無常の月

user-pic
0

昔からSFはそこそこ好きなので、ラリー・ニーヴンという大家の名前は当然に知っていたし、それで確か「中性子星」という作品を読んでみたことがある。ところが、その科学的世界観がどうも私の趣向にあわなくて、とりあえず敬遠した。

しかし、最近の感性拡大プロジェクトのマイブームにより、多少の違和感は気にしないでやっぱりラリー・ニーヴンも読んでみようと、代表作の一つ、「無常の月」を含む七編の短編が入ったハヤカワ文庫を買って読むことにした。

そこでともかく、「無常の月」を読んで、感想を書いてみる。すると、私はいきなりあれっ、と思った。というのは、「無常の月」を「無情の月」と思い込んでいたのである。英語でいうなら、Merciless Moon. 要するに、なにかの引力の加減で月が地球に衝突して、人類が滅びる、というものである。ところがよくみると、英語のタイトルはInconstant Moon. ううん、これでは不定の月ではないかと思うのだが、それだとしっくりこないので無常の月になったのであろう。

で、その無常の月はどうなったかというと、ある日の夜、急に異常に輝き始めたのである。夜なのに月明かりでまるで昼のようである。

平均以上の科学知識をもつ主人公の男は、なぜ月が異様に輝いているか思案し、それは太陽の光が強くなって、それが月に反射して地球に照っているという考えに想到した。

男が街に繰り出すと、人々は終末を感じ取って狂気に染まっている。男は、太陽が超新星になったかと想像した。だとしたら、もうどうしようもない。そういえば、いま月面にはアポロの宇宙飛行士がいる頃である。おそらく彼らはとっくに焼き殺されているだろう。

男はせめて、最後は愛し合って死にたいと、恋人を訪ねた。ところが急に大雨になってきた。そこで太陽が超新星化したのでない場合も考慮して、とりあえず買えるうちに食料と水を買い溜めすることにした。大雨がひどくなり、洪水のように水嵩が増してきたが、幸い恋人の住まいは高い階にある。そこにいればもしかして生き延びられるかもしれない、超新星でなく一時的なフレアであればいいが。

それから急に雹が降ってきて、騒然となってきた。いったいどういう結末なのかわからないまま終わる。この不安と未知数は、確かにこの作品の優秀性のひとつの理由だろう。1972年のヒューゴー賞短編部門受賞作。

そういえば、解説によれば、ラリー・ニーヴンはジェリー・パーネルとの共作があるという。おお、と私は思い出した。ジェリー・パーネルといえば、日経バイトに混沌の館というパソコンオタク的な記事があり、毎号面白く読んだものだった。

ともかく、「無常の月」の洗礼で私はラリー・ニーヴンの作品に対する嗜好をえた。追々、読んでみることにする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4932

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年6月11日 05:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「交流戦」です。

次のブログ記事は「大谷、故障」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。