杜子春他

user-pic
0

新潮文庫の蜘蛛の糸には、他には「犬と笛」、「蜜柑」、「魔術」、「杜子春」、「アグリの神」、「トロッコ」、「仙人」、「猿蟹合戦」、「白」が収められているので読んでみた。順次コメントしてみる。

「犬と笛」は、髪長彦という笛が上手な木樵が笛を吹いていると、大男があらわれて、そのすばらしい笛の音のお礼に何かお礼をやると言われたので、犬がほしいというと、男は、臭いを嗅ぐことで超能力をもつ白犬を木樵につかわした、ということから話が始まった。大男は足一つの山の神だった。

そしたらしばらくして、別の足一つの山の神が、飛ぶことで超能力をもつ黒犬を木樵につかわした。

さらにしばらくして、別の足一つの山の神が、噛むむことで超能力をもつ斑犬を木樵につかわした。

それから髪長彦が三匹の犬を連れて歩いていると、ある侍たちから、鬼神にさらわれたお姫様を救い出してほしいと依頼された。そこで、髪長彦は三匹の犬の能力を駆使してお姫様を救い出したはいいが、今度は侍たちの奸計に遭って、犬たちと功を奪われてしまった。ところが助け出されたお姫様の証言で、髪長彦の手柄が認められ、髪長彦はお姫様のひとつと結婚して楽しく暮らしたというストーリーなのだが、読み終えて、ええっ芥川がこんな勧善懲悪みたいな子供向けの童話を書くのかと意外だった。まあしかし、超能力犬と、一見悪者ではないお侍たちが裏切るというあたりが多少捻りが入っているのかな、と思ったりした。

次の「蜜柑」は、作者が汽車に乗っていて、貧しいなりをした少女が、汽車の煙が入ってくるのにも拘わらず、無理やり窓を開けようとするのに閉口していると、しばらくしてその意図を知った作者が一瞬倦怠を忘れることができた、というストーリーで、知り合いはこのストーリーに感動した、というのは分かる。分かるのだが、私はつい哀しい過去を思い出してしまった。すなわち、貧しくてほとんど欲しいものも買ってもえなかった幼児時代。汽車に乗って結核療養所に入られて、三歳にして親から隔離されたこと。そして蜜柑はなによりも、出身の島の象徴的な果物なのだった。そんな個人的な体験を持ち出しては仕方ないのだが、しかし、個人的な体験を離れて文学もないのだろう。

「魔術」はたしか、中学の国語の時間で読んだような気がする。主人公が魔術を習おうとして結局、ミスラ君に意図を見透かされたという落ちが当時爽快で、それはいまもあまり変わらない。それにしてもミスラ君というのは、ミスラ教から由来しているのだろうか。だとしても、ミスラ、あるいはミトラは、そのヴァルナと対をなすヒンズー教の神なのだから、インド人のミスラ君というのも辻褄があう。

「杜子春」は、小学校のとき学芸会で演じたような気がする。いまもそうだが、当時も目立たない存在だった私は、確か立木の役で棒を支えていただけのような気がする。セリフがないのを母は残念がっていたが、私は覚えなくていいのが単純にうれしかった。ストーリーは要するに、裕福だったのに財産を使い果たしてしまった杜子春が折角仙人の示唆でリッチになるのにその度に自業自得で身を持ち崩してしまうというものだったが、そんな奴に救済なんていらないだろうというのが、田舎の子供も私の価値観だった。ところが仙人はさらにチャンスを与える、すこぶるの試練つきで。なんとか仙人の試練を克服した杜子春で、子供のときはそこから杜子春が真人間になったとおもった私だが、さて実際のところはどうなんだろう。と少しだけ余計に考えるのが、その後50年くらい生きた私の人生経験だった。ううん、人生はその程度か。

他の小説はまた別稿とする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4885

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年4月25日 05:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「HEROZ」です。

次のブログ記事は「プログラム実行時間の計測」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。