そして彼が死んだ

user-pic
0

「棋翁戦てんまつ記」で、

私は自分に対する宿題として、まだ読んだことがない船戸、志水、北方の作品を少なくとも一つ読んでみることにした。
とかいたことを受けて、それを実行することにした。私は自分が律儀なのかどうかわからなくなる。ただ、若い頃に比べて自分に対しても他人に対しても少し律儀になったのは、突然の衝動で動くようなエネルギーが減ってきたからであろう。

そう思って自分の積読の本を見回すと、たまたま、北方謙三の「そして彼が死んだ」講談社文庫が目についたので、これが北方の代表作とは到底思えないが、これから読み始めることにした。

すると、「そして彼が死んだ」の主人公は小川正二で、車の修理工である。部下を二人使って、一応会社組織をつくっている。小川はもともと、車のレースのメカニック、すなわちレーシングカーのチューニングの仕事をしていて、かなりの技量だった。ところが、小川がぎりぎりにチューニングした車で、相棒のレーサーがテスト走行していて事故死した。

レーサーは、ぎりぎりの性能を試していたので、必ずしも小川のせいではないが、ともかく小川はメカニックの仕事が嫌になって辞めた。

そんな小川は、ある知り合いの坂田という中古車ディーラーの妻が若くして病死して、その葬式に出席したのだが、複雑な気持ちだった。なぜなら、かなり前、その妻だった女が若い頃、小川が付き合っていたからである。それだけではない、数年前も、小川は既に既婚で、その女も坂田と結婚していたのだが、たまたまどこかで会ったときふと、小川はその女と浮気したことがあった。坂田にはばれていないはずである。

しかし、なにかの含みで、そのことをこっそり坂田に告げ口した男がいたらしい。そのことが波紋を呼んだ。

すなわち、ある日小川が自分の工場で自動車修理の仕事をしていたら、矢部という男が車の修理を依頼してきた。ポルシェの事故車両の起こしである。起こしというのは、廃車同然に壊れた車をもとどおり走らせるようにするという修理で、これは違法というわけではないが、例えば車両保険に入っていて、車が事故で全損だと保険会社に認定されると、まるまる一台分の保険料が下りる。普通はそうなると廃車だが、もし起こしで、そこそこの修理手数料でもとどおり走れるようになるなら、随分得である。しかしそれはいかにもおかしい。

ちなみに「起こし」であるが、ある自動車修理工のホームページをみると、それは適当な漢字がないので、「オコシ」と書くとあった。で、何が正解かわからないので、一応「起こし」を使うことにする。

戻って、小川はイチゲンさんの仕事は基本的に受けない。なぜなら、起こしのような際どい仕事もきたりするからである。なので矢部からの依頼も当然断ったが、どうも矢部にはなんとなく親しみを感じて、結局ポルシェの起こしを受けてしまった。

実は、なんの面識のない矢部が仕事を依頼してきたのは、妻を寝取られたと知った坂田が、復讐のつもりで、知り合いの伝手で矢部を紹介したのだった。そして、矢部の起こしを受けたことが小川に災厄となった。なぜなら、矢部の商売敵の高井という男が、腕のいい小川のことを知って、本格的に起こしを依頼してきたからである。

小川はもちろん高井の依頼は断った。すると、高井はガラのよくない男を連れてきて強迫したが、硬派の小川は暴力を受けても屈しなかった。そこで高井は、小川が修理で預かっている車のタイヤを密かにパンクさせるという非道な手段を採った。

これを聞いた矢部は激怒した。もともと高井とは長年のライバルである。こうして、小川と矢部が組み、目には目、歯には歯で、高井に対して違法な報復を仕掛けた。それで泥仕合の膠着状態になったが、高井の相談で、ある大物実力者が、仲裁手段として、カーレースを提案してきた。なんと富士のサーキットで、競争して勝った方が相手のいうことを聞く。

ところが矢部は運転が苦手だし、小川はレースのメカニックだったといっても、レーサーであったことはない。しかし、仕方ない、頼めるレーサーもいない。仕方なく小川が出場することにした。高井の陣営のレーサーは誰か知らない。

ともかく、ここから男対男の血沸き肉躍る熱い戦い(表現がベタすぎるか)繰り広げられるのだが、ストーリーのコアなので省略する。

で、あまり期待しないで初めて読んだ北方謙三のハードボイルドだが、ストーリーが明快でなかなかよかった、というのが正直な感想である。今度はもっとメジャーなのを読むとしよう。といっても、何が北方謙三のメジャーな作品か知らないのだが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4927

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年6月 6日 05:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「発散級数の和」です。

次のブログ記事は「伊賀と甲賀、連携」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。