Shinzo Abe

user-pic
0

先日、何かのウェブニュースの見出しで、安倍首相がTIMEのTHE 100 MOST INFLUENTIAL PEOPLEに選ばれた、という記事をみた。それから少しして、その当該のTIMEが届いた。

で、早速安倍首相に関する記事をみてみたら、オーストラリアの首相、Malcolm Turnbullが書いたものだった。

それは、安倍首相を復興者(revivalist)として捉えるもので、日本経済を復興し、成長させたと讃えるものだった。また、安倍首相は不屈で実際的で、われわれの地域の繁栄と安全保障が、ルールに基づく国際秩序の維持と発展にかかっていると認識している、とする。

最近の森友・加計問題で、安倍首相の人気は下がるばかりであるが、私は確かに安倍首相は一時は落ち目になった日本国を活気づけたと認識しているので、Turnbull首相がこのように安倍首相を評価しているのが嬉しかった。

ただ、Turnbull首相は、安倍首相がTPP-11をまとめるために尽力したことを大変評価しているが、TPP亡国論などを通じてどうもTPPに抵抗がある私は、当時からTPPの内容と役割は変わったのだろうか、と戸惑いながら様子を探る次第である。

ともかく、もしかして安倍首相は早晩降ろされる流れなのかもしれないが、誰が後任の首相に就くにせよ、安倍首相と同等程度に柔軟性と実行力を発揮するのはなかなか大変なのではと思ってしまう。私は買いかぶっているのだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4890

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年4月30日 05:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「崖っぷち」です。

次のブログ記事は「向島の事件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。