4六角,▲3七桂,△6四歩,▲同歩,△同角,▲7七桂,△6二飛,▲6五歩,△8二角と進んだ。

【図2】 47手目▲3五歩まで
持ち駒:△羽生竜王=歩3



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩
ここで▲3五歩が天彦名人の積極的な手で、私はなんとなく羽生側が少し苦しいのではと思った。角のにらみで玉頭が攻められているからである。▲3五歩以下は、△7五歩,▲6七銀左,△3五歩,▲2六飛,△5二金,▲3四歩,△4四銀,▲2四歩,△同歩,▲同飛,△2三歩,▲2六飛と進んだ。次に▲4五歩が見えているので、羽生は動かなくてはならない。どうするか。

【図3】 60手目△6四歩まで
持ち駒:△羽生竜王=歩2



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩
果たして羽生は△6四歩だった。△6四歩以下は、▲同歩,△6五歩,▲3三歩成,△同金,▲4四角,△同歩と進んだ。

【図4】 67手目▲2二歩まで
持ち駒:△羽生竜王=角歩2



持ち駒:▲佐藤天彦名人=銀歩
しかし、▲2二歩となっては、はっきり先手がよさそうである。してみると、前図で▲3三歩成には△同銀だったか。それでも▲同角成とされて、これを△同玉と取るよりないようではやはり先手がいい。▲2二歩以下は、△6六歩,▲同銀,△7六歩,▲6五桂,△7三桂,▲3四歩,△3二金,▲2一歩成,△6五桂と進んだ。

【図5】 77手目▲3一とまで
持ち駒:△羽生竜王=角桂歩2



持ち駒:▲佐藤天彦名人=銀桂歩
ここで▲3一とが安易に後手玉を逃がさない好手だった。▲3一と以下は、△同玉,▲3三銀,△3六桂,▲3二銀成,△同玉,▲3三金,△4一玉,▲2三飛成,△4八桂成,▲同玉となった。いよいよ後手玉が風前の灯火である。

【図6】 88手目△3一金まで
持ち駒:△羽生竜王=角銀歩3



持ち駒:▲佐藤天彦名人=桂2歩2
羽生は△3一金と堪えたが、すでに粘りが利かないかたちである。▲4三桂,△同金,▲同金,△6四角,▲6三歩,△同銀,▲3三歩成,△5一玉,▲5五桂,△同角,▲同銀直,△3六桂,▲5八玉,△7七歩成と進行した。

【図7】 投了図 103手目▲9五角まで
持ち駒:△羽生竜王=角銀桂歩5



持ち駒:▲佐藤天彦名人=金歩
そして▲9五角が、▲4二と以下の分かりやすい追い詰めで、受けても一手一手で先手は全く詰まないので、羽生が投了した。

で、羽生の敗着はどれかというと、具体的にどれというよりも、基本的に作戦負けであろう。面白いのは、名人戦第1局のような激しい将棋を激指しに解析させるとときどき、もしかしてプロ棋士も顔負けのような鋭い指摘をするのだが、こういう作戦負け系の将棋だとまったく意味があるコメントができない。こういうのはAIにとってもなかなかチャレンジであろうと思われる。

さて第3局は、また天彦名人が横歩取りだろうか。それとも羽生竜王が魑魅魍魎の不定性に誘い込むか、興味津々である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4881

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年4月21日 08:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カラーリング・スキームの続き」です。

次のブログ記事は「綾なし美人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。