臨場

user-pic
0

少し前にテレビ番組で、検視官が主人公のものがあった。その番組の最後に原作・横山秀夫とあったので、横山秀夫の小説はかなり読んだはずの私は、どの小説かなと考えたが、思い当たらなかった。

それから少し経って、古書店で、横山秀夫の「臨場」光文社文庫を見かけて、倉石という検視官が活躍する小説だというので、おっ、これだなと迷わず買って読み始めることにした。

「臨場」は短編集で、「赤い名刺」、「眼前の密室」、「鉢植えの女」、「餞」、「声」、「真夜中の調書」、「黒星」、「十七年蝉」の八篇からなる。

どの小説も主人公は、カリスマ検視官の倉石であるが、登場の濃淡は微妙に違う。検視官の主要な役割の一つに、自殺か事故か殺人かの認定があるが、倉石がその認定で何百連勝かしていて無敗である点である。もちろんそれを達成するために倉石は全人生を現場で死体を綿密に調べ、その周囲の状況を精査するために懸けている。

そんな倉石から検視スキルを学ぼうと、倉石詣でをする警官が引きも切らない。その信奉者の多さは倉石学校といわれるほどで、倉石は校長とも呼ばれる。だが、仕事に没入する余り、倉石は妻とは離婚し、酒に溺れ、生活は乱れ、健康状態はがたがたである。それで鬼気迫る風貌でまるでヤクザと見まがうほどであるが、身の回りを世話をする女には事欠かない。

しかし倉石は、自らの検視官としてのプライドが強すぎるあまり、警察内の序列など屁のツッパリにもならないと馬鹿にしており、刑事部長にもため口をきくほどである。なので、倉石を左遷させろという声がいつも響いているが、その抜群の実績ゆえに所属組織は左遷を躊躇っているというのが現状だったりする。

さて、個別の小説について簡単に触れてみる。

「赤い名刺」は、明らかに若い女の自殺と思われる現場に、倉石の直の部下の一ノ瀬が臨んだ話。一ノ瀬はあっさり自殺で済ませて終わろうと思って、現場で唖然とした。なんと一ノ瀬が不倫関係にあった女で、身元が調べられると自分にも聞き込みが及ぶだろうと絶望的な気持ちになった。そもそも、女には自分の名刺も渡している。そこに知らない間に倉石が来ていた。一ノ瀬は必死の覚悟で倉石に告白すると意外な人物が浮かび上がった。

「眼前の密室」は、県民新聞の記者の相崎が、会社の先輩の甲斐の妻、智子を借りて、警察の担当者の自宅に張り込み取材することから始まる話である。妻を借りるというのは穏やかでないが、要するに偽装カップルとなって周囲の目を欺くためである。警察の担当者から、最近起きた老婆殺しの事件の情報を聞き込むためである。ところがなんと、相崎の目の前で別の殺人が起こり、その犯人を知って相崎が愕然とする話である。

「鉢植えの女」は、明らかに男女の心中と思われる現場に一之瀬が臨むことから始まる。一之瀬は調べていくうちに、それがダブル不倫の関係で、男が女との関係を打ち切りたくて、女が無理心中を仕掛けたとみて取った。後からやってきた倉石にそれを報告すると、何をみているんだと怒鳴られた。一之瀬は実は上司の高嶋課長から警察庁への栄転を示唆されていたのである。それを察知されたかと懸念した。一方、別の死亡案件が起き、そこに倉石が行ってみると、倉石を嫌う上司の高嶋課長がきていて、これは自殺以外ではない、お前の力を借りるまでもないと罵倒する。それを出し抜く倉石。一之瀬はどうする。

「餞」は、刑事部長の退職を前にして、倉石が採った最高の配慮、すなわち餞の話。すなわち、刑事部長は、毎年届いていた差出人不明の葉書が途絶えたことを怪訝に思いつつ、まあいいかと諦めるついでにそのことを倉石に話した。それに応じて倉石が採った、手の込んだ餞。

「声」は、この短編の中で私が一番気に入っている小説。斎田梨緒という短大生は、とくに美人でも優秀でもない平凡な女だったが、不思議に男好きするところがあった。そんな梨緒は不幸な過去の出来事に深いトラウマがあった。そして、ある男に酷い目に遭わされたことをきっかけに一転して猛勉強して司法試験にチャレンジし、見事合格し、司法修習の一環として、ある地方検察庁で研修を受けたとき、女好きな検察官から受けたひどいセクハラにトラウマが蠢いたという話。倉石はどう関与するのか。

「真夜中の調書」は、親子関係の認定の誤解から人生が狂った男の話。ある殺人事件をきっかけ倉石がその事実を糺した。

「黒星」は、ある人物を庇うため、倉石があえて警察生活唯一の黒星を負うという話。なんという壮大で深い倉石の思いやりなのか。

「十七年蝉」は、倉石が、なんと十七年という素数周期である事件の背景を追い、関係者を探すという話。その話を聞かされた、ある警察官は、倉石から聞かされた話に号泣する。

以上のような話で、カリスマ検察官が主人公とはいえ、検視一辺倒ではなくバラエティがあり、十分楽しめた。これは横山秀夫の短編の一つの完成形ではないだろうか。

ところで、「十七年蝉」で倉石はやせ細り、骸骨のようになっているので、もう長くないらしい。すると、この主人公での続編はないということになりそうである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4883

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年4月23日 05:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「綾なし美人」です。

次のブログ記事は「HEROZ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。