爪痕

user-pic
0

中公文庫は、ミステリー小説の分野ではややマイナーであるが、それでも安部龍太郎のSROなど、私が気に入っている作品がいくつかある。そのSROの最新刊のSRO Ⅶを買ったとき、そのとき本に挟まっていた新刊案内に、島崎佑貴の「爪痕」というのが目についたが、なんとなくいまいちのような気がして、そのときはスルーした。

ところが、それから数か月して、アマゾンの「爪痕」に比較的好意的なコメントがいくつか散見されたので、じゃ、と買って読み始めた。すると、これは、小々森八郎という異様の性格の悪い警視庁捜査一課の刑事が主人公なのだった。

「爪痕」は、小々森の上長の粟飯原というキャリアの管理官が、キャリア仲間で厚生労働省のエリートと密談する場面から始まる。密談の内容は、どうも厚生労働省の麻薬取締の仕事に警察も加わってほしいという、常識とは反する依頼だった。なぜなら、麻薬取締は警察の組対の領分でもあり、その分野で厚生労働省と警察はいつも激烈なライバルである。

どうも裏がありそうと思いつつも、粟飯原は部下の特命対策室四係の女性係長である糸川警部補にこの話をもっていった。具体的には、長崎の敷島という島で大掛かりに麻薬が栽培され、販売されているらしいが、麻取は人員不足なので、そこに密かに警察から人を派遣してほしいということである。いきなり長崎県警に話を持ち込むとややこしくなるからである。

で、指名されたのが、糸川の部下の小々森巡査部長である。小々森は高い検挙率の実績で注目されていたが、なにしろ平気で嘘をつくし、上司に対する態度も最悪である。しかし、小々森は長崎出身で地の利があるし、粟飯原には別の思惑もあった。それは、この麻取とのやりとりでなにか問題があると、それを理由に左遷、あるいは免職させられるというものである要するに、小々森は警視庁で鼻つまみ者なのである。

ともかく小々森が敷島にいくと、なんとたまたま高校の後輩の神田という男がいた。なんでも一旦長崎県警に就職したものの、家庭の事情で警察を辞めて、故郷に戻ってきたという次第である。

で、小々森は、持ち前の無神経さで、神田に捜査協力を依頼した。それで神田が渋々受けると、地元をよく知る神田の案内で、島内で聞き込みを始めた。小々森は、麻薬ではないダミーの連続殺人事件の捜査としてやってきたのである。

ところが、ダミーの事件の捜査をしていると、小々森の聞き込みに過剰反応する複数の男たちが浮かび上がった。そこで、小々森と神田が様子を探っていると、男たちが小々森と神田を攻撃しようとやってきた。麻薬がばれるなら、殺すしかない、とまで考えたのだった。

一方、一見小々森たちに加勢しようとする男が現れた。それはどうも敷島に潜入捜査していた麻薬取締官らしい。そして、小々森、神田、麻薬取締官対怪しい男たちというバトルになった。しかし、折からの豪雨で、敷島と本土をつなぐ橋が流され、長崎県警からの応援が期待できなくなった。こうして孤立した小々森、神田、麻薬取締官が絶体絶命のピンチになったが、奸智に富んだ小々森がどうするか。

というストーリーなのだが、いちいち相手の神経を逆なでする、あまりにも性格が悪い小々森のキャラもなかなかユニークで新鮮で興味深かった次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4907

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年5月17日 05:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「素材主義と創作主義」です。

次のブログ記事は「西城秀樹、死去」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。