棋聖戦第1局

user-pic
0

棋聖戦第1局が始まった。羽生棋聖は、天彦名人に挑戦していて、2勝3敗で苦しい。そこで、目下最強と思われる豊島八段を挑戦者に迎えたのだから、いよいよ状況はきびしい。そもそも羽生棋聖は、王位戦挑戦者決定戦でも、豊島八段に負けた。そんな状況でも、百戦錬磨の羽生棋聖はひるまない。角換りの最新形から果敢に手を作っていった。42手目△3五歩の局面からみてみる。

【図1】 42手目△3五歩まで
持ち駒:△羽生棋聖=角歩



持ち駒:▲豊島八段=角歩
△3五歩はいかにも、天野宗歩流の軽いジャブで、才能がほとばしる手だが、普通に△5六銀,▲同歩,△6五桂もあった。△3五歩以下は、▲同歩,△4四銀,▲4五桂,△8六歩,▲同歩,△5六銀,▲同歩,△6五桂,▲6六銀,△4五銀,▲同歩,△3六桂と進んだ。先手陣はいかにも薄くて怖いが、形勢は五分である。

【図2】 55手目▲6三歩まで
持ち駒:△羽生棋聖=角銀歩



持ち駒:▲豊島八段=角銀2歩2
ここで豊島の▲6三歩は妥当な手である。これに対して羽生は△5二金だが、いきなり△4八桂成と踏み込む手もあった。△5二金以下は▲7三角,△4八桂成,▲同玉,△3六歩,▲3四桂,△4一玉となった。ここで形勢は不明だが、微妙に先手の模様がいいか。

【図3】 63手目▲4六銀まで
持ち駒:△羽生棋聖=角金銀



持ち駒:▲豊島八段=銀歩2
豊島は▲4六銀と受けたが、▲6五銀と桂馬を取ってしまうほうがよかったかもしれない。▲4六銀以下は、△6三金,▲5五角成,△5四金,▲同馬,△同歩,▲5三銀,△5一銀,▲6五銀,△3七歩成,▲同玉と進んだ。

【図4】 74手目△5八角まで
持ち駒:△羽生棋聖=角金歩



持ち駒:▲豊島八段=金桂歩3
しかし、△5八角となったところで、いつのまにか先手が優勢になっている。どうも、前図の△5一銀では、△5一金の方がよかったようである。豊島はがっちり▲4七桂と受け、先手よしがはっきりしてきた。以下、△8三飛,▲6八金,△5三飛,▲5八金,△3六歩,▲同玉,△3八銀,▲2八飛,△2七金,▲同飛,△同銀,▲同玉と羽生は先手玉を薄くして。

【図5】 88手目△4九角まで
持ち駒:△羽生棋聖=飛



持ち駒:▲豊島八段=角金2銀歩4
羽生は、△4九角の王手だが、△3九飛もあり、以下▲2八玉,△6九飛成,▲6八金打,△8九竜,▲6九歩が進行の一例。これは両者の読み筋でもあった。これで後手よしということはないが、長期戦にはなる。本譜に戻って、△4九角以下、▲3八銀,△5八角成,▲6四銀,△5二飛,▲6三角,△3九飛と進んだ。

【図6】 95手目▲5三金まで
持ち駒:△羽生棋聖=金



持ち駒:▲豊島八段=金歩4
しかし、▲5三金が詰めろで、先手の勝ちは動かない。これに対して羽生は△6二金と受けたが、▲4二金打以下の詰みがあり、受けになっていない。しかし、詰ます必要もなく、△6二金,▲4二金打,△同銀と進行し。

【図7】 99手目▲6二金まで
持ち駒:△羽生棋聖=金



持ち駒:▲豊島八段=金歩4
▲6二金で羽生が投了した。ここで後手が指すなら、△3六金が一番綾があるが、▲1七玉と逃げて詰まない。

ということで、42手目△3五歩という趣向はありえるが、模様としては先手がよかったというところか。とはいえ、【図3】の△5一銀が敗着で、△5一金なら難解、といってよいのだろうか。このあたり難しすぎて分からない。

さて、羽生は名人戦と棋聖戦の両方で負けが先行して苦しくなってきた。とりあえず名人戦で頑張ってタイトル奪取を目指すべきだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4930

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年6月 9日 07:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「予告殺人」です。

次のブログ記事は「交流戦」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。