交流戦

user-pic
0

私は今まで、プロ野球の交流戦、すなわち公式戦としてセパのチームがリーグの違うチームと総当たりする試合をまともに見たことがなかった。

というのは、私のプロ野球への関心は、1990年前半に広島カープが落ち目になってからハイバネートしていき、それが再起動したのがようやく、2016年に広島カープが久々にリーグ優勝を決めてからである。

それ以降も、あまり日常的にテレビでプロ野球を観戦することはなく、後半になって広島カープの優勝マジックが点ってからときどき観戦していた程度で、交流戦の時期はあまりプロ野球に熱心ではなかった。

で、広島カープの2年連続のリーグ優勝に鼓舞されて日常的にテレビでプロ野球を観戦するようになったのが今年からなので、交流戦を観たときはなんか不思議な新鮮味があった。

交流戦を観始めて感じたのは、ああやはりパリーグはセリーグよりも強いのだということである。なにしろここ数年、日本シリーズはずっとパリーグのチームが制しているし、オールスターでも判で押したように毎年パリーグが勝ち越している。それにしてもである、今年の交流戦の前半は、ほとんどの組み合わせでパリーグが勝っており、いくらなんでも勝過ぎではと思った。というのは、6月8日の時点で、パリーグ31勝、セリーグ23勝でパリーグの勝率が5割7分4厘、圧倒的なのである。ちなみにここまでで交流戦の通算では、パリーグ1012勝、セリーグ895勝、すなわち5割3分1厘で、やはり今年のパリーグは勝過ぎである。まあ、セリーグが負けすぎなのであるが。

ちなみにわが広島カープは、5月の後半から負けが目立ってきたが、交流戦になっても惨敗が結構多い。その理由は、野村、ジョンソン、薮田という去年活躍した先発陣を欠くことである。野村は故障、ジョンソンは奥さんの出産で里帰り、薮田は絶不調。そして先発の一翼を担うべき中村祐太が出るたびに打たれまくった。

それで交流戦もうええねん、観るものかと一時は思ったのだが、6月9日はなにか潮目が変わったような気がした。すなわち、カープが楽天に勝ち、ヤクルトがオリックスに勝ち、中日がソフトバンクに勝ち、DeNAが日本ハムに勝ち、阪神がロッテに勝ち、巨人が西武に勝ち、セリーグの6戦全勝だったからである。これでパリーグ31勝、セリーグ29勝で、セリーグ猛追、広島カープは楽天に2連勝して、なんとか交流戦の勝率を5割にした。

交流戦で意外だったのは、セリーグで最下位争いしていたヤクルトが勝ちまくって、暫定一位になったことである。まあヤクルトは2017年は最下位だったが、2015年にはリーグ優勝しており、もともと実力のあるチームなのだろう。

それにしても、ドラフトがあるのだから建前では五分の戦力のはずがなぜパリーグの方がセリーグより強いのだろうか。これは、昔からいわれていることだが、やはり韓国や中国の囲碁が、日本よりも強いことに似ているのだろう。すなわちもともとのリソースや才能は五分だとしても、ハングリー度が違う。プロ野球でも、巨人を中心として、なにかと注目されるセリーグに対して、パリーグはよほど活躍してしもあまり騒がれない。そんな悔しさをバネにパリーグは努力しているのだろう。

ともかく、今から広島カープが交流戦で優勝するというのは極めて難しいだろうし、過去の交流戦でもそんなことはなかったはずなのだが、ジョンソンが戻ってきたことだし、少しでも勝ちを積み上げてほしいと思うものである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4931

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年6月10日 06:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「棋聖戦第1局」です。

次のブログ記事は「無常の月」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。