2018年5月アーカイブ

私は日本史の知識がナイーブで、おそらくちょっと物知りの小学生にも負けるだろう。例えば、日本史ではないが、ほとんど国民の常識の一部になっている三国志のストーリーにも私はおそろしく無知で、最近、狩野直禎著、「三国志」の知恵、講談社現代新書を眺めている次第である。

そんな私なので、本郷和人著「日本史のツボ」文春新書を書籍広告で見かけたとき、この本は私の知識の飢えを満たしてくれそうな気がして、散歩がてら立ち寄った近所の文教堂で買って、早速読み始めた。するとまさに私の期待に応えてくれる本だった。

「日本史のツボ」の特徴は、日本史を、「天皇」、「宗教」、「土地」、「軍事」、「地域」、「女性」、「経済」の七つの章に分ける。これをみて私は、おおっ、と叫んだ。というのは、特許サーチャーとして技術動向調査を依頼されたとき私は、依頼者に相談して、複数の検索軸を決める。一旦検索軸が決まると、個々の特許がその検索軸に該当するかどうかの1ビットのフラグを立てる。

なので私は、本郷氏が、日本史を説明するために選んだ七つの「検索軸」をなるほど、と思った。尤も、日本史初心者の私はこの検索軸が妥当かどうか判断する能力をもたない。単に、「少し遅れて」歩くだけである。

「天皇」では、天皇がまず、有力豪族の王として現れたことが示される。要するに最初は、天皇のいえども一介の有力豪族であったにすぎず、その有力豪族を天皇へと押し上げたものは、唐や朝鮮などからの外圧であった。すなわち一致団結して、外圧に当たるということである。

そのような段階では、天皇といえども武張っており、壬申の乱などの激しい権力闘争も繰り広げられた。また、遣唐使が送られ、律令など大陸の制度が導入された。ところが安史の乱などにより唐の力が衰退すると、遣唐使が廃止され、天皇家を巡る緊張も弛緩してきた。律令による土地の国有化は功を奏さず、私有地たる荘園が増えてきた。すると荘園を警護する者としての武士が台頭してきた。

天皇家はというと、和歌や文学などの国風文化に傾倒していった。古事記や日本書紀が編纂され、その一方で平氏や源氏が力をつけ、後白河上皇などが権力を奪回しようと試みたが、すべて退けられた。

源平の戦いに勝利した源頼朝による鎌倉幕府の成立により、完全に武士は朝廷から独立した。

その鎌倉幕府も、その後の金銭経済の流れにより崩壊し、南北朝の動乱が起きると、これを制した足利尊氏は、金銭経済を背景に、鎌倉でなく京都を本拠地として室町幕府をつくった。

その後、朝廷の権力はいよいよ衰退し、官位を認定する権門体制だけが朝廷に残った。

室町幕府から徳川幕府になると、いよいよ朝廷の権威は形骸化したが、徳川幕府が奨励した儒学の思想そのものに天皇回帰の部分があり、それが水戸学など、幕末の尊王攘夷につながった。明治維新により、天皇家が権力の座に就いた。

「宗教」では、日本特有として多神教と、世襲という二つの特徴がある。そのことは、神道だけでなく、仏教が取り入りられても同じだった。世襲ということは、安定且つまったり、ということである。仏教は大陸文化導入の一環で肝要であった。しかし、仏教は日本式に改変され、巧妙に世襲が仏教に組み込まれた。そして、奈良仏教も平安仏教も次第に形骸化していった。

そこで現れたのが鎌倉仏教、具体的には法然である。法然は仏教を易行化することで、武士にも仏教を広めた。法然の弟子の親鸞の浄土真宗は、さらに先鋭化して一向宗として、戦国武将をも恐れた。それはまるで、阿弥陀如来の一神教のようだった。なので、織田信長は、一向宗を徹底的に弾圧した。

さて、朝廷にあって、一般的に神官よりも僧侶の方が地位が上だったが、徳川幕府になって儒教の方が仏教よりも優勢になった。そして、明治維新になって廃仏毀釈で仏教は一気に勢力を弱めた。

「土地」では、古代は律令に基づく土地管理制度があったといわれているが、それはあくまでも建前で、公地公民も非現実だった。そこで現実的には私有地の荘園が増えていった。特に寄進地系荘園では、守ってもらう代わりに年貢を納めるという制度があった。しかし、年貢を納めたくないので、武装して自力救済をする者が増えた。これが武士の起こりである。

武士が源頼朝に期待したことは、新恩の給与と本領の安堵である。また、源頼朝は、所務沙汰、すなわち土地関係の判定の体系として御成敗式目を定めた。しかしその後、土地ベースよりもむしろ金銭経済に移行し、なので後の室町幕府は、鎌倉でなく金銭経経済の中心、京都に置かれた。それでも、室町幕府は職の体系としての天皇を必要としたが、戦国大名は、一層天皇に依存しない体制を築いた。

「軍事」は、日本史において極めて重要な概念で、戦略、戦術、兵站に留意する必要がある。さらに、勝つためには、経済力 + 情報力 + 大義名分が必要である。兵站については豊臣秀吉が巧みで、徳川家康もそれを学んだ。

「地域」に関しては、中世の頃は博多から瀬戸内海をへて京都までが日本であった。東は夷狄であった。なので関所は関東にしかなかった。また、武士は田舎ベースで自力救済のタイプと、皇族の警護のタイプがあった。

「女性」に関しては、古代は女性天皇がおり、他にも北条政子や、室町幕府の日野富子などがいて、妻の実家の家格が重要だったが、戦国時代を経て、世間が安定してくると、女性が出張る余地が少なくなってきた。

「経済」では、平安後期、地方から吸い上げられた富を蕩尽する存在としての上皇が言及される。その時期、時流に乗ったのが平清盛だった。清盛は太宰府を掌握して莫大な財産を稼いだが、源頼朝は商業よりも農業を重んじ、倹約を説いた。しかしそれでは金銭経済に対応できない。それで後の足利尊氏は京都に拠点を移した。

しかし、応仁の乱で経済の中心としての京都が疲弊すると、経済の拠点は地方に広がった。甲斐の武田信玄や、九州の大友宗麟などである。しかし、彼らはあくまでも地方経営だったが、織田信長は、全国規模の経済流通を構想した。信長の継承者である豊臣秀吉はさらにその経済政策を推し進めた。ところが徳川幕府になって、金銭経済から米本位の経済となった。

以上、粗くまとめてみたが、どれだけ身についているかまったく自信がない。まあ、ぼちぼち勉強するとする。

読売新聞をみていて、ええっ、と目を瞠る記事があった。それは、正義のハッカー女子と題する記事である。

正義のハッカー女子とは誰の事かというと、武蔵野市にあるNTTセキュアプラットフォーム研究所の中島明日香さん。コンピュータ・システムの脆弱性を見出す、ホワイト・ハッカーという役割の仕事をしているという。

中島さんは高校時代はIT音痴だったという。でも、無類の読書好きで、ネットで読んだ、女性プログラマー七瀬晶さんのProject Sevenという本に影響を受けたという。

父親の仕事の関係でニューヨークにいた時期があり、帰国して慶応大の環境情報学部で真剣にコンピュータを学んだ。まだ二十代後半なのに、講談社ブルーバックスで、「サイバー攻撃」という著書もあるという。これは知らなかったので、早速注文した。

NTTは、日本でコンピュータセキュリティの研究のメッカのような場所で、それは一つには、暗号理論の大家、岡本龍明博士がいらっしゃるからだろう。NTTセキュアプラットフォーム研究所も、いわゆるセキュリティのグループと、暗号のグループの二つに分かれるはずである。

日本にはもちろんNTT以外にもコンピュータ・セキュリティを研究している会社は沢山あるが、中島明日香さんの著書以外にも主だったコンピュータ・セキュリティの専門書の著者はたいていNTT所属の人が著者だったりする。例えば、私の愛読書の一つの「コンピュータネットワークセキュリティ」八木・秋山・村山著、コロナ社もそうである。

私は実は仕事の関係でときどき、NTTの武蔵野の研究所を訪れるので、たまたま中島さんにお会いできれば幸いなのだが、そもそもホワイト・ハッカーという人々と気軽に会えると思ったら大間違いで、マーク・グリーニーの暗殺者の飛躍にでてくる范講も天才ホワイト・ハッカーで、そのスキルゆえに西欧の国々から熱望され、一方でそれでは困るので中国当局が暗殺しようと狙い、ジェントリーが必死で護衛したのだった。

あまり期待しないで読んだ島崎佑貴の「爪痕」が独特のキャラで意外に面白かったので、その続編の「イカロスの彷徨」中公文庫を、ほとんど間髪を入れず読み始めた。「イカロスの彷徨」は、別の中公文庫の挟み込み新刊案内に掲載されていたのではなく、たまたまアマゾンの関連書籍としてリストされたのだった。

さて、「イカロスの彷徨」も、キャリアで厚労省麻薬対策課課長補佐の東順平の不埒な?試みから始まる。それは、意図不明であるが、部下に命じて山中に、覚醒剤100kgを埋めさせるというものだった。部下は怪訝ながら、上司の命令とあらばと、人里離れた山中にそれを埋めた。

東の意図は、末端価格70億円相当のその覚醒剤100kgの噂を世間に流し、暴力団にそれを取得させることにあった。すると、確実にどこかの組がそれを拾い、噂を聞いている他の組織との抗争になる。そういうシナリオを東が描いたのだった。

ところが、それを拾ったのは、たまたま山中を車で運転していた塩原一馬という建設作業員だった。それが覚醒剤らしいと知った塩原は驚いたが、塩原は、建設会社の作業員だが、真面目で犯罪歴もない。そのまま見過ごそうとしたのだが、実は事情があって妹と二人暮らしだった。両親から見捨てられ、なんとか安い給料で妹を養っているが、なにしろ生活が苦しい。妹に楽をさせたい。それで、これでいくらかでも収入になればと思い、悪友の深澤に相談した。

二人だけでは心細いので、深澤は絶対に信頼がおける二人に声をかけ、仲間に入れた。そして四人で六本木の管理が杜撰な店で、少しずつ売りさばき、各人はいささかなお金を得たが、なにしろ覚醒剤は100kgもあるので、これを一度に捌いて大金を一気に手に入れようと目論んだ。そして知り合いのヤクザである、元湯島組の八巻に声をかけた。

しかし、それはヤクザの性質を知らなすぎる深澤たちの大失態で、八巻は、ヤクザの後ろ盾のない深澤たちから、脅してすべての覚醒剤を強奪しようとした。深澤の仲間がそれを拒んだので、八巻の部下が襲ってきたが、二人が捕まり、深澤と塩原はなんとか逃げた。

そこで、毒を以て毒を制すで、深澤は、半グレ集団のリーダー、境に話をつけ、覚醒剤を渡す代償に八巻に捕まった仲間を救うように依頼した。こうして、ヤクザと半グレの間の凄まじい抗争が始まった。

当然に人質は殺され、たまたまその死体が発見されたことから、警視庁が動き出した。その捜査に協力を要請されたのが、捜査一課の特命対策室四係で、糸川と小々森が捜査に加わった。

ここからストーリーが盛り上がるのだが、すさまじいバイオレンスのような抗争の裏で、小々森の冷たい智謀が活きる、なかなか冴えたストーリーなのだった。

それにしても、厚労省の東はいくらなんでもやり過ぎではないか。

最大の素数の続きであるが、もしかして一気に2nで、nが数千万のときの計算を高速で実行する方法として有効なのではとふと、思いついたことがある。それは次のような方法である。

  • STEP1: x = 2と代入し、y ← x*x
  • STEP2: x = yと代入し、y ← x*x
  • STEP3: yが所定の値に達したらyを出力して終わる。そうでなければ、STEP2に戻る。
という極めて素朴なものであるが、2 → 22 → 24 → 28 → 216 → 232 → ・・・と極めて高速に数が増加して、ループがn回まわると、結果は2の2n乗になっている。

この方式で277232917を計算するには、
77232917 = 226 + 222 + 219 + 218 + 217 + 213 + 211 + 210 + 29 + 28 + 27 + 35と分解して計算する。

この分解は、例えば次のようなPerlプログラムを使用する。

IND(72232917);

sub IND     {
 my $n = shift;
 my $m = 1;
 my $i = 0;

 if ( $n < 100 )     {
   printf "reminder = %d\n",$n;
   return;
 }
 
 while ( $n >= $m )     {
   $m *= 2;
   $i++;
 }

 printf "%d\n",$i - 1;
 IND($n - $m/2);
 
 return;

}

これは速いのではと思ったら、大きなボトルネックがあった。それは、多倍長×多倍長という極めてコストの大きい計算を要することで、結果的に却って時間がかかるのだった。

具体的には、以下のとおりである。
  1. 2の215乗までの計算 : 115.875秒
  2. 2の217乗までの計算 : 461.625秒
  3. 2の218乗までの計算 : 924.688秒

このように、2の2n+1乗は、2の2n乗の計算のほぼ2倍の時間がかかると見積もれる。すると、2の227乗までの計算は、924.688×29秒 ≒ 131.5時間 ≒ 5.48日で、結局ストレートに214乗をどんどん掛けていった方が、3日ちょっとで終わる。多倍長×多倍長を使わないので、却って速い。残念。ともかく、ソースコードを以下に示す。


#include <time.h>
#include "MLA4.h"

int n = 5000000;

int main(void)           {
 int i;
 int *a_num, *b_num;
 FILE *fo;
 clock_t t_begin, t_end;
 
 if ((fo = fopen("MMUL.txt","wt")) == NULL ) return -1;
 
 t_begin = clock();  // 計測開始

 
 a_num = new int[n];
 b_num = new int[n];
 
 CLEAR(n,a_num,2);
 CLEAR(n,b_num,2);
 
 for ( i = 0; i < 18; i++ )   {  // 最大の素数の場合、この18が、26程度になる
	MMUL(n, a_num, a_num, b_num);
	COPY(n,a_num, b_num);
 }
 
 DISPF(fo,n,b_num);

 delete[] a_num;
 delete[] b_num;

t_end = clock();  // 計測終了

printf("Elapsed time : %7.3f秒\n",(double) (t_end - t_begin)/1000);

 fclose(fo);
 return 1;
}

5月26日(土)に、ズムスタでのカープ対中日を観戦していたら、カープも頑張っているのだが、どうも一歩足らないというか、最終回カープは猛追したのだが、囲碁でいえば半目負けだった。

それでもカープの今期の成績は、地元のズムスタではなんと16勝4敗の勝率8割、一方アウェイでは11勝12敗のほぼ5割の勝率なので、まさに地元での圧倒的な強さが現在首位の原動力、ということになる。

そういうのを見ていて、広島出身の歌手、二葉あき子の大ヒット曲、フランチェスカの鐘の題名をもじって、フランチャイズの鐘と言いたくなった。

しかし、Wikiによれば、フランチェスカの鐘は、広島市への原子爆弾投下の犠牲者への鎮魂歌として、二葉あき子自身、最も大切にしていた歌といわれる。なので、フランチェスカの鐘を下手にもじることは厳に慎まなくてはならないが、広島県民から深く愛されている広島カープを応援するために、フランチェスカの鐘をフランチャイズの鐘と言い換えることを許して頂きたいとおもう。

そういえば、フランチェスカの鐘が広島市への原子爆弾投下の犠牲者への鎮魂歌であるせいかもしれないが、広島カープは、弔い感応性がとても高いと思う。すなわち、名古屋ドームで中日に三連敗を食らって、これは厳しいと思っていたところ、偉大なる先輩で鉄人と言われた衣笠氏の訃報を聞いた。そしてそこから、横浜スタジアムに移動して、苦手意識があるDeNAをカープは三タテした。弔いトワイライトである。

衣笠効果が薄れかかっていたとき、広島出身の偉大なるスター、西城秀樹が亡くなった。そしてそこからまた、広島カープが快進撃した。こういうスピリチュアルなところがあるので、鈴木誠也が「神っている」というのだろう。

ただ、神ってフランチャイズに頼ること自体は悪くないのだが、そこで何かの調子に歯車が狂うと、他に頼るものが少なくて、危機を脱出しにくくなる。それが、去年のCSでの負けにつながった。そういえば、そのときの相手DeNAは、アウェイでの勝率がフランチャイズでのそれを上回るという奇特なチームである。ともかく、強さは弱さである、というのも勝負の一面の真理で、そこをどう克服するかが広島カープの課題の一つなのだった。

フランチャイズの鐘の音が
チンカラカンと鳴り響きゃ
胸は高まる熱気みなぎる
いけいけどんどん今日も勝利だ

名人戦第4局が始まった。羽生竜王の後手である。当然に角換りを期待したら、なんと羽生は、あまりいいとされていない後手番横歩取りを採用した。例によって、22手目からみる。

【図1】 22手目△8八角成まで
持ち駒:△羽生竜王=角歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩3
ここで△8八角成は、あまりみたことがない。いかにも過激である。普通は、△7六飛、▲7七角のように進むのだろう。△8八角成以下は、▲同銀,△2七歩成,▲同銀,△5五角,▲8七銀,△同飛成,▲同金,△9九角成,▲2三歩,△4四馬,▲同飛,△同歩,▲1六角と進んだ。なお、手順中、△5五角,▲8七銀のところで、▲7七角もあった。また、▲2三歩も名人の工夫である。

【図2】 36手目△4三香まで
持ち駒:△羽生竜王=飛銀歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=飛角歩3
▲1六角に△4三香と受けて、結構いい勝負のようである。以下、▲8五飛,△8二歩,▲3八銀,△1四歩,▲3七桂,△1五歩,▲3四角,△7四歩,▲8八金と進行した。

【図3】 46手目△3三金まで
持ち駒:△羽生竜王=飛銀



持ち駒:▲佐藤天彦名人=角歩3
ここで△3三金は邪魔な角をどかせる手だが、もしかして敗着なのかもしれない。ここはまだしも△3三桂だろう。なぜなら、幸便に▲5六角と引かれて、金が上ずっている。△4五歩,▲7七桂,△4四金,▲7四角,△7二金となったものの。

【図4】 53手目▲2二歩成まで
持ち駒:△羽生竜王=飛銀



持ち駒:▲佐藤天彦名人=角歩4
▲2二歩成が厳しく、ほぼ決まりなのではないか。なぜなら、△2二同銀に▲3二角で困っている。△7三桂,▲8七飛,△1三桂と桂馬を逃げたものの、平凡に▲2一角成とされ、△2七歩,▲2九歩,△2四飛と銀にひもをつけたものの、▲3九金と丁寧に応接され、△4二玉で馬を取りにいっても、▲8三歩が厳しい。△3二銀となんとか馬は詰ましたが、▲8二歩成,△同金,▲3二馬,△同玉,▲6三角成となって後手陣は収拾がつかない。羽生はせめて△6六歩,▲同歩,△5四角と嫌味をつけたが、▲同馬,△同金,▲6二角,△9四角にがっちり▲6七銀と受けられて綾なしになった。

【図5】 投了図 79手目▲6七銀まで
持ち駒:△羽生竜王=なし



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩5
羽生竜王はこのまま夕食休憩に入ったが、夕食休憩後一手も指さないで投了した。こういうパターンは珍しい。

ということで、【図3】以下は、見どころのない将棋だった。これは野球でいえば0-8の完封負けしたようなものだが、次の試合で10-2で勝つというカープ対巨人の試合があったりしたので、次に羽生が圧勝してもなにもおかしくない。ともかく次は熱戦を期待しよう。

砂の器

user-pic
0

何度も書いたような気がするが、私は大学時代に知り合いの紹介で松本清張の小説を紹介され、すっかりその面白さに魅せられてしまった。それで、大学生活が暇ということもあって、松本清張の作品は、目につく主なものはほとんど読んだような気がした。ところが今更、松本清張の主要な作品でまだ読んでないものがあることがわかり、慌てたりするのだが、いくらんなんでも代表作である「点と線」及び「砂の器」は、かなり自信をもって、確かに読みました、といえる。

それで、最近のマイブームの読み直しプロジェクトで、松本清張の原点を顧みるために、「点と線」と「砂の器」を読み直しの候補に選んだ。

ところが、「点と線」を最近読んだとき、ほとんどストーリーの幹も枝も記憶にないことが分かった。果たしてこれで読んだことがあると言えるのだろうか。それでせめて記憶にあまりないことの原因を考えてみた。するとそれはどうも、私の思考あるいは性格の杜撰さによるらしい。すなわち、数学が好きといいつつ私はどこか細かい論理が苦手なところがあり、よってアリバイ崩しの精密な議論についていけず、なんとなく流し読みしてしまったらしい。そうやって枝をぞんざいに扱うと、往々にして幹の理解もあやふやになったりする。

では、「砂の器」はどうかというと、こちらは、読んでからおそらく40年以上経っているのに、ストーリーの幹はかなり明確に記憶にある。この小説のでだしで、国鉄蒲田駅のそばのトリスバーで、若い男と初老の男が東北弁訛りで話していたこと、カメダという固有名詞が話されていたことが、そこの従業員のわずかの印象として残っていた。

なので、次の日の早朝、国鉄蒲田駅の操車場の線路で、男の惨殺体が発見されたとき、当然に聞き込みは近くのトリスバーでもなされ、若い男と初老の男が東北弁訛りで話していたこと、カメダというキーワードも捜査員が注目することになった。

その捜査員とは、ベテランの今西刑事と、相棒で若手の吉村刑事。今西刑事のキャラは、「点と線」の鳥飼刑事のそれとよく似ている。すなわち、当意即妙の冴えはないが、粘り強く思索を続け、あらゆる可能性に思いを巡らす。

そんな今西刑事の、東北弁とカメダに基づく推理は、今西と吉村を秋田県の亀田という場所へと導いた。すると、亀田では、怪しい男の挙動があったことが分かり、すわ犯人かと、今西と吉村が色めきたったが、結局なんの手がかりも得られず、二人の刑事は失意のまま東京に戻った。

ただ、事件とは関係ないかもしれないが、帰路に、ヌーボー・グループなる若者集団と出会ったことに、二人は興味をもった。ヌーボー・グループとは、若手の画家、建築家、音楽家、評論家などからなるグループであって、既存の概念を破壊して新たな概念を作り出すのだと標榜する異能集団で、彼らは時代の寵児なのだった。

とはいえ、今西と吉村は、解決間近と思えた蒲田操車場殺人事件の捜査になんの進展も見出せなかった。深い落胆のうちに、捜査本部は解散され、あとは主として今西などによる任意捜査の段階となった。しかしここからが今西の本領発揮だった。

突破口となったのは、岡山県に住む三木彰吉という男からの捜索願いで、それに対応していくうちに、蒲田操車場殺人事件の被害者が、三木彰吉の父の三木謙一であることが分かり、今西は展望が開けたような気がした。しかし、岡山県と東北弁とはどうみても関係がない。そこから、今西の洞察が始まる。日本方言分布を調べることである。そうして、出雲地方の一部に東北弁に似た方言を話す地域があることを今西は突き止め、快哉をさけんだ。岡山県と島根県なら確かにつながる。

ここまで読んで、私が「砂の器」のストーリーの記憶があまり減衰しなかった理由が、その方言分布にあることを今確認した。もともと言語全般に興味がある私は、そういう方言の細部の話に興味をもったのだった。そして、細部の興味が全体への理解をある程度保証するというのが、慣れ親しんだ心理学の法則である。

ストーリーに戻って、今西は、あまり関係がないと思っていたヌーボー・グループに対する興味が湧いてきた。すなわちヌーボー・グループはマスコミ受けしているので、新聞を読んでいても、かなりな頻度で採り上げられる。それだけならともかく、今西は日常生活でヌーボー・グループのメンバーと行き交うことになる。例えば、ヌーボー・グループのあるメンバーが交通事故に遭った現場に出くわしたりとか、である。

そのヌーボー・グループであるが、世間に人気なので、女性が群がり、どうしても異性関係が派手になってしまう。そのため、異性問題が生じ、ときとしてそれが警察沙汰になり、それも警視庁にいる今西の知るところとなる。

さらに、ヌーボー・グループは芸術的にラディカルさを標榜するが、その裏で、飽くなき野心が渦巻いていたりする。その理由はというと、ヌーボー・グループのメンバーは実は田舎出身で、貧しい生い立ちだったりする。そのことがつい、いろいろ無理をして、法的な許容範囲も超えたりする。

このあたり、松本清張自身の生い立ちとコンプレックスとも重なるのだろう。決してエスタプリッシュの位置にいないが、貧しい生い立ちで、ほとんど後ろ盾もなく、なんとか這うように東京に出てきた私にも、このあたりは共感できる。こんなことも、私が「砂の器」のストーリーを今に至るまでかなり鮮明に記憶している理由でもある。

ともかく、そういうヌーボー・グループの目立ったところが、今西の追及を可能ならしめたともいえる。そしてついに、今西は、ヌーボー・グループのあるメンバーの、あまりにも哀しい過去と、蒲田操車場殺人事件との関係を知り、辛い気持ちにもなったが、警察官としてこれを見過ごすことはできない。そうしてついに、この小説は、私がよく記憶している結末を迎えるのだった。

これが本戦のストーリーなのであるが、今回読み直してみて、私が細部を忘れていた多数の枝のストーリーというか、エピソードが横溢しており、それはむしろ本戦を圧倒する内容で、そこにこそ松本清張の真骨頂があることを今回改めて確認した次第である。

さて次は、どの既読の松本清張を読み直すか、それはある程度偶然と気まぐれに任せることにしよう。

最近のC++のコンパイラが64ビット整数を実装しているとは知っていたのだが、どうも使いこなせないできた。

すなわち、知る限りで、64ビット整数はlong long intで宣言するということになっていて、例えば
long long int *a_num; とポインタは宣言できるのだが、
a_num = new long long int[1000];のように実際に配列をアロケートする式が文法エラーになってしまう。

また、long long int a;と宣言して、a = 12399871717171;と大きい数を代入しようとするとコンパイル時に警告が出て、aには実際は想定外の値が代入されてしまう。

さらに、printf("%d\n",a);も想定外の値を表示する。

そこでいろいろウェブで調べていて、long long intと等価な宣言として、__int64があることを知った。これだと、__int64 *a_num;も、a_num = new __int64[1000];も問題ない。

a = 12399871717171;は、a = 12399871717171LL;と、64ビット整数であることを示すLLを末尾に付ければいいことが分かった。

printf("%d\n",a);は、printf("%I64d\n",a);と書けばいいことが分かった。これはprintf("%||d\n",a);と書いても等価なようなのだが、少なくともEmbacadero C++ Buidler XE4だと、正しく動いたり、そうでなかったりすることがあるので、専らprintf("%I64d\n",a);を使うことにした。

以下に、正しく動作したサンプルプログラムのソースコードを掲げる。


#include <stdio.h>

int main()     {

int i;
__int64 a,b,c,d;
__int64 *c_num;

c_num = new __int64[10];

a = 10010277776676688LL;
b = 5555552291LL;
c = a%b;

printf("%I64d\n",a);
printf("%I64d\n",c);

for ( i = 0; i < 10; i++ ) {
 c_num[i] = a++;
}
 
for ( i = 0; i < 10; i++ )  {
 printf("%I64d\n",c_num[i]);
}

delete[] c_num;
return 1;
}

ちょっと気まぐれで、米国の主要IT企業三社、すなわちIBM、Microsoft、Googleの特許件数を調べてみた。出願国は、米国と、日本と、中国と欧州である。

  1. 米国
    まずは米国であるが、いうまでもなくIBMがトップを続けている。マイクロソフトは2008年以降3000件前後でほぼ落ち着いているが、新興のグーグルは、2011年以降急速に立ち上がってきて、2014年についに件数でマイクロソフトを抜いた。ただ、これでほぼ飽和か。それにしてもIBMの件数の伸びはすごい。トップ1に執着しているのだろうか。
  2. 日本
    日本では、登録件数でなく、公開件数をみてみた。するとIBMは、米国とは違って、2009年以降漸減しているが、マイクロソフトも似たような傾向なので、IT企業にとって日本は魅力が減っているのだろうか。なおグーグルは漸増してきて、2017年についにIBMの公開件数を抜いた。
  3. 中国
    日本と違って、中国は潘建偉でみたように、科学技術大国を目指すような国なので、三社とも出願件数を増やしていると思っていたら、必ずしもそうではない。すなわち、マイクロソフトとグーグルは、ここ一、二年、公開件数を減らしているが、IBMは2014年から急激に件数を減らして、ほとんどゼロになってしまいそうである。一体どうなっているのだろうか。
  4. 欧州
    欧州ではもっと極端で、ここ数年でマイクロソフトとがそれなりに公開件数を伸ばしているのに、IBMはそれに反比例するかのようにどんどん公開件数を減らしている。以前、特許なんて米国にさえ出願しておけばいいのだと嘯く人がいて、そうなのかなと怪訝に思ったことがあったが、マイクロソフトとグーグルのような名だたるIT企業がこれだけ件数を増やしているので、欧州が特許的に価値が下がっているということは考えにくい。

以上に鑑みると、IBMは米国以外の国の特許出願を大幅に減らして余った予算を米国出願に充てることで、US Top 1を維持し続けるつもりなのだろうか。

ところで、US Top 1が本当に今更金科玉条の目標になりえるのだろうか。私は十数年前に、US Top 1は十分に費用対効果があるのだと説明を受けたことがある。要するに、US Top 1になるとメディアがそれを取り上げてくれて、莫大な宣伝費を払ったに等しい価値があるのだという。しかしそこに、経済学でいうところの収穫逓減の法則の観点が見事に欠如していると私は思った。すなわち、相当の費用をかけてUS Top 1を達成した当初はメディアがそれを取り上げ、市場もそれに反応するだろうが、毎年それを続けていたら、ああまたかと世間はすぐに飽きる。そして費用に見合った効果が得られなくなる。

一方グーグルは、AlphaGoのような画期的な企画で一気に世間の注目を集め、一気にAIの最先端企業の知名度を勝ち取った。IBMは最早、US Top 1にかける労力と費用をAIの先端研究など、他に差し向けるべきであろう。そもそも、毎年業績が低下し続けているのに、国内の特許件数だけ増え続けているという会社は他に聞いたことがない。しかし、タイタニックのように、俊敏に進路を切り替えられないのがIBMなのだった。

無頼派

user-pic
0

依田九段は、囲碁界最後の無頼派と呼ばれているらしいが、国語辞典によると、無頼派とは定職もなく、品行の悪い人という意味らしい。そういう意味では、きちんと囲碁のプロという定職のある依田九段は無頼派なんだろうか。

まあでも、依田九段は、カジノで何億円もすっているという剛の者なので、無頼派の本来の意味はともかく、藤沢秀行ばりの無頼派と呼ぶしかない。

ただ、単なる生活破綻者だと無頼派と呼ばれる前にダメ人間の烙印を押されて、社会的に葬られる。なので、本来のニュアンスではないが、きちんと一本筋の通った本業があって、生活の一部が破綻するのでないと、無頼派とさえ呼ばれない。

そういう意味で、将棋界で無頼派と呼ばれる棋士はいただろうか。小池重明がプロ棋士ならそうだったかもしれないが、小池は所詮アマだった。では、芹沢九段はというと、無頼派というより、単に名人になれず拗ねていただけなのではないだろうか。佐藤大五郎は嫌われ者というだけで、別に生活は破綻していない。

それで私は、将棋のプロには無頼派はありえないのではないかと思う。それは将棋というゲームの性質なのだろうか。私は、そうではなく将棋の制度にある、と思う。具体的には順位戦制度である。すなわち、順位戦があると、あまりにも放埓なことをしているといくら実力があっても、あっという間に順位戦から放り出されてしまい、無頼たる芯を失ってしまう。もっというと、三段リーグも息苦しすぎるし、将棋界は、個性の横溢をいまいち妨げていろところがないだろうか。せめて、里見がプロ棋士になれる環境であってほしかった。

その無頼の原因であるが、なんといってもてるエネルギーが大きすぎて河が氾濫するようなものだろう。それは羽生や井山も、もてるポテンシャルは相当であるが、その巨大な才能が、エネルギーが正しくコントロールされて流れることを許すのだろう。

なので、秀行先生であれ、依田九段であれ、その本流がなにかの原因でときどき詰まって、河から洪水が起きるのだとしか思えない。別の見方をすると、戦国時代なら、信長のように大活躍したかもと思ったりする。違うか。

点と線

user-pic
0

松本清張は、大学時代に、将棋部の同僚で数学科のI君の紹介で読み始め、あっという間にファンになり、数十冊は読んだと思う。そのときの反動で、社会人になって松本清張はほとんど読まないできたが、最近の傾向で、昔読んだ本を読み返すのもいいかと思っているので、当然ながら松本清張もその候補となる。

で、松本清張といえばとりあえず、「点と線」だよね、とその新潮文庫版を読んでみた。すると、ストーリーがほとんど記憶になく、読んだとしても40年以上前だと思うが本当に読んだのかと怪訝になってきた。

さて、「点と線」はアリバイ崩しもので、最初から犯人が分かっている。すなわち、犯人は若いがやり手の安田辰郎。どこかの官庁の出入り業者である安田商会を経営している。

仕事柄、よく顧客を接待する。そんな安田がよく使うのは、小雪という割烹である。安田はそれなりにイケメンなので小雪の女中に人気があったが、安田が密かに懇意にしていたのは、お時という女中だった。

そんなお時がたまたま数日の休暇をとったとき、安田は、小雪の女中二人に食事をご馳走しようと声をかけた。それで銀座の方で食事をした後、安田が鎌倉の自宅に帰るというので、東京駅に向かった。横須賀線に乗るためである。小雪の女中二人も見送るためついてきた。そのとき、二つ向こうのホームに九州行きの特急が止まっていた。なんとそこにお時がいて、ある男と列車の中で仲良く談笑しているのが見えた。それを小雪の女中二人も見届けた次第である。

ところがなんとその日から数日後、お時とその男は、福岡の玄界灘に面した海岸で、心中死体となって発見されたのである。

その事件に関与した福岡県警の鳥飼刑事は、二人が青酸カリを飲んでの死亡だと知った。女は東京の割烹の女中だが、男はなんと、いま汚職事件の渦中にある佐山というも官庁の課長補佐で、自殺してこの世から去ってくれると証拠隠滅で喜ぶものが沢山いるような状態だった。なので責任を被って自殺するというのもありえるが、そんな状態で自殺は変だと鳥飼刑事は感じた。鳥飼がさらに調べると、男がもっていた、社内レストランのレシートが見つかった。それはなんと一人分しかなく、女が同伴していて一人でレストランに行くのもなんか不自然だと鳥飼は感じた。

そうしていると、警視庁二課の三原という警部補が福岡県警を訪ねてきた。なんでも、例の官庁の汚職事件を追っていて、死んだのがその渦中にある佐山だと知って、調べにやってきたのである。そこで鳥飼がレシートの件を話すと、三原は興味をもった。

東京に帰って、三原は、安田が駅で、佐山とお時を見た件が気になった。いかにも作為的なのである。調べていくと安田が汚職事件の役人と仕事の付き合いがあることを知り、安田に会った。いかにも怪しいのである。そこで念のため三原が安田に、心中事件のときのアリバイを聞くと、なんとそのとき安田は北海道の取引先にいたという。三原はそれを聞いてがっかりした。九州の真反対ではないか。

しかし、三原はそれを知って安田を諦めるのではなく、なにかアリバイ崩しはないかとファイトを燃やして調べた。列車でなく飛行機を使った可能性も確認した。しかし、すべて何重にも鉄壁のアリバイが張り巡らさせており、絶望の淵に立たされた三原なのであった。

それでも、三原にアイデアが閃いてじりっじりっとアリバイを突き崩していく、というストーリーなのだった。

そういえば、誰だったかある評論家が、この小説の、東京駅の極めて限られた時間スロットで、二つ向こうのホームで小雪と男が親しげに話しているのを見かけるようにするということの必然性に難があると指摘したというが、私はそもそも、安田が東京駅で二人を女中たちに見せることや、疑似心中を装い、その後緻密なアリバイを仕組むという手の込んだことをしたことが却って墓穴を掘ったと思う。でも、それがないとアリバイ崩しのストーリーが成立しないわけだから、まあ仕方ないか。

宇多田書店

user-pic
0

私は、mp3プレーヤーに歌謡曲などを入れて電車などで聴くのが趣味の一つであるが、何度も聴くうちに、宇多田ヒカルと、サザンオールスターズというか桑田佳祐の曲が音楽性で頭一つ抜けているように感じた。カラオケで演歌をがなるしか能がない私が感じることなのでかなりいい加減とは思ったが、そのことをたまたま知り合いに話したら、無条件で頷いてくれたので、まあ世間の評価もそうしたものなのかなと少し気分がよくなった。

そういう思いが背景にあって、ある日新聞記事を読んでいたら、宇多田ヒカルが幼い頃から本が好き、という短い記事があったので、思わず読んでみた。

それによると、宇多田ヒカルは一人っ子で周囲とどう接していいか分からず、人といると疲れてしまうので、一人でいるとともかく安心できる。そこに本があり、本を読むとその本の作家や他の読者とつながった気がした、という。なるほど、このあたり、孤独癖がある私は妙に共感できる。

そんな宇多田ヒカルは、当然かもしれないが、楽曲制作に読書体験を込めたりする。それは例えば宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」だという。おおっと、読書傾向が偏っている私は、宮沢賢治の本を一冊もまともに読んだことがない。これでは宇多田ヒカルの曲に対する共感が浅くなってしまうので、そのうち読むとする。

宇多田ヒカルの読書傾向であるが、全国の書店で展開した「宇多田書店」によれば、川端康成の「雪国」や三島由紀夫の「金閣寺」などを紹介しているということで、かなり本格的な文学読みである。海外のものでは、最近、ウラジミール・ナボコフを読み直しているという。

ううん、ナボコフか、と私は呻いた。その代表作といわれるロリータをなんとか読了したあと、うんざりして、ロリータを読み返すことも、ナボコフの他の作品を読むことも気が向かないでいる。

ともかく、好きなアーティストが本好きと知って、私は嬉しくなった。なぜなら、大抵の人は本くらい読むが、なかなか本が好きとは標榜しないからである。ということで、今までより少しだけ、宇多田ヒカルを応援するレベルを上げるとする。

藤井七段

user-pic
0

羽生と藤井に書いたように、藤井五段(当時)が朝日杯将棋オープン戦で優勝して六段に昇段したとき、棋友が次は七段がかかっている、という。

えっ、どういうこと?と私が意味が分からなかったので聞き返した。近い未来で、そんな機会があるように思えない。すると、棋友は竜王戦の連続昇級がそうだという。そこで将棋連盟の昇段規定をみてみると、「竜王ランキング戦連続2回昇級または通算3回優勝」とある。これは五段から七段にある棋士に適用される。藤井五段(当時)は竜王戦6組から昇級して5組におり、5組のトーナメント戦で準優勝以上だと連続昇級の要件を満たすが、朝日杯将棋オープン戦優勝で六段になったので、次は七段という次第である。

そして5月18日の竜王戦5組の準決勝で藤井六段が船江六段を破ったので、規定により七段に昇段したという次第である。

東京新聞のウェブ記事から引用させて戴く。

将棋の藤井聡太七段(15)が史上最年少の七段昇段を18日に成し遂げ、将棋界からは「大きな喜び」「見事の一言」と、驚きとともに快挙をたたえる声が相次いだ。
歴史を塗り替えた藤井七段の師匠、杉本昌隆七段(49)は「結果を出し続ける強い棋士に対して敬意を表する。自分と同じ段位に追い付かれることは大きな喜び」とまな弟子の偉業に目を細める。日本将棋連盟会長の佐藤康光九段(48)も「過去に例を見ないスピード。内容も申し分なく見事の一言に尽きる」と賛辞を惜しまない。
今回、藤井七段は加藤一二三九段(78)が1957年に17歳3カ月で樹立した記録を超えた。

この記事であるが、私は最近の加藤一二三九段のメディアへの露出をあまり好ましく思っていないので、以前ほどヒフミンのファンではなくなってしまったのだが、それでもヒフミンの若年昇段記録と比べるのはどうだろうか。というのは、当時は昇段規定というと順位戦で勝ち上がるよりなかったのである。それだと七段になるのにどうしても最低三年はかかる。

あ、誤解なきように付け加えると、私は藤井七段の強さや実績に水を差すつもりは全くない。むしろ私は藤井七段のファンであることで人後に落ちない。ただ、私の数学公理的というべき公平性観念にちょっと障ったからコメントしただけである。だから、新聞記事でも、当時とは昇段規定が違うので、あくまでも参考記録である、みたいに一言付け加えてほしいだけである。

5月17日、ウェブで検索していて、西城秀樹が急死したというニュースをたまたま見て、えっ、と思った。以下、毎日新聞のメールニュースを引用させて戴く。

「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名・木本龍雄=きもと・たつお)さんが16日、急性心不全のため横浜市内の病院で死去した。63歳。葬儀の日程は未定、喪主は妻木本美紀(きもと・みき)さん。
広島市出身。中学生のころからバンド活動を始め、16歳のときに「恋する季節」(1972年)でデビュー。73年の「情熱の嵐」がヒットして人気に火が付き、ほぼ同時期にデビューした郷ひろみさん、野口五郎さんとともに「新御三家」と呼ばれた。

あくまでも一般論であるが、自分もそうなのであるが、60歳を越えて生きれば、いつ死んでもnot too earlyと思っている。しかも私は西城秀樹の熱烈なファンというわけでもない。それでも、えっと思ったのは、私とほぼ同年代で、学年は私が一つ上だと思うが、私の青春を彩る歌手の一人だったことは間違いないということと、ほぼ2年前に同窓会コンサートでその雄姿を拝むことができたからである。

雄姿というのは、2003年に脳梗塞で病に伏してから闘病し、そこからなんとか復活したものの2011年に脳梗塞が再発し、リハビリをし、同窓会コンサートでは歩くのがやっとでしゃべるのも不自由という状況で、いったんマイクを握って歌い始めると病気が嘘のように張りがある歌いっぷりで、なんか目がしらが熱くなった。

そうやって折角快方に向かっていたのに、脳でなく心臓の方であっけなく亡くなるとは、伏兵だった。でもよく生きた、偉いと思う。以てご冥福を祈らせていただく。

爪痕

user-pic
0

中公文庫は、ミステリー小説の分野ではややマイナーであるが、それでも安部龍太郎のSROなど、私が気に入っている作品がいくつかある。そのSROの最新刊のSRO Ⅶを買ったとき、そのとき本に挟まっていた新刊案内に、島崎佑貴の「爪痕」というのが目についたが、なんとなくいまいちのような気がして、そのときはスルーした。

ところが、それから数か月して、アマゾンの「爪痕」に比較的好意的なコメントがいくつか散見されたので、じゃ、と買って読み始めた。すると、これは、小々森八郎という異様の性格の悪い警視庁捜査一課の刑事が主人公なのだった。

「爪痕」は、小々森の上長の粟飯原というキャリアの管理官が、キャリア仲間で厚生労働省のエリートと密談する場面から始まる。密談の内容は、どうも厚生労働省の麻薬取締の仕事に警察も加わってほしいという、常識とは反する依頼だった。なぜなら、麻薬取締は警察の組対の領分でもあり、その分野で厚生労働省と警察はいつも激烈なライバルである。

どうも裏がありそうと思いつつも、粟飯原は部下の特命対策室四係の女性係長である糸川警部補にこの話をもっていった。具体的には、長崎の敷島という島で大掛かりに麻薬が栽培され、販売されているらしいが、麻取は人員不足なので、そこに密かに警察から人を派遣してほしいということである。いきなり長崎県警に話を持ち込むとややこしくなるからである。

で、指名されたのが、糸川の部下の小々森巡査部長である。小々森は高い検挙率の実績で注目されていたが、なにしろ平気で嘘をつくし、上司に対する態度も最悪である。しかし、小々森は長崎出身で地の利があるし、粟飯原には別の思惑もあった。それは、この麻取とのやりとりでなにか問題があると、それを理由に左遷、あるいは免職させられるというものである要するに、小々森は警視庁で鼻つまみ者なのである。

ともかく小々森が敷島にいくと、なんとたまたま高校の後輩の神田という男がいた。なんでも一旦長崎県警に就職したものの、家庭の事情で警察を辞めて、故郷に戻ってきたという次第である。

で、小々森は、持ち前の無神経さで、神田に捜査協力を依頼した。それで神田が渋々受けると、地元をよく知る神田の案内で、島内で聞き込みを始めた。小々森は、麻薬ではないダミーの連続殺人事件の捜査としてやってきたのである。

ところが、ダミーの事件の捜査をしていると、小々森の聞き込みに過剰反応する複数の男たちが浮かび上がった。そこで、小々森と神田が様子を探っていると、男たちが小々森と神田を攻撃しようとやってきた。麻薬がばれるなら、殺すしかない、とまで考えたのだった。

一方、一見小々森たちに加勢しようとする男が現れた。それはどうも敷島に潜入捜査していた麻薬取締官らしい。そして、小々森、神田、麻薬取締官対怪しい男たちというバトルになった。しかし、折からの豪雨で、敷島と本土をつなぐ橋が流され、長崎県警からの応援が期待できなくなった。こうして孤立した小々森、神田、麻薬取締官が絶体絶命のピンチになったが、奸智に富んだ小々森がどうするか。

というストーリーなのだが、いちいち相手の神経を逆なでする、あまりにも性格が悪い小々森のキャラもなかなかユニークで新鮮で興味深かった次第である。

例えば、アインシュタインの特殊相対性理論と一般相対性理論であるが、もしアインシュタインという人がこの世に現れなかったら、相対性理論なるものはこの世になく、物理学の今の進歩はなかったであろう、とまでは考える人は少ないのではないか。

ただ、アインシュタインがいなくても相対性理論に相当する理論は誰かが考えただろうが、その形式は相当今と違っていただろうと考える意見と、科学的真理は一つなので、誰が相対性理論に想到しても、結局似たような形式になるだろうと考える意見とに大別される。

それと似た議論かもしれないが、例えば円空の彫刻だったかもしれないが、彫刻というものは、形がすでにそこにあり、それに従って切り出すだけなのだ、みたいな議論があり、うーん、なるほどと感心したことが何度もある。

数学者では、フィールズ賞をもらった小平邦彦氏が、そのような意見だったらしい。すなわち、数学的真理というものは、プラトンのイデアのように天界に実在していて、数学者はそれを発見するだけなのだ、というものである。

私も一応プラト二ストなので、小平氏の意見に与してきたが、数学者兼数学史家の高瀬正仁氏の著書を読むうちに、少しずつ意見が変容してきた。すなわち、私の理解によれば、高瀬氏は、岡潔氏の論文や著書などを通じて、数学の理論というのは、それを構築した数学者の個性に大きく影響されるもので、単なる発見とはいえないというものだと思う。

例えば、私が書く程度の極めて初歩的なプログラムは、ある既知のアルゴリズムをC++などの私が馴染んだプログラミング言語で表現するものであり、誰が書いても似たようなものだといえるが、それでさえも実は、あるアルゴリズムを実装するために使用する別のアルゴリズムや、配列の取り方や、メモリ・アロケーションや、変数の局所化など様々な多様性があり、そのことが実行速度や、モジュール性や、ポータビリティなどの要因に影響を与える。

ましてや、数学理論となると、例えばペレリマンによるポアンカレ予想の解決となると、ペレリマンの個性が横溢していないか。岡潔の多変数複素関数論もそうであろう。

こうして私は発見よりもむしろ個性による表現を重視する立場に傾く。では、それは人間があまりに不完全だからそうなのか、神に近づくと個性は解消されて発見主義に近づくのか。私は一種のロマン主義として、逆に神に近づくほど一層個性と多様性が煌めくのだと思いたい。

数学の本

user-pic
0

数学の本というのはなんともベタなタイトルだが、それは数学セミナー2018年5月号が「数学の本」特集だからである。それが代数や解析などの専門書の特集なら、なにを今更なのだが、今回は数学の一般書、啓蒙書、雑誌の特集なのだった。それで私は、例によって本ノートに、気に入った本をメモしていくことにした。

すると、いきなりガーンとショックを受けたことがあった。それは、フェルマーの定理に関するベストセラー、サイモン・シン、青木薫訳「フェルマーの最終定理」新潮文庫をみて、私がまだこの本を読んでいないことを確認したからである。

私はそもそも数学者でなく、せいせい数楽者なのだが、いかなる意味でも数学の一般書を軽視する立場にはない。また私は、ここにもリストされていて、リーマン予想に関する一般書の名著とされるマーカス・デュ・ソートイ、富永星訳「素数の音楽」新潮文庫をかなり前に読んで感動したことがあるので、サイモン・シン「フェルマーの最終定理」を読まない理由を見つけることは困難である。

にも拘わらず「フェルマーの最終定理」を読まないできたのは、そのことについて書かれた本を何冊も読んできたので、その背景についてはもうだいたい知っているだろうという思い込みがあったようである。しかし、冷静に顧みて私は、ワイルズの私生活をどれくらい知っているだろうか。ほとんど知りはしないのである。それで、なるべく早めにサイモン・シン「フェルマーの最終定理」を読むことにした。

あとは、リストされている本でそのうち読みたいと思ったものをリストしてみる。

  • G.H.ハーディ、 C.P.スノー「ある数学者の生涯と弁明 」(シュプリンガー数学クラブ) 柳生 孝昭 (訳)
    ハーディは、ラマヌジャンにも関与していて、興味深い。
  • マーカス・デュ・ソートイ、富永星訳「シンメトリーの地図帳」新潮文庫
    19世紀のパリ、決闘の果てに夭折した天才ガロアは新しい数学の言語を生み出していた。古代ギリシャから続く対称性探求の旅に挑む数学界の探検家たちは、その言葉を駆使して "シンメトリーの素数"を網羅した「地図帳」を完成させる。最後に発見されたのは19万6883次元の空間に潜む巨大結晶「モンスター」だった――。『素数の音楽』の著者と旅する、美しくも奇妙な数学の世界。
    という内容紹介をみても私には想像がつかない。面白そうである。
  • エドワード・フレンケル、青木薫訳「数学の大統一に挑む」文藝春秋
    これは確か、ラングランズ・プログラムの話だったか。そのうち読もうと思っていて、忘れてしまっていた。
  • 森口 繁一、応用数学夜話 (ちくま学芸文庫)
    私は、コンピュータの計算が好きで、なので森口 繁一のファンである。なので、これも私には必読なのだった。

最大の素数

user-pic
0

素数が無数にあるということは太古の昔から既知であるので、最大の素数なんて、ない。それで、ここでいう最大の素数というのは、現時点で素数であることが知られている最大の数という意味である。

それは、GIMPSによれば、277232917-1だということである。私は、Lucas-Lehmer判定法を自分のパソコン上で実装してみるというささやかな努力を通じて、それがいかに大変かを認識し、自分でも新たな大きい素数を探究してみようという努力を諦めた。

そこでせめて、277232917-1を計算してみようという、相当に妥協した考えに至った。しかし、ともう一つの自分がつぶやく。そんなの、単なる力業で、なんの工夫もいらないのではないか、と。

で、とりあえず去年作成した多倍長ライブラリを参照してまず考えたのは、int MUL(int n, int *a_num, int a)をナイーブに使用して、2の77232917乗を計算するものである。これの前準備として用意する多倍長計算のための整数配列の長さを決める必要がある。2の77232917乗は桁数としては、23249425桁であり、Radix = 100000とすると、必要な配列数は、これを5で割って、4649885なので、余裕をみて4650000個の配列とする。そして、2を1000回掛けるというナイーブな計算をさせてみると、処理時間は約48秒だった。すると、2を77232917回掛けると、見積の処理時間は、1029時間、すなわちなんと約43日もかかってしまう。

これはいくらなんでも、と思いしばし思考して、そうだ、2でなく2の14乗すなわち、16384ずつ掛ければよいのだと気付いた。これでもなんとか100000進法の枠組みに収まっている。しかも、2でなく2の14乗を1000回掛けても、処理時間はほとんど同じで、これにより処理時間を43日の1/14すなわち、3日程度に短縮できる。なお、欲を出して1000000進法にし、2の15乗を掛けようとすると、4バイト整数の32ビットの枠組みを壊してしまうので、無理である。

一方、77232917 = 5516636×14 + 13なので、2の14乗を5516636回掛け、次に2の13乗を掛け、最後に1を引くことで求めるメルセンヌ素数が得られる。それをプログラミングしたのが以下のとおりである。

といっても、まだ実行していないので、計算結果は得られていない。

#include <stdio.h>
#include <time.h>

int Radix = 100000;
int n = 4650000;
int *a_num;
int CLEAR(int n, int *a_num, int a);
int DISP(FILE *fo, int n, int *a_num);
int MUL(int n, int *a_num, int a);
int SUB(int n, int *a_num, int a);

int main()       {
int i;
clock_t t_begin, t_end;
FILE *fo;

if ((fo = fopen("Max_Prime.txt","wt")) == NULL )
 return -1;

t_begin = clock();  // 計測開始

a_num = new int[n];

// 277232917 - 1の計算
// 77232917 = 5516636×14 + 13

CLEAR(n,a_num,1);
for ( i = 1; i <= 5516636; i++ )
 MUL(n, a_num, 16384); // 2の14乗を5516636回掛ける
 
MUL(n, a_num, 8192); // 2の13乗を掛ける
 
SUB(n,a_num,1);   // 1を引く
 
DISP(fo, n, a_num);

t_end = clock();  // 計測終了

printf("Elapsed time : %7.3f秒\n",(double) (t_end - t_begin)/1000);

delete[] a_num;
return 1;
}

int CLEAR(int n, int *a_num, int a)   {
int i;
for ( i = 0; i < n; i++ )  {
    a_num[i] = 0;	
}
a_num[0] = a;
return 1;
}

int DISP(FILE *fo, int n, int *a_num)   {

int i;
int disp = 0;
int first = 1;

for ( i = n - 1; i >= 0; i-- )     {
 if ( a_num[i] != 0 )  disp = 1;
 if ( disp == 1 )     {
	if ( first == 1 )  {
		fprintf(fo,"%d",a_num[i]);
		first = 0;
    } else             {
		fprintf(fo,"%05d",a_num[i]);
	}
  }
}

if ( disp == 0 ) fprintf(fo,"0");

fprintf(fo,"\n");	

fclose(fo);

return 1;
}

int MUL(int n, int *a_num, int a)     {
int i,j;
	
  for ( i = 0; i < n; i++ )
   a_num[i] = (a * a_num[i]);  // a倍する
  // 桁揃え
  for ( j = 0; j < n - 1; j++ )  {
	a_num[j+1] += (a_num[j] / Radix); // 桁上がり
	a_num[j] = (a_num[j] % Radix);  // 10万進法	
  }	

return 1;

}

int SUB(int n, int *a_num, int a)      {
int i,j;

a_num[0] -= a;

 for (i = 0; i < n-1; i++ )  {
   if ( a_num[i] < 0 )        {
	a_num[i+1]--;
	a_num[i] += Radix;
   }
 }

  // 桁揃え
  for ( j = 0; j < n - 1; j++ )  {
	a_num[j+1] += (a_num[j] / Radix); // 桁上がり
	a_num[j] = (a_num[j] % Radix);  // 10万進法	
  }

return 1;
}

世間では糖質ダイエットが流行っているようであるが、それってどうよ、と私はつい思う。なぜなら、脳の思考のエネルギー源は糖分であり、糖質ダイエットって、体は大事だが、思考力は大事でないというメッセージなのか、とつい皮肉なことを考えてしまう。

それで、よくも悪くも思考を巡らすことでしか自分の力を発揮するすべがない私は、頭を使わなくてはならない場面では、多少糖分を敢えて摂ることにした。具体的には、カカオリッチなチョコレートだったりする。

それで、会社勤務のときの私の昼食は、会社の近くのローソン100で、ペット茶と、スポーツドリンクと、調理パンと、おにぎりを買うというのが日課になっているが、そこにチョコレートをときどき加えることにした。

それで、ローソン100のVLブランドのカカオリッチな板チョコを買おうとしたら、その隣に、クーベルチュールチョコレートというのが目についた。VLブランドのカカオリッチな板チョコはカカオ70%だが、クーベルチュールチョコレートはカカオ80%なのがよい。そもそも、クーベルチュールって、なにかのフランス語なのだろう。意味は知らないけど、なんかかっこいい。

それで、クーベルチュールチョコレートを買って、仕事の合間に食べることにした。すると、味が濃厚で、カカオも際立っていて、仕事中に食べていたら、病み付きになって一日で、一気に全部食べてしまった。ううん、流石にカロリー過多か。

しかし気になるのは、手にべたつくことだった。それで、ウェブでちょっと検索してみたら、クーベルチュールチョコレートというのはもともと、融かしてお菓子の装飾に使うものらしい。

へえ、そうなの、でもクーベルチュールチョコレートは普通に板チョコがあった場所に配置されていたのに。

改めてクーベルチュールチョコレートを調べてみると、それはフランス語ではcouvertureという綴りで、カバー(覆い)という意味らしい。脂肪分が多く、融けやすいという特徴がある。もともと製菓用だが、そのまま食べてもおいしい。まあチョコレートというのもなかなか奥が深い、と思った次第である。

ところで、バレンタインデーに女性が、好きな人のために、チョコを買ってきて融かして鋳型に流し込んで固めたものをつくり、プレゼントするということがあるが(私は、そういう手作りのものをもらった記憶がない)、確かチョコを融かして固めることを、テンパリングというらしい。それってなに、麻雀?と思ってしまう私は、そんなだから女性から手作りチョコがもらえないのだった。

名人戦は、一勝一敗で第3局を迎えた。この第3局が重要であることはいうまでもないが、2年前の名人戦で羽生は、佐藤天彦の挑戦を受けて、一勝一敗で第3局を負けて、そのままずるずると負け、あっさり名人奪取を許した。なので、もしこれを負けると2年前と似た流れになるので、羽生は是非ともこれは勝っておきたいところである。

第3局も角交換腰掛銀模様の将棋となった。例によって41手目▲5七角まで進める。

【図1】 41手目▲5七角まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=なし



持ち駒:▲羽生竜王=なし
▲5七角は、攻防の自陣角である。△7六歩▲同銀△7五歩に▲同銀を用意するとともに、▲3五歩△同歩▲同角も狙う。▲5七角以下は、△7六歩,▲同銀,△7四銀,▲7五歩,△6三銀,▲7七金,△5四歩,▲3五歩,△同歩,▲同角,△5二金と進んだ。

【図2】 53手目▲7八玉まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=歩2



持ち駒:▲羽生竜王=歩
53手目▲7八玉は、封じ手であった。ここは私レベルでもこう指すと思う。以下、△4二角,▲4六角,△6四銀,▲5八金,△8四飛,▲5七角,△5五歩と進行して、依然として形勢を云々する段階ではない。

【図3】 61手目▲3四歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=歩2



持ち駒:▲羽生竜王=なし
▲3四歩と銀を叩いた手から、本格的な勝負になってきた。▲3四歩のところでは、▲5五同歩が普通だが、すると△5六歩があって、以下▲4六角、△7五銀となって、これはこれで難しい。▲3四歩以下は、△同銀,▲5五歩,△3五歩,▲5六銀,△3三角,▲4六角と進んだ。

【図4】 68手目△9四歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=歩2



持ち駒:▲羽生竜王=歩
天彦名人の△9四歩は、何かのときに歩を補充できるようにする意図だが、△4二金右とじっと固めておく手も有力だった。あるいは△6三金と力をためる手もあったかもしれない。△9四歩以下は、▲同歩,△同香,▲9五歩,△7四歩,▲同歩,△7五歩,▲7三歩成,△7六歩,▲同金,△7五歩と進んだ。この手順で、△7四歩の代わりに△9五同香もあった。▲同香なら、△9七歩などである。

【図5】 79手目▲7四とまで
持ち駒:△佐藤天彦名人=銀



持ち駒:▲羽生竜王=桂歩3
ここで羽生竜王は味の良い▲7四とだが、ここでも形勢は互角のようである。以下、△同飛,▲8五金,△7一飛,▲2六桂,△5七歩,▲同金,△7六歩となった。△5七歩は結構応手に困るいやらしい手のようであるが、局後の検討ではこれが緩手というのだから、将棋は分からない。△5七歩に代えて単に△7六歩とし、(1)▲7四歩△8一飛▲8六金△8八歩▲同玉△7五銀打▲同金△同銀▲3四桂△9五香▲2四歩△同歩▲2二歩は一局の将棋。(2)▲7三歩△8八歩▲同玉△7三飛▲3四桂は難解。以下△7七歩成▲同桂△7六歩には▲7八歩で耐える、みたいな手順が検討された。

【図6】 87手目▲3四桂まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=銀



持ち駒:▲羽生竜王=銀歩5
しかし、▲3四桂と味よく銀を取っては、先手よしである。尤も先手は、玉頭に歩が迫っていて、かなり怖いが。▲3四桂には当然後手は△7七銀と打ち込んでくるが、▲6九玉,△8一飛,▲5四歩,△8五飛,▲6四角,△4一玉と進んで、ここで羽生がじっと▲5九玉と寄ったのが勝ちを決めた好手だった。こうしておくと△8七飛成が詰めろにならない。

【図7】 96手目△6三金打まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=なし



持ち駒:▲羽生竜王=銀2歩5
で、天彦名人は△6三金打と受けたが、▲5三銀,△6四金,▲5二銀成,△同玉,▲5三金,△6一玉,▲7三銀とついに後手玉に詰めろがかかってしまった。後手は△6八銀,▲4九玉としてから、△5一角と受けたが、▲7七桂がぴったりで、△7三角,▲8五桂,△5七銀成と一応後手は詰めろをかけたが。

【図8】 投了図 111手目▲8一飛まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角金銀



持ち駒:▲羽生竜王=銀歩5
▲8一飛で簡単な即詰みなので、後手が投了した。なお、▲8一飛では単に▲7三桂不成でも詰みである。▲8一飛には後手は△7一金だと思われるが、▲7三桂不成、△7二玉、▲8三銀、△7三玉、▲6二角、△同金、▲8二飛成、△8四玉、▲9四銀成、△7五玉、▲8四龍というまるで詰将棋のような詰手順がある。

以上みたように、羽生がぎりぎりの難解な終盤を制した。敗着は、84手目の△5七歩なのだろうか。とてもそうとは思えないが、天彦名人に他に目立った疑問手がない。

さて、次の第4局はまたしても、天彦名人の先手番。戦型は角換りか。その先手番をキープするようだとまた分からなくなる。

BIOS update

user-pic
0

連休中の5月5日だったと思うが、何かWindows Updateが来ていないかと確認したら、Windows 10バージョン1803の機能更新プログラムというのが来ていた。それで、軽い気持ちで導入を開始したら、なんとこれが重いこと、3時間もかかってしまったが、どうもこれは年に2回のWindows 10のメジャー・アップデートで、もしかしてSpring Updateというものかもしれない。というのは、これがめでたく終わると、いろいろい追加された新機能を紹介する画面になったからである。しかし私はずぼらなので、今までのメジャー・アップデートで、どんな機能が追加になったか確認したこともなく、今まで通り使い続けているだけである。

それと、5月9日は第2水曜日で、定例のWindows Updateの日だったが、Windows Updateフリークの私には珍しくうっかりWindows Updateを忘れていて、なんかパソコンが不安定だよね、大丈夫かな、と能天気に?不安がっていた。すると、勝手にWindows Updateが進んでいたようで、あるタイミングでWindows Updateが終わっているらしいので、パソコンを立ち上げなおしたら、事なきをえた。

いやあ、次々にいろいろなUpdateが来るもんだと怪訝になっていたところ、5月10日の夜、パソコンを立ち上げたまましばらく席を離れて戻ったところ、見慣れないスクリーンが表示されていた。なんだろう、なにかの不具合かと思ってよく見ると、なんとLenovoのBIOS Updateだった。へえ、いまどきはBIOS Updateもこうやってくるのかと思いつつOKをクリックしたところ、しばらく何かのプログラムをダウンロードしたあと、急にパソコンがリブートされ、立ち上がるとBIOS Updateの導入画面になった。

その導入画面の赤い帯の部分を眺めていてふと、もしこれが手の込んだウイルスなら、パソコンのファームウェアは完全に破壊されてお陀仏だよね、と変な不安がよぎった。だとしても、毒食らわばBIOSまでの諺?に従い、開き直って導入したら、無事立ち上がって安心した。しかし、立ち上げ時のLenovoの表示図面が更新され、赤みがかっていて無気味なのが気になる。BIOSなんて縁の下の力持ちなんだから、もっと地味な表示にすべきである。

ともかく、こうして私のパソコンライフは命尽きるまで続くことだろう。しかし、いくら私が長生きしても、AIはこういうシーンではあまり活躍しないと思われる。なぜなら、システムの低レベル(ハードウェア寄りという意味であって、簡単だとか、誰もが理解できるという意味ではない)のところは泥臭くて、人間が思考錯誤しながら作業するよりないと思われるからである。

落穂拾い

user-pic
0

人間は、生きているといろいろなことをどんどん忘れる。それは多分必要なことなのだが、思い出さないと困ることもある。例えば、算数の筆算とか、漢字の書き取りとか。

算数の筆算なんて電卓や表計算ソフトを使えばいいし、漢字の書き取りなんて仮名漢字変換ソフトがあるので不要である、というのは確かに日常のビジネス・シーンではそうかもしれないが、あまりにそれらに頼りすぎると、確実に知能の基礎力が低下する。

例えば、三桁同士の掛け算の筆算なんて小学生で習うが、しばらくブランクがあると、実際にやろうとすると確実にとまどう。根っから秀才の人はそんなことはないのかもしれないが、少なくとも私はそうである。また、ちょっとした漢字が書けないということは、パソコンやスマホの仮名漢字変換ソフトが普通になってから、多くの人が経験しているだろう。

そういうのを放置していても死に至る病になることはないので、平気と考えるかどうかは人生観であろう。私はやや強迫神経症的にそういうのはまずいと思う方なので、最近では通勤鞄に、何冊かのノートと、ポケットタイプの辞書を入れるようにしている。辞書は以前は国語辞典のみだったが、最近は、ハンディな英和・和英辞典を買い込み、戦力を強化した。これで英語の読み書きにも対応できる。どちらも三省堂のデイリーコンサイスで、昔からかなり重宝している。

私はあまり語彙が豊富でないせいか、ちょっとしたミステリー小説を読んでいても知らない単語に出会うことがある。すると私は、折角のストーリーの流れを中断させてまでも辞書を引く。意味を調べると同時に、書けない漢字である場合、ノートに書き取り練習したりする。以前はそんなことしたら小説を読む気がなくなったものだが、最近は頭の退避用レジスタを強化したので、そこまで読んでいた状況をレジスタに退避しておき、タスクスイッチから、もとのタスクに戻りやすくなった。

これが英語になるとかなり面倒である。すなわち、TIMEを読んでいて、知らない単語に出会う頻度は日本語の小説の比ではない。それで以前は、辞書を引かず、こんな意味だろうと類推して読み進めていたが、そのまま読み進めているとなにかのずれが溜まってきて、ある段階で読解が破たんしてしまう。すると英語を読むこと自体が嫌になるので、面倒でも辞書を随時引くことの必要性は日本語の文章より大きい。

ところで、私は中学の頃から英語の単語の覚え方は、その単語を使って文章を作ってみることだった。能率はよくないかもしれないが、そのやり方を続けたおかげで、英作文力にはある程度自信がついた。それは外資系いってからも、仕事に大変役立った。米国出張に行ったときに、ある英国人に、君の英会話はひどいが、文章は自分が知っているフランス人よりましだ、と言ってもらえたときは嬉しかった。最近は仕事で英語を書くことがなくなったが、2年ぶりに中国の知り合いから英語のメールをもらったとき、ちょっと冷や汗書きながらなんとか返事が書けたので、英作文のスキルも練習しなくてはと思う。

こういう一連の能力回復の努力を私は、落穂拾いと呼ぶ。しかし、それはもともとの意味より広いのであって、落穂拾いというのはもともとあった落ちた葉を拾うことたが、そうでなくてもともとあった葉でなくても拾ってもいいわけで、すなわち、忘れてしまった既知と、最初からの未知を区別しない。要するに、なけなしの学歴や経験なんかにあまり価値を置かず、スタートオーバーするのであった。

白川道「海は涸いていた」新潮文庫は、古書店でみつけてなんとなく買っておいたのだが、なぜかすぐには読む気がしなくて、しばらく積んておいた。それを最近になって手に取ってみたのは、単なる嗜好のランダマイズにすぎなくて、特に興味が湧いたわけではない。

ところが、よくあることだが、渋々読み始めると、地味ながらしっかりしたストーリーのハードボイルドで、次第に面白くなってきた。

この小説の主人公は、伊勢孝昭。まだ37歳ながら、佐々木組という中堅どころの暴力団の組長に見込まれていて、クラブ経営のフロント企業を伊勢商事として任されている。ただ、伊勢は頭がよく勘もいいとはいえ、ビジネス経験が乏しいので、サポートに茅野というベテランの組員を専務に就けた。伊勢商事は、伊勢と茅野の絶妙の連携でかなりの利益を上げ、佐々木組に貢献している。

そんな伊勢には暗い過去があった。すなわち、最初の父親がギャンブル狂いのひどい父親で、伊勢が生まれても、一向に態度が改まらないので、伊勢の母親は業を煮やして、伊勢を連れて離婚した。そして、母親は芳賀という遠洋航路の船員と再婚した。芳賀は、大変真面目で人格者であり、長女の薫も生まれて幸せな日々だった。伊勢は当時、哲郎という名前で、なので芳賀哲郎が伊勢の本名である。一種、過去と決別するため伊勢孝昭と名乗っている。

しかし、芳賀家の幸せは長く続かない。遠洋航路に出た芳賀が船中で病死してしまったのである。悲嘆に暮れる芳賀家に前夫がやってきた。そして、詐欺で芳賀家の全財産を奪ってしまい、芳賀家をどん底に突き落としてしまった。ついに母は自殺してしまい、哲郎と薫は神戸にある施設に入れられた。薫は幸いにも馬淵という音楽家の養子となり、幸い天賦の音楽の才能に恵まれて、後に世界的なバイオリニストに成長した。

ところが、哲郎は施設の仲間が不良に虐められているのを助けに行って、やりすぎて相手の一人を死なせてしまった。このことで哲郎は少年院に入り、人生が暗転した。

少年院を出ると哲郎は焼津の長坂という保護司の下で更生を図った。すなわち、保護司が船舶修理会社を経営していたので、そこに勤務していたが、たまたま長坂の娘の今日子と恋愛関係になった。結婚を考えていたら、長坂から強く反対され、傷心の哲郎はハーパーライトというクラブに転職した。そこで、布田という男と知り合い、意気投合した。布田の影響で哲郎はヤクザの道に入った。そして、その縁で、焼津出身の佐々木組の佐々木組長に見込まれ、哲郎は伊勢商事、布田は布田商事の経営を任されているという次第である。

さて、布田はいかにもヤクザらしい稼業だったが、伊勢の方はなるべく堅気らしく堅実にビジネスしてきた。それが佐々木組長の方針だった。ところが、哲郎の妹の薫が、あくどいスキャンダル誌の記者から強請られ、その世界的な音楽家の地位が危うくなるという事態になってきた。

そこで伊勢孝昭は、佐々木組長の許可をえて、堅気の仮面を脱ぎ捨てて、芳賀哲郎としてヤクザに戻ることにした。ところが、哲郎の施設時代の仲間で今でも兄弟同然に付き合っている三宅慎二と、その恋人でやはり施設の仲間だった藤城千佳子が関与してきて、事態は錯綜してきた。

ここからが佳境なので、ストーリーの記述は省略するが、緻密でいて筋が通った侠気漲るストーリーに感動したのだった。後で知ったのだが、作者の白川道は、ハードボイルド作家として有名であるだけでなく、一度に何百万円もすったりする、スケールの大きい競輪のギャンブラとしても有名なのだった。

9連戦

user-pic
0

いまどきのプロ野球は、9連戦があるんだ、と思った。具体的には、4月28日(土)から5月6日(日)までの9連戦。確かにその間は大型連休の最中なので、興行的には沢山の人が球場に野球を観に来るだろう。しかし、9連戦といっても、相手は三チームが入れ替わるので、どうしても移動が生じる。セリーグはパリーグよりましかもしれないが、最長で広島と東京の間を移動して、それでいて中一日の休みさえない。ちょっと負荷が大きすぎないか。

だいいち、普通先発投手陣が九人も揃っているわけではないので、普段より短いインターバルで先発のローテーションを回さなくてはならない。中継ぎやストッパーも、ピンチになっても出すのを控えなくてはならないことがある。よく分かってないファンは、なんであそこで抑えの切り札を出さないのだ、ピンチヒッターを出さないのだ、と文句をいうかもしれないが、監督は9連戦を大域的にみて戦略的に思考しなくてはならない。すると、もうちょっと頑張れば勝てるという試合も捨てたりする。後々勝つためである。

カープはというと、4月28日からの地元のズムスタの阪神との三連戦、なんとか2勝1敗で、まあそんなもんだった。そのあとズムスタに巨人を迎えて三連戦のところ一日雨で二連戦、ここで巨人に二連勝したのは大きかった。

ところが、そこから神宮に行って休みなしでヤクルト戦。ジョンソンの調子が悪くてエラーやデッドボールで3点取られ、打撃は振るわず、ブキャナンに完封を許した。しかも大量加点され、大敗だった。これが連戦の疲れと、遠距離移動の疲れでなくて、なんだろう。

次の日カープは打ちまくって大勝し、前日のうっぷんを晴らしたが、9連戦の最終日、カープは鈴木誠也も松山も出さないという将棋でいえば銀落ちくらいのスタメンで臨んだが、バチスタのホームラン以外点が入らず、押されっぱなし、それでも一点リードで9回の裏を迎えた。ところが守護神中崎が、ほとんど実績のない代打の人に突然ホームランを打たれ、同点。その後カープは加点したが、その裏にヤクルトの好調坂口のヒットでサヨナラ負け。カープファンとしては超がっかりだが、9連戦終わってみて、カープは5勝3敗1雨天中止で、比較的傷は浅いぞ、だった。もしかして9連戦、セリーグで一番ましな成績だったかも。

まあ9連戦はどのチームも辛い、厳しいのである。ともかく、カープを差し置いて突っ走るチームがなくてよかった。

新聞の書籍広告で、「棋翁戦てんまつ記」集英社文庫を見かけて、なんだこれはと思った。しかし、著者の一人に、逢坂剛を見つけて、百舌シリーズのファンである私は迷わず注文した。

ところが、読み始めてすぐに、再びなんだこれは、と顔を顰めた。なぜなら、要するに将棋ファンのおっさんたちが、わいわいがやがやと、必ずしも上品でない冗談をいい、将棋を指すのだが、その将棋たるや、一応アマ四段の私からみて、ちょっとそれは、とか、それはないでしょうという手の連発で、感覚を破壊されそうで、頭を抱えたりした。

それでも読み続けると、次第に面白くなってきたのは、観戦記や、それに対する対局者あるいは関係者の注釈が委細に富んでいて、とても興味を惹かれてきたからである。それも当然で、執筆者がみんな名だたる作家なのである。

棋翁戦てんまつ記に登場する作家は、逢坂剛を始めとして、黒川博行、船戸与一、大沢在昌、志水辰夫、北方謙三、夢枕獏、宮部みゆきで、流石に当代一流の面々である。

当代一流の面々といったものの私は、船戸氏のお名前をこの本を読むまで知らなかった。日本のミステリーやハードボイルドの主だった作家の作品はカバーしていると思っていたのに、まだまだ甘いようである。修行が足らない。

さて、棋翁戦のなれそめは、逢坂氏と船戸氏の会話である。相撲が好きなお二人は相撲談義に花を咲かせ、それでは相撲で勝負するかということになったが、大の男二人が相撲をとる場所を確保するのも難しくて、別の互いに共通の趣味である将棋での勝負となった。

場所は井の頭公園の片隅。先番の逢坂氏が居飛車で、船戸氏が振り飛車。逢坂氏は筋のよい受け将棋で、じっくり受けに回って攻めをいなし、船戸氏を押し切った。

これは、集英社の小説すばるの企画となり、逢坂氏が初代棋翁となった。

ところが、それを見ていた将棋ファンの夢枕氏が激怒?した。仲間外れにされたからである。夢枕氏といえば、風果つる街という将棋小説の作品もあって、将棋に対する造詣の深さが窺われる。こうして逢坂対夢枕戦が実現した。

この将棋も、筋のいい逢坂氏が圧倒的に優勢に見えたが、夢枕氏の変幻自在のトリッキーな反撃に逢坂氏が間違えて、頓死となった。

これで新棋翁の夢枕氏が欣喜雀躍していると、船戸氏が再度挑戦してきて、掟破りのようなことをして、夢枕氏を破った。

次に本格派の志水氏が挑戦してきた。ご自身は将棋は知らないといいつつ、志水氏を父のように慕う宮部氏の応援メッセージが格調が高くてよかった。将棋も志水氏が絶対の優勢を築いたのだが、志水氏の消極的な一手に乗じて、船戸氏が寄せ切った。この将棋の船戸氏は強いと思った。

次に逢坂氏が船戸氏に挑戦して雪辱し、最後に黒川氏が関西流の渋い振り飛車で逢坂氏を破った。わからないけど、この中で黒川氏が一番強いのではないか。

あと、逢坂・船戸・志水氏が、ときの名人米長に平手三面指しに挑戦するという無謀な企画もあり、この本は実に盛り上がった。

私は自分に対する宿題として、まだ読んだことがない船戸、志水、北方の作品を少なくとも一つ読んでみることにした。

そういえば、なんとなく大沢在昌氏の影が薄かったが、まあいいか。

5月5日夜は、世界卓球の女子団体、中国対日本をテレビで観ていた。その結果につき、以下、日刊スポーツの記事から引用させて戴く。

47年ぶりの金メダルを目指していた卓球女子の日本代表は中国に1勝3敗で敗れ、3大会連続の銀メダルとなった。第1セットこそ平野美宇が3-2で先勝したものの、平野美宇、石川、平野がストレートで敗れた。1位は中国、2位日本、3位は韓国・北朝鮮と香港の2カ国となった。

観ていると、第1試合で伊藤美誠が、追い込まれながらも劉詩ブンを3-2でぎりぎりで破ったときは、もしかしていけるかも、と思ったのだが。

伊藤美誠のコメント
(中国の)劉詩ブン選手とは2戦目の試合だったんですけど、すごくいい形でいい出だしでスタートして、そして勝ったことが自信になりました。少しラッキーがあったんですけど、苦しい練習をやってきて良かったなと思います。

しかし、日本チームの攻勢はそこまでだった。第2試合では平野美宇が丁寧に0-3でストレート負けした。

平野美宇のコメント
(中国の)丁寧選手とは何度か対戦しているんですけど、1番で(伊藤)美誠ちゃんがいい流れで回してきてくれたのに3-0で負けてしまって残念でした。プレー自体は悪くなかった。いいプレーをすればするほど、相手もきっとやりやすくて、どんどん返ってきた。結局は自分のミスだったので、申し訳ないですし、悔しいと思います。

第3試合では石川佳純が朱雨玲に0-3で敗れて、第4試合では平野美宇が劉詩ブンに0-3に負け、47年ぶりの金メダルの悲願は潰えた。

主将の石川佳純のコメントは、以下のとおりだった。

内容的には最悪で、せっかく(伊藤)美誠ちゃんが勝ってくれたのに、点数を取れなくて、チームに貢献できなくて、本当に申し訳ない。すごく悔しいです。必ずリベンジしたい。すごく悔しい気持ちもあるので、次に向けてしっかり頑張りたいと思います。(今大会は主将として)初めてだったんですけど、みんなと楽しく戦わせてもらいました。すごく自分自身も成長できたし...(涙ぐむ)試合には出てなかったんですけど、あとの2人もすごく頑張ってもらって、チーム一丸で、今日も美誠ちゃんも勝ってすごくいいプレーをしてくれましたし、『次は日本が勝つんだ』という気持ちでまた頑張りたいと思います。

観ていて、へぇと思ったことがある。それは、日本選手三人の世界ランキングの合計は、対戦した中国選手の世界ランキングの合計よりも優っている。すなわち、伊藤美誠(7位)、平野美宇(6位)、石川佳純(3位)に対して、劉詩ブン(10位)、丁寧(11位)、朱雨玲(2位)。なので、日本チームが勝っても決してまぐれではないのだが、中国チームは昨年のアジア選手権女子シングルスで平野美宇に歴史的な大敗を喫してから、平野美宇はじめ他の日本のトップ選手を徹底的に研究した。中国チームは、その研究を長年蓄積した実戦の経験知とノウハウに組み込んで、今回も日本チームを結果的に圧倒したのだった。それでも、伊藤が一矢報いたのは実に大きな一歩であった。

ところで、先日情熱大陸というテレビ番組を観ていて、感じることがあった。それには、囲碁で日本でナンバー2と目されている一力遼八段が登場した。一力遼八段は子供のころから天才の名を恣にし、2014年グロービス杯世界囲碁U-20優勝、第26期竜星戦優勝、その他何度も井山七冠とタイトルの挑戦手合いを戦っている。

井山七冠との対戦はいつもぎりぎりで、途中かなり優勢になる碁もあるのだが、なぜか最近勝てていない。直近で一力の10連敗である。

このあたり、日本の女子卓球も、中国に対して同様の苦悩を経験するのか、それでもブレークスルーはあるのではないか、といろいろ考えてしまった次第である。

テレビのニュースを観ていて、今年のノーベル文学賞は見送る、とあったので、えっ、どういうこと?と思った。朝日新聞ディジタルの記事から引用させて戴く。

ノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーは4日、今年の同賞の発表を見送り、2019年分と合わせて発表するとの声明を出した。アカデミーは関係者によるレイプ疑惑やその対応をめぐって会員が相次いで辞意を表明するなど混乱し、「機能不全」に陥っていた。1901年から続く文学賞の権威を守るため異例の対応となった。発表の見送りは69年ぶり。

なるほど、ノーベル文学賞見送りの理由は、ノーベル文学賞選考委員のモラルハザードと、それに起因する内紛か。

文学賞では過去にも前年分を同時発表した例はあるが、今回は不祥事を受けての延期。「文学賞の創設以来、最悪の危機」に陥っている。文学賞はノーベル各賞とともに毎年10月上旬に発表され、近年は村上春樹氏の受賞に注目が集まっている。

「文学賞では過去にも前年分を同時発表した例はあるが、」というが、それはどんな理由なのだろう。それが今回のような不祥事でないとすると、戦争などの理由だろうか。

アカデミーは声明で、今年の選考作業は今後も予定通り続けるが、「次の受賞者を発表するまでに、信頼回復する必要がある」とした。ただ、権威が失墜しつつあるなか、現体制による選考を続けることで理解を得られるかは不透明だ。

不祥事の具体的な内容は、以下のとおりである。

アカデミーでは昨年11月、会員を妻に持ち、自らもアカデミーから資金提供を受けて文化施設を運営していた文化界の重鎮の男性にレイプ疑惑が浮上。その後、この男性が発表前に文学賞の受賞者を把握し、外部に漏らしていた疑いも報じられた。男性はすべての疑惑を否定している。
アカデミーの4日の声明では、会員の配偶者である男性に資金が渡っていた利益相反への対応や、情報管理の徹底について、「包括的な改革」を始めたことも明らかにした。ノーベル賞を主催するノーベル財団もこの日、「アカデミーの危機はノーベル賞に悪影響を与えている。(今回の)決定は賞の評判を守る助けになる」との声明を出した。

もともと文学賞と平和賞は、ノーベル賞の中でも、他の自然科学の賞とは異なり、万人が納得するような基準で選考することが極めて困難である。平和賞は一旦措くとして、ノーベル文学賞はその性質からして世界の文学が対象であるべきところ、文学というのはそれが書かれている特定の自然言語の性質に強く依存するところ、選考委員たるスウェーデン人にそれを読解してもらうためには、少なくとも英仏独などの、メジャーな西欧語で書かれるかそれらへの翻訳である必要があるところ、翻訳というのは多くの場合、その翻訳者によって書かれた別の作品とみなすべきだったりすることもあるからである。

なので、選考委員のモラルハザードが発覚する以前から、ノーベル文学賞の選考基準の客観性、妥当性には大いなる疑問があると私は思っており、おそらくそういう意見の人は世間に相当多い。そこにきてこのスキャンダルだから、ノーベル文学賞の権威は地に墜ちたというべきだろう。

私は心ある文学者、作家に、ノーベル文学賞の受賞が伝えられたら、辞退してほしいと思う。例えば、冗談じゃない、そんな賞を貰うほど自分の作品の文学性は低くない、という理由で、である。

これを機会に、ノーベル文学賞、もうええねん、という風潮になればいいと思う。

潘建偉

user-pic
0

読売新聞によると、中国がその豊富な資金を投入して、科学技術研究着々と実績を積み上げている。その中でも注目を集めているのは、遠距離量子通信技術の専門家である潘建偉氏である。まず、Science Portal Chinaのページから引用する。

2017年 12月19日
ネイチャー誌は17日、今年1年で科学に重要な影響を与えた「今年の10人」を選出し、中国からは物理学者の潘建偉氏が選ばれた。また、重力波観測施設「VIRGO」の天文学者マリカ・ブランケージ氏らが選ばれた。ネイチャーの編集者は、「量子通信やゲノム編集、潜在的な核の危機、米国の環境保護政策の後退など、これら選出された10人が2017年の科学の成果と挫折をもの語っている」とした。科技日報が伝えた。
ネイチャーは入選者全員を記事で紹介。そのなかで「量子の父」(FATHER OF QUANTUM)と題した潘氏に関する記事では「彼は中国で、量子の父と呼ばれている。潘氏はその呼び名にふさわしい人物だ。潘氏に率いられ、中国は遠距離量子通信技術におけるリーダー的国家となった」と紹介された。
潘氏が率いる世界初の量子科学実験衛星「墨子号」のチームは今年6月、1000キロ級の衛星・地球双方向量子もつれ配送を実現し、世界で長年維持されてきた100キロ級の記録を打破した。関連成果はサイエンス誌に掲載された。それから約1ヶ月後、同チームは再び世界で初めて1000キロ級の衛星・地球双方向量子通信を実現した。関連成果はネイチャー(電子版)に掲載された。

読売新聞の記事に戻って、潘建偉氏は、イギリス紙のインタビューに応え、中国政府が今後5年間で、20億ドルを量子力学の分野に投資する述べたそうである。

また、潘建偉氏(Jian-Wei Pan)は、今年のTIMEのTHE 100 MOST INFLUENTIAL PEOPLEにもリストされている。その記事を書いたウィーン大学の物理学教授で量子情報や量子テレボーテションの権威のアントン・ツァイリンガーによると、潘氏なくして、量子技術の勃興は考えられないという。

潘氏が一躍有名になったのは、上述のように去年の夏、彼が地上と、300マイル以上の上空の起動にある中国の人工衛星Micius(上記記事では、墨子とある)の間で、光子の量子状態を用いて量子通信を達成したからである。ツァイリンガーは、潘氏の指導教授であった。

そういえば、去年の暮たまたま仕事で、ディープラーニングなどのAI関係の技術論文を調べる機会があったが、ほとんどの著者が中国人で、米国人や欧州人もほとんどおらず、日本人は一人もいないので唖然としたことがあった。まさに中国の科学技術畏るべしである。

古書店で、島田荘司の「御手洗潔と進々堂珈琲」新潮文庫を見つけて、面白そうだったのでとりあえず買ってみた。

私は必ずしも島田荘司の熱心な読者ではないのだが、異邦の騎士を通じて、御手洗潔が、島田荘司の世界の名探偵であることを知った。

一方私は、珈琲店タレーランの事件簿のファンでもあって、すると御手洗潔が進々堂珈琲のマスターで、店に来た客から話を聞いて、独特の推理で解決するというストーリーなのかと思った。

ところが読んでみると、全く違った。「御手洗潔と進々堂珈琲」は短編集なのであって、「進々堂ブレンド1974」、「シェフィールドの奇跡」、「戻り橋と悲願花」、「追憶のカシュガル」の四編からなる。

「進々堂ブレンド1974」は、京都で京大を目指して勉強している浪人生がたまたま、進々堂という京大生の溜まり場で御手洗と出会って、いろいろ興味深い話を聞くというものである。実はなんと、御手洗は京大医学部の学生なのであって、それでどうして後年、地味な探偵になったのだろうと不思議である。そんな御手洗は、世界を旅行するのが好きで、その後の話は、御手洗が世界で経験した話を浪人生に話すという形式をとっている。

「シェフィールドの奇跡」はイギリスで、御手洗が、ある知恵遅れの子供が力が強いという自分の得意分野に気づき、大変な苦労の後、イギリスを代表するような重量挙げの選手になるという話。御手洗はそこにいて、何かと介添えしていた。

「戻り橋と悲願花」は、御手洗がアメリカ西海岸で、そこで商売している韓国人と会い、いろいろ苦労談を聞いたという話。なんとその韓国人は戦時中、姉弟で韓国から挺身隊として日本にやってきて、風船爆弾の製造に従事していたのだという。弟の方は怪我して、その療養で埼玉県入間郡高麗村に滞在している間に見事な曼珠沙華の花畑に出会った。そして元気になって風船爆弾の製造に戻ったとき、そこに不思議な置き土産があった。

「追憶のカシュガル」は、御手洗が、シルクロードの要衝であり、いまはウイグル自治区にあるカシュガルに滞在して見聞きした内容の話。そこで出会った、周囲から打ち捨てられたような老人から、御手洗が、オリエンタル美人の女のこと、イギリス領事官のこと、中野学校卒のような日本人スパイのことなどの話を聞いて、いろいろと考え込むという話。

この小説に、島田荘司のミステリーを期待したら失望するだろうが、御手洗による世界見聞録と思えば、なかなか興味深い。というのは、意外に知られていない話ばかりだからである。

ということで、島田荘司の、あるいは御手洗潔の意外な面を発見したのだった。

私は囲碁の白石七段のブログを毎日楽しみにしているが、そのブログで、芝野七段が日中竜星戦で中国の柯潔九段に勝った、とあったので、それは凄いと気持ちが高ぶった。そこで、ウェブで探してみたら、毎日デジタルの記事があったので、引用させて戴く。

囲碁の第4回日中竜星戦(囲碁・将棋チャンネルなど主催)が29日、中国・北京で打たれ、芝野虎丸七段(18)が中国の柯潔(か・けつ)九段(20)に白番中押し勝ちした。世界最強棋士の一人を内容でも圧倒、同棋戦の日本勢初勝利をもたらした。
日本と中国、それぞれで開催された「竜星戦」の優勝者同士が対決する早碁のテレビ棋戦で、過去3回は中国の世界トップ級棋士に、日本勢が苦杯をなめていた。
芝野は昨年7月、プロ入りからの史上最速記録、2年11カ月で竜星戦を優勝。本因坊戦や名人戦で最年少リーグ入り記録も更新し、昨年、年間最多勝を挙げている。【最上聡】

さらに白石七段のブログの一部を引用させて戴く。

4図(実戦)
白1、3の切り2発!
黒勢力は決して強くないとみて、破壊しにいきました。
ずっと狙っていたのでしょうね。
芝野七段は、誰と打っても遠慮するということがありません(笑)。

誰に対しても芝野七段は、最強の戦いを挑むが、それはまさに井山七冠がそうであり、すると近い将来、井山対芝野の天下分け目の戦いが繰り広げられるだろうと予測しても、あまりにも自明な命題でありきたりすぎるというところである。

囲碁との対比で、将棋界は藤井六段に続く若手がいまいち目立たない。私は将棋界は三段リーグを含む奨励会と順位戦制度が、若手の進出にややブレーキになっていると思うのだが、どうなんだろう。

ところで、最近体操で、内村航平が全日本体操で11連覇を逃したが、それを打ち破ったのが白井健三でなく、谷川翔という聞いたことがない新人であるというのが、すごいと思った。

このようにどんどん凄い若手が出てくるというのがその分野の活性度だと定義しても、それなりに妥当だと思う。そういう意味では、まだ若い張本がニュースターである男子卓球も活気にあふれているし、女子卓球も若手中心で頼もしい。

一方、プロ野球はというと、カープのライバルチームなのであまり持ち上げたくはないのだが、やはりDeNAの若手の進境が著しい。すなわち投手では京山と東。先日のカープ戦では、運よくなんとかカープが勝ったが、今後苦しめられそうである。

カープも若手が頑張っていると思うのだが、DeNAと比べると相対的に年齢が高い。早く中村奨成が上がってきてほしいのだが。

向島の事件

user-pic
0

尾道市の向島といえば、私にとってほぼ地元なので、事件から3週間くらいたっても容疑者が確保されないことにやきもきしていたのだが、ついに逮捕されたようで、ほっとした。以下、共同通信の記事を引用する。

「気が気でなかった」「ようやく一安心」。脱走していた受刑者の平尾龍磨容疑者(27)が30日、約3週間ぶりに逮捕され、潜伏しているとみられていた広島県尾道市の向島の住民からは、安堵と疲れの交じった声が聞かれた。
向島では車上荒らしに遭った車から平尾容疑者の指紋やDNA型が検出されるなどし、捜索に広島・愛媛両県警の捜査員ら延べ約1万5500人が動員された。
平尾容疑者に似た不審者が写っていた防犯カメラがある岩屋山の近くに住む会社員は「家の周りには夜中もずっと警察官がいて、気が気でなかった。幼稚園児の息子がいたし、見つかってよかった」と胸をなで下ろした。

また、下記の読売新聞の記事によれば、平尾容疑者は泳いで対岸に渡ったようである。

広島、愛媛両県警は逃走後、向島を中心に約1万5000人を投入して捜索を続けていたが、その間に平尾容疑者は泳いで対岸に渡っていたとみられる。
尾道海上保安部によると、向島と本州間の尾道水道は24日午後10時~25日午前0時、東から西へ時速約1・5キロから約0・7キロで緩やかに潮が流れていた。向島と本州の距離は最短約200メートルで、同保安部は「泳ぎが得意な人なら、潮に流されながらも対岸まで泳げるのではないか」とみている。

そういえば、暗殺者の飛躍には、グレイマンが空き家に潜伏したり、河を泳いで逃げるシーンがあったような気がする。なので、平尾容疑者はちょっと特殊工作員的なスキルがあるのだろう。戦時中なら、陸軍中野学校で鍛えられて活躍したかもしれない。

とはいえ、住んでいる島内に窃盗の容疑者が潜んでいるということの不安は、島出身者として痛いほどわかる。しかも島というところは普段ほとんど犯罪が起きないので、住民は日常的には自宅に施錠しなかったりする。なので、事件が起きると不安は特に大きい。

それでも、島出身者として私は、島に逃げ込むなんて袋のネズミじゃんと思ったのだが、それは私の出身の周囲10キロ程度の小さい島の場合で、向島となると、その何十倍も広いので、やはり逮捕は簡単ではない。しかも過疎化で空き家が沢山あり、目撃者も少ない。空き家は格好の隠れ家になる。

なので、平尾容疑者はもうちょっと向島で粘ろうと思えばできたのかもしれないが、おそらく孤独と田舎特有の退屈さに倦んだのかもしれない。それで、リスクを冒して、広島市内に敢えて出たのであろう。

しかし、最近では都会の雑踏に紛れるという概念がだんだん通用しなくなってきている。それはおびただしい監視カメラの設置などである。広島県警も、不慣れな過疎の島での捜査と違って、その膝元の広島市内とあっては、ズムスタのカープのように活き活き動けるので、逮捕は時間の問題だった。平尾容疑者もそれは分かっていて、逃亡に疲れ、終止符を打ちたかったのかもしれない。

ともかく、この事件をきっかけとして、過疎の島に逃げ込むことが有利と判断する逃亡犯が出てくるかもしれないので、過疎の島でも今後なんらかの警備対策が必要だろう。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2018年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年4月です。

次のアーカイブは2018年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。