綾なし美人

user-pic
0

「綾なし」という言い方は、世間一般、ほとんど使わない。私は将棋仲間とはよく使う。そして、そこにたまたま居合わせた非関係者も、「綾なし」の意味を瞬時に察知する。すなわち、「綾なし」とは絶望的にどうしようもない、という意味である。将棋で綾なしというのは、まず勝ち目がないということである。

それはヤバいという形容詞と似ているかもしれない。ところが、ヤバいという形容詞はいつの間にか、肯定的な意味にも使われるようになった。それであるとき、私が場末の酒場に知り合いといったとき、アルバイトの若い女性がいた。えっ、美人じゃんと思ったが、私はシャイなので黙っていた。ところがある程度酔ってくると私は、その女性に、君ヤバいよね、とささやいた。すると、女性はものすごく照れて絶句した。私のいう意味を正しく理解してくれたようで安堵した。

英語でも、すばらしいということをterrificというが、これももともとはネガティブな意味ではなかったろうか。しかし、ネガティブな意味は次第にterribleが担うようになったので、次第にterrificにネガティブなニュアンスはなくなったのではないだろうか。

そこで私は、「綾なし」にもポジティブな意味を付与するようにした。去年、NHKの大河ドラマの「女城主直虎」を観ていたとき、なんだこの綾なしの女性は、と驚いたのは、瀬名役の女性で、調べてみたら菜々緒という女優だった。なんか美人度が卓越していて、周囲を圧倒するはずが、その悲劇的な運命とあいまって、嫌がおうでも脇に追いやられてしまう。これこそが綾なし美人の美学である。

またあるとき、私は通勤の中央線の電車の中で、幻惑されそうな錯覚を覚えた。それは電車内映像で放送されていた河北麻友子で、ううん、ここにも綾なし美人がいたか、長生きしてよかった、と嘆息した。でもなぜか綾なし美人はなかなかブレークしない。ある意味完璧すきるのだろう。

さらにである、ぶらぶら美術館というテレビ番組を観ていたとき、あれっと思った。それは、レギュラーでやたら美人の女性がいるのに妙に影が薄い。調べてみたら高橋マリ子という人だった。ううん、まさにこの人も綾なし美人かと私は遠くを見つめる目になった。

そういえば、綾なし美人のはずなのに、うまく自発的対称性の破れを取り込んだのが、西郷どんの篤姫役の北川景子。なぜか最早綾なし美人ではないが、その分ある種の慣性質量を纏って、ブレークしている。

一方で、最初から綾なし美人でなく一歩引いた美人であるところから出発して成功しているのが、ブラタモリの近江友里恵アナである。折角いいキャラでタモリと合っていると思ったら、もう降りたのだという。残念。似たようなキャラで、Mステの弘中綾香がいる。なんなとなく近江友里恵と似ていて、いかにも親タモリなのであった。ようするに、自発的対称性の破れを経なくても、きちんと存在感を発揮できる。

そういえば、最近ブラタモリを見ていたら、近江友里恵アナの後継は林田理沙アナというで、タモリの相方としては、やや綾なし度が高めだと思った。しかも、東京芸大大学院音楽研究科卒の才媛だという。

でも、綾なし美人ってなに、と自問してみた。私を理解する人は、私の命題を通り抜け、それがただちにナンセンスだと気づく。でも、語りえぬものをつい、語りたくなるんだよね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4882

コメント(3)

| コメントする
user-pic

う~む、親近感が湧きます。(笑)

user-pic

ねずげんたさん

> う~む、親近感が湧きます。(笑)

ご理解いただき、ありがとうございます(笑)

user-pic

自己レスであるが、さっきNHKの囲碁番組をみていて、台湾代表の女流囲碁棋士、黒嘉嘉が綾なし美人であることを知った。なんでも、父親がオーストラリア人で、母親が台湾人らしい。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年4月22日 06:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「名人戦第2局」です。

次のブログ記事は「臨場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。