予告殺人

user-pic
0

アガサ・クリスティーの主なシリーズとしてポアロ・シリーズと、ミス・マープル・シリーズがあって、冊数は圧倒的に前者が多いが、佳品は後者に多いと何かの本で読んだことがある。ところが、私は後者はまだ、火曜クラブしか読んだことがない。それで、ミス・マープル・シリーズの名作の呼び声が高い「予告殺人」田村隆一訳、ハヤカワ文庫を読んでみることにした。

すると、舞台はイギリスの田舎町、チッピング・グレグホーン村だった。その村の住民の住民のスウェッテナム夫人は朝、ノース・ベナム・ニューズ・アンド・チッピング・グレグホーン・ギャゼットという長い名前のローカル紙を読んでいた。すると、異様な広告をギャゼットに見つけた。なんでも、10月29日金曜日、午後6時半にリトル・パドックスにて殺人お知らせ申し上げます、というもので、スウェッテナム夫人は当然驚いたが、夫人は夫にも相談して、好奇心によりリトル・パドックスに行ってみることにした。それにしても、10月29日って、おいらの誕生日ではないか、縁起でもないと思ったが、そんなのはあまりにも個人的なことで関係ない。

さて、世間の狭い田舎のこと、他の人達もこの広告に興味をもち、レティシア・ブラックロックが女主人であるリトル・パドックに、広告で指定された時間より少し前に、多くの人が集まった。ブラックロックは、集まった人たちにワインなどでもてなした。人々はこれは何かの趣向または催しなのだと、むしろ何があるのか期待した。

そして、午後6時半になると、突然灯りが消え、強盗のような男が侵入してきた。そして、手を上げろという。どうも銃をもっているらしい。すると銃声が三回聞こえ、男が血を流して倒れていた。電気を点けると、ブラックロックが血を流していた。銃で撃たれたか。

結局、犯人らしき男が自殺なのか死んだので、事件はあっさり解決なのだろうか。そこから警察が呼ばれ、検視したり捜査したりしたが、どうも不明な点が多い事件である。なのにまだ、ミス・マープルは登場しない。読んでいて私は焦れてきた。

しかし、警察署のクラドック警部らの捜査が進むと、ブラックロックに遺産相続の問題がからんでいることが分かった。すなわち、ブラックロックが死ぬと相続的にタナボタの人がでてくる。

このあたりでいよいよミス・マープルが関与し、警察のクラドック警部も次第に犯人を追い詰めていく。しかし、なかなか決め手がない。そして、追い詰められて神経質になった犯人は余計な殺人に手を染めてしまう。

そうしていよいよ場面は緊迫の度合いを高めていったとき、急にミス・マープルが姿をくらましてしまう。もしかして犯人に殺されたか。クラドック警部はいたく不安になる。なにしろ、素性が知れず、叩けば埃が出そうな人物はいろいろいる。

ここからが佳境なので記述を打ち切るが、イギリスの田舎で、一見他愛ない戯れのように始まった事件が、次第に錯綜し、アイルランドや欧州本土にもストーリーが広がっていく様は見事なストーリー展開で、流石アガサ・クリスティーである。嘘つきで信用のならない外国人メイドや、秘められた謎がありそうな美人の未亡人、未亡人に想いを寄せる一癖ありそうな若い作家が織りなす心理ミステリーや、いろいろな要素が詰まっている。

この小説が、クリスティーとしての作品というのにとどまらず、世界のミステリー小説の上位にランクされているのは同意できる。江戸川乱歩もこの作品を高く評価していたという。

ポアロのシリーズに比べていまいち地味な印象があるミス・マープル・シリーズも劣らぬクオリティのようである。「牧師館の殺人」あたりからじっくり読んでみるとする。

あと、付言すると、ミス・マープルは、推理により、踏み込まなくてはならないと判断すると、命の危険があるような場所にも出向く。それを以前は蛮勇と思っていたが、そうやって危機でも踏み込む精神が、抜群の推理力にもつながるんだよね、と思った。

また、老齢で特に身寄りのないミス・マープルは、万が一推理に基づく踏み込みで、生命の危機に陥っても、まあ、あたしゃあ、この歳まで生きたんだからね、と従容と死んでいくだろう。そういう開き直りもミス・マープルの強みだったりする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4929

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年6月 8日 05:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「伊賀と甲賀、連携」です。

次のブログ記事は「棋聖戦第1局」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。