2018年6月アーカイブ

アガサ・クリスティーの予告殺人を読んでみたらとても格調が高く且つ面白くて、流石に名作の誉れ高い作品だと感心した。それで、予告殺人と同じミス・マーブル・シリーズを最初から読んでみようと思って、その第一作である「牧師館の殺人」を最近愛用しているオムニ7で注文しようと、そのハヤカワ文庫版で注文したら、なぜか入手できないという。どうもこのあたり、オムニ7は品薄でいけない。でも悔しいので、いろいろオムニ7で探していたら、偕成社の「牧師館の殺人」茅野美ど里訳というのが見つかった。確か偕成社って、絵本の出版社だよね、と注文してみた。

で、届いてみてびっくり。文庫版より少し大きくて、こういうのを何版というのだろう。そして、字が大きくて、それは老眼の私にはいいのだが、ほとんどが平仮名で、文章は少なくとも私には必要以上に平易で漢字のほとんどにはフリガナが振ってあって、一旦は落胆した。どうも小学校の高学年でも読めるように、という配慮らしい。

それでも折角買ったのだから、と読んでいると、平易な文章が次第に心にしみてきて、茅野さんの訳ってなかなかじゃんと、感心し始めた。

さて、「牧師館の殺人」の舞台は、ミス・マーブルが住んでいるイギリスの田舎のセント・メアリ・ミード村。

そんなプロズロー大佐が殺されたのは、牧師がちょっと電話で呼び出されて、外出している間だった。戻ってみると、牧師館の書斎で、村で札付きの嫌われ者、プロズロー大佐が殺されていた。もうびっくり仰天である。

プロズロー大佐は判事で、その職業柄もあって他人に厳しく、しかも相手が嫌がるようなことばかりいうので、必然的にみんなに嫌われるという次第である。

肝心の牧師は、その事件の直前、誰かに電話に呼び出されて不在だった。どうみても偶然とは思えず、犯人が呼び出したのか。

ところが、いきなり驚くべき展開になった。なんといきなり、犯人と称するものが警察署に自首してきたのである。それは、プロズロー家に出入りしている画家のローレンス・レディングだった。なにしろ、レディングは、プロズロー大佐と恋仲で、大佐の娘のレティスからも慕われている。レディングはそれこそ、絵に描いたようなイケメンで、魅了されない女性はほとんどいないくらいである。

ということで、唯でさえあやしい男が自首してきたのだから、もうこれにて事件は解決と多くの人は信じた。ところが、医師のヘイドリックが検死の観点から、レディングは犯人ではありえない、と示した。すると、実はヘイドリックの恋人で、プロズロー大佐の妻のアンが犯人でヘイドリックが庇ったのか。しかし、アンの線も消えた。

このあたりから、ミス・マーブルの推理が始動した。ミス・マーブルは、犯人になりえる人物は七人もいもという。そもそもよそ者で素性の知れない考古学者のストーン博士とその秘書のミス・クラム。謎の美人、ミセス・レストレンジ等。

ところで、この本は実に親切で、家の敷地の図解があり、これによると牧師館の隣に、ミス・マーブルの家がある。なので、ミス・マーブルと、牧師の妻のグリセルダは互いに知り合いである。牧師にとってグリセルダは美人で年下で、つい牧師が一目ぼれしたという次第である。しかし、気の強い妻でいつもやりこめられているので、今更牧師は後悔している。妻が雇っている家政婦のメアリはあまりに要領が悪いので、本当はクビにしたいのだが、妻が反対するので何もいえない。

その間も、密かに聞きまわってミス・マーブルの推理は煮詰まってきたのだが、どうしても不明な点がある。そこで、ミス・マーブルは警察署長のメルチェット大佐や、スラック警部補と相談して、犯人の行動を誘発するイチかバチかの勝負に出た、というストーリーなのだった。

それにしても、私の出身の瀬戸内海の島はきっと、セント・メアリ・ミード村よりも田舎だと思うが、他人の噂話と雑談がほとんど唯一の娯楽という点で実によく似ており、ミス・マーブルのような、他の人とは抜きんでた情報通のおばさんもいたと思うが、流石に殺人事件は起きたことがないので、探偵の活躍とはならなかった。

ともかく、ミステリーとしてのストーリーだけでなく、セント・メアリ・ミード村の人々の暮らしと個性が実に豊かで人間味があり、そういう点でも、この小説はすぐれている。このあたり、松本清張も本戦のストーリー以外も読ませるので、いい小説というのはそうしたものだろう。

次は、まるでジョン・ダニングを彷彿させるミス・マーブル・シリーズの「書斎の死体」を、少し時間をあけて読むとしよう。

私は無意味に律儀なところがあるので、特に書くことがないのに毎日何かブログに書かなくてはならないとか、折角書くなら、読んだ本一冊単位じゃなきゃいけないとか、今まで自分で勝手に囚われて、自分で困っていた。例えば、矢野久美子著「ハンナ・アーレント」中公新書を読んで、少なくともハンナ・アーレントで書いた内容の記事を書かなくてはいけないのような変な思い込みがあって、その本を読み終えても、少なくとも数週間記事が書けなかった。

しかしあるとき、急に吹っ切れて、そうだ、読書感想文だと思っているから全体を通して読んでから、その本に関する記事を書くのであって、読書感想文でなく単なるネタ探しと思って読めばいいのだと、今更分かった。要するに道を歩いていたり、テレビを観ていてネタを思いつくのと同じであると割り切った。すると、極端な話、本の表紙だけ見て、何か思いついて書いてもいい、ということになる。

そうやって割り切ると、今まででもそんなにブログのネタに困ったことはなかったが、どんどん小ネタが増えてインフレ状態になってきた。それはブログの質の低下になる惧れがあるが、もともと質を云々するほどのクオリティではない。ただ、書かれないでそのまま消えていくネタが増えて、ちょっと勿体ないとときどき思うだけである。

ただ、言い訳であるが、それは単に杜撰になったから小ネタでいいのだ、と必ずしも思っているわけではない。すなわち私は、黒川信重の「ラマヌジャンζの衝撃」現代数学社を熟読して、たった一行の数式に何日も熟考するようになってから明らかに、思考の粒度が細かくなった。そこまで考えると、一行の数式をネタにそこそこの記事が書ける。例えば、その数式の証明や計算の展開のようなことを延々と書いて、コメントをつければ一本仕上がる。すなわち、発散級数の和だったりする。そうやって細かくなった思考の粒度が読書感想文にも適用された、という次第である。

で、一つ困ったことが起きた。それは、仕事関係で、数百ページの技術書を流し読みしなくてはならないことがあるのだが、最近、読みながら細かい記載に引っかかって、いろいろ考えてしまうので、流し読みにならず、そこに何日も留まっているのである。

で、なんとも不器用な頭だなあ、と今更呆れている次第である。特定の仕事ではそこそこ要領はいいんだけど。

海堂尊の「ブレイズメス1990」を読んだら、その前巻の「ブラックペアン1988」よりもいい意味で芝居がかっていて一気だった。その勢いで、ノンストップで「スリジエセンター1991」に突入した。

「スリジエセンター」では、1990年代の頃の、医学部から各病院への医師派遣の様子が描かれている。そのころは医学部の講座の教授が強い権限をもち、部下の医師派遣を取り仕切っており、それはそれで問題はあったが、過疎地のような病院にも医師が派遣されるというメリットはあった。その後、講座制は解体され、若い医師が自分の意志で派遣先を選べるようになったと聞く。すると医師の分布が偏るという問題がある。

さて、公開手術が成功を収めた後で、さらなる手を打つために、天城は別の公開手術をプランしていた。手術を受けるのはウエスギ・モーターズの社長である。その方向で進んではいるが、詳細はまだ決まっていない。

一方、天城を面白く思っていない高階は、天城の腹心の部下の世良を佐伯外科に戻し、雑用を押し付けるために、まだ経験が浅いのに世良を医局長に指名した。すると、ただでさえ周囲から浮いていた世良は、一層立場が悪化した。

天城はというと、唯一の雑用係である世良がいなくなったので大変困り、佐伯教授に世良のサポートを懇願し、佐伯は天城が頼りなので、その要求を聞き入れた。こうして、世良は一層忙しく、また立場が中途半端になった。

そうしていると、天城の公開手術に暗雲が立ち込めてきた。予定していた日にウエスギ・モーターズの社長の都合がつかないという。しかも、天城にとって、その予定日は、東城大学医学部で無理に都合をつけてもらったので、変更できない。外様は大変である。

しかし、天城は楽観的である。なぜなら、強い運に恵まれた天城の場合、タナボタのように事案に恵まれる。すなわち、ある貧乏で生活保護の老婆が心臓手術の必要があった。その人の家族が公開手術に同意してくれて、なんとか予定どおり実行できることなった。

一つ問題は、生活保護の老婆の家族も貧乏で、一切手術代を払えないことである。しかし、天城はその事実を逆用して、逆に名声を高めた。目標のスリジエセンターに近づいたと思った。しかし、希代の策士、高階は、着々と反撃の手を打っていた。

その一方で、天城を招聘した佐伯は、高階が決して同意できないような、あまりにもドラスティックな改革案を考え、且つ実行に移していった。そのうちの一つに、救急センターの設立と、そこでの新人医師の研修があった。

新人医師といえば、まるでエンジェルスの大谷のような大物医師、速水が早速みんなの注目を浴びた。ジェネラル・ルージュの凱旋で述べた速水の伝説がhappenしたのも、救急センターにおいてである。

また、天城の特別講義で、鋭い質問を浴びせる医学生がいた。イノセント・ゲリラの祝祭に登場する彦根である。このころから、後年の論客の片鱗があった。

ともかく、官僚養成大学の帝華大出身の高階は、財界や官界の豊富な人脈を駆使して、天城を追い詰めるとともに、返す刀で、佐伯教授の病院長選挙の参謀長だったはずなのに、佐伯を裏切った。その高階の意図に賛同した藤原看護師は、その後高階と盟友になった。ううん、その経緯を知っていれば、チーム・バチスタの栄光で、高階院長を応援しなかったのだが。

結果的に権謀術策で高階は、東城大学医学部を征服した。それがどういう結果につながったか、説明の要はないだろう。

そして、すべてに絶望した世良は、東城大学医学部を離れた。世良は、海堂尊の「極北ラプソディー」という小説に登場するらしいので、そのうちそれも読んでみよう。

ということで、知らないうちに海堂ワールドにはまってしまったらしい。

風邪

user-pic
0

かなり前に、風邪の効用や、再び、風邪知恵熱などの記事を書いたように、私は滅多に風邪をひかない人間なのであって、それでもときどき寒気がしたり、鼻水が出たりすることはあるにはあるが、風邪で会社を休むようなことはほとんどなく、それこそ数年に一度の頻度だといっても過言ではない。

ところが先週は、それこそ10年ぶりくらいに風邪で会社を休むことがあったので、ちょっとそれについて書いてみる。

先週は、梅雨のような、寒さと暑さが入り交じった日々で、通勤で上着を着るべきかどうか迷って、電車の中では上着を着ている人の方が少ないので、という理由で、6月13日(水)は上着を着ないで出勤したら、帰りに最寄りの駅から自宅まで歩いて帰る帰路が妙に寒くて、6月14日(木)は出勤したものの鼻水が盛んに出て、仕事をしながらティッシュが離せない状態で、妙に体がだるくなってきた。それで、仕事があまり切迫していないことに鑑み、上司に6月15日(金)は風邪なので休ませていただきます、と伝えた。

それは正解であって、6月15日はどこにも出かけないで、家でごろごろしていた。また、風呂にも入らなかった。会社に行っても仕事に集中できるような感じではなかった。そうやっていたら6月16日(土)は回復するだろうと高をくくっていたら、依然として風邪の症状はよくならない。それで、仕方なく嫌いな風邪薬を飲んだが、どうもぱっとしない。

ぱっとしない理由は他にもあって、自宅で風邪の保養方々、広島カープ対ソフトバンクを観ていたら、いいようにカープがあしらわれて、まともに勝負にしてもらえない。オリックスに3タテくらいされたばかりなのに、なんばしちょっとかと九州弁で愚痴をいうのは、西郷どんを観ている影響なのだった。

しかし、潮目が少し変わったのは、棋聖戦第2局で羽生が豊島に完勝してからであった。それに呼応して、6月17日(日)はカープが本来の猛打で打ちまくって13点を取り、九里が踏ん張って完投し、なんとか留飲を下げたのであった。それで気をよくして、風邪も次第によくなってきた。

それにしても、と今更のように思うのは、自分のコレステロールの高さである。ずっと健康診断では基準値より高めであるが、それが免疫力を高いレベルに維持し、なんとか風邪をひく頻度を最小限にとどめたのではなかったか。なので、気分によりダイエットした10年前は、体重は10キロ程度減ったものの、確実に免疫力が低下し、顔面麻痺やら尿道炎とかになってしまったのだった。

今回の風邪は、もしかして加齢による体力と免疫力の低下だろうか、ではどうすればいいのかと、いろいろ考えるのであった。

棋聖戦第2局が始まった。なんか羽生がいまいち勝っていないのが気になるが、交流戦の続きにも書いたように、広島カープもかなりの不調で、どうも私としては気分がよくない。

さて戦法は、後手豊島が、最近流行の雁木模様を採用し、これに対して羽生はシンプルに29手目▲4五歩と仕掛けた。

【図1】 29手目▲4五歩まで
持ち駒:△豊島八段=なし



持ち駒:▲羽生棋聖=なし
ここからは、△4五同歩,▲2二角成,△同金,▲4五銀,△同銀,▲同飛,△4四歩,▲4八飛,△3三桂,▲7七銀,△3二金,▲3八金,△4二玉,▲6六歩,△3一玉,▲8八玉,△5四銀と進んだ。ここでは、形勢は互角だろう。

【図2】 47手目▲7一角まで
持ち駒:△豊島八段=角銀



持ち駒:▲羽生棋聖=銀歩
で、羽生は▲7一角だが、ここでは▲6一角もあり、善悪は不明である。ただ、佐藤康光九段は、▲7一角は全く考えていなかったという。これに対しては、△8四飛が正解らしいが、豊島は△7二飛を択んだ。以下、▲6一銀,△7一飛,▲5二銀成,△4三銀,▲6二金,△5二銀と進んだ。

【図3】 55手目▲7一金まで
持ち駒:△豊島八段=角2銀2



持ち駒:▲羽生棋聖=飛歩
そして羽生が▲7一金と取ったかたちがそっぽで、△4五桂が味よしなので、後手がいいというのが検討陣の判断だが、実際は五分らしい。以下、▲4七金,△3九角,▲5一飛,△4一銀,▲7二金,△5七桂成,▲3八飛,△2七角,▲3九飛と進行した。

【図4】 66手目△7二角成まで
持ち駒:△豊島八段=金銀2歩



持ち駒:▲羽生棋聖=角歩
そして△7二角成と豊島が金を取り返したところでは、かなり難解である。羽生はとりあえず▲5七金と桂を取り返した。

【図5】 68手目△4八銀まで
持ち駒:△豊島八段=金銀歩



持ち駒:▲羽生棋聖=角桂歩
ところが、△4八銀が豊島の信じられない悪手で、敗着である。ここは△4二銀打、▲5二歩で五分であろう。豊島は次の▲5二角を軽視したか。しかし、▲5二角でもう受けはない。すなわち、△4二金打,▲4三桂で困っている。これを△同金左だと、▲4一飛成,△同金,▲4三角成で受けても一手一手となる。それで、▲4三桂に△2二玉,▲4一角成,△同金,▲同飛成,△6三馬,▲5二歩,△4二銀と進んだものの。

【図6】 79手目▲2一銀まで
持ち駒:△豊島八段=角歩



持ち駒:▲羽生棋聖=金
▲2一銀でいよいよどうしようもなくなった。△4三銀と豊島は桂馬を外したが。

【図7】 投了図 81手目▲4二金まで
持ち駒:△豊島八段=角桂歩



持ち駒:▲羽生棋聖=なし
▲4二金がいよいよ受けなしで羽生が最後は快勝となった。

この快勝で、羽生は6月19日の名人戦第6局にもつなげられる。それにしても豊島が珍しく終盤でぽっきり折れた将棋だった。

海堂尊の「ブラックペアン1988」の続きで、「ブレイズメス1990」を読んでみた。同じく講談社文庫である。すると、それなりに面白いがどうしても地味さが目立った「ブラックペアン」から一気にストーリーが盛り上がった。すると、「ブラックペアン1988」は、「ブレイズメス1990」の盛り上がりのための準備だったともいえる。

「ブレイズメス」は、東城大学医学部の佐伯外科の垣谷講師と世良が、学会出席のためフランスのニースへ向かうシーンから始まる。垣谷は発表者だが、世良は単なるオマケである、少なくとも見かけは。別の観点でいうと、世良のような駆け出しの医師が学会に随行するというのは異例だった。

しかし、世良には佐伯から託された密命があった。それは、フランスに隣接する小国家、モナコのモンテカルロ・ハートセンターの天城雪彦部長に、東城大に招聘するための手紙を渡すことである。なので、世良は学会のあと、いろいろ伝手を頼ってモンテカルロ・ハートセンターに行ってみたのだが、どうも簡単には会えないようである。そもそも世良は、フランス語はおろか英語も得意ではないので、ちょっとしたことを問い合わせるのも大変である。

そもそも天城雪彦は伝説の外科医で、ニースの学会でも周囲が待望するのに学会発表をドタキャンしたりといつも物議をかもしている。それでも、佐伯教授の手前、空手では帰国できない世良は、必死で天城にコンタクトしようと関係方面に聞き込んで、夜にカジノに行くと会えるかもしれないということを突き止めた。

そこで、世良にとって場違いなカジノで我慢してじっと待っていると、ようやく天城らしき男が現れた。すると天城は、金持ちしか相手にせず、手術するかどうかをルーレットの賭けで決めて、全財産の半分を払わせるということを知り、世良は、こんな奴、医者の風上にもおけないと憤った。それで、佐伯からの手紙を天城に渡せば最低限、佐伯に対する義理は果たすのだが、このまま天城のことを知らないで帰るのはまずいという気持ちが次第に強くなり、天城と話した。すると、次の日、天城が手術の様子をみせてくれるという。世良が手術に立ち会うと、その手術は、心臓動脈の直接吻合法(ダイレクト・アナストモーシス)という今まで見たこともないもので、それはまさに神技で、世良は感動した。

それでなんとか天城を東城大に招聘したいという気持ちが強くなったが、当の天城は興味がない様子である。それでも世良が懇願すると、それならお前の人生を賭けてルーレットで決めようという。そこである意味、世良が医師生命を賭けて天城とすると、なんとか天城に勝利し、いきなり天城を日本に連れ帰ることになった。

なのに帰国しても佐伯は特に世良を褒めるでもない。それだけでなく天城の面倒を一手に引き受けろというので、仕方なくそうしていたら、東城大で、よそ者天城に対する反発は強く、それをもろに世良も被ることになって、完全に東城大医学部で世良は浮いてしまった。

そんな様子に全く頓着しない天城は淡々となにか準備している。仕方なく天城と会話しているうちに世良は、天城が単なる銭ゲバでなく、ある使命感をもっていることに気づき始めた。大金持ちと選択的に付き合っているのも、少なくとも自分の蓄財のためだけではない。

あるとき天城が東城大外科のミーティングで明かしたのは、スリジエ(cerisier:フランス語で桜の木)ハートセンターの設立である。それは東城大心臓外科とまさに被るので、東城大外科の反発は頂点に達したが、天城は独特の有無を言わせぬ論理で、説伏していった。

そして、ついに天城がぶち上げた、前代未聞の大イベント。それは大成功で、スリジエハートセンターの設立へとつながるのだが、それに全面協力したはずの高階は、大いに不満の様子だった。

こうして次巻へと続く。

交流戦の続きであるが、広島カープはあのあとさらに楽天に勝ち、楽天に三連勝として、交流戦の貯金が1になったはいいが、京セラドームでのオリックス戦で、まさかの三連敗して再び借金2となった。

まさかの三連敗というのは、今まで交流戦で広島カープにとってオリックスはお客さんであって、ここ数年負けていなかったからである。

すなわち、広島カープは、リーグを二連覇した過去2年とは明らかに状態が違う。具体的にいうと、先発投手のリソースが絶対的に不足しているからである。具体的には、去年の先発の柱であった野村がまだ二軍だし、薮田は絶不調、岡田もいまいち、開幕からしばらく頑張っていた中村祐太も、最近では出るたびに打たれまくっている。

こうして、それなりに信頼のおける先発投手は、大瀬良と、ジョンソンだけだが、ジョンソンも奥さんの出産で数週間里帰りして、しばらく試合に出れなかった。

リソースの絶対的な不足も、一時的な好調やラッキーが重なると問題ないかのように思えることがある。丁度、第二次大戦の序盤の日本がそうであった。しかし、ある有限の時間以内に、リソース不足は重くのしかかり、そこから逃れるすべはない。

そこで、最近緒方監督が採っている方策は、負けのローカライズである。すなわち、二線級を先発させ、それで打ち込まれても、味方の援護でいい勝負になると、精鋭の中継ぎ・救援陣を投入するが、うまく味方の援護が得られなくて敗勢になると、そのあとの投手も二線級で済ませる。要するに勝てない試合でのリソースを節約するということで、それは無意味ではないが、問題はあって、何か捨て試合の様相を呈すると、味方の打撃陣がやる気をなくし次の試合の打撃も低調になるとともに、一方相手チームが、広島カープ与しやすしと、なめてかかるようになるからである。

広島カープは、最後のカードのソフトバンクに保留してきたリソースを投入するつもりらしいが、なんといってもソフトバンクは去年の日本シリーズ制覇チームであって、当然に手強い。いまのリソース不足のカープは気合を入れるよりない。ただ、最早絶対の守護神サファテを欠き、内川も怪我で離れている状態のソフトバンクは、去年ほどの凄みはないが。

さて、交流戦全体であるが、なんとセリーグの下位で低迷していたヤクルトが、ここまで11勝3敗でぶっちぎりの一位である。そこからなんと、二位から六位までをパリーグのチームが占め、ここまでが交流戦の勝率5割以上である。そこから勝率5割未満のチームとして、巨人、DeNA、広島、中日、阪神と続き、最後にひとり、パリーグの楽天が4勝10敗で最下位である。

それにしても、結構強いはずの阪神が4勝9敗と低迷している。意外である。まあ、カープの6勝8敗も相当意外で、こうなると予想した人はいなかったのではないか。

ともかく、どのチームも、交流戦が終わった後の、ある意味勝手知ったるリーグ内の相手に戻る気持ちの切り替えをそろそろ考えなくてはならない。

私は、先発不足に悩む広島カープにとって今年は、かなり試練の年となるとみている。なんとか野村や薮田が戻ってきて、リソース不足を解消することを期待するものである。いっそ、巨人の鍬原のように、アドゥワが先発の一翼を担ってくれないかとも期待するのだが、時間がかかるか。

mp3プレーヤーに書いたように、私は一昨年の12月に、mp3プレーヤーを買って、今までそんなに不満なく使ってきた。

でも、たまたま他の買い物でヨドバシカメラに行ったとき、mp3プレーヤーの別の機種をみてみようとパソコン売り場に行ってみたら、いくら探してもない。確かにそれはパソコン売り場にあったはずである。そこで店員に聞いてみたら、それは一つ上のオーディオ売り場だという。へぇ、そっちへ移動したんだと思った。

行ってみると、ディジタルオーディオプレーヤーのコーナーには、ソニーのウォークマンだのアップルの製品だのひしめいているが、私が目指すローエンドの製品がみつからない。で、よく探したら、目指す製品があった。一昨年の12月に買ったmp3プレーヤーと同じメーカーのグリーンハウスのものである。改めてその機種を示すと、GH-KANADB8 L001/1624である。

最初は、今のmp3プレーヤーでもそれなりに使えているので、見るだけにしようと思ったのだが、GH-KANART8-BK L534/1752という製品が、値段が3500円程度で、矩形の薄型の筐体で、内臓メモリは8GBであるものの、microSD/microSDHCで32GBまで外部メモリとして拡張できるというので、これを買うことにした。microSDHCは32GBだと7000円以上もするので、3500円程度のサンディスクの16GBを買った。

そこで私が早速行ったことは、GH-KANADB8に入っているのと同じファイルをGH-KANART8-BKにコピーすることである。そのファイルは私が使っているLenovoパソコンのHDDに格納されているので、コピーツールであるBUNBACKUPでGH-KANART8-BKにコピーした。

コピーをしてもそれで終わりではなく、GH-KANART8-BKのディスプレイになにやら調整中のメッセージが出る。音楽ファイルをインデックスしているらしい。そしてインデックスが終わると、ディスプレイにメニューが出るが、そこには以下がリストされている。

  • 再生中
    ここでは、直近まで聞いていた曲が続けて聴ける。
  • すべての曲
    ここでは、すべての曲がリストされるが、順序など不明で、あまり曲を聴くのにふさわしくない。
  • アーティスト
    ここでは、アーティスト毎に曲がリストされるが、取り込んだ音楽ファイルにきちんとアーティストが付いていないとリストされないので、限定的な使い方である。
  • アルバム
    ここでは、アルバム毎に曲がリストされるが、取り込んだ音楽ファイルにきちんとアルバム名が付いていないとリストされないので、限定的な使い方である。
  • ジャンル
    これは、Rock、Classicなどのジャンル分けがされるのが、どういう基準でジャンル分けされているか不明で、あまり意味がない。
  • プレイリスト
    プレイリストは5つあり、その各々に気に入った曲をいくつでもリストできる。この機能は重宝する。
  • メモリー選択再生
    これは、フォルダを開いていって、直接聴く方法である。GH-KANADB8と同じインターフェースである。
  • 録音ファイル再生

GH-KANART8-BKは、音楽ファイルだけでなく、写真、動画も再生できる。基本的に音楽ファイルは内臓メモリのMUSICフォルダに、写真はPICTUREフォルダに、動画はVIDEOフォルダにコピーする。ただ、私は音楽ファイル以外使用する予定はない。

さて、microSDHCの外部メモリであるが、そこにファイルをコピーしてもインデクシングの対象外であることが分かった。なので、外部メモリにコピーしたファイルは、メモリー選択再生で聴くことになるのだが、それでも、気に入った曲はプレイリストに入れればよいので、特に困らない。

あと、GH-KANART8-BKは、GH-KANADB8と違って充電方式である。3時間で充電完了、12時間保つというので、そんなに悪くない。

結局、GH-KANART8-BKの表示メニューのインターフェースがいいので、GH-KANADB8には二軍に落ちてもらうことにした。

こんなインターフェースなんて、iPodとか使っている人には時代遅れなのだろうが、極めてナイーブなディジタル田舎者には、この程度でもうれしいのだった。

最近警察小説を読むと、島崎佑貴の「爪痕」の小々森巡査部長のように、捜査能力はあるのにキャラが癖が強すぎて、万年ヒラみたいな警官が主人公のものがあったりする。

本の折り込み出版案内でみた、榎本憲男の「巡査長真行寺弘道」中公文庫もそうかな、と思って注文し、着いたら早速読み始めた。

主人公の真行寺は、警視庁の警察官になったばかりの頃の強烈な体験から、一種の正義感で、昇進を諦めた。すなわち、昇進試験は受けないし、残業もほとんどせず、マイペースで単独行動し、趣味のオーディオに生きがいを見出している。そんな真行寺だが、独特の勘の鋭さが卓越しており、その点の信頼感で、なんとか警視庁の捜査一課に在籍を許されている。

あるとき真行寺は、女性上司でキャリアの水野玲子課長から、老人介護施設へ捜査に行くことを命じられた。その事件とは、その老人介護施設が介護ロボットを導入していて、いつも優しい言葉を入居者に話しかけるのに、急に暴言を吐くようになり、それがショックで亡くなった老人が出たというもので、誰かがなにかの意図でロボットの会話を操作した疑いがある、というものだった。

真行寺は、その原因を突き止めることに困って、秋葉原に真空管を買いに出かけた。自宅の自慢のオーディオの真空管が切れてしまったからである。ところが真行寺は、真空管を売っている店で不思議な若い男に出会った。黒木という男で、やはりオーディオ・マニアらしく、意気投合して、高尾にある黒木の住まいに招待された。真行寺の住まいは八王子にあるので好都合である。

黒木の住まいで話していると、真行寺は、黒木が相当なレベルのハッカーであるということを知った。それで、老人介護施設の暴言ロボットのことを質問してみると、黒木は有意義なアドバイスをくれた。そのアドバイスで真行寺は事件を解決できたが、それはまだ序の口で、より本格的な事件が起きた。それは、元警察官僚で国会議員の尾関一郎が新宿の一流ホテルの部屋で不審死したというものだった。

真行寺は、勘でこれは事件だと想定し、水野課長に新宿署に帳場を立てるように依頼した。そして現場検証により、猛毒の成分を含むコンドームがみつかった。もしかしてこれで毒殺されたのかもしれない。

捜査してみると、尾関に呼ばれたデリヘルの女が、途中で誰かにそのコンドームを渡されたことが分かった。そこから真行寺の執拗な聞き込みが始まった。すなわち、デリヘルの店長、尾関の秘書、尾関の妻などである。

真行寺は、いろいろな情報を集めたが、どうもいまいちはっきりしない。そこで、最早昵懇になった黒木に相談してみた。すると黒木は、卓越したハッキング技術により、様々なサイトに潜入し、真行寺に多くの有用な情報を提供してくれた。

そうして真行寺に次第に分かってきたことは、尾関が、政敵との軋轢の末に殺されたのではないか、ということである。

そこで真行寺の勘がまた働いた。それは、尾関は何か自由への戦いを仕掛けていたのではないか、ということである。そこで真行寺は黒木に依頼して、さらなるハッキングを行ってもらうとともに、真行寺と黒木は、自由に関する哲学的議論を重ねたりした。

そこからさらに、尾関が護ろうとした自由の中身も次第に見えてきたのだが、ちょっとクラン的に大風呂敷を広げた面もなくはない。でも、榎本憲男の新しい工夫であるとはいえる。

大谷、故障

user-pic
0

最近すっかりプロ野球ファンになった私は、数か月前に、野球評論家の広岡氏の「日本野球よ、それは間違えている!」幻冬舎を読み、今までクールすぎる広岡はあまりファンではなかったが、そこに書いてある趣旨はいちいち納得した。

それは複数の章を含み、そのうちで一番納得したのは大谷翔平に関する記事である。その趣旨は要するに、大谷の二刀流は才能の無駄遣い、というものである。

ところが、大リーグ・エンゼルスでは大谷は、いきなり投打に亘って望外の活躍をし、アメリカでも注目を浴びた。日本人として当然に私はうれしいと思った。ただ、一点の疑念があったのは、上記広岡氏のステートメントがあったからである。

頑固な広岡氏は、いくら大谷が大リーグで活躍しても、「大谷の二刀流は才能の無駄遣い」という趣旨のことをウェブで発信し続け、それは単に黙殺され、あるいは広岡は大谷の才能を見誤っているみたいにコメントされた。

しかし、「広岡は大谷の才能を見誤っている」というのは全く正しくない。上記著書で広岡氏は、大谷を100年に一人の天才投手だと評価している。将棋界における藤井七段並みである。

そして広岡氏は、だからこそ、二刀流を封印して、投手に専念すべきと断言する。二刀流がなぜいけないのかというと、投手だけでもかなり激務なのに、その合間に指名打者で出場すると、体を休める暇がないし、打者として慣れない走塁で、怪我をする可能性が高まる。

そして現実問題、日本にいるときから大谷は実に故障が多く、戦線離脱の期間が長い。大リーグでもついに、故障した。以下、朝日新聞ディジタルから引用する。

大リーグ・エンゼルスの大谷翔平が右ひじの内側側副靱帯(ないそくそくふくじんたい)損傷で10日間の故障者リスト(DL)に入った。今後3週間は打者出場もせず、治療に専念する。指名打者でファン投票に候補入りしている7月17日のオールスター戦(ワシントン)出場も微妙になった。また、ヤンキースの田中将大も8日(日本時間9日)のメッツ戦で5回1安打1失点ながら、両太もも裏の張りを訴え、75球で緊急降板した。
大谷は7日、自身から採取した血小板を使って組織の修復や再生を図るPRP注射などの治療を受けた。3週間後に再検査をする。大谷は昨年10月にも、右ひじ内側側副靱帯に軽度の損傷が見つかったため、PRP注射を受けている。12月になり球団幹部は「予防的な措置」と話していたが、今回も同じ箇所を痛めていることから、復帰までに時間を要する可能性もある。

野球に怪我や故障はつきものとはいえ、シーズンが始まって二ケ月程度での故障というのは早すぎないか。

何度もいうが、広岡氏の指摘は卓見というよりもあまりにも当然である。プロの世界は二兎を追う者が成功できるほど甘くない。例えば、指将棋だけでなく、詰将棋回答や詰将棋創作でも卓越した才能をもつ藤井七段に対して、やはり詰将棋創作に才能をもち十七世名人の資格をもつ谷川九段は、詰将棋創作方面の努力をある程度封印するようにアドバイスした。藤井七段もその方針に従っているように思われる。

なので私は、大谷が、どこかで投手または打者のどちらか(おそらく前者)を択ぶことを決断することを期待するものである。

無常の月

user-pic
0

昔からSFはそこそこ好きなので、ラリー・ニーヴンという大家の名前は当然に知っていたし、それで確か「中性子星」という作品を読んでみたことがある。ところが、その科学的世界観がどうも私の趣向にあわなくて、とりあえず敬遠した。

しかし、最近の感性拡大プロジェクトのマイブームにより、多少の違和感は気にしないでやっぱりラリー・ニーヴンも読んでみようと、代表作の一つ、「無常の月」を含む七編の短編が入ったハヤカワ文庫を買って読むことにした。

そこでともかく、「無常の月」を読んで、感想を書いてみる。すると、私はいきなりあれっ、と思った。というのは、「無常の月」を「無情の月」と思い込んでいたのである。英語でいうなら、Merciless Moon. 要するに、なにかの引力の加減で月が地球に衝突して、人類が滅びる、というものである。ところがよくみると、英語のタイトルはInconstant Moon. ううん、これでは不定の月ではないかと思うのだが、それだとしっくりこないので無常の月になったのであろう。

で、その無常の月はどうなったかというと、ある日の夜、急に異常に輝き始めたのである。夜なのに月明かりでまるで昼のようである。

平均以上の科学知識をもつ主人公の男は、なぜ月が異様に輝いているか思案し、それは太陽の光が強くなって、それが月に反射して地球に照っているという考えに想到した。

男が街に繰り出すと、人々は終末を感じ取って狂気に染まっている。男は、太陽が超新星になったかと想像した。だとしたら、もうどうしようもない。そういえば、いま月面にはアポロの宇宙飛行士がいる頃である。おそらく彼らはとっくに焼き殺されているだろう。

男はせめて、最後は愛し合って死にたいと、恋人を訪ねた。ところが急に大雨になってきた。そこで太陽が超新星化したのでない場合も考慮して、とりあえず買えるうちに食料と水を買い溜めすることにした。大雨がひどくなり、洪水のように水嵩が増してきたが、幸い恋人の住まいは高い階にある。そこにいればもしかして生き延びられるかもしれない、超新星でなく一時的なフレアであればいいが。

それから急に雹が降ってきて、騒然となってきた。いったいどういう結末なのかわからないまま終わる。この不安と未知数は、確かにこの作品の優秀性のひとつの理由だろう。1972年のヒューゴー賞短編部門受賞作。

そういえば、解説によれば、ラリー・ニーヴンはジェリー・パーネルとの共作があるという。おお、と私は思い出した。ジェリー・パーネルといえば、日経バイトに混沌の館というパソコンオタク的な記事があり、毎号面白く読んだものだった。

ともかく、「無常の月」の洗礼で私はラリー・ニーヴンの作品に対する嗜好をえた。追々、読んでみることにする。

交流戦

user-pic
0

私は今まで、プロ野球の交流戦、すなわち公式戦としてセパのチームがリーグの違うチームと総当たりする試合をまともに見たことがなかった。

というのは、私のプロ野球への関心は、1990年前半に広島カープが落ち目になってからハイバネートしていき、それが再起動したのがようやく、2016年に広島カープが久々にリーグ優勝を決めてからである。

それ以降も、あまり日常的にテレビでプロ野球を観戦することはなく、後半になって広島カープの優勝マジックが点ってからときどき観戦していた程度で、交流戦の時期はあまりプロ野球に熱心ではなかった。

で、広島カープの2年連続のリーグ優勝に鼓舞されて日常的にテレビでプロ野球を観戦するようになったのが今年からなので、交流戦を観たときはなんか不思議な新鮮味があった。

交流戦を観始めて感じたのは、ああやはりパリーグはセリーグよりも強いのだということである。なにしろここ数年、日本シリーズはずっとパリーグのチームが制しているし、オールスターでも判で押したように毎年パリーグが勝ち越している。それにしてもである、今年の交流戦の前半は、ほとんどの組み合わせでパリーグが勝っており、いくらなんでも勝過ぎではと思った。というのは、6月8日の時点で、パリーグ31勝、セリーグ23勝でパリーグの勝率が5割7分4厘、圧倒的なのである。ちなみにここまでで交流戦の通算では、パリーグ1012勝、セリーグ895勝、すなわち5割3分1厘で、やはり今年のパリーグは勝過ぎである。まあ、セリーグが負けすぎなのであるが。

ちなみにわが広島カープは、5月の後半から負けが目立ってきたが、交流戦になっても惨敗が結構多い。その理由は、野村、ジョンソン、薮田という去年活躍した先発陣を欠くことである。野村は故障、ジョンソンは奥さんの出産で里帰り、薮田は絶不調。そして先発の一翼を担うべき中村祐太が出るたびに打たれまくった。

それで交流戦もうええねん、観るものかと一時は思ったのだが、6月9日はなにか潮目が変わったような気がした。すなわち、カープが楽天に勝ち、ヤクルトがオリックスに勝ち、中日がソフトバンクに勝ち、DeNAが日本ハムに勝ち、阪神がロッテに勝ち、巨人が西武に勝ち、セリーグの6戦全勝だったからである。これでパリーグ31勝、セリーグ29勝で、セリーグ猛追、広島カープは楽天に2連勝して、なんとか交流戦の勝率を5割にした。

交流戦で意外だったのは、セリーグで最下位争いしていたヤクルトが勝ちまくって、暫定一位になったことである。まあヤクルトは2017年は最下位だったが、2015年にはリーグ優勝しており、もともと実力のあるチームなのだろう。

それにしても、ドラフトがあるのだから建前では五分の戦力のはずがなぜパリーグの方がセリーグより強いのだろうか。これは、昔からいわれていることだが、やはり韓国や中国の囲碁が、日本よりも強いことに似ているのだろう。すなわちもともとのリソースや才能は五分だとしても、ハングリー度が違う。プロ野球でも、巨人を中心として、なにかと注目されるセリーグに対して、パリーグはよほど活躍してしもあまり騒がれない。そんな悔しさをバネにパリーグは努力しているのだろう。

ともかく、今から広島カープが交流戦で優勝するというのは極めて難しいだろうし、過去の交流戦でもそんなことはなかったはずなのだが、ジョンソンが戻ってきたことだし、少しでも勝ちを積み上げてほしいと思うものである。

棋聖戦第1局が始まった。羽生棋聖は、天彦名人に挑戦していて、2勝3敗で苦しい。そこで、目下最強と思われる豊島八段を挑戦者に迎えたのだから、いよいよ状況はきびしい。そもそも羽生棋聖は、王位戦挑戦者決定戦でも、豊島八段に負けた。そんな状況でも、百戦錬磨の羽生棋聖はひるまない。角換りの最新形から果敢に手を作っていった。42手目△3五歩の局面からみてみる。

【図1】 42手目△3五歩まで
持ち駒:△羽生棋聖=角歩



持ち駒:▲豊島八段=角歩
△3五歩はいかにも、天野宗歩流の軽いジャブで、才能がほとばしる手だが、普通に△5六銀,▲同歩,△6五桂もあった。△3五歩以下は、▲同歩,△4四銀,▲4五桂,△8六歩,▲同歩,△5六銀,▲同歩,△6五桂,▲6六銀,△4五銀,▲同歩,△3六桂と進んだ。先手陣はいかにも薄くて怖いが、形勢は五分である。

【図2】 55手目▲6三歩まで
持ち駒:△羽生棋聖=角銀歩



持ち駒:▲豊島八段=角銀2歩2
ここで豊島の▲6三歩は妥当な手である。これに対して羽生は△5二金だが、いきなり△4八桂成と踏み込む手もあった。△5二金以下は▲7三角,△4八桂成,▲同玉,△3六歩,▲3四桂,△4一玉となった。ここで形勢は不明だが、微妙に先手の模様がいいか。

【図3】 63手目▲4六銀まで
持ち駒:△羽生棋聖=角金銀



持ち駒:▲豊島八段=銀歩2
豊島は▲4六銀と受けたが、▲6五銀と桂馬を取ってしまうほうがよかったかもしれない。▲4六銀以下は、△6三金,▲5五角成,△5四金,▲同馬,△同歩,▲5三銀,△5一銀,▲6五銀,△3七歩成,▲同玉と進んだ。

【図4】 74手目△5八角まで
持ち駒:△羽生棋聖=角金歩



持ち駒:▲豊島八段=金桂歩3
しかし、△5八角となったところで、いつのまにか先手が優勢になっている。どうも、前図の△5一銀では、△5一金の方がよかったようである。豊島はがっちり▲4七桂と受け、先手よしがはっきりしてきた。以下、△8三飛,▲6八金,△5三飛,▲5八金,△3六歩,▲同玉,△3八銀,▲2八飛,△2七金,▲同飛,△同銀,▲同玉と羽生は先手玉を薄くして。

【図5】 88手目△4九角まで
持ち駒:△羽生棋聖=飛



持ち駒:▲豊島八段=角金2銀歩4
羽生は、△4九角の王手だが、△3九飛もあり、以下▲2八玉,△6九飛成,▲6八金打,△8九竜,▲6九歩が進行の一例。これは両者の読み筋でもあった。これで後手よしということはないが、長期戦にはなる。本譜に戻って、△4九角以下、▲3八銀,△5八角成,▲6四銀,△5二飛,▲6三角,△3九飛と進んだ。

【図6】 95手目▲5三金まで
持ち駒:△羽生棋聖=金



持ち駒:▲豊島八段=金歩4
しかし、▲5三金が詰めろで、先手の勝ちは動かない。これに対して羽生は△6二金と受けたが、▲4二金打以下の詰みがあり、受けになっていない。しかし、詰ます必要もなく、△6二金,▲4二金打,△同銀と進行し。

【図7】 99手目▲6二金まで
持ち駒:△羽生棋聖=金



持ち駒:▲豊島八段=金歩4
▲6二金で羽生が投了した。ここで後手が指すなら、△3六金が一番綾があるが、▲1七玉と逃げて詰まない。

ということで、42手目△3五歩という趣向はありえるが、模様としては先手がよかったというところか。とはいえ、【図3】の△5一銀が敗着で、△5一金なら難解、といってよいのだろうか。このあたり難しすぎて分からない。

さて、羽生は名人戦と棋聖戦の両方で負けが先行して苦しくなってきた。とりあえず名人戦で頑張ってタイトル奪取を目指すべきだろう。

予告殺人

user-pic
0

アガサ・クリスティーの主なシリーズとしてポアロ・シリーズと、ミス・マープル・シリーズがあって、冊数は圧倒的に前者が多いが、佳品は後者に多いと何かの本で読んだことがある。ところが、私は後者はまだ、火曜クラブしか読んだことがない。それで、ミス・マープル・シリーズの名作の呼び声が高い「予告殺人」田村隆一訳、ハヤカワ文庫を読んでみることにした。

すると、舞台はイギリスの田舎町、チッピング・グレグホーン村だった。その村の住民の住民のスウェッテナム夫人は朝、ノース・ベナム・ニューズ・アンド・チッピング・グレグホーン・ギャゼットという長い名前のローカル紙を読んでいた。すると、異様な広告をギャゼットに見つけた。なんでも、10月29日金曜日、午後6時半にリトル・パドックスにて殺人お知らせ申し上げます、というもので、スウェッテナム夫人は当然驚いたが、夫人は夫にも相談して、好奇心によりリトル・パドックスに行ってみることにした。それにしても、10月29日って、おいらの誕生日ではないか、縁起でもないと思ったが、そんなのはあまりにも個人的なことで関係ない。

さて、世間の狭い田舎のこと、他の人達もこの広告に興味をもち、レティシア・ブラックロックが女主人であるリトル・パドックに、広告で指定された時間より少し前に、多くの人が集まった。ブラックロックは、集まった人たちにワインなどでもてなした。人々はこれは何かの趣向または催しなのだと、むしろ何があるのか期待した。

そして、午後6時半になると、突然灯りが消え、強盗のような男が侵入してきた。そして、手を上げろという。どうも銃をもっているらしい。すると銃声が三回聞こえ、男が血を流して倒れていた。電気を点けると、ブラックロックが血を流していた。銃で撃たれたか。

結局、犯人らしき男が自殺なのか死んだので、事件はあっさり解決なのだろうか。そこから警察が呼ばれ、検視したり捜査したりしたが、どうも不明な点が多い事件である。なのにまだ、ミス・マープルは登場しない。読んでいて私は焦れてきた。

しかし、警察署のクラドック警部らの捜査が進むと、ブラックロックに遺産相続の問題がからんでいることが分かった。すなわち、ブラックロックが死ぬと相続的にタナボタの人がでてくる。

このあたりでいよいよミス・マープルが関与し、警察のクラドック警部も次第に犯人を追い詰めていく。しかし、なかなか決め手がない。そして、追い詰められて神経質になった犯人は余計な殺人に手を染めてしまう。

そうしていよいよ場面は緊迫の度合いを高めていったとき、急にミス・マープルが姿をくらましてしまう。もしかして犯人に殺されたか。クラドック警部はいたく不安になる。なにしろ、素性が知れず、叩けば埃が出そうな人物はいろいろいる。

ここからが佳境なので記述を打ち切るが、イギリスの田舎で、一見他愛ない戯れのように始まった事件が、次第に錯綜し、アイルランドや欧州本土にもストーリーが広がっていく様は見事なストーリー展開で、流石アガサ・クリスティーである。嘘つきで信用のならない外国人メイドや、秘められた謎がありそうな美人の未亡人、未亡人に想いを寄せる一癖ありそうな若い作家が織りなす心理ミステリーや、いろいろな要素が詰まっている。

この小説が、クリスティーとしての作品というのにとどまらず、世界のミステリー小説の上位にランクされているのは同意できる。江戸川乱歩もこの作品を高く評価していたという。

ポアロのシリーズに比べていまいち地味な印象があるミス・マープル・シリーズも劣らぬクオリティのようである。「牧師館の殺人」あたりからじっくり読んでみるとする。

あと、付言すると、ミス・マープルは、推理により、踏み込まなくてはならないと判断すると、命の危険があるような場所にも出向く。それを以前は蛮勇と思っていたが、そうやって危機でも踏み込む精神が、抜群の推理力にもつながるんだよね、と思った。

また、老齢で特に身寄りのないミス・マープルは、万が一推理に基づく踏み込みで、生命の危機に陥っても、まあ、あたしゃあ、この歳まで生きたんだからね、と従容と死んでいくだろう。そういう開き直りもミス・マープルの強みだったりする。

私の小学生レベルの忍者知識では、伊賀と甲賀はライバルなのだが、産経新聞の記事によると、伊賀と甲賀の連携を示す文献が存在するらしい。以下、記事から引用させて戴く。

伊賀市は、「忍者の里」の伊賀衆と甲賀衆が織田信長に侵攻される直前に密接な関係にあったことを示す戦国時代の文書を、6月中旬にも初公開する。専門家は「民衆の高い自治能力を示すとともに"リアル忍者"に迫る貴重な史料。実物を見る価値は大いにある」と話す。
文書は、9通からなる「伊賀国上柘植村(いがのくに・かみつげむら)并(ならびに)近江国(おうみのくに)和田五反田村山論(わたごたんだむらさんろん)関係文書」の中の「甲賀郡奉行惣・伊賀奉行惣連署起請文(きしょうもん)」。天正元(1573)年に地侍集団の「伊賀惣国一揆(そうこくいっき)」と「甲賀郡中惣(ちゅうそう)」が、燃料や飼料となる柴や草を採取する境界域の入会地(いりあいち)の利用に関する取り決めが記されている。

要するに、織田信長に対抗するために伊賀と甲賀が一致団結し、軍事だけでなく日常生活レベルで連携したらしい。

だが、

しかし、起請文が作成された翌年の1574年に甲賀郡中惣は信長に攻略され、1581年の第2次天正伊賀の乱で伊賀惣国一揆は信長の徹底的な焦土作戦で壊滅した。

ううん、残念。しかし、のちに伊賀は、本能寺の変でも述べたように、徳川家康に協力して、徳川幕府でも御庭番の重要な役割を担った。

なお、以前は見向きもしなかったこのような記事に興味を持ったのは、最近まだ少ししか読んでいない、磯田道史、「日本史の内幕」中公新書で、古文書ベースの歴史理解の重要性を知ったからである。

ということで、いろいろ本を眺めて興味を広げておくのは悪くないと思う。

「棋翁戦てんまつ記」で、

私は自分に対する宿題として、まだ読んだことがない船戸、志水、北方の作品を少なくとも一つ読んでみることにした。
とかいたことを受けて、それを実行することにした。私は自分が律儀なのかどうかわからなくなる。ただ、若い頃に比べて自分に対しても他人に対しても少し律儀になったのは、突然の衝動で動くようなエネルギーが減ってきたからであろう。

そう思って自分の積読の本を見回すと、たまたま、北方謙三の「そして彼が死んだ」講談社文庫が目についたので、これが北方の代表作とは到底思えないが、これから読み始めることにした。

すると、「そして彼が死んだ」の主人公は小川正二で、車の修理工である。部下を二人使って、一応会社組織をつくっている。小川はもともと、車のレースのメカニック、すなわちレーシングカーのチューニングの仕事をしていて、かなりの技量だった。ところが、小川がぎりぎりにチューニングした車で、相棒のレーサーがテスト走行していて事故死した。

レーサーは、ぎりぎりの性能を試していたので、必ずしも小川のせいではないが、ともかく小川はメカニックの仕事が嫌になって辞めた。

そんな小川は、ある知り合いの坂田という中古車ディーラーの妻が若くして病死して、その葬式に出席したのだが、複雑な気持ちだった。なぜなら、かなり前、その妻だった女が若い頃、小川が付き合っていたからである。それだけではない、数年前も、小川は既に既婚で、その女も坂田と結婚していたのだが、たまたまどこかで会ったときふと、小川はその女と浮気したことがあった。坂田にはばれていないはずである。

しかし、なにかの含みで、そのことをこっそり坂田に告げ口した男がいたらしい。そのことが波紋を呼んだ。

すなわち、ある日小川が自分の工場で自動車修理の仕事をしていたら、矢部という男が車の修理を依頼してきた。ポルシェの事故車両の起こしである。起こしというのは、廃車同然に壊れた車をもとどおり走らせるようにするという修理で、これは違法というわけではないが、例えば車両保険に入っていて、車が事故で全損だと保険会社に認定されると、まるまる一台分の保険料が下りる。普通はそうなると廃車だが、もし起こしで、そこそこの修理手数料でもとどおり走れるようになるなら、随分得である。しかしそれはいかにもおかしい。

ちなみに「起こし」であるが、ある自動車修理工のホームページをみると、それは適当な漢字がないので、「オコシ」と書くとあった。で、何が正解かわからないので、一応「起こし」を使うことにする。

戻って、小川はイチゲンさんの仕事は基本的に受けない。なぜなら、起こしのような際どい仕事もきたりするからである。なので矢部からの依頼も当然断ったが、どうも矢部にはなんとなく親しみを感じて、結局ポルシェの起こしを受けてしまった。

実は、なんの面識のない矢部が仕事を依頼してきたのは、妻を寝取られたと知った坂田が、復讐のつもりで、知り合いの伝手で矢部を紹介したのだった。そして、矢部の起こしを受けたことが小川に災厄となった。なぜなら、矢部の商売敵の高井という男が、腕のいい小川のことを知って、本格的に起こしを依頼してきたからである。

小川はもちろん高井の依頼は断った。すると、高井はガラのよくない男を連れてきて強迫したが、硬派の小川は暴力を受けても屈しなかった。そこで高井は、小川が修理で預かっている車のタイヤを密かにパンクさせるという非道な手段を採った。

これを聞いた矢部は激怒した。もともと高井とは長年のライバルである。こうして、小川と矢部が組み、目には目、歯には歯で、高井に対して違法な報復を仕掛けた。それで泥仕合の膠着状態になったが、高井の相談で、ある大物実力者が、仲裁手段として、カーレースを提案してきた。なんと富士のサーキットで、競争して勝った方が相手のいうことを聞く。

ところが矢部は運転が苦手だし、小川はレースのメカニックだったといっても、レーサーであったことはない。しかし、仕方ない、頼めるレーサーもいない。仕方なく小川が出場することにした。高井の陣営のレーサーは誰か知らない。

ともかく、ここから男対男の血沸き肉躍る熱い戦い(表現がベタすぎるか)繰り広げられるのだが、ストーリーのコアなので省略する。

で、あまり期待しないで初めて読んだ北方謙三のハードボイルドだが、ストーリーが明快でなかなかよかった、というのが正直な感想である。今度はもっとメジャーなのを読むとしよう。といっても、何が北方謙三のメジャーな作品か知らないのだが。

黒川信重「ラマヌジャン ζの衝撃」現代数学社の発散級数の和のところを眺めていて、これは決して初めてみたわけではないが、何度みてもトリッキーである。典型的には、以下の式である。

普通に考えたら、左辺は-∞になるので、ありえないのだが、ともかくこの級数は、アーベルの総和法という技法を使って、以下のような多項式の級数に変換される。それにしても、アーベル大先生が、こんなまやかし?に加担していたとは(笑)

プロの数学者には、この式変形は自明なのだろうが、私のような弱小アマチュアには理解できないので、自分にもわかるように段階を追って行間を埋めてみた。まず、以下のように、1+xの逆数の級数展開を得る。

すると、(1+x)2の逆数の級数展開は、以下のとおりとなり、さらに変形される。

最後の式変形は、xkの係数に着目すると、(左側の括弧からのn=0の項)×(右側の括弧からのn=kの項)+(左側の括弧からのn=1の項)×(右側の括弧からのn=k-1の項)+・・・+(左側の括弧からのn=kの項)×(右側の括弧からのn=0の項)となって、そのような項の各々はどれも(-1)kであって、この項の数が(k+1)個あることに基づく。

よって、以下の式変形が成り立つ。この式の左辺は確かに、x → 1-0の極限で、1/4になる。

と、一応式は追えたものの、トリックの種明かしは分からないままである。

ところが、上記の式の応用で、以下の、よりトリッキーな式が導き出される。

これの導出は、まずc= 1 + 2 + 3 + 4 + ・・・とおく。 そして、c - 4cを以下のようにつくる。4cを、ずらして一つ飛ばしで引くのがミソである。

c = 1 + 2 + 3 + 4 + ・・・
4c =    4     + 8 + ・・・

すると、c - 4c = -3c = 1 - 2 + 3 - 4 + ・・・
なので、c = 1 + 2 + 3 + 4 + ・・・は、1 - 2 + 3 - 4 + ・・・の結果を-3で割ったものになるという次第である。

これを単なる数学的トリックと嗤ってはいけない。なぜなら、例えばこれらの式は、超弦理論の空間次元にも関与してくるのである。もしかしてゼータ関数の解析接続などに関係があるのかもしれないが、私は不勉強でそのあたりの意味が全くわからない。他のより複雑な発散級数の和と併せて、勉強してみる。

典型的にはラストレシピがそうだが、私は、ある本を読んだあとで数年以内に、その小説がテレビドラマ化または映画化されることがある。ああ、最近ではがん消滅の罠もそうだった。

それは要するに、私の感性が世間に迎合している、すなわち私がミーハーということなのだが、意外にもそういうのは嫌ではない。なぜなら、ある程度ミーハーであることで精神を健全に保てると思うからである。例えば、数学のリーマン予想のようなことばかり考えていたら、あまり頑強でない私の頭はおかしくなる。そういうときにミーハーが心を中和してくれる。

しかし、ブラックペアンはどうか。それはまさに、テレビドラマで海堂尊の「ブラックペアン」がドラマ化されて放映されると知ってから、本を買って読むことにしたのだから、ミーハー度が一桁高い。でもいいじゃんと、適当に自分を慰める自分がいたりする。

さて、「ブラックペアン」は、講談社文庫では、「ブラックペアン1988」という題名で、バチスタシリーズのころから時代を遡った1988年の桜宮市、東城大学医学部付属病院が舞台である。

主人公は、まだ新米の研修医、世良。佐伯外科に属している。要領が悪いので、先輩医師や看護師にどやされながら、なんとか手術の補助を務めている。そして一段落して休憩室に行ってみると、見知らぬ人がいた。なんと栄華大から派遣されてきた高階講師だった。

高階といえぱ、バチスタシリーズでは病院長の要職だが、ここでは新米の一介の講師。食道がんの手術に威力を発揮する新兵器、スナイプAZ1988を携えてやってきた。これを使うと、極めて高度な技量を有する食道がんの手術が、中堅のスキルの外科医でもできてしまうという。

佐伯外科の絶対君主、佐伯教授はそれにあまり反発しないが、むしろナンバー2の黒崎助教授が猛反対した。それだけではない。はみ出し者だが妙に技量が高い渡海も高階に敵意をむき出しにする。

世良は、なんとか渡海の教えを受けて早く一人前の外科医になろうと努力するが、渡海に罵倒されて、外科医そのものから足を洗おうとする。そんな世良を慰めるのが、高階。

そんなとき、世良のところに医学生が研修にやってきた。なんと田口と、速水と、島津。後年のバチスタシリーズで活躍するメンバーである。この者たちは栴檀は双葉より芳しで、まだ学生なのに独特の個性を放っている。

そしてあるとき、佐伯は高階に、高階の補助なくスナイプで誰かが手術してみるように指示した。焦る高階。果たして大変なことになった。

別のあるとき、佐伯と渡海の因縁がからむ、ブラックペアンの謎が明らかになった。という一連のストーリーなのであるが、ペアンとはペアン鉗子という医療器具のことらしい。

結局、「ブラックペアン」は、バチスタシリーズよりは地味なものの、その分、医師であることはどういうことかという問いかけがきちんとなされていて、読み応え十分だった。

新聞を眺めていて、シダックスがカラオケ事業から撤退するというので、なんと、と焦った。

以下、日経の記事から引用する。

カラオケ業界に再編の波が押し寄せている。シダックスが30日、「カラオケ館」のブランドでカラオケボックスを展開するB&V(東京・新宿)に事業を売却すると発表した。ボックスをひとりで利用する「ひとりカラオケ」などが増え、客単価が下落したことが業績に影響している。

私がこの記事に焦る理由は、自宅の近くにあって、ときどき行くカラオケがシダックスだからである。それであそこが閉鎖になると、まあ他のカラオケももちろんあるが、ちょっと余計に歩かなくてはならないので嫌だなと思った。それにしても、「ひとりカラオケ」などが増え、客単価が下落した、という件には私は苦笑するよりない。なぜなら、私がまさにそういう客だからである。なにしろ安く抑えるため、必須のドリンク以外一切注文しないでひたすら歌いまくる。まさにほとんど売り上げに貢献しない、計算の誤差項のような客である。

実は上記記事を読んだ6月1日(金)はたまたま会社を休暇にしたので、様子をみるため自宅近くのいきつけのシダックスに行ってみた。すると、特になにも目立った変化はなかったが、気のせいか、いつもより閑古鳥が鳴いているような気もした。すなわち、いつもは一階の部屋が一杯で二階の部屋に案内されるのだが、その日は案内された一階さえがらがらで、あまり他のお客に会わなかった。

で、私はシダックスの経営状態に関係なく頑張って歌おうと思ったのだが、酔っぱらっているわけでもないのに、どうも声がでない。昔はこんなことはなかったので、老化現象と思うしかない。それでも、声を慣らすために30分くらい前川清とか八代亜紀などの演歌を歌っていたら、少し勘が戻ってきた。それにしても、つい前川清の隠れた名曲「海鳴り」を歌っていたら、シダックスの栄枯盛衰に思いを馳せて、少し涙ぐんできた。で、少しでもシダックスの売り上げに貢献しようとなにか注文しようとおもいつつ、なんか躊躇われて、やはり結局何も注文しないで、2時間歌いきって、年齢割引プラスJAF割引で、たかだか800円程度だった。

after all, なんともしみったれた客なのであった。

名人戦第5局が始まったが、羽生が先手ながら横歩取りに誘導したのをみたとき、ええっ、本気で名人を奪取する気があるのか、と思ってしまった。なぜなら第4局に続けての横歩取りであり、また、横歩取りは言わずと知れた天彦名人のフランチャイズなのである。これでは、天彦先生、横歩取りを教えて下さいモードで、切羽詰まった番勝負でそんな悠長なことでいいのだろうか。ともかく例によって、24手目△2三銀まで進める。

【図1】 24手目△2三銀まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=歩2



持ち駒:▲羽生竜王=歩2
この局面だが、▲2二歩はないのだろうか。△同金,▲3三角成,△同桂,▲3一角のような筋を狙うのだが、流石に無理か。本譜は、△2三銀以下、▲3八銀,△6二玉,▲3六歩,△8八角成,▲同銀,△3三桂,▲7七銀,△2五歩,▲2八飛,△2四飛,▲6六銀,△3四銀,▲3七桂と進行した。割合、よく見る形である。

【図2】 38手目△2六歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角歩



持ち駒:▲羽生竜王=角歩2
△2六歩となった局面で、なんと既に少し後手がいいようである。そしてここで封じ手となった。ここで▲4六角が目につくが、それはプロ的にはあまりいい手ではなく▲6八玉あたりが第一勘らしい。しかし、羽生の封じ手は▲4六角だった。大丈夫なのだろうか。以下、△2一飛,▲2四歩と進んだ。

【図3】 42手目△4四歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角歩



持ち駒:▲羽生竜王=角歩2
ここで、天彦名人の△4四歩が柔らかい好手だった。そして、これに対する▲3五歩が悪く、もしかして敗着ではないだろうか。ここは形勢が芳しくなくても▲5六歩と辛抱するところではないだろうか。▲3五歩以下は△4三銀,▲2六飛,△2五歩,▲3六飛,△5四角,▲1六飛,△2四飛,▲5六歩,△3六歩,▲5五歩,△3七歩成,▲5四歩と進んだ。

【図4】 56手目△3八とまで
持ち駒:△佐藤天彦名人=銀桂



持ち駒:▲羽生竜王=角歩2
そして△3八とと銀を取ったところでは、はっきりと後手がよくなった。以下、▲5三歩成,△同玉,▲3八金,△2六歩,▲5四歩,△同銀,▲5五銀,△同銀,▲同角,△5四歩,▲4六角,△2七歩成となってはほぼ大勢は決した。

【図5】 69手目▲3四歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=銀2桂歩



持ち駒:▲羽生竜王=角銀歩3
羽生は、▲3四歩と懸命の反撃だが、▲3四歩,△同飛,▲3五銀,△同飛,▲同角,△3八と,▲5五歩,△同歩,▲3四歩,△4五桂,▲4一飛と羽生も迫る。

【図6】 80手目△4三桂まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=金銀3歩3



持ち駒:▲羽生竜王=角歩
しかし、△4三桂があまりにぴったりの手で、大勢は決している。△4三桂に▲2四角などと逃げたら、△3一金打がある。そこで羽生は、▲3三歩成,△3五桂,▲3二とで形作りした。

【図7】 投了図 84手目△5七銀まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角金銀2歩3



持ち駒:▲羽生竜王=角金歩
そして、△5七銀で簡単な詰みである。流石に詰手順は自明であろう。結局、天彦名人のフランチャイズの鐘が鳴ってしまった。

結局、【図2】の局面で既に先手の模様がよくないようであり、▲4六角とそれに続く▲3五歩で決定的に先手が悪くなった。▲4六角ではまだしも、▲6八玉であった。もっと戻って、先手が▲6六銀と出る代わりに、▲2七歩と受けておけば五分だったようである。

ちなみに、A級順位戦の最終戦の広瀬八段対豊島八段は、これと似た将棋で、広瀬八段が▲6八玉の形で、本譜と似たような手順で快勝し、豊島の挑戦はならなかった。一路の差が大きいということらしいが、確かに投了図で▲6八玉だと即詰みはない。しかし、それならまた別の変化だろう。

で、羽生は後がなくなったが、次は流石に横歩取りでなく、角換りだろうか。それとも雁木矢倉か。なんか応援する方もいまいち気合が入らないのだが、個人的にはきっと、カープが最近惨敗することが多いからなのかもしれない。

発達障害のサヴァン症候群に関して、アカシック・クラウドってあるよね、とふと思った。

ここでアカシックというのは、アカシックレコードのことで、私好みの霊界につながる話である。

すなわち、サヴァン症候群のところで映像記憶、共感覚のところは、ある意味、パソコンでいえば、クライアントサイドにとどまる話で、ローカルに最適化すればなんとかなる話なのかもしれないが、20桁の数が素数かどうか見ただけで一瞬で判断するというのは、どんなにローカルを最適化しても、ありえないと私は考えた。ところが、なにかのサイトをみていて、いくらなんでも20桁の数が素数かどうかの判定なんて勘違いらしいとあった。

それで、計算量のことに多少の知見をもつ私は少し安心したのだが、そこで想起するのはやはり、ラマヌジャンの神技のような数式群である。あれは、なにかの錯覚でしょう、で済む話ではない。そこで思いついたのが、アカシック・クラウドの概念である。

ところで、私はかなり前、ある神主さんにいろいろ相談に乗ってもらったことがあった。その神主さんがいうには、どんな宗教でもいいのだが、信仰が大事なのだという。で、今更の牽強付会なのだが、その信仰は、もしかしてアカシック・クラウドに対するAPIを使用するアカウントを得ることになるのではないかと思った。

そして、首尾よくアカシック・クラウドにログインできて、その超高速計算環境を使えるなら、20桁の数の素数判定など、一瞬でできてもおかしくない。まさにラマヌジャンも敬虔なヒンズー教徒である。

なぜ信仰が大事かというと、信仰がないと超越的なものに対する畏敬の念が起きないので、アカシック・クラウドなんてとんでもないということになる。

それで私も、今更のように会社の近くにある神社に日参しているのであるが、まだ効果はみえない。まあ、効果なんていってるうちは無理なのであるが。

ともかく私も、アカシック・クラウドにあやかる日を願って無心に祈ることにする。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2018年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。