ブラックペアン

user-pic
0

典型的にはラストレシピがそうだが、私は、ある本を読んだあとで数年以内に、その小説がテレビドラマ化または映画化されることがある。ああ、最近ではがん消滅の罠もそうだった。

それは要するに、私の感性が世間に迎合している、すなわち私がミーハーということなのだが、意外にもそういうのは嫌ではない。なぜなら、ある程度ミーハーであることで精神を健全に保てると思うからである。例えば、数学のリーマン予想のようなことばかり考えていたら、あまり頑強でない私の頭はおかしくなる。そういうときにミーハーが心を中和してくれる。

しかし、ブラックペアンはどうか。それはまさに、テレビドラマで海堂尊の「ブラックペアン」がドラマ化されて放映されると知ってから、本を買って読むことにしたのだから、ミーハー度が一桁高い。でもいいじゃんと、適当に自分を慰める自分がいたりする。

さて、「ブラックペアン」は、講談社文庫では、「ブラックペアン1988」という題名で、バチスタシリーズのころから時代を遡った1988年の桜宮市、東城大学医学部付属病院が舞台である。

主人公は、まだ新米の研修医、世良。佐伯外科に属している。要領が悪いので、先輩医師や看護師にどやされながら、なんとか手術の補助を務めている。そして一段落して休憩室に行ってみると、見知らぬ人がいた。なんと栄華大から派遣されてきた高階講師だった。

高階といえぱ、バチスタシリーズでは病院長の要職だが、ここでは新米の一介の講師。食道がんの手術に威力を発揮する新兵器、スナイプAZ1988を携えてやってきた。これを使うと、極めて高度な技量を有する食道がんの手術が、中堅のスキルの外科医でもできてしまうという。

佐伯外科の絶対君主、佐伯教授はそれにあまり反発しないが、むしろナンバー2の黒崎助教授が猛反対した。それだけではない。はみ出し者だが妙に技量が高い渡海も高階に敵意をむき出しにする。

世良は、なんとか渡海の教えを受けて早く一人前の外科医になろうと努力するが、渡海に罵倒されて、外科医そのものから足を洗おうとする。そんな世良を慰めるのが、高階。

そんなとき、世良のところに医学生が研修にやってきた。なんと田口と、速水と、島津。後年のバチスタシリーズで活躍するメンバーである。この者たちは栴檀は双葉より芳しで、まだ学生なのに独特の個性を放っている。

そしてあるとき、佐伯は高階に、高階の補助なくスナイプで誰かが手術してみるように指示した。焦る高階。果たして大変なことになった。

別のあるとき、佐伯と渡海の因縁がからむ、ブラックペアンの謎が明らかになった。という一連のストーリーなのであるが、ペアンとはペアン鉗子という医療器具のことらしい。

結局、「ブラックペアン」は、バチスタシリーズよりは地味なものの、その分、医師であることはどういうことかという問いかけがきちんとなされていて、読み応え十分だった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4925

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年6月 4日 05:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シダックス、撤退」です。

次のブログ記事は「発散級数の和」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。