伊賀と甲賀、連携

user-pic
0

私の小学生レベルの忍者知識では、伊賀と甲賀はライバルなのだが、産経新聞の記事によると、伊賀と甲賀の連携を示す文献が存在するらしい。以下、記事から引用させて戴く。

伊賀市は、「忍者の里」の伊賀衆と甲賀衆が織田信長に侵攻される直前に密接な関係にあったことを示す戦国時代の文書を、6月中旬にも初公開する。専門家は「民衆の高い自治能力を示すとともに"リアル忍者"に迫る貴重な史料。実物を見る価値は大いにある」と話す。
文書は、9通からなる「伊賀国上柘植村(いがのくに・かみつげむら)并(ならびに)近江国(おうみのくに)和田五反田村山論(わたごたんだむらさんろん)関係文書」の中の「甲賀郡奉行惣・伊賀奉行惣連署起請文(きしょうもん)」。天正元(1573)年に地侍集団の「伊賀惣国一揆(そうこくいっき)」と「甲賀郡中惣(ちゅうそう)」が、燃料や飼料となる柴や草を採取する境界域の入会地(いりあいち)の利用に関する取り決めが記されている。

要するに、織田信長に対抗するために伊賀と甲賀が一致団結し、軍事だけでなく日常生活レベルで連携したらしい。

だが、

しかし、起請文が作成された翌年の1574年に甲賀郡中惣は信長に攻略され、1581年の第2次天正伊賀の乱で伊賀惣国一揆は信長の徹底的な焦土作戦で壊滅した。

ううん、残念。しかし、のちに伊賀は、本能寺の変でも述べたように、徳川家康に協力して、徳川幕府でも御庭番の重要な役割を担った。

なお、以前は見向きもしなかったこのような記事に興味を持ったのは、最近まだ少ししか読んでいない、磯田道史、「日本史の内幕」中公新書で、古文書ベースの歴史理解の重要性を知ったからである。

ということで、いろいろ本を眺めて興味を広げておくのは悪くないと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4928

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年6月 7日 05:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「そして彼が死んだ」です。

次のブログ記事は「予告殺人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。