崖っぷち

user-pic
0

崖っぷちというのは、例えば具体的には東尋坊の絶壁を前にして佇んで、暗い顔で海を見ているという状況もそうなのかもしれないが、ここでの私の意図は、自分を敢えて後のない状況に追い込むことを言おうとしている。

崖っぷちという言葉で私が真っ先に思い出すのは、お名前は忘れたが、結婚して子供が生まれたのに、歌で食べていくことを宣言して、正社員にならないことを宣言している男性である。奥さんはどこかの正社員らしい。それで奥さんは納得なのかと傍からみていて思うのだが、夫婦で納得しているなら、他人がどうこう言うことでもない。

明らかに一時的、あるいは長い間に亘って生活が困窮する可能性がある崖っぷちという状況を、なぜ敢えてつくるかというと、その理由は明らかで、正社員になると土日を除くほとんど毎日、朝9時から夕方5時まで時間を仕事に占有されてしまう。すると、歌を練習する時間が十分とれないというからだろう。

ただ、目指すものが弁護士のような確たる資格ならいいが(最近は、確たるともいえなくなってきている)、世間に歌がうまい人というのはひしめいており、歌手としてデビューするのさえ極めて大変で、かりに運よくデビューできても、売れる人はごく一部である。すると、歌手になるために自らを崖っぷちに追い込むのは相当にリスキーである。ただ、そういうぎりぎりの生き方というのはカッコいいという見方もあり、わからないでもない。

というのは、私が極端にリスクを嫌う人間だからである。自分でも情けないと思うほどである。その理由の一つは、特に私が出身の島で、きちんとした仕事につかず、道楽のような生き方の人をすることが極めて軽蔑されていたからで、私はそういう生き方だけはやるまいと誓っていた。もし運悪く食うに困るようになるなら、絶対に結婚すまいと思っていた。

あと、若い頃読んだ、渡部昇一氏の著書の影響もある。すなわち、その著書によれば、何か一生かけてやりたいことがあるとしても、まず生活を安定させないと、結局生活に追われて一生が終わってしまうから、好きなことでなくてもコンスタントな収入につながることが必要だと説く。それは私に大きな影響を与え、要するにサラリーマンを堅持する決心をした。

もう一方で、天才を育てた女房でみたような岡潔の生き方をみると、私には才能と情熱の両方が決定的に欠けていたんだと思う。くすぶりの生活も、駆け落ちのような生活も憧れたけど、やっぱり自分には無理かな。とても魅力的な女性があらわれて、矢切の渡しのように、連れて逃げてよと言われたら、一緒に逃げただろうか。そうなったら相当悩んだかもしれないが、そういう人が現れなくてよかった、と今なら言える。

あと、私は数楽者として細々と大学初年級の数学を勉強しているだけだが、ドワンゴで書いた記事をみていて、私は唖然とした。その箇所を下記に引用する。

会社を辞めてしまった人からは、リーマン予想の理解の準備のため、複素解析、ベルヌーイ多項式、ゼータ関数を学んでいるという。なんか、リーマン予想に入れ込んで会社を辞めてしまったという人の行く末が不安になってきた。

私は、いくらなんでも、と思った。リーマン予想は、プロの数学者でも一様に敬遠する。そのことを学会で話したら、まともに相手にされないことがあると、確か黒川重信氏も仰っていた。ましてや、一介のアマチュアが仕事を辞めて勉強してもどうなるものではない。といいつつ、最近も私は、リーマン予想を老後の楽しみに勉強しているのだが、あくまでも暇つぶしである。

最後に、最近、それでいいのだと思うことがあった。それは、カラオケバトルで以前、大分の演歌の星で歌うま高校生の元永航太さんが先日出場していて、自分はプロは目指さず、事務員になるのだという。いまは高校を卒業して社会人である。私はなんか清々しいものを感じて、元永君、君の演歌は最高だよ、今後も応援するよ、とエールを送った。私の知る大分人はみな、素朴で力強くて、頼もしい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4889

コメント(2)

| コメントする
user-pic

おはようございます。同じ大分人として大変嬉しく思います。(笑)

user-pic

ねずげんたさん

おおっ、大分出身でいらっしゃいましたか。それは実にうれしいことです。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年4月29日 05:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メモリ・リソース」です。

次のブログ記事は「Shinzo Abe」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。